足の臭い対策:足が臭う原因によって解決方法は異なります!。 【足の臭い】水虫対策を5分で対策を知ろう

足の臭い 病院

足の臭い対策:足が臭う原因によって解決方法は異なります!

ママの悩み 子供の足が臭い…どうしたらいいの? えぇえぇ筆者も痛い程気持ちが分かります。 帰宅した子どもの足と靴から臭うあのニオイ。 スプレーしたり足を洗ったりしても、翌日にはちゃんと臭くなって帰ってくるんですよね。 そこで、本サイトで足の臭いについて調査しました。 最初に答えを書いておきますと 子供の足の臭いは「菌の増殖予防・除菌・消臭」で対策できます! 足の臭いの原因は主に「イソ吉草酸」という脂肪酸なんです。 本記事では、子供の足が臭い原因を説明してから足の臭い対策方法を紹介します。 子供の足が臭いのは『イソ吉草酸』が主な原因 足の臭い主な原因物質は「イソ吉草酸」という脂肪酸です。 イソ吉草酸が足臭パネルの場合は必ず検出されているのに対し、対照パネルからは一度も検出されていないことである。 このことはイソ吉草酸が足臭のキーオーダーであることを示唆しており,…(略) 神田不二宏,他,"汗臭成分の解明及びその新規消臭剤の開発",粧技誌 第23巻第3号,pp. 217-pp. 敵(=臭いの原因)を知るために敢えて名前を出していますが 「足の臭いの原因は『イソ吉草酸』とかいう物質なんだってー。 」くらいに軽くとらえてくれればOKです。 足が臭い原因をつくるのは「菌+エサ+くつ内環境」 足が臭い原因物質である「イソ吉草酸」はどこから来るかと言いますと、皮膚にいる菌が出しています。 以上の結果から,ヒトの足部に生じる不快な足臭は,その表皮上に生活している表皮ブドウ球菌が関与しているものと考えられた。 797-pp. 799,1990. ただし、この 菌がいるからといっていつでも足が臭くなるわけではありません。 高温多湿の環境で増えすぎた菌がエサを分解した物質が臭いのです。 つまり、 「菌+エサ+高温多湿の靴内環境」がクサーい足の臭いを作り出しているんです。 人間の皮膚を守ってくれる「皮膚常在菌」 靴の中は外の環境と大きく異なり、高温多湿になりやすいため菌が増殖しやすい環境です。 3章 3 ,pp. 78,朝倉書店,1999. 足は汗をかきやすいし、「不感蒸泄」と呼ばれる水蒸気もたくさんでます。 そこに靴を長時間履いているわけです。 すると、高温多湿の環境が出来上がる。 高温多湿は菌が繁殖しやすい、だから皮膚常在菌も増えすぎてしまうんですね。 つまり!足が臭くなるのは「増えすぎた菌がエサを分解して臭いの原因」を出すため 上述した通り、足が臭い!を引き起こすのは「菌+エサ+靴内環境」です。 少し詳しくいうと 高温多湿の靴の中で増えすぎた表皮ブドウ球菌が角質などのエサを分解した結果、イソ吉草酸により足が臭くなるわけです。 通常は 足を守ってくれている菌、角質、汗、靴ですが、これらのバランスが崩れたときに「足が臭い!」を引き起こすんですね。 但し、 足を洗っていても靴を履けば汗をかくし、やはり靴の中はムレやすいのでさらに他の方法も併せて行うとより臭い対策の効果が得やすいと思います。 をご覧ください。 一日履いた靴には菌(バクテリア)がいて、その菌は靴を洗浄することでいなくなりますが、洗わないで履き続けると日々増加していきます。 手入れを全く行わなければ,日々確実にバクテリアは増加する 図3. 7 が,洗浄を行った場合はそれらバクテリアはほぼ除去される 図3. 8 . 楠本彩乃:衛生,足の事典,3. 4章,pp. 79-83,朝倉書店,1999. しかし。 靴を毎日洗うのって、、なかなかできませんよね。 そこで、 靴用スプレーで靴の中の菌を「除菌」するとともに、すでに発生しているにおい(=酸)を中和するなどして「消臭」するってわけです。

次の

足が臭いのを治す方法は臭いによって違います!あなたはどんな臭い?

足の臭い対策:足が臭う原因によって解決方法は異なります!

