ウクライナ 言語。 ウクライナ語とロシア語はどのくらい違いますか。

在ウクライナ日本国大使館:エピソード集(日本語)

ウクライナ 言語

5大特許庁• 日本 JP• 米国:アメリカ US• 欧州特許庁 EP• 中国 CN• 韓国 KR• 国際機関• ユーラシア特許庁 EA• アジア• 台湾 TW• インド IN• インドネシア ID• タイ TH• ベトナム VN• マレーシア MY• フィリピン PH• カンボジア KH• 香港 HK• シンガポール SG• カナダ CA• ブラジル BR• ドイツ DE• フランス FR• 英国(グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国) GB• ロシア RU• ウクライナ UA• オセアニア• オーストラリア AU• ニュージーランド NZ• アフリカ• 南アフリカ共和国 ZA 項目 日本 JP ウクライナ UA 概要 制度の特徴 ・技術思想の創作について、特許制度と実用新案登録制度とが併存。 ・拡大された先願について、出願人同一もしくは発明者同一の場合は適用が除外される。 ・特許権登録後の異議申立て制度を採用。 異議申立ては何人にも認めつつ、無効審判の請求は利害関係人に限られている。 ・査証 ・実体審査を経て付与される「発明特許」と、方式審査のみを経て付与される「発明の宣言的特許」とが存在 ・さらに、方式審査のみを経て付与され、登録要件として進歩性が課されない「実用新案の宣言的特許」も存在 手続言語 日本語 ウクライナ語 パリ条約 加盟 加盟 WTO協定 加盟 加盟 PCT 加盟 加盟 広域協定 ユーラシア特許条約には非加盟 出願 出願時の必要書類 1 願書 2 明細書 3 特許請求の範囲 4 必要な図面 5 要約書 ・出願日の認定は適法な 1 2 が必要。 ・外国語書面出願をする場合は、上記 2 から 5 に代えて、外国語書面を提出する。 ・願書 ・明細書 ・特許請求の範囲 ・必要な図面 ・要約書 ・ 委任状 クレ ーム形式 マルチ・マルチ可能 マルチ・マルチ可能 外国語出願 ・外国語書面出願:言語は問わない。 原則、優先日から1年4か月以内に日本語の翻訳文を提出する ・ "第一国出願の言語での出願が可能 ・出願日から2ヶ月以内に ウクライナ語の翻訳文提出要" 現地発明の第1国出願義務 なし あり 新規性喪失の例外規定 以下の事実が生じた日から1年以内に出願 1 特許を受ける権利を有する者の意に反する公知 2 特許を受ける権利を有する者の行為に起因して公知 なお、上記 2 の場合は、規定の適用を受ける旨を記載した書面を特許出願と同時に提出要。 また、所定の証明書を原則特許出願の日から30日以内に提出要。 あり 出願日前又は優先日前12ヶ月以内の、発明者又はそれからの知得者による発明の開示は、その発明の特許性に影響しない 出願公開 特許出願の日から1年6月経過後 あり 情報開示義務 明細書に、先行技術文献の記載を要する。 ただし、無効理由では無い。 実施可能要件やサポート要件等の記載要件は、方式審査で審査される 実体審査の対象は、 新規性、進歩性、産業上の利用可能性のみ 補正時期 1 原則、特許査定の謄本の送達前にできる。 応答期間は、原則一回に限り2か月の延長請求が可。 ・特許査定を受領するまで ・方式審査に係るOA受領から2ヶ月以内(請求により2ヶ月延長可能) ・実体審査に係るOA受領から2ヶ月以内(請求により2ヶ月延長可能) 補正範囲 1 出願当初の明細書等に記載された事項の範囲内で可 いわゆる、新規事項の追加の禁止。 上記 2 ・ 3 の場合は、さらに、 分割直前の明細書等に記載された事項の範囲内であること。 あり(裁判所又は審判部に対して不服申立て可能) 拒絶査定の通知から2か月以内 特許異議申立 特許掲載公報の発行の日から6月以内に申立て可 あり 無効審判 特許査定後に請求可能 あり その他 情報提供 あり 何人も可 出願後はいつでも可 - 実用新案制度 無審査登録主義 ・実用新案登録に基づく特許出願制度あり ・異議申し立て制度なし ・無効審判の制度あり 方式審査のみを経て付与される「実用新案の宣言的特許」が存在 新規性及び産業上の利用可能性のみが登録要件となっている 意匠制度 審査主義 審査主義 更新日 2020. 08 2020.

