エム 愛す べき 人 が いて。 M愛すべき人ドラマ松浦勝人が三浦翔平は美化痛すぎ声!負けねぇ画像も

M愛すべき人がいてのドラマ・田中みな実・奪い愛が話題

エム 愛す べき 人 が いて

M 愛すべき人がいての主要登場人物 浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ) 主人公。 松浦氏との出会いが契機となり、国民的歌手となる。 松浦 勝人(まつうら まさと) エイベックスの専務。 数多くの歌手を育て上げた。 メイ(めい) 浜崎あゆみの高校時代からの親友。 M 愛すべき人がいて の見どころ! ・国民的歌手浜崎あゆみの知られざる大恋愛 ・名曲の誕生秘話 ・「あゆ」を作り上げた浜崎あゆみと松浦勝人氏が選んだ結末 M 愛すべき人がいて の簡単なあらすじ 浜崎あゆみの恋とその終わりを描いた物語です。 国民的歌手「あゆ」を作り上げたのは、プロデューサーの松浦勝人(マサ)でした。 マサに言われるがままに歌やダンスのレッスンをこなし、徐々に有名になっていくあゆ。 次第にあゆは、マサに対する気持ちを抑えられなくなっていきます。 あゆが書き上げる歌詞はマサに対するラブレターでした。 マサはその思いに応え、二人は交際を始めます。 しかし、それは世間には知られてはいけない関係でした。 多忙を極める二人は、次第にすれ違いはじめます。 当時のあゆは、福岡でモデルにスカウトされ、華やかな生活を送っていました。 とは言え、あゆには父親がおらず、奔放な母親と祖母との三人暮らしでした。 しかし、あゆは寂しくありませんでした。 中学生のころからモデルとして家計を支えていることを誇りに思っていましたし、何よりも家族が大好きでした。 そんなあゆには、大好きな場所がありました。 ヴェルファーレというディスコです。 学校帰りには親友のメイと一緒に、連日通っていました。 当時のあゆは16歳でしたが、年齢を18歳と偽って入場します。 おそらくスタッフの人は、年齢詐称をしていることに気づいていましたが、彼らはいつもあゆのことを見逃してくれました。 ヴェルファーレに通ううちに、次第にあゆはスタッフとも打ち解けます。 ヴェルファーレにはVIPルームという部屋がありました。 あゆは、一度でいいからその部屋に入ってみたいと思っていました。 そんなある日、ヴェルファーレのスタッフがVIPルームにあゆを通してくれたのです。 そこにいたのは、松浦勝人(マサ)でした。 マサは、当時のエーベックスの専務を務めており、数多くのミュージシャンをプロモーションし、育て上げてきたことで有名でした。 あゆは、そんな憧れの人と同じ空間にいることが信じられませんでしたが、この出来事をメイに自慢したいと思い、マサに記念写真を頼みます。 これが二人の出会いでした。 歌手になる あゆは、それからも定期的にVIPルームに通されるようになりました。 そこにはいつもマサがいました。 マサはあゆの歌を聴きたがりました。 あゆは当時、ミニアルバムを出してはいましたが、歌は素人同然で得意でも好きでもありませんでした。 しかし、マサはそんなことはお構いなしで、次々とカラオケに曲を入れてはあゆに歌わせました。 あゆは必死になってそれらの曲を歌い続けました。 あゆは、将来について考えるようになりました。 自分がどうなりたいのかを考えた結果、学校を辞め、所属していた事務所との契約も解除しました。 マサにそのことを伝えると、マサはあゆに歌手になれと命じます。 マサは、あゆをプロデュースし、日本で知らぬ人がいないくらいの歌手に育てあげると宣言します。 あゆは戸惑いましたが、マサの勢いに押され、歌手になることを約束します。 まず初めに、マサはあゆをニューヨークに留学させました。 そこでは、本格的な歌とダンスのレッスンが待っていました。 慣れない環境と厳しいレッスンに、あゆは心が折れそうになりますが、マサに喜んでほしい一心で懸命にレッスンをこなします。 留学中、一度だけマサはあゆに出張ついでに会いに来てくれました。 レッスンの報告を受けたマサは、あゆに「似合ってるから」と、高価なコートをプレゼントしてくれました。 あゆは久しぶりマサに会ったことで、彼に対する恋を自覚していきます。 留学を終えて帰国したあゆに対して、マサは作曲をするようにと命じました。 