悪霊シリーズ。 悪霊シリーズ

【勇者ヨシヒコと悪霊の鍵】井戸の怪人・佐久間一行の歌が気になる!│エンタメの神様

悪霊シリーズ

アニメ・漫画「ゴーストハント」シリーズの原作である 小野不由美先生の「悪霊シリーズ」は現在絶版状態です。 (ネットで高値で取引されていたりします) この作品、かなりの人が復刊・再版を求めています。 復刊・再版を求めるネット上の同盟などもあるようです。 普通に考えれば、人気作品は復刊・再版をすれば当然売れるのではないかと門外の私は考えます。 小野先生の「十二国記」はホワイトハートで最初、発行されましたが現在は普通の文庫版で存在します。 こういう形での再版というのもあっておかしくないと私は思います。 それでは何故、「悪霊シリーズ」は復刊・再版されないのでしょうか? ファンとしてとても気になってます。 小野先生が嫌がっていらっしゃるのでしょうか? (だったら仕方ないですが…) ウェブサイトなどで署名を集めて講談社に働きかけたりしている人はいるのでしょうか?(同盟を作ってるだけというのではなく) 小説の復刊・再版のシステムというのが良く分からないので、疑問です。 よろしくお願いします。 (これが小野不由美さんの了解を得たものなのかは判別できません) 復刊されるのが「悪霊シリーズ」なのかはあいまいでしたが、 講談社側としては、「悪霊シリーズ」を復刊させたい意思があるのではないかと 私は思います。 また、不確実な情報として、最近、十二国記の英語版出版記念として、 海外のアニメサイトで小野不由美さんのインタビューが掲載されました。 (これが本当に小野不由美さんにインタビューしたものなのかは、私にはわかりません) これを信用するのであれば、「悪霊シリーズ」を手直ししている、と解釈できる文が 載っていました。 (「小野不由美 インタビュー 英語」で検索すると出てくると思います) ネット上の情報については、信用する、しないは受け取る側の問題ですが、 出るといいなあとは思います。 私も復刊してほしいと思っています(文庫本は数年前に古書店で全巻セットで五千円ほどで入手して持っています)。 確かそのあとがきに書いてあったと思うのですが、「ファンからの熱烈な感想を数多くもらい、それに影響されて自分が書きたい作品とは少し違うものになってきた」こと、「初期の作品なので文章など現行の作品のファンの方に見せたくない」という主旨があったように覚えています。 文庫本の蔵書が一万冊を超えてしまい、倉庫に預けているため、手元に無いので確認できないのですが、間違っていたら申し訳ありません。 芸術関係ですと、初期の作品を作者が買い戻したりすることは少なくないそうです。 著者によっては、初期作品を封印したいと思うことはあるのかもしれませんね。 こちらの復刊ドットコムというところで、再販投票を受け付けています。 以下は小野氏関係の一覧ページです。 投票には会員登録(無料)が必要です。 これだけ投票があるのに復刊しないということは、交渉は難航しているのではないでしょうか。 投票数の少ない「ゲームマシンは~」は復刊されていますし。 悪霊シリーズでは心ないファンレターをもらったり、恋愛重視傾向の期待をかけられすぎて、小野氏が続きを書く気になれないというのをなにかで聞いた覚えがあります。 もしかしたらそういった部分で再販を渋っているのかもしれませんね。 でも決裂(再販見込みなし)にはなっていないので、気長に待てばいつかは再販するかもしれませんよ。 参考URL:.

