休校 いつまで 予想。 コロナウイルスによる休校期間はいつまで続くと予想されますか?

現役教師が「一斉休校の影響は来年度まで続く」と嘆くワケ 「最後の1日」に学校で起きたこと

休校 いつまで 予想

新型コロナウイルスの感染拡大で「休校期間」は延びており、先行きも不透明だ。 授業がないままで本当にいいのか。 Shutterstock 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍首相が緊急事態宣言を出した7都道府県では、が、3月2日以来の休校を延長するなど「新学期が始まらない」4月を迎えている。 文部科学省のホームページには、休校期間中のICT教育のだけが並ぶが、公立校の多くは「オンライン授業の環境がなく、ただ休校」となっているのが現実だ。 新型コロナウイルスのパンデミックは、日本のICT教育の著しい遅れと、危機的な状況に、子どもの教育が放置される現実を浮き彫りにしている。 「家庭で丸つけしてください」 教科書一式と前学期の復習プリントを親がバラバラに取りに行くことから始まった新学期。 家庭任せな学習状況は春休み前から続いたままだ。 撮影:滝川麻衣子 「新学年も放置で始まるのかー」 東京都杉並区の公立小学校3年生の児童の母親(40代)は、4月7日の登校日前夜に届いた「明日の登校日中止」のお知らせメールを見てため息をついた。 政府要請による3月の一斉休校に続く4月の休校延長は、4月2日の時点で連絡が来た。 その時点のスケジュールでは「4月6日に始業、週1回は学習状況の確認のため短時間の登校日」のはずだった。 しかし、緊急事態宣言の発令が確実になったことから、事態は一転。 結局、6日の始業式はかろうじて登校したものの、緊急事態宣言の明ける5月6日まで全ての登校日が中止となった。 未曾有の危機とはいえ、3月の一斉休校では「教科書の残りをご家庭で読んでおいてください」と担任教師に言われただけで、学校からは課題も宿題も一切、出なかった。 3月はAmazonで学習用ワークを慌てて購入したが、新カリキュラムになる新年度は、教科書にしてもワークにしても前年の「3年生」とは違うものになる。 登校日も結局なくなり、4月は一体どうなるのか——。 「予測はしていましたが、新学期も家庭任せは同じでした」(前出の母親) 結局、登校日で配布されるはずだった教科書を、「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」を心がけながらバラバラに親が学校まで取りにいくことに。 教科書一式と、前学年の復習プリントを、新担任から「丸つけをして(緊急事態宣言の期限明けである)5月7日に提出してください」とだけ言われ、手渡された。 実質、新学期は始まらない。 「宿題プリントこれだけなんだ……」 「オンライン授業やってほしいけど、今からICT教育やろうなんて無理だよね」 ママ友間のLINEグループでも、諦めモードが漂っている。 GettyImages 「もう学校は頼りにならないので、新学期から使うオンラインの教育サービスを調べています。 先生は何をしているんだろうと素朴に疑問です」 練馬区の小学4年生の母親(40代)は気持ちを「切り替えた」という。 2017年9月から全児童に1人1台タブレットが配布(通信費も区が負担)されている渋谷区の保護者(30代)も、 「タブレットに宿題プリントが送られては来ますが、それを家でやるのみ。 授業が行われているわけではない」 緊急事態宣言下で、基本は「各自で自宅学習」。 家庭で子どもの勉強を見るには、家庭ごとに状況も異なり、限界がある。 教材の購入やオンライン学習環境の整備も「各家庭の努力次第」となる以上、教育格差は開く一方だ。 すでにテクノロジーを用いた授業指針が進んでいる海外諸国では、今回の感染による外出自粛を受けてもオンラインでの授業が十分に行えている。 (写真はスペイン) REUTERS アメリカ、中国、イタリア、韓国など感染拡大した各国では、政府が早急に全面的なオンライン授業に切り替えた。 「休校」が意味するのは登校がなくなるだけで、授業は継続している。 せいぜいプリントを配って「ただの休校」とする日本の多くの公立校とは、かなりのギャップがある。 果たして緊急事態宣言の期限である5月6日に、新型コロナウイルスが抑えられ、学校再開ができるのかは未知数だ。 「賭け」のような状況で、ただの「休校」を続けていていいのか。 「教育を止めないで」激減する社会とのつながり 休校中、家に引きこもり不健康な生活を送ってしまいがちな子どもたち。 遊んだり、友達と交流する場でさえも奪われてしまうのだろうか。 