薬剤師 転職 第二新卒。 薬剤師・管理薬剤師の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

新卒・第二新卒歓迎の正社員求人特集|特集詳細|ファルマスタッフ

薬剤師 転職 第二新卒

薬剤師の第二新卒はいつまで? 求人の募集要項など見ていると、たまに「第二新卒」と書かれている求人があります。 あなたは「第二新卒」に該当するのか気になりますよね? まずは、「第二新卒」についてしっかり確認しておきましょう! 第二新卒とは? 結論から言うと「第二新卒」という言葉には明確な基準はありません。 しかし、 世間一般的には学校卒業して入社後3年以内に転職活動する人たちの事を言います。 似たような言葉で「既卒」と言う表現がありますが、既卒は学校卒業後一度も正社員として働いたことが無い人たちの事を言います。 なので、「第二新卒」という言葉とは明らかに意味が違ってきます。 第二新卒の年齢 第二新卒が該当する年齢は、「学校卒業後3年以内」と言われているので、薬剤師だと27、28歳以下の事を指しています。 薬剤師は前から飽和になると言われ続けていますが、採用市場は「売り手市場」となっており、採用がなかなか進まない企業が増えているのが現状です。 会社側は年齢の枠を広げざるをえなくなっているので、第二新卒からも人材を求める傾向があります。 薬剤師の第二新卒が転職で失敗しないためのポイント それでは、第二新卒が転職で失敗しがちな具体的なポイントについてまとめたので紹介していきます。 以下の3つを押さえることが転職を成功させるカギとなります。 ドラッグストアから貿易会社、最終的には製薬メーカーへ転職を成功させた経験からお話しします。 自己分析をする 自己分析は転職活動する際の。 一番大切なポイントとなってきます。 やりたい仕事の内容や、自分が向いている仕事が分からないまま転職活動をすると、入社した会社とのミスマッチが生じ、最悪の場合で職場を辞めざるを得なくなってしまいます。 そうならないためにも、自己分析は必ず行いましょう! 自己分析を行うことによって、面接官に必ず聞かれる「なぜ前職を選んだのか?」、「なぜ会社を辞めたのか?」、「なぜこの会社に応募したのか?」をしっかりと答えられるレベルまでに到達できます。 わたしは専門家ではないので、自己分析のやり方については詳しく触れませんが、以下の動画は参考になります。 ぜひ一度、自己分析を行ってみてください。 ネガティブな退職理由をそのまま伝えない 退職理由の伝え方のポイントは、具体的な事実を伝えることです。 退職理由に嘘をつくことは、入社後にギャップを感じてしまうことがあるので長い目で見ると良くない結果をもたらしてしまいます。 面接官はたくさんの経験があるので、転職希望者の「本音」を簡単に見抜いてしまします。 大切なのは、ネガティブな転職理由がある場合でも、強引にポジティブなものにすり替えたり、ウソを言ったりしないほうがよいということです。 こちらに退職理由の伝え方をまとめた記事があるので参考にしてみてください。 以下に後悔するポイントをまとめてみました。 なので、なるべく空白期間を作らない転職活動をすることをおススメします。 転職先が決まらない 薬剤師と言えでも、転職活動を始めたからと言ってすぐに就職先は決まりません。 