腹筋 背中 が 痛い。 背中が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

腹筋をすると、背中や腰が痛くなることはありませんか?

腹筋 背中 が 痛い

腹筋で背中が痛い原因1 背中が腹筋をして痛む原因に、背筋が弱い場合があります。 腹筋運動は、腹筋だけを使って行っているのではなく、 背筋の筋肉も必要になります。 腹筋に一番負荷がかかっていますが、 補助的に背筋も使って腹筋を行っています。 背筋が弱いと背筋に痛みが出るため、背筋を鍛える事で痛みが出なくなります。 腹筋で背中が痛い原因2 フォームが正しくないと、背中が痛くなる原因になります。 背中を丸め過ぎたり、描く軌道が正しくないと、背中を痛めやすくなります。 フォームが悪い場合は、もちろんフォームを正しく行う事で改善されます。 しかし、フォームを正しても直ぐには痛みはなくならない場合があります。 そのため、 1週間くらい安静にしてから正しいフォームで行っていきます。 スポンサーリンク 腹筋で背中が痛い原因3 背中が痛む原因の中に、 椎間板ヘルニアがあります。 椎間板ヘルニアは、腰以外に背中で痛みが出ることもあります。 腰痛がある人で、腹筋を行った時に背中が痛んだら病院にかかるようにしましょう。 また、腰痛がなくても背中だけが痛む場合もあります。 フォームが合っていたり、背筋が強かったりするなど他に背中が痛くなる場合もあります。 そんな時も、椎間板ヘルニアを疑って病院に受診をするのがおすすめです。 腹筋で背中が痛い原因4 腰や背中の筋肉が硬い事が原因もあり、背筋がオーバーストレッチになっているためです。 オーバーストレッチとは、 ストレッチのし過ぎの状態の事です。 腹筋の収縮が十分に感じられる角度で、背中を曲げるとオーバーストレッチする可能性があります。 腰や背中の筋肉が硬い時に腹筋を行うと、腰椎屈伸の可動域に制限が出来てしまいます。 このため、背中に痛みが出てしまうのです。 姿勢を伸ばして立って、お腹を出来るだけ凹ませるだけです。 お腹を凹ませたまま息を止めないで、呼吸をしながら30秒キープします。 その後、息を吐く時には更にお腹を凹ませます。 この時、肛門を締めるイメージで行い、お尻にも力を入れます。 ただお腹を凹ませるのではなく、気の集まる場所丹田を意識して行うと腹筋を鍛える効果が高まります。 場所はへそから5センチ下にあり、腹圧をかけると良いです。 腹筋で背中が痛いまとめ• 腹筋で背中が痛い4つの原因は、 「背筋が弱い」「フォームが正しくない」「椎間板ヘルニアの疑い」「ストレッチしすぎ」など!• 対処法は、 背筋を鍛えてから腹筋を行う事や正しいフォームでやる事、ストレッチなど! など分かりました。 腹筋で背中が痛くなったら、とにかく痛みが治まるまで休みましょう。 そして、無理のない範囲で背筋の筋トレやストレッチなど行ないましょう。 今後も健康に関する有力情報を配信していきます。 カテゴリー•