Getty Images そんな「放置」状態の休校中も、小学校低学年を中心に、子どもたちの受け皿として機能してきたのが放課後や夏休みなどに子どもたちを受け入れる、学童保育。 家にいれば「子どもがYouTube漬けになる」「仕事中みてくれる人がいない」という親にとっても、手持ち無沙汰の子どもにとっても、頼みの綱だった。 3月以来の休校期間には特に、 「子どもにとっての社会との接点」や「知的好奇心を刺激する場」といった、学校の代替機能も一手に担ってきた面がある。 そんな数少ない子どもたちの居場所だった学童も、4月7日の緊急事態宣言下の都府県では閉鎖および、医療従事者や物流など特定業種の家庭の利用に制限する自治体が相次ぎ、 子どもたちの教育の機会や社会とのつながりは、かつてないレベルで激減している。 首都圏で複数拠点の学童保育を運営する「」も、宣言後は預かる子どもたちの数が半減。 同NPO事務局長の島村友紀さんは言う。 「この先、どれだけ休校が続くか分からない中で、地域によってはさらに子どもたちに閉塞感が生まれると思います。 とにかく、つながりを持ち続けることが大事です。 私たちはオンラインで学童の先生と子どもたちをつなぐ試行も始めています。 1日にわずかな時間でも、好きな先生とつながる時間があれば、それだけでも子どもたちは嬉しい。 学校の先生とも連携できれば」 家庭内に閉じこもる子どもたちのリスク 杉並区内で民間学童保育「みんなのがっこう」を運営する高橋和の助さんも、休校期間中について「学校から要請があれば、子どもたちの休校中の過ごし方について協力したい」と話す。 「こんな状況に学校も戸惑うのは分かります。 ただ、休校期間に何をしていいのか分からないのなら、学童に様子を見にきたり知見を交換したり、できると思います。 地域のリソースをもっと使って欲しいと、歯がゆい思いをしました。 同じ子どもをみているわけですから、連携した方がいいに決まっています」(高橋さん) さらに高橋さんは、教育にとどまらない点を強調する。 「 今後は家庭内でしか子どもの状態が分からなくなってしまうリスクもあります。 教育を止めない意味でも、子どもを守る意味でも、学校、民間、保護者が連携できるネットワークがこんな時こそ必要では」 休校で子どもが家庭のみに閉じこもることで、虐待や放置まで見えなくなる。 教育格差のみならず、「社会による子育ての機会」も失われる損失は、計り知れない。 この現実に文科省の回答は…… 文部科学大臣の萩生田光一氏。 今回の感染で、ICT教育の著しい遅れが浮き彫りになってしまった日本……これからの対応は? REUTERES 新型コロナウイルスの到来で、ICT教育の遅れや、学校と学童、地域や保護者とのネットワークの脆弱さが浮き彫りになった日本社会。 オンラインで学校とのコミュニケーションが継続されることは一つの解になり得るはずだが、 教育用コンピューターの普及率が児童生徒5. 6人で1台、教室の無線LAN整備率34%というのが日本の現実(2018年総務省調べ)だ。 即座のオンライン授業の実施のハードルはあまりに高い。 日本の児童生徒が「放置」される現実を文部科学省はどう見ているのだろうか。 文科省情報教育課の担当者は言う。 「ICT教育の遅れはもちろん認識しています。 ただ、日本の公教育で、まずはWifiなど環境の整っている家庭からオンライン教育をどんどん始める——といったことはできない。 まずは環境整備からと、インターネット環境のない家庭に(通信用の)モバイルルーターを配る予定です」 今変わらなければ、この先も変わらない 「1人1台端末」支給の前倒し措置を発表した文科省。 休校中に全国の家庭でオンライン授業ができる環境を整えられるのか、疑問を持つ親たちも多い。 撮影:伊藤有 文科省は新型コロナウイルスを受けたを4月7日に発表。 「1人1台端末」実現の前倒しや、家庭でつながる通信環境整備費用として、2020年度補正予算に2290億円を計上した。 ただ、それには全国の何家庭分のモバイルルーターが必要なのかという調査から始める必要があり、さらには休校期間中にその調達が可能かどうかも未知数だ。 「アメリカなど諸外国と比べて遅れは当然、認識している。 の紹介などはしているつもりだが……。 なかなか『文科省』で検索はしないですよね」(文科省担当者) 手をこまねいているのが現状だ。 都内の小学1年生の子どもをもつ、母親は言う。 「タブレットの全員配布がなくても、学校のホームページに動画をアップする、メルマガを配信するなど、 今からでもできることはあるのでは」 これで変わらなければ、この先も変われない。 学校とは教科書を持って教室に集まり一斉に授業するもの……というこれまでの「当たり前」を脱却する、最後のチャンスが来ている。 (文・滝川麻衣子).

