スマホ エクセル。 無料で使えるExcel(エクセル)のような表計算フリーソフト6選|ferret

Androidでエクセルは編集できる?オフィスの相互性は

スマホ エクセル

Androidでエクセルは編集できる?その方法は? Androidでエクセルを閲覧、編集する方法を 紹介していきますね。 エクセルの内容を見るには?閲覧する方法 外出先でエクセルの内容を閲覧したい という時ってありますよね。 エクセルの内容をスマホで見るには 「ThinkFree Office Mobile Viewer」 というアプリがおススメです。 エクセルだけではなく、 ワードや パワーポイントなどのOfficeファイルを 閲覧することができるアプリです。 紹介するアプリは 「Microsoft Office Mobile」 もちろん無料ですよ! こちらもエクセルだけではなくて、 ワード、パワーポイントなどの Officeファイルを編集することができます。 「Microsoft Office Mobile」を インストールしたら、まずマイクロソフト アカウントでサインインしましょう。 ワードなどofficeとAndroidの相互性は? 上記で紹介した 「Microsoft Office Mobile」は Androidスマホでワード、エクセルなどの 新規作成から編集までできる便利アプリ ですが、 文章や図形レイアウトが崩れて 表示されたりスマホで編集はできるものの テキストしか編集できませんでした。 文章や図形のレイアウトが崩れることがなく スマホの小さな画面でも操作がしやすく なっています。 「Microsoft Office Mobile」はスマホ画面 では文章が読みにくいですが、 「Microsoft Word」は、ワンタッチで 表示方法をスマホ使用に変更することが できます。 編集もドラック操作で行や列を移動することができます。 「Microsoft Office Mobile」でみられた 編集時の表示崩れもありません。

次の

‎「Microsoft Excel」をApp Storeで

スマホ エクセル

無料のiOS版Excelでは、一部の機能が制限されているものの、既存のExcelファイルを開いて編集したり、新規ファイルを作成して保存したりできるなど、以前のOffice Mobileと比較すると完成度が高い印象です。 Windows PhoneやAndroidに先駆けて、iOS版がリリースされたことからも、Microsoft社の本気度が伺えます。 ファイルの作成・編集にはMicrosoftアカウントが必要 無料のiOS版Excelでファイルを作成したり編集したりする場合は、「Microsoftアカウント(旧Windows Live ID)」が必要です。 ファイルを閲覧するだけならMicrosoftアカウントは不要ですが、無料版の機能をフル活用するためにも、Microsoftアカウントを取得することをオススメします。 アカウントはで取得できます。 もし、Microsoft社が提供しているWebメールサービス(HotmailやOutlook. com)のアカウントを持っている場合は、そのアカウントを利用することも可能です。 iOS版Excelは、OneDrive上にファイルを作成したり、OneDrive上のファイルを開いて編集したりすることができ、編集内容は自動的に保存されます。 クラウド上にファイルを保存し、様々な場所からモバイル端末でファイルを操作する、といった活用方法が想定されているのです。 使用できるサービスについてはをご覧ください。 今回の記事では、iOS版Excelを「iPod Touch」にインストールして操作した様子をレビューします。 「限られた画面スペース内で、Excelの操作がどのように実現されているのか」「無料版でどの機能が使えるのか」など、気になるポイントをピックアップして紹介します(iPadにインストールしたレビューについては、別記事で紹介する予定です)。 なお、無料のiOS版Excelを「商用利用」する場合、認められているのは「ファイルの閲覧」のみです。 ファイルの作成や編集を含めた商用利用に必要なライセンス条件については、をご覧ください(この記事では「個人利用」を想定しています)。

次の

スマホアプリ版Excelの使い方まとめ。iPhone・Androidで無料でどこまで使える?

スマホ エクセル

詳しく解説していきます。 誰でも無料でインストールできる スマホアプリのExcelは、なんと「無料」で使う事が出来ます。 図やグラフの作成といった高度な編集はできないものの、家計簿を付けるなどの単純な表計算はiPhoneやAndroidで出来ちゃいます。 ファイルの保存場所は「OneDrive」 スマホアプリで作成したExcelファイルのデータは、Microsoftのクラウドストレージ「OneDrive」に保存されます。 無料だと5GBまでの制限がありますが、ExcelやWordなどのOfficeファイルのデータだけでしたら5GBもあれば十分です。 なお、利用には「Microsoftアカウント」の登録が必要となるので、まだ作成した事のない方はアカウントを新規作成してください。 スマホアプリ版Excelの操作方法 iPhone・Androidのスマートフォン用のExcelアプリの操作方法について解説していきます。 キーボードがないので操作に慣れが必要 スマホアプリのExcelの最大のデメリットと言えるのが「キーボードがないので操作がしにくい」ことです。 特に、Excelに慣れている方なら普段ショートカットカットキーを使っている人がほとんどだと思います。 当たり前のようにショートカットキー一発で行っていた操作を、スマホ版では一回一回、メニューをタップしなければなりません。 最初のうちはPCなら1分で終わる作業が、倍以上の時間がかかると思います。 グラフや図の挿入も出来る スマホ版でもグラフや図の挿入は出来ます。 例えば家計簿を付けるのにも、グラフがあった方が視覚的に把握しやすいですよね。 グラフの細かな設定の編集などは、操作がややこしいのですが、単純なグラフならスマホアプリでも簡単に作る事が出来ます。 スマホの写真をアップロードする事も出来る けっこう便利なのが、スマホの写真をExcelにアップロードする事が出来ます。 アップロードする際に画像のトリミングもできるので、けっこう重宝するのでは? 例えば家計簿を付ける時に、いつ・どこで・何を買ったか? レシートを撮影してExcelにアップロードしておけば記録になります。 色んな活用法ができますよね。 まとめ。 スマホ版のExcelは機能豊富だから慣れるまで大変 スマホ版のExcelは思ってた以上に機能が豊富で、PC版のExcelと遜色ないレベルの表計算ソフトとしての機能が備わっています。 だからこそ、キーボード ショートカット がないと操作がしにくいというのも正直な感想です。 但し、Excelファイルの中身を見るだけでも利用する価値は大いにあります。 見るだけならすごく便利 Excelでスケジュール管理や仕事の資料を作成している方であれば、出先でもスマホで確認できるのはとっても利便性が高いと思います。 PCで作成したExcelファイルをOneDriveに入れておくだけで、スマホアプリで見ることができます。 是非とも活用してみてください。

次の