あゆは作曲なんてしたことがありませんでしたが、マサをがっかりさせたくなかったので、自分なりに詩を書きました。 それは、マサに対するラブレターでした。 マサはその詩を読んで驚きます。 あゆの詩は、マサが予想していたよりも心に響くものだったからです。 あゆは、伝えられない思いを詩にして、マサに手渡すようになりました。 詩が増えれば増えるほど、あゆの気持ちは大きくなっていきます。 ついに、自分の気持ちに耐えられなくなったあゆは、FAXでマサに告白文を送ります。 それを読んだマサは、あゆの気持ちに応じてくれました。 あゆの実家に出向いたマサは、あゆの家族に自分があゆと付き合っていることを告げ、ふたりは一緒に暮らすことになりました。 歌手とプロデューサーが交際し、同棲までしているという事実は、マスコミに知られるわけにはいきません。 あゆはまだ駆け出しの歌手でしたが、それでもマサのプロデュースによってじわじわと人気を集めていました。 そんなときにスキャンダルが発覚すれば、浜崎あゆみの歌手人生は狂ってしまいます。 ふたりは堂々とデートをすることすらままならないような状態でした。 ふたりが付き合っていることを知っている関係者たちは、ふたりに大ごとにならないうちに別れるようにと迫ります。 そんな日がしばらく続きました。 あゆはどんどん有名になり、メディアの露出も増えていきました。 あゆに休日はなくなり、分刻みのスケジュールをこなします。 あゆはマサと一緒にいるのが一番幸せなのに、そんな余裕はどこにもありませんでした。 マサはあゆをもっと有名にすることに夢中で、そんなあゆの気持ちには気付きません。 そして、二人の心はどんどんすれ違っていきました。 選んだ結末 マサは、自分が作り上げた「浜崎あゆみ」という歌手が、コントロールできないくらいに大きな存在へと成長したこと、そしてそんな「浜崎あゆみ」と自分が交際していることに重圧を感じるようになります。 もはや国民的ともなった「浜崎あゆみ」を、自分の存在が邪魔をしているような気がしていたのです。 次第にマサはあゆと二人で暮らす部屋には寄り付かなくなります。 あゆはマサの心が離れていくのを感じ、悲しみました。 あゆにとって、歌手を続けている理由は「マサのため」だけだったのです。 自分が歌えば歌う程マサは苦しみ、マサの心はあゆから離れていくのには耐えきれませんでした。 しかし、あゆにとってマサは、恋人である前に自分のプロデューサーでした。 あゆがどんなにわがままを言っても、マサは怒りません。 プロデューサーとして、あゆを慰めたり、励ましたりするのです。 マサも苦しんでいました。 マサは次第に飲酒量が増え、あゆも心配します。 そんな時、あゆはマサがヴェルファーレに入り浸って毎日のように酒を飲み、女の子を連れまわしているということを知ってしまいます。 あゆはショックを受け、仕事から逃亡してしまいます。 メイや、あゆのマネージャーは心配して、懸命にあゆのことを探してくれました。 数日後、戻ってきたあゆは自分の立場を考え、この悲しみを歌にしようと決意します。 そこで生まれたのが、名曲「M」です。 あゆは、曲の制作をほとんど自分でできるようになっていました。 これは、マサが今まであゆを育て上げてきた賜物でした。 しばらくすると、マサは海外に拠点を移すことになりました。 あゆとマサの別れの時が近づいていました。 あゆは、今後の人生に、マサ以上に愛すべき人が現れないだろうという気がしていました。 マサとの別れはつらいものでしたが、笑顔で見送ります。 数年の時が流れ、2019年。 あゆは、自分の力で「浜崎あゆみ」を作り上げていました。 平成から令和へ、時代をまたくライブツアーが開催され、日々忙しく過ごしていました。 するとそこに、現れたのはマサ。 久しぶりの再会です。 あゆとマサは、もう愛し合う者同士ではありませんでしたが、二人の間には今も強いつながりが存在しています。 M 愛すべき人がいて を読んだ読書感想 誰もが知る歌姫・浜崎あゆみの半生や、名曲の背景が惜しげもなく描かれた一冊です。 一人の少女があるプロデューサーと出会い、歌姫になるまでの過程はまるでシンデレラストーリーですが、その成功の裏にはたくさんの努力や苦しみが隠されています。 愛する人と決別してまでも歌い続けた浜崎あゆみのリアルな気持ちに心が揺さぶられました。

