2020 年 ドラフト 候補。 ドラフト2020 候補選手まとめ!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

2020 年 ドラフト 候補

【北海道地区】ドラフト候補の高校生野手 札幌大谷・佐野翔騎郎(外野手) 2018神宮大会を制した前チームからレギュラーとして出場していた、俊足巧打の左打者。 全国トップクラスの俊足などポテンシャルが高い選手だけに、ドラフト候補として注目が集まる成長にも期待しています。 参考: 白樺学園・川波瑛平(外野手) 走攻守三拍子揃った外野手で、先頭打者として高い出塁率で2019秋の北海道大会優勝に大きく貢献しました。 全国の舞台で実力通りの活躍ができれば、ドラフト候補として一気に注目度が高まるでしょう。 参考: 【東北地区】ドラフト候補の高校生野手 盛岡一高・高橋怜大(外野手) 2年時には佐々木朗希投手からもホームランを放っている右のスラッガー。 高校通算ホームランは30本を超えており、身長176cm・体重93kgのどっしりとした体格は将来性も抜群と言えるでしょう。 参考: 花巻東・水谷公省(外野手) 高校通算30本を超えるホームランを放っている左の強打者で、花巻東で2年から四番を任されていた打力は見もの。 チャンスでの勝負強さも兼ね備えており、スター性のある選手だけにドラフトでも岩手を沸かせてくれそうです。 参考: 仙台育英・入江大樹(遊撃手) 豪快なバッティングを武器にクリーンナップを務める右打者で、プレーの随所に身体能力の高さが光ります。 やや大味だった打撃に確実性も出てきていますし、ドラフト候補として強打のショートは魅力でしょう。 参考: 仙台育英・宮本拓実(外野手) 状況に応じたバッティングが出来る器用さを持ち合わせた、俊足好打の左打者。 「なんでも出来る」と話題のバッターだけに、甲子園での活躍で全国区になれる実力は十分に秘めています。 参考: 仙台育英・田中祥都(三塁手) 50メートル6秒1の俊足に加えて、スイングスピード150キロのパワーも兼ね備えた仙台育英のチャンスメーカー。 攻守に光る野球センスは高校生離れしたものがあり、主将としての人間力など大きな魅力を持った注目株です。 参考: 鶴岡東・山路将太郎(二塁手) 抜群のミート力で強打の鶴岡東打線を引っ張る左打者で、2019夏にも2年生ながら甲子園での活躍が話題になりました。 攻守にチームの要として期待が高まる選手だけに、2020年の活躍も非常に楽しみですね! 参考: Sponsored Link 【関東地区】ドラフト候補の高校生野手 東海大相模・山村崇嘉(一塁手) 前チームで四番を務めていた左の強打者で、その打力は東海大相模の強力打線においても突出したものがあります。 長打力に加えて打率も残せるバッターだけに、間違いなくドラフトで話題になるでしょう。 参考: 東海大相模・西川僚祐(外野手) 2019秋の時点ですでに高校通算ホームランが50本を超えている右のスラッガー。 申し分ないパンチ力を秘めた強打者ですから、全国の好投手を相手にどんなバッティングを見せるかは見ものですね! 参考: 東海大相模・鵜沼魁斗(外野手) 抜群の打撃センスで2年生ながらU18日本代表に選出された右打者。 長打が期待できるうえに俊足も兼ね備えており、不動のリードオフマンとして今後の活躍にも期待です。 参考: 横浜・度会隆輝(二塁手) 天才と称されるバットコントロールは世代トップとも言われている左打者。 全国的に有名になるだけのポテンシャルは十分に秘めているため、ぜひチェックしてみてほしい野手です。 参考: 横浜・津田啓史(遊撃手) 名門で1年春からベンチ入りを果たした実力の持ち主で、攻守に存在感が光る内野手。 50メートル5秒台の俊足も兼ね備えていますし、身体能力を見てもドラフト候補として話題になることは間違いないでしょう。 