転職活動を初めてから入社までにかかる期間は、早くても1カ月はかかってしまいます。 平均的な転職活動期間はリクナビが公表しているデータで3~6カ月となっているので、余裕のある転職活動が求められています。 その開放感に浸り、夜遅くまで動画やゲームなどをすると簡単に生活リズムが崩れます。 生活リズムが崩れると免疫力が落ちるので体調不良に陥りやすくなり、なかなか転職活動を開始できない状態となってしまいます。 そうならないためにも、生活リズムの予定を立てる必要があります。 薬剤師の第二新卒のメリット・デメリット ここからは、薬剤師のメリット・デメリットについて説明します。 それぞれ、面接時の武器になるのでしっかりと理解しておきましょう! 薬剤師の第二新卒のメリット フレッシュさとやる気を兼ね備えている 第二新卒は年齢が若いので、会社にとってとても魅力的です。 若くて素直なので、初々しい雰囲気を持つ人材は、会社の文化・業務に慣れるための教育がしやすいので、積極的な会社はそのような人材を求める傾向にあります。 さらに、前向きさも兼ね備えているので、仕事に対する理想を持って努力する人材を会社は欲しています。 ビジネスマナーを習得している 第二新卒では社会人としてのコミュニケーション力をある程度備えていることが求められます。 面接では挨拶、的確な受け答え、質問の聞き方などが社会人としてふさわしいレベルであるかどうかを見られます。 薬剤師の第二新卒のデメリット すぐ辞めてしまうのではと思われてしまう 社会人歴が浅い状態で第二新卒として転職すると、新卒で入社した会社をを短期間で辞めることになります。 仕事などへの適性を短期間で判断してしまいがちになるので、仕事の辞め癖がついてしまうかもしれません。 そのように判断されないためには、前職の退職理由についてしっかりと準備する必要があります。 経験やスキルが不足している 社会人経験があるといっても、浅い勤務歴では経験やスキルが不足していると判断されがちになるので、面接ではどのように対処するかが肝となってきます。 面接官も理解している部分ではありますが、そこはフレッシュさを利用した具体的な回答を、会社の業態に合わせて用意する必要があります。 まとめ:失敗は防げます 薬剤師の第二新卒について説明しましたが、第二新卒を採用したいと考えている会社は多いので、転職するにはいい機会だと言えます。 しかし、ポイントを抑えた転職活動を行わなければ薬剤師と言えども成功は難しいです。 今後の為にもしっかりと自己分析を行い、会社とのミスマッチを避けることによって転職の回数を減らしておきましょう。 転職をする際は、転職エージェントを利用することが成功のカギとなります。 転職は人生の選択において失敗できない重大な場面となっています。 誰よりも早くレアな求人を簡単に見つけるには、転職サイトに登録するのが一番良い方法です。 対応の速さが業界一• 両面型のコンサルタントなのでミスマッチが起きづらい• 薬剤師の利用者数No. 薬剤師の求人件数は約35,000件• 新着求人は毎日30件以上• 大手調剤薬局やドラッグストアなどの求人に強み• 面談による的確なアドバイス• 書類添削、面接対策、年収の条件交渉を行ってくれる• 転職後のアフターフォローが充実.