次の

安斉かれんの演技下手すぎてヤバい!M愛すべき人がいての評判や感想は?

エム 愛す べき 人 が いて

スポンサーリンク M愛すべき人がいてのドラマは実話? 浜崎あゆみはこれでOKしたの? つまり。。。 脚色はされているものの大筋は事実、という事ですね。 フィクションとしちゃっていいの? 浜崎あゆみさんはこのドラマを見たの? そして、OKを出したの!? 眼帯の田中みな実さん役は実在したの!? と思ってしまう内容でした(笑) まぁ、OKしたからこそ放送されているんでしょうけど。。。 ただ、こちらとしては浜崎あゆみさん世代で大好きだったので、こんな事があった中で頑張ってきたんだな、と言う事がわかって面白いですし。。。 いろんな意味で幅広く楽しめるのでおすすめなドラマです!! 可愛いな。 浜崎あゆみさんと見た目も似ているので抜擢されたんでしょうが、実は 演技をするのは初めて。 それを踏まえて見れば上出来な気もしますが。。。 ドラマが始まり、あゆが出てきて一言。 「あの日も海を見ていたな。 」 ぼ、棒! 棒読み。。。 ! 表情も固いですし、気になる! 浜崎あゆみさんが本当にそういう子だったから。。。 なのかもしれまさんが、表情も乏しくて、控えめ? 暗い感じのあゆ。 なのに 自分のことをあゆ呼びしてるのがめちゃくちゃ違和感!! マックスマサにたんかかった時も、迫力もなければ感情も感じられず。。。 「神様ですかぁ!? 」 の言い方には笑ってしまいました(笑) 全体的に演出自体がクサイというかチープというか。。。 萎えました。 でも、懐かしの歌が聞けるのはとってもいいです! 本物のあゆはやっぱりすごい! 歌姫と言われただけの事はあり、引き込まれる歌声。 懐かしいです。 あんまりマサからの愛情は感じられませんが。 とにかく強烈な不思議ちゃん悪女キャラなんですよね。 1話でもブドウ1粒片手に 「私の目の代わりになるって言ってくれたよねぇ?あの時。。。 」 眼帯を外して(視聴者には外した目は見えないけど) 「見える、見えるよ。。。 マサの未来が見える。。。 」 と言いながらブドウを食べる姿を披露してくれました。 怖すぎる! そして笑える! マサよ。。。 本当にこんな女性と恋に落ちたの? 笑 と、気になるこの田中みな実さんが演じる姫野礼香。 あゆの敵として活躍してくれるようですが、フィクションドラマということで、 こんな女が実在していたのか? と疑問になりますよね。 調べてみたところ、 原作小説には存在しないドラマオリジナルキャラクターでした。 三浦翔平さん演じるマサがかっこよすぎます! マサはエイベックスの松浦勝人さんをモデルにしているのですが。。。 アユと違ってマサは本人に似せてないなw そうなんですよね。。。 ちょっと 美化しすぎてしまったかもしれませんw そしてあのクサイセリフも三浦翔平さんだから様になる。。。 かろうじて許せるんですが、リアルで想像してしまうと笑いしかありませんw でも熱い気持ちで仕事していたことはとっても伝わってきましたよ! ちなみにもう一人気になる人物。 天才音楽プロデューサーの輝楽天明! 新納慎也さんが演じています。 オリジナルキャラクターですが 小室哲哉さんをイメージした人物なのでしょうね。 ただ…松浦勝人さんは三浦翔平さんでとってもかっこよく変身しているのに、小室哲哉さんをイメージした役はあんな感じなの?とツッコんでしまいましたよ。 ひどすぎる! とも思いましたが、当時の小室哲哉さんを確認すると。。。 小室哲哉も初見だと誰だかわからなさすぎ。 「M 愛すべき人がいて」これはヤバイぞ。 M〜愛すべき人がいて〜 演技のアクが強すぎておもしろい。 6大メジャーが支配してた音楽業界に分け入ったavexと小室依存で揉めた後、浜崎依存で株主総会で叩かれ続けたavexの時代を描くってのは今どきなのかな。 安斉かれんのあの感じ、一周回って、あゆっぽい。 ハマるわ。 ただ、一つ言える事は 思ってたんと違う。 — さき Rp1O7fzSSnGkNMv そうなんですよ! ツッコミどころ満載で変なドラマなのに。。。 ハマります! 面白いんです。 私は最終回まで見ます! 笑.

