武村 綾華。 柔道サイト eJudo: 全国高校選手権・女子個人戦展望

GOLDEN GLOVEオフィシャルじゃないサイトのトップページ

武村 綾華

経歴 [ ] 3年の時に52㎏級決勝で3年のにの技ありで敗れるも2位になった。 に進むと、後に52㎏級の世界チャンピオンとなると同期になった。 1年の時には57㎏級に準々決勝で2年の武村綾華に敗れて5位だった。 では3回戦で敗れた。 2年の時にはインターハイの準々決勝で2年の片岡志乃に有効で敗れて5位だった。 3年の時にはインターハイの県予選に70㎏級で出場するも決勝で敗れて本戦には進めなかった。 2012年にへ進学すると、3年の時にの57㎏級決勝で4年の小野彰子を指導2で破って優勝した。 4年の時には学生体重別で5位だった。 2016年には韓国代表としてに出場するも初戦で敗れた。 2019年のでは世界ランキング外ながら決勝まで進むと、イギリスのエイミー・リブゼイに逆転勝ちして初優勝を飾った。 では3位になった。 戦績 [ ]• - 2位 52㎏級 57㎏級での戦績• - 5位• - インターハイ 5位• - 優勝• - 学生体重別 5位 63㎏級での戦績• - 優勝• - 3位 出典 、。 脚注 [ ] [].

次の

平成21年度第58回全国高等学校柔道大会結果動画更新(09.8.18)

