デジタルパーマ 失敗 チリチリ。 デジタルパーマが失敗してしまう3つの原因とは?美容師がおすすめする対処法とパーマスタイルを紹介!|デジタルパーマ

傷みで毛先がチリチリになった髪を切らずに治す方法!治せる髪・治せない髪はどう違う?

デジタルパーマ 失敗 チリチリ

北九州はまだ梅雨明けしていないので、ジメジメした天気が続いています。 梅雨明けして夏の晴れ晴れとした天気になるのが待ち遠しいですね。 さてデジタルパーマに関する記事はこれまでも色々と書いてきましたが、デジタルパーマに関することでは他にもトラブル関係のことを検索されている方も多いようです。 デジタルパーマは高い技術が必要なので、トラブルも起きやすい デジタルパーマはパーマ剤と熱処理を行うものなので、ちゃんとした技術を持った美容室でないとトラブルになることも少なくありません。 よく「チリチリになった」「髪が傷んだ」「パサパサになった」といったトラブルが多いようです。 そういったデジタルパーマのトラブルや口コミが広がったことで、「デジタルパーマは傷むからしない」という声もよく聞きます。 実際にはデジタルパーマだから傷むということではないですし、できるだけダメージが残らないようにすることもできるので、デジタルパーマに対してこういった悪いイメージばかりついてしまうのはとても残念です。 デジタルパーマで髪がチリチリになった時に考えられる3つの理由 参考としてデジタルパーマをして髪がチリチリになってしまった場合に考えられる3つの理由についてご説明したいと思います。 熱によるダメージ さきほどもお伝えしましたが、デジタルパーマは薬剤だけでなく熱によってパーマをかけるものなので、その熱によって髪がチリチリになる可能性があります。 熱をあてすぎると、熱変性というものを起こして髪のタンパク質の構造が壊れて結果チリチリになってしまいます。 薬液が強すぎる 多くの美容室はデジタルパーマの薬剤にアルカリ性のパーマ剤を使用していることが多いですが、髪は本来弱酸性なので髪への負担となりやすいです。 このアルカリ性の薬剤と熱処理によって髪にダメージが大きく残り、髪がチリチリとなる原因になっていることがあります。 コミュニケーションの問題 また美容室とのコミュニケーションがしっかりとれていないことも、髪がチリチリになるなどのトラブルの原因になりやすいです。 パーマをかける前に元の髪がダメージ毛だったりしても、デジタルパーマをかけるとチリチリになることも少なくありません。 そういったリスクなどを事前にしっかり説明して話し合った上で施術をしないと、お客様としては「せっかくデジタルパーマをかけたのに髪にダメージが残った」という悪い印象だけが残ってしまいます。 フルールのデジタルパーマは何が違う? 当店フルールではデジタルパーマを得意としていますが、もちろんさきほどご紹介したデジタルパーマが失敗しやすい原因をできるかぎり解消しています。 酸性のパーマ剤を使用 例えば、デジタルパーマに使うパーマ剤はアルカリ性ではなく酸性のパーマ剤です。 髪は弱酸性なので、酸性のパーマ剤を使ったほうが髪への負担を軽減することができます。 またこの酸性のパーマ剤は美容メーカーと共同開発したものなので、パーマ剤の使い方にも熟知しています。 お客様との会話もしっかり そしてコミュニケーションの部分については、施術の前にしっかり髪の状態を確認し、お客様としっかり会話をします。 もし今の髪の状態だと、デジタルパーマをするにはリスクがある場合は事前に説明をしますし、無理にその場でデジタルパーマをかけることもしません。 できるだけ髪のダメージが残らない方法をご提案します。 デジタルパーマで一番避けたいのは「髪に大きなダメージが残ってしまうこと」ですので、フルールではそうならないよう、その時にできること・すべきでないことをはっきりとお伝えするようにしています。 デジタルパーマは傷むと思われがちなのが世の中の現状ですが、ダメージを軽減できるデジタルパーマもあるということがもっと多くの方に伝わるといいなと思います。 デジタルパーマを検討されている方はぜひ一度フルールにご相談ください。

