暗い・・・あまりにも。 夜は何故暗い?

「暗い日曜日」についての真実を徹底調査!聞いても本当は死なない?

暗い・・・あまりにも

4K8K放送を宣伝するパンフ(右)とクリアファイル(A-PAB)(筆者撮影) 「なぜ、4Kテレビをたくさん売ってしまったのか……」 首都圏某所に店舗を構える中小電器店の店主は悔悟の日々を送っている。 昨年12月に高精細、高画質を標榜し鳴り物入りで始まった4K8K衛星放送。 この店では4K放送が始まる前までに1台30万円ほどの「4Kテレビ」をなじみの客を中心として、数十台売った。 「4K放送の映像は別世界」「東京五輪はきれいなテレビで見たほうがいいよ」。 昨秋、店主は顧客らに繰り返しこう勧めた。 4K8K放送は2K(フルハイビジョン)よりも鮮明な映像が売り。 テレビCMやパンフレットなどにうたわれていたフレーズを売り文句とした。 ところが、昨年の放送開始からほどなく、この店主は4Kテレビの販売をきっぱりやめてしまった。 理由は放送を見た客の反応があまりに「想定外」だったからだ。 いざ4K放送が始まると、テレビの購入者から「画面が暗い」「暗すぎて鮮明かどうかもわからない」との苦情が多数寄せられた。 店主はテレビを売った顧客の家を訪ね、リモコンを操作して「明るさ」の機能を最大にするよう調整した。 が、画面が明るくなるのはほんの気持ち程度。 テレビメーカーにも相談したが、「修理は不可能」と言われた。 4Kテレビについて苦情を寄せたお客の多くは、いまでは4K放送を見ずに、2K放送を見て毎日を過ごしているという。 店主は自戒を込めて言う。 「われわれは2Kテレビよりずっときれいに見えるからと言って、4Kテレビを売った。 でも、実際そうでないのなら、お客をだましたのも同然だ。 『暗く見える』4Kテレビを、『別世界』といってお客に売った、われわれ含めた業界は、明らかにイエローカード(反則)だ」 比べてみるとその差は歴然 筆者は今春、この電器店などが「お客から『4K放送が暗く見える』との苦情を受けた」との情報を得て取材を開始した。 実際に暗く見えるのかどうかを確かめるため、同じ大手電機メーカー製の同機種58型の4Kテレビを2台並べ、一方には外付けの4Kチューナーをつないで、同じ番組で2K放送と4K放送を同時に見比べてみた。 すると、実際に4K放送のほうが明らかに暗く見えた。 双方のテレビの明るさ調整を「最大」にすると、明るさの差は縮まったものの、4K放送に出演した人の顔(ほほ)が、白く浮き上がる感じになり、映像のバランスが悪くなった。