武村 綾華

docomo版QRコード au版QRコード では、当日の試合の模様を現地からお伝えしています! 【高校選手権展望・女子52kg級】 -中西 比叡山 と角田 八千代 が軸、楠 奈良育英 が絡む激戦階級- 写真:優勝候補に挙がるIH3位の中西 軽量級は学年の差を越えて早熟傾向にあり、今大会は新人戦ながらも実績十分の選手が揃う。 加えて48kg級、52kg級の有力選手が集中する形になり、この52kg級は最激戦階級と言って良いラインナップになった。 軸は09年インターハイ52kg級3位の 中西悠 滋賀・比叡山 と同じく3位の 角田夏実 千葉・八千代)に、全日本ジュニア3位の 楠智恵 奈良・奈良育英 の3人。 中西は同門の48kg級講道館杯3位、2年連続全日本ジュニア王者の遠藤宏美を県予選決勝で破っての出場。 世界カデ王者と普段から高いレベルでの切磋琢磨を続けており、今大会は優勝候補の最右翼。 ライバルの楠にはインターハイ準々決勝で勝利 僅差 している。 この3人に加えて前評判が高いのが、 黒木美晴 宮崎・宮崎商。 団体戦で九州ナンバーワンの声もある宮崎商高のポイントゲッターとしてチームを牽引する。 指導者間での評価が非常に高く、今大会上記の3人に割って入るだけの力を十分持っている。 写真:角田は準決勝で楠との対戦が濃厚 ほか、08年全中優勝の 宮川拓美 石川・北陸大谷 、同じく3位の 魚山莉央 愛媛・新田 、埼玉栄高で団体戦レギュラーを務める 太田千鶴、東大阪大敬愛の 高松静香も厳しく鍛えられており上位進出の可能性十分。 48kg級勢では09年インターハイでベスト16に食い込んだ 鈴木真佑 京都・京都文教 と 原琴乃 愛知・同朋 が勝ち上がりを伺う。 組み合わせは楠のAブロックに魚山、角田のBブロックには黒木に原、Cブロックには宮川・ 玉木聖子 沖縄・沖縄尚学 、中西のDブロックには太田・鈴木という配置。 黒木・角田が激突する準々決勝がひとつのヤマだろう。 【高校選手権展望・女子57kg級】 -優勝候補No1の武村を塚田が追う- 優勝候補最右翼は09年インターハイ王者 武村綾華 埼玉・埼玉栄。 写真:IH王者武村は同世代に負けるわけにはいかない 払腰に内股、大外刈と、パワーを裏付けにした大技は威力十分で、寝技も強い。 団体戦では中堅が63kg以下というレギュレーションの関係で出場しない見込みだが、その分個人戦に集中できるという利点もある。 気持ちで戦うタイプなので、団体戦不出場をモチベーションに変えることが出来るか。 ジュニア国際大会でも実績を挙げて来ている武村は、いまのところこの世代では第一人者。 、シニアのカテゴリではまだ跳ね返されている形だけに、ここで同学年に不覚を取るわけにはいかない。 武村を追うと見られるのが09年インターハイ3位の 塚田紗矢 栃木・國學院栃木高。 インターハイ準決勝では武村が払腰「技有」と指導アドバンテージ2、塚田が指導アドバンテージ3という小差の激戦を演じており、今大会にリベンジを賭ける。 次グループの 趙睦熙 宮崎・宮崎日大 と 森咲良 広島・清水ヶ丘 、 高橋紗美 群馬・常磐高 の3人はインターハイではベスト8に食い込んでおり地力十分。 インターハイベスト16の 山下志保 京都・京都学園 、07年全中3位の 染宮恭子 千葉・千葉明徳 、 向奈都美 東京・藤村女子 に加え、 喜多京子 奈良・奈良育英 、 岩田奈那子 神奈川・横須賀学院 らも力を持っている。 順当にいけば決勝は武村-塚田だが、武村のブロックには高橋・向・趙、塚田のブロックには山下 2回戦 、森 3回戦 、染宮 準々決勝 らの強豪が配されている。 【高校選手権展望・女子63kg級】 -頭ひとつ抜ける太田晴奈を九州勢の黒木・木村が追う- 09年インターハイ3位、 太田晴奈 東京・淑徳 が優勝候補ナンバーワン。 所属の酒井健也監督は「団体戦も大事だが、太田がオール一本で個人戦で優勝することが大きな課題」と語り、頂点取りへの意欲を隠すことがない。 太田の特徴はなんと言っても、どこからでも「一本」を取れる技のキレ。 