次の

デジタルパーマでチリチリ・ボワボワ・・・

デジタルパーマ 失敗 チリチリ

報道によると、女性は2013年1月に香川県内にある美容院を訪れ、デジタルパーマをかけてもらった。 デジタルパーマとは、比較的強いパーマで、髪を乾燥させるだけで形状が戻るタイプを言うらしい。 女性は、毛先がもつれたようになり、パーマが失敗したと感じた。 美容院からは元に戻せると言われ、5月にはストレートパーマをかけた。 このときに7月末に結婚式をすると伝えたという。 しかし、縮れ毛が出るようになり、7月に再びストレートパーマをかけた。 すると、タワシ状に縮れたりするなど、毛先から25センチ以上も髪がチリチリになって、15センチ分の髪を切らざるをえなくなったという。 その結果、自慢の長い髪の毛を失ってしまい、結婚式でお色直しの計画を直前で変えることにもなったとした。 訴訟では、慰謝料約220万円に加え、髪が元の長さに戻るまでの6年間にかかるトリートメントやヘッドスパ、カラーリングなどの費用約230万円を求めた。 報道によると、女性は14年1月10日付で高松地裁に提訴している。 一方、美容院の経営者男性は、責任がないわけではないとして、できれば女性と和解したい意向を示したそうだ。 このニュースが出ると、ネット上では、「ショックな気持ちは分かるけど裁判まで起こすかねw」「パーマ無料券3毎分くらいで十分」「なんで失敗してんのに3回も行ってんだ?」などと女性に対する疑問の声がまず上がった。 「美容院のミスが証明できないと、勝訴は難しい」 もっとも、「いやいやさすがにチリチリはダメだろww」「実際やられたらたまったもんじゃない」と女性に同情する声も出ている。 実際、パーマなどの失敗については、ネット上では、美容院に損害賠償を請求したいとの声がいくつも寄せられていた。 弁護士ドットコムを見ると、パーマで失敗して美容院に12万円余を請求したいという女性の相談もあり、応対した弁護士が、慰謝料も含めて20~50万円程度が損害賠償として認められうるなどと説明していた。 過去の報道では、高額の賠償が認められたケースも中にはあった。 横浜市内の女性がコールドパーマのせいで皮膚炎や耳鳴りに悩まされていると損害賠償を求めた訴訟では、東京地裁が1990年3月19日に美容院に400万円の支払いを命じている。 判決では、パーマ液を塗って30分以上も放置した使用法や洗髪のやり方にミスがあったと認定していた。 弁護士ドットコムで相談に応対している黒岩英一弁護士は、パーマの失敗で勝訴するためには、やはり美容院のミスが明らかにされないといけないと指摘する。 「裁判では、美容院が本人の希望でそうしたと主張する可能性がありますので、注意義務違反などに問うことは難しくなります。 ですから、パーマがチリチリになると予測できたと、因果関係が証明される必要があります」 400万円の判例については、ミスのうえに健康被害もあったので高額になったのではないかと言う。 通常の失敗では、パーマ液の使用法などにミスが分かれば10~20万円、美容院に結婚式を伝えているなら、最高で50万円の損害賠償が認められうるとしている。

次の

パーマで失敗された・・・チリチリ、バサバサ等の対処法!

デジタルパーマ 失敗 チリチリ

パーマを失敗したサロンでのお直しはしない 焦って髪は切らない(悪化する恐れがあります) 下手に美容院で直そうとしない(サロン選びは慎重に) ストレートアイロン等で自分で無理に伸ばさない(ダメージが悪化) 今まで、パーマを失敗をお直しさせて頂き 本当に目の前で喜んで頂けております。 それが美容師として、とっても嬉しい事であり、 この仕事を本気で頑張ってきて、本当に良かった。 と心から思う瞬間です。 そんな声や笑顔を間近に感じられる。 だからこそもっともっと困った方をキレイにしたいと感じます。 パーマ失敗お直しの沢山の口コミを頂いています^^ いつもパーマ失敗の改善をした後、 皆様に素敵なお声をいただける事が多いです この3つの違いを簡単にご説明させて頂きます 5000円のパーマ直しとは? これはどのサロンでも行なっている、【パーマ落とし】というメニューになります。 つまり、縮毛強制剤、ストレートパーマ剤を使ったパーマ落としなので 滅多な事がない限りはこの方法は危険です。 なぜなら、必ず髪の毛がダメージしてしまうからです 10000円のパーマ直し ここからは通常サロンでは行なっていない、パーマ直しになります。 パーマ美容師がこの美容業界の沢山の薬から遂に選び抜いた 全く傷む事なくパーマだけを落とす事ができる薬で とっても高価なお薬です。 このお薬は、例えば薬をつけて24時間そのまま放置しても 全く問題ありません。 この至高の薬剤を使いパーマを落とすのが、10000円のパーマ直しです。 ただこの方法はデメリットがあり 本当にパーマを落とすだけなので、 もし、髪の毛がチリチリ、ゴワゴワしていたり 髪の毛表面のキューティクルが損傷していると、その部分は直す事ができません。 したがって、ダメージが強い場合はパーマは落ちても、見た目のダメージは残ってしまう事がるため 傷んでいない方にオススメのメニューになります。 18000円のパーマ直し このパーマ直しは本当にすごいです。 使う薬剤は10000円のパーマ直しの薬と同じなのですが、 全く違うのは、 どんなにチリチリ、パサパサ、ゴワゴワでもお直しが可能です。

次の