夏 風邪 早く 治す 方法。 【風邪】熱が出て体がだるい!即効で出来る治し方は?

風邪を治す方法 一晩で熱を下げる3つのポイント

夏 風邪 早く 治す 方法

こんにちは、さらくりです。 なんか毎日体が、だるいな~ って思っていませんか 風邪が治ったのに微熱が続いてる いったい、いつになったら風邪が 早く治るのだろうと思っている人が多いと思います。 まずは、寝る事が大事です。 体がだるい原因は微熱 風邪をひいてしまって、熱が出ると すぐに病院に行って診察してもらいますよね。 点滴を打ってもらったり、少し痛いけど 注射を打ってもらったりして熱を下げて貰い 風邪薬をもらって治るまで安静にしています。 これは、ほとんどの人が風邪をひいてしまって 熱が出た時に行っている行動ですよね。 まずは、熱を下げないと!と思っていますからね。 スポンサーリンク しかし何故か、微熱の場合だと、すぐに 治るだろうとか、風邪が治りかけている 証拠だなって思って そのまま日常生活を続けて、仕事に行ったりします。 僕の場合もそうでしたから 微熱くらいで、会社を休めないしなって感じでした。 しかし、この 微熱が体の元気を奪って 毎日だるいと感じてしまう原因なのです。 さきほどもいいましたが たかが微熱だと思ってしまっているから なかなか気づかないのです。 仕事がツライも悪循環 仕事をしていても、体がだるくて 全然集中出来ないし、作業が進まない 進まないから、イライラしてしまったり どうしようと悩んでしまいますよね。 この悪循環な仕事との関係が 余計に微熱を長引かせている原因でもあるのです。 イライラする、悩んでしまうっていうことが 知らないうちにストレスとなって あなたの体を襲っています。 ストレスを感じると、体の中の 自律神経が乱れてしまいます。 この自律神経とは、心臓の動きを正常に したり、血圧をコントロールしたり 体温調整を保ってくれる、とても 大切な役割を持っているのですが 乱れてしまうことによって、体温調整を 正常に保つように調整が出来なく なってしまい、微熱がずっと続いてしまいます。 そうすると、微熱で体がだるくなり 仕事が出来ない、イライラして またストレスが増えてしまうという 悪循環、負のスパイラルに陥ってしまう これだと、良くなるどころか ますます悪い方向に行ってしまいますよね。 スポンサーリンク 実際に僕も、こんなような感じがずっと 続いてしまいましたから もう最悪のパターンだったと思いますね。 ストレスから辛い腹痛や下痢になって しまう場合もあるので注意しなければ いけません ストレスからくる腹痛や下痢については コチラの記事に詳しく書いてあります。 風邪を早く治すには寝ること そこで、どうするれば、この悪循環から 抜け出すことが出来るか それは、微熱を無くすこと 風邪を早く治すことですよね。 なかなか微熱だから大したことないし こんなの普通に生活していれば そのうち治るよって思ってしまいます。 確かに規則正しい生活を送っていれば 治るかもしれませんが 実際は会社や仕事、そして生活の中で 多くのストレスを受けてしまっています。 こらは、頑張って生活している ほとんどの人に当てはまることですよね。 そのストレスが、微熱を長引かせて しまっているので、なかなか治すことは 出来ません。 それじゃ、いったいどうすればいいのか 自律神経を正常にするには 少しでもストレスを解消すること それは体をゆっくり休めることが 一番大事です。 そして体をゆっくり休めるには 睡眠、ぐっすり寝ることですね。 風邪をひいて病院にいった時も必ず 先生からゆっくり休んで寝て下さい と言われますよね。 当たり前のように言われているので 特に気にもならないのですが 熱で免疫力が低下して、体に負担が 掛かっているのを寝る事によって、回復してくれます。 それと同時に、その日あったストレスを リセットしてくれて、朝正常な状態に 戻してくれるのが睡眠効果です。 なかなか眠れず微熱と同時に 頭痛の症状もある時は風邪では ない病気の場合があります。 微熱と頭痛が続く症状の時に ついてはコチラの記事に詳しく 書いてあります。 たかが微熱と思ってしまいます。 しかし、この微熱が引き起こす悪循環は 生活に大きな影響を与えてしまいますよね。 そのためにも、まずは微熱を治すこと それはゆっくり体を休めて、自律神経 を正常にする。 その為に、すぐに出来る方法は しっかりとした睡眠で体を休めて寝ることが大切です。 ついついこの睡眠時間を削ってしまい がちですが、微熱が続いている時は 特に注意してしっかり寝るようにしてください。 寝ることによって、ストレスも解消され ますからね。 そして、ぐっすり寝て快適な朝を 迎えて一日をスタートさせましょう! 風邪で咳が止まらず夜中眠れない 症状に即効で咳を止める方法に ついてコチラの記事に詳しく書いて あります。 少しでも快適に寝れるようにしなくては 風邪が治って安心した時に注意 したいのがぶり返しと熱の再発です。 風邪をぶり返して熱が出てしまう原因 と予防と対策方法については コチラの記事に書いてあります。

