桑田佳祐 オリンピック。 桑田佳祐、「一緒にやろう2020」応援ソング「SMILE~晴れ渡る空のように~」スペシャルムービー公開

桑田佳祐の東京オリンピック応援ソングの歌詞!「一緒にやろう2020」

桑田佳祐 オリンピック

普段はライバル同士の民放テレビ局が、1月24日18:40~19:00の間、民放初の番組同時生放送を実施した。 2020年は東京オリンピックが開催されるスペシャル・イヤー。 4年に一度のスポーツの祭典の開催を半年後に迎え、各テレビ局が力を合わせて災害復興、ゴミ問題、健康促進などに向き合うために様々な取り組みを行っていく。 そして1978年のデビュー以来、数々の名曲を生み出してきた桑田が作詞作曲した「SMILE~晴れ渡る空のように~」が完成した。 この曲は桑田が40年以上利用しているスタジオでレコーディングされたのだが、運命に導かれるかのように、そこは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の会場となる国立競技場にかなり近い場所にある。 「このような大役を仰せつかりまして、大変光栄でしたが、かなりプレッシャーがありました」と吐露する桑田に対し、TBSテレビの安住紳一郎アナウンサーは「桑田さんでもプレッシャーを感じますか!? 」と反応。 桑田は「いや、もうドキドキです。 ありがとうございます!」という言葉に続いて、最後に「日本、被災地、地球の未来が明るく元気でありますように。 よろしくお願いいたします!」とメッセージを届けた。 番組で初公開された「SMILE~晴れ渡る空のように~」のプロモーションビデオでは、レコーディングが行われたスタジオと思われる建物の屋上から、最後には解放感と存在感を放つ国立競技場内で歌う桑田の姿が映し出された。 何かに悩んでいる人も、目標に向かって突き進んでいる人にも、特定の誰かではなく、聞く人全員の背中にポンと手を添えてくれるような、まさに文字通りの応援ソングだ。 時折、<Woh oh oh oh…>というコールも入り、日本語が分からない人や歌詞を知らない人でも気軽に参加できるアレンジが施されており、各民放局が手を取り合って一つのゴールへ向かうというこのプロジェクトのテーマにしっかりマッチしている。 現在、この「SMILE~晴れ渡る空のように~」の民放公式スペシャルムービーがで公開中(1月24日24時まで)。 24時以降はで公開されるので、見逃した方も、もう一度見たいという方も要チェックだ。 Text by Mariko Ikitake.

次の

桑田佳祐、“史上初”東京五輪民放共同企画応援ソングを制作へ「老体に鞭打って頑張りたい」

桑田佳祐 オリンピック

「一緒にやろう」を合言葉に、まずは普段ライバルとして競い合う民放放送局5系列が一緒に番組やります。 そして楽曲を初披露! なんだか民放が全部同じ生放送をするなんて、昭和の大晦日のゆく年くる年を思い出した人も多いのではないでしょうか。 地上デジタル放送になってからはこのような試みは初めてのことだと思います。 この番組はオリンピック系の番組のように見えて、オリンピックのことを紹介したりする番組ではなさそうです。 主に自分が行動することできっと変えられることはあるはずだというメッセージ性がすごく伝わって来ます。 アナウンサーにあまり詳しくないので知っているアナウンサーは安住紳一郎さんと桝太一さんしかいませんでした。 TBSに安住さんを出して来るところがさすがだなと思いました。 問題は5局で放送されるからどのチャンネルで見るかということです。 私はいつもテレビ朝日のニュースを見ていることが多いので、多分見るとしたらテレビ朝日にしようかなと思います。 桑田佳祐さんの応援ソングも生放送中に初披露されることになるみたいです。 この番組の宣伝を見た時は映像しか出ていなくて、歌は聞こえなかったのでどんな曲に仕上がっているのかが楽しみです。 きっといい歌だと思います。 これまで、なかなかテレビ局の垣根を超えた番組というのは少なかったように思いますが、東京オリンピックを機にこうしたテレビ局間の取り組みというのは視聴者にとってとても面白いものだと思います。 アナウンサー好きの自分としても、好きなアナウンサーたちが一堂に会するのもうれしいですし、少なくともテレビ局間の視聴者争いよりも、面白い番組があるテレビ局を見る、というところに帰結しますので、そうした放送局間のカラーをどの様にまとめあげ、一つの番組にしていくのか、視聴者サイドから楽しみです。 そうした中で、これまでで最もお金のかからないオリンピックという表題だったものが、これまでの歴史の中で最もお金のかかるオリンピックになるというのは、何とも皮肉な話で、こうした事実についても、NHKはひた隠しにするでしょうから、民放同士が結託して、そうした事実を国民に伝えてもらいたいと思っています。 桝太一、弘中綾香、安住紳一郎、竹崎由佳、宮司愛海という蒼々たる人気アナウンサーが揃っていて力のいれようが伝わってきました。 桑田佳祐も応援ソングを初披露とあるんでとても楽しみです。 桑田佳祐は昔からファンですがこういった場にはあまり出ないですし、オリンピックについてどの程度の知識、興味があるのかも聞きたいです。 5人のアナウンサーとのトークというのも期待しています。 桑田佳祐は下ネタが大好き過ぎるんでオリンピックの番組、生放送、アナウンサーの前ということでも言うのかを密かな楽しみにしています。 アナウンサー5人も実力派が揃っていてアナウンサー同士の会話が見たいなと思っています。 街も心も綺麗な開催地にということで番組対抗ゴミ箱選手権というのがどんなものなのか見ものです。 日本人のゴミに対する考え方はかなり高いものを持っていてサッカーのワールドカップの際にも見に行った日本人の観客が掃除していたのが評価されたり日本代表がロッカールームを綺麗にして帰ったのも賛美されていました。 やはり素晴らしいことはやるべきだと思いますし、良い企画だなと思いました。 民放の5社のアナウンサーが集まって同時生放送ということで楽しみです。 桑田佳祐も出演するということでオリンピックについて語る桑田佳祐というのも珍しいし見たいです。 出演アナウンサーが日本テレビ桝太一、テレビ朝日弘中綾香、TBSテレビ安住紳一郎、テレビ東京竹崎由佳、フジテレビ宮司愛海ということで人気、実力を持ったメンバーが揃っているなと感じました。 最近人気、存在感が凄い弘中綾香が先ずは注目です。 アナウンサーながらバラエティでは言いたいことを言って聞いてる方が大丈夫かなと思ってしまうほど毒舌を言ったりします。 それが面白いし今までにないアナウンサーだなと感じています。 物怖じしない弘中綾香を見たいなと期待しています。 安住紳一郎にも注目していて優しい雰囲気ですが大事なことははっきり厳しく指摘するし好きなアナウンサーです。 笑いについても理解してるしオリンピックの番組とはいえ堅苦しくはならないように上手くまとめてくれそうだなと思っています。 桑田佳祐が作詞作曲した民放共同企画「一緒にやろう」応援ソングを初披露というのも楽しみです。 まとめ オリンピックの開催地が東京に決まり、あれから4年、待ちに待った東京オリンピック・パラリンピックまで、後半年になりましたね! 世界一流のアスリート達のパフォーマンスに期待が膨らみます。 普段はライバルである民放各社が、この番組では一致団結して、東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようという企画に、テレビの前で自分も少しでも力になれたら!と応援する気持ちで、盛り立てていきたいです。 「街も心も綺麗でいようよ」なんてテーマは日本らしくて良いですね! その中で、ゴミ箱選手権という企画が面白そうで、びっくりするような、誰もがゴミを捨てることが楽しくなるようなゴミ箱を期待しています。 また、民放の人気番組からの応援レターなども楽しみです。 我ながら東京オリンピックを成功させる為にも、いろいろな角度から盛り立てていきたいと強く思います。 特に注目していることは、オリンピックシンボルの点灯が生中継されるということなので、ライトアップされたシンボルを見ながら、オリンピックの感動を実感したいですね! 応援ソングを桑田佳祐さんが歌うのですが、これも楽しみ。 この曲は初披露ということで、めちゃくちゃ良い曲なのは間違いないでしょうが、どんな作品か早く聞きたいです。

次の

桑田佳祐 オリンピックテーマソング│モンデ

桑田佳祐 オリンピック

人物 青山学院大学在学中より活動を行い、バンド名の変更とメンバーチェンジを繰り返した後、サザンオールスターズとしてデビューした。 のソロ活動開始以降、サザンとソロ、それぞれの活動を数年毎ので行っている。 に、サザンの・とし、これまでに2男をもうける。 長男はインディーズバンド・READ ALOUDのボーカル、桑田祐宜。 生い立ち 父親が茅ヶ崎でを経営していた。 父親は旧制第三中学校の出身で、桑田には父親から聞いたのイメージで書いた「流れる雲を追いかけて」(1983年)という歌もある。 桑田が音楽に興味を持ったのは、姉・えり子の影響が大きい。 姉のは後年、いくつかサザン、桑田ソロの曲で英語補作詞として参加している。 桑田によると、作詞に行き詰った際に電話で相談し、参考にしていた。 学生時代は、姉が集めていた等のレコードを聴き入っていた。 学生時代 影響を受けたアーティストは、上記のビートルズ以外に、や、などがいる。 また、やの作品にも影響を受け 、それらは後の音楽活動(演奏、作曲等)の下地になっている。 青山学院大学時代〜メジャーデビュー 高校は、に通う。 在学中は英語のみ成績が良く、と青山学院大学に合格し、青山学院大学を選択する。 これが定着し、メンバーも固定されるようになる。 、より、サザンオールスターズとして「」でメジャーデビュー。 ちなみに、大学は一度留年した後に、学費滞納により4年在学した後、に除籍になったとのこと(サザンのメンバーで青学に在学していた桑田と大森・関口・原のうち、卒業出来たのは関口と原の2人だけである)。 20代であるにもかかわらず、合宿先などで・・といういでたちであったために、サークル仲間に30代だと言われていた。 最も初期に付けられていたバンド名「温泉ももひきバンド」は、この時の桑田の風貌から来ている。 サザンのメンバーで、後に妻となる原由子とは「Better Days」で知り合う。 