次の

薬剤師・管理薬剤師/第二新卒歓迎の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

薬剤師 転職 第二新卒

これからの未来を担う若手歓迎!勤務条件や教育制度が充実した求人多数 第二新卒の転職、実は有利?第二新卒の転職が優遇される理由 「第二新卒」は、新卒で入社して3年以内に転職する人を指します。 社会人としてはまだ半人前と言える段階で、転職を考えても「第二新卒では採用されないのではないか」「希望の職場に入れないのでは」など不安を抱える方も多いようです。 しかし、実は薬剤師転職において、次のような理由から第二新卒が有利になることもあるのです。 即戦力として期待ができる 第二新卒が新卒と大きく違うのは、社会人として教育を受けているかどうか。 働くうえで必要最低限のマナーが身についているか否かは、最近まで学生だった新卒と比べて大きな差があります。 薬剤師として必要な技術や薬の知識、患者さまとのコミュニケーション能力なども一定レベルで備わっているので、即戦力として期待できることもメリットになります。 長期的な活躍と将来性が望める 年齢が若いため、長期的な活躍や将来性が見込めることも採用するメリットとなります。 若いというだけで「頭の回転が早い」「記憶力が良い」「行動力とやる気がある」「向上心がある」「柔軟性がある」と期待は高まります。 中途採用とは違い、実務経験や知識が十分に備わっていなくても、教育次第で長期的なキャリア形成を期待できる人材とみなされます。 固定概念がなく、教育がしやすい キャリアを積んできた中途採用は、長年務めた企業の色に染まっていたり、長年の経験から仕事への固定観念が強くなりがちです。 どんなに優れた経験がある人でも、凝り固まった信念や強いこだわりがあると、職場にとって扱いづらい存在となってしまいます。 その点、 新卒と中途採用の中間にいる第二新卒の場合は、まだ固定観念が染みついていないため、育てやすいメリットがあります。 会社の社風にあった人材に育て上げることができるので、幹部候補として活躍を期待されることもあるでしょう。 採用担当者が第二新卒に抱く懸念とは 第二新卒は有利な面がある一方、採用担当者は不安も抱えています。 次のポイントをよく確認して、デメリットをカバーできるように準備をしておきましょう。 「すぐに辞めてしまわないか」という懸念 採用担当者も新しい人材を迎えるには、時間と労力を割いて採用活動をしています。 そのため、前職を早い段階で辞めている第二新卒には、「また転職を繰り返してしまうのではないか」という懸念を少なからず抱かれているでしょう。 しかし、 説得力のある転職理由があり、向上心を見せることができれば、採用したい人材へと印象を変えられるでしょう。 「職場になじめるかどうか」という不安 人間関係を理由に、転職を決意する薬剤師は多くいます。 そのため、「職場の環境になじめるか」「既存の従業員とうまくやれるか」は、採用を決める重要な判断材料でしょう。 せっかく雇用した人材が短期で辞めてしまうことは避けたいのが一般的。 面接で転職理由を聞かれた際は、人間関係が原因で辞めようとしていても、せきららに話すことは控えましょう。 第二新卒が転職活動で気をつけるべきこと 人生ではじめてとなる第二新卒の転職。 だからこそ、計画と対策が不十分で、転職活動に失敗してしまうケースも少なくありません。 思いがけないところでミスすることがないよう、第二新卒が転職活動で気をつけるべきポイントを押さえておきましょう。 会社を辞めることが目的になっている 「とにかく今の職場を辞めたい」「人間関係を断ちたい」「残業や業務量の多さが嫌になった」など、今の業務の嫌な面ばかりが見えて転職を決める方もいるでしょう。 しかし、 明確な目標がないまま転職すると、同じ失敗を繰り返しかねません。 転職したあとのビジョンが定まっていないと、「どのような基準で転職先を探せば良いかわからない」「退職理由と志望動機に一貫性がない」などの理由から、転職活動がスムーズに進められなくなります。 辞める理由を会社や人のせいにする 「会社のこういうところが嫌で... 」「あの上司がいるから嫌になった」など、会社を 辞める原因を会社や上司のせいにするのは採用担当者に良い印象を与えません。 「入職後も同じことを繰り返してしまうのでは... 」と不安を与えてしまうので、退職理由をネガティブにそのまま伝えることはやめましょう。 誰かのせいにするのは簡単ですが、根本的な原因を追求しなければ状況は変えられません。 そもそも自分の意思で決めた職場であり、その判断を下した自分にも責任があります。 「そもそも何を求めて就職したのか」「どう改善すればうまくいったのか」など、辞める理由を深く掘り下げてみましょう。 内定をもらう前に退職をしてしまう 現職から早く離れたいという気持ちが先走り、内定をもらう前に現職を辞めてしまう方がいます。 しかし、もし内定が遅れてしまうと、その期間の収入が途絶え、一人暮らしをしていれば家賃や光熱費などの支払いに追われることも...。 