次の

安斉かれんの演技下手すぎてヤバい!M愛すべき人がいての評判や感想は?

エム 愛す べき 人 が いて

M 愛すべき人がいて 著者 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 205 公式サイト コード [ ] 『 M 愛すべき人がいて』(エム あいすべきひとがいて)は、による「事実を基にした」小説。 にから刊行された。 歌手・が後半からにかけスターダムに駆け上がるまでのデビュー秘話と、デビューのきっかけをもたらした・(当時専務)との出会い、大恋愛から別れまでを、2人へのインタビュー取材を元に浜崎の視点によるで赤裸々に描かれている。 出版前から話題となり 、発売日である2019年8月1日のワイドショーで本書が取り上げられると衝撃的な内容が浜崎のファンを中心に反響を呼び 、としても浜崎と同世代を中心に共感を呼んで 、累計発行部数16万部 の大ヒットとなった。 2020年4月よりと(旧AbemaTV)との共同制作でテレビドラマ化された。 執筆背景 [ ] 本書発売の1年前の8月1日に・で浜崎あゆみ、松浦勝人と社長のの3人が飲んでいる席で話が盛り上がり、その場で藤田が「本にしてくれたら、ぜひ、映像化したい」と幻冬舎社長のに電話を入れて、本書の企画がスタートする。 背景として、同年が浜崎のデビュー20周年の節目の年にあたり、またからへと新しい時代に迎えることで、「これからも歌い続けていく」「ステージに立ち続けていく」という覚悟を表明したいと感じて、浜崎と松浦との話し合いの中で「過去の思い出をいま知っていただくことで、そうした決意を伝えることができたら」という考えに至ったという。 著者としてやらの取材実績があったの小松成美が指名を受け、「浜崎あゆみという平成の大スターの誕生と、その背景にあった2人の恋愛を書きたい」と取材を開始。 通常のノンフィクション作品と同様に浜崎、松浦および周辺人物に10か月間にわたって取材を実施し、浜崎、松浦の2人一緒に、またそれぞれ単独でインタビューを行って、2人の合意のもとに交際前から別れまでの過去について聞き取りを行った。 20年以上も前の話に関わらず2人の記憶は鮮明で、2人とも過去について語ることにまったくためらいはなく、原稿の修正もほとんど無かったという。 本書の扉には「事実に基づくフィクションである」と記されているものの 、浜崎は本書のに「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」と自身の言葉を寄せている。 ノンフィクション作品の場合には実在する登場人物の都合により書けないエピソードが生じるケースもあることから、小説という形式を選択。 登場人物を浜崎、松浦以外にマネージャーなど数名に絞ることによって、物語性を際立たせている。 あくまで「事実をもとにした文芸作品」であり、ノンフィクション作家であるがゆえに執筆できた「ドキュメンタリー小説」「ノンフィクション小説」と位置づけている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 『 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック』と題して本作のクライマックスとなる第5章「Mとの別れ」が浜崎あゆみの楽曲と朗読により映像化され、公式チャンネルにてより配信 、続編となる『 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック 2』がdTVにて同年より配信された。 