仙台 駅 冠水。 仙台・荒井駅近くにライブホール「仙台ギグス」 東西線東側の活性化に期待

【台風19号】仙台駅前が浸水・冠水!駅構内も水浸しの現場の状況や画像など

仙台 駅 冠水

[広告] 音楽ライブをはじめ、プロレスや格闘技、ファッションショー、会議やシンポジウム、展示・見本市、物産・フード・地域イベントなど、さまざまな用途での利用に対応。 荒井駅から徒歩1分のアクセスの利便性から県内外からの来場を見込む。 初年度の年間稼働目標は、2012年に東口から撤退した「Zepp Sendai」の最終年間稼働日数と同程度の120日。 場所は産電工業(泉区八乙女中央1)が建設中の「アライライブホール(仮称)」内で、施設南側が仙台ギグス、北側には商業施設10店舗が入居する予定。 1月31日には仙台市役所で立地表明式が行われた。 ギグスの島貫秀行社長は「一番こだわったのは防音と防振。 防音はオールナイトのイベントをやっても近所の皆さまに騒音でご迷惑がかからない構造、防振は1560人が2時間ジャンプをしても周りの土地には伝わらない構造になっている。 地域の皆さまから、できてよかったと言われるような施設運営をしていきたい」と話す。 奥山恵美子仙台市長は「(地下鉄東西線の)東エリアにも地下鉄に乗って行ってみたいと思わせるようなワクワクするエンターテインメントの施設が欲しいというのが願いだった。 仙台市としてもいろいろな催しに使わせていただき、東の地区を盛り上げる起爆剤になるよう頑張っていきたい」と意欲を見せる。 こけら落とし公演は仙台出身のエンターテインメント集団「白A」。 演出家のcocoonaさんは「育ててもらった仙台でパフォーマンスができることを大変うれしく思う。 恩返しができるように、荒井の街づくりや復興のお手伝いができれば」と意気込む。 「僕たちの持っているテクノロジーと新しい設備機能をフル活用して、誰も見たことがないような新しいパフォーマンス、エンターテインメントを披露できれば」とも。

次の

【台風19号】仙台駅前が浸水・冠水!駅構内も水浸しの現場の状況や画像など

仙台 駅 冠水

仙台駅 地下ホーム (1920年代) 1925年(大正14年)、新たに開業したの始発駅として、現在の仙台市1丁目付近に設置された。 は線路の北側にあり1面1線の構造であったが、そのデザインはの77丁目駅(1918年開業)を模したともいわれ 、や壁面が薄緑色や橙色で塗られるなど、モダンで華やかなものであった。 宮城電気鉄道は、既に存在した仙台駅の線路・プラットホームから直交する形で東に伸びる鉄道路線であったが、仙台の市街地は国鉄仙台駅の西側に広がっていたため、利便性と将来の路線伸長の観点から、このような国鉄線路を潜る形での線路と駅の設置が決定されたものという。 ひとつ隣のは地上駅であり、この仙台駅地下プラットホームに至る地下区間の全長はわずか130メートルから200メートル程度に過ぎなかったが、この区間は日本で初めての地下鉄道となった。 中の(19年)、宮城電気鉄道はが行われ、と改称された。 これによって、この地下駅施設は鉄道省仙台駅の一部となった。 国有化後 [ ] 仙石線の仙台駅と仙台東口駅(1944年に東七番丁駅から改称)の間はであり続けたために上のとなり、また年月を経た地下駅は老朽化のために雨漏りなどが目立つようになっていたという。 (昭和22年)のや(昭和23年)のによってこの地下プラットホームは冠水し、ポンプによって排水作業が行われた。 (昭和27年)、宮城県、山形県、福島県でのの開催を機に、仙台駅仙石線プラットホームは改修されることになった。 それまでの仙台駅は線路の西側に駅舎を持ち、反対側の東側には駅舎がなかった。 国体の主要会場の一つとされたは仙台駅の東側にあり、この運動場への交通の便の確保を目的とした改修だった。 これと同時に、この仙石線ホームに仙台駅の東口が併設された。 宮城電気鉄道が設置した旧仙台駅地下駅及び地下鉄道区間は、線路撤去とホーム側に壁を設置し塞いだ上で、仙台駅の西口方面及び在来線ホームとこの新プラットホームを連絡する内の連絡通路に転用された。 なお、地下駅当時のホームの一部は昭和40年代まで残存しており、旧ホーム入り口に改札口が置かれ、ホームから旧軌道敷(地下通路)に降りる扇形の階段が設置されていた。 この新しい仙石線用プラットホームは1面2線の行き止まり構造であり、仙石線が別ルートで地下化される(12年)に至るまで始発駅として供用された。 この仙石線プラットホームのさらなる移動によって、地下鉄道の跡であった地下通路も廃止された。 脚注 [ ] [].

次の

【台風19号】仙台駅前が浸水・冠水!駅構内も水浸しの現場の状況や画像など

仙台 駅 冠水

[広告] 音楽ライブをはじめ、プロレスや格闘技、ファッションショー、会議やシンポジウム、展示・見本市、物産・フード・地域イベントなど、さまざまな用途での利用に対応。 荒井駅から徒歩1分のアクセスの利便性から県内外からの来場を見込む。 初年度の年間稼働目標は、2012年に東口から撤退した「Zepp Sendai」の最終年間稼働日数と同程度の120日。 場所は産電工業(泉区八乙女中央1)が建設中の「アライライブホール(仮称)」内で、施設南側が仙台ギグス、北側には商業施設10店舗が入居する予定。 1月31日には仙台市役所で立地表明式が行われた。 ギグスの島貫秀行社長は「一番こだわったのは防音と防振。 防音はオールナイトのイベントをやっても近所の皆さまに騒音でご迷惑がかからない構造、防振は1560人が2時間ジャンプをしても周りの土地には伝わらない構造になっている。 地域の皆さまから、できてよかったと言われるような施設運営をしていきたい」と話す。 奥山恵美子仙台市長は「(地下鉄東西線の)東エリアにも地下鉄に乗って行ってみたいと思わせるようなワクワクするエンターテインメントの施設が欲しいというのが願いだった。 仙台市としてもいろいろな催しに使わせていただき、東の地区を盛り上げる起爆剤になるよう頑張っていきたい」と意欲を見せる。 こけら落とし公演は仙台出身のエンターテインメント集団「白A」。 演出家のcocoonaさんは「育ててもらった仙台でパフォーマンスができることを大変うれしく思う。 恩返しができるように、荒井の街づくりや復興のお手伝いができれば」と意気込む。 「僕たちの持っているテクノロジーと新しい設備機能をフル活用して、誰も見たことがないような新しいパフォーマンス、エンターテインメントを披露できれば」とも。

次の