当初、桑田は原の友達の女の子が目当てで原に近づいていたため、原のことは容姿を嘆いたり散々な軽口を叩いていたが、などの洋楽の好みで気が付けば意気投合、デビューまでの間に完全に付き合っており、サザンのメンバーやサークル仲間の間でも公認の仲であったという。 詳細は、原の著書『娘心にブルースを』で語られている。 デビュー当時はコミックバンド扱いされていたこともあり、当初桑田も芸名を「桑田K助」にする話もあった。 本意では無いものの、芸人的な立ち振る舞いで、特にに顔が似ていることを売りにしていた。 また、や、などの物真似も披露しており、現在でも度々ネタにしている。 デビュー当時サザンは、本人達にとっては強制的な形で『』や『』などのにも度々出演し、やモノマネなどの芸をしていた。 ちょうどその頃、のリーダーが、ドリフ脱退を希望していたに代わる新しい人材を探していたところで、プロデューサーを通して、桑田にドリフ加入を打診していたという。 桑田は、いかりやとは会うだけ会ったが、具体的なやり取りについては明かされていない。 パフォーマンス 歌唱法 独特の歌唱法は、日本人からは高校時代より大ファンだったから来ており、洋楽では等の影響を受け、学生時代は声質をより近付けるため、で喉をうがいし、自宅の部屋にこもって枕に顔を押し付けて大声を出し続ける等などの荒行も行っていたという。 その結果、1982年頃までの楽曲にしゃがれ声が際立っている作品が多い。 しかし、声帯への悪影響も強く、声が出なくなって出血することもあった。 その後は、声帯を酷使する極端な歌唱を控えるようになり、しゃがれ声が際立った曲は一部に留まっている。 作品の発表時期によって歌声が異なって聴こえるのはこのためである。 また、サザンオールスターズは、テレビのにおける歌詞の()が流される端緒を作ったとされる。 これは、桑田の早口の歌い方に視聴者が「歌詞が判らない」と苦情を寄せたため、テレビ局が桑田の歌い方に対応するために歌番組でのテロップ表示を行ったとのことである。 プレイヤーとして などではを担当することがほとんどだが、時に・や・・なども演奏するでもある。 特に、ソロ名義の「素敵な未来を見て欲しい」や「MUSIC TIGER」などは、桑田1人ですべてのが演奏されている。 としてクローズアップされることは比較的少ないが、ボトルネックによるのプレイヤーとしても知られ、サザンやのでは曲の間奏で度々その姿を披露、さらにのアルバム「」では「JHON PAUL MacLENNON」名義でスライドギター奏者としてレコーディングに参加。 しかし、本人によると「とかはよくわからない」という。 ライブパフォーマンス からまで、ライブや音楽番組などでは時にステージに寝転がったり、飛び跳ねたりの激しいが特徴であった。 MCや曲中の煽りなども、いわゆる「縦ノリ」の男臭いロックミュージシャンらしい姿が見られていたが、近年では激しい動きは少なくなった反面、ギターのソロプレイを魅せる割合が多くなっている。 サザンで活動の際は、ライブ終盤での客席への(エスカレートした場合は消防用のホースでの放水)の水撒きも定番であった。 これは、2005年『ミュージックステーション』出演の際に「花火や火薬等は制限があるが、水は制限は無い。 これ以上スケールの大きいものは水しか考えられない」と桑田は語っている。 マイクをに見立ててを思わせるパフォーマンスは定番となっている。 サザンの「」や「」のプロモーションビデオやソロの「」のテレビ披露などでも確認できる。 曲作り 曲作りは、ほとんどが曲先(作曲された曲に詞を当てはめる)である。 デタラメなどの仮歌段階のまま、編曲までほぼすべてを終わらせた後、仮歌の語感を崩さない言葉を選んで、そこから歌詞全体のテーマ・世界観を決める。 そのため、・ともに文法的には間違っている歌詞も多々あり、間違いを指摘されたり「意味が分からない」などと批判される事がしばしばある。 これは、文章の正確さよりも、の良さ・符割などを優先させるが故の結果である。 語感を崩さないためには、・・も用い、メロディに合う言葉がないのなら造語を自分で作ってしまうこともある。 作詞の際には、作品中やタイトルに人名を登場させることも多い。 特定の人物を讃えた曲もあるが、名前のみを身近な人物または縁の人物の中などから、歌詞全体とメロディに合う語感として引用し、特定の人物は指していない場合が多い。 前者は『』『』『』『』など。 後者は『』『』『』『』『』『』ほか多数の曲で使われている。 また、英語と日本語とのを取り入れ、日本語の中でも、などにおけるがよく見られる。 本人曰く「楽曲は歌詞カードも含めての作品なので、歌詞カードもじっくり読んで欲しい」との思いも込められている。 自身の音楽観については「言い訳が許されない音楽っていうのが一番正しい」とし、桑田にとってそれはだとしている。 サザンとソロ活動の両立 サザンとソロとの活動の違いが分かりづらいと指摘されることも多い。 この疑問に対して桑田は、サザンのメンバーやサザンとしての活動は・であり、ソロ時のサポートメンバーおよびソロとしての活動はと逢っているようなものと例え、サザンの楽曲やソロの楽曲はそれぞれの間で生まれた子供達だと表現をしている。 また、のにも例え、サザンの時は素顔の武藤として戦い、ソロの時はペイントをしてとして戦うとも表現している。 また、ソロ名義で出演するライブやフェスティバル、単独名義で行っている自身のラジオ番組のライブなどでは、サザン名義の楽曲も演奏されることがある。 この点に関してファンからは「ソロのライブでサザンの曲を唄わないで欲しい」との意見もあったが、その意見に対して桑田は「ファンの気持ちも分かるんですけど、『唄ったっていいじゃん、どっちでもいいじゃん』て思う時も実はあるんですよね」とインタビューで答えている。 ソロ名義で行うワンマンライブやツアーでは、基本的にサザン名義の楽曲が歌われることは少ない。 1986年のKUWATA BANDのときは、ライブでサザンの曲を封印していたが、1988年のサザン復活ライブでは、途中に桑田ソロコーナーを設け、「」も歌っていた。 英語の「COME ON(カモン)」と、同郷で桑田が敬愛するから。 桑竹 居助(くわたけ いすけ) 1988年、RCサクセションのアルバム『COVERS』等で使用。 名前の区切りを変えた。 漢字は当て字である。 JOHN PAUL MacLENNON(ジョン ポール マッカレノン) 1988年、泉谷しげるのアルバム「吠えるバラッド」にスライドギター奏者として参加した際に使用。 のとより。 夷撫 悶汰(いヴ もんた) 1996年のAAAライブで使用。 フランスの俳優より。 古賀 紅太(こが こうた) 2001年、シングル「波乗りジョニー」PV等で使用。 桑田がCMソングを担当した「」のもじり。 波乗亭 米祐(なみのりてい べいすけ) 2016年、NHK『』出演時等で使用。 「米祐」は「スケベ」のもじりでもある。 稲川ジェーン・フジオカ(いながわジェーン・フジオカ) 2017年のLIVE TOUR 2017「がらくた」のツアー本編で映し出された映像で使用したものであり、の「」の怪談話を披露した。 なお、名前の由来は桑田が監督を担当した映画『稲村ジェーン』と怪談話をすると、桑田が所属するアミューズの後輩のを組み合わせたものである。 交流関係 この節のが望まれています。 のボーカルは桑田佳祐の父がやっていた店でアルバイトをしていたことから、桑田佳祐の子供のベビーシッターのアルバイトをすることになり、桑田の自宅に出入りしていたことがある。 また、サザンオールスターズのコンサート前のリハーサルを見せてもらったりもしていた。 翌1982年にはアミューズのスタッフとして「」の宣伝活動に回りながら、サザンのライブの打ち上げにも毎回顔を出し、次第に桑田に気に入られる。 そして鳥飼は「芸名をつけて欲しい」と桑田に頼み、嘉門雄三から苗字を取り、と名乗るようになる。 その後も現在に至るまで、桑田は嘉門の替え歌を容認し続けるなどの仲である。 同じアミューズの後輩であるのことを「マサジ」と呼んでいる。 福山に対しては、ラジオや共演したライブの際に極端にイジり倒す場面も見られるが、実際にはプライベートでも一緒に飲みに行ったりをやったりする等の仲である。 桜坂を「あんないい曲、マサジに作れるわけがない」との発言は、逆に福山の才能を讃えての言葉とも言える。 サザンのファンを公言するは、学生時代は「NO-NAME(サザンのシングル「」の逆さ読み)」というコピーバンドを組んでおり、また、桑田の自宅の門の上に「でいいので雇ってください」と、メッセージを添えたデモテープを置いて行った。 なお、このテープは桑田の自宅で2012年にも保管されており、その後、自身のFM番組『』にがゲスト出演した回にテープの音源が流された。 の『〜みんなのうた』内の『サザンオールスターズスペシャル』では、桑田・原と共にサザンの「」をハモり、共演を果たした。 趣味 ボウリング 中学生から高校生にかけ、今は無きの場でジュニアボウラーとして鳴らしていた。 アベレージは200以上あり、クイズ番組『』でも問題として出題された、アマチュアのボウリング大会に出た時の公式記録は297(10フレーム目の3投目だけは7本倒し、それまでの11投は全てストライク)とのこと。 40年代、大ブームだったプロボウラーを目指してもいたという。 当時ジュニアボウラーはあまり多くなく、パシフィックボウル茅ヶ崎で一緒にしのぎを削っていたのが、同い年で友人の(アナウンサー)である。 その扇の娘で、ロックシンガーソングライターのは、桑田の長男と同級生で、高校時代バンドを組んでかなりの人気があった。 また、桑田について中・高校時代の友人達は、後にのインタビューに応じ「桑田は昔、歌手じゃなくてプロボウラーになりたがっていた」と語っている。 、親交のあったプロに還暦祝いとしてマイボールをプレゼントされて以降ボウリング熱が再燃し、週に一度スタッフと10ゲーム以上プレーしている。 その実力は年を重ねても衰えておらず、1年後のには279(10フレーム目の1投目を9本、2投目に残りの1本を倒した他はすべてストライク)という高記録を達成した動画を公式のYouTubeに掲載している。 からにかけて、自らが旗振り役になり、ボウリング大会『KUWATA CUP 2019』 を開催。 日本全国で予選会を開催する、誰でもが気軽に参加ができる史上最大規模の大会となる。 決勝大会に先立つ2020年には、自身初となるを達成したことをSNSにて報告した。 その他• ファンでを敬愛しており、幾度か共演も果たしている。 