ドラクエ ウォーク 武器 最強。 【ドラクエウォーク】聖女装備ガチャは引くべきか|当たりと性能まとめ【DQW】

【ドラクエウォーク】最強装備セット|武器別のおすすめこころと防具は?|ゲームエイト

ドラクエ ウォーク 武器 最強

高難度クエストやボス戦で使用する時は「キングスライム」を「」に変更すると安定感が増します。 火力に寄せるときは「ギガデーモン」や「セルゲイナス」を、デイン属性強化を持つ「」や「」と入れ替えると良いでしょう。 「デイン属性ダメージ」強化を持つこころは赤色に多く、こころの枠に赤色が無い魔法戦士と相性が悪いからです。 火力をより重視する場合は「バトルマスター」、耐久力やサポート性能を重視する場合は「魔法戦士」と使い分けましょう。 現状、 防具のよろい下はバギ属性ダメージアップを持つものがないので、守備ステータスが最も高い「光のよろい下」を基本にして、敵に応じた耐性を持つ防具に変えると良いでしょう。 「くものきょじん」の枠はMP回復効果のある「」やHPが高い「」もおすすめです。 ボス戦や高難易度クエストなどで使用する時は「キングスライム」と「ずしおうまる」の枠を「」と「」に変更し、HPを高めましょう。 高難度クエストやボス戦で使用する時は「キングスライム」を「」に変更すると安定感が増します。 7章の周回では「マッドフィンガー」に先制できるように素早さを450程度まで高める必要があります。 地域限定の「アルケミストン」の枠は「」で代用すると良いでしょう。 「」の守備力アップ効果とHPの高いこころを活かして敵の攻撃を耐えつつ、敵の数を1体ずつ堅実に減らせます。 盾は「」を使用可能な「メタスラの盾」の汎用性が高いですが、状態異常を使わないボスと戦うときは「」や「」で火力をあげると良いでしょう。 頭は「冥獣のはちがね」よろい上は「闇騎士のよろい上」を装備すると「ドルマ属性ダメージ」アップの効果が最も大きくなります。 周回で使用する時は「」と同様の編成がおすすめです。 火力をさらにアップさせたい場合は「究極エビルプリースト」を「」に変更しましょう。 MPの回復性能と素早さをさらに上げたい時は「ブリザードマン」を「」や「」に変更すると良いでしょう。 メラ特化の防具は攻撃魔力が高い「ラーミアシリーズ」が強力ですが、ヒャド特化は「書聖シリーズ」がおすすめとなります。 アクセサリーは基本的にHPアップで良いですが、敵から先制されてしまうときは「」と「」を装備して素早さを上げましょう。 そのため、「スキルHP回復効果」に加えて、回復魔力が高いこころを装備するのがおすすめです。 周回やボス戦で敵に先制できる素早さが欲しい時は虹枠に「」をセットし、「きりさきピエロ」を「究極エビルプリースト」に変更しましょう。 防具はメラ属性ダメージと攻撃魔力を上げられる「デスピサロシリーズ」が最適です。 ボス戦では「キングスライム」を「究極エビルプリースト」に変更するとHPが上がり、戦闘が安定しやすくなります。