次の

休校延長はいつまで?東京都のGW明け再開は不可能?緊急事態宣言も延長?

休校 いつまで 予想

もうコロナというワードを口にするだけで気が滅入ってしまいますが、学校が休校している今、本当にしんどい日々が続いています。 3月に休校した当初は非日常にウキウキしていた子どもたちも、いい加減えも言われぬ不安を感じ取っていることでしょう。 ウチの塾はといえば、小学生は超分散授業で人口密度を減らしに減らして学習を進めていますし、中高生はオンライン指導でむしろ普段の塾よりハードに勉強する毎日が続いています。 でも、僕が改めて言うまでもなく、5月から晴れて新学期スタート!なんて展開を想像している人は少ないんじゃないですか?ちなみに僕は全く思っていません。 いや、わかりませんけどね。 緊急事態宣言による自粛が功を奏して劇的に感染者が減少していく可能性だってゼロではありませんし。 ただ、今よりはるかに穏やかだった3月ですら休校していたのですから、5月からおとなしくスタートが切れるとは思えませんよね。 仮に5月にスタートしたとしましょう。 その休校明けに何が起こり、何を備えれば良いか、いっしょに考えてみましょう。 影響が最も大きい中学生について、掘り下げてみます。 消える長期休みや行事 まず、すでに1ヶ月分の授業が消えています。 仮に5月から再開したとしても。 授業を確保しようと考えると、当然夏休みが1ヶ月削られることになるのは誰でも想像が付きます。 いわゆるお盆休みに1週間ほど休んで、あとはカレンダー通りになる、そんなところでしょう。 今まで夏休みとカブって全スルーの憂き目にあっていた「山の日」がその存在感を遺憾なく発揮することになるかもしれませんね。 また、行事も減るでしょう。 運動会は感染予防の見地からも絶望的でしょうし、飛沫の嵐が吹き荒れる合唱コンクールも不可能でしょう。 このような準備に時間がかかる行事を減らすことで、年間の時数がかなり確保出来ます。 夏休みが消えて困ること 夏休みが勉強面で果たしていることを考えると、影響が大きすぎてめまいがしそうです。 まず、夏休みが無いということは夏休みの宿題もありません。 嬉しい人が9割くらいだと思いますし、なんなら当時の僕だったら嬉しいグループですね、間違いなく。 でも、 「課題で稼ぐ子」は困ります。 テストはそこそこでも、課題にしっかりと手間暇をかけて成績を稼ぐタイプの子たちにとっては、主戦場が無くなってしまうのでつらいでしょう。 その分テストを頑張らないといけませんね。 また、夏休みは格好の復習チャンスでもあります。 前半戦でつまずいてしまった子でも、夏休みに必死こいて挽回することが充分に可能です。 神奈川の受検生ならば、中1や中2の理科・社会の基礎を徹底的に反復・定着できるのも夏休みです。 その夏休みが無くなってしまうとしたら、いったい いつ復習すればいいのでしょう。 どう考えても、今やるしかないじゃないですか。 そして、受検生なら秋には教科書内容を全て終わらせておかないといけません。 そのため、ほとんどの塾で夏休みは教科書内容をどんどん予習していきます。 ウチの塾も例外ではありません。 でも、今年は夏休みが無さそうです。 予習ペースのブーストがかかる時期がすっぽり無くなってしまったら、 いつ予習を進めれば良いのでしょう。 どう考えても、今やるしかないじゃないですか(本日2回目)。 ハイペースの授業 長期休みや行事を削って授業時間を1ヶ月分確保したとしましょう。 それで万事OKかというと、1つ忘れてはいけないことがあります。 新中1の子たちはいいんですよ。 でも、2年生や3年生は3月も1ヶ月間休んでいますよね。 学年が変わるとリセット、なんてことは中学校ではありえません。 定期テストが2月中旬にある小田原市の中学校だと、3月は普通に授業がたっぷりあったはずです。 そして、教科書が全部終わっている学校なんてほぼほぼありません。 つまりこういうことです。 普段でさえ教科書の内容を終わらせるのがギリギリなのに、 前の学年の1ヶ月分を加えた大量のカリキュラムをいつもより短い期間で終わらせなければいけない。 