喪中 メール。 喪中はがき、メールの返事はどうすべき?喪中の方に対するマナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中 メール

スポンサードリンク 喪中に年賀状が来たらどうしたら良い? 喪中の場合は前もって喪中はがきを出し、身内に不幸があったことお知らせしますね。 まず、 喪中はがきとは、不幸があったので年賀状は出しませんということを知らせる年賀欠礼の挨拶状の事です。 近年では喪中でも年賀はがきは頂きたい場合用の文面の喪中ハガキもありますが、 喪中の場合は年賀状を出すのを控えるのが一般的です。 喪中ハガキを出したのに年賀状が来てしまった場合はこちらの記事 でご紹介していますが、 もし 喪中ハガキを出し忘れた場合などは「寒中見舞い」を出すという形をとられるのが良いでしょう。 数枚で良いならコンビニや郵便局にも売っていますし、無料のテンプレートもたくさんネット上にあります。 喪中の年賀状にはメールで返信はアリ? 喪中に届いた年賀状の返事は寒中見舞いがベストかと思いますが、 最近はネットの普及によりメールやSNS等で年賀の挨拶をやり取りする事も多いですね。 お世話になった方や目上の方達には寒中見舞いでのお返しをおすすめしますが、 親しい友人知人や、年賀の挨拶のやり取りをメールでしている場合の返信はアリだと私は感じています。 メールで返信する場合にも、寒中見舞いとして送るなら寒中見舞いを出す期間(1月8日~2月4日頃まで) であれば本来失礼ではないのですが、 「送ってきた相手が返信が来ない事を気にしそう」 「1月8日前に合う予定があるのに、それまでに返信してないのって気まずい」 などの懸念があるのでしたら、1月8日を待たずして返信した方が良いと思います。 私ならそうします。 その場合は送る相手との親密さや距離間を考えて、 ・普通の年賀メールを送る ・喪中なのでおめでたい言葉を避けた文章で送る を使い分けると良いでしょう。 年賀状に喪中をメールでする文例 普段からメールやSNSでやり取りするような関係ならばあまり堅苦しい文章じゃなくても大丈夫です。 ですがあまり派手にならない様に絵文字などは使わない方がおすすめです。 喪中はがきの場合は 寒中お見舞い申し上げます。 皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。 スポンサードリンク 年頭にはご丁寧なお年始状をいただき、ありがとうございました。 ご通知が遅れ、大変失礼いたしました。 本年も変らぬお付き合いのほどを心よりお願い申し上げます。 そして喪中の時に年賀状や年賀メールが届いて返信する場合には、受け取り側の事を考えて 喪中ということを伝えない様にすると良いとされています。 派手にならない様に絵文字や装飾を使わず、おめでたい言葉を使わない様に メール送ってくれてありがとう 今年もよろしくね などの簡単な文面が紹介されています。 私個人の考えとしては、相手側が喪中と知らずに年賀状などを送ってくれた場合 その返信が文字だけのあっさりとした内容だとしたら、 「あれ?どうしたのかな?」 「なんか気に障る事しちゃったかな?」 と、心配になります。 だとしたら喪中である事を告げた上で、ご挨拶の内容の文面を送る方が逆に変な気遣いをさせないんじゃないかと考えます。 この辺りは色々な考え方があると思いますので、場面に合った方法をとってみて下さいね。 喪中を知らせた上での文例として 例文2 年賀状ありがとう。 最近は忙しくてなかなか会えなかったね。 実は身内に不幸があって年賀状出さなかったんだ。 こっちはもうみんな元気にしてるから心配しないでね。 近いうちにみんなで遊ぼうね。 以上の様な簡単な文面で送り、相手方を気遣うのなら文末の方で また会おうね 今年もよろしくね などと入れておくと、送られた方も安心するのではないでしょうか? まとめ 喪中に年賀状が来たらどうする?メールで返信はアリ?文例ってある? について書いてみました。 一般的な内容と、私個人の考え方についてもご紹介しましたが 各ご家庭で色々な場面が想定されると思いますので もしそのケースに合えばぜひ参考にしてみて下さいね。 関連記事.