遺伝で汗腺の数が多い• 生活習慣• 食生活 親からワキガがうつる?遺伝と臭いの関係について ワキガは人からうつるのか心配になる点ですが、ワキガは他人から移ることはなく親から遺伝する可能性はあります。 汗の原因となるアポクリン腺の数は生まれつきの体質なので、親がワキガの人はアポクリン腺が多くある可能性があります。 両親ともにワキガの場合は70%以上の確率で遺伝するともいわれ、ホルモンの働きが活発になる10代で臭いを自覚する方が多いといわれています。 小さな子供でもすでにワキガになってしまうこともありますので、 効果的なセルフケアと臭いが悪化しないような生活を意識することが大切ですね。 ワキガが悪化しやすい生活習慣について ワキガはアポクリン腺の数だけでなく、生活習慣によっても臭いが悪化してしまいます。 まずは ストレス。 仕事や人間関係などのストレスを抱えていると汗腺が活発になり緊張性の汗もかきやすくなってしまいます。 ワキガを心配しすぎるのも汗の量を増やす要因になりますので、ワキガクリームでしっかりケアをして精神的にリラックスすることも大切ですね。 また若い人にも増えている 運動不足は体内の老廃物が蓄積されてしまうため、汗の成分にアンモニアやたんぱく質が多く含まれてしまいます。 汗腺の働きを安定させるためも定期的な運動で気持ちのよい汗をかくとよいでしょう。 さらっとした無色無臭の汗がでるように運動習慣を心がけてください。 食生活のバランスが悪いと臭い菌が繁殖しやすい理由 欧米人の体臭が強いのは肉食で動物性脂肪を多く摂取するためといわれています。 最近の日本の食生活も油っぽい食べ物が多く、特に若い人は栄養バランスが悪くなる傾向があります。 脂質や糖質が多い食生活は汗の成分にたんぱく質やアンモニアが多くなるため、汗をかいたとき皮膚の常在菌が餌として繁殖しやすくなるのです。 軽度のワキガでもバランスの悪い食生活を続けていればさらに臭いが悪化する可能性がありますので、この問題を解決するためには食生活の見直しをしましょう。 ビタミン、ミネラル、食物繊維が多い野菜や果物を多く食べるように意識して、しっかりデトックスできるような食生活を始めましょう。 そして ワキガクリームをプラスした効率的なセルフケアが必要不可欠ですね。 アポクリン腺汗腺だけじゃない!皮脂腺からの分泌物も脇の臭いの原因 脇の下は通気性が悪く、男性の場合はムダ毛処理をしていない人が多いこともあって特に蒸れやすく、細菌が繁殖しやすいため臭いやすい部位です。 実は脇の臭いは汗だけでなく皮脂腺から分泌される皮脂も関係しています。 脇の臭いのもうひとつの原因「皮脂腺」について見て行きましょう。 ワキガじゃなくても臭う?「皮脂腺」に注意! ほとんどが水分でサラッとしているエクリン汗に対し、アポクリン汗腺からの汗はたんぱく質や脂質を含むためべたべたしており、細菌に分解されるとツーンとする刺激臭が発生します。 皮脂腺から分泌される皮脂は、皮膚の表面に膜を張り、潤いを保つ働きをしています。 しかし、 過剰に分泌された場合には、脂っぽい臭いがすることがあります。 アポクリン汗腺のない頭皮が臭うことがあるのはそのためです。 皮脂腺の活動が活発な場合には、ワキガ体質でなくても、脇の下が臭うことがあります。 アポクリン汗腺の量が多い ワキガ体質の人は、皮脂腺も発達していることが多いと言われ、臭いがきつくなる傾向があります。 脇の下の臭い対策は、汗と細菌だけでなく、皮脂腺も含めたアプローチが大切です。 洗い過ぎは逆効果!食生活の改善が効果的 皮脂が過剰分泌されると脂っぽい感じになるため、洗浄力の強い石鹸やボディソープ、シャンプーなどを使いたくなりますよね。 実は、これは逆効果。 肌が乾燥すると不足する潤いを補うために、皮脂の分泌が増えるので注意が必要です。 皮脂腺が原因の臭い対策には、動物性脂肪の多い食事を避け、野菜中心のヘルシーな食事を心がけるのが効果的です。 抗酸化作用のある緑茶などもおすすめです。 脇だけじゃない!わきがと同じ臭いがする部位をチェック 「脇が臭う」と言うイメージのあるワキガですが、実は、脇以外にも似たような刺激臭がする部位があります。 ワキガになりやすい部位にはどのような特徴があるのでしょうか。 アポクリン汗腺の多いところが臭いやすい! アポクリン汗腺は哺乳類の芳香腺が退化したもので、• 耳の中、後ろ• 鼻の中• 脇の下• へそまわり• デリケートゾーン などに集中しています。 乳輪が臭う場合はチチガ、外陰部が臭う場合はすそわきが・すそがなどと呼ぶこともあります。 アポクリン汗腺は性ホルモンと密接な関係があり、第二次性徴を迎える思春期に臭い始めることが多いのが特徴です。 体温調節が目的のエクリン汗腺と異なり、アポクリン汗は情緒的刺激により分泌され、 異性を引き付けるフェロモンの役割を果たします。 脇の下やデリケートゾーンのようにムダ毛が生えているのも、臭いを拡散するためと言われています。 アポクリン汗腺の多い部位が臭いやすいのはそのためです。 蒸れやすいデリケートゾーン!すそわきがに注意 デリケートゾーンは脇の下同様通気性が悪く、ムダ毛が生えていることもあって蒸れやすく、細菌が繁殖しやすい特徴があります。 アポクリン汗腺の量は遺伝によって決まるため、ワキガの人はすそがでもあることが多く、「彼に嫌われてしまうのでは…」と悩んでいる女性も少なくないようです。 すそわきがもワキガと同じく、アポクリン汗を減らし、細菌の繁殖を防ぐことで対策できます。 デリケートな部位なので、低刺激で添加物を使っていない、安全性の高いワキガクリームなどでケアして行きましょう。 脇が臭いのは病気?クリニックで治療することはできるの? 脇は汗をかきやすく蒸れやすいため誰でも臭いが気になる部分です。 独特のツーンとするような刺激臭がする場合には「もしかして病気?」と心配になってしまいますよね。 果たして脇の下が臭いのは病気なのでしょうか? 脇の臭いは体質!ただし腋臭症と呼ばれることも… 脇はアポクリン汗腺が多い部位です。 体温調節のためのエクリン汗腺が全身に分布しているのに対し、 アポクリン汗腺は脇やデリケートゾーン、乳輪付近などマンマリーラインと呼ばれる部位に集中しています。 