次の

【ドラクエウォーク】イオ属性スキルと強化するこころ一覧|ゲームエイト

ドラクエ ウォーク 武器 最強

バトルマスターの最強装備セット デイン系装備 バトマス - 戦士同様、デイン属性とくぎの威力を高めた装備セット。 場面により3種の武器の使い分けが可能です。 戦士と違い赤のこころが装備可能のため、デイン属性特技と相性の良い「」「」の二つを採用しています。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 武器入れ替え候補 常闇装備 バトマス - 全体攻撃に加え単体攻撃も優秀な「」を採用した装備セット。 ドルマ属性特技と相性の良い「」を採用しています。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 賢者の最強装備セット 火力装備(イオ属性) 賢者 - メインストーリー7章の追加にて、敵のヒャド属性耐性持ちが増えました。 マヒャドが通りにくく、イオ属性が通りやすいため「」を筆頭とした上記セットがおすすめ。 火力装備(メラ属性) 賢者 - 魔法使いと賢者の上級職である「 賢者」は、自身の攻撃呪文の威力をかなり上げる「 魔力かくせい」を習得できるようになり、これまで対ボス戦で サポートに回りがちだった魔法職が攻撃役としても活躍できるようになりました。 武器には単体攻撃として優秀な「 メラゾーマ」を習得できる「」を採用。 マヒャドを使用するためアクセサリを「 ほむらのいんろう」から「」、こころは「 ゾーマ」以外を以下の3種に変更しましょう。 バトルマスターは「 すてみ」を習得できますが、被ダメージが2倍になってしまうのがデメリット。 その他、ザオラルを使用できる「」や回復量が多めの「」など。 武器入れ替え候補 レンジャーの最強装備セット 冥獣装備 レンジャー - 単体300%、猛毒時には420%の超高倍率スキル「 デーモンハント」を主力に戦うタイマン特化の装備セット。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 入れ替え候補 カンダタ装備 レンジャー - 盗賊同様、ジバリア属性全体攻撃である「 こぶん乱舞」の強化を中心とした装備セット。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 なのでメラ属性特技ダメージに加え攻撃魔力も上がるデスピサロ装備一式を採用。 アクセサリ、こころも同様にメラ属性特技と相性の良いものを中心に採用しています。 メインストーリー7章にて「」が登場し、相性が良いため採用。 パラディンの最強装備セット 聖盾騎士装備 パラディン - 「」の全体攻撃であるイオ属性とくぎの威力を高めたセット。 こころは現状だとイオ属性とくぎダメージを上げるこころが少ないことやパラディンの特性を考慮し、耐久力を重視した組み合わせを採用しています。 単体攻撃メインで戦う場合は防具はカンダタシリーズ、アクセサリはにげにげリングに変更しましょう。 こころに関しては現状ではジバリア属性とくぎと斬撃ダメージがアップする相性の良いこころが無いため、変更しなくてOK。 入れ替え候補 聖女装備 パラディン - 耐久力と回復力を両立した装備セット。 得意武器である「」を装備し、タンク兼回復役としての立ち回りを想定しています。 戦士の最強装備セット デイン系装備 戦士 - デイン属性とくぎの威力を高めた装備セット。 高火力全体攻撃である「 ギガスラッシュ」の威力をさらに高めることができ、レベル上げなどの周回で活躍可能。 こころは斬撃ダメージを大きく上げる定番の3種をセットし、さらに火力を高めましょう。 メガモンなどのタイマン戦では同じくデイン系特技を持つ「」や「」に変更しましょう。 天空装備やほのおのルビー、こころ虹枠には「」をセットすることでメラ属性とくぎのダメージを上げています。 僧侶の最強装備セット 僧侶 - 僧侶は回復役として連れていくことがほとんどのため、サポートに特化させた装備セットを採用。 防具、アクセサリ、こころでは回復魔力やスキルHP回復効果が上昇する組み合わせを起用し、さらに回復量を上昇。 高難度では敵が高火力の全体攻撃を連発してくるため、 回復量の高い全体回復スキル持ちが頼りになります。 武器は場面によって変更しましょう。 入れ替え候補は以下4種で、どれも全体回復スキルを習得可能。 「」はさとりのつえと同様の回復スキルを持ちサポートスキルが豊富。 「」は「 バイシオン」で味方をサポートすることができます。 「」は貴重な「 ザオラル」で味方を生き返らせることができ、「」はHP回復量が多めの回復スキルを所持。 おすすめ武器 武闘家の最強装備セット 闇騎士装備 武闘家 - 高火力全体攻撃である「 月影の大鎌」をさらに強化。 悪魔系以外でも270%と高倍率の「 退魔突き」も習得できるため、対ボス戦でも活躍可能な装備セットです。 メタルドラゴンの枠はドルマ属性とくぎダメージが上がる「」もおすすめ。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 らいじんのやり装備 戦士 - 赤のこころはデイン系特技と相性の良いこころが多く、武闘家の得意武器である「」を無理なく強化することが出来ます。 装備はお馴染みのロト装備一式で「 雷光さみだれ突き」の威力を大きくアップ。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 魔法使いの最強装備セット 魔法使い - 周回性能トップクラスである「」のメイン呪文「 マヒャド」の火力を強化する装備セット。 攻撃魔力とヒャド属性じゅもんダメージを上げる「 書聖装備」や「」のこころを採用しています。 ヒイラギどうじの他、「」「」でもOK。 さらに魔法使いは元々MPが多いため、ツボや道具に頼らず他職業よりも長時間の周回が可能になります。 盗賊の最強装備セット 冥獣装備 盗賊 - 単体300%、猛毒時には420%の超高倍率スキル「 デーモンハント」を主力に戦うタイマン特化の装備セット。 カンダタ装備 盗賊 - レンジャー同様、ジバリア属性全体攻撃である「 こぶん乱舞」の強化を中心とした装備セット。 ジバリア属性ダメージが上がる防具は少なく、新登場のカンダタ装備シリーズを装備しています。 最強装備セットの基準、注意点について スキルによる火力、周回性能を重視 基本的には各職業の最強武器で習得できる スキルの火力を最大限に上昇させられる装備を組み合わせを最強装備セットとしています。 タイマン用の火力だけでなく魔法使いのように 周回性能の高い装備セットも評価しています。 こころはSランク前提 こころは最大性能である Sランクを前提に装備セットを作成しています。 SランクとAランクではステータスが大きく異なるこころもありますのでご注意ください。 アクセサリは入手数が限られている 強力なアクセサリは 一点もので複数入手が不可能なものが多いため、実際にパーティ編成を行う場合は代用する必要があります。 僧侶は回復、サポート面を重視 僧侶は回復量の高い全体回復が欲しい場面で採用することが多いため、 他職業と違いサポート役として活躍できる装備セットを最強として掲載しています。 今後実装される武器等によって基準は変更する可能性があります。