ライブの煽りではの決め台詞「ウィー! 」や、猪木の決め台詞「1、2、3、ダー! 」を叫ぶのが定番。 料理が得意であり、ラジオでもリスナーからお手軽な料理のを投稿してもらうことがある。 レコーディング中は鍋料理をよく作る。 自分の著作に、本格的なのレシピを載せたこともある。 人柄・エピソード• 振り付け師、の芸名の名付け親である。 南は流石組を率いて、サザンの1988年のライブ「大復活祭」や、原の1991年のソロライブ「花咲く旅路」にも振付師・ダンサーとして出演し、原がライブでダンスを披露する際にも振り付けを担当した。 のことを「男と女のハーフだからだね」と、大阪のラジオ番組で「Bettyのマヨネーズ」のママに名付け、『ニューハーフ』という言葉を世間に広めた。 しかし本人は、自分が広めた訳ではないと否定している。 2000年春、次男の小学校の卒業式に行った際、教室で卒業生の前で当時ヒット中の『TSUNAMI』を生ギターで唄い、この時の様子が雑誌「」に写真入りで掲載された。 桑田が唄っている最中、原は教室の後方から桑田の姿をビデオカメラで撮影していたという。 度々髪型を変えたり髭を伸ばすこともあり、CDのジャケット毎にイメージが異なる。 特に桑田が四十路を迎え、アルバム『』リリースの頃はそれまでになかった程、髪を・にしてメディアに登場していた。 本人は気に入っていたのだが概ね不評で、抗議のファンレターまで届いたほどだという。 翌年には元の短髪に戻していた。 暮れからは髭を伸ばした姿でメディアに出演。 しかし、7月に発売した「」のPV撮影時には既に髭が剃られていた。 - 頃にはもあてていたが、その期間も短く、1999年末の年越しライブ『晴れ着 DE ポン』の時にはすぐに戻していた。 このパーマに失敗したらしく、「TSUNAMI」の大ヒットで、特にメディア出演が多かったこと故、この時の髪型にはかなり後悔していた。 また、「」のPVでは金髪にしていたが、『』の時にはすぐに元の黒髪に戻していた。 かつては(銘柄は)だったが、から禁煙を開始。 以降は「口元が寂しくなるとを舐める」とラジオで語ったほか、レコーディング中にを吸っている姿も度々映っている。 また1994年に母、2004年に父、2008年には姉をそれぞれで亡くしてしまったことにより、健康に対しての意識が強くなり、そのことが自らの食道癌の早期発見に繋がったともみられている。 本人は一貫して、好きの三枚目なを通している。 サザン・ソロ名義問わず「」や「」「」「EARLY IN THE MORNING」等を狙って作詞するケースも多い。 ライブでのトラブル等 12月31日、年越しライブ『ひつじだよ! 全員集合! 』にて、同年11月3日に秋の叙勲にて受賞したを披露した際に、のものまねをし、褒章をジーンズのポケットから取り出し 、その直後に客にオークションを連想させ、「5000円から行きましょう」 と冗談を述べたところ、ネット上で「天皇陛下を侮辱している」「不敬だ」といった批判が寄せられ、これに合わせた抗議デモも発生した。 年が明けて1月15日、アミューズは桑田と連名で前述の発言に対する謝罪文を発表し 、桑田本人も同年1月17日放送の「」の冒頭で謝罪を行った。 しかし、NHK紅白歌合戦で歌った「ピースとハイライト」の歌詞がメディアで政権批判、反日と批判されたことは真っ向から否定した。 「『反日だ』『お前は日本人じゃない』と言い出す方がいるのは本当に残念ですし、明確に否定させていただきます。 」と述べた。 来歴 ここではソロ活動を中心に記す。 サザンオールスターズの活動に関しては、を参照。 KUWATA BAND結成、そしてソロデビュー(第1期ソロ活動) 1985年にサザンとして活動後、1986年に活動を休止した。 桑田は同年1月に結成したとして活動。 活動は1年であり、シングル4作もヒットした。 唯一のスタジオアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』は、日本語詞中心に構成されたシングル曲は一切収録せず、全曲新曲の全英語詞アルバムになった。 1987年10月には「」でソロデビューし、とが楽曲制作に参加し、や中心の路線を展開。 1988年には桑田・小林・藤井の共同プロデュースで1枚目アルバム『』を発売。 発売後は再びサザンとしての活動となった。 アコースティックでの製作(第2期ソロ活動) 1993年7月、桑田はサザンとして発売した「」のヒット直後に再びソロ活動を始動させた。 第2期ソロ活動ではとの共同作業をおこない、10月には「」をソロで発売。 1994年には2枚目アルバム『』を発売した。 前作とは異なり、楽器本来の音に着目した()・路線を展開した。 ポップとロックの展開(第3期ソロ活動) 2000年夏過ぎにサザンのギター担当の大森が活動休止に入り、2001年にメンバーから脱退した。 それに伴い、桑田はソロ活動を展開した。 同年7月発売の「」が130万枚 、10月発売の「」が150万枚 を記録し、夏と冬のポップソングがヒット。 12月にはクリスマスコンサートを開催するなど精力的に活動した。 2002年に入ると、・片山敦夫らサポートメンバーで結成されたTHE BALDING COMPANYとの共同作業を行い、前年に発売したポップ作品とは異なり、バンド形態の本格派ロック路線を展開した。 6月に発売したシングル「」を収録した3枚目アルバム『』を9月に発売した。 前年の楽曲はアルバムには収録せずに、12月に発売したベストアルバム『』に収録された。 ソロ20周年を迎え(第4期ソロ活動) 2007年4月に桑田がソロで活動することが発表され、5月に9枚目シングル「」を発売した。 オリコンで1位を獲得し、着うたではミリオンセラーとなり大ヒットした。 その後、8月発売の10枚目シングル「」と、12月発売の11枚目シングル「」も共にオリコン1位を獲得。 11月から12月末にかけて、年越しも兼ねてソロでライブツアーを開催した。 2008年はサザンが30周年を迎えることもあり、再びサザンとして活動を始めた。 食道癌の治療、震災の対応、ソロ25周年となり(第5期ソロ活動) 2008年いっぱいでサザンが無期限活動休止を発表し、2009年からソロ活動を再開した。 桑田は4月から9月まで、自身の冠番組『』(系列)に出演した。 番組が終了と共に10月から2010年10月に発売予定の4枚目アルバム『』の製作に入り、12月には12枚目シングル「」を発売した。 2010年に入り、7月にであることが発覚。 治療に専念することで音楽活動を休止し、10月発売のアルバム『MUSICMAN』は発売延期となり、その後のライブツアーも中止となった。 8月に手術が無事に終了して退院した。 直後に13枚目シングル「」を発売し、音楽活動を再開した。 12月にはに特別枠として出演した。 2011年2月に発売延期となったアルバム『MUSICMAN』を発売した。 その直後に発生したのチャリティーを行うために桑田は所属事務所の後輩であるらと共にとして「」を5月に発売した。 この楽曲は桑田が制作したものであり、8月にはソロフルバージョンとして、14枚目シングル「」が発売された。 9月に入ると宮城でライブ『』を開催し、12月には年越しライブを開催した。 2012年に入り、桑田はソロとして25周年を迎えた。 7月に25周年ベストアルバム『』を発売し、80万枚に迫るヒットを記録した。 9月から12月の年越しにかけてアルバムを引っ提げ、全国ツアーを開催した。 2013年3月に15枚目シングル「」を発売。 6月に桑田は35周年を迎えたサザンとして活動を再開した。 還暦、ソロ30周年に入り(第6期ソロ活動) 2015年8月に桑田はサザンとしてのライブ『』が終演し、2015年11月からソロ作品発売のためにレコーディングを開始した。 2016年2月に還暦を迎え、6月に16枚目シングル「」を発売した。 この楽曲は・・ ・などの最先端の音楽用語に対応しきれず、、、などを回顧するアナログ世代の悲哀ととれる内容になっている。 そして、11月に17枚目シングル「」を発売し、12月には年越しライブを開催した。 7月にライブハウスイベントの開催、8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に出演した。 直後に5枚目アルバム『』を発売。 アルバムは35万枚を超えるヒットとなり、この年の男性ソロアルバムとして最大売上を記録。 10月から12月にかけて、アルバムを引っ提げて、全国ツアーを開催した。 ボウリングイベントの開催、オリンピックテーマの制作(第7期ソロ活動) 2019年、3月からサザンの全国ツアー『』が始まる前に桑田は、1月にシングル「」の発売、2月に自身主催のボウリング大会「KUWATA CAP 2019」を開催した。 「レッツゴーボウリング」に関しては、オリコンで1位を獲得したことにより、30歳代〜60歳代で1位を獲得した。 この記録は史上初となる記録になった。 同年7月に民放5局列による共同企画「」のテーマソングを桑田が制作することが発表され、2020年1月に民放5局列で同時放送された番組内で「」が公開された。 2月にはボウリングシングル2枚目となる「」が発売された。 年表 ここでは桑田佳祐のソロ活動に重点を置いて説明する。 などバンドとしての活動は各ページを参照のこと。 誕生 - 1980年代• 、に生まれる。 サザンオールスターズとして、バンドの「」に出場。 ベストボーカル賞を受賞。 、(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)よりサザンオールスターズとして「」でメジャーデビュー。 『』(など全国ネット)木曜1部を担当。 、『』で放送された映画『』で、桑田の敬愛するラジオDJ、の吹き替えを担当。 の・西慎嗣のソロアルバム『NISHI』をプロデュース。 のに出演。 のシングル曲『狂い咲きフライデイ・ナイト』を楽曲提供。 Egg-man(現・)のオープニングアクトとして、・の2日間に渡り「桑田バンド」としてライブを行う。 メンバーは桑田・・・国本佳宏・。 メンバーは3月のライブに今野多久郎が加わったもので、もゲストとして数曲参加した。 自身がプロデュースした原由子初のソロシングル「」が卑猥な歌詞のため、曲に。 ビクタービル屋上にて抗議のライブを行うが、が出動するなどの騒ぎとなる。 28日にはでを行う。 会場にはファン3000人を招待し、、などのも出席した。 