ケーキ ナイフ。 ケーキナイフ|包丁 通販・価格比較

ケーキナイフのおすすめランキング18選|リボン付きや装花仕様は結婚式のマストアイテム

ケーキ ナイフ

ケーキを切り分ける時に 包丁で切ると、断面がガタガタだったり、ケーキが崩れそうになった経験はありませんか?ホームパーティーなどで、ケーキのカットは誰がするかいつも譲り合いになった事はありませんか?柔らかい シフォンケーキは特に切るのに困りますよね。 皆さん上手にケーキを切れないのでケーキカットを苦手に思われる方が多いと思います。 そんな時におすすめなのがケーキカット専用の ケーキナイフです。 ケーキナイフを使うと断面も綺麗に切れますし、ケーキを崩さず綺麗な形のままキープできます。 お店で売られているようなカットされたケーキになるのでとてもおすすめです。 近年、 スイーツブームでケーキも以前より頻繁に食べるようになってきて、ケーキナイフを持ってる方も増えてきているようです。 ケーキナイフにも様々な種類があり、ケーキの種類によっては使うケーキナイフも変わってきます。 そこで今回は、人気のあるケーキナイフをご紹介させていただきます。 ケーキナイフは 100均、ホームセンター、ニトリなどどこでも手軽に購入できます。 ケーキナイフには ウエディング用もありますので合わせてご紹介させていただきます。 また、 電動のケーキナイフもありますので参考にしていただけたらと思います。 近年スイーツブームでケーキを食べる機会や手作りする事が多くなってきたのではないでしょうか?ホールケーキを綺麗に 切り分けるのにおすすめなのが、今回ご紹介いたしましたケーキナイフになります。 ケーキナイフにもいろいろな種類がありましたね。 ごく一般的なサイズのケーキナイフとウエディング用のケーキナイフがあります。 ウエディング用のケーキナイフは、見た目が高級感と重厚感がありとてもキラキラと輝いているのが特徴です。 ウエディング用のケーキナイフは結婚式が終われば、ご自宅のホームパーティーの時に使っても豪華で見た目も華やかで見栄えがするのでおすすめです。 また、縁起もいいですよね。 長く使えるものを選ぶようにするといいですよ。 その他に、刃の形状や、刃先の素材、刃渡りの長さ、電動かどうかなど選ぶポイントも沢山あります。 使う用途に合わせて選んでいただくと使いやすいです。 主によく使うケーキサイズに合わせて購入されてもいいですね。 また、ケーキナイフはどこでも手軽に購入しやすいです。 ニトリ、100均、ホームセンター、大型スーパーなどで販売されております。 もし、ご購入をご検討の方はこちらの記事を参考にご検討していただけたらと思います。