次の

【ドラクエウォーク】最強装備セット(職業別)【6/13時点】

ドラクエ ウォーク 武器 最強

「」の回復量では足りない敵が多くなってきたので、回復特化武器を持っていない人は引いたほうが良いでしょう。 ガチャの中では聖女のこんが当たり 聖女装備ガチャの中では、「聖女のこん」が当たりとなります。 混乱を治せる全体回復の「聖女の恵み」や敵全体の守備力を下げる「ルカナン」などサポート特化の武器です。 見た目にこだわりたい人にもおすすめ 聖女装備は見た目装備に拘りたい人にもおすすめの装備と言えます。 先日開催された「ウォークでバエール」のようなイベントのために見た目装備目的で引くのも良いでしょう。 5点 聖女のこんはサポート武器として最高クラス 聖女のこんは「聖女の恵み」による全体回復や「マヌーサ」による敵へ妨害が出来るなどサポートに特化した武器です。 特に「聖女の恵み」の回復量は高く、装備やこころを整えれば 全体を200程回復できます。 ティアラところも下は長期戦で活躍する 「聖女のティアラ」と「聖女のころも下」が持つ「戦闘時のどうぐMP回復」強化は、超高難易度などの長期戦で活躍する可能性が高いです。 開催中の追憶の賢者のような「まほうのせいすい」を何回も使う必要があるクエストで活躍するでしょう。 聖女のころも上だけじゅもんHP回復強化を持つ 聖女シリーズの中で「聖女のころも上」だけ「じゅもんHP回復」強化を持ちます。 ただし、全体回復「聖女の恵み」はとくぎなので回復量が上がらない点に注意しましょう。 「聖女の恵み」に混乱を治す効果がある分優秀ですが、大きな差はないと言えます。 さとりのつえの方が回復役に特化している 「さとりのつえ」は「ザオラル」を習得する分、「聖者のこん」より回復役に特化しているといえます。 追憶の賢者のような超高難易度クエストでは「ザオラル」が重要になるので「さとりのつえ」のほうがおすすめです。 マヌーサやルカナンが有用な敵には聖者のこん 通常攻撃が強力で「マヌーサ」が活躍したり、複数体出現して「ルカナン」が活躍する敵には「聖者のこん」がおすすめです。 また、メガモンスター「ダークキング」戦のような全体混乱を多発する敵には「聖女の恵み」の全体混乱回復が活躍するでしょう。

次の