参考: 花咲徳栄・井上朋也(外野手) 1年からレギュラーで出場していた右のスラッガーは、2019秋の時点で高校通算40本超えのホームランを放っています。 豪快なバッティングは間違いなくドラフトで注目を浴びますから、2020年の活躍にも期待したいですね! 参考: Sponsored Link 作新学院・横山陽樹(捕手) 2年生ながら2019のU18日本代表にも選出された、強肩強打の逸材。 優れた打撃センスは全国上位といっても過言ではなく、世界大会でも木製バットをまったく苦にしませんでした。 参考: 習志野・櫻井享佑(一塁手) 前チームから四番を務めていた左の強打者・櫻井享佑選手ですが、2019秋からの活躍は目を見張るものがあります。 2019秋の8試合で打率は5割を超え、3ホームラン19打点。 これからの成長が楽しみです。 参考: 習志野・角田勇斗(遊撃手) 小・中・高と結果を残してきた万能型のショートで、強肩を活かした堅守はプロのスカウトも高く評価しています。 勝負強いバッティングと、主将としてのリーダーシップにも注目。 参考: Sponsored Link 春日部共栄・平尾柊翔(外野手) 広角に鋭い打球を連発する左打者で、埼玉屈指の好打者と言えるでしょう。 中学時代には日本代表で四番を打った経験もあるだけに注目度も高く、全国の舞台でぜひ観たい選手の一人です。 参考: 成田・古谷将也(捕手) 二塁送球タイムが2秒を切る強肩と、強気のリードが魅力の捕手。 2019秋の千葉大会でも打った瞬間にそれとわかる特大のホームランを放つなど、バッティングでもドラフト候補の評価に相応しい実力を兼ね備えた選手です。 参考: 前橋育英・須永武志(捕手) 1年秋から正捕手を勝ち取った強肩キャッチャーで、二塁送球タイムはコンスタントに1秒8台をマーク。 四番を務めるバッティングにも期待できるだけに、ドラフト上位での指名も十分にあり得る逸材です。 参考: 帝京・小松涼馬(二塁手) 名門で1年からレギュラーを張る実力は素晴らしいものがあり、特に守備力の高さは一級品。 俊足に加えてホームランを期待できるパンチ力も兼ね備えているため、攻守で注目したい内野手の一人です。 参考: 東海大菅生・杉崎成(一塁手) ホームランに期待の右のスラッガーは、打点が多くチャンスでの勝負強さが光ります。 2019夏の時点で30本を超えている高校通算ホームランが、どこまで伸びるのかも非常に楽しみです! 参考: 昌平・渡邉翔大(外野手) 1年時からスタメンでホームランを放つなど、早くから注目を浴びていた左の強打者。 打球の速さは全国的に見ても上位に入ると言われており、激戦区の埼玉でどこまで実力を発揮できるかが非常に楽しみです。 参考: 埼玉栄・加藤真浩(外野手) 全国的にはほぼ無名に近いものの、抜群の身体能力を誇る外野手です。 50メートル6秒1の俊足に加えて遠投120メートルの強肩も兼ね備えており、パワフルなバッティングに確実性が増せば確実にドラフト候補に名乗りを上げるでしょう。 参考: Sponsored Link 常総学院・中山琉唯(捕手) ミートセンスに長けたバッティングは常総学院の強力打線においてもピカイチ。 身体能力の高い右打者ですし、複数のポジションを守れる器用さもスカウトからは高く評価されそうです。 参考: 国士舘・吉田健吾(捕手) フットワークの良い強肩捕手で、守備力の高さが光ります。 2019秋の東京大会で打率5割をマークしたバッティングがこれから伸びてくると、スカウトの評価は更に上がるでしょう。 参考: 健大高崎・戸丸秦吾(捕手) プロ顔負けの二塁送球タイムを誇り、抜群のディフェンス力を見せる強肩捕手。 高校ナンバーワンと称される実力の持ち主だけに、全国的に有名になるのも時間の問題でしょうね…! 