アポクリン汗腺から分泌される汗はタンパク質や脂質を含み、細菌によって分解されることで独特の臭いを発生させます。 この臭いはフェロモンとして働き、遺伝子レベルでの相性を判断する役割があると言われています。 脇の下の臭いはほとんど気にならないレベルから、近づけばわかる程度、さらに本人がいなくても部屋に臭いが残るレベルまで幅があり、 臭いが強い場合にはワキガと呼ばれます。 臭いの強さはアポクリン汗腺の量によって決まり、多い場合にはワキガ体質であるとされます。 アジア人は一般的にアポクリン汗腺の量が少なく、 日本人ではわきが体質の人は10人にひとり程度です。 全世界的に見ればワキガ体質の方が圧倒的に多いため、脇が臭うからと言って病気扱いされることはありません。 ただし、北米などではデオドラントを使う文化が発達しており、治療すると言うよりはエチケットとして対策して行こうと言うスタンスです。 これに対し、ワキガ体質の少ないアジア圏ではワキガは「腋臭症」と呼ばれ、病院での治療の対象になります。 脇の臭いは住む場所によって病気になる、と言うことなのです。 クリニックで治療できる!一部は健康保険の適用も ワキガは日本では「腋臭症」と言う疾患にあたるため、クリニックで治療を受けることができます。 治療方法は飲み薬や塗り薬から手術までさまざまですが、一部は健康保険の適用も受けられます。 「自分がワキガかどうか知りたい」と言う場合には、クリニックで判断してもらうことも可能です。 心配なら一度受診してみるのもよいでしょう。 脇の臭いが気になる!病院に行くなら何科を受診すればいい? ワキガ体質の割合が少ない日本では、脇の臭いは腋臭症と呼ばれ、病院での治療の対象になります。 ワキガ治療は 皮膚科、形成外科や美容外科、美容形成外科などで受けられますが、どの科を受診するかによって治療内容が違って来ます。 それぞれの特徴を見て行きましょう。 まずは皮膚科を受診 脇の臭いが気になる場合、 ワキガかどうかを判断してもらうには皮膚科の受診がおすすめです。 ワキガと判断された場合には、汗を抑えるための飲み薬や塗り薬などを処方してもらえます。 健康保険が適用されるため費用が安く済むこともメリットです。 脇の臭いで手術も考えているなら形成外科 脇の臭いがかなり強く 手術も視野に入れている場合には、形成外科を受診することになります。 ワキガ手術にはさまざまな方法がありますが、医師が目で見て確認しながらアポクリン汗腺を取り除く剪除法(皮弁法)は、最も効果が高いと言われています。 その反面、傷跡が残ること、普通の生活に戻るまでの時間であるダウンタイムが長いことなどデメリットもあります。 保険が適用される場合には、両脇で4~7万円程度の費用で済みますが、自由診療の場合には20~40万円と高額な費用もネックです。 ワキガ手術に医療保険が適用されるためには• 病院・クリニックが保険診療を行っていること• 医師がワキガであると認めていること• 認められた術式であること が必要です。 保険の適用を希望する場合には、保険診療を行っている病院・クリニックを選ぶことが大切になります。 ワキガ専門外来を設けている病院・クリニックなら安心ですね。 多彩なメニューが魅力の美容外科・美容形成外科 女性の美の追求や悩みの解消に力を入れている美容外科、美容形成外科の中には、ワキガ専門外来を設け、ボトックス注射からミラドライなどの切らない治療法、剪除法までワキガレベルに応じた豊富なメニューが用意されているクリニックもあります。 多彩なメニューの中から自分に合った方法が選べるのは美容外科・美容形成外科のメリットですが、 多くの場合自由診療のため費用は高くなりがちです。 脇の臭いを治すために何科を受診するかは、ワキガの臭いレベルや保険診療の有無、希望する治療方法などから総合的に判断し、 迷ったらまず皮膚科を受診するのがよいでしょう。 脇の臭いと細菌の関係!ワキガの人に多い「ワキガ菌」とは 脇の臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が皮膚の表面にある細菌により分解されることで発生しますが、ワキガ体質の人にはそうでない人には見られない「ワキガ菌」と呼ばれる細菌が多いことがわかっています。 ワキガ菌と他の細菌にはどのような違いがあるのでしょうか。 悪玉菌だけじゃない!善玉菌・日和見菌もある皮膚の常在菌 私たちの皮膚には常在菌と呼ばれる細菌が多く存在しており、 よい働きをするものは善玉菌、トラブルを引き起こすものは悪玉菌と呼ばれます。 美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ球菌は、肌を弱酸性に保ち、悪玉菌の繁殖を抑えてくれる代表的な善玉菌です。 悪玉菌には脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア菌や表皮感染症を引き起こす黄色ブドウ球菌などがあります。 また、細菌の中には普段は善玉菌の働きをしているものの悪玉菌が優勢になると肌トラブルを引き起こす 「日和見菌」(ひよりみきん)と呼ばれるものもあります。 普段は美肌を保つ働きをしていますが、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れるとニキビの原因となるアクネ菌などが有名です。 ワキガ菌の正体「コリネバクテリウム」とは コリネバクテリウムとは、 コリネバクテリウム属に分類される細菌のことで、ジフテリア菌などが代表的です。 コリネバクテリウムの中にはアポクリン汗腺から分泌される汗を好むものがあり、アポクリン汗がこの菌によって分解されることで、ワキガ特有の刺激臭が発生します。 ワキガの臭いを発生させる原因菌であることからワキガ菌とも呼ばれる コリネバクテリウムは、アポクリン汗がないと生存できないため、ワキガ体質の人に多く、それ以外の人にはほとんど見られないのが特徴です。 脇が臭い!重症のワキガは手術するしか方法はないの? 自分の臭いには気づきにくいため、周囲に指摘を受けてはじめてワキガであることに気づく人もいるようです。 