率いる「ザ・ナンバーワン・バンド」の1stアルバム『もも』にて曲を提供。 また『のベンちゃん』ではボーカルも担当。 に『恋人も濡れる街角』を提供。 、「」でサザンとして2度目の紅白出場を果たした際でのパフォーマンスが物議を醸す。 が歌った「夏をあきらめて」で作曲賞受賞。 親交あるが「」(系)で演ずるのために、「アミダばばあの唄」を提供する。 レコーディングでは桑田と原がコーラスを担当した。 がカバーした「」が・金賞を受賞。 「オールナイトニッポン」に復帰。 火曜1部を担当する。 のメンバー全員の合同結婚式においてを務める。 このときリーダー・鈴木雅之の父との会話が、後のアルバム サザン名義 『』に収録される『心を込めて花束を』を生むきっかけとなる。 、なども参加したイベントライブ『ALL TOGETHER NOW』に飛び入り出演。 段取り無視のパフォーマンスに佐野元春はあっけに取られたが、怒ってはいなかったという。 、サザンのツアー『』で共演した トゥレ・クンダへのお礼の為、・へ渡りトゥレ一家の元を訪れる。 この模様は番組としてテレビでも放映された。 原の産休に伴い、サザンは最初の休業期間に入り、各メンバーのソロ活動がはじまる。 、1年限定のソロプロジェクト「 」結成、『』でデビュー。 、の夜の生放送番組「」 (系)をプロデュース。 同番組のために制作されたとの共作『』を披露。 、ソロデビューシングル『』発売。 以降、ソロでの活動が続く。 』収録)を共同。 、前年に続き「メリー・クリスマス・ショー」プロデュース・出演。 、2ndシングル『』発売。 、のアルバム『』に収録されている『Day After』と『恋に落ちた日 〜ANYDAY YOU LOVE ME〜』にコーラスで参加。 、『』で、サザンでの活動を再開させる。 、1stソロアルバム『』発売。 、の問題作『』に参加。 この時には桑竹居助なる変名でクレジットされている。 この名義はにサザンの会報『代官山通信』の署名でも使用されていた。 、のアルバム『』収録の『蒼氓』に原由子と共にコーラスで参加。 、のでのライブに飛び入り出演。 、『Keisuke Kuwata』で・優秀アルバム賞を受賞。 に初挑戦。 『』クランク・イン。 1990年代• 、にてラジオ番組『』スタート。 のを担当。 1週おきにゲストミュージシャンを迎えてのトークを繰り広げた。 この番組には、同じサザンのや・・・・・・、といったミュージシャンのほか、のも出演した。 毎年年始には原由子も出演。 4月で担当を終了。 、『稲村ジェーン』クランク・アップ。 映画公開までに、宣伝を兼ねて歌番組のほか、・・トーク番組などに積極的に出演。 また、試写会をの海岸で行い、桑田も会場に登場して『』を唄う。 9月7日、『稲村ジェーン』を公開した。 興業的成功を収める。 の・部門において、ロック・賞、最優秀ロック・ボーカル賞、作曲賞を受賞。 「」は大賞にノミネートされた(「」が受賞)。 - 、のライブハウス「」で、洋楽ロックのスタンダードナンバーをで演奏する『アコースティック・レボリューション』を行う。 メンバーは、、など。 、・・今野多久郎と共にゲリラライブを兼ねて・へと渡り、にての「」、のオリジナル曲「」、北京のライブハウスにての「」などを演奏した。 この模様は後に桑田が出演したなどで放送された。 この旅行は翌年のサザンの北京ライブへと繋がる。 、 名義で『』発売。 、3月の『アコースティック・レボリューション』を収録したライブビデオ『』発売。 、企画アルバム『』発売。 KUWATA BAND時代のシングル4作が初CD化での収録となる。 、3rdシングル『』を発売。 サザン活動中のソロ名義でのリリース。 、であるこの日、多数のアーティストを集めた「AAA〜」武道館公演を選曲・プロデュースし自らも出演。 出演は・・・・・など、著名な顔ぶれが揃った。 バックバンドとして・・・・が集い、昭和を中心に多彩なアレンジで参加者がリレー形式で唄った。 また、桑田・・(当時)・(当時)をメインボーカルに、このライブのために作られたソング『』が唄われた。 この後、様々なアーティストが集う形式はAAAで恒例化していくが、桑田がプロデュースしたのはこの1度きりである。 昭和歌謡を多彩なアレンジで唄う形は、後々の活動の原形となった。 特にこのライブで初めて唄われた「」は、その後のソロライブやなどでも度々唄われることとなる。 サザン2度目の休業期間に入る。 、4thシングル『』発売。 CD店などの告知ポスターには「桑田佳祐、今年は一人で歌います」とのコピーの煽りがあった。 後年でによるカバーの曲が発売され、大ヒット。 、2ndアルバム『』発売。 収録曲『すべての歌に懺悔しな!! 』が、とを揶揄しているとされ問題となり、桑田が「あれは自分を含めた芸能ロックミュージシャンを歌ったもの」と釈明し、2人に対して謝罪。 矢沢は「まったく気にしてない。 それより桑田君の方は大丈夫か? 」と大人の対応をするが、長渕は『』誌上にて「俺は桑田佳祐を許さない! 」などとコメントし、ファン、マスコミを巻き込んでの一大論争に発展した。 翌年に、長渕がの不法所持で逮捕されたことで、なし崩し的に沈静化する。 詳しくはを参照のこと。 - 、初のソロ名義全国ツアー『さのさのさ』開催。 全国29都市35公演を敢行。 サザンでは長らく行われていなかった、ホール・市民会館などの小規模の会場でのライブを行う。 ツアー期間中のには母校であるにおいて「帰って来た青山のダンディー」と題し、ライブも行う。 この日は通常のセットリストに加え、原・関口とともに、母校の思い出を綴った『』を唄う。 、5thシングル『』発売。 、AAA武道館公演に出演者の1グループとしてサザンが登場し、オリジナル曲5曲を演奏。 ソロ活動中の同年において、久々にバンドとして、更に休養中のも復帰し、6人揃って登場した。 Childrenとして発表する『奇跡の地球(ほし)』を初披露。 、『さのさのさ』ツアーを収録したライブビデオ『』発売。 ツアーが終了する前の発売であった。 、「月」で・優秀賞を受賞、『孤独の太陽』でアルバム大賞受賞。 ソロツアー「さのさのさ」最終日、において年越しカウントダウンライブ。 、共になどで交流のあったとの縁により、と 名義で『』をチャリティーシングルとしてリリース。 、「桑田佳祐のキヤノンFMワンダーランド 〜やさしい夜遊び〜」(現・、など全国ネット)スタート。 自身がを務め、現在も続く長寿番組になっている。 4月 - 、Mr. 『奇跡の地球』のほかになどの洋楽も披露した。 、'95をのにて開催。 やらとともに「」「悲しい気持ち JUST A MAN IN LOVE 」のほか、ビートルズやのナンバーなど、計7曲を歌う。 、で行われた主催ののイベント『THE VARIETY III 異業種共演 の宴 〜FOR AAA』に出演。 サザンとしての年越しライブに替わる出演で、桑田はカウントダウンの直前に登場。 の演奏で「勝手にシンドバッド」を唄い、1996年を迎えた。 、のシングル『今 僕を泣かせて』にとのソロでゲスト参加。 - 、桑田にとって初のAAA単独ライブ『Act Against AIDS '96 夷撫悶汰レイト・ショー 〜長距離歌手の孤独 in Jazz Cafe〜』開催。 このライブのみ夷撫悶汰(いヴもんた)の変名を用いて - のスタンダード・ジャズを全27曲、ミュージカル的な演出を交えて演奏。 、昨年のAAAライブを収録したライブビデオ『』発売。 、サザンが影響を受けたバンドであるのギタリスト、の『ROCK AND ROLL DOCTOR』のレコーディングのため渡米。 唯一の日本人ボーカリストとして抜擢され「LONG DISTANCE LOVE」を歌った。 10月には、同アルバムが日本でもリリース。 、桑田がで『』などをカバーしたこともあるに、書き下ろしの新曲『アメンボの唄』を提供。 作詞曲のほか、ギター・でレコーディングに参加。 系バラエティ番組『』エンディングテーマに起用され、早川とともに桑田も番組のエンディングに出演していた。 - 、『Act Against AIDS '97 桑田佳祐 歌謡サスペンス劇場』開催。 昭和の歌謡曲を全30曲披露し、長らく放送禁止曲とされてきたの『チューリップのアップリケ』も熱唱。 - 、『Act Against AIDS '98 桑田佳祐 オールリクエストショー』開催。 桑田に歌ってほしい曲のリクエストをファンから募り、全30曲のリクエスト曲を披露。 - 、『Act Against AIDS '99 桑田佳祐 エリック・クラプトソ 横浜公演』開催。 、の曲やソロの曲など全26曲を披露。 途中もアコースティックギター・コーラスで参加し、公演のアンコールにはも飛び入り参加した。 2000年代• - 、会員限定ライブ『伊豆だらけのローラ』開催。 、のデビュー20周年記念セルフカバーアルバム「THE HEARTS」に収録される『バスルームから愛を込めて』にコーラスで参加。 アルバムはに発売。 歌詞カードには山下と桑田が一緒に写ったも載っている。 、自身の故郷・神奈川県茅ヶ崎市でサザンとして凱旋コンサート『』を行った。 、「」(系、第1期)放送開始。 - 、『Act Against AIDS 2000 桑田佳祐が選ぶベストソング』開催。 「に残したい曲」をテーマに、桑田が選曲した全28曲を熱唱した。 、サザンの大ヒット曲『』でを受賞。 サザン3度目の休業期間に入り、各メンバーソロ活動を開始。 、6thソロシングル『』発売。 発売に合わせ、地方都市でFMラジオ公開生放送と、ライブ『古賀紅太 No Reason! ライブハウスツアー』とを同時進行の形で行う。 ラジオ放送は各地で数千人もの観客を集めた。 ライブはサザンとしての全国ツアーに替わる企画で、・・など、それまでツアーで行くことが少なかった土地でも行われた。 、ラジオ番組内で、のサザン脱退を発表。 「プロになる気は無かったメンバーをまとめ、プロの世界に導いたのは大森。 彼がいなければ自分達は世に出ることはなかった」と語る。 、7thシングル『』発売。 桑田ソロ名義のシングル最高売上を記録。 - 、『Act Against AIDS 2001 桑田佳祐 plays "The Beatles" クワガタムシ対カブトムシ』開催。 の曲を全38曲熱唱。 ライブ初日にはビートルズの・逝去の訃報が報じられ、ステージでを捧げた。 、の企画でと競演。 この模様は「桑田佳祐 meets GLAY スーパーFM」としてOAされた。 最後はの『』をGLAY、番組スタッフを交えて全員でセッション。 - 、ので『桑田佳祐 Xmas LIVE in 札幌』開催。 ライブではサザン・ソロ・KUWATA BANDの楽曲のほか、『サンタが街にやってくる』『赤鼻のトナカイ』などのも唄われた。 また、24日のライブ終了後には系『』のクリスマス特番の生中継も入り、『白い恋人達』をピアノ弾き語りで唄った。 、「」が金賞受賞(大賞は)。 『波乗りジョニー』『白い恋人達』の2作で、第16回 ソング・オブ・ザ・イヤー受賞。 、8thシングル『』発売。 、で行なわれた邦楽ロックの音楽祭・「」に参戦。 2日目のトリを務める。 未発表の新曲『BLUE MONDAY』『東京ジプシー・ローズ』(翌月発売のアルバムに収録)他、全14曲を熱唱。 のSHIBUYA-AXでのライブに飛び入り出演。 とサザン初期の楽曲、『』収録の『恋はお熱く』を歌う。 、のでのライブイベント『』にトップバッターで出演。 当日までシークレット扱いで一般には一切知らされていなかった。 桑田はのを被って登場し、全5曲を歌唱。 、3rdアルバム『』発売。 - 、コンサートツアー『けいすけさん、色々と大変ねぇ。 』開催。 ソロアーティストとして初めて全国5大ツアーを開催。 、初のソロ『』発売。 ソロ名義で、、と3世代に渡ってオリコンアルバムチャート1位を達成。 3世代以上での1位は男性ソロでは(を含め4世代)、(3世代)に次ぐ3人目の快挙。 、ビデオクリップ集『』発売。 、『東京』が「 03」BEST VIDEO OF THE YEARを受賞。 、『けいすけさん、色々と大変ねぇ。 』を収録したライブビデオ『』発売。 、『』をリリースし、サザンでの活動を再開。 、桑田の息子が通う高校の学園祭でシークレットライブを行い、『勝手にシンドバッド』『涙の海で抱かれたい』などを歌った。 この模様はで報じられた。 バンドメンバーは桑田の他に原や・。 4人とも学校のを衣装としていた。 ・もゲスト出演した。 - 、『桑田佳祐 Act Against AIDS 2004「THE GOLDEN AGE OF BRITISH ROCK 〜愛と青春の英国ロック〜」』開催。 、ゆかりのある、Mr. Childrenのらが主催する「」にソロとして出演。 最終日となるこの日は、桜井と1995年に発売された『奇跡の地球』を11年ぶりにセッションした。 ソロでの出演であったが、サザン名義での楽曲『いとしのエリー』『真夏の果実』も披露した。 ・の2日間、桑田がサザンを中心として所属のアーティストに呼びかけ、初の自身主催となる「」を開催。 アミューズ外からも、、、さらにはなど、桑田とゆかりのあるアーティストがスペシャルゲストとして出演。 - 、『桑田佳祐 Act Against AIDS 2006「よ永遠なれ!? 〜私のアメリカン・ヒーローズ」』開催。 桑田が影響を受けた1960 - 70年代のアメリカンミュージック37曲を熱唱した。 サザン4度目の休業期間に入り、約5年ぶりにソロ活動を再開。 、妻・原由子との結婚25周年。 ・夫妻との合同をお互いの事務所スタッフを交えて行った。 、9thシングル『』発売。 、10thシングル『』発売。 、11thシングル『』発売。 11月 - 12月、2002年の『けいすけさん、色々と大変ねぇ。 』以来、5年ぶりとなるソロコンサートツアー『呼び捨てでも構いません!! 「よっ、桑田佳祐」SHOW』開催。 6都市14公演を敢行。 、ツアー『呼び捨てでも構いません!! 「よっ、桑田佳祐」SHOW』の12月31日のファイナル公演の模様を収めたライブDVDと、2007年発表のソロ楽曲9曲に、新曲1曲と原由子のソロ曲「大好き!ハッピーエンド」を加えたCDのセット『』を発売。 、同日付でサザンオールスターズとしてのバンド活動再開を発表。 同時に、翌2009年以降バンド活動の無期限休止を発表(すなわち5度目の休業。 ただし期限を設けない休業はKUWATA BAND等の活動を行った1985〜88年以来2度目)。 第4期ソロ活動はこの年の3月まででいったん終了した。 、かねてから療養中の病気により姉・えり子逝去。 享年56。 - 、『桑田佳祐 Act Against AIDS 2008「」』を開催。 往年の歌謡曲から近年のJ-POP楽曲まで全61曲を熱唱。 原由子・松田弘もゲスト出演した。 、前年に行われた「」のライブDVD発売。 同時に、桑田のソロ作品では初のでも発売。 、『桑田佳祐の音楽寅さん〜MUSIC TIGER〜』(フジテレビ系列、第2期)開始。 、にて行われたの開局20周年イベント『FM802 STILL20 SPECIAL LIVE RADIO MAGIC』にユースケとともに飛び入り出演。 桑田はトラの気ぐるみを着て登場し、の「悲しい色やね」のカバーを含め全4曲を歌唱した。 、でスペースシャワーTV開局20周年を記念して開催された野外フェスティバル『SPACESHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009』に最終日に大トリをつとめる形で登場。 同イベントへの参加は2002年以来2回目となる。 - 、『桑田佳祐 Act Against AIDS 2009 映画音楽寅さん チャラン・ポランスキー 監督・脚本・主演 「男はしたいよ」』開催。 をテーマに全42曲を歌唱。 途中では自身初めてとなるも披露した。 原由子・もゲスト出演。 、12thシングル『』発売。 2010年代• 、『桑田佳祐の音楽寅さん』のDVD-BOX発売記念イベント『音楽寅さんDVD発売記念 〜DVD収録映像炎上! DVDの総集編の上映会や桑田によるミニライブが行われた。 、『「桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜」あいなめBOX』発売。 、初期のであることが発覚。 にその治療による音楽活動の休養を発表。 後者に関してはに予定されていたアルバムの発売延期、およびライブツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2010 全国への階段 〜Stairway to Nippon〜』の中止が決定。 その後、に手術を無事終了させ、に退院したことが公表された。 、13thシングル『』発売。 、に特別出演し、音楽活動を再開。 ビクタースタジオ・401スタジオからの中継で『それ行けベイビー!! 』『本当は怖い愛とロマンス』の2曲を歌唱した。 、4thアルバム『MUSICMAN』発売記念試聴会『プレミアム・リスニングパーティ2011』が全国ので開始。 初日のZepp Fukuoka、最終日となるの茅ヶ崎市民文化会館では桑田がサプライズ出演し、復帰後初となるファンの前でのパフォーマンスを行った。 、4thアルバム『』を発売。 、に発生したへのチャリティとして、所属事務所アミューズのタレント・ミュージシャンで構成されたユニット「チーム・アミューズ!! 」のために製作、自身も参加した楽曲『』が配信開始。 、『Let's try again』がCDシングルで発売。 、『Presents 桑田佳祐のやさしい夜遊び 33回目のデビュー記念日に勝手にひとりで生歌スペシャル』放送。 サザンオールスターズ結成33周年の節目の日に通常より1時間拡大して生歌ライブの公開収録を行った。 、14thシングル『』発売。 ・、のにてライブ「宮城ライブ 〜明日へのマーチ!! 〜」を開催。 復帰後初の大型ライブであり、東日本大震災の被害を受けた同アリーナの利用再開後初のイベントとなる。 、DVD・Blu-ray『』を発売。 、「 2011」にスペシャル・ゲストとして参加。 バンドメンバーはに扮し、初期のビートルズ時代のジョンがボーカルを務めた楽曲を歌唱。 みんなで元気になろうぜ!! の会〜」開催。 神戸・横浜においてそれぞれ2公演を行い、最終日となる4年ぶりのでの年越しライブは全国(台湾・香港・韓国含む)のでが行われた。 、テレビアニメ『』のエンディングテーマとして「100万年の幸せ!! 」を提供、自身もエンディングにアニメーションで出演している。 作詞は原作者のによるもの。 、過去の桑田名義の楽曲と新曲を収録したスペシャル・ベスト・アルバム『』を発売。 全10都市22公演。 、この週の「やさしい夜遊び」にて「充電」・「年度末調整」と称し3月いっぱいの出演の休止を発表(実際はサザンに関する協議と活動再開に伴う新曲の制作)。 この日共演していた斎藤誠が4回とも代行を務める。 、15thシングル『』とDVD・Blu-ray『』発売。 、この週の「やさしい夜遊び」で復帰。 、のシングル『』にてサザンの活動再開を発表。 、この週の「やさしい夜遊び」にてライブに専念するため、8月・9月のライブ時での出演の休止を発表。 同じアミューズ所属の・が代行を務める。 - 、サザンとして地元・茅ヶ崎で13年ぶりのライブを実施。 初日の31日には、ステージ上で市長より市民栄誉賞の授与を受けた。 - 、『桑田佳祐 Act Against AIDS 2013「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦]』を開催。 、DVD・Blu-ray『』発売。 、秋の叙勲にてを受章した。 、自身の還暦を迎え、同時に自身のソロ曲や、の全211曲の配信が解禁された。 、女川さいがいFMにてレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を公開生放送。 、WOWOW開局25周年特別番組『』を放送。 桑田の音楽的ルーツとなった歌謡曲の中から「東京」をテーマとした曲を原曲に忠実にしたによるビッグバンドアレンジによって歌唱。 未発表の新曲「悪戯(いたずら)されて」の初披露もされた。 同番組は編集版としてにフジテレビでも放送されている。 、16thシングル『』を発売。 また、このシングル発売記念イベントの「ULTRAヨシ子デラックス!ナイト」がに東京、に大阪で行われた。 、17thシングル『』が発売。 、上記番組の新編集版となるDVD・Blu-ray『』が発売。 、、、、年越しライブ『ヨシ子さんへの手紙 〜悪戯な年の瀬〜』を開催。 、2017年10月のソロ活動30周年に向けて本格的に活動を開始し、30周年スペシャルサイトを開設された。 、主題歌として「若い広場」が書き下ろされた『』開始。 ソロ名義初となるNHKへの楽曲提供になった。 