参考: 日大藤沢・牧原巧汰(捕手) 西武の森友哉選手を彷彿とさせる打撃センスの持ち主で、左打者ながら左中間にもホームランを叩き込めるパンチ力は見もの。 全国的にはほぼ無名ではありますが、二塁送球タイムも1秒8台をマークするなど強肩ぶりも光る捕手だけに、2020ドラフトを沸かせてくれる選手の一人と言えるでしょう。 参考: 日大藤沢・姫木陸斗(外野手) 走攻守すべてにハイレベルな左投げ左打ちの外野手で、二塁到達タイムは7秒8と全国的にもトップクラスの俊足を誇ります。 投手では140キロ超の球速をマークするなど、ポテンシャルの高さが際立つ選手で、打席でのフルスイングにはぜひとも注目してほしいですね…! 参考: 上田西・高寺望夢(遊撃手) しっかり振り切っても一塁到達タイム4秒をマークする、全国トップクラスの俊足の持ち主。 さらには高校通算20本以上のホームランも放っている左打者ですから、三拍子揃った内野手としてドラフトには大いに期待したい選手です。 参考: Sponsored Link 【東海地区】ドラフト候補の高校生野手 中京学院大中京・元謙太(外野手) 2019夏の甲子園でも満塁ホームランで衝撃を与えた右の強打者。 投手としても140キロ超の真っ直ぐを投げ込むなどスケールが大きな選手だけに、ドラフトでも話題になりそうです。 参考: 中京大中京・印出太一(捕手) 身長183cm・体重80kgの体格から鋭いスイングを繰り出す右の強打者。 スイングスピードの速さも突出しており、優勝候補とも目される中京大中京で攻守の要として活躍しています。 参考: 中京大中京・中山礼都(遊撃手) 東海ナンバーワンショートの呼び名に相応しい活躍を見せる内野手。 特に対応力の高さが光るバッティングは素晴らしく、甲子園でいつも通りの働きを見せれば間違いなく高校野球ファンが忘れられない名前になるでしょう。 参考: 中京大中京・西村友哉(外野手) 中京大中京のリードオフマンとして、ずば抜けた存在感を放つ強打の右打者。 50メートル6秒0の俊足に加えてホームランも期待できる打力を誇るだけに、全国一の先頭打者になれるかに注目したいところです! 参考: 県岐阜商・佐々木泰(三塁手) 2018春からスタメンに名を連ねていた右の強打者で、投手としても球速140キロ超のストレートを投げ込む選手です。 高校通算ホームランは2019シーズンですでに30本を超えており、投打の軸として全国的に有名になることを楽しみにしています。 参考: 県岐阜商・多和田尚旗(二塁手) 県岐阜商の強力打線を引っ張る、俊足好打のリードオフマン。 50メートル5秒9の俊足と巧みなバットコントロールを武器に、2020シーズンで全国区の内野手として注目を浴びるであろうと見ています…! 参考: 近大高専・白石晃大(外野手) 投手としても活躍する二刀流の逸材で、スローイングの良さは見もの。 広角にライナー性の打球を連発できる打撃センスを持ち合わせており、甲子園に出場すれば間違いなく話題になるであろう左打者です。 参考: 静岡・相羽寛太(遊撃手) 軽快なフットワークに加え、どの体勢からもストライクの送球を見せるスローイングは高校トップクラスの呼び声に相応しい内野手です。 課題と見られてきたバッティングでも成長を遂げているだけに、静岡からドラフトを沸かせてくれる可能性は十分でしょう…! 参考: 磐田東・二俣翔一(捕手) 二塁送球タイムでプロでもトップクラスに匹敵する、驚異の1秒7台をマークしている強肩捕手。 高校通算20本のホームランを記録しているほかスピードもあり、抜群の身体能力でドラフトでの指名には大いに期待しています。 参考: いなべ総合・田所宗大(捕手) 遠投120メートルの強肩を活かし、プロでも上位に入る二塁送球タイムをマークしている注目の捕手。 加えて高校通算30本超のホームランを放っている右打者でもありますし、チームメイトの信頼が厚い人間性においてもドラフトでは見逃せません。 