接客業などでは上司に手術を勧められるケースもあるようで、ショックを受けてしまう人もいます。 ワキガが重症の場合には、手術すべきなのでしょうか。 手術は脇の臭いを根本的に消す方法! 脇の臭いを消す方法としては、デオドラントを使ったセルフケアからボトックス注射、ミラドライなどの切らない方法や外科手術までさまざまな方法があります。 脇の臭いの原因となるアポクリン汗腺を取り除く手術は、根本的な解決法だと言ってよいでしょう。 ワキガ手術にもいくつかの方法がありますが、剪除法(皮弁法)と呼ばれる方法は、医師が直接目で確認しながらアポクリン汗腺を取り除くので、高い効果が期待できます。 病院やクリニックによっては医療保険が適用され、両脇で4~7万円程度と自己負担額も低めです。 手術後、普通の生活ができるまでに時間がかかることや傷跡が残ることなどのデメリットを考えても、臭いの悩みから解放されることを考えると、十分に検討に値する方法だと言えます。 再発のリスクも!病院選びも重要 アポクリン汗腺を取り除く手術は脇の臭いを消す効果が絶大ですが、実は、手術後にワキガが再発してしまう人も少なからずいます。 「再発」は手術の最大のリスクと言ってよいでしょう。 中には再手術に踏み切る人もおり、手術の効果が高いだけに、再発したときの精神的ダメージはかなり大きいようです。 再発の原因の多くはアポクリン汗腺の取り残しによるもので、比較的取り残しが少ないと言われる剪除法でも、再発例が報告されています。 傷口の小さい術式や、切らない方法は再発率が高いとも言われ、 再発のリスクはワキガ手術のすべてに存在します。 ワキガ手術を検討する場合には、ワキガ手術を数多く手がけている評判のよいクリニックを選ぶとともに、 カウンセリングで納得いくまで説明を受けることが大切です。 手術は絶対ではない!セルフケアから始めよう ワキガ体質の人が多い海外では、デオドラントを使ったセルフケアが主流で、臭いを消すために手術をする人はいません。 つまり、 臭いは自分でコントロールすることが可能なのです。 手術は最後の手段と考え、まずはできるところから始めてみましょう。 制汗力と殺菌力にすぐれたワキガ専用アイテムを使うのがおすすめです。 中でも ワキガクリームは、肌への密着度が高く、持続力があるため人気があります。 ワキガ手術と切らない方法を比較!メリットとリスクを検証 脇の臭いの原因アポクリン汗腺に直接アプローチする手術は、高い効果が期待できる反面、身体への負担が大きいことから、ややハードルの高い方法です。 そのため、最近では メスを入れずにアポクリン汗腺を破壊する「切らない」治療法の人気が高まっています。 それぞれのメリットとリスクについて見てみましょう。 保険適用も!手術は臭いを消す効果が高いのがメリット 脇の臭いはアポクリン汗腺から分泌される汗が細菌によって分解されることで発生します。 アポクリン汗腺を取り除いてしまう手術は、効果が高く、かつ持続するのが最大の魅力です。 保険診療に対応しているクリニックでは、剪除法など一部の術式について保険適用の可能性があり、費用を抑えることができるのもメリットです。 その一方、傷跡が残ることや、術後一定の期間介助が必要なことなどデメリットもあります。 また、 再発のリスクもあるため、慎重に判断すべき方法だと言えます。 自由診療がほとんど!切らない方法は費用が高め マイクロ波や高周波を照射してアポクリン汗腺を破壊するミラドライ、ウルセラドライは、切らずに脇の臭いを消す方法として人気が高まっています。 中でもミラドライは保険適用でワキガ手術を行っている病院でも採用しており、信頼性の高い方法です。 ミラドライは施術時間が約1時間と短く、日常生活に支障がほとんどありません。 傷跡が残らないのでバレる心配がないのもうれしいですね。 その反面、 保険適用が受けられないため費用は30万円からと高めです。 ミラドライは1回の照射ですべてのアポクリン汗腺を破壊できるわけではなく、 臭いレベルによっては満足できる効果を得るためには2回目の照射が必要な場合もあります。 心配な場合には、2回目に割引のあるクリニックを選ぶのが安心です。 脇の臭いを消すアイテムは「薬用」がおススメ!医薬部外品ってなに? スキンケア用品は薬機法と言う法律によって 化粧品、医薬部外品、医薬品の3つに分類され、目的や効果・効能の範囲、表示内容に違いがあります。 それぞれの特徴と違い、脇の臭いを消すアイテムはどれを選んだらよいのかについて見て行きましょう。 医薬品、医薬部外品、化粧品の違い 医薬品は病気を「治す」ために使われるもので、病院・クリニックで処方されるものと、薬局で買える大衆薬(OTC)があります。 どちらも厚生労働省に認められた 有効成分が配合されており、即効性があるのが特徴です。 効果が高い分、 用法・用量をきちんと守る必要があります。 シミを防ぐ美白有効成分配合のオールインワンゲルの容器 メラニンの生成を抑え、日やけによるしみ・そばかすを防ぐ効果が期待できる 医薬部外品は、体臭の防止や皮膚の殺菌など「防ぐ」ために使われることが多く、厚生労働省が認めた 有効成分が一定の濃度で配合されています。 「薬用」と表示されているものは医薬部外品にあたります。 医薬品に比べればマイルドですが、準ずる効果が期待できるものです。 化粧品は肌を健やかに保ったり、魅力を増すために使われるもので、 効き目は穏やかですが、毎日使っているうちに効果が期待できます。 指定成分のみの表示でよい医薬部外品に比べ、 全成分を配合量の多い順に表示することが義務付けられています。 アレルギーをお持ちの方にとっては安心ですね。 脇の臭いを消すアイテムは「薬用」がおススメな理由 脇の臭いを消すためには、汗を抑える制汗作用と殺菌作用にすぐれたアイテムを選ぶことが大切です。 ワキガ対策アイテムでは、医薬品は医師の処方が必要なものと、海外製品の個人輸入に限られているのが実情です。 そのため、 制汗作用や殺菌作用については、厚生労働省で有効性が認められた成分が配合された医薬部外品を選ぶのがポイントとなります。 角質の薄い日本人には、海外製品は強すぎることも多く、かぶれやかゆみなどが起きる可能性もあります。 