まだ結婚できない男 パグ。 パグとフレンチブルドッグ 違いは?まだ結婚できない男の犬がかわいすぎ!値段も気になる

まだ結婚できない男パグ犬は?2代目タツオの名前は田中太郎で演技上手!|ENTAMENOTE

まだ結婚できない男 パグ

13年ぶりに復活したドラマ『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ系)が、視聴率・満足度ともに上々の支持を得ながら、まもなく最終回を迎える。 タツオ役を演じているのは、田中太郎くん5歳(撮影当時は4歳)。 作中で阿部と対等に渡り合う様からはベテランの風格が漂うが、太郎くんにとっては本作が俳優デビュー。 阿部らとの競演の裏側や太郎くんのプライベートについて、同作プロデューサーの米田孝氏、飼い主のケイコさんらに聞いた。 話題のパグ犬・田中太郎くんのキュートすぎる私生活&シーン写真• 表情豊かな演技が好評、主演・阿部寛と演技で渡り合う 2006年7月期に放送された『結婚できない男』は、偏屈で独善的で皮肉屋だがどこか憎めない40歳独身の主人公・桑野(阿部)が、1人の女性との出会いをきっかけに恋愛・結婚を模索していくコメディドラマ。 続編『まだ結婚〜』では、53歳になってもなお独身の桑野が、女性たちとのひょんな出会いから再び人生を見つめ直していく様子を描き、『コンフィデンス』誌によるドラマ満足度調査「オリコン ドラマバリュー」では、100Pt満点中平均87. 6Ptと続編も高い満足度を獲得している。 そんな本作で、バツグンの存在感を放っているのが太郎くん演じるタツオ。 第1話では、ペットショップで売れられているタツオが、桑野に向け甘い視線で「僕を買って」アピール。 第3話では、飼い主の早紀(深川麻衣)との散歩中に脱走したタツオを桑野が発見し、公園のベンチで一息つくと、両者見つめ合いながら心の声で会話を交わす。 太郎くんの感情表現豊かな演技に、ネット等では「タツオの表情がたまらない」「阿部さんとタツオの絡みが面白い」「タツオがメインのサブストーリーが観てみたい」との声が上がっている。 太郎くんは今回、書類選考と対面でのオーディションを経て、30匹の中から役を射止めた。 『まだ結婚〜』プロデューサーの米田孝氏は、オーディション時を次のように振り返る。 「太郎は本当に人懐っこく、初対面のスタッフにも怖がらずに接してくれたので、撮影も絶対にいけるなと思いました。 実際に撮影をはじめると、 「太郎は本当に賢くて。 中途半端な場所で止まったり、人のセリフや動きとタイミングを合わせて動いたり、歩き去る桑野の方を振り返ったりと、高度なお芝居をたくさんこなしてくれました。 いろいろな表情を持っていて、微妙な心情の機微を表現できる名優だと思います」(米田氏)。 演技指導は、基本的には助監督が担当。 太郎ーーー!!! 」と呼びかけながらの撮影がいつもの光景だったという。 また、時には阿部や深川が指導にあたることもあったそうだ。 太郎くんの名演が際立ったのが、前述にもあった第3話の散歩中の脱走シーン。 あのシーンの撮影は8月の暑い日に行われたそうだが、パグは暑さに弱い。 「熱さに弱いパグにとっては大変な撮影になると予想していたため、なるべく木陰のある公園を探し、スタンバイ中は太郎専用のプールを用意して、涼しく過ごしてもらえるよう気を配っていました。 そのおかげか、ものすごい集中力を発揮し、まるで阿部さん演じる桑野と会話をしているような雰囲気で撮影をすることができました。 パグと対峙した時、桑野はほかの人には決して見せない表情をすることがあります。 桑野信介の普段なかなか見られない一面を引き出す存在という点でも、太郎演じるタツオは重要な役割を担ってくれていると思います」(米田氏)• 『まだ結婚〜』の公式SNSでは、深川や吉田羊、草笛光子らキャスト陣とのオフショットが度々アップされていたが、現場では 「スタジオセットに太郎が来ると、役者のみならずスタッフも自然とそばに集まって、皆で可愛がっていました。 それぞれ抱っこしたり、撮影大会みたいになったり、本当に現場の癒しでしたね。 また、座長の阿部寛さんも小さい頃から犬を飼われていたので、犬との距離感や接し方を十分に理解されてとても可愛がっていました」と米田氏。 なお、持田香織が歌うドラマの主題歌「まだスイミー」のジャケット写真にも、太郎くんが起用されており、このことからも太郎くんがどれだけ作品のアイコンとして浸透しているかが窺い知れるだろう。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