次の

悪霊シリーズ

悪霊シリーズ

あらすじ ナルこと、渋谷一也が所長を務める「渋谷サイキックリサーチ(SPR)」でアルバイトをすることになった麻衣。 ある日訪れた女性の依頼は、屋敷に起こる怪奇現象の解決だった。 古い洋館で頻発するポルターガイスト。 自動発火。 原因は八歳の少女礼美(あやみ)が所有する、古びた人形にあるのか?ミミーと名付けられた人形の怪異がSPRの面々を追い詰めていく。 ここからネタバレ ゴーストハント(悪霊)シリーズはここからがガチ ではさまざまな怪奇現象、それっぽい雰囲気づくり、個性豊かで多種多彩な心霊界の専門家たちを取り揃え、いかにも「出そう」な予感を漂わせておきながら実は……という変化球的な作品で、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」の「枯れ尾花」部分を楽しむ作品であった。 それに対して第二作である本作からは、本格的に心霊現象を取り扱っている。 古びた洋館、アンティックドール、忌まわしい因縁、埋められた古井戸と、舞台装置的には申し分なし。 祓っても、マントラを唱えても一向に退散しないミミーにまつわる怪奇現象は、小野不由美ならではの謎解きの要素も加わって、上質なホラーエンターテイメントに仕上がっているのである。 旧版との違いは? 今回も雑な比較で恐縮だが、X文庫ティーンズハート版のページ数は250頁。 そして新装版はなんと401頁である。 細かいツッコミとして、旧版冒頭の「ちょうど全国の公立学校が夏休みに入った日」とある部分が、新版では「ちょうどあたしの通う学校が夏休みに入った日」に改められていた。 全国の公立学校が同日一斉に夏休みに入ることはない筈なので、ここは無難な変更かな。 最大の違いは、新版ならでの 新キャラクター曾根さんが登場することだろう。 曾根さんは地元の古老格のキャラクターである。 旧版ではSPRの面々が手分けして調べてきた屋敷にまつわる因縁話を、新版では彼の口から聞くことになる。 本作は、古くから続く陰惨な出来事を背景としているだけに、伝聞情報でなく、実際の登場人物から真相を知るという形にしたことで「それっぽさ」が増すことになった。 また、いかにも怪しそうな登場の仕方をするので、こいつが真犯人なのか!?的なミスリードを狙う意味もあったのではないだろうか。 また、終盤の、ナルと真砂子の関係を麻衣が疑うシーンで、旧版ではナル自身が「誤解である」と弁解しているところを、新版では夢の中の優しいナル(二巻の時点ではそう呼んでおく)が弁解をしている。 これは、後々の展開に備えたつじつま合わせだろうか? コミック版もあるよ タイトル名『ゴーストハント』にて、いなだ詩穂によるコミカライズ版が講談社より刊行されている。 『悪霊がホントにいっぱい!』のエピソードは2巻に収録されている。 また、コミック版オリジナルのミニエピソード「公園の怪談!? 」も収録されている。 コミカライズ版は当然、ティーンズハート版をベースにした内容となっているが、尺を縮めるためなのだろうか、お手伝いの叔母さんが出てこなかったり、ジョンと真砂子の登場が同時だったり、ホテルに移った礼美たちが襲撃されるシーンが割愛されていたりと、細かな違いが存在する。

次の

金田一耕助シリーズ・岡山編

悪霊シリーズ

アニメ・漫画「ゴーストハント」シリーズの原作である 小野不由美先生の「悪霊シリーズ」は現在絶版状態です。 (ネットで高値で取引されていたりします) この作品、かなりの人が復刊・再版を求めています。 復刊・再版を求めるネット上の同盟などもあるようです。 普通に考えれば、人気作品は復刊・再版をすれば当然売れるのではないかと門外の私は考えます。 小野先生の「十二国記」はホワイトハートで最初、発行されましたが現在は普通の文庫版で存在します。 こういう形での再版というのもあっておかしくないと私は思います。 それでは何故、「悪霊シリーズ」は復刊・再版されないのでしょうか? ファンとしてとても気になってます。 小野先生が嫌がっていらっしゃるのでしょうか? (だったら仕方ないですが…) ウェブサイトなどで署名を集めて講談社に働きかけたりしている人はいるのでしょうか?(同盟を作ってるだけというのではなく) 小説の復刊・再版のシステムというのが良く分からないので、疑問です。 よろしくお願いします。 (これが小野不由美さんの了解を得たものなのかは判別できません) 復刊されるのが「悪霊シリーズ」なのかはあいまいでしたが、 講談社側としては、「悪霊シリーズ」を復刊させたい意思があるのではないかと 私は思います。 また、不確実な情報として、最近、十二国記の英語版出版記念として、 海外のアニメサイトで小野不由美さんのインタビューが掲載されました。 (これが本当に小野不由美さんにインタビューしたものなのかは、私にはわかりません) これを信用するのであれば、「悪霊シリーズ」を手直ししている、と解釈できる文が 載っていました。 (「小野不由美 インタビュー 英語」で検索すると出てくると思います) ネット上の情報については、信用する、しないは受け取る側の問題ですが、 出るといいなあとは思います。 私も復刊してほしいと思っています(文庫本は数年前に古書店で全巻セットで五千円ほどで入手して持っています)。 確かそのあとがきに書いてあったと思うのですが、「ファンからの熱烈な感想を数多くもらい、それに影響されて自分が書きたい作品とは少し違うものになってきた」こと、「初期の作品なので文章など現行の作品のファンの方に見せたくない」という主旨があったように覚えています。 文庫本の蔵書が一万冊を超えてしまい、倉庫に預けているため、手元に無いので確認できないのですが、間違っていたら申し訳ありません。 芸術関係ですと、初期の作品を作者が買い戻したりすることは少なくないそうです。 著者によっては、初期作品を封印したいと思うことはあるのかもしれませんね。 こちらの復刊ドットコムというところで、再販投票を受け付けています。 以下は小野氏関係の一覧ページです。 投票には会員登録(無料)が必要です。 これだけ投票があるのに復刊しないということは、交渉は難航しているのではないでしょうか。 投票数の少ない「ゲームマシンは~」は復刊されていますし。 悪霊シリーズでは心ないファンレターをもらったり、恋愛重視傾向の期待をかけられすぎて、小野氏が続きを書く気になれないというのをなにかで聞いた覚えがあります。 もしかしたらそういった部分で再販を渋っているのかもしれませんね。 でも決裂(再販見込みなし)にはなっていないので、気長に待てばいつかは再販するかもしれませんよ。 参考URL:.

次の