生活に困り、「どこでも良いから」と次の職場を急いで見つけることになっては本末転倒です。 失敗に陥らないよう、内定が得るまでは現職に退職意思を伝えるのはやめておきましょう。 第二新卒の転職を有利にするために。 転職成功の秘訣 では、第二新卒の転職を成功させるためには、どんな点に気をつければ良いのでしょうか。 ここでは転職時に確認しておきたいポイントを紹介します。 自分のキャリアプランや希望、条件を明確にする 転職活動を明確な目的もなく進めてしまうと、また同じ過ちを繰り返してしまいます。 次の職場で理想の働き方やキャリアプランを実現できるよう、希望や条件を明確にしておきましょう。 具体的には 「3年後、10年後にどうなっていたいか」を今一度考えてみてください。 資格を取得したいなら補助制度がある職場を選んだり、管理職を目指して年収アップを目指すなら昇進・評価制度が充実している職場を選ぶなど、指標が定まりやすくなります。 転職成功のために理想のビジョンを思い浮かべた上で、具体的に書き出すと良いでしょう。 ネガティブな退職理由を前向きな理由に変換する 転職活動をはじめると、履歴書や面接で志望動機や退職理由を聞かれる機会が出てきます。 転職する動機は決してポジティブなものばかりではなく、ネガティブな内容もあるのが普通です。 しかし、そのネガティブな理由をそのまま採用担当者に伝えるのはNG。 ネガティブなことは自分のなかで消化して、なるべくポジティブに伝え方を工夫しましょう。 例えば、「残業が多くて嫌だった」と言うのではなく、「効率よく仕事をして、投薬に注力したい」などに言い換えることで、印象を大きく変えられます。 情報収集を綿密に行う 転職成功の鍵を握るのは、情報収集です。 新卒のときは友人や先輩、先生などに話を聞けましたが、転職活動は基本的に単独で行います。 自分の希望条件を絞り込み、案件を幅広く探すことで、自分に合った職場が見つかりやすくなります。 ただし、自己流の転職活動では情報収集力に欠けるため、自分にとって最適な職場を見つけるには時間も労力もかかります。 業界事情や個別企業の内情などを把握している薬剤師専門の転職コンサルタントを利用するなど、様々な手段を活用して情報収集に励むことが大切です。 また、求人票やインターネット上の情報だけではなく、職場見学などで自分の目と肌で職場の雰囲気を確認しておくと良いでしょう。 はじめての転職は薬剤師専門コンサルタントがおすすめ 転職を成功させるカギとなる情報収集は、転職コンサルタントを活用するのがおすすめです。 転職のプロである転職コンサルタントを利用すると、次のようなメリットがあります。 自分で探すよりも多くの求人情報が手に入る インターネットを使って求人情報を探すこともできますが、会社によっては古い情報をそのまま載せていたり、最新情報が更新されていなかったりすることも。 転職コンサルタントを通すと、自分では入手困難だった情報が手に入ったり、希望条件に見合った企業を紹介してもらえたりするメリットがあります。 非公開情報をもっている場合も多いので、直接問い合わせてみると良いでしょう。 聞きづらい内容の質問や条件交渉を代行してもらえる 直接は聞きにくい質問があったり、内定を受けてまだ不安が残っていたりする場合も、転職コンサルタントが代わりに問い合わせてくれます。 とくに 自分からは言い出しにくい給与交渉を代行してもらえる点は、転職コンサルタントを活用するからこそのメリットではないでしょうか。 薬剤師の年収相場を知っている転職コンサルタントの交渉力によって、収入アップが見込めることもあります。 履歴書作成や面接も支援してもらえる 履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成を手伝ってもらえることもメリットのひとつです。 とくに職務経歴書は新卒就職では作成する機会がなく、はじめての経験となるため、プロの目線によるチェックを受けておくと安心です。 転職コンサルタントは薬局、病院、製薬メーカーなど、それぞれの業界に通用するノウハウをもっています。 希望先にあった適切なアドバイスを受けられるため、採用の確率も高められるでしょう。 また、転職の合否を分ける面接に同行してもらえる場合もあります。 面接時の急なトラブルや誤解が生じそうな状況においてフォローもしてもらえるので、採用のチャンスを逃しにくくなることも利点です。 キャリアの幅を広げられる 転職コンサルタントは、職場を紹介してくれるだけでなく、その手前の段階からサポートしてくれます。 「仕事を辞めたいけれど本当に自分にあった環境や職場が分からない」「次の職場で何を実現したいか定まらない」「自分のキャリアビジョンが見えない」など、転職活動をまだ模索している段階でもまずは相談してみるといいでしょう。 職場への不満やストレスを深く掘り下げると、その影に隠れている理想やキャリアビジョンが明確になるもの。 そして明らかになった希望や理想を叶えるためには、「どのような職場が良いのか」「どのような業種が合っているのか」など的確なアドバイスをしてくれます。