参考: Sponsored Link 【北信越地区】ドラフト候補の高校生野手 星稜・内山壮真(捕手) 世代トップクラスの野球センスを誇る右打者で、2019秋から捕手に転向(以前はショート)。 1年夏から甲子園で注目を浴びていた選手ですし、攻守に魅せるだけにこれからもスカウトの目を奪うでしょう。 参考: 星稜・知田爽汰(三塁手) 前チームからクリーンナップを打っていた好打者で、攻守に星稜を支えるプレイヤーです。 2019夏の甲子園で悔しい想いを経験しただけに、これからの更なる飛躍には大いに期待したいところ。 参考: 日本文理・長谷川優也(三塁手) 鋭い打球を放つ一方で、投手としても140キロ超のストレートを投げ込むなど、ポテンシャルが高い内野手。 もう一回り身体が大きくなって力強さが増すと、さらにスカウトの評価が高くなってくるでしょう。 参考: 日本航空石川・井口太陽(二塁手) 攻守に高いポテンシャルを誇る内野手で、小中学時代にも全国制覇を経験している逸材。 特に俊足巧打の左打者としてのポテンシャルは高く、甲子園出場で全国区の選手になる可能性は十分と言えるでしょう。 参考: 小松大谷・中津大和(遊撃手) 華麗な守備で魅せるショートで、守備力の高さは高校野球界でもトップクラス。 50メートル5秒8の俊足とミート力の高さもあり、志望届を出せば2020ドラフトを沸かせてくれる選手の一人になることは間違いありません…! 参考: Sponsored Link 【近畿地区】ドラフト候補の高校生野手 明石商業・来田涼斗(外野手) 人気・実力ともにドラフト1位指名が濃厚な俊足強打の外野手は、新チームからキャプテンに。 甲子園史上初の先頭打者・サヨナラの2本のホームランを放つなど、この選手の動向からは目が離せません。 参考: 大阪桐蔭・仲三河優太(外野手) 前チームから主軸を務めていた仲三河優太選手は、豪快なバッティングが魅力の左打者です。 今後は投手としての復活にも期待したいところですが、打席で見せるポテンシャルの高さは間違いなくドラフト候補の逸材と言えるでしょう。 参考: 大阪桐蔭・西野力矢(三塁手) 身長180cm・体重86kgのどっしりとした体格から、長打を連発する右の強打者。 打撃技術は突出したものがあり、今後は全国的に恐れられるバッターとして話題になるでしょう。 参考: 大阪桐蔭・伊東光亮(遊撃手) 安定感のあるショートでの守備をはじめ、攻守にポテンシャルの高さを見せる逸材。 左打席での打撃センスは目を見張るものがあり、ミート力とパンチ力を兼ね備えたバッターとして強力打線のなかで存在感が光ります。 参考: Sponsored Link 智弁和歌山・細川凌平(外野手) 50メートル5秒台の俊足に加えて、甲子園でホームランを叩き込むパンチ力も兼ね備えた外野手。 プレーの随所にセンスが光る左打者ですが、2019秋からは主将としての精神的成長にも目が離せません。 参考: 近江・土田龍空(遊撃手) 世代ナンバーワンショートとの呼び声高い、天才的な守備を見せる内野手。 抜群に上手い守備に加えてバッティングでも力を付けており、志望届を提出すればドラフトでの指名は確実でしょう。 参考: 履正社・小深田大地(三塁手) 2019夏の甲子園優勝時にもクリーンナップを任されていた左の大砲。 捕らえた打球の飛距離は目を見張るものがあり、この先も長距離ヒッターとしての活躍が話題になることは間違いありません。 参考: 履正社・関本勇輔(捕手) 二塁送球タイムは中学時代に1秒8台をマークした圧巻の強肩は見もの。 軽々とスタンドに運べるパンチ力も兼ね備えた右打者で、強肩強打の捕手としてドラフトで争奪戦になっても何ら不思議ではありません。 参考: 智弁学園・白石陸(外野手) 強打の先頭打者として智弁学園を引っ張る、頼れる主将。 