次の

レッグレイズの効果や注意点|背中が痛い時の対処法も

腹筋 背中 が 痛い

チェルキーくんに理由を解説してもらって、自分にあった対策をしよう 腹筋をすると背中が痛くなる…これは確かにありえることです。 ども!日々、筋トレに励む男、管理人チェルキーです。 腹筋は自宅でできる手軽な筋トレ!誰もが自宅でやった事がある筋トレでしょう。 私、チェルキーが一般的に言われる腹筋運動をする時は、イライラした時に自宅で行なっています。 ストレス発散としても実はおすすめなんです!お腹のトレーニングとしては、腹筋ローラーとスクワットで腹筋を鍛える事が多いですねー。 腹筋は手軽な筋トレですが、なかなかに辛い筋トレではあるので、 何か一つ嫌な事があるとそれを理由に辞めてしまって続かなかったりしますよね。 この 『腹筋すると背中が痛い』という理由もテンションが下がって腹筋を辞めたくなる理由の一つでしょう。 ただもしかしたらとても 簡単な事で解決できるかもしれませんよ?今回は、 腹筋をすることで背中が痛くなる理由をご紹介しましょう。 ぜひ参考にされてみてください。 Contents• 腹筋で背中が痛い理由 腹筋で背中が痛いのはなぜか?これは大きく分けて 三つあると考えられます。 このうちのどれかにきっとあなたが当てはまる理由があるはず!さて、それはどれでしょうか?• 体型に問題があるのか?• 腹筋の方法に問題があるのか?• 筋肉の練度に問題があるのか? 今の段階で思い当たるものがありますかね?これから一つ一つ詳しく解説していきますので、全部を読んだ上で判断してみてください。 まずは体型に問題があるのか?という部分から見ていきましょう。 体型が問題で背中が痛い 体型に問題がある…というのはどういうことかというと、• 腹筋すると背中の骨が床に当たって痛い• 腹筋することがオーバーストレッチになっている ということです。 腹筋すると背中の骨が床に当たって痛い 例えば、骨が床に当たって痛い例で一番聞くのは尾てい骨です。 尾てい骨っていうのは人によって骨の数が違うんですね。 その数が多い方っていうのは、腹筋をするだけで床に骨があたり激痛が走ります。 足のスネをカドにぶつけたら痛いのと同じですね。 それとあと、痩せすぎている場合ですね、痩せすぎている場合でも、骨が床に当たって痛いです。 背中もこれと同じで、• すごく痩せている• 背骨の出っ張りが他の人よりある• 周りの筋肉がすごく衰えている これらの理由から、 腹筋すると背中の骨が当たって痛いのかもしれません。 こういう場合は厚めのヨガマットを下に敷くのがいいですね。 それで痛くないのであれば、まさにそれが理由だったっていうことです。 座布団をひくのもいいでしょうが、それだと厚すぎて腰の負担がますのでおすすめしません。 腹筋することがオーバーストレッチになっている これはどういうことかっていうと、例えば、長座前屈をしていて、自分はそれ以上、前屈することはできないのに 無理やり前屈しようとすれば 『痛い』ですよね。 それと同じで、腹筋をすることによっても、それと同じ状態が起こっているということです。 もう少し解説すると、腹筋というのは腹直筋を縮めることですが、その逆側、背筋は伸びているんですね、つまり、『 背筋にストレッチがかかっています』 つまり、腹筋をすることによって、背筋にストレッチがかかり、そのストレッチが自分にとってはオーバーストレッチであり、背中に痛みを感じているのかもしれません。 対策としては、動的ストレッチを行った上で体を温めてから腹筋をするっていう方法が有効的でしょう。 自重トレにもアップは必要なんだね では次、体型の問題ではなさそうであれば、 腹筋の方法に問題があるかもしれませんね、解説していきます。 腹筋の方法が理由で背中が痛い 筋トレで体を痛める理由として、よくある理由として考えられるのは、 フォームが悪いことです。 腹筋の場合でいうと• 背中が丸まりすぎている• 描く軌道が違う• 腹筋ではない部分で力んでいる などの場合が考えられます。 フォームが悪いせいで、あなたが今、痛いと感じる背中のあたりに 負荷がかかっているのかもしれません。 背中を丸めすぎないように、描く軌道を正しく、腹筋のみを意識した正しいフォームにすれば痛みも発生しない可能性があります。 スポンサーリンク ただ、フォームを正せばすぐ 痛くなくなるのか…というとそうはいかないでしょう。 フォームが悪いやり方である程度やってしまったのであれば、 筋、腱をすでに痛めてしまっている場合があるんですね。 で、痛めているっていうことは、正しいフォームに直したからとはいえ、もう痛めてしまっている後なので、正しいフォームにしても痛いんですよ。 正しいフォームなら、 それ以上、痛めることはない…ということですから。 なので、 フォームが悪かったんだなと思う方は、まず1週間ぐらい安静にしてましょう。 炎症が起こっている部分が治まってから、正しいフォームで腹筋をやってみることです。 それで腹筋をしても背中が痛くならないのであれば、 腹筋する方法が悪かったということですよね。 まずは体を休めよう 次に、 筋肉の練度ということで、筋肉が強いのか弱いのか、鍛えられているのかということです。 筋肉の練度に問題があるのか? 腹筋トレーニングは、腹筋だけの筋力を使って行なっているわけではありませんよね。 意識して腹筋だけを使って行っているトレーニングではありますが、どうしても、他の筋肉も 補助的に使って腹筋を行なっています。 つまり、腹筋に一番負荷がかかっている腹筋トレーニングであるにもかかわらず、補助的筋肉には耐えられないだけの負荷がかかっているということです。 それだけ、その痛いと感じている筋力の部分が 弱いということ。 つまり、今の腹筋を行なっていれば、その筋肉は鍛えられて痛くなくなるわけですね。 (ただその代わり、腹筋は追い込めてはいませんが…汗) ただここまで解説すると、筋力が弱いのが問題なのか?体型、方法の問題なのか?わからない人もいるでしょう。 筋肉に効いている痛みなのか?そうではなく、体を痛めて痛いのか?ということですね。 その場合は、 他の方法で腹筋の筋トレを行なってみましょう。 例えば、腹筋ローラーです。 腹筋ローラー 腹筋ローラーは腹筋だけでなく全身の筋肉、特に上半身の筋肉を使います。 まずは膝をついて行ってみましょう。 この時、あなたが最初にやった腹筋と 同じ場所の背中が痛むと感じるなら、それは 筋力不足です。 痛くならないのであれば、 腹筋の方法か、 体型に問題があるようですね。 腹筋ローラー出なくても、スクワットや、背筋トレーニングを行なって確認することもできるでしょう。 それでもわからない…という方は、自分にあった腹筋を探すのもありでしょう。 自分にあった腹筋トレーニングを探してみる 腹筋すると背中が痛くてやっていて辛い、続けられない…という場合は、 違う腹筋トレーニングも試してみましょう。 腹筋トレーニングは 上体起こしだけではなく、様々な腹筋があります。 寝転がって背中を床につけないでも腹筋トレーニングは可能ですからね。 腹筋ローラー• デッドリフト• スクワット• ロングブレス• ドローイン• 椅子で足こぎ• 腿上げ パッと思いつくものをあげましたが、このように様々あります。 腹筋を鍛える1つの方法にこだわらなくてもいいはずですよね? あなたが腹筋を鍛える目的は? あなたが腹筋を鍛える目的は、• お腹を引き締めるため(ダイエット)• お腹を鍛えてかっこよくしたい(ワークアウト) が目的かと思います。 決して、背中が痛くなる腹筋を、痛くなくなるようにすることでもないですし、一つの腹筋方法で鍛えることでもないでしょう。 目的を達成するには、他の腹筋方法でもいいはずです。 つまり、 結果を出せる自分に合った腹筋を行うことがとても大切なんですね。 腹筋をすると背中が痛くなる理由3つとその対策をご紹介しました。 このどれなのかわからない…と悩んでしまう場合は、今の腹筋の方法にこだわる必要もないですよね。 大事なことは 目的を達成することです。 あなたはどうして腹筋を鍛えようと思ったのか?そこが大切です。 30代に突入し、メタボと診断され、トレーニングを開始。 健康志向に目覚める。 怠惰な体型をなんとかしたいと、トレ男に教えてもらいながら、精進している。 お酒、お菓子の誘惑と日々戦っている。 トレ男 健康志向が高く、パーソナルトレーニングを生業として、日々、多くの人々にトレーニングや健康指導をしている。 メタ坊のトレーニング方針の相談相手。 もはや多少お酒を飲んでも、お菓子を食べても太らないほど代謝がいい無敵男。 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ• 検索: 最近のコメント.