次の

在ウクライナ日本国大使館:エピソード集(日本語)

ウクライナ 言語

5大特許庁• 日本 JP• 米国:アメリカ US• 欧州特許庁 EP• 中国 CN• 韓国 KR• 国際機関• ユーラシア特許庁 EA• アジア• 台湾 TW• インド IN• インドネシア ID• タイ TH• ベトナム VN• マレーシア MY• フィリピン PH• カンボジア KH• 香港 HK• シンガポール SG• カナダ CA• ブラジル BR• ドイツ DE• フランス FR• 英国(グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国) GB• ロシア RU• ウクライナ UA• オセアニア• オーストラリア AU• ニュージーランド NZ• アフリカ• 南アフリカ共和国 ZA 項目 日本 JP ウクライナ UA 概要 制度の特徴 ・技術思想の創作について、特許制度と実用新案登録制度とが併存。 ・拡大された先願について、出願人同一もしくは発明者同一の場合は適用が除外される。 ・特許権登録後の異議申立て制度を採用。 異議申立ては何人にも認めつつ、無効審判の請求は利害関係人に限られている。 ・査証 ・実体審査を経て付与される「発明特許」と、方式審査のみを経て付与される「発明の宣言的特許」とが存在 ・さらに、方式審査のみを経て付与され、登録要件として進歩性が課されない「実用新案の宣言的特許」も存在 手続言語 日本語 ウクライナ語 パリ条約 加盟 加盟 WTO協定 加盟 加盟 PCT 加盟 加盟 広域協定 ユーラシア特許条約には非加盟 出願 出願時の必要書類 1 願書 2 明細書 3 特許請求の範囲 4 必要な図面 5 要約書 ・出願日の認定は適法な 1 2 が必要。 ・外国語書面出願をする場合は、上記 2 から 5 に代えて、外国語書面を提出する。 ・願書 ・明細書 ・特許請求の範囲 ・必要な図面 ・要約書 ・ 委任状 クレ ーム形式 マルチ・マルチ可能 マルチ・マルチ可能 外国語出願 ・外国語書面出願:言語は問わない。 原則、優先日から1年4か月以内に日本語の翻訳文を提出する ・ "第一国出願の言語での出願が可能 ・出願日から2ヶ月以内に ウクライナ語の翻訳文提出要" 現地発明の第1国出願義務 なし あり 新規性喪失の例外規定 以下の事実が生じた日から1年以内に出願 1 特許を受ける権利を有する者の意に反する公知 2 特許を受ける権利を有する者の行為に起因して公知 なお、上記 2 の場合は、規定の適用を受ける旨を記載した書面を特許出願と同時に提出要。 また、所定の証明書を原則特許出願の日から30日以内に提出要。 あり 出願日前又は優先日前12ヶ月以内の、発明者又はそれからの知得者による発明の開示は、その発明の特許性に影響しない 出願公開 特許出願の日から1年6月経過後 あり 情報開示義務 明細書に、先行技術文献の記載を要する。 ただし、無効理由では無い。 実施可能要件やサポート要件等の記載要件は、方式審査で審査される 実体審査の対象は、 新規性、進歩性、産業上の利用可能性のみ 補正時期 1 原則、特許査定の謄本の送達前にできる。 応答期間は、原則一回に限り2か月の延長請求が可。 ・特許査定を受領するまで ・方式審査に係るOA受領から2ヶ月以内(請求により2ヶ月延長可能) ・実体審査に係るOA受領から2ヶ月以内(請求により2ヶ月延長可能) 補正範囲 1 出願当初の明細書等に記載された事項の範囲内で可 いわゆる、新規事項の追加の禁止。 上記 2 ・ 3 の場合は、さらに、 分割直前の明細書等に記載された事項の範囲内であること。 あり(裁判所又は審判部に対して不服申立て可能) 拒絶査定の通知から2か月以内 特許異議申立 特許掲載公報の発行の日から6月以内に申立て可 あり 無効審判 特許査定後に請求可能 あり その他 情報提供 あり 何人も可 出願後はいつでも可 - 実用新案制度 無審査登録主義 ・実用新案登録に基づく特許出願制度あり ・異議申し立て制度なし ・無効審判の制度あり 方式審査のみを経て付与される「実用新案の宣言的特許」が存在 新規性及び産業上の利用可能性のみが登録要件となっている 意匠制度 審査主義 審査主義 更新日 2020. 08 2020.