日本人の肌に合わせて開発された、国産の医薬部外品を選ぶのがおすすめです。 市販とどう違う?ネット通販の消臭アイテムの実力をチェック 清潔志向の高まりの中で、ドラッグストアには数多くのデオドラント製品が並んでいます。 使い勝手の良いスプレータイプからロールオン、クリームタイプまで、比較的リーズナブルな価格で気軽に試せるのも魅力です。 そんな中、脇の臭いで悩んでいる人たちから支持されているのがネットで買える通販のデオドラント製品。 中でもワキガクリームは非常に人気が高いようです。 なぜ今、「デオドラントは通販」なのでしょうか。 脇の臭いに特化!市販アイテムより効果が高い ドラッグストアに売られている臭い対策アイテムは、多くの場合、強烈な臭いを防ぐためと言うより、一般的な人に向けて作られています。 そのため、制汗作用が期待するほどでなかったり、殺菌作用が十分でないなど、脇汗の多い人や臭いが気になる場合には、物足りなさを感じることが少なくありません。 また、人気のスプレータイプは肌への密着度が低いため、持続力がないと言うデメリットもあります。 その点、 ネット通販限定の消臭アイテムは、臭いで悩んでいる方のために開発されているので、制汗作用・殺菌力共に市販品よりも優れています。 その分値段はやや高めですが、 効果と持続力で選ぶ人が増えているようです。 お店の人に気づかれることなくワンクリックで購入できるネット通販は、ドラッグストアなどよりむしろ試しやすいのです。 人気の高いワキガクリームは、化粧品と言う名前で発送するなど、プライバシーに配慮されているものが多く、容器もおしゃれでポーチにしのばせておいても気づかれる心配もありません。 「バレたくない」と言う心理に配慮していることも人気の理由と言ってよいでしょう。 お得な定期購入も!コスパの良さも魅力 通販限定ワキガクリームは、高い効果の期待できる有効成分が配合されており、安全性の高い原材料にこだわっているため、市販品に比べてお値段はやや高めです。 しかし、店頭に並べるコストなど 中間マージンが少ないので、価格を抑えることができます。 継続して使う場合にはお得な定期購入のコースなどが用意されていることも多く、コスパの良さも人気の理由です。 脇の臭いを消すには専用の石鹸・ボディソープがおススメ!その理由とは 脇の臭いを消すためには、まず最初に脇を清潔にする必要があります。 そのためには石鹸・ボディソープ選びにもこだわりたいですよね。 脇の臭い対策に効果的な石鹸・ボディソープ選びのポイントをご紹介します。 決め手は殺菌力!有効成分配合のものを選ぼう 脇の臭いを予防するためには、皮脂や汚れをしっかり落とすと同時に、 臭いの原因となる細菌を殺菌することが大切です。 そのためには、ワキガ体質の人に多いコリネバクテリウムに対する効果が期待できる イソプロピルメチルフェノール(シオン-5-オール)が配合されたものを選ぶのがポイントになります。 成分表示は必ず確認しておきましょう。 特に柿渋エキスに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、皮脂の酸化を防いでくれるため加齢臭にも効果が期待できます。 脇の臭いが気になる場合、汚れや細菌を落とすために石鹸をじかにこすりつけたり、ごしごし洗ったりしがちですが、肌に必要な皮脂まで奪ってしまうと肌が乾燥し、皮脂の過剰分泌を招いて臭い悪化の原因になります。 洗った後ヒリヒリしたり、つっぱりを感じるようなら、洗浄力が強すぎる可能性があります。 ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分を配合した肌にやさしい石鹸・ボディソープを選ぶのがおすすめです。 使うときにはしっかり泡立てて、やさしく洗うようにしましょう。 ミョウバンVS重曹!脇の臭いを消す効果と使い方を比較してみよう 脇の臭いは身近なものを使って対策することもできます。 代表的なのがミョウバンと重曹です。 臭い対策に使える理由と効果的な使い方のコツをご紹介します。 収れん作用も!アルカリ性の臭いに効くミョウバン ミョウバンは日本ではなすの漬物の色止めやあく抜きなど料理に用いられるほか「湯の花」と呼ばれる入浴剤など、古くからさまざまな用途に用いられて来ました。 ヨーロッパではアルム石と呼ばれ、古代ローマよりデオドラントとして使われており、手軽な制汗剤、消臭剤として今も愛用されています。 ミョウバンには水に溶けると酸性になる性質があり、 アンモニアなどアルカリ性の臭いを中和して消す効果があります。 皮膚を弱酸性に保つことで細菌の繁殖を抑えることができるだけでなく、さらに積極的な殺菌作用もあると言われています。 肌を引き締める収れん作用や制汗効果もあるため、脇の臭いを消すには適した成分です。 ミョウバンをそのまま脇に塗っても効果がありますが、 水に溶かしてミョウバン水として使えばさらに効果的です。 ペットボトルなどにミョウバン50gを入れ、1. 5リットルの水道水を加えてよく混ぜ、ミョウバンが溶けて透明になったら完成です。 溶けにくい場合には、1~3日間放置しておくとよいでしょう。 ミョウバン水は小さなスプレータイプの容器に入れ、直接脇の下に振りかけるほか、お湯に加えて洗顔や入浴剤としても使えます。 アンモニア臭に効くので足の臭いにも効果的です。 重曹は酸性の臭いに効果的!ただし継続使用に注意 重曹は掃除や洗濯などに幅広く使えるエコアイテムで、細菌の繁殖を抑えてくれることからキッチンや下駄箱などの消臭剤としても人気があります。 アルカリ性の重曹は 酸性の酸っぱい臭いを中和して消す効果があり、汗臭いニオイの消臭には特に効果的です。 洗浄力も強く、皮脂汚れを吸着して落としてくれるので、 頭皮の臭いにも効果が期待できます。 重曹はそのまま歯磨きなどに使うほか、ペースト状にしてスクラブのように使ったり、水1リットルに対し小さじ1の割合で重曹を溶かし 重曹水として使うのが便利です。 お風呂のお湯にひとつまみの重曹を加えて 重曹風呂を楽しむのもおすすめです。 洗顔やシャンプーとして使うのも良いでしょう。 