次の

親子で実践<<精神と体調を整える方法>>風邪やうつになる前に

夏 風邪 早く 治す 方法

にんにく• 長ネギ• ダシの素• そうすると味が染み込んで、風邪をひいていても食べれる優しい味になります。 栄養が染み込んできた頃なので、この時点で溶き卵を入れましょう。 〜〜完成〜〜 おかゆを食べ始めると、汗がダラダラではじめるので 代謝が上がっている感じがします。 ネギのアリシンという成分には、 強力な殺菌作用があるので 風邪ウイルスの繁殖を弱めます。 生姜のジンゲロールという成分は血行を促進し、 体の内側から温めてくれます。 卵の卵白に入っている塩化リゾチームという成分が、 菌やウイルスを殺し免疫力を高めてくれると言われています。 咳や痰のキレもよくするそうです。 体内の 免疫力を最大化する食材を摂ることで 風邪の症状が和らいで、 早急に治ると言われています。 と教わって来ましたが、調べてみると 外気にあたって湯冷めしてしまい風邪をこじらせてしまう為に入らない方がいいと広がった説があります。 「風邪をひいたらお風呂に入ったらダメだ!」という理由に医学的根拠があるわけではなかったので 体を温めることで免疫を最大化し 風邪ウイルスを退治しやすくなるので、私はあえてお風呂に入りました。 その理由は• 体温を上げる• 汗で毒素を出すため• そして自分の体と相談して決めるようにしてくださいね。 元々人間は、体温を36度に保つためにかなりのエネルギーを消費しています。 体は風邪と闘うことに集中し、 ウイルス退治に力を注いで欲しいので42度くらいのお風呂に入り体温確保をします。 お風呂に入る時間は、長すぎると疲れてしまうので 10分位を目安に入りました。 お風呂から出たら、湯冷めしないように 出来るだけすぐ布団に入るようにしましょう。 元気であれば髪の毛を洗いますが、少しつらい風邪の場合は体だけ温めてお風呂から出てもいいかもしれませんね。 体温確保できたので、 後は免疫を高めたカラダに 寝てい間に ウイルスを退治してもらいましょう。 とにかく寝る!睡眠時間をたくさん摂ることで 格段に治りが早くなります。 風邪をわずか1日で早く治すビタミンCの摂り方 風邪をひいた時はビタミンを取るのが 効果的と言われていますが、ビタミンCは 水溶性なので、1度の食事で大量に摂っても 余ったビタミンCは体内に蓄えておく事が出来ず、 尿と一緒に出てしまうので 何回かに分けて取るといいですよ。 効果的なビタミンの摂り方としては、 2,3時間おきにフルーツ1口2口ずつなど摂ると、きちんと体内に栄養として蓄える事ができます。 理由としては、ビタミンは体内に入ってから 3時間後に尿として出る事が多いと言われています。 体内全てのビタミンが出るわけではないですが、 風邪を治すために効率よくビタミンを摂るなら一気に摂るよりも、分けて摂った方がいいですね。 ビタミンCは風邪のウイルスに対する抵抗力を高める働きがあるのと 粘膜を強くしてウイルスの侵入を防ぐ効果もあり 風邪の予防にも繋がるので普段から積極的に摂るようにしたいですね。 オレンジ• みかん• いちご• りんご あたりなら味もサッパリしていて 風邪のときでも食べやすくいいかと思います。 コンビニやスーパーなどで売っている、小さな瓶に入った ビタミンジュースもおすすめです。 以前、風邪を引いてスーパーまで行く気力がなく、レジ前にある ビタミン系飲料を飲んだら 治りが早かったような気がします。 この場合の飲み方は量が少なかったこともあり、 小瓶1本を3時間に分けて飲むようにしていました。 わたしが飲んでオススメだったものを貼っておきますので 見つける時の参考にしてください。 画像を押すと商品ページへ行きます。 【ビタレモン】 喉に効く食べ物はコレだ! 風邪の時に効果的な食べ物は はちみつ大根です。 大根が豊富に含むアリルイソチオシアネートという成分が 殺菌などに強い効果を発揮します。 喉の炎症を起こしている細菌をどんどん殺してくれるのと、はちみつが持つ 殺菌・炎症を鎮める効果や 粘り気があるので喉奥をコーティングし潤わせてくます。 喉の痛む原因としては、 乾燥が一番良くないので こまめに水分を摂り喉を潤わせてあげましょう。 もし、具合が悪く味がないものを摂りたい時は 白湯(お湯)を飲むだけでも、気道が広がるので 咳や喉にもいいとされています。 喉が痛いときは、大根はちみつを摂るといいですよ。 大根はちみつのつくりかた まとめ 風邪をひいたときは、免疫を最大化すれば治りも早いことがわかりましたね。 風邪を引いたら、栄養を取ってしっかり休む!コレが鉄板ということです。 ぜひぜひ、試してみて下さいね。 【関連記事】 皮膚のトラブルはつらいものです。 痒いし、 でも搔いちゃうと傷になるし、第一見た目も 気になります 昔、夏でもないのにサングラスをしたり、日傘を さす友人がいました。 彼女は「紫外線アレルギー だか カレーやシチューなど、今やタマネギは料理に 欠かせない食材ですが、日本で広まったのは 意外にもま 熱中症を防ぐには、普段からの水分補給が何より 大事です。 市販のスポーツドリンクを飲んだら いいの 毎日の仕事お疲れ様です。 締め切りに追い込まれたり、大切なプレゼン前 試験勉強前など急ピッチに仕 入学や入社など何かと新しいことが始まりワクワクする新生活。 その生活も一段落するとなんだかやる 子どもの成長にあわせ、受けるべき予防接種として 代表的な「麻疹」と「風疹」。 お子さんがいる方は 赤ちゃんは、生後2ヶ月くらいから予防接種を受けるようになります。 こんな小さい子に、 大丈夫なの アレルギーの方で常時眠気を感じている方は 多いですね。 それも薬を飲まない時にも 起こる現象で、な 多くのお茶の種類の中でも、最近飲まれる方が とても増えたジャスミン茶。 上品な香りと、 すっきりと.