1日平均千本の打ち込み、200本以上の投げ込みで磨きこんできた内股・大内刈・払腰で日本一を目指す。 写真:優勝候補筆頭は太田晴奈 その太田のブロックには有力選手が集まり行く手を阻む。 3回戦では早くも有力候補の 黒木和世 宮崎・宮崎商 と対戦が予想される。 黒木は寝技が得意で、妹の美晴とともにポイントゲッターとして宮崎商を牽引する好選手。 そして準々決勝では団体戦優勝候補、福岡・敬愛のポイントゲッター 木村輝美と激突する。 技のキレで勝負する太田に対し、木村は抜群のパワー、体幹の強さをベースに押し込んでの柔道が持ち味。 07年全国中学大会の決勝での両者の対戦は「有効」で太田に凱歌があがっているが、それぞれ特徴あるチームに進学し、どう成長したか。 この階級全試合中もっとも注目すべき試合かもしれない。 ほか、逆ブロックでは08年全中57kg級優勝の 岡本悠理 京都・京都学園 がシード。 有力選手としては、09年インターハイベスト8の 佐野賀世子 富山・高岡龍谷 に、 鴨川成美 長崎・長崎明誠 、 内田寛乃 愛知・弥富 、08年全中3位の 福島萌衣 埼玉・埼玉栄 らか。 【高校選手権展望・女子70kg級】 -結城・松延の九州勢2人に注目- 優勝候補はインターハイ2位の 結城久美子 福岡・敬愛。 パワーをベースに組み勝ち、払腰に大外刈、内股と相手を投げ切るだけの技を持っている。 団体戦では大将 無差別 での出場のため、男子選手や超級の選手とも乱取りを積んできておりさらに力をつけてきている。 写真:敬愛で大将を務めるIH2位・結城久美子 対抗するのは 松延祐里 長崎・長崎明誠 と、 中島美雪 三重・名晴。 松延は九州で常に結城と覇を競ってきた強豪選手で九州大会の70kg級では3連覇。 体幹の強さをベースに寝技で取るしぶとい柔道が身上で、昨年のインターハイは組み合わせに泣きベスト16で敗退したものの、全国上位に入ってくる力は十分。 中島はインターハイ78kg級3位。 今大会では階級を落として頂点を狙う。 09年インターハイ王者で今大会第1シードの 野田亜海 宮城・東北 も候補に挙げるべきだが、インターハイ以後はジュニア・シニア・高校と全てのカテゴリの試合で、インターハイチャンピオンにふさわしいパフォーマンスを見せることが出来ておらず、東北ブロック大会でも優勝争いに絡めず。 今大会で真価が問われる。 小柄な体を生かした背負投に潜り込んでの大内刈など、インターハイで見せた思い切りの良さを再現することができるか。 インターハイベスト8の 妹尾奈波 岡山・岡山学芸館 のほか、 重永智美 山口・西京 、 向井あすか 埼玉・桶川 、 岡本幸穂 大阪・東大阪大敬愛 らも有力。 【高校選手権展望・女子無差別】 -超級の強豪、井上・渡部の一騎討ちに注目- この階級は78kg級と78kg超級の2階級の強豪が集うことになりこれも激戦区だが、超級の2名、、 井上愛美 愛媛・新田 と、 渡部紫織 岐阜・鶯谷 が優勝争いの軸となる。 写真:インターハイ後も各種大会で経験を積んだ井上愛美 井上は09年インターハイ2位。 以後も全日本ジュニア ベスト8 を始め各種大会に出場。 愛媛国際大会では、ブライアント イギリス らと対戦し、1階級下ながらシニアの強豪マルザン ドイツ を破るなど経験を積んできた。 169cm,110kgの恵まれた体格を生かした柔道で将来の日本代表候補だ。 対する渡部はインターハイ3位。 160cm,115kgと体格では井上に引けをとらない。 ともに内股に払巻込に寝技も強いという典型的な女子重量級の柔道。 両者の対戦では当然奥襟を取り合う展開が予想され、その点上背のある井上がやや有利の声もあるが、試合はやってみるまでわからない。 渡部が、自分より体の大きい選手との対戦で取れる技に習熟しているかどうかがひとつのカギ。 実力的にはこの2名が大きく抜け出していると見ていい。 これを追うのが、インターハイ78kg級ベスト8の、 谷川有美 宮崎・宮崎商 、全日本ジュニア78kg級ベスト8の、 増田早矢花ら。 有力選手として挙げられるのは、 井坂希望 千葉・八千代 、、 立野幸 東京・渋谷教育学園渋谷 、、 中山あゆみ 広島・広陵 など。

