令和納豆 google。 【炎上】令和納豆 パス剥奪は罵声や割り込み!?「身に覚えがない」剥奪された人が憤りを露わに…

【炎上】令和納豆 パス剥奪は罵声や割り込み!?「身に覚えがない」剥奪された人が憤りを露わに…

令和納豆 google

植物性タンパク質では珍しいアミノ酸スコア100の納豆と、漬物や薬味などの定番なトッピングから、魚介・肉・珍味などの贅沢なトッピングまで、様々な納豆ご飯をお楽しみいただけます。 , Ltd. 本社:〒311-4152 茨城県水戸市河和田3-2296-39 創業:2018年7月10日 代表:宮下 裕任 事業:1. 生鮮食品・保存食品・加工食品の販売 2. 飲食店の経営 3. 経営コンサルティング業務 4. これらに付帯関連する一切の業務 メディア関係者の方はこちら• 東北地方• 関東地方• 中部地方• 近畿地方• 中国地方• 四国地方• 九州地方• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• その他.

次の

令和納豆騒動何が問題?一生涯無料パス没収し返金?

令和納豆 google

令和納豆は1万円を支援すると「生涯無料パスポート」がもらえるクラウドファンディングを開始。 この無料パスがあれば納豆定食を1日1食だけ食べることができ、それが一生得られるというわけだ。 しかし問題が発生した。 ・令和納豆にバッシングの声が集中 令和納豆の店舗で無料パスを使用し、納豆定食を食べようとしたところ、無料パスを没収された人が複数人現れたのである。 あまりにも理不尽だと感じた人たちがTwitterなどのインターネット上に没収の事実を書き込みしたところ大炎上。 無料パスを所持している人だけでなく、多くの人たちから令和納豆にバッシングの声が集中した。 2でなかなかの超優良店 そんななか、新たな問題が浮上し、物議を醸している。 Googleにはクチコミ機能があり、飲食店などの評価や感想を投稿することができる。 令和納豆も店舗に対する評価と感想が客によって投稿されているのだが、低評価が削除され、高評価だけが残った結果、超優良店のように表示されてしまっているのである。 2で、なかなかの超優良店となっている。 ・クチコミが複数削除された結果 もちろんそれが正当な評価であれば何の問題もないが、かつて投稿されていた低評価のクチコミが複数削除された結果なのは確かであり、現在の超優良店としての評価が妥当なものとは断言できない。 ・何者かが低評価クチコミ削除 そしてもうひとつ問題なのが、クチコミ投稿者が自主的に削除したのか、Googleが削除したのか、それとも令和納豆が削除したのか不明な点である。 令和納豆が低評価のクチコミを削除したとは考えたくないが、令和納豆に対して良くない印象を持っている人が複数いるのは確かであり、そのように邪推されても仕方ない状況かもしれない。 56 ID:L4qwQuep0 オフィス街にあれば健康志向のおっさんが足しげく通うかもしれない。 34 ID:ey6wZJ2I0 4. 令和納豆はこのサイトに法的措置を検討しても良いレベル。

