上岡 龍太郎。 上岡龍太郎の名言集が心に響く!! ~あなたへのメッセージ~

上岡龍太郎

上岡 龍太郎

横山ノック……。 90年代に少年期を過ごした人にとって、彼といえば「強制わいせつ事件を起こした大阪府知事」のイメージが強いはず。 「いつまで 大阪府の知事をいじめたら 君ら君! 気が済むんだぁー!」とカメラの前でブチキレたかと思えば、裁判では一転、起訴内容を全面的に認めたその変わり身の早さは、もはやギャグの領域でした。 そんな晩節を汚したノックのイメージ回復に少なからず貢献したのが、47年間苦楽を共にした盟友・上岡龍太郎です。 2007年6月7日に開催された「横山ノックを天国へ送る会」にて、彼が披露した献杯の挨拶は、芸能界引退から当時で既に7年経過していたにもかかわらず、なおも錆びつかない話芸で人間・横山ノックの魅力を情緒豊かに伝えていました。 ノックに育てられた上岡龍太郎 ノックさん あなたは僕の太陽でした。 こんな一言から、上岡の口上は始まります。 2人が出会ったのは、1960年。 お笑いコンビ「横山ノック・アウト」を解散したばかりのノックは、ジャズバンドの司会などで活躍していた上岡(当時18歳)の才能を見抜き、笑いの道へ誘います。 彼らは、上岡のロカビリーバンド時代の仲間を加えた3人組の漫才ユニット『漫画トリオ』を結成。 司会者として既にしゃべりに長けていた上岡でしたが、本格的な漫才をするのはこれがはじめて。 それゆえ、10歳年長で芸歴も遙か上のノックに、優しくも厳しく指導されたそうです。 あなたの熱と光のおかげで、僕は育ちました。 あなたの温かさと明るさに包まれて、生きてきました。

次の

【感涙】横山ノックに対する上岡龍太郎の弔辞が素晴らしすぎて感動の嵐

上岡 龍太郎

話題になっている上岡龍太郎さんのコメントは、 1987年から1998年まで放送されていた深夜トーク番組「 パペポTV」で語られたものです。 当時の上岡龍太郎さんは47歳。 今年2019年3月20日で77歳の誕生日を迎えられました。 今の若い世代にはピンとこない名前かもしれませんが、 上岡龍太郎さんは「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流。 恵まれない天才、私が上岡龍太郎です」といううたい文句で、 大阪のテレビ界の人気を席巻していた 超人気芸人です。 上岡龍太郎がパペポTVで語ったコメントの内容とは?【動画】 吉本芸人の闇営業に関連して話題となっている上岡龍太郎さんの コメントでは、 芸人と暴力団やヤクザとの癒着について触れられています。 芸人っていうのは、なんやゆうたら落ちこぼれ人間です。 社会のはみ出し者、アウトロー、いわば暴力団と一緒です。 ですから我々とヤクザは一緒。 それから芸人とヤクザが癒着したらあかんゆうけど嘘あんなの。 根が一緒だから癒着もなにも、元々同じタイプの人間やからね。 上岡龍太郎さんのコメントより 上岡龍太郎さんのコメントはさすが言葉選びが話題性に富んでいるな~という感じですが、 これを言い換えればつまり「 芸人もヤクザも共通する部分があって、だから癒着(闇営業)も起こる」ということでしょうか。 さらに上岡龍太郎さんは上のコメントに続けて、芸人とヤクザの共通点をこのように語っています。 できるだけ楽したい、みんなと一緒のことはしたくない、それでいてチヤホヤしてほしい、お金はようけもらいたい。 ほとんどこうゆう考え方の人間が芸人かヤクザになるんですね。 ただ向こうは腕が達者で、こっちは口が達者だったってゆうだけの話。 上に生えている木が違うからみんな違うって思てるけど根はおんなじですから。 上岡龍太郎さんのコメントより なるほど、この考え方から行くと芸人と暴力団など反社会組織とのつながりや闇営業は、 同業者の集まりといったところでしょうか。 似た者同士付き合いやすい部分があるのかもしれません。 上岡龍太郎さんの コメント動画 全編はこちらをご覧ください! 上岡龍太郎のコメントに対する世間の反応は? 上岡龍太郎の闇営業や芸人と暴力団の癒着に切り込んだコメントには多くの反響が寄せられています。 ネット上では闇営業や癒着の良し悪しは別の問題としつつも、「 本質を突いてると思う」「 さすが天才芸人」といった約30年前のコメントに対する驚きの声が挙がっていますね。 やはり上岡さんはすごい。 こんなに尊敬できる芸人さんは他にいないと思う。 本質を理解している。 だからこそ、すっぱりと辞めれたんですね。 — 西の国から KacheXy パペポ懐かしい!当時はホンマにおもしろかった。 上岡龍太郎よかったわー— ボス pinturihhiko まあね、言い得て妙。 あの頃、あの「横山やすし」師匠も生きていらっしゃったからなあ。 確かに言っていることには妙なリアル感がある。