「M 愛すべき人がいて」ビジュアル・オーディオブック [ ]• 劇中楽曲• 劇中BGM(インストゥルメンタル)• スタッフ [ ]• 著・文章再構成 - 小松成美• 監督 - 櫻木優平• 助監督 - 川崎司• BGクリエイター - 内田憲、岡亮佑、上原裕弥、春日健一、手川太輔• 制作 - クラフター、クラフタースタジオ• 音楽演出・企画・選曲 - 鈴木雅子• 音響監督 - 高木創• モーショングラフィックス - 川中玄貴、久保雄基• モーショングラフィックスプロデューサー - 飯野史子(EPOCH)• 劇中楽曲• 劇中BGM(インストゥルメンタル)• poker face• POWDER SNOW• End roll• スタッフ [ ]• 著・文章再構成 - 小松成美• 監督 - 櫻木優平• 助監督 - 川崎司• BGクリエイター - 内田憲、岡亮佑、上原裕弥、野村達哉、春日健一、手川太輔、多田健人• 制作 - クラフター、クラフタースタジオ• 音楽演出・企画・選曲 - 鈴木雅子• 音響監督 - 得能直也• 本作がドラマ初主演となるとのダブル主演。 ABEMASPECIALチャンネルでは毎週日曜22時から22時41分までなしで配信され、「ABEMAオリジナルドラマ」と同様、右下に「ABEMA」のが常に表示されている。 これとは別にでも独占見逃し配信が行われるが、この配信は168時間経過するまでは「テレ朝キャッチアップ」と同じ扱いとなり、ウォーターマークが非表示となるほか、ABEMAプレミアム会員であってもCMが複数回入る仕様となっている。 168時間経過後は「ABEMAオリジナルドラマ」と同じ扱いとなるため、ウォーターマーク常時表示・CMなしとなる。 なお、本作はやによる見逃し配信は行われない。 本作の脚本を担当する鈴木おさむは、これまで『』(テレビ朝日)『』(ABEMA)でも脚本を務めており、三浦翔平や田中みな実、水野美紀(第2話のみ)など、奪い愛シリーズに出演した俳優が本作でも重要人物として登場しているのが特徴。 さらに、それらの俳優のオーバーな演技が、かつてのを彷彿させるものとして、批評者の注目を集めた。 の感染拡大を受け、撮影スケジュールに変更が生じ、第4話以降の放送が延期されていたが 、2020年6月13日から第4話が放送されることが発表された。 あらすじ(テレビドラマ) [ ] 幼い頃に父が蒸発して以来、 アユは母と祖母・ 幸子と暮らす地元・福岡で主にモデルとして活動していたが、東京で芸能人として売れれば生活が楽になると考え、本格的に芸能活動を始めようと一念発起して祖母とともに上京する。 アユは高校に通いながら老舗芸能事務所「 中谷プロダクション」(通称: 中谷プロ)に所属しタレント活動を続けるが、入ってくる仕事といえばエキストラのような仕事ばかりで、芸能人として成功する契機を得られずにいた。 そんなある日、歌手を目指す友人の 玉木理沙に誘われ初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ ベルファインで、アユは次世代のスター候補となるダイヤの原石を探していたレコード会社「 A VICTORY」の専務・ マサと出会う。 それまでどんなに美人でスタイルのいい女性を前にしてもマサは心を動かされることがなかったが、部下の 流川翔に命じてVIPルームに連れてこられた女性の顔を見て次々と切り捨てていくマサのスター候補の探し方に意見したアユには運命的な何かを感じ、彼女に電話番号を渡し人生をかけて歌手としてプロデュースする決意を固める。 アユはマサの 中谷社長への熱意ある懇願で「中谷プロ」から「A VICTORY」への移籍を認められ、移籍後すぐマサの指示で歌手デビューに向け単身ニューヨークに渡り、ボイストレーナーの 天馬まゆみから厳しいレッスンを受ける。 