どう考えても無理です。 当然ハイペースで授業をやる必要があるでしょう。 数学なら、基本的な解き方を説明したら演習をカットして次の分野に進む。 塾でやってることを想定してサラッと解説して進む。 こんな対応が考えられます。 普段からそんな先生もいますけど。 理科なら、実験を先生が見せてレポート出させて終わりにする、そんな可能性もあります。 先ほど書いたとおり自由研究がカットになるなら、レポートの重要性たるや…… 塾に通っていれば充分予習が出来ているので問題ありませんが、 塾に行っていない人は例年以上につらいかもしれません。 テスト回数の減少 小田原市の中学校は二期制です。 通常だと第1回テストが6月にあり、範囲は約2ヶ月分くらい。 ところが、5月スタートをした場合、いつもと比べて極端に範囲が短くなります。 数学や英語なら前の学年の復習をタップリと出題することができますが、理科や社会の場合、通常復習内容は出題されません。 その場合、7月にテストがスライドされるかもしれません。 すると次のテストが9月ですので、また範囲が短くなります。 ただ、夏休みが短縮される可能性が極めて高いので、8月もめいっぱい授業になれば9月のテストはちょうど良いタイミングでしょう。 中3生にとって最も重要な11月の第3回テストは予定通りできるかもしれません。 問題は、5月にスタート出来なかった場合です。 あまりに短期間でテストが小刻みに行われることになってしまうため、テストの回数が減る可能性もあります。 テストの回数が減るのは、その分チャンスも減ると言うこと。 現実に高校生は学年末テストが無くなってしまい、今回飛躍的な成績アップを目指していた生徒が大打撃を受けました。 テストの回数はある程度多い方が修正も効きますし、1回のウエイトが減るので取り組みやすくなるんです。 1回1回の重みが増すことになると、プレッシャーも濃くなってきます。 メンタル面でも不安が残りそうです。 入試の日程変更の可能性 最終的に高校入試にしわ寄せが来ることになるでしょう。 どう考えても中3の教科書内容が2月中旬までに終わるとは思えません。 例年でも1月いっぱいまでかかって教科書を終える中学校が多いですからね。 そうなると、2つのシナリオが考えられます。 1つは入試の日程を半月程度遅らせる、つまり3月頭にする方法。 もう1つは日程はそのままで範囲を削る方法です。 範囲を削るのは難しいでしょうね。 まるっきり教科書の順番を無視して教える先生もいるので、ヘタに範囲を削ると、入試に出題されない分野は終わっているのに、入試に必須な分野が終わっていない、という中学校が出てきてしまいます。 元々神奈川県は全国的にも入試の日程が早く、例年バレンタイン前後には入試が行われ、2月最終日には合否が確定します。 他県を見回すと3月に入試があるところも珍しくありません。 なら、日程が変更になる可能性の方が高そうです。 あくまで予想ですが。 ただ、これは塾業界特有の問題が生じる可能性があります。 3月から新学年の授業がスタートする塾だと、入試がまだ終わっていないのに新学年の授業が始まるというなんともせわしない状況になってしまいます。 ウチの塾は春期講習スタートなので無関係です。 ちなみに、 日程も範囲もそのままという可能性は否定出来ません。 まとめ 学校がいつから再開するか、誰も知りませんしわかりません。 だから、こういったシナリオを想定しても、全く違う事態になる可能性があります。 でも、我々はたとえムダだと分かっていても、常に先の事態を想定して、先手を打っていかなければいけません。 もちろん生徒たちのために。 そして、自分の子どものことを全力で考えてあげられるのは、他でもない保護者の方だけです。 今は休校中だし動くのは学校が始まってからと考える方もいるでしょうし、今の状況に危機感を持って早々と動かれる方もいるでしょう。 そんな判断の助けになればと考えて、頭の中をちょっとだけ文章化してみました。 もちろん僕らは先に向かって動きます。 毎日オンライン自習室にこもって勉強をしている生徒たちが、どんな状況になっても結果を出せるように。

