メッセージ を アーカイブ。 メールのアーカイブ

メッセージ アプリ内の会話を整理する

メッセージ を アーカイブ

メール メッセージをアーカイブして領域を解放する アーカイブとは、不要になった情報を保存するためのアプリケーションのコピーです。 と同じように、アーカイブには元のアプリケーションの文書と設計要素が保存されます。 アーカイブがレプリカと異なるのは、元のアプリケーションに変更内容が反映されない点です。 [送信] ビューにあるメッセージのコピーを自動的に保存するようにユーザープリファレンスを設定している場合はメールアプリケーションのサイズが大きくなるため、アーカイブをメールアプリケーションで使用すると特に便利です。 フォルダを作成してメッセージを振り分けることによりメールを整理することはできますが、これによってメールアプリケーションのサイズが小さくなることはありません。 アーカイブを実行すると、領域が解放され、メールのパフォーマンスが向上します。 メールファイルでアーカイブを実行するには、少なくともそのメールファイルの削除権限のある所有者であり、[編集者] のアクセス権を持つ必要があります。 メールファイルの所有者でない場合は、削除権限があり、[管理者] アクセス権を持つ必要があります。 メールのアーカイブに対するアクセス権 組織がメールアプリケーションに対してアーカイブのポリシーを設定している場合は、そのポリシーによってメールのアーカイブに対するユーザーのアクセス権のレベルが決まります。 アーカイブが設定されていて組織がアーカイブを代行するため、ユーザーがアーカイブを実行する必要がない場合もあります。 また、組織が実行するアーカイブのほかに、ユーザーが個人的なアーカイブ条件を設定できることを規定しているポリシーもあります。 自分がメールのアーカイブに対してどのレベルのアクセス権を持っているかを確認するには、 [アクション] - [アーカイブ] - [設定] をクリックして、[アーカイブの設定] ダイアログボックスを表示します。 詳しくは、「 」を参照してください。 個人的なメールアーカイブ -- プロセスの概要 自分のメールを個人的にアーカイブするアクセス権限を持っている場合は、次のプロセスに従ってください。 1 [基本] -- アーカイブを実行するコンピュータとアーカイブを保存するコンピュータを指定します。 メールサーバーによってアーカイブプロセスを実行するか サーバーベースのアーカイブ 、自分のコンピュータ上の IBM Lotus Notes Client ソフトウェアによってアーカイブプロセスを実行するか クライアントベースのアーカイブ を設定することができます。 サーバーベースのアーカイブの場合、アーカイブの実行中にコンピュータを起動させておく必要がなくなり、クライアントベースのアーカイブの場合、スケジュールの管理が容易になります。 アーカイブの処理を Lotus Notes Client で行う場合は、アーカイブアプリケーションをローカルに保存することも、アクセスできる任意のサーバーに保存することもできます。 アーカイブの処理をメールサーバーで行う場合、アーカイブアプリケーションを保存できるのはアクセス権限のあるサーバーのみになります。 2 [条件] -- 作成するアーカイブアプリケーションに対して、一連のアーカイブ条件 アーカイブ実行中に Lotus Notes が使用する情報 を作成し、有効にします。 条件セットには、アーカイブする文書の情報、アーカイブアプリケーションのファイル名とパス、選択したメールファイルのクリーンアップオプションなどがあります。 [文書] -- 文書の使用状況やフォルダの選択に基づいて、アーカイブする文書を選択します。 たとえば、365 日以上更新されていない文書をアーカイブするような条件を設定できます。 条件を設定したら、その条件に一致するすべての文書をアーカイブしたり、条件に一致する特定のフォルダ内の文書だけをアーカイブすることができます。• [保存先] -- 選択した文書を指定したアーカイブアプリケーションにコピーするか、文書をアーカイブにコピーした後に削除してメールをクリーンアップするかを選択します。• [メールファイルのクリーンアップ] -- メールのクリーンアップオプションとして、アーカイブした文書を削除するか、文書のサイズを縮小するかを設定します。 文書サイズの縮小は、まず添付ファイルを削除し、次に、ヘッダー情報だけを残すか、ヘッダー情報とメール文書の一部を残すことで行います。 3 [拡張] -- 省略可能 返答文書のある文書のアーカイブ処理方法を変更して、アーカイブログを作成します。 4 [スケジュール] -- クライアントベースのアーカイブでは、アーカイブの開始スケジュールを設定します。 または、 [アクション] - [アーカイブ] - [すぐにアーカイブ] を選択して、手動でアーカイブを実行できます。 サーバーベースのアーカイブでは、サーバーのスケジュールに従ってアーカイブが行われるため、開始時期の指定はできません。 ほかのアプリケーションの場合と同様に、作成されたアーカイブアプリケーションのブックマーク、削除、コピーなどのタスクを実行できます。 メモ 手動で選択した文書だけをアーカイブする条件を指定している場合、上記の手順は適用されません。 この場合、最初に文書を選択してから、 [アクション] - [アーカイブ] - [選択文書をアーカイブ] をクリックします。 はじめに 「 」の手順を参照してください。 この手順の各ステップは、個人的にメールのアーカイブを実行するために必要なその他のすべての手順に分岐しています。 関連項目.