次の

喪中の挨拶のマナーは?新年のメールの文例やはがきの文面も

喪中 メール

スポンサードリンク 喪中のお知らせメールはありなの!? 一昔前ならありえないことだったかもしれませんが、新年の挨拶をメールですることが普通になってきていることを考えると、 喪中メールもあながちあり得ないことではなくなってきていますよね。 親しくしていても、メールでのやり取りが中心で住所は知らなかったりする場合もあることでしょう。 ですから、相手との関係によっては喪中をメールで知らせることもアリですよね。 ただし、毎年年賀状のやり取りをしているような場合 たとえ義理年賀状でも 、メールでお知らせするのは相応しくないでしょう。 こちらから年賀状が出せず失礼いたします、という意味の年賀欠礼状 喪中はがき を出してお知らせしましょう。 喪中メールに返事は必要!? 喪中はがきを頂いた場合には、それに対する返事は出さずに、年始の挨拶に代えて寒中見舞いを出すのが一般的ですよね。 ただ、メールの場合は受け取って読んだことを知らせる意味でも、 その場で返信しておく方が無難でしょう。 スポンサードリンク その際、どういうふうに返事をすればいいものか悩んでしまうかもしれませんので、下に文例をまとめておきたいと思います。 喪中メールの返信、いい文例は? 以下のような流れで返信をすると丁寧ですね。 メールを頂いたお礼(場合によってはご不幸を知らずにいた失礼を詫びる一言)• お悔やみの言葉と慰めや励まし• こちらからの年賀状を控えること メールを頂いたお礼• ご丁寧にご連絡をいただき、ありがとうございます。 ご丁寧なメールをいただき、ありがとうございます。 この度はご丁重なご挨拶を頂きまして恐れ入ります。 大変なときにご連絡いただきありがとうございます。 この度連絡をいただくまで全く知らずにおりました。 お悔やみも申し上げずに大変失礼いたしました。 お悔やみの言葉と慰めや励まし• 穏やかで暖かい新春を迎えられますことを心よりお祈り申し上げます。 暫くの間は大変だと思いますが、落ち着いたらまたご一緒できればと思います。 何かと大変だと思いますが、何かお手伝いできることがありましたら遠慮なくお申し付けください。 こちらからの年賀状を控えること• ご無理をなさっていると思いますが、どうぞご自愛ください。 今日のまとめ 相手との関係によって言葉の選び方が変わってきます。 目上の方に対しては、失礼のないように。 近い方には親身な返信を心がけましょう。

次の

喪中の挨拶にメールはアリなのか?返事はどうする?

喪中 メール

喪中はがきの返事をメールでする場合の例文をこのページでご紹介したいと思います。 喪中はがきを受け取った場合に返信メールを送る場合にはまず喪中はがきは、はがきで受け取ったのか?について注意してみましょう。 喪中はがきをしっかりとはがきで受け取った場合には喪中はがきの返信メールを出すのではなく、 はがきやお手紙などで喪中はがきに対して返事を出した方が良いでしょう。 喪中はがきの返信文例は下記のページに掲載していますので喪中はがきの返信内容を考える時には下記ページの返信文例を参考にしてみて下さい。 喪中はがきの返信文例を見ながら喪中はがきの返信メールの内容を書いてみても良いでしょう。 送る時期としては喪中はがきを受け取った時にすぐ対応する方が良いでしょう。 返事を出す時期が 1月から2月の初旬に時期が該当する場合には返信メールではなく、 寒中見舞いを送ってみても良いかもしれません。 喪中はがきではなく喪中メールを受け取った時に返信メールを作成する事で返事のやり方をマナー上間違うこともなくなります。 まずは喪中はがきではなく喪中メールを受け取った場合にのみ返信をメールにする事でマナー上は問題ありません。 喪中メールを受け取った場合の返信メール例文 喪中メールを受信して返信メールを作成する場合にはまずどのような喪中メール内容なのか?について注意を払う事が大切です。 喪中メールの内容が普通の喪中はがきのように形式立った一般的な例文の場合にはの内容を使って返信メールを作るようにしておきましょう。 そうする事でとりあえずはマナーの面でも大丈夫だと思います。 喪中メールの内容が普段のメールのような書き方の本文内容であった場合には喪中メールの返信メールは普段のようなメール形式の例文で構わないと思います。 友人や知り合いなどから喪中メールを受け取った場合には、 『寂しいと思うけど元気出してね』 などの一文を付け足す返信メールで良いかと思います。 又は 『お悔やみ申し上げます』 と文例の一文を返事に使用するのも有りではないかとおもいます。 このように喪中メールの内容によって返信メールが変わって来ると思いますのでその時に合わせる方が良いでしょう。

次の