外野の守備で見せる強肩も目を見張るものがあり、攻守に球場を沸かせられるポテンシャルの持ち主です。 参考: 智弁学園・三田智也(遊撃手) 走攻守三拍子揃った右投げ右打ちの内野手で、総合力の高さが際立ちます。 左右に打ち分ける打撃技術に加え、守備では確実性が高いスローイングが出来ますから、ドラフト候補として話題になる可能性も十分でしょう。 参考: 京都国際・釣寿生(捕手) 遠投110メートルの強肩を誇る大型捕手は、右打席でもホームランに期待のスラッガー。 2019秋の時点で高校通算25本のホームランを放っており、打てる捕手としてスケールの大きさは見逃せません。 参考: 京都国際・早真之介(外野手) 高校通算30本に迫るホームランを放っている左打者で、強気なプレーぶりが光る外野手。 全国的な知名度こそまだ低いものの、投手として最速140キロをマークするなど身体能力も抜群だけに、2020ドラフトを沸かせてくれそうです…! 参考: 龍谷大平安・奥村真大(三塁手) ヤクルトスワローズ・奥村展征選手を兄に持つ、勝負強いバッティングに注目の右の強打者。 遠投100メートルの強肩など身体能力も高く、スケールの大きなプレーはドラフトでも大いに期待したい内野手ですね! 参考: 京都外大西・山下航汰(捕手) 元星稜・奥川恭伸投手からも一発を放つなど、高校通算ホームランは30本を超えている強打者。 京都屈指の右打者とも呼ばれており、抜群の飛距離を誇る打撃はドラフトでも注目を集めるでしょう。 参考: Sponsored Link 【中国・四国地区】ドラフト候補の高校生野手 広陵・宗山塁(遊撃手) 走攻守三拍子揃った内野手で、守備の安定感やスナップスローは必見。 甲子園でフィーバーする可能性も十分に秘めた選手だけに、また全国の舞台で観られることに期待しています。 参考: 広島新庄・下志音(外野手) 走攻守三拍子揃った外野手で、抜群の身体能力は全国トップクラスと言えるでしょう。 特に50メートル5秒9の俊足は攻守に光りますし、非凡なセンスを見せる左打席でのバッティングにも大いに期待したい好打者です! 参考: 鳥取城北・河西威飛(外野手) 広角に大飛球が打てる右の強打者で、抜群の打撃センスは見ものです。 中学時代にも日本代表を経験していますし、甲子園の舞台で一気にスカウトの評価を上げる可能性は十分でしょうね! 参考: 米子東・岡本大翔(遊撃手) 身長190cm・体重92kgの高校生離れした体格から、場外へ飛ばすパンチ力を秘めた右の強打者。 投手でも140キロ超の球速をマークするなど、ずば抜けたポテンシャルの高さと将来性には大いに期待したい内野手です。 参考: 明徳義塾・奥野翔琉(外野手) 全国トップクラスの俊足で、攻守において驚異的な存在感を放つ外野手。 プロでも上位に食い込める脚力を兼ね備えた選手だけに、高校野球ファンを虜にする活躍に期待しています! 参考: 明徳義塾・新澤颯真(一塁手) 2019秋に急成長を見せ、明徳義塾の主軸で活躍する打撃センス抜群の左打者。 ホームランが打てるパンチ力に加え、勝負強さも光るバッティングは全国でも注目を浴びるでしょうね…! 参考: 明徳義塾・鈴木大照(捕手) 捕手ながら50メートル6秒0の俊足と、遠投110メートルの強肩を誇る明徳義塾の主将。 右打者としても2019秋には練習試合を含めて4割を超える打率を残しており、攻守に光るポテンシャルの高さは見逃せません。 参考: 高知商業・西村貫輔(三塁手) 1年夏に甲子園を沸かせた右の好打者で、小柄ながらミート力の高さは目を惹きます。 変化球への対応など柔軟なバットコントロールを持ち合わせている選手ですから、成長した姿を全国の舞台で見せてほしいですね! 参考: 観音寺一・田中大貴(遊撃手) 高校通算40本以上のホームランを放っている右の強打者。 