次の

Facebookメッセージのアーカイブ・アーカイブ解除する

メッセージ を アーカイブ

メール メッセージをアーカイブして領域を解放する アーカイブとは、不要になった情報を保存するためのアプリケーションのコピーです。 と同じように、アーカイブには元のアプリケーションの文書と設計要素が保存されます。 アーカイブがレプリカと異なるのは、元のアプリケーションに変更内容が反映されない点です。 [送信] ビューにあるメッセージのコピーを自動的に保存するようにユーザープリファレンスを設定している場合はメールアプリケーションのサイズが大きくなるため、アーカイブをメールアプリケーションで使用すると特に便利です。 フォルダを作成してメッセージを振り分けることによりメールを整理することはできますが、これによってメールアプリケーションのサイズが小さくなることはありません。 アーカイブを実行すると、領域が解放され、メールのパフォーマンスが向上します。 メールファイルでアーカイブを実行するには、少なくともそのメールファイルの削除権限のある所有者であり、[編集者] のアクセス権を持つ必要があります。 メールファイルの所有者でない場合は、削除権限があり、[管理者] アクセス権を持つ必要があります。 メールのアーカイブに対するアクセス権 組織がメールアプリケーションに対してアーカイブのポリシーを設定している場合は、そのポリシーによってメールのアーカイブに対するユーザーのアクセス権のレベルが決まります。 アーカイブが設定されていて組織がアーカイブを代行するため、ユーザーがアーカイブを実行する必要がない場合もあります。 また、組織が実行するアーカイブのほかに、ユーザーが個人的なアーカイブ条件を設定できることを規定しているポリシーもあります。 自分がメールのアーカイブに対してどのレベルのアクセス権を持っているかを確認するには、 [アクション] - [アーカイブ] - [設定] をクリックして、[アーカイブの設定] ダイアログボックスを表示します。 詳しくは、「 」を参照してください。 個人的なメールアーカイブ -- プロセスの概要 自分のメールを個人的にアーカイブするアクセス権限を持っている場合は、次のプロセスに従ってください。 1 [基本] -- アーカイブを実行するコンピュータとアーカイブを保存するコンピュータを指定します。 メールサーバーによってアーカイブプロセスを実行するか サーバーベースのアーカイブ 、自分のコンピュータ上の IBM Lotus Notes Client ソフトウェアによってアーカイブプロセスを実行するか クライアントベースのアーカイブ を設定することができます。 サーバーベースのアーカイブの場合、アーカイブの実行中にコンピュータを起動させておく必要がなくなり、クライアントベースのアーカイブの場合、スケジュールの管理が容易になります。 アーカイブの処理を Lotus Notes Client で行う場合は、アーカイブアプリケーションをローカルに保存することも、アクセスできる任意のサーバーに保存することもできます。 アーカイブの処理をメールサーバーで行う場合、アーカイブアプリケーションを保存できるのはアクセス権限のあるサーバーのみになります。 2 [条件] -- 作成するアーカイブアプリケーションに対して、一連のアーカイブ条件 アーカイブ実行中に Lotus Notes が使用する情報 を作成し、有効にします。 条件セットには、アーカイブする文書の情報、アーカイブアプリケーションのファイル名とパス、選択したメールファイルのクリーンアップオプションなどがあります。 [文書] -- 文書の使用状況やフォルダの選択に基づいて、アーカイブする文書を選択します。 たとえば、365 日以上更新されていない文書をアーカイブするような条件を設定できます。 条件を設定したら、その条件に一致するすべての文書をアーカイブしたり、条件に一致する特定のフォルダ内の文書だけをアーカイブすることができます。• [保存先] -- 選択した文書を指定したアーカイブアプリケーションにコピーするか、文書をアーカイブにコピーした後に削除してメールをクリーンアップするかを選択します。• [メールファイルのクリーンアップ] -- メールのクリーンアップオプションとして、アーカイブした文書を削除するか、文書のサイズを縮小するかを設定します。 文書サイズの縮小は、まず添付ファイルを削除し、次に、ヘッダー情報だけを残すか、ヘッダー情報とメール文書の一部を残すことで行います。 3 [拡張] -- 省略可能 返答文書のある文書のアーカイブ処理方法を変更して、アーカイブログを作成します。 4 [スケジュール] -- クライアントベースのアーカイブでは、アーカイブの開始スケジュールを設定します。 または、 [アクション] - [アーカイブ] - [すぐにアーカイブ] を選択して、手動でアーカイブを実行できます。 サーバーベースのアーカイブでは、サーバーのスケジュールに従ってアーカイブが行われるため、開始時期の指定はできません。 ほかのアプリケーションの場合と同様に、作成されたアーカイブアプリケーションのブックマーク、削除、コピーなどのタスクを実行できます。 メモ 手動で選択した文書だけをアーカイブする条件を指定している場合、上記の手順は適用されません。 この場合、最初に文書を選択してから、 [アクション] - [アーカイブ] - [選択文書をアーカイブ] をクリックします。 はじめに 「 」の手順を参照してください。 この手順の各ステップは、個人的にメールのアーカイブを実行するために必要なその他のすべての手順に分岐しています。 関連項目.