次の

外務省: 世界の学校を見てみよう! ウクライナ

ウクライナ 言語

名称 [ ]• -: (古語、古文語、古語とも、上古ウクライナ文語とも)。 19世紀後半以後:ウクライナ語。 日本において太平洋戦争後は「ウクライナ語」と称されるのが一般的である。 略記する際は、漢字表記「宇克蘭」から「宇語」 、または以前使われていた表記「烏克蘭」から「烏語」も散見される。 系統 [ ] 従来のによると、ウクライナ語は、、に属するという。 の一つ。 もっとも近い言語は。 スラブ諸語との共通点(・): ・(29の共通点)、(27の共通点)、・(23の共通点)、(22の共通点 、・(21の共通点)、・(20の共通点)、(19の共通点)、(18の共通点)、ロシア語(11の共通点)• スラブ諸語との共通率():ベラルーシ語(84%)、ポーランド語(70%)、スロバキア語(68%)、ロシア語(62%)。 音声の特徴 :• 48の(スラブ諸語の中で最も多い)。 高い化(快い音調)。 形態の特徴 :• の存在(他の東スラヴ語群にはない)。 の2種。 の2種。 他言語への影響:ポーランド語、ロシア語、(、、、など) 文字 [ ] ウクライナ語アルファベットは33の()によって構成される。 その文字は38のを表す。 文字の他に、という特別符号も含まれる。 ウクライナ語のは音素の原則に基づいており、1つの文字は普段1つの音素に相当する。 正書法には、意義・歴史・形態の原則も用いられることがある。 また、特定の子音は特定の母音の前で硬口蓋化する。 アポストロフィーは、正書法にしたがって子音の硬口蓋化を起こさないように用いられる。 アルファベットで用いる音素の原則には他の例外も見られる。 他のキリル文字を使用するアルファベットに比べれば、ウクライナ語は東スラヴ語群の諸語アルファベットと類似している。 青い文字は非強勢音。 青い文字はウクライナ語の文献で使用されるキリル文字の音声記号。 異なる表記を持ついくつかの同音異義語が存在する。 例えば:• 正書法は同様、表音主義であるため、等とは異なり、発音どおりに綴る傾向が強い。 原則として、子音連続は認められていない。 アクセントのある母音は強く、やや長めに発音する(ロシア語と比較した場合、それほど顕著ではない)。 () 音韻的対応 [ ]• これはチェコ語・スロヴァキア語とも共通している。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 ウクライナ語は、の最古の国家であるの崩壊後、やとは別の独自の発展を遂げてきた。 を含むが、としての支配下から脱した以降、の庇護の下、ドニプロ・ウクライナを中心にウクライナ語文化の著しい発展が見られた。 また、ポーランド王国のもとに留められた西ウクライナでは、を中心にウクライナ語文化の独自の発展が見られた。 だが、その後ヘーチマン国家は・のより強い影響下に置かれるようになり、のうちには東ウクライナは完全にロシアに併合された。 その後、を経てウクライナの大半はロシア帝国の領土に収められた。 ロシア帝国の強力な中央集権体制の下で、ウクライナ文化は分離主義的であるとして弾圧され、されるようになった。 ウクライナ文化圏では、従来ロシア語、ポーランド語、、そしてウクライナ語などの複数の言語による舞台用脚本が多く著されてきた。 そうした中で、初めてのウクライナ語文学と認められているのはのによって末に書かれた『』であった。 これらは、いずれも喜劇やパロディーという性格を持ち、当時は「純粋な」文学からは明確に区別された分野の作品であった。 などのようなより「純粋な」作品を書いて世に認められることを望む作家はを通じてロシア語での執筆活動を続けた。 この時代の作家は、ウクライナ語=小ロシア方言で書いて文壇に認められることはありえなかった。 なお、ニコライ・ゴーゴリの父(ロシア語名: ヴァシーリイ・ゴーゴリ)はウクライナ語の喜劇作家であった。 ウクライナ語の歴史は、として長らく用いられたととして用いられたいわゆるウクライナ語との関係の間に成り立っていた。 現代ウクライナ語の父とされるは、ウクライナ語の豊富化を図るため積極的に教会スラヴ語からの借用を行った。 