50メートル6秒1の俊足も兼ね備えるなど身体能力も高く、ドラフトでは隠れた逸材として全国を沸かせてくれる可能性も十分です! 参考: Sponsored Link 【九州・沖縄地区】ドラフト候補の高校生野手 明豊・布施心海(外野手) ミートの上手さに定評のある右打者で、新チームでも中軸を担います。 複数のポジションをこなす器用さに加えて、広角に打ち分ける打撃センスにも注目です。 参考: 明豊・狭間大暉(一塁手) 明豊の四番を務める打撃センスに加えて、投げては最速143キロを誇る二刀流。 投打に注目したい右投げ右打ちの逸材で、甲子園での活躍で一気に全国区になれる可能性を秘めているように感じます。 参考: 大分商業・末田龍祐(捕手) 2019秋から捕手に転向し、遠投120メートルの強肩で圧倒的な存在感を示します。 打撃でも四番を務める右打者だけに、確実性がさらに増してくると全国区の捕手として高校野球ファンにも認知される存在でしょうね…! 参考: 大分商業・渡邊温人(外野手) 50メートル5秒7と高校野球界トップクラスの俊足を誇る、右投げ右打ちのセンター。 先頭打者としてホームランを叩き込む長打力も兼ね備えており、甲子園での活躍次第でドラフトの指名も十分にありえる逸材です! 参考: 興南・西里颯(三塁手) 前チームから主力として活躍していた、攻守にセンスが光る内野手。 新チームでは主将を務めるアベレージヒッターが、どこまで飛躍を遂げるかには大いに期待したいところです。 参考:.

次の

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

2020 年 ドラフト 候補

Contents• 主にランニングバックやクォーターバック、コーナーバックでプレー経験があります。 その後バスケットボールに転向すると、アメリカンフットボールでの運動能力をそのままバスケットボールに活かし、チームの中心選手へと成長。 2019年のマクドナルドオールアメリカンやジョーダンブランドクラシックへと選出。 全米でも有名な選手へとなっていきました。 更にアンソニー・エドワーズについて詳しくまとめた記事もあります。 もっとアンソニー・エドワーズについて知りたい人はこちらも確認ください。 その中で マクドナルドオールアメリカンにおいてはMVPを受賞。 ゲータレードナショナルプレイヤーオブザイヤーの獲得など、2019年の年間最優秀プレイヤーに贈られる賞を獲得した、名実ともに同世代のNo. 1プレイヤーと呼び声高い選手になります。 更にジェームス・ワイズマンについて詳しくまとめた記事もあります。 もっとジェームス・ワイズマンについて知りたい人はこちらも確認ください。 高校卒業後は、UCLAに進学するありましたが、プロリーグに進出することを決意しました。 高校卒業後にすぐにはNBA入りができないため、ラメロボールはリトアニアのプロリーグでプレーすることになりました。 リトアニアのプロチームにてプレーしたのち、アメリカのJBAのロサンゼルス・ラバーズと契約。 そして2019年6月17日にオーストラリアのプロリーグのイラワラ・ホークスと契約を果たしています。 更にラメロ・ボールについて詳しくまとめた記事もあります。 もっとラメロ・ボールについて知りたい人はこちらも確認ください。 コール・アンソニーはアメリカの高校三大オールスターゲームとしても有名なマクドナルドオールアメリカン・ジョーダンブランドクラシック・ナイキフープサミットに招待され、しかもこの3つの大会において全てでMVPを獲得した選手となります。 ノースカロライナ大学でも活躍しており、1年目終了時にNBAドラフトトップ5で指名されるのではないかと言われている注目のルーキー選手です。 更にコール・アンソニーについて詳しくまとめた記事もあります。 もっとコール・アンソニーについて知りたい人はこちらも確認ください。 【 NBAドラフト2019候補:R. ・ハンプトン】 本名:R. 高校卒業後はカンザス大学・メンフィス大学・テキサス工科大学への進学を検討していましたが、オーストラリアのプロバスケットボールリーグでもあるNBLでプレーすることを決めました。 更にRJ・ハンプトンについて詳しくまとめた記事もあります。 もっとRJ・ハンプトンについて知りたい人はこちらも確認ください。