次の

おすすめのケーキナイフは?人気の商品比較ランキング

ケーキ ナイフ

ケーキは高級レストランで食べるときと、カフェや訪問先で食べるときでマナーが異なります。 ここでは、 ケーキの正しい食べ方をシーン別にご紹介しているので、参考にしてください。 スポンサーリンク 高級レストランではナイフとフォークを使う 高級レストランの場合、ナイフとフォークが一緒に出てくるので、その両方を使って食べます。 食べ方はステーキなどと同じで、 フォークで刺してナイフで切るのが正しい食べ方です。 食べ始める場所は、ケーキの種類によって異なります。 ショートケーキ系:先端の部分から• 丸い形のケーキ:左端から ただし、ミルフィーユやシュークリームの場合は、少し変わった食べ方をします。 ミルフィーユは分けて食べてOK ミルフィーユ系のケーキは、そのままでは食べづらいため、 真ん中の高さで上段と下段に分けます。 その後、分けた段をナイフで切って食べると、崩さず綺麗に食べることができます。 もちろん、綺麗に食べれるなら上下に分けなくてもかまいません。 シュークリームはどう食べる? シュークリームは、そのまま手づかみでバクッと食べません。 まずは上の皮を取り、クリームをスプーンですくってつけてから上の皮につけながら食べます。 その後、下に残った皮とクリームをナイフでひと口サイズに切ってから食べてください。 スポンサーリンク カフェや訪問先で食べるとき カフェや訪問先では、家で食べるようにフォークだけを使って食べます。 また、次のような手順で食べましょう。 セロファンをフォークで巻きながら取る• ケーキの先端・左端から食べていく• 食べ終わったフォークは銀紙や紙ナプキンで巻く ケーキビュッフェなども、上記と同じ食べ方でかまいません。 また、ナイフとフォークを出された場合は、先にご紹介した食べ方で食べましょう。 アフタヌーンティーにも食べ方のマナーがある スイーツがたくさん乗ったアフタヌーンティーには、さらに細かなマナーがあります。 女子会やママ友の集まりで食べる機会もあるのではないでしょうか?• 食べるときは下段から• 次の段へ移るときは皆一緒• ソーサーは持たない など、いくつかマナーがあるので、知らない方や自信のない方は、次の記事も参考にどうぞ。 まとめ 高級レストランで出てくるケーキの場合は、ナイフとフォークを使って食べます。 また、カフェや訪問先で食べるときはフォークだけでかまいませんが、セロファンを取ったり、食べ始めの位置に注意してください。

