ドラパルト 持ち物。 キングドラ育成論 : 【奇襲】ピン差しスカーフキングドラ【対ドラパルト&エースバーン】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ドラパルトのおすすめ育成論&好相性なポケモンまとめ【ポケットモンスター(ポケモン)】

ドラパルト 持ち物

5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 非常に高い素早さ、高い攻撃に両刀も可能な特攻を持ち、 技範囲も非常に広くサポート技や積み技も使用可能というハイスペックなポケモンです。 サブウエポンの豊富さからタイプで止まりづらい アタッカー、スカーフを持たせた同族・ 積みストッパー、ダイマックス技で積み技にもなる技を多く活かした ダイマックスアタッカー、壁貼り状態異常 サポートなど様々な型が考えられるので型を絞らせづらく、更に自分の構築の弱点をピンポイントで補ったりも可能と使いようによっては非常に頼れる味方になります。 環境に弱点を突かれるゴースト、フェアリーが多い点や、素の状態の耐久はそこまで高くないという点には注意して運用しましょう。 これによって実値が319となり、相手が「ダイジェット」「りゅうのまい」などで素早さを上昇させた状態でも上から攻撃出来るチャンスが増え、 全抜きを阻止出来る可能性が生まれます。 また、「サザンドラ」「ドラパルト」「オノノクス」と言った ドラゴンタイプ相手と対面した際も相手のスカーフをほとんど考慮する必要なく動けるので動きに無理が少なくなるのが魅力です。 汎用性を高める為にダイマックス前提のはがねのつばさやコントロール性の高いとんぼがえりを候補としていますが、ナットレイやドリュウズなどを強く見たい場合は「だいもんじ」、ギャラドスを強く見たい場合は「10まんボルト」など ピンポイントに4倍が取れる技も非常に有効です。 それらの特殊技を採用する場合は性格を「ようき」ではなく「むじゃき」で運用しましょう。 ダイマックスせずとも物理火力は高く、 選出・立ち回りのどちらにおいても柔軟なアタッカーとして立ち回る事が出来ます。 高耐久相手でも「ダイホロウ」の防御ダウン効果でゴリ押し可能な場合がありますが、ダイマックスターンがやや勿体ないので可能であれば他のポケモンに任せましょう。 ダイホロウが半減以下になる高耐久や状態異常にはやや弱めなので注意が必要です。 素早さは 最速アイアント(177)抜きの178まで確保してあり、多くの物理アタッカーの上を取って鬼火やリフレクターを撃つ事が出来ます。 HPに振り切った恩恵で特殊も若干耐えるようになっており、最低限の仕事はこなしやすいポケモンです。 「リフレクター」「みがわり」を無効化されてしまう特性の「すりぬけ」や、状態異常になる事で逆に火力が上がる特性の「こんじょう」のポケモンが相手に居る場合は十分に機能しない可能性がある点には注意が必要です。