次の

Gmailにある謎の機能「アーカイブ」ってなんなの?【使い方】|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

メッセージ を アーカイブ

iPhoneのメールアプリでメールをスワイプすると「アーカイブ」と「ゴミ箱」が表示されるけど、これって何が違うの? と思ったことはありませんか? どちらも受信トレイからは見えなくなるから同じ「削除」なんでしょ、と思われるかもしれませんが、いえいえ、それが違うんです。 「アーカイブ」は「Gmail」を使用している場合だけ表示される iPhoneのメールの受信トレイでは、「Gmail」を含めて複数のメールを受信している方も多いと思います。 結論から書いてしまうと、「アーカイブ」はGmailの初期設定の機能。 試しに「Hotmail」と「Gmail」で、メールを左にスワイプしたときの違いを比べてみましょう。 上がHotmail、下がGmailのメールを、それぞれ左にスワイプしたときの表示。 この通り、一番右の表示がHotmailでは「ゴミ箱」、Gmailでは「アーカイブ」となります。 どっちも一緒なんでしょ? 「いいえ、違います」 呼び名が違うだけで、結局はいずれも「削除」ってことなんでしょ? 正直、自分も調べるまではそう思っておりました。 がしかし! 両者には明確な違いがあるのです。 以下にまとめてみました。 メールの移動先 削除されるか メール内での検索 ゴミ箱 実行すると、ゴミ箱フォルダへ移動される 一定期間後に削除される 検索にヒットしない アーカイブ 実行すると、アーカイブフォルダへ移動される 削除されずに残る 検索にヒットする このように、ゴミ箱に入れると削除、アーカイブに入れると削除されない、という決定的な違いがあるのです。 また、アーカイブは削除されないため、おのずとメール内の検索で見つけることも可能です。 おや? ということは、いままでGmailで削除していたつもりのメールは、ただ単に「アーカイブ」フォルダに移動していただけだったのか!? はい、その通りなんです。 不要なメールだから消しているのに、残られても困る! という方は、以下の方法で設定変更が可能です。 すると、以下の画面が表示されます。 [削除したメッセージの移動先]において、[削除済みメールボックス]をタップします。 その後左上の「アカウント」をタップし、次の画面の右上の「完了」をタップすれば、設定は完了です。 いままでのモヤモヤも解決したし、Gmailに不要なメールを残さなくて済むようにもなったし、これにて一件落着! 同様に思われた方は、上記の設定変更をお試しくださいね。

次の