次の

薬剤師・管理薬剤師の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

薬剤師 転職 第二新卒

「3年は続けないと、他でもやっていけないと思うので…」 若手薬剤師さんからよくお聞きしますが、本当にそうでしょうか? 厚生労働省が毎年発表している大学新卒者の離職率統計では、約30%が3年以内に辞めていると言われています。 一方で、「第二新卒」を積極採用する企業も多く存在します。 これはもちろん、薬剤師求人募集をする企業に関しても例外ではありません。 実際にファーネットキャリアでは、第二新卒としてご転職される若手薬剤師さんのサポートを数多く手掛けて参りました。 第二新卒とは… 一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが1~3年程度の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。 このようなお悩みはありませんか?• 入社前のイメージと実際とのギャップが大きい• 残業が想像以上に多い• 現場の人間関係がよくない• 薬局に入社したが、やはり病院で働きたい• 実際に返済が始まってみると、思ったよりも奨学金返済が大変• ご結婚、ご出産によるライフワークの変化 ご不安・ご不満を抱えながらの3年間ではなく、より自分に合った環境で早くから新たにスタートする方が、ご自身にとって良い選択ではないでしょうか? もちろん、初めてのご転職でご不安が大きいと思います。 専任コーディネーターが担当させていただきますので、どんなに些細なことでも、気になることがあればお気軽にお尋ねください。 「現職に残るべきか、転職するべきか迷っている」、「漠然と転職は考えているが、明確なイメージはできていない」といった方も、是非お気軽にご相談下さいませ。 現在の薬剤師転職市場や、転職のプロとしての目線からのアドバイスなど、お一人お一人に合ったお話をさせていただきます。 「取得目的」 株式会社ユニヴは、職業紹介や就職・転職に関する情報提供などのために個人情報を取得します。 「利用」 株式会社ユニヴは、取得目的の範囲内で個人情報を適切に利用します。 「提供」 株式会社ユニヴは、法令で定める場合を除き、個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を当該個人の同意なしに第三者に提供しません。 「外部委託」 株式会社ユニヴが利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合があります。 委託先における個人情報の取扱いについては株式会社ユニヴがその責任を負います。 「個人情報の開示、訂正、または削除について」 個人情報の開示、訂正または削除の依頼をされる場合は、下記お問合せ先までメールまたはお電話でご連絡ください。 ご本人であることが確認でき次第、すみやかに対応します。 但し、株式会社ユニヴの業務に支障がある場合や業務の記録については、開示、訂正または削除の依頼にお応えできない場合があります。 【個人情報の管理者および問合せ先】 株式会社ユニヴ 個人情報保護管理者:常務取締役 藤田泰浩 住所:大阪府大阪市北区西天満3-4-15 公冠ビル2F 電話番号:06-6361-3601 メールアドレス:privacy univ. jp 「提供の任意性について」 個人情報のご提供は任意となりますが、お預かりした個人情報が不足している場合、適切なサービスを受けられないことがあります。 「ご本人が容易に認識できない方法による情報の取得について」 本サイトにおいて、サイトの使い勝手を向上させる目的やアクセス状況などの統計的情報を取得する目的で、ご本人が容易に認識できない方法(Cookieなど)を用いることがありますが、そのような技術の使用により、お客様が入力していない個人情報を取得することはありません。

次の