次の

【ポケモン剣盾攻略】ドラパルトの型と対策をまとめてみた結果・・・

ドラパルト 持ち物

今回の解説はドラパルトです。 基本データ No. 887 分類 ステルス 英語名 Dragapult タイプ ドラゴン ゴースト H88 A120 B75 C100 D75 S142 高さ 3. 0m 重さ 50. たたかいになると マッハの スピードで ドラメシヤを とばす。 シールド ツノに はいった ドラメシヤは マッハの スピードで とばされるのを こころまちに しているらしい。 名前てカタパルトもモチーフになっていると思われる。 進化したことで手足ははっきりと指が生え、より爬虫類然とした姿になった。 ただし進化前からゴーストのためか、翼が無くとも宙に浮いている他、尻尾の先は半透明のままである。 形状と「ステルス」という分類から考えると、元になった機体はB-2だろうか。 カのであり、愛称は「スピリット」すなわち魂。 かつて生息していたの霊魂であるという設定とも関連性を感じさせる。 概要 初登場は「剣・盾」。 ドロンチの進化系で、ドラメシヤの最終進化形。 三角のミサイルポッド状になった二対の角は中が空洞になっており、野生の個体はこの空洞にドラメシヤを入れて生活する。 戦闘ではこのドラメシヤをミサイルのようにマッハのスピードで飛ばす「ドラゴンアロー」が得意技。 中の子たちは撃ち出されるのを心待ちにしているらしい。 高さは3. 0mもあり、600族では最大の大きさを誇る。 伝説のである 2. 9m よりもデカい。 しかし亡霊だからか、この大きさで重さはわずか50kgと600族最軽量。 ゲームのドラパルト 進化レベルは60。 これはの64に次いで2番目に遅い。 だが、野生のドラメシヤ、ドロンチが50レベル代で出現し、今作はレベル上げがしやすいため進化は簡単。 うららか草原• そして8世代の600族枠である。 その素早さは142と文句なしの600族最速、攻撃と特攻も高い両刀アタッカー。 逆に耐久面は総じて600族最弱と言っても過言ではないくらいに割り切っている。 とはいえ耐性が多いため数値以上の耐久力は一応ある。 4倍こそないものの弱点も多めであり、得手不得手がはっきりと分かれている。 特性 「」は相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。 「すりぬけ」は相手の『』『リフレクター』『』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 は「」。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 相手2体攻撃 タイプ ゴースト 威力 90 135 命中 100 備考 2ターン目攻撃。 高いSとの相性は良く、先手で2回行動できれば倒せる相手は多い。 トップメタがゆえにスカーフ勢の調整先とされており、それらを上回るために持たせられる。 ックスすれば技の縛りは解除できる。 こちらへの弱点技が飛び交う環境なので発動機会は多い。 ダイジェットでSまで補強する戦術が主流。 いのちのたま 技選択を縛られず高火力を出せる。 こだわり系と違ってックス時も無効にならず、突破力が増す。 ふいうちなど先制技との相性も良好。 こだわりハチマキ・こだわりメガネ 耐久調整を強引に突破する。 ックスにより好きなタイミングで解除できるので、そこまで窮屈さは感じない。 調整次第で特殊技を複数回耐える。 ックス技で能力を上昇させる戦術とも好相性。 だっしゅつパック 上からを叩き込みながら、低めの耐久を晒さずに交代できる。 により、相手のいかくやックス技で暴発する事がない。 但し各型により癖がハッキリ分かれているため、強いとはいえただ闇雲に使っても真価を発揮できないら、プレイヤーの腕が試されるゴーストタイプらしいといえる。 相性考察 竜・妖半減。 こちらは格闘無効、炎・水半減。 かたやぶりにより広い攻撃範囲と突破力を持ち、こちらが苦手とする鋼・妖に強い。 霊・悪半減。 こちらは格闘無効、水・草・虫半減。 非常に高い特防によって数値受けできるが、共に妖に弱点を突かれるため、裏に対策が必要。 アーマーガア 竜・妖半減。 こちらは炎・電半減。 妖に滅法強く、ミラーアーマーにより崩されにくい。 共にとんぼでサイクルを回す事も可能。 氷・妖半減。 こちらは水半減。 鋼に強く、あちらの技が通りにくい竜はこちらで対応できる。 ボルチェンによってサイクル戦も得意。 氷・霊・悪・竜半減。 こちらは格闘無効、炎半減。 補完が優秀でこちらの弱点4つをカバーする。 妖も等倍であり、一致鋼技により圧力を掛けれる。 こちらは毒半減。 こちらへの主要弱点技を軒並み耐える。 共に妖に弱いが、壁によってある程度対応可能。 対ドラパルト 注意すべき点 600族特有のハイスペックさと非常に高い素早さによって、ほとんどの相手を上から殴る環境トップメタ。 連続攻撃の一致竜技を持つのでタスキやみがわりにも強い。 役割破壊技や先制とんぼ、ックス技による能力変化、型の読みにくさから、安易な受けは成立しない。 対策方法 耐性は多いが弱点も多い。 耐久もそこまで高くないので、麻痺やスカーフなどで上を取れれば幾分楽になる。 ふいうち、、かげうちなどの先制技も刺さりやすい。 対策可能 オーロンゲ ドラゴン無効・ゴースト半減。 火力アップアイテム込みならふいうちで縛れる。 砂で襷潰し。 天候補正によりックス竜技も一発は耐える。 ドラゴン無効、一致かげうち。 ばけのかわで霊技も一発は耐える。 竜技以外へ後出しするとこちらが不利になってしまうので注意。 物理特殊共に高耐久、一致サマ。 とんぼがえりで裏の対策も。 高耐久、再生回復技持ち。 さいせいりょくにより受け回しで疲弊しにくい。 電気技、には弱点を突かれるも不一致技であり、裏を返せば打点はそれのみ。 によって能力変化も対応できる。 尚、こちらからの打点は毒か火傷による定数ダメージ頼り。 ゴースト、ドラゴン半減、一致ふいうち。 無補正C極振りもH252振りだけで確定で耐える。 有効な技 ふいうち ドラパルトが使う先制技はふいうちくらいであり、比較的通りやすい。 ただし、鬼火やみがわり持ちも多いので注意。 サマ 攻撃寄りステータスで耐久があまり高くなので、刺さりやすい。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ドラパルト 持ち物