次の

夏風邪の症状と治し方。高熱の原因は?長引く風邪を早く治す方法

夏 風邪 早く 治す 方法

本記事の内容• 風邪を早く治す方法!たった1日で治すために必要なことまとめ 風邪を治す方法は、薬を飲む以外に何があるんだろう? と検索されてこちらのブログにたどり着いた方もいらっしゃる思いますが。 風邪薬を飲んでも、実は早く治ったりはしません。 なぜなら、風邪薬を飲んでも「辛さを和らげる」効果しかないから。 風邪薬に入っている成分を知ってますか? 主に咳止めや解熱剤、抗炎症剤といった成分で構成されています。 つまり、一時的に症状を抑えてはくれるけど、早く治す成分が入っているわけではないということ。 で、身体のなかから風邪のウィルスを自力で倒す。 そうすることで風邪が治るわけですね。 免疫力を上げるためには、• 水分補給• 栄養価の高い食事• 長時間の睡眠 の3つが必要になります。 風邪だ!と気づいた瞬間から、これらの3点を意識してみてください。 水分補給 脱水症状にならないように水分をこまめに取る。 これが非常に重要になります。 ただ注意点として、身体を冷やさないために、冷たすぎる飲み物は口にしないこと。 利尿作用が高いお茶は避けて、保水効果のあるスポーツドリンクか普通の飲料水を飲むのがいいですね。 特に夏場は、ちょくちょく水分をとらないと身体にも悪いので。 汗を掻いたまま水分補給を怠ると、体力が低下するし、汗で身体が冷えます。 その結果、簡単に夏風邪になったりするので注意して下さい。 それと、鶏肉ささみなどのタンパク質。 これらの栄養素を取って下さい。 ただし、栄養を取るのがいいからと、満腹になるまでは食べたりしないこと。 なぜなら、風邪をひいてると胃腸が弱くなるから。 消化には凄くエネルギーが必要なんです。 風邪のウィルスと全力で戦ってるのに、消化吸収するためにも力を割かないといけないとなれば、エネルギーが足りなくなる。 風邪の治りを早くしたいなら、食べ過ぎたりはしないでくださいね。 胃腸に優しいものを、エネルギー補給のために必要な分だけ食べる。 それが一番良い方法と言えます。 お粥+野菜スープなどスープ系のもの このようなメニューの軽い食事をすると。 でももし、食欲が湧かないのなら… 食欲を増進するものもあわせて食べて下さい。 代表格は梅干しです。 味覚を刺激し、唾液を出させたり、食欲を出させる効果があるので。 ちなみにですが。 普通に食事をする以外に、ビタミンCを取ることも風邪対策になります。 インフルエンザとかノロウィルス対策にもなるので、コンビニでビタミンCのサプリメントを買ってくるのもいいでしょう。 長時間の睡眠 睡眠は、風邪を治すために必要になります。 体力や免疫力を高めて、風邪ウィルスと戦うための貴重な時間になるわけですね。 できれば、1日中寝ていた方がいいくらいです。 なお、寝ている間は、風邪ウィルスを身体から追い出すために体温が高くなり、汗も掻きます。 寝起きの水分補給も大事になってくるので、できれば枕元には飲み物を用意しておきたいところです。 それから、身体を温めておくことも重要なポイント。 体温を上げると免疫力も上がるので。 体温を上げるのは身体が勝手にやってくれるので、意識的にやるべきなのは、身体を冷やさないことです。 そのために、冷えすぎた飲み物は飲まないとか、暑いからと言って冷房なんて入れないこと。 むしろストーブや暖房を付けてもいいくらいです。 まぁ、部屋を暖めすぎると逆に身体に悪くなることもあるので、ほどほどに。 湯たんぽや電気あんかを使ったり、カイロを貼ったりするのがおすすめですね。 定期的に水分補給して、栄養のある食事と、睡眠を取ること。 それが風邪に対する一番の対策になります。 これを1日中やっていれば、体内の解毒が早くなります。 