ただし、重曹はアルカリ性のため、 使い続けると皮膚がアルカリ性に傾き、アルカリ性を好む細菌が繁殖して臭いがきつくなる可能性があります。 重曹風呂に入った後は、ミョウバン水を使い、肌を弱酸性に保つことが大切です。 ミョウバン水も重曹も保湿効果は期待できないため、保湿ケアも忘れずに行いましょう。 軽度のワキガは早めに対策を始めよう!自分で確認するポイント ワキガの臭いってとても曖昧で、人によっては全く気にしない人もいるほど。 でも臭いはエチケットですし、若い女性の場合はホルモンの働きも活発なので人一倍注意したいところですよね。 もしかしたらワキガかも?という軽度の場合ですが、自分でチェックする場合のポイントについて見ていきたいと思います。 両親がワキガの場合は遺伝する可能性があり 汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の二つあり、ワキガの原因になる成分を多く含んだ汗をだすのがアポクリン腺です。 汗腺は生まれつき数や大きさが決まっているため、大人になってからいきなりワキガになるというよりは、ワキガ体質が悪化するかどうかによります。 アポクリン腺は両親から遺伝しますので、もしかしたら軽度のワキガかもしれないと思った時は、両親がワキガかどうか確認してみましょう。 必ず遺伝するとは限りませんが、可能性が高いため早めの臭い対策が必要ですよ。 汗をかいた後の脇の臭いをチェックしてみよう 脇の臭いが悪化するのは汗の量が増えた時で、皮膚の常在菌により臭いが広がっていきます。 そのため菌の餌となる汗をかかない時はワキガが気になることは少ないので、自分で確認するなら大量に汗をかいた後がベスト。 脇近くに鼻を近づけたり、洋服の臭いを嗅いでみましょう。 ツンとする刺激臭がある場合はワキガの可能性がありますが、たまにしか起こらない場合は軽度の可能性がありますので、ワキガクリームなどの専用グッズを使って効率的な対処を行いましょう。 耳垢の状態やスソガがあるかどうかチェックすること アポクリン腺は身体の一定部分に多く集まっています。 脇、耳、足の指、デリケートゾーンなど。 これらの部分の臭いをチェックすればワキガかどうかが分かります。 耳垢がいつも湿っている人、スソガがある、足の臭いがきつい場合は脇も同様にアポクリン腺の汗が多いというサイン。 軽度の場合は早めに正しいケアを始めれば改善効果も早く出る可能性がありますよ。 気が付きにくい自分の脇の臭い!嗅覚疲労について ワキガは恥ずかしい悩みですが、本人が気が付いていない場合が一番困ります。 まわりの人が指摘するにも抵抗がありますし、できれば自分で気がついてほしいことですよね。 でも臭いはなぜか自分ではわかりにくいもの、ワキガで恥ずかしい思いをしない為に「 臭覚疲労」について見ていきたいと思います。 自分の脇の臭いはわからない? 自分の臭いは注意をしているつもりでも、集団のなかに入るとつい油断をしてしまいます。 そんな時に脇の臭いがつーんとしてくることがありますが、人の臭いにはなぜか敏感になのに自分の臭いって自覚できないものですよね。 臭覚疲労というのは同じ臭いを一定期間嗅ぎ続けると、脳の危険信号が判断できず嗅覚が敏感でなくなってしまうことです。 そもそも嗅覚には物に近づく前に臭いによって安全か危険を知らせる働きがあるのですが、同じ脇の臭いに慣れてしまうとその機能が鈍くなり、嗅覚疲労となってしまいます。 家の中の臭いもそうですが、他人の家に入ると独特な匂いってしますよね。 臭いが強いのは皮膚でなく衣類が原因のことも 脇の臭いが強くなるのは皮膚自体から発生するものだけでなく、 一番の原因は汗のたんぱく質やアンモニアを常在菌が分解するためです。 菌は皮膚に住んでいますが、衣類にも付着するため周囲の人にはこの臭いが広がっている可能性があります。 洋服を着替えるだけでもかなり脇の嫌な臭いは除去できますので、 汗と菌の両方を退治することを意識しましょう。 衣類に吸収された菌は空中を浮遊して、傍にいる人に不快な臭いとして感じられてしまいます。 緊張したり興奮するとワキガが強くなるのは本当? ワキガ原因になるアポクリン腺は興奮したり緊張すると活発になります。 フェロモン臭と呼ばれ異性を惹きつけるための働きともいわれていますが、このような状況にはワキガが強くなることを想定してデオドラントなどを使うと安心ですよ。 脇毛の処理、臭いのケアなど女性にとって頭を悩める脇。 脱毛サロンの値段が安くなり、10代の女性で通っている人も最近とても多いですよね。 でも一部では脱毛により脇の臭いが悪化するケースがあります。 その気になる原因について詳しく見ていきたいと思います。 脱毛をすると汗の量が増えて臭いも増加 すべすべ肌に憧れて脱毛サロンに通う人が増えていますが、脱毛をするとレーザーの照射により皮膚が刺激され汗腺が活発になってしまいます。 脱毛サロンに通ってから多汗症になったという人もごく稀ではありますが、可能性は全くないわけではありません。 また脱毛のストレスや痛みの不安による精神的な発汗機能で汗の量が増えてしまい、脇の臭いが強くなることも原因と考えられているのです。 せっかく綺麗になろうと頑張っているときに、別のトラブルが発生するのはちょっとがっかりですよね。 毛穴に詰まった皮脂が酸化して臭いを発生させる 脱毛をするとムダ毛で隠れていた毛穴に詰まった皮脂が出やすくなり、空気に触れて酸化します。 すると独特な臭いとなりアポクリン腺の汗が餌として増殖してしまいます。 ムダ毛がなくなると毛穴の汚れも見えやすくなりますので、黒くなっている場合はお風呂に入って優しく汚れを洗い流しましょう。 基本的に肌のターンオーバーを活性化すれば自然と皮脂も減っていきますよ。 衣類に汗が付着しやすくなり菌が繁殖する 脱毛をする前はムダ毛があったため、汗が直接衣類につく前にブロックされていましたが、すべすべ肌になると汗をかくとダイレクトに衣類に付着してしまいます。 汗染みができやすくなる方も多いと思いますが、この場合は汗パットなどを使って予防をするとよいでしょう。 また 汗と臭い菌の同時対策ができるワキガクリームなら、制汗成分が配合されているので汗の量を減らしてくれます。 