、が監督を務めた映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』に桑田が出演することが発表された。 ・、ライブハウスイベント『』をBillboard Live TOKYOで開催。 、ソロとして2002年以来となる「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に出演。 、5thアルバム『』発売。 、桑田が2012年からEDテーマを担当しているフジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』の本編に初登場し、この日が最後のEDテーマを担当した。 、ソロデビュー30周年を迎えたこの日に自身の集『』(2018年1月3日発売)の発売が発表された。 、が発行しているスポーツ総合誌 『』を桑田が監修及び編集長を行った特別増刊号『Number PLUS』発売される。 - 、5年ぶりとなるソロコンサートツアー『がらくた』開催。 15年ぶり(中止となった2010年を除く)の5大ドームを含む全10都市18公演。 12月31日、7年ぶりのソロ2回目となる『NHK紅白歌合戦』に前回同様特別枠として出場。 、ミュージック・ビデオ集『MVP』発売。 また、2017年4月から始まったスペシャルサイト『ROUND30』が完結され、サイトの動画には2018年への活動の意気込みや2017年の活動の振り返りが語られた。 、桑田が、「ボウリングという競技自体をもっともっと盛り上げて、日本全国が熱くなれるスポーツにしていきたい」「世界に羽ばたく次世代のスターボウラーに登場してほしい」との願いを込め、2019年からボウリング大会『KUWATA CUP 2019』の開催を決定を発表した。 ・・、2013年以来5年ぶりとなる『桑田佳祐 Act Against AIDS 2018「平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦」』をパシフィコ横浜国立大ホールで開催。 1月14日付のオリコン週間ランキングで1位を獲得し、62歳11か月で首位獲得で、桑田が「歴代最年長1位」となった。 また桑田は30代、40代、50代、60代で首位獲得を記録し、史上初の「年齢4年代連続のシングル1位」も記録した。 1月3日、系列にて番組『桑田佳祐のレッツゴーボウリング 日米オールスター頂上決戦! 』が放送され、のとのとの男女2対2形式で3番勝負を繰り広げた。 2月21日、2019年12月27日公開の映画『』の主題歌「男はつらいよ」の歌唱を映画監督のから手紙でオファーされ、桑田による歌唱と出演が決定した。 6月5日、ライブ・ビデオ『』発売。 7月24日、全国の民放各局による『東京オリンピック民放共同企画「一緒にやろう2020」』のテーマソングを桑田が担当することが決定した。 12月20日、サザンも含めて自身の楽曲全てがでの配信が解禁された。 2020年代• 1月1日、民放共同企画「」応援ソングの歌詞のみが公開された。 1月9日、同日発売号の『』()にて「ポップス歌手の耐えられない軽さ」の連載が始まることになった。 雑誌連載は『東京ウォーカー』の「好きにして良いのよ」以来、22年ぶりである。 1月24日、同日に民放5系列114局にて放送された特別番組『一緒にやろう2020大発表スペシャル』で民放共同企画「一緒にやろう」応援ソングとして桑田が作詞作曲した楽曲「SMILE ~晴れ渡る空のように~」が初公開された。 1月31日、自身の60歳の誕生日から再開したボウリングのベストスコアは299点であったが、同日にサザンの公式Twitterにパーフェクト(300点)を獲得した動画が公開された。 2月13日、同日発売の『』997号(文藝春秋)の表紙に初登場。 過去には2017年に同誌の別冊『Number PLUS』でボウリング特集号の編集長に就任し、責任監修している。 2月18日、2019年から引き続き『KUWATA CUP 2020』が開催予定であり、「予選会」は2019年10月から行われていたが、「本大会」と「準決勝・決勝」がの蔓延や感染拡大により中止となったことが実行委員会より発表された。 3月20日 - 22日、テレワークで、ラジオ特別番組『WE LOVE RADIO, WE LOVE MUSIC 桑田佳祐の お家 うち でRADIO~こんな時こそラジオでSMILE!~ supported by SUUMO』を全国の民放ラジオ101局で放送。 桑田が出演し歌唱。 哲学・思想 デビュー当時のサザンは「勝手にシンドバッド」のイメージからメンバーが意図しない形でとして評されたり 、と評されたりしたことがあった。 ネット上では、、反、反と書かれたり、桑田の生い立ちや出自についてのデマが流れたりすることがある。 桑田は「今までもいろんなことを言われ書かれましたが、全然事実と違うこととか、語られたことがあるんですけど、語られ続けると思うんですけど、大衆音楽や大衆芸能を生業にしていると誤解や曲解とか、そこは避けて通れないし、我々は腹を決めなければいけない」とコメントしている。 著書「ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」 1984年、、p214 で「僕の中にあるのは、当然、の情緒そのもの」と述べ、また『』2014年9月18日号でのインタビュー特集 p15 で「やはり僕は日本人」と発言している。 なお、2017年8月23日、「」()に出演した際、本籍地がであることを公表した。 桑田の思想については「僕には何か特定の主義もなければ思想もありませんし、でも左でもでもなけりゃ、聖人君子でも何でもない」 と述べている。 サザンの楽曲には桑田の地元やその周辺地域が歌詞に登場し、同市の知名度、経済に貢献している。 2014年秋にを受賞した際にファンや自身の音楽性に影響を与えた音楽家に感謝の念を述べている。 に対する尊敬の念を述べており、褒章は神棚に保管し、ライブでの褒章の取り扱いやを意識した冗談がネット上やファンから問題視された際には素直に自らの非を認め謝罪している。 の解決を訴える楽曲をCD、ライブなどで複数発表し 、の拉致問題解決に関する基本方針と同様の主張を歌詞に含めた。 映画版「」の主題歌のオファーを受け、同映画のラッシュ(仮制作のフィルム)を見てその内容に共感し主題歌の「蛍」を書き下ろした。 ライブやラジオで国歌「」を原曲通りに歌唱する。 ソロ曲「」でを取り上げ当局を批判する楽曲を披露した。 ビートルズの「」の歌詞をの、やを批判する歌詞に変えて歌った。 「」で与野党、イデオロギーを問わず複数の政党を風刺する。 ソロアルバム「」で政権下を風刺した楽曲 が存在する。 日本人スポーツ選手の功績を称賛する 、チーム・アミューズ!! 名義の「」及びソロ曲の「」「Let's try again 〜kuwata keisuke ver. 〜」といったの被災者への応援歌が制作され、前者の収益金については「アミューズ募金」を通じて全額寄付が行われ、後者についてもCD、「」本公演及びDVDの収益の一部がとして及び地方公共団体に対して寄付され 、同ライブで演奏された「月光の聖者達」のアウトロで罰マークのついていない正式ながバックモニターに投影される、宮城ライブ以後も宮城県を中心に被災地を訪れ記念樹としてを植樹 したり、ライブ活動をしている。 によって甚大な被害が発生して以降はライブで同災害を連想させる可能性がある「」を演奏していないなど、被災者の感情に配慮した一面も持っている。 「ピースとハイライト」や年越しライブの騒動の影響から一時期、桑田のソロアルバム「MUSICMAN」の日本庭園に体を赤くペイントされた女性がうずくまっている内容のジャケットに対しても「日の丸(女性)が中国と韓国(ジャケットの左奥の石)に土下座している」といったデマも流れた 、なお、このタイトルとジャケットが決定したいきさつについてはアルバムタイトルを考える会議で「明日への夜明け」、「男と女」、「光と影」といったイメージを持っていた桑田に対し、デザイナーの山口健司がアルバムジャケットのデザイン案を提示し、その中にすでに「MUSICMAN」と書かれており、結果的に「面白い」という理由で採用され、ジャケットも桑田が2010年4月上旬に京都を訪れていたこと が影響し山口の案が採用され 、桑田は「うずくまっているのは女性だけど、胎児にも見えるし、太陽にも見えるんですよね」 と政治とは関係のないことを述べている。 桑田は、、、、、からの影響を語っている。 音楽以外で影響を受けた人物としては、、、、、らの名前を挙げている。 評価 桑田はチーフマネージャーから若手スタッフまで幅広い関係者から意見を募ったり、食事に連れて行ったりするなど面倒見がいい事でも知られている。 2015年のサザンの全国ツアー「おいしい葡萄の旅」の日本武道館公演で、を注文したマネージャーを「彼のせいではない」とかばう発言をした。 桑田のラジオやライブのMCで極端にイジられたりするのも、このような強固な信頼関係があった上のものである。 また「サザンは5人だけじゃない、スタッフを含めた総力戦」と述べている。 亀田誠治は桑田について「僕らに対してもスタッフさんに対しても偉そうにしている姿なんて見たことない」と評している。 また、2014年にビクタースタジオを取材した『』はサザンを「日本一のおもてなしバンド」と評している。 ファンに対しての対応も評価されており、チーフマネージャーの話によると、桑田をはじめとしたサザンのメンバーは全員ファンレターにはすべて目を通しており、返信ハガキが同封されたものは時間が許す限り返信を書いている。 老若男女幅広くファンが存在しており、桑田は「ファンレターや掲示板(公式BBS)を通じて、ファンの皆さんから教えられることも年々多くなってきた」と述べている。 、 、 、 、 、 や桑田と親交を持っている など様々な思想を持つ人物が、政治等を風刺した楽曲が存在するにもかかわらずファンである。 橋下は「」の新聞広告に有田をはじめとした橋下を批判する人物が多数寄稿したことについて「サザンが好きということで一致しているなら、それはそれでいい」とコメントした。 桑田は基本的にファンに対して政治思想を問わず分け隔てなく対応しており、有田の場合のように「いつも見てますよ」と声をかけたり 、橋下の場合のようにライブへ来たことへの感謝の言葉や、そこでの橋下の行動を批判するマスコミへの苦言などを述べたり 、安倍の場合のように楽曲の風刺のネタにしたことをその際のエピソードを交えて詫びた上で感謝の言葉を述べるなどといったエピソードが存在する。 