次の

暗い人の特徴と原因!暗い人との付き合い方と暗い性格の直し方

暗い・・・あまりにも

暗い人の特徴 では、暗い人にはどのような特徴があるのでしょう。 マイナス思考• 笑顔が少ない• 自信がない• コミュニケーションが下手• 秘密主義• 消極的• 何事にも関心が薄い• ノリが悪い 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 同じ状況になっても、人はその人の捉え方で随分違います。 例えば、一般的に使われるものとして、コップに水が半分入っているという話。 それを見て一人は「まだ半分もある」と捉えます。 もう一人は「もう半分しかない」と考えます。 すなわち、マイナスに考えると悲観的な状況にもなるということです。 そのため、窮地に陥った時に「まだまだ大丈夫」と考えると人と「もうダメ」と考える人では、その表情や感情に大きな隔たりがあると言えるでしょう。 暗い人はこのように マイナスに考えるところがあります。 もし、怒った表情をしていれば、機嫌が悪そうと思いますし、落ち込んでいるような表情だとか悲しいことがあったのだと考えるでしょう。 そして、笑顔は楽しい、嬉しいと考えるので、そういう人には話しかけやすくなりますし、好印象を抱きます。 逆に笑顔が少ないと、少なくとも楽しそうとは思えないでしょう。 つまり、いつも楽しくない表情をしていると思われることで、暗い人なのかなと結びつけられるのです。 その人が どのような性格をしているかを判断するには会話が重要になってきます。 趣味や興味のあることなどを話すことによって理解して盛り上がったり、気持ちを共有したりします。 しかし、話す機会がない人とは、何を考えているのか、どういう性格なのかが読み取りにくく、最終的にはこちらから話しかけようと考えなくなるでしょう。 そうすると誰とも話していないので暗い人というレッテルを貼られてしまいます。 自信のがある人はいつも堂々として表情が明るいでしょう。 しかし、自信がないと周りから何か言われているかも知れないと卑屈な考えが出てきてしまったり、自信の無さから勝手に劣等感を抱いたりして、それが 表情に表れてしまいます。 また、顔の表情だけではなく姿勢にも表れ、猫背気味になったり、いつもうつむいていたりするので暗い人になるのでしょう。 話しかけられても反応が薄い、短い返答だけでその後の会話が続かないなどです。 そして、会話が途切れた時でも話題を振ったりすることがないので、コミュニケーションがうまくとれません。 そのため、話しかけた方もいつも同じ状況になるので、 話しづらいと考え話しかけなくなります。 そのうち、暗い人と言われてしまうのでしょう。 聞いてもごまかしたり、はぐらかしたりします。 もちろん、プライベートのことを全て話さない人が皆暗い人とは限りません。 ただ、仕事で話し合ったりした時に、意見を聞いても発言がないと暗い人と言われてしまいます。 プライベートのことだけ話さない人はたくさんいます。 しかし、自分の考えも言わないとなると、 何を言っても答えない人になってしまうでしょう。 職場の飲み会に行ったとしても、会話の輪に入ることはありませんし、皆で休日に遊びに行こうと企画しても、参加しなかったりします。 また、会社の会議やミーティングでも、自ら意見を言うこともなく、すすんで何かを改善したり提案したりすることもありません。 いつも、誰かの陰に隠れて 存在感が薄くなっています。 目立ちたくないので、派手なカラーやデザインの洋服は着ません。 持ち物も、流行のバッグやブランド物は避けて、 オーソドックスで目立たないものを持っています。 また、髪型やメイクも地味な感じでまとめているでしょう。 すなわち、個性があまり出ておらず、人の目を引くことがあまりないと言えるでしょう。 それは、人に対しても同じで、そもそも興味がないから話さないというのもあります。 特に、職場の人間関係は、話したくない人とでも、関係を円滑にしようとして、話しかけたり、気をつかったりします。 しかし、暗い人は人に興味がないので、話しかけることもしません。 それによって、職場の人間関係がスムーズにいかなくても、それらにも 興味がないので平然としています。 暗い人の中には話したいけど上手くできないと言う人もいるでしょう。 しかし、何とも思っていない暗い人もいるのです。 学校で組に分かれて運動会をする時など、一番になれるように団結したことがありませんか。 その時に、皆で掛け声をしたり、応援しているのに、一人だけ蚊帳の外でいるような人です。 また、カラオケに行っても、皆の歌を盛り上げることをせずに、ポツンと一人で座っている人も暗い人と言われるでしょう。 そういう人が一人いると、せっかく仲間意識が芽生えて盛り上がっているのに、 足を引っ張ってしまいます。 だから、暗い人と言われるのでしょう。 暗い人だと思われるのはなぜ? では、暗い人だと思われる原因をみていきましょう。 感情表情が乏しい• 会話が少ない• 一匹狼• 自己中心的• 保守的 続いて、暗い人だと思われる原因を、それぞれ詳しくみていきます。 笑っている、怒っている、悲しんでいるという感情は、顔の表情や身体の表現で理解します。 しかし、感情表現が乏しい人は、感情がわかりづらく、何を考えているのか理解しにくいでしょう。 かといって、いつも笑顔ではないので、暗い表情として捉えられます。 また、身振り手振りも少ないので、余計に暗い印象を与えるのでしょう。 会話のキャッチボールが下手で会話が続きません。 例えば、職場で朝出会った時に「おはよう」と挨拶します。 暗い人はそれに応えるだけで終わっていませんか。 しかし、明るい人は挨拶のあとに「今日は天気がいいね」とか「昨日、ショッピングに行ったんだ」という会話をしています。 