特に、高熱が出れば1日~2日以内で治る可能性も高い。 また、風邪だとわかったら安静にしているのが一番だということで、家で寝ているだけという方が非常に多いですが。 病院に行って診察を受け、処方してもらった薬をしっかり飲んで休んでいたほうが、早く完治しやすいです。 実際、病院に行ったほうが結果的に早く治った!という体験談はよく聞きますし。 どうしても早く直したい、という方は、朝イチで医者に診てもらうのもいいかもしれません。 即効性のある風邪の喉の痛みの治し方とは?ゆっくり休む以外にできる方法 風邪にかかったとき、かなり厄介なのが喉の痛み。 高熱は何とか我慢できるけど、息をするだけで、唾を飲み込むだけでも喉が痛い! というのは本当に辛いものですよね。 そこで、喉の痛みだけでも何とかできないか? ってことを調査して、自分で風邪を引いたときに試してみました。 マスクを濡らして、それをつけたまま寝るのも喉に良いですよ。 うがい薬を使うか、殺菌作用のある緑茶を利用してください。 僕の経験上、こののど飴だけは別格です。 これ舐めてるだけでも、喉の痛みは相当楽になりますよ。 まぁ、即効性はないので実際に効いたかどうかはよくわかりませんでしたが。 理論的には、体温が上がれば免疫力が上がるのは確かだし。 乾燥すると菌が繁殖しやすくなるというのは証明された事実なので。 首元を温めるのと、加湿器を使って乾燥を防ぐことはしておいた方がいいかも。 大した手間でもないし、心なし楽になる気がします。 なお、加湿器がなければ枕元に濡れタオルを置いておくだけもOK。 これらの方法を実践するだけでも、喉の痛みはかなり楽になります。 喉が痛くて寝られないとか、あんまりにも辛すぎるという場合は試してみて下さい。 風邪の治りかけに強まる咳と痰と鼻水への対処法 それから、注意すべきなのは風邪が治りかけている時期。 咳が出たり、痰がからんだりしやすくなります。 これが意外と辛いものなんですよね。 風邪の終わりかけのタイミングでは、咳が発生しやすくなるとはいえ、早めにどうにかしたいもの。 なので、ここでは風邪の治りかけの時期にやるべき対策をお伝えします。 まず大前提として。 完全に風邪が治るまでは無理をしないこと。 もう治りかけだから大丈夫、などと安心して外出したり仕事を頑張ったりすると… 風邪がぶり返しどころか、さらに悪化する可能性があります。 すると、どうなるか? 気管支炎や肺炎にまで発展することもあります。 そんなことになったら、後悔してもしきれませんよね。 後1~2日間で完治するはずだったのに、無理したばかりに入院することになった、なんてことになったら。 なので、最後まで気を抜かずにいてください。 でも、やること自体は、風邪を治すための対策方法と一緒です。 つまり、風邪は寝て治すのが一番だということ。 水分補給と栄養を取ることを忘れずに、ゆっくりと身体を休めると。 それと、長風呂はしてはいけない、ということも覚えておいて下さい。 風邪をひいたら入浴はNGだと思い込んでいる方も多いですが、実はお風呂に入ること自体は問題ありません。 特に、風邪を治すために身体を温めると、ガンガン汗を掻くものですからね。 お風呂に入らないと、身体が気持ち悪いと思います。 ただし、身体を温めすぎないことには気を付けること。 身体を温めるのが良い、というのは風邪を治すための鉄則なので、お風呂の温度も高くしたり、頑張って長風呂をしようとする方もいますが。 これは逆効果になります。 それは何故かというと、お風呂に入るという行為は体力を使うものだから。 つまり、身体が弱っているときに湯船につかる時間が長いと、大きな負担になるわけです。 それが悪影響を及ぼすので、お風呂に入るにしても短時間で済ませるようにして下さい。 この 「風邪を治すための基本」を実践した上で、咳の痛みや痰や鼻水に個別に対処するとしたら。 