次の

【2020年ドラフト】大胆予想!NBA2020年のドラフト候補選手は??①

2020 年 ドラフト 候補

1投手といわれているトヨタ自動車の 栗林良吏選手。 ドラフト候補2020では、1位指名が堅いといっていいでしょう。 大学時代から注目されていましたが、指名縛り(トヨタ自動車から2位以内でなければ入社)の影響で指名漏れしました。 150キロ超の速球を武器に社会人1年目からエースとして君臨し、都市対抗野球準優勝に貢献! 速球に加え、鋭いスライダーにカットボール、スプリットなどの高速変化球でも打者を抑えます。 また、抜群のスタミナで試合後半も球威が落ちません。 上茶谷大河さんの同級生。 MAX152キロのストレートと3種類の変化球を操る期待の左腕。 キレのある速球で追い込んで、落差のあるチェンジアップで打ち取るパターンを得意としています。 緊張するタイプ(自称)でブルペンやマウンドに上がる際は、ルーティーンで克服しています。 左投手が欲しい球団では喉から手が出る存在でしょう。 昨年の都市対抗野球予選では3勝、防御率0. 48と好投しましたが・・・。 高校から本格的に投手に専念、アンダースローを経て今のフォームに辿りついています。 直球で内角を攻め、鋭いスライダー、逃げて落ちるスプリットで打ち取るのが得意のパターンです。 ベンチプレス140キロを上げる程、下半身がどっしりしています。 今川優馬選手の魅力は、広角に長打が打てること! 低めの球でも、しっかりとホームランが打てます。 変化球にもついていけ選球眼もよく、硬軟自在の打撃は充分即戦力といえるでしょう。 また、身体能力も高く、俊足強肩で守備力もあるJFE東日本の今川優馬選手。 大学卒業時にはプロ入り表明もドラフト指名漏れだっただけに、今年1年の活躍ぶりが期待されます。 高校時代まで投手だっただけに、遠投110mの強肩を誇ります! さらに、50m5秒8、1塁到達4. 0秒の脚力を活かした守備も魅力の選手。 昨年の都市対抗野球では1番センターで、6安打7四球と5割近い出塁率で準優勝に貢献しました。 大学時の指名漏れの悔しさを味わっているだけに、今年1年の活躍で晴らしたいところです。 スカウトも「足は速く方も強い。 打撃もシャープでパンチ力がある。 」と注目しています。 昨年の都市対抗野球では全試合でヒットを打ち、優勝の立役者になりました。 高校3年時に夏の甲子園に出場し、通算本塁打は37本という成績。 大学では4年秋に三冠王、MVPに輝いた経歴を持っている平山快選手。 社会人1年目から4番を打ち、結果を残しています。 都市対抗野球の行われた東京ドームでは、「ポパイ」の大声援が一番似合っていた選手でした。 少々粗削りの面があるので、この1年でどこまで克服できるかも鍵となるでしょう。 大学では期待されましたが、ケガなどもあり出遅れレギュラー獲得は3年秋からでした。 大学の分もと社会人1年目から活躍し、都市対抗野球優勝に貢献しています。 若獅子賞獲得と昨年度の社会人ベスト9に輝いた峯本匠選手。 攻撃型2番バッターで広角に鋭い打球を放ち、俊足に勝負強さも蓄えてきています! 攻守ともに活躍が期待できる選手として、ドラフト2020では指名にも期待がかかります。 ちなみに峯本選手は、菊池選手(広島)を目標にしているそうです! 社会人ドラフト候補予想2020:捕手編 続いて、社会人ドラフト候補2020で注目の捕手の予想です。

次の