次の

【息子が急死?】上岡龍太郎の引退理由↓現在の画像や島田紳助との今

上岡 龍太郎

恵まれない天才、私が上岡龍太郎です」という惹句とともに、大阪のテレビ業界を席巻した芸人が上岡龍太郎です。 1960年に横山パンチという芸名で、元大阪府知事であった故横山ノック、横山フックとともに、漫画トリオを結成しました。 トリオ漫才として一世を風靡しましたが、リーダーの横山ノックが政治家に転進したことで、解散。 横山パンチは上岡龍太郎として、ピン芸人の道を歩み始めます。 やがて、流暢で歯に衣着せぬ司会ぶりが人気となり、続々と仕事が舞い込むようになりました。 司会としては、横山ノックと再び組んだ関西テレビ「ノックは無用!」や、鶴瓶とのフリートークで爆発的人気を誇った読売テレビの「パペポTV」、あの直木賞作家、百田尚樹が構成をしていた朝日放送の「ラブアタック!」など、数々の人気番組に出演。 さらに、現在も放映されている関西のお化け番組「探偵!ナイトスクープ」の初代局長としても活躍していました。 上岡龍太郎、宣言通りに芸能生活40周年で完全引退!現在までのメディア露出は? デビューから40年間、上岡龍太郎は関西の芸能界におけるドンとして君臨し続けました。 しかし、上岡龍太郎は、かねてから番組で「私は、芸能生活40周年を迎える2000年の春になったら完全に隠居する!」と公約していたのです。 そして宣言通りにものの見事に芸能界を引退し、人々を驚かせました。 以降、現在まで芸能界の表舞台に立ったことは1度もありません。 その動向が世間に知られるところとなるのは、知人の芸能人が開催するイベントや慶弔事への出席など、ごくわずかな機会のみ。 隠居と表現した通り、穏やかに暮らしているのでしょう。 上岡龍太郎との因縁が囁かれた人物とは?横山ノックへの弔辞が泣ける!弟子テントの葬儀での姿は? 上岡龍太郎は、戦争反対論者で超オカルト嫌いだった! 上岡龍太郎の才能を見出したのは、横山ノックでした。 上岡龍太郎が、研ぎ澄まされた笑いの天才とするならば、横山ノックは、天衣無縫、ボケの神様であったといえます。 2007年、横山ノックの葬儀で読まれた上岡龍太郎の弔辞は、笑いの天才が、ボケの神様を送る見事なものでした。 上岡龍太郎による弔辞は「漫才師から参議院議員、大阪府知事から最後は被告人にまでなったノックさん。 相方や住まいや肩書はコロコロ変えたけど、生涯奥さんだけは替えることがなかったノックさん」と、名調子で語り出されました。 「人を笑わせるのに自分は泣き虫で、賑やかなことが好きな寂しがり屋で、ああ見えて意外に人見知りで、甘えん坊で、頑固で、意地っ張りで 負けず嫌いで、天真爛漫で子供っぽくて可愛くて、そしていつでもどんな時でも必ず僕の味方をしてくれたノックさん」と続けた終盤には、葬祭会場全体が涙と感動で包みこまれました。 上岡龍太郎自らが師匠志願した、弟子テントの死にぼうぜん自失 2016年9月27日に上岡龍太郎の弟子で、あまりテレビに出演しないことから「ツチノコ芸人」と呼ばれていた、ピン芸人テントが不慮の死を遂げました。 死因は交通事故で、まだ65歳という年齢でした。 葬儀に参列するため、久々にマスコミの前に姿を現した上岡龍太郎は現役時代のシャープな面影を残してはいるものの、出棺するテントをぼうぜんと見送り、終始無言。 後に関係者を通じて、「突然のできごとで、衝撃的でぼうぜん自失としております。 さすがの私も言葉がございません」というメッセージを寄せ、その喪失感を伝えました。 実は、このテントに惚れ込んだのは上岡龍太郎のほう。 自らテントの師匠になることを志願したのだそうです。 2016年の正月、上岡龍太郎の家に挨拶に訪れたテントともう1人の弟子ぜんじろうは、兄弟会を開こうと意見が一致。 上岡龍太郎も満足そうに聞き入っていたといいます。 そして同年8月18日に2人は大阪で、初めての兄弟会を開いたばかりでした。 上岡龍太郎にとっては、自分が認めた笑いの天才を世に送り出せなったことに、大きな後悔が残ったようです。 上岡龍太郎の引退理由を考察、去り際の美学とは? 上岡龍太郎の引退理由を「探偵!ナイトスクープ」の放送作家を務めた増山実が分析! 宣言通り、2000年に表舞台から完全に姿を消した上岡龍太郎。 58歳での早過ぎる引退でした。 引退の理由について、本人は「ボクの芸が通用するのは20世紀まで」「落語や講談と違って、テレビの場合は年を取ったら老醜をさらすだけ」などと明かしていました。 しかし、「探偵!ナイトスクープ」の放送作家を務めた小説家の増山実は「本心は別のところにあったのでは」と振り返っています。 増山実は「上岡龍太郎の話芸と圧倒的なセンスなら、その後10年、20年と芸能界のトップに居続けることができたはず。 それでも引退を選んだのは、おそらく自分の限界ではなく、テレビの世界に限界を感じたからではないか」との推測を展開。 さらに、90年代後半頃からクレームを恐れて慎重になっていったテレビ業界の変化に触れながら「上岡龍太郎の魅力の1つはストレートな物言い。 テレビの世界ではやりたいこと、言いたいことを表現できなくなると敏感に感じ取ったのでは」と、その引退理由を分析しました。 真相は本人にしかわからないことですが、同じ業界に身を置き、ともに仕事をしてきた人物の考察には説得力があります。 上岡龍太郎が見せた、去り際の美学 上岡龍太郎は切れ味の良い毒舌で知られ「知性で笑わせられる芸人」としての評価をもった類まれなる存在でした。 他人を厳しく観察するだけではなく、自身と取り巻く環境の変化すらも冷静に見際め、絶頂のうちに消えるという道を選んだのでしょう。 築き上げた地位に安住するよりも美学を優先したその潔さが、今も「上岡龍太郎はすごかった」「もう一度あの姿が見たい」と懐かしむ声につながっているのかもしれません。

次の