咳にはのど飴や蜂蜜など、喉に良いものを食べたり飲んだりするのが良いです。 それで喉の痛みはある程度緩和させることができます。 ただ、かなり咳が出るのは、喉の粘膜を修復しようとしているためなので、仕方がないこととも言えます。 なので、治りかけてるんだと考えて、気にしすぎないようにするのが一番良い対応と言えるでしょう。 それから、痰の色も変化してきます。 風邪のひき始めは透明もしくは少し黄みがかった色だったのが。 治りかけてくると、黄色みが増して粘着度が高くなります。 ウイルスなどの死骸などが痰に混ざるから。 なので、鼻水も同じく、黄色っぽくなっていきます。 長くても2~3日でおさまるので、それまでは安静にしているのが一番だということですね。 手っ取り早いのは、辛い鼻水に効く風邪薬を飲むこと。 漢方薬を利用するのもありですね。 スポンサーリンク 風邪をこじらせて長引く原因は?こんな症状が出たら迷わず病院に行くべし 上記の方法を忠実に実践していれば。 つまり、安静にしていれば風邪も普通に治りますが。 風邪のときに無理をすると、症状が悪化する場合があります。 風邪を引いているにも関わらず、仕事を頑張ったりすると風邪をこじらせることがあるんです。 それと気をつけるべきなのは、風邪が治りかけている時期ですね。 ウイルスや細菌がまだ完全に体内から消えていないのに、もう大丈夫だと安心して、仕事に行ったり遊んだりすると… その場合でもこじらせてしまう場合があります。 風邪がぶり返したり、最悪の場合は別の病気を発症することもあります。 一番多いのは肺炎、それから喘息。 実はほかにも、風邪が悪化することでかかる病気は多いんです。 気管支炎• 副鼻腔炎• 髄膜炎 などなど。 もし、風邪がなかなか治らない…とか。 下記のような症状が出てきたら、風邪が悪化している可能性が高いので、速やかに病院へ行って下さい。 自分で動けない場合は、救急車を呼ぶこと。 風邪が1週間以上治らない• 高熱が続く• 咳が多くなり、治る気配がない• 黄色や黄緑色の膿のような痰が出る• しばらく風邪が続いた後、身体の特定の部分が痛むようになった 10日以上、1ヶ月以上風邪が治らないときは、迷わず病院で診てもらって下さい。 風邪なら内科、もしくは耳鼻咽喉科です。 ほかの症状があるなら、それにあわせて何科にするか決めて下さい。 わからなければ受付で聞けばOKです。 風邪をすぐに治す方法まとめ 風邪を治すための基本は、• 水分補給• 栄養価の高い食事• 長時間の睡眠 の3つ。 あとは身体を温めることも心がけて、1日静養していればだいぶ良くなります。 特に、熱にはウィルスを倒す効能があるので、高熱が出たら水分補給と胃に優しい食事を取って、寝てるのが一番です。 そうすれば、たった1日で治すこともできるでしょう。 逆に、薬で熱を下げると、解熱剤の効果で体温が下がるので、短期間で治したい方は薬の使いどころはよく考えて下さい。 ただもちろん、効果がないわけではないので、うまく使い分けるのが良さそうです。 風邪薬の副作用で眠くなるので、寝すぎて眠れないときとかに使うと良いかも。 少なくとも、常備薬として常に用意しておきたいところではありますね。 市販薬のほか、病院で処方される薬は効果も強いことが多いので、医師に診てもらったら積極的に使いたいものですし。 バファリンやルルアタック、パブロンゴールドといった市販薬のほかにも、漢方薬のひとつである葛根湯などを使うのもありです。 そのほか、辛い喉の痛みを早めに治す方法と、風邪をこじらせて長引く原因についてもお伝えしました。 風邪になった際に利用して下さい。 なお、風邪の予防法についてはこちらで解説しています。 今度から予防できるよう、こちらの記事も読んでみて下さい。

次の