一方の安倍も記者団にライブの感想を聞かれ「楽しみました」と述べた。 ただし、桑田が監督を務めた映画『』 や前述の2014年の年越しライブでの紫綬褒章に関連するトラブル に関しては批判的な発言を述べていた。 また、桑田も芸人としてのたけしを認めている。 はサザンのデビュー当時からのファンであることを公言している。 また、桑田は好きな落語家として志の輔を挙げており、よく志の輔の落語会にも訪れていることが語られている。 2016年1月30日に開催された「志の輔らくご in PARCO 2016」では終演時の音楽にサザンの楽曲「」が使用された。 、 、 などの落語家もサザンのファンであることを述べている。 ・ ・ ・ ・ ・ ・() ・ ・() ・ ・() ・() ・() ・ 、() のようにサザンおよび桑田のファンもしくは音楽性に影響を与えたミュージシャンも多く、その理由は「ポップス歌手としての桑田に影響を受けた」「社会風刺をする桑田に影響を受けた」「ミュージシャンとしての先輩として尊敬している」など、さまざまである。 大賞『』() 日本プロ音楽録音賞• 最優秀賞「」(2011年) CDショップ大賞• グループとソロプロジェクトの両方がシングル・アルバム総売上が1000万枚を超えているのは桑田のみである(ただし桑田のソロプロジェクトは桑田佳祐、KUWATA BAND、チーム・アミューズ!! 、SUPER CHIMPANZEE、嘉門雄三名義の作品の売上も合算しての計算である。 また、桑田単独名義の総売上でも1000万枚は突破している)。 ボーカリスト別売上では、の(8523万枚)に次いで歴代2位(6525万枚)を記録している(2016年現在)。 作曲家シングル総売上:3893. 7万枚(歴代4位・2018年1月現在) シングル記録• シングル総売上枚数:684. 9万枚(2019年9月現在)• 年齢4年代連続シングル1位獲得:歴代1位(30代〜60代)• 30代「真夜中のダンディー」• 40代「波乗りジョニー」「白い恋人達」「東京」• 50代「明日晴れるかな」「風の詩を聴かせて」「」「」• 60代「レッツゴーボウリング」 アルバム記録• 4つの年代(1980年代 - 2010年代)でアルバム首位獲得(歴代2位タイ)• 1980年代:『』• 1990年代:『』• 2000年代:『』• 2010年代『』『』『』 映像作品記録• 『』は、男性ソロアーティストとして初のDVD・Blu-ray総合1位を獲得した作品。 キャリア30年3ヶ月でDVD・Blu-ray映像作品ランキングの首位獲得でソロアーティスト歴代1位(2018年1月現在)。 桑田が参加した作品についてはを参照。 順位はオリコンによる最高週間順位である。 順位はオリコン 総合ランキングである。 (1990年、) 未発売楽曲• ・・の作品は各項目を参照。 9万枚 1位 CD VIZL-2000(初回限定盤) NZS-800(初回限定盤ボウリング場限定パッケージ) VICL-38400(通常盤) 2 2020年2月12日 LP VIKL-30110 2. 5万枚 3位 CD VIZL-2050(初回限定盤) NZS-810(初回限定盤ボウリング場限定パッケージ) VICL-38600(通常盤) シングル(参加) アーティスト名 発売日 タイトル 形態 規格品番 初週売上 順位 チーム・アミューズ!! 2011年5月25日 CD ASCM-6092() 19. アルバム『NISHI. 』 楽曲提供• 『私はピアノ』(1980年)• 『蒼いパリッシュ』『そんなヒロシに騙されて』(1983年)• 『マーマレードの朝』(1980年)• 『』『おまかせください(ナカムラ・エレキ音頭)』(1982年)• 『MOTION』(1980年)• 『すてきなトランスポーテイション』『Spin Love』『シュールなるなぎさ1963』(1980年)• 『狂い咲きフライデーナイト』『スタンダード・ウイスキーボンボン』(1981年)• 『恋の女のストーリー』『MIO-SUN』(1981年)• 『六本木のベンちゃん』『ブルースだ〜れ! 』『My Peggy Sue』(1982年)• 『茅ヶ崎は今日も黄色い』『プロレスを10倍楽しく見る方法 〜今でも豊登を愛しています』(1983年)• 『夏をあきらめて』(1982年)• 『Miss You Baby』(1983年)• 『アミダばばあの唄』(1983年、コーラス参加)• 『Let It Boogie』『タバコロードにセクシーばあちゃん』(1984年)• 『萎えて女も意志をもて』『海』(1984年)• 『女優』(1984年)• 『シャボン』(1984年)• 『海』(1984年)• 『さんまのまんま』(1987年)• 『夢見る頃を過ぎても』(1988年)• 『海』(1990年)• 『クロス・タウン・トラフィック』(1993年)• 『月 ZENTARO WATANABE MIX 』(1997年)• 『アメンボの唄』 1997年• YUKIKO• 『真夏の果実〜Slow Dance Version〜』『真夏の果実〜Ragga Mix Version〜』(1998年) メインヴォーカル(デュエット含む)• ザ・ナンバーワンバンド• 『六本木のベンちゃん』『茅ヶ崎は今日も黄色い』• Real fish featring 桑田佳祐・• 『ジャンクビート東京』• 『クロス・タウン・トラフィック』 ライブ・コンサートツアー 年 タイトル 公演規模・会場 10月28日 愛媛県武道館 10月29日 愛媛県武道館 11月6日 朱鷺メッセ 11月7日 朱鷺メッセ 11月13日 セキスイハイムスーパーアリーナ 11月14日 セキスイハイムスーパーアリーナ 11月20日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ 11月21日 広島県立総合体育館 グリーンアリーナ 11月27日 札幌ドーム 12月4日 東京ドーム 12月5日 東京ドーム 12月11日 京セラドーム大阪 12月12日 京セラドーム大阪 12月18日 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム 12月19日 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム 12月24日 ナゴヤドーム 12月25日 ナゴヤドーム 12月30日 横浜アリーナ 12月31日 横浜アリーナ• 桑田の病気に伴う療養のため、全公演が中止。 ラジオ番組 放送年 番組名 放送局 1979年〜1980年 1984年〜1985年 1981年〜1982年 FM東京 (現:) 1989年〜1993年 1995年〜現在 TOKYO FM 2020年3月20日〜22日 WE LOVE RADIO, WE LOVE MUSIC 桑田佳祐の お家 うち でRADIO~こんな時こそラジオでSMILE!~ supported by SUUMO テレビ番組 スペシャル番組 放送年 番組名 放送局 備考 1986年12月24日 - 1987年12月24日 - 2000年〜2001年 レギュラー放送 2003年6月29日 『』内で放送。 2017年 本人 桑田の学生時代を映画化した作品。 2019年 本人 オープニングに出演。 グループでの出演はの節を参照。 JAL! 系ドラマ『』主題歌 キリンビバレッジ「JIVE」CMソング MUSIC TIGER 系『』オープニングテーマ コカ・コーラ「No Reason! フジテレビ系アニメ『』エンディングテーマ 愛しい人へ捧ぐ歌 NTT docomo「ドコモthanksキャンペーン」CMソング NTT docomo20周年記念スペシャルドラマ 夢の扉 特別編『』テーマソング MASARU フジテレビ主催イベント『』テーマソング NTT docomo「ドコモ2012冬」キャンペーンソング フジテレビ系ドラマ『』主題歌 フジテレビ系『最高の離婚Special 2014』主題歌 「プレミアム アルコールフリー」CMソング 愛のプレリュード TVCMソング 大河の一滴 TVCMソング 百万本の赤い薔薇 フジテレビ系『』テーマソング 開局25周年CMソング 映画『』主題歌 WOWOW 25周年記念CMソング 若い広場 『』主題歌 オアシスと果樹園 JTB「オアフ島」篇「ハワイ島」篇CMソング 愛のささくれ~Nobody loves me WOWOW CMソング MY LITTLE HOMETOWN ライブ・ビューイング・ジャパン映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』主題歌 SMILE~晴れわたる空のように~ 民放共同企画「」応援ソング 演じた人物 映画• - (2017年) テレビアニメ• - 「茅ヶ崎の約束」(2017年) 書籍 著書• 『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』(エッセイつき歌詞集、1984年、)• 『ケースケランド』(1984年、)• 『ロックの子』(1985年、)• 『ONGAKU BAKADAISHO NO BOKEN』(1987年、)• 『ブルーノート・スケール』(1987年、)• 『ただの歌詩じゃねえかこんなもん'84-'90』(上の同名作品の続編、1990年、新潮社)• 『桑田佳祐の「平成NG日記」』(映画「」の撮影日誌、1990年、講談社)• 『素敵な夢を叶えましょう』(1999年、)• 『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん 桑田佳祐 言の葉大全集』(上の同名作品の続編、2012年、新潮社) 関連書籍• 『総力特集桑田佳祐』 カドカワムック 別冊カドカワ 2002年、角川書店• 『クワタを聴け! 』 著、、 脚注 [] 注釈• 2002年のソロ名義のツアーでの「」、2005年にサザン名義「」、2007年のソロ名義のツアーでの「」、2015年にサザン名義「」• 自身が出演した「」2009年9月21日放送「最終回・寅さんは永遠に不滅ですスペシャル」にて披露されたもの。 放送当日に収録された。 自身が出演した「」2009年5月4日放送「空耳」にて披露されたもの。 この回で披露した替え歌はすべて当時の政治・経済・国際情勢を風刺したものだった。 