次の

背中が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

腹筋 背中 が 痛い

腹筋で背中が痛い原因1 背中が腹筋をして痛む原因に、背筋が弱い場合があります。 腹筋運動は、腹筋だけを使って行っているのではなく、 背筋の筋肉も必要になります。 腹筋に一番負荷がかかっていますが、 補助的に背筋も使って腹筋を行っています。 背筋が弱いと背筋に痛みが出るため、背筋を鍛える事で痛みが出なくなります。 腹筋で背中が痛い原因2 フォームが正しくないと、背中が痛くなる原因になります。 背中を丸め過ぎたり、描く軌道が正しくないと、背中を痛めやすくなります。 フォームが悪い場合は、もちろんフォームを正しく行う事で改善されます。 しかし、フォームを正しても直ぐには痛みはなくならない場合があります。 そのため、 1週間くらい安静にしてから正しいフォームで行っていきます。 スポンサーリンク 腹筋で背中が痛い原因3 背中が痛む原因の中に、 椎間板ヘルニアがあります。 椎間板ヘルニアは、腰以外に背中で痛みが出ることもあります。 腰痛がある人で、腹筋を行った時に背中が痛んだら病院にかかるようにしましょう。 また、腰痛がなくても背中だけが痛む場合もあります。 フォームが合っていたり、背筋が強かったりするなど他に背中が痛くなる場合もあります。 そんな時も、椎間板ヘルニアを疑って病院に受診をするのがおすすめです。 腹筋で背中が痛い原因4 腰や背中の筋肉が硬い事が原因もあり、背筋がオーバーストレッチになっているためです。 オーバーストレッチとは、 ストレッチのし過ぎの状態の事です。 腹筋の収縮が十分に感じられる角度で、背中を曲げるとオーバーストレッチする可能性があります。 腰や背中の筋肉が硬い時に腹筋を行うと、腰椎屈伸の可動域に制限が出来てしまいます。 このため、背中に痛みが出てしまうのです。 姿勢を伸ばして立って、お腹を出来るだけ凹ませるだけです。 お腹を凹ませたまま息を止めないで、呼吸をしながら30秒キープします。 その後、息を吐く時には更にお腹を凹ませます。 この時、肛門を締めるイメージで行い、お尻にも力を入れます。 ただお腹を凹ませるのではなく、気の集まる場所丹田を意識して行うと腹筋を鍛える効果が高まります。 場所はへそから5センチ下にあり、腹圧をかけると良いです。 腹筋で背中が痛いまとめ• 腹筋で背中が痛い4つの原因は、 「背筋が弱い」「フォームが正しくない」「椎間板ヘルニアの疑い」「ストレッチしすぎ」など!• 対処法は、 背筋を鍛えてから腹筋を行う事や正しいフォームでやる事、ストレッチなど! など分かりました。 腹筋で背中が痛くなったら、とにかく痛みが治まるまで休みましょう。 そして、無理のない範囲で背筋の筋トレやストレッチなど行ないましょう。 今後も健康に関する有力情報を配信していきます。 カテゴリー•

次の