どうしても汗の量が多くて心配な場合は皮膚科で相談してもよいでしょう。 仕事中のワキガ対策!人にバレずに臭いを消す方法 仕事のストレスや人間関係って発汗機能を活発にさせてしまうため、室内で仕事をしていても実は大量な汗をかいてしまいます。 すると心配なのがワキガですよね。 緊急な場合や外出先ではどのような対処法があるのか、早速見ていきたいと思います。 下着や衣類の着替えを用意しておく 仕事中のワキガ対策は、意識していても忙しくなるとふと油断してしまいますよね。 職場は常に人の目が気になり緊張感が続きますので、冷汗なども多くでてしまいます。 もし大量に汗をかいてしまう場合は、衣類や下着を交換して臭い菌の繁殖を防ぐことが効果的。 でもいきなり服装が変わってしまうと周囲の人に変に思われてしまうかもしれませんね。 そのような場合は 脇汗パットを使うのもよいでしょう。 念のため着替えは必ず用意して、帰りの満員電車用に着替えるなど準備しておきましょう。 濡れタオルで脇をしっかり拭いて臭い対策をする 脇の臭いは汗と菌が原因のため、こまめに汗を拭きとることで臭いの悪化を予防できます。 仕事中は何度もトイレに行くのも不自然ですから、できるだけ簡単で効果が持続しやすい方法がいいですよね。 脇汗を拭くときは濡れタオルを使い皮脂や汗を綺麗に取り除きましょう。 デオドラントシートで殺菌効果があるタイプだとなお効果がありますのでデスクに入れておくと安心ですね。 職場ではデオドラントは無香料タイプを使うこと 仕事中に急にワキガ対策にデオドラントを使うのは一番効果的で便利な方法です。 しかし香料が配合されたタイプはすぐ周囲にデオドラントを使ったことがバレてしまうので、できれば無香料タイプを使いましょう。 ワキガクリームなら消臭効果が長時間続くため、朝1回塗れば夕方まで効き目が持続します。 また無香料タイプが多く、周りの人にもデオドラントを使っていると知られずに安心ですよ。 ワキガの洋服はいつも臭い?臭いをしっかりとる方法について ワキガの人は皮膚から発生する臭いだけでなく、洋服に付着した菌や汗によりさらに臭いが悪化してしまいます。 汗をかいた時は着替えをすることが効果的ですが、ワキガの人は洋服の臭いケアでどんな点を注意するとよいのでしょうか。 ワキガの人は殺菌を意識した洗濯をすること 脇の臭いはワキガでなくとも汗を大量にかいた時は臭いが残ってしまう場合があります。 臭いの原因は菌の繁殖で、 ワキガの場合はとくに殺菌を意識するとよいでしょう。 殺菌成分が配合された洗剤を使う、また汚れた服はそのまま放置せずすぐに洗濯するなど意識しましょう。 洗った洗濯物は菌が繁殖しないうちに屋外ですぐに乾燥させること。 臭い菌は高温多湿の環境を好みますから、衣類はしっかり乾燥させることがポイントです。 とくに梅雨時期の部屋干しは嫌な生乾きの臭いが残りますよね。 粉末漂白剤をプラスして洗濯するのも効果的ですよ。 洗濯できないアウターについた臭いの消し方 洗濯できる下着や普段着はいいのですが、自分で洗えない学校の制服やアウターだとワキガの人はとても困ります。 この場合は スチームアイロンで脇に蒸気をあてて臭いの分子を放出しましょう。 お風呂場にハンガーで干して湯船の蒸気を使うのもよい方法のひとつ。 スチームをあてた後はしっかり乾燥させ、湿度が高い時期は扇風機などで風を送ると乾きやすくなります。 ワキガクリームで元から臭いをシャットアウト! ワキガの洋服の臭い消しはいくつかの方法がありますが、 大切なのは根本的な問題を改善することです。 ワキガを治さないとどんなオシャレをしてもいつも洋服の臭いが心配になりますよね。 クリーニングにお金を使うのも無駄になりますから、ワキガ改善のためのデオドラントケアが重要なのです。 ワキガは一般的な汗の臭いとは仕組みが違いますので、 殺菌成分が配合されたワキガクリームで脇のお手入れをすることが一番。 クリームは抑汗成分や保湿成分も配合されていますので、ワキガを改善する肌作りにもメリットです。

次の

猫の臭いの原因と対策~トイレ周りの臭いは要注意 │ にゃんこイズム

足の臭い対策:足が臭う原因によって解決方法は異なります!

さっと読める目次• 足の臭いをセルフチェック いざ自分の足のにおいを嗅いでみようと思っても、鼻が自分の体臭に慣れてしまっていてよく分からないという可能性があります。 そんな時に自分の足のにおいがどのようなものなのかを確かめたい場合は家族や友人に頼んで嗅いでもらうのが最も確実で早いのですが、場所が場所なだけになかなか頼みづらい方も多いかと思います。 その場合、自分の体から一旦臭いを引き離すのが有効です。 例えばその日一日履いていた靴や靴下、ストッキングなどを脱いでからお風呂に入り、お風呂から上がってから臭いを嗅いでみてください。 鼻が一旦体臭を忘れますので、よりハッキリと臭いの質が判断できるようになります。 この時、「少し臭うかな?」程度だと思っても、決して楽観的にならないことが大切です。 自分の鼻は自分の臭いには寛容ですので、少しでもおかしな臭いがすると思ったら即座に対応することが大切です。 足の臭いの原因は? 足の臭いが気になる、または足の臭いを予防したいと思った時、まず押さえておきたいのが「なぜ臭いが発生するのか?」という点です。 本項では足の臭いが発生する原因についてご紹介します。 汗による雑菌の繁殖が原因 結論から申し上げますと、 足の臭いは雑菌が原因です。 人体の表面にはいくらかの菌(常在菌)が住んでいるものですが、 足の場合は汗の量が多いために湿度が高くなりがちで、この常在菌が通常よりも繁殖しやすいのです。 通常の常在菌は皮膚の表面の酸性を保って外部から保護してくれる良いものです。 しかしその 菌が増えすぎると臭いのある物質(イソ吉草酸)を大量に作り出すようになりますので、足が臭くなってしまうのです。 足・靴・靴下のケア不足により雑菌が繁殖する 皮膚常在菌は誰にでもあるものですが、足の臭いがある人とない人がいるのは何故でしょうか。 もちろん体質なども関係しますが、 最大の原因はケア不足です。 