5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 新しく追加された600族のドラゴン・ゴーストタイプポケモンで、非常に高い素早さ、物理特殊共に使用可能で広い技範囲を持っているのが特長です。 物理・特殊での攻撃役はもちろん、サポートにも回れる技を多く持ち、更に積み技までをも持っています。 そのため、型を読まれづらく、受けに来た相手に大きなダメージを与えたり、自分のパーティに足りない攻撃タイプを補って運用したりと、カスタマイズ性能・荒らし性能ともに高いポケモンとなっています。 物理技も採用する場合、特攻ダウンも大きな痛手にはなりません。 ドラゴン 特殊 威力 85 命中 100 PP 10 効果 通常攻撃 解説 こちらは反動が無い代わりに、威力が低いメインウエポン候補です。 他にも有用な特殊技を多く入れたいという場合はこちらが採用されますが、元々の火力が高くはないのでダイマックスや火力補強アイテム前提となりそうです。 ドラゴン 物理 威力 50 命中 100 PP 10 効果 相手が1匹の場合は2回攻撃し、2匹の場合は1回ずつ攻撃する 解説 物理寄りにする際のメインウエポンです。 威力も低くなく、命中も安定している上に2回攻撃判定があるのできあいのタスキやハバンの実を貫通しやすいのが特長です。 ドラパルトは物理種族値の方が高いので、育て方によってはこちらの方がりゅうせいぐんよりも高い火力を出す事が出来ます。 ゴースト 物理 威力 90 命中 100 PP 10 効果 1ターン目に姿を消して、2ターン目で攻撃する 解説 攻撃性能が高いわけではありませんが、技を選択したターンは攻撃を受けなくなるので相手のダイマックスターン稼ぎに使える可能性があります。 素早さが高いので先制して使用出来る点も優秀ですが、交代で無効化される可能性には十分気を付けましょう。 技範囲があまり広くなく、威力も高くはないので、両刀型のメインウエポンとしてはやや優先度が下がります。 環境に強力なゴーストタイプなどが増えた場合は採用が見込まれます。 自分と相手の「こおり」を回復する 解説 ドラゴン技を受けに来る鋼タイプに対して有効な技で、命中も安定しているので優秀な補完技です。 ダイマックスを使用する事で天候を晴れ状態にすることもできます。 自分が「こおり」で使うと、「こおり」が回復する 解説 比較的一貫性が高く、等倍範囲を高める事が出来ます。 砂パの流行などに合わせて採用の可否が決まりそうです。 ダイマックス技として使用する事で天候を雨に上書きできます。 みず 特殊 威力 90 命中 100 PP 15 効果 相手が「ダイビング」で潜っていても攻撃が当たり、威力が2倍になる。 砂パの流行などに合わせて採用の可否が決まりそうです。 こちらもダイマックス技として使用する事で天候を雨に上書きできます。 むし 物理 威力 70 命中 100 PP 20 効果 攻撃した後に「てもち」のポケモンと入れ替わる 解説 相手の交代読み、不利対面、安定択とより多くの選択肢を与えてくれる技です。 素早さが高いので先制して使用できる点も優秀ですが、出てきたポケモンは攻撃を喰らう事になるので交代先は慎重に選びましょう。 あく 物理 威力 70 命中 100 PP 5 効果 相手が攻撃技を選んでいた場合は先制攻撃が出来るが、攻撃技でない場合は失敗する 解説 威力の高い先制技です。 素の素早さが高いので優先度は下がりますが、積み技相手、ドラパルトミラーなど有用なシーンは存在します。 ドラパルトの持ち物候補 効果 持たせると攻撃するたびにHPが減るが、技の威力が1. 3倍になる 解説 特殊物理どちも強化されるので最も推奨される持ち物です。 素ではやや物足りないドラパルトの火力を押し上げ、荒らし性能を更に上げてくれます。 効果 持たせるとHP満タンから「ひんし」状態になるわざを受けてもHPが1残る。 1回使うとなくなる 解説 耐久はあまり高くなく、高火力技や一致弱点などであれば簡単に倒されてしまうので、行動回数を保証するという意味合いで優秀な持ち物です。 多少不利な相手でも強引に2回行動する事で対応出来る可能性があるので、こちらも有用です。

次の