しかし、このやり方はのちの作家・言語学者に拒否され、以降ウクライナ語は口語を中心に外来語や各地の方言を取り入れて発展させられていくことになった。 やも、ウクライナ語の発展に大きな貢献のあった人物として知られる。 ウクライナ化政策の採られたのでは、に初めての正式なである「1927年正書法()」が定められた。 しかし、これはの反ウクライナ化政策の時代に改竄され、ロシア化が行われた。 に制定された「」は、現代ウクライナ語をこの「1927年正書法()」を基に整備しようとする試みであった。 この正書法は基本的にの方言に拠っていると言われ、それに西ウクライナ・などの方言が加えられている。 ただし、西ウクライナ方言にはやの影響が強く、正書法に定められた中東部のウクライナ語とは語彙や語法とは差がある。 ちなみに、この「プロジェクト1999」はに廃止となり現在は公的な立場を持たないが、学者、文筆家に限らず広く市民の間に支持者がおり、しばしば印刷物、テレビ等で見られる。 ソ連末期の「言語法」によってウクライナにおいてウクライナ語は唯一の国語(日本語で言うところの公用語の立場)とされ、独立以降もその立場を維持し続けている。 その一方で、ウクライナ国内でも東南部を中心にロシア語話者が多いことから、ロシア語の第二国語もしくは公用語化を掲げる政治勢力も一定の影響力を保っている。 しかし、などロシア語話者の政治家が、政治家として活動するために、ウクライナ語を習得しており、必ずしも二項対立では説明しがたい。 ウクライナにおける言語を巡る状況は個人レベルでも複雑であり、独立以後も一部でロシア語排除を唱える人々、またウクライナ語を蔑視する人々、その衝突を将来的な分裂の要因のとして危惧する考えがある。 また、「」と呼ばれる、すなわちウクライナ語を運用する際、ロシア語語彙を大量に混用している現状も顕著である。 さらには、「より純粋なウクライナ語の」表現として、古い語彙を復興させる動きも一部で盛んである。 方言 [ ] ウクライナ語の方言と訛り(2005年)。 19世紀後半以降、ウクライナ語において三つの方言が区分される。 各方言 は地域毎の複数の訛り を含んでいる。 北ウクライナと南に分布している。 との共通性が見られ、中世のの特徴を数多く有している。 のポリーシャの訛りとも。 ウクライナのとの西部、ベラルーシのの西部に分布している。 のポリーシャの訛りとも。 ウクライナのの東部、、の北部と、ベラルーシのの東部に分布している。 のポリーシャの訛りとも。 ウクライナのとの北部と、ベラルーシのの南部、ロシアのの南西部、の北部、の北部、の北部に分布している。 中部・東部・南部ウクライナと、、特に地方に分布している。 ・のの影響を受けている。 ウクライナ語のとなっている。 ウクライナのの南部、の南西部、の東部、、の北部と、の北部に分布している。 ウクライナのの南東部、、の北部と、ロシアのの南部、の南部、の南部、の南西部に分布している。 ウクライナのの南部、の南部、の南部、の南部、の南部、、、、、ロシアのとのの三角州に分布している。 ウクライナの南西部の外に、、、、、、とに分布している。 諸語と共通性との影響が見られる。 ・の訛り群: 07. ウクライナのの南部、の南部、の北部、の北部、の北部との北部に分布している。 ウクライナのの南部、の南部、の西部、の西部、の北西部と、の北西部に分布している。 ・の訛り群: 09. 東ハルィチナーの訛りとも。 ドニステル川の上流域に位置するウクライナのの中部、の北東部、の南部に分布している。 西ハルィチナーの訛りとも。 スャーン川の上流域に位置するウクライナのの西部、ポーランドのの東部との南東部に分布している。 の訛りとも。 プルト川の上流域に位置するウクライナのの南東部、の東部、ルーマニアのの北部と、モルドバの北部に分布している。 東の訛りとも。 ウクライナのの東部、の西部、の南西部と、ルーマニアのの北部に分布している。 の訛り群: 13. 北カルパティアの訛りとも。 ウクライナのの南部との南部に分布している。 南カルパティアの訛りとも。 ウクライナのの中部・東部、のとに分布している。 西カルパティアの訛りとも。 ウクライナのの西部、のと、ポーランドのの南部に分布している。 