次の

休校延長はいつまで?東京都のGW明け再開は不可能?緊急事態宣言も延長?

休校 いつまで 予想

Contents• コロナはいつまで続く?日本の5月を予測。 4月7日に緊急事態宣言が出たものの、「要請」であり、「強制」ではありません。 営業自粛はひろがってきていますが、感染の可能性があってもなかなか検査してもらえない現状続がいています。 世界的に見ても極端に少ない検査数でありながら、感染が拡大している状況です。 今後、検査数が増えれば、陽性反応(=感染者数)も、増加すると考えられます。 よって、 5月は、さらに感染者数は増加し、緊急事態宣言の都道府県が増えることが予想されます。 5月6日以降の延長については、5月頭頃までには判断するとの事です。 現状、感染は拡大する一方ですので、5月末頃までの延長は確実かと考えています。 感染者数の増加により、物流に影響が出始めています。 備蓄はしておいた方が安心かと思います。 コロナはいつまで続く?日本の6月を予測。 過去の感染症のパンデミック事例を見ると、最短で感染期間が約6カ月でした。 ただ、ロックダウンや外出制限の緩和で、パンデミックの第2波が始まる可能性もあります。 早くに解除をした中国では、5月半ばから再度ロックダウンが行われています。 ロックダウンを緩和した国は、要注意です。 日本の場合、6月から学校や経済活動が再開するところが多く、注意が必要です。 再度、緊急事態宣言が発令される可能性も踏まえて、備蓄などの確認をしたり、窓口での手続きが必要な用事を済ませておいたりしましょう。 ロックダウンへの備蓄を確認 厚生労働省が整備している 「 新型コロナウィルス感染症による小学校休業等対応助成 金」では、適用期間が、今のところ6月30日までとなっています。 6月末までは休校・休園の可能性があるとして、対応できる体制を当初から取っていたと考えられます。 「新型コロナウィルス感染症による小学校休業等対応助成 金」についてもっとチェック。 学校再開とはいえ、まだまだ短時間であるため、家庭学習はひつようですね。 家庭学習についての備えも必要ですね。 4月28日に、東京都文京区は、6月末までの保育園休園の延長を決定しました。 他の自治体でも、6月末まで休園するところはあると考えられます。 コロナはいつまで続く?日本の7月を予測。 そろそろ落ちついて欲しいですよね。 この頃には一旦落ち着くのではないかと考えています。 感染者数が落ち着いてきたとしても、まだしばらくは 行楽施設や密室・密接・密集の「3密」につながるような場所は、ソーシャルディスタンスへの配慮が求められることが予想されます。 夏休みを楽しむ!旅行や、プール!お出かけ!というのは、難しいのではないかと思います。 墨田川花火大会 7月末 や 、長岡花火大会 8月上旬 、高知のよさこい祭り 8月中旬 も、既に 中止が決定しています。 準備ができないという事もあるかと思いますが、7月まででなく、8月までの終息も難しいと考えている方が多い、という事でしょう。 収束と終息の違いは?.

次の