2009年5月4日放送「空耳」や2009年9月14日放送「日本会議」など• 「現代人諸君(イマジン オール ザ ピープル)!! 」「いいひと 〜Do you wanna be loved? 〜」など。 の楽曲「」「TSUNAMIのジョニー」はアレンジ面でサザン・桑田の楽曲に影響を受けたことを述べている。 男性アーティスト別で集計すると歴代40位となる。 サザンオールスターズも同記録を保持している。 作品発売としてはアルバム『』に初収録された。 141 17ページより。 2016年3月31日閲覧• サザンオールスターズ会報 代官山通信vol. 137 15ページより。 (やなどが呼んでいる。 桑田佳祐の音楽寅さん 音楽寅の巻85ページより。 (などが呼んでいる。 サザンオールスターズ会報 代官山通信vol. 140 7ページより• - 、• 産経新聞、2015. 夕刊インタビュー記事、2005年10月12日• 『地球音楽ライブラリー サザンオールスターズ 改訂版』TOKYO FM 出版、2005年。 「 FILE」、p. 269、、1988年• - サンケイスポーツ、2017年4月2日• musicman-net、2018年10月25日、2018年12月26日閲覧。 ナタリー、2018年11月30日、2018年12月26日閲覧。 実行委員会, KUWATA CUP 2020. KUWATA CUP 2020 みんなのボウリング大会. 2020年2月2日閲覧。 ORICON STYLE 2020年2月1日. 2020年2月2日閲覧。 SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年2月2日閲覧。 桑田佳祐『素敵な夢を叶えましょう』角川書店、1999年、p. 渡辺周 2010年9月16日. 朝日新聞 夕刊 朝日新聞社 : p. "桑田が言う。 「ねえ、ベティはどこの国のハーフなの? 」ベティが言い返す。 「ばかねえ、男と女のハーフじゃないの」"• サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol. 133 11ページより• サザンオールスターズラボラトリー 1999年10月()• 『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜』2000年10月20日放送回など。 2010年7月29日. 2010年8月24日閲覧。 日本語. 2010年7月30日. 2012年3月17日閲覧。 - 、までの3日間は、褒章を木箱に入れ、手袋を着用したスタッフが桑田に渡していた。 , 読売新聞, 2015年1月15日• ,東スポweb,2015年1月14日• ,デイリースポーツ,2015年1月18日• 朝日新聞デジタル2015年1月18日02時50分• zakzak by夕刊フジ• 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)出版 p78• 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P53 - P59、新潮社、2012年• - 株式会社 アミューズ 2017年3月20日閲覧• オリコンスタイル 2015年11月25日閲覧• 日本レコード協会 2007年6月度認定を閲覧。 2020年5月23日閲覧。 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)出版 p87• 2010年7月28日. 2014年2月25日閲覧。 2010年8月24日. 2014年2月25日閲覧。 NIKKEI STYLE 2016年3月17日配信・閲覧• サザンオールスターズ会報 代官山通信 vol. 134 11ページより。 2016年6月28日閲覧。 オリコンスタイル• オリコン 2017年11月8日閲覧• rockin'on. com 2017年9月19日配信, 2020年5月25日閲覧• MUSIC 2020年1月24日配信, 2020年1月26日閲覧• オリコン 2016年2月26日配信・閲覧• BARKS 2016年5月25日閲覧。 ニュース(音楽ナタリー)2016年9月27日閲覧。 オリコン 2017年6月3日閲覧• rockinon. com 2017年6月12日閲覧• リアルサウンド 2017年6月18日閲覧• 音楽ナタリー 2017年6月17日閲覧• オリコン 2017年9月25日閲覧• 音楽ナタリー 2017年10月6日閲覧• ロッキンオンドットコム 2017年9月25日閲覧• オリコン 2017年12月22日閲覧• Billboard Japan 2017年11月17日配信・閲覧• オリコン 2018年2月26日閲覧• Billboard JAPAN 2018年4月4日閲覧・配信。 オリコン 2018年11月1日閲覧• オリコン 2018年10月30日閲覧• スポーツ報知 2018年12月26日配信、閲覧• オリコン 2019年2月21日配信,2019年2月26日閲覧• 音楽ナタリー 2019年3月21日閲覧,2019年3月21日配信• オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧• オリコン 2020年1月1日配信, 2020年1月1日閲覧• オリコン 2020年1月4日配信, 2020年1月5日閲覧• オリコン 2020年1月30日配信, 2020年2月2日閲覧• スポニチアネックス 2020年2月18日配信, 2020年2月20日閲覧• Billboard JAPAN 2019年9月25日配信, 2019年9月28日閲覧• rockin'on. com 2020年3月6日配信, 2020年3月6日閲覧• 音楽ナタリー 2020年5月3日配信, 2020年5月13日閲覧• Billboard JAPAN 2020年5月11日配信, 2020年5月19日閲覧• 『ブルー・ノート・スケール』P106、ロッキン・オン、1987年• 『ただの歌詩じゃねえかこんなもん』P218、新潮社、1984年• ライブドアニュース 2013年8月8日• ライブドアニュース 2015年4月6日• 日経ビジネスオンライン 2015年1月22日• 2016年1月2日閲覧。 Techinsight メディアプロダクツジャパン. 2017年8月24日. 2017年8月25日閲覧。 Techinsight メディアプロダクツジャパン. 2017年8月24日. 2017年8月25日閲覧。 Vol. 33 No. 4 Southern All Stars [我が名はサザン] p21 - P22より。 ,デイリースポーツ,2015年1月18日• ライブDVD「」より。 アミューズ 2012年4月9日. 東日本大震災に対するアミューズグループの取り組みについて. AMUSE Inc.. 2012年4月22日閲覧。 - 朝日新聞デジタル・2012年3月11日• 「BRUTUS」2011年3月1日号より。 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」P23 - 24より。 岡村詩野 2011年2月16日. 2018年8月22日閲覧。 真紀和泉 2017年8月24日. 2018年8月22日閲覧。 72より。 『』2014年9月18日号でのインタビュー特集 p8• - 2013年8月• 太田光・共著『憲法九条を世界遺産に』より。 2015年12月12日閲覧。 - 2013年8月• 「桑田佳祐のやさしい夜遊び」2013年8月24日放送分• 「桑田佳祐のやさしい夜遊び」2015年1月3日放送分• livedoor NEWS 2015年10月27日閲覧• ビートたけし『仁義なき映画論』1991年、太田出版のち文春文庫 ISBN• 連載『たけしの世相斬り』2015年1月19日分• ,ライブドアニュース , 2016年2月17日• CINRA. NET• エキサイトニュース• ,朝日新聞デジタル, 2012年6月4日• Techinsight• ナタリー• 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」p64 - 67より。 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」P76 - 77より。 「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」P78より。 2020年7月10日閲覧。 2016年9月25日閲覧• 音楽ナタリー 2018年3月24日閲覧• ミュージックヴォイス 2018年1月21日閲覧• TBS 2019年10月8日閲覧• オリコン 2011年3月1日. 2011年3月1日閲覧。 オリコン 2015年12月5日閲覧• オリコン 2017年9月19日閲覧• オリコン 2016年12月12日閲覧• オリコン 2018年1月10日閲覧• オリコン 2020年2月19日閲覧• オリコン 2020年6月24日閲覧• Billboard JAPAN 2016年8月25日閲覧• オリコン 2019年1月3日閲覧、配信• オリコン 2019年3月21日閲覧• オリコン 2017年9月23日閲覧• サザンオールスターズ会報「代官山通信 vol. 146」(2019年4月発行)35項より• オリコン 2016年7月29日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年7月27日. 2016年7月27日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年11月8日. 2016年11月8日閲覧。 ビルボードジャパン 2017年5月6日閲覧• オリコン 2017年5月6日閲覧• オリコン 2017年8月10日閲覧• ミュージックマンネット 2017年9月16日閲覧• BARKS 2020年1月25日配信, 2020年1月26日閲覧• BARKS、2017年6月26日、9月25日閲覧• ナタリー、2017年9月22日、9月25日閲覧 関連項目• 外部リンク ウェブサイト• - ファンクラブ会員サイト• - ビクターエンターテインメント• - Twitter・Facebook・YouTube• sasfannet -• - チャンネル.

次の