まだ結婚できない男の「パグ」が人気 犬だけど「演技力」がスゴい!: J

まだ結婚できない男 パグ

「やっぱり...... 、生まれ変わったのか?」 パグは犬の種類のひとつ。 早紀のパグの行方を捜すべく住宅街を歩き回る桑野。 坂道沿いの敷地に目をやると、柵の向こう側にはそれらしきパグの姿があった。 早紀が付けた「タツオ」という名前を浴びせるも全くふりむかないパグだったが、桑野がふと、以前、自身の身近にいたパグである「ケン」という名前を浴びせると、ハッとした様子を見せながら桑野の姿を見つめたのだった。 驚いた桑野は、「やっぱり...... 、生まれ変わったのか?」とつぶやいたのだった。 「ケン」というのは、2006年7月期に放送された前作「結婚できない男」の第8話に登場したパグ。 急性虫垂炎で急遽入院することになったみちる(国仲涼子さん)に飼われていたパグの「ケン」は、紆余曲折を経て桑野が預かることに決まった。 当初は動物の飼育など考えられないとの態度を見せていた桑野だったが、次第に自らの飼い犬であるかのような愛着を感じるようになるのだった。 もちろん、今回登場した「タツオ」は「ケン」ではないのだが、桑野が「ケン」への思いを馳せているうちに、早紀が現場に到着。 無事、タツオは早紀の元に戻る様子が描かれた。 「ちっちゃい人間が入ってると思うの」 作中ではこのほか、早紀がタツオを連れて夜の街路を散歩中に桑野と出くわす一幕など、タツオが映るカットが放送されたが、これらのシーンに対し、視聴者からは、「まだ結婚できない男に出てくるパグが可愛すぎて!」といった絶賛ツイートが続々。 また、「前作のパグのケンちゃん好きだったな~」と、前作を思い出しつつ視聴を楽しんだとする声も上がっている。 さらに、これに加えて上がっているのが、「『まだ結婚できない男』に出てくるパグ、タツオくんの中にはちっちゃい人間が入ってると思うの」といった、タツオの「演技力」を評価する声だ。 確かに、作中では時に、実にタイミングよく振り返ったり、人間の言葉が分かっているかのような表情をするタツオの姿が映っており、カットを工夫するなどの工夫はもちろんなされているだろうが、それでも、実に人間臭い表情を見せていたタツオに魅了された視聴者は多かったようだ。 なお、「まだ結婚できない男」の公式ツイッターでは、タツオ役のパグの名前は「田中太郎」であることが明かされている。 隣人の飼い犬という今後も出演が期待できる立ち位置にいるタツオへの視線は今後も熱さを増しそうだ。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の

『まだ結婚できない男』大人気のパグ犬・タツオ、“上手すぎる”演技の裏側 (1) 見つめ合うシーンで周囲は絶叫

まだ結婚できない男 パグ

ケ、ケンちゃん!? 今回もパグ犬が登場する模様! 10月にスタートする、主演の人気連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ/フジテレビ系)の続編「まだ結婚できない男」(毎週火曜・午後9時~)のキャストが発表され、ら、一部前作キャストの出演が明らかになった。 前作で主人公の隣人・みちる()が飼っていた、ケンちゃんと同じ犬種であるパグも登場する。 偏屈で皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部)が、ある女性との出会いをきっかけに、恋愛や結婚を意識していくさまをコミカルに描いた「結婚できない男」。 女性たちだけでなく、個性的な登場人物たちも、桑野とのユーモアあふれるやりとりでドラマを盛り上げた。 [PR] 続編の「まだ結婚できない男」では、そんな前作メンバーが再登場。 前作で桑野のアシスタントを務めていた村上英治(塚本)は、設計事務所の共同経営者となり、成長した姿を見せる。 さらに、桑野の母・桑野育代役の、桑野の妹・中川圭子役の、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄役の、桑野といつもケンカを繰り広げる大工の棟梁役・らも出演。 13年前と変わらない、おなじみの面子が揃った。 英治は設計事務所の共同経営者に成長! また「結婚できない男」といえば、桑野と奇妙な絆で結ばれる、犬のケンちゃんも大事なメンバー。 本作でも、名前は不明だが、ケンちゃんと同じ犬種のパグも登場するとのことで、どんなキュートな姿を見せてくれるのか。 また、前作でおなじみのバーも再登場。 発表されているキャストは以上だが、こうなると「金田更新してるぞ」でおなじみの建築家・金田裕之()といった名キャラクターの再登場にも期待したくなる。 [PR] ドラマ「まだ結婚できない男」は、前作から13年後が舞台。 主人公の桑野(53)は、以前と同じマンションに暮らし、スマートスピーカーといった最新機器に囲まれ独身生活を謳歌(おうか)中。 担当医だった早坂夏美とは交際まで発展したものの破局し、再び恋愛モードから遠のいた桑野の生活が、弁護士のまどか()や、隣人の早紀()、カフェ店長の有希江()との出会いによって、再び変化していく。 (編集部・入倉功一).

次の