語彙 [ ] 主な単語 [ ]• バーバ , 主な表現 [ ]• ターク• ドーブロホ・ラーンク• ドーブルィイ・デーニ• ドブルィーデニ• プルィヴィート• ド・ポバーチェンニャ• ジャークユ• ドゥージェ・ジャークユ• ヴィーバチュテ• ドーブレ• ハラーズド• ノルマーリノ• ポハーノ• ネ・モージュナ• ヤー・ホロードヌィイ)• メネー・ズヴーチ・• 丁寧語)• ヤー・ヴァース・リュブリュー (本来は身近でない相手に対する言い方。 丁寧語)• ヤー・テベー・リュブリュー (本来は身近な相手に対する言い方。 ヤー・ツェー・リュブリュー ウクライナ語由来の日本語外来語 [ ]• ウクライナ語話者の間で日本語を勉強する人口がそれほど多くないこともあり、あまり研究されているとは言えないが、ソ連時代に盛んに行われたロシア語による日本語研究を背景に転写法は十分に整備されているといえる。 また日本では、ウクライナで起きた歴史的出来事についてや(いずれもソ連時代)のようにロシア語地名で表記することが多いため、ウクライナ語の地名は一般に普及しているとは言い難い。 公式にはウクライナの地名はウクライナ語に沿った表記が求められるが、下記のようなロシア語名の方が有名であったり一般に知られている例も多い。 :ロシア語名 キエフ• :ロシア語名 ハリコフ• :ロシア語名 チェルノブイリ• :ロシア語名 オデッサ ただし、やなどのようにロシア語とウクライナ語の発音差がほとんどない都市もある。 段 [ ] ウクライナ語では「母音」となる。 この他、ウクライナ語の仕組みに従い、日本語の「や行」も母音扱いされる場合がある。 「を」は「お」と区別されない場合が多い。 鼻濁音は表記されない。 より厳密には、憲法第10条により、唯一の「国家語」と規定されている。 使用例:. 在ウクライナ日本国大使館. 2014年7月12日閲覧。 「烏語」については、以下の文献で用例が確認できる。 , 2007. 7; C. 382—388. 21-64• ウクライナの法律・公式文章に使用されるローマ字表記(• 軟音の前に半軟音になる。 無声音の前に [s]となる。 円唇化に伴う音。 ウクライナ語には音だけが残っており特別に説明する場合を除いて文字は用いられないが、ベラルーシ語には文字も残っている。 「ニューエクスプレス ウクライナ語」中澤英彦著 白水社、2009 p17、『6. 音の交代(楽音調)』より• 75-77. 75-77. ヤヌコーヴィチが大統領としてに訪日した際、日本では常にウクライナ語で発言をしていた。 「正しい表現、誤った表現」「ロシア語からの借用、純ウクライナ語の表現」等の比較本がしばしば書店で見られる。 一部はもある。 (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)。 にポーランドの政府は、ポトカルパチェ県とルブリン県に居住するウクライナ人に対したる「」という強制移住を実行することにより、当県におけるウクライナ人の人口が著しく減少化した。 現在、ポトカルパチェ県とルブリン県でスャーンの訛りを話す人は少ない。 (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• (ウクライナ語)• ニューエクスプレス ウクライナ語. — 東京: 白水社, 2009. — 頁10—18. 参考文献 [ ]• (ウクライナ語) (『ウクライナ語の正書法』キエフ、2007)• (ウクライナ語) (『ウクライナ語大辞典』キエフ、2005)• (ウクライナ語) (I・オヒエンコ著『ウクライナ標準語の歴史 』キエフ、2001)• (O・ポノマリーウ編『現代ウクライナ語』第2版、キエフ、2001)• 白水社、2009. 大学書林, 1993. 神戸: 神戸市外国語大学外国学研究所, 1994. ベスト社, 2007. 国際語学社, 2007. 外部リンク [ ] のがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (ウクライナ語) (ウクライナ語オンライン大辞典)• (日本語)• (日本語).

次の