それによって、人と人とのコミュニケーションが生まれて会話も弾みます。 暗い人はそういったことがないので、性格も分かりづらく、暗い人と敬遠されてしまうのでしょう。 元々、コミュニケーションが苦手なので、自ら取ろうとはしません。 また、複数人での会話に入ったりすることもしないので、一人でいることが多いのです。 始めはそれに気付いた人が話しかけたりしていたでしょう。 しかし、話しかけても反応が薄かったり、きっかけを壊してしまったりすることで、話しかけなくなってしまいます。 そうすると、ますます一人でいる、会話がない状況になり、人となりも理解しづらく暗い人と言われるでしょう。 明るい人は性格的に明るいから自然とそうなってると思われますが、そのような人ばかりではありません。 人間関係を円滑にするため、周りに気をつかって自らコミュニケーションを取ろうとしている人もいます。 また、ムードメーカー的な存在で、皆を盛り上げようと常に考えて行動している人もいます。 逆に、暗い人は周りの雰囲気はどうでも良いと考えていて、自分が話したくなければ話さない、嫌いな人とは会話しないと思っているので、暗い人と位置付けられるでしょう。 もし、自分の欠点に気付いたら、治そうと努力するでしょう。 暗いと思われるのが嫌だから笑顔を心がけたり、人に良く思われるように行動したりします。 しかし、暗い人は暗い人と思われていても、何もしようとしません。 今のままでいいと考えているから、暗い人のイメージが変わらないのでしょう。 暗い人との付き合い方 では、暗い人との付き合い方をみていきましょう。 共通点を見つける• ペースを合わせる• 干渉しない• 自慢しない• 励まさない 続いて、暗い人との付き合い方を、それぞれ詳しくみていきます。 それと同じで、暗い人との共通点を見つけましょう。 趣味でなくても好きなものや興味のあるものを見つけます。 食べることが好き、漫画が好きなど、何かあるはずです。 それがわかれば会話も続きますし、 気持ちの共有ができるので距離が縮まります。 もし、漫画が好きならばお気に入りの漫画を貸し借りしたりすることで、交流を深めることもできるでしょう。 そのため、ガンガン話しかける人には圧倒されてしまい、押し黙っているケースもあるのです。 そして、何か聞かれた時にも答えたいけど、相手が答えを出るまでの時間に耐えられず、次の話題に移ったりしています。 そこで、暗い人と言われる人の ペースに合わせてみましょう。 何か質問して考えているようなら、話しだすまで待ってあげます。 また、会話のテンポも相手の口調を見て同じようなテンポにしましょう。 そうするとリズムが合い、会話がしやすくなります。 そのため、プライベートなことを聞いたり、探ったりするようなことはやめておきましょう。 話さないからと言って聞き出すばかりでは、ますます相手を黙らせてしまいます。 あまり、 干渉せずに反応のよい話題だけに絞ります。 もし、口ごもっているようならば、話題を変えるなどして対応しましょう。 そのため、自慢話は避けましょう。 暗い人は自分の中で周りの人と比較して劣等感を抱いている場合があります。 そこに自慢話をされると、ますます卑屈になり自信を無くしてしまうでしょう。 できれば、 対等な関係を保てるような話題にします。 また、長所を見つけて褒めてあげるのも良いでしょう。 しかし、それを聞かされた時に「そんなことないよ」「頑張ろうよ」という励ましの言葉はやめておきます。 なぜなら、ポジティブな人は人から励まされると元気になりますし、励ましてくれてありがとうと感謝します。 しかし、ネガティブ思考なので、励まされても「心にも思っていないくせに」「他人事みたいに」と 逆なでする恐れがあるのです。 そこで、ネガティブな話がでたらうまく聞き流しましょう。 そうすることで、暗い話題は反応が薄いと気付きネガティブ発言が減ってくるでしょう。 暗い人が性格を改善する方法 では、暗い性格を改善する方法をみていきましょう。 感情表現する• 自己評価をあげる• 話しかける• ポジティブ思考 続いて、暗い性格を改善する方法を、それぞれ詳しくみていきます。 嬉しい時には嬉しい、楽しい時には楽しいと表現します。 もし、顔の表情がうまく作れないなら口に出して言うことで相手に伝わりやすくなります。 そして、会話に入れなくても聞いているだけで楽しい時には、少し口角をあげて微笑むような表情をすることで、何も話さない暗い人とは思われないでしょう。 また、話に丁寧に うなずくだけでも効果はあります。 そこで、自分の欠点ばかりに目を向けないで、 良いところを考えてみましょう。 人には必ず欠点があります。 それは皆同じだと認識しましょう。 それよりも、長所を探して自信を持つようにします。 もし、会話が下手で欠点だと思っているならば、大人しくて物静かな所が長所だと考えるようにしましょう。 騒がしい人が苦手な人もたくさんいるので、そういう人から見ると長所です。 この話題は関心ないのではないか、つまらない話と思われないのかと考えて、会話ができません。 しかし、人に話しかける時に話題について考える必要はありません。 例えば雨の日には「雨が降っていて足が濡れちゃった」と言うだけで良いのです。 それに対して「私も濡れたよ。 この靴下お気に入りなのにさ」と会話が上手な人ならいくらでも続けられます。 まずは、 きっかけを作ることが大切です。 嫌な事がおきてもプラスに考える癖をつけましょう。 何か起きた時に「運が悪いから」「私はついていない」と考えていませんか。 そうではなく「これくらいで済んで運が良い」「あとは良いことしか起こらない」と考えれば、 暗い表情も自然と少なくなっていくでしょう。