次の

【美しい切り口に】ケーキナイフのおすすめ人気ランキング10選

ケーキ ナイフ

ケーキナイフはケーキやタルト、パイなどのスイーツ類をカットしたり、スポンジケーキをスライスするのに便利なアイテム。 ホールケーキを定期的に購入する方や、お菓子作りが好きな方は1つ持っておいた方が良いキッチンツールのひとつです。 ここでは、ケーキナイフの選び方のポイントや人気商品の特徴など、迷わずに購入するために知っておきたい情報をご紹介していきます。 ぜひ最後まで読んでいただき、素敵なデコレーションのケーキをスマートに切り分けられるナイフ選びの参考にしてくださいね。 ケーキナイフの選び方 ケーキナイフにはどのようなタイプがあるのでしょうか。 早速、選び方の基本ポイントをチェックしていきましょう。 刃の形状で選ぶ ケーキナイフは、刃の形状の違いによって「フラットタイプ」と「波刃タイプ」の2種類に分けられます。 それぞれの特徴を知っておきましょう。 スポンジをきれいに切れる「フラットタイプ」 普通の料理庖丁と同じように、刃にギザギザがなくフラットなタイプのケーキナイフです。 切りくずを出さずにスポンジケーキをカットすることができるため、断面もきれいに仕上がりやすいです。 パイやハードパンに適した「波刃タイプ」 パン切り包丁にもよく見られる、ギザギザしたノコギリのような形状の波刃タイプ。 ハードパンなどの硬いパンでも引っかかりやすく、力を入れずに切ることができるという特徴があります。 このタイプのケーキナイフは、どちらかといえば、柔らかいスポンジケーキよりカリッとしたパイや硬めのパウンドケーキの切り分けに適しています。 ケーキだけではなくパン切り包丁としても使いたい方にもおすすめです。 使いやすい刃渡りはどれくらい? ケーキをスムーズに、無駄のない動作で切れるかどうかは刃渡りが大きく影響します。 市販のケーキナイフの刃渡りは、15㎝程度のものから30㎝程度あるものまでさまざまです。 一般的に、ケーキナイフはホールケーキの直径よりやや長い刃渡りのものを使うと切りやすいと言われています。 刃渡りが短いと、大きなホールケーキを切るときにナイフを何度も上下に動かす必要があるため断面に跡がつくことがあります。 普段よく購入するケーキのサイズに適したものを選びましょう。 切れ味が良くお手入れしやすい材質は? ケーキナイフの刃の部分は、切れ味はもちろん食材に直接触れる部分ですから衛生的に使える材質のものを選びましょう。 人気商品の多くはステンレス鋼を採用していて、サビにくくお手入れしやすいという特徴があります。 刃こぼれもしにくいので安全に使い続けることができるでしょう。 中には、モリブデンを添加して強度を高めている商品もあります。 ハンドル部分の仕様は? ケーキナイフのハンドル部分は、商品の個性を出しやすいパーツなので色々なデザインのものがあります。 基本的には手にフィットして持ちやすい形状かどうかをチェックしましょう。 また、ハンドルに使われている材質としては、軽くてお手入れしやすい樹脂製の他、衛生的でスタイリッシュなステンレス製、ナチュラルでやさしい雰囲気が出る木製タイプなどがあります。 こんなタイプも便利 上記以外のタイプとしては、食器洗い機に対応したケーキナイフであれば、お手入れの手間が省くことができて便利です。 また、ケーキナイフは長さがあるので収納に困ることがありますが、折りたためるタイプやサヤが付いているタイプだと安全かつコンパクトに保管しておけます。 ケーキナイフ人気おすすめ商品TOP10 では、どのようなケーキナイフが人気なのか、売れ筋の10商品をご紹介していきます。 それぞれの特徴をチェックして、自分に合うナイフがあるか探してみましょう。 せっかく時間をかけて丁寧に作っても、切り方がまずければ台無しになってしまいます。 そんな失敗を防ぐためにも、最後にケーキナイフの使い方のコツをご紹介するので、実践してみましょう。 ケーキは冷やしておこう ケーキをきれいにカットするには、ケーキをあらかじめしっかり冷やしておくことが第一のポイントです。 生クリームやチョコレートなどは少し置いておくだけでゆるくなり、ケーキナイフにべったりと付着して型崩れの原因になってしまいます。 ケーキを切るときは冷蔵庫で1時間程度冷やしておくと、ナイフを入れやすくなりますよ。 ケーキナイフは熱湯にくぐらせる ケーキとは反対に、ケーキナイフは切る直前に熱湯にくぐらせましょう。 その理由は、切る瞬間にナイフに接したクリームが適度に溶けて、通りが良くなるからです。 熱湯をかけるだけでも良いですが、牛乳パックなど長さのある空き容器に熱湯を入れて30秒くらい浸すという方法もおすすめです。 一気に切ろうとしない ケーキを切るときは、一気に切ろうとすると押しつぶしてしまうので、刃先を斜めに入れたらゆっくりと大きく前後に動かしながらカットしていきましょう。 使いやすいケーキナイフであれば、力を入れなくてもナイフの重みでスッと自然に切れていくはずです。 フルーツやチョコプレートは外しておこう ホールケーキには、大きなフルーツやメッセージプレートが添えられていることがありますが、カットするときは他の皿に一旦取っておきましょう。 生クリームはこまめに拭き取る ケーキを冷やしたりナイフを温めたりしても、クリーム類は少しは付着してしまいます。 そのまま切り続けると、ナイフにクリームが溜まって型崩れを起こしてしまうため、面倒でもナイフを入れるたびに濡れふきんやキッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。 1カットごとにナイフを熱湯にくぐらせるとなお良いです。 まとめ ここまで、ケーキナイフの選び方のポイントや人気商品の特徴など、購入前に知っておきたい情報をご紹介してきました。 気になる商品はありましたか? ケーキナイフを選ぶ際は、まず刃の形状と刃渡りを検討しましょう。 スポンジタイプのホールケーキを作ることが多い場合は、フラットタイプで刃渡りがケーキの直径より大きい商品にするとスムーズに切りやすいですよ。 卓上でロールケーキを切るならコンパクトなものでも十分ですし、ドライフルーツなどが入った固めのパウンドケーキなら波刃タイプが便利でしょう。 ケーキナイフは料理庖丁ほど頻繁に使うものではないですが、1本持っておくと誕生日パーティーなどのお祝いごとがあるときに重宝します。 ここでご紹介したポイントを参考にしながら、ご自身が使いやすく見た目も好みのものを選んでくださいね。

次の