ただでさえたくさんの汗をかく足ですが、一日のほとんどはその上から靴下や靴などを履きます。 これによって足の温度が上がり、汗が蒸れて湿度も上がり、結果的に菌が繁殖しやすい環境が出来上がってしまいます。 さらに菌は皮脂や角質などをエサにして増えますので、 足をきちんと洗わなかったり古い角質が溜まっていたりすると一気に増殖します。 つまり、足の臭いが発生する人の多くは足のケア不足であると言えます。 汗を多くかくのはストレスが原因であることも 足に限った話ではないのですが、強いストレスを感じると汗をかくことがあります。 これは「精神性発汗」と呼ばれるものであり、元々の体質には関係なく発生する可能性があります。 その為、これまでは特に体臭がなかったにも関わらずある時期から足の臭いがきつくなったというような場合は、環境の急激な変化などのストレスが原因であるということも考えられるのです。 臓器疾患(肝臓等)・糖尿病によって体臭がキツくなる 足の臭いだけでなく脇や首筋など体の全体の臭いが臭うようになったという場合、ケア不足やストレスではなく臓器疾患や糖尿病などによる病気が原因となっている場合もあります。 一般的に足の臭いの原因とされる「イソ吉草酸」は納豆のような臭いがするとされていますが、病気による臭いはそれとは異なります。 例えば甘い臭いがするという場合は糖尿病、アンモニア臭がするという場合は肝臓の不調が考えられるのだとか。 その臭いがするからといって必ずしも病気であるという訳ではありませんが、どんなにケアをしてもどうしても体臭が改善しないという場合は一度病院へ行かれることをオススメします。 足の臭いの対策 足の臭いの原因が分かったら、それを取り除いていきましょう。 と言っても、 足の雑菌を全て殺菌してしまうというような乱暴なやり方を続けると肌荒れなどの様々なトラブルを招いてしまいやすいので、毎日の習慣として足のケアを取り入れていくことが大切です。 足のケア まずは足そのものをケアすることによって、効果的に足の臭いを改善することができます。 足裏の汗は本来ほとんど無臭であるため、毎日お風呂に入っていれば臭うことはありません。 ただし、お風呂で足をおざなりに洗っていたりする場合、足の裏や指の間などに汚れが残っている場合があります。 また、古い角質が溜まって足の裏がガサガサ…という方の場合、その角質も雑菌繁殖の原因となります。 お風呂に入った時は足の裏や指の間も毎日きちんと石鹸で洗いましょう。 また、角質部分は角質除去用のやすりでこするなどのケアを行いましょう(頻繁に行うと肌を痛めるので、月に数回程度にとどめてください)。 さらに気をつけていただきたいのが足の爪。 爪が伸びているとその裏側などに汚れがたまり、雑菌と悪臭の温床となります。 足の爪はきちんと切るようにし、お風呂でも石鹸で洗って雑菌の繁殖を抑えましょう。 靴下のケア 靴下は足に直接触れる衣類ですので、どうしても汗や皮脂などの汚れが染み込みやすくなっています。 それを放置すれば、いくら足を綺麗に洗えていたとしても臭いは解消できません。 靴下を毎日取り替えて洗濯するといった基本的なことも重要ですが、洗濯を行っても靴下の臭いが取れない、という場合もあります。 温水によって汚れが落ちますので、臭いが消えてくれます。 また、洗剤の代わりに重曹を使用するのもオススメです。 足とともに靴下を清潔に保つことで、臭いの発生はかなり抑えることができるようになります。 靴のケア 毎日履き続ける靴は足から出る大量の汗を常に受け止め続けていますが、そのケアを行っているという方は意外と少ないものです。 そのまま 汚れた靴を履き続けていると、足や靴下のケアをしていても足の臭いを改善することは難しくなります。 そこで、一度履いた靴は最低2日は休ませ(洗える靴は洗う・陰干しで乾燥させる・消臭剤とともに置く)ましょう。 毎日履かなくてはならない靴であっても、一晩しっかりと乾燥させることで雑菌の繁殖をかなり抑えることができます。 履かない間は重曹などの消臭効果のあるものを靴の中に入れておく(古い靴下等に詰めてシューズキーパー代わりにするなど)ことも有効ですので、ぜひ試してみてください。 足の臭いが治るまでは応急処置で対策 上記に挙げた対処法はどれもいくらかの時間をかけて臭いを改善する方法ですが、外出先であったり来客の予定があるなどの理由から、それでは間に合わない!という場合もあるかと思います。 そこで、時間がないときにもすぐに臭いを改善することが出来る方法をご紹介します。 消臭スプレー&ウェットティッシュを活用 外出先で突然靴を脱がなくてはならないシーンに遭遇してしまった…という場合は、少しの間中座してコンビニへ駆け込み、「消臭スプレー・ウェットティッシュ・靴下」を購入しましょう。 購入できたらトイレなどで 靴下を脱ぎ、 ウェットティッシュで足を拭きます。 その後消臭スプレーで足と靴に発生した臭いを消してから、新しい靴下を履いてください。 そうすることによって臭いの応急処置をすることができます。 ただしこの方法はあくまでも応急処置ですので、普段のケアを怠らず、根本からの解決を図るようにしてください。 自宅ならば重曹足湯を 自宅にいても、急な来客などでお風呂に入る時間はない…という場合は、足湯で足を清潔にし、臭いを取り除きましょう。 通常通りの足湯では消臭が不十分な場合もありますので、 洗面器やタライなどに張ったお湯にスプーン一杯程度の重曹を加えるのがオススメです。 重曹には消臭効果がありますので、重曹足湯をすることによって足の臭いを消すことができるのです。 まとめ 今回は誰もが気になる足の臭いの原因や対処方法についてご紹介しました。 顔や手などに比べて視界に入りづらい足はどうしてもケアを怠りがちになってしまいますが、そのケア不足によって臭いが発生し、大きな悩みのためとなってしまうことがあります。 しかしどんな臭いにでも原因はあり、その原因もよほどのことでない限り取り除くことが可能です。 足の臭いが強いことに気がついても悩みすぎず、前向きに対処していってください。 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の