次の

公益財団法人埼玉県スポーツ協会

武村 綾華

Contents• 田代未来の経歴は? 柔道を始めたのは八王子市立上壱分方小学校2年生の時です。 警察官の父親と兄の影響を受けて、近所にある警視庁高尾警察署で習い始めました。 小学3年生からは、相模原の相武館吉田道場にも通い、強くなっていきました。 小学5年の時には、全国小学生学年別柔道大会の40kg級に出場し、3位に入りました。 いきなり全国大会で3位に入る結果を残すところは、ふつうなかなか難しいと思いますが、素晴らしいことだと思います。 6年の時には45kg級で見事に優勝しています。 これも大したものだと感心しました。 相原中学校時代には、1日中柔道の稽古に明け暮れたそうで、年中無休で一心に練習の日々を送ります。 1年の時には全国中学校柔道大会の57kg級に出場し、決勝では戸塚中3年の武村綾華と対戦し、有効を挙げて先攻しますが袈裟固で逆転負けを喫し2位にとどまりました。 2年の時には同大会の63kg級に出ましたが、決勝では芳野中3年の佐野賀世子と対戦し、判定で破って見事に優勝し前年の雪辱を晴らします。 3年になり16歳以下の世界一を決める大会である世界カデに出場しました。 この大会ではオール一本勝ちという快挙で見事に優勝しました。 素晴らしいことだと思います。 高校は淑徳高校に進み、1年では金鷲旗決勝において3人抜きという離れ業で淑徳高校の優勝に貢献しました。 8月のインターハイ団体でも3年の太田や1年の橋本などと共に勝利を挙げて優勝に貢献しています。 これも見事な活躍と言えますね。 ユースオリンピックにも出場し、オール一本勝ちで見事に優勝に輝きました。 大陸別混合団体戦でもオール一本勝ちを収めて優勝しています。 9月の全日本ジュニアでは決勝で環太平洋大学1年の安松を判定で下し、優勝しました。 10月の世界ジュニアでも決勝でスロベニアのヴロラ・ベデティを指導2で下し、16歳という若さで優勝を成し遂げています。 これまた見事というほかありませんね。 このようにして高校1年までは順調に快進撃を見せていましたが、2年の時には大きな出来事に見舞われました。 7月に行われた金鷲旗準決勝で敬愛高校との対戦中、78kg級の相手畑村に払巻込からの横四方固で一本負けを喫した際に、左膝前十字靱帯断裂という大きな怪我を負ってしまったのです。 柔道人生の中で少し別な道を歩むことになってしまった、と思うくらいこの大けがには苦しめられましたが、長期リハビリに取り組んで、見事に復帰を果たしています。 11月の講道館杯では準決勝で三井住友海上の阿部と戦い、腕挫十字固で敗れ3位に終わっています。 2013年2月にはヨーロッパオープン・ソフィアに出場し、決勝ではスロベニアのティナ・トルステニャクを指導2で破り、シニアの国際大会初優勝を飾っています。 3月にはパンナムオープン・モンテビデオでも見事に優勝しています。 2013年4月にはコマツの所属になり、早速5月の体重別に出ましたが、準決勝で了徳寺学園職員の田中と戦い合技で敗れて3位にとどまっています。 10月には東アジア大会に出場、決勝で北朝鮮の金秀京を横四方固で破り、見事に優勝しました。 2014年2月のグランドスラムパリでは、準々決勝でアグベニューに技ありで敗れましたが、3位決定戦ではトルヅテニャクを技ありで破り3位に入っています。 その後2018年2月のグランドスラムパリでは、決勝で地元のアグベニューに技ありのあと、大外刈で敗れ2位に終わりました。 9月には世界選手権に出場し決勝でアグベニューと対戦、GSに入ってから払巻込で敗れ2位に終わっています。 試合後「ようやくスタートラインに立てました。 世界の舞台に戻ることができたことに感謝して、次こそは勝ちたいと思います」とのコメントを残しました。 2019年2月にはグランドスラム・デユッセルドルフに出場し、決勝でロシアのダリア・ダドビワを大内刈で破り、見事に優勝しました。 4月の体重別では決勝で鍋倉を隅落の技ありで破り、今大会4年ぶり2度目の優勝を飾っています。 この結果世界選手権代表に選出されました。 8月の世界選手権東京大会では、準々決勝までの3試合を一本勝ち、準決勝ではトルステニャクと対戦し、反則勝ちを収めましたが、決勝ではアグベニューと11分以上の闘いの末、払巻込の技ありで惜しくも敗れ、2位に終わりました。 以上、ここまでは田代未来の経歴をお伝えしましたが、いずれも見事な成績で素晴らしいと感じました。 Sponsored Link 田代未来のプロフィールは? それでは改めて田代 未来のプロフィールをお伝えしたいと思います。 田代 未来(たしろ みく)は1994年(平成6年)4月7日生まれで25歳です。 東京都八王子市出身で身長は163㎝、階級は63kg級、段位は三段を取得、組手は左組みで得意技は内股と大内刈りと小内刈、さらには寝技を得意としています。 柔道のスタイルとして田代未来は、立ち技、寝技を共に得意とし立ち技では左組みから内股などで一本勝ちを摂るケースが多いため、担ぎ技はあまり使いません。 パワーを養うために73kg級選手や男子中学生や高校生とけいこをしているとのことです。 力強さはこんなところでの工夫があるんですね。 素晴らしい姿勢に感心しました。 田代未来の五輪の出場歴、成績は? それではここからは田代未来の五輪の出場歴、成績を見ていきましょう。 オリンピックにはこれまでのところ出場していませんでした。 そこでこれまでの各大会において、獲得してきた各メダルをまとめてご覧いただきたいと思います。 階級は全て63kg級です。 ・2009年世界カデ ブタペスト 金メダル ・2010年世界ジュニア アカディール 金メダル ・2010年ユースオリンピック シンガポール 金メダル ・2013年グランドスラム東京 銀メダル ・2014年グランドスラムパリ 銅メダル ・2014年世界柔道選手権チェリャビンスク 銅メダル ・2014年世界団体チェリャビンスク 銅メダル ・2015年世界柔道選手権アスタナ 銅メダル ・2015年世界団体アスタナ 金メダル ・2015年ワールドマスターズ ラバト 金メダル ・2015年グランドスラム東京 銅メダル ・2016年ワールドマスターズ グアダラハラ 金メダル ・2016年グランドスラムパリ 銀メダル ・2017年グランドスラム東京 金メダル ・2017年ワールドマスターズ サンクトペテルベルグ 金メダル ・2018年世界柔道選手権 バクー 銀メダル ・2018年ワールドマスターズ広州 銅メダル ・2018年グランドスラムパリ 銀メダル ・2018年グランドスラム大阪 銅メダル ・2019年グランドスラム デユッセルドルフ 金メダル ・2019年グランドスラム バクー 金メダル ・2019年世界柔道選手権東京 銀メダル 以上、ここまで獲得してきた各メダルについてお伝えしました。 これを見ていますと、世界にまたがって大活躍をしてきたことがよく分かりますね。 本当に素晴らしい選手だと、改めて感心させられた思いです。 いよいよ迫ってきた東京五輪2020ですが、暑い真夏の祭典となるわけですので、選手にとっては暑さとの戦いでもありますね。 体調を崩しやすい時期でもありますから、何とか体調を維持して普段通りの闘いを見せて欲しいと願っています。 さあ皆さん、一緒に大きな声で声援を送りましょう。

次の