次の

【衝撃】乃木坂46メンバーが封印した「あまりにも暗い過去」・・・::ぱぴぷ速報

暗い・・・あまりにも

昼間明るく、夜が暗い。 あまりにあたりまえのことなので、普段誰も気になんかしちゃいないだろう。 ときに、「何で夜は暗いの?」と聞かれて、皆さんならどう答えるだろうか?そんなあたりまえのこと今更聞くな、というところだろうが、実はこの問題は20世紀初頭まで解くことができなかった難問なのだ。 今なら、小学生でも、地球は自転していて、太陽の陰になったら暗くなるのだ、ぐらいのことは答えられるだろう。 しかし、実はこれでは答えになってはいない。 何故かというと、宇宙に存在する恒星は太陽だけではないからだ。 夜空を見上げれば分かるように、宇宙には無数の恒星が存在している。 一番地球に近いのが太陽なのだというだけで、一番近い恒星にしか影響は受けない、などということはない。 そう、見渡せる夜空の範囲を埋め尽くせるぐらいの恒星は、現に存在しているはずなのである。 うっそうと木々が茂った密林を思い浮かべてみよう。 林の奥の方を見通そうと努力しても、必ずその目線は木々のどれかにぶつかってしまう。 結果、周りは木しか見えない状態になるはずである。 宇宙にも同じことがいえるのではないだろうか? 遠すぎて光が届かないのだ、と考えてみる。 何故届かないのか、という理由を考えると、途中ある物質にそのエネルギーが吸収されてしまうから、となるのだが、エネルギーは保存されるもので、エネルギーを吸収した物質はその熱によって発光し始めると考えられる。 つまり、本来夜は明るいはずなのだ!眩しいくらいに無限の恒星に照り付けられているはず、なのにそうはなっていない。 これを「オルバースのパラドックス」という。 回答として、一つには、宇宙は膨張をしているから、という事実があげられる。 膨張しているということは、光源は常に私たちから遠ざかっているわけだ。 この膨張速度は、地球からの距離が遠くなればなるほど(地球から見て)速くなることが知られている。 これをハッブルの法則という。 つまり、地球より遙か先では膨張速度が光速を超えていると考えられ、そこからの光は永遠に地球へ届くことはない。 宇宙が膨張しているということは、光のドップラー効果(実際は音のドップラー効果とは原理が少し違うが)を考慮する必要もある。 つまり、光の波長は、光源となる星の後退によって次第に長くなっているのである。 実際、宇宙の膨張という事実はこれによって明らかになった。 波長が長くなれば光は赤みを増す(光の波長が長くなると赤くなる)。 そして、いずれ赤外線よりも外の領域へ出る、つまり可視光でなくなるわけだ。 そうなればその光は見えない。 この他にも、星の寿命は永遠ではない、という理由もある。 星が永遠に光りつづけているものでなく、終焉を迎えるものであることで、永遠の光源というものは考えられなくなる。 また、星と私たちの地球の間に光を遮る、あるいはその光を減衰させる要因(重力源や小惑星などの宇宙塵など)があるのではないか、とも考えられている。 宇宙にはまだまだ謎が多い。 経験的に当たり前だと思っていた身近なものでも、こうして宇宙論的な問題に発展することが多々である。 [ ] [ ].

次の