次の

【令和納豆】1万円の支援で納豆ご飯セット「生涯無料」…パスポートを店員に没収されたとクチコミ 詐欺まがいと怒りも ★11 [ばーど★]│エンがちょブログ

令和納豆 google

令和納豆「納豆定食一生涯無料パスポート」剥奪の経緯 「納豆定食一生涯無料パスポート剥奪」が大問題となったきっかけは、2020年5月Googleに投稿された1件こ口コミから始まりました。 その内容とは、 「1万円のクラウドファウンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者で、ある日、唐突に店員から『本日からパスポートは使用できない』と、一方的にパスを取り上げられました。 」 といった内容です。 この方は没収されるまで無料パスポートを15回利用していたとのことですが、この没収措置に対し、 『1万円で納豆定食が一生涯無料!』と甘いことを謳って金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り合げる。 こんな詐欺まがいの店に怒りを感じていますと憤りをあらわにしていました。 この口コミがきっかけで他にも同様の被害にあった方が次々と現れ、大問題に発展していきました。 もともと、納豆ご飯専門店「令和納豆」は2019年4月~6月にクラウドファンディングサイト「FAAVO(ファーボ)」で支援を募り、目標300万円の4倍となる1200万円超が集まりました。 支援金の大半は、1万円支援すれば得られる、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。 令和納豆側の示した没収理由は、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実」という2点から、「規約にある『当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合』に該当する」と判断されたとのこと。 令和納豆は6月1日、納豆社の宮下裕任社長により、「当店で当時対応した従業員に事実確認を行いました」と発表し、無料パス剥奪の件を認めました。 しかし、宮下社長はあくまでパスポート剥奪の原因は客側にあると強気の姿勢を示していたのですが、6月21日に今までの態度とは一変、謝罪文を発表しました。 令和納豆が謝罪文発表!内容公開 ついに令和納豆が謝罪文を発表しました。 2020年6月21日 無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について 令和納豆 いつも当店を応援し、ご利用くださりありがとうございます。 「無料パスポートの権利失効に関する一部報道」につきまして、ご迷惑とご心配をおかけしております。 無料パスポートの権利失効に関する当店の一連の対応を振り返り、お客様のご理解と納得を十分に得られないまま、一方的に権利を失効する対応をとってしまったことを深くお詫び申し上げます。 該当するお客様につきましては、ご支援いただいた金額10,000円を全額返金させていただきます。 昨年実施したクラウドファンディングは、水戸で納豆ごはん専門店を開店することが地方創生に繋がるのではないか、という挑戦をするために、日本では類を見ないビジネスモデルを多くの方と一緒に創り上げたいと思い、クラウドファンディングに取り組みました。 これまで、支援者の皆さま全員と真摯に向き合ってきたつもりでした。 しかし、今回の件でそれが出来ていないことがわかりました。 素直に力不足を認め、新たな姿勢で支援者の皆さまとのお付き合いと今後の店舗運営をしてまいりたいと思います。 毎日足繁く通ってくださっている皆さまにご心配とご迷惑をお掛けしたことは、本当に申し訳なく思います。 心からお詫び申し上げます。 令和納豆の声明文は説明が不十分!全額返金対象者とは 突然発表された令和納豆の「 無料パスポート権利を失効させていただいたお客様への今後の対応について」という声明文。 急いで準備したのか、文章が拙く、説明が不十分な点があげられます。 ・まず冒頭の、 「無料パスポート権利を失効させていただいたお客様」という言葉ですが、剥奪された経緯は、令和納豆側の一方的な剥奪だったということだったので、「無料パスポート権利を、こちら側の不手際により失効してしまったお客様」との方が自然ですね。 ・文章中盤の、 「これまで、支援者の皆さま全員と真摯に向き合ってきたつもりでした。 」という言葉ですが、今まで難癖つけて剥奪していたのが、真摯に向き合ってたということでしょうか。 むしろ真摯に向き合っていなかったからこのような結果を招いてしまったのです。 ・ 「素直に力不足を認め」というのも「勉強不足、力不足を真摯に受け止め」という方が利用者に伝わります。 ・ 文章の終わりに「以上」のみというのは失礼にあたります。 宮下社長なり、経営側の名前を書くのが常識ですね。 ・当初、パスポート剥奪したときに、令和納豆側が主張していた、スタッフへの暴言や看板破損については記載されていません。 もしそれが本当であれば、そのときのことの説明も加えるべきです。 特に看板破損が本当だたとしたら警察沙汰になります。 店側も被害を被ったのであれば、詳細を公表すべきです。 ・パスポート剥奪の原因にもなったアンケートの内容も公表したほうが良いでしょう。 ・該当者にパスポート金額返金とされていますが、 該当者とは誰のことを指すのでしょうか。 そのことについての記載がありません。 希望者は返金できないのでしょうか。 令和納豆は今後パスポートを剥奪する可能性はあるのか 今回の声明文で、令和納豆の「納豆定食一生涯無料パスポート」を持っている人が一番不安なことは、今後も無料パスの剥奪の可能性はあるのかということですね。 声明文の中ではそのことについては触れられていませんでした。 しかし、令和納豆の経営状態は、世間的にも見ても赤字なのでは?と不安視されており、仮に新たな姿勢で店舗運営していくと言われたとしても、根拠が見えない話なので、「また同じことを繰り返すのでは?」と思われるのは当然です。 パスポート保持者は1000人以上いる中、今後の経営は大丈夫なのでしょうか。 また、無料パスポートを持っている人は、今後もアンケートを書いたり、令和納豆が考える地方創生に協力していかなければならなのでしょうか。 それらのことには触れられておらず、利用者の不安は拭いきれていないです。

次の