レッスンを終え帰国した後もアユはマサから次々と厳しい課題を与えられるが、周囲からはその様子がマサがアユを特別扱いしているように映り、デビューを目指すライバルたちからの嫉妬やひがみを呼び、マサに好意を寄せる秘書の 姫野礼香にけしかけられたライバルたちからアユは壮絶な嫌がらせをうけてしまう。 しかし、アユは自分の才能を見出してくれたマサの言葉だけを信じ嫌がらせに耐えながらレッスンに打ち込み、いつしかマサへの信頼感が彼への恋心に変わっていく。 マサもそんなひたむきなアユの姿に心打たれ、彼女を所属アーティストとしてだけでなく、一人の女性として愛する気持ちが芽生えていく。 キャスト [ ] 主要人物 [ ] アユ 演 - (幼少期:米村莉子) 本作の主人公。 地元・福岡でモデルの仕事をしていたが、ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば祖母・幸子や母との生活が楽になると考え、一念発起し東京の叔母・里美を頼り祖母とともに上京する。 上京後に友人となった理沙に誘われて初めて足を踏み入れた六本木のディスコ・ベルファインでレコード会社「A VICTORY」の専務・マサとめぐり逢い、歌手デビューのチャンスを掴む。 マサ 演 - 本作のもう一人の主人公。 レコード会社「A VICTORY」代表取締役専務。 通称マックス・マサ。 人気プロデューサー・輝楽ひとりの活躍に会社の売上を頼っている状態に危機感を感じ、次世代のスター歌手となるダイヤの原石を探そうと六本木のディスコ・ベルファインを訪れていたところ、流川にVIPルームに連れてこられたアユと出会い、運命的な何かを感じ、人生をかけて彼女を歌手としてプロデュースする決意を固め、次々と厳しい課題をアユに与える。 アユのデビューが決まると社内にアユを売り出すためのプロジェクトチーム「チーム・アユ」を結成し鬼気迫る勢いでチームに激を飛ばし、10億円をかけてプロモーションを行う。 中谷(なかたに) 演 - アユが上京後に所属する芸能事務所「中谷プロダクション」 の社長。 アユが売れるとは考えておらず、ブームに便乗するため彼女にに行くよう安易な指図を出すなど、芸能人として真剣に育てる気持ちがない。 しかし、マサがアユの才能を見出したことを知った途端、事務所から引き抜かれそうになることが惜しくなり、アユを囲い込もうと態度を一変させる。 アユが中谷プロに所属していながらマサに会うことを問題視する大浜らと裏で結託し、二人の邪魔をしようとするが、土下座してまでアユの「A VICTORY」への移籍を懇願したマサの熱意に心打たれ、アユの移籍を認める。 大浜(おおはま) 演 - レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。 レンタルレコード店で店長をしていたマサのプロデュース能力を聞きつけ、その才能にほれ込んで彼を引き抜きに「A VICTORY」を共同で設立する。 プロデュース業をマサに任せて、自身は経営に専念しており、会社が都内の一等地であるに移転できるほど大きく成長したのはカリスマ性と才能にあふれるマサのおかげだと理解しているが、自分の存在が脅かされるまで大きくになったマサの影響力を危惧して、あの手この手でマサを会社から追い出そうと画策する。 モデルはエイベックス元会長の。 姫野礼香(ひめの れいか) 演 - レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。 右目にオレンジ色の眼帯を付ける謎めいた美女。 右目はマサが自身の挙式で酔った弾みで礼香を階段から転落させてしまい、転落の際に割れたグラスの破片が刺さり失明している。 マサに好意を寄せており、過失で右目を失明させてしまったマサの「礼香の目の代わりになる」という言葉を信じ、並みの執着心で妻帯者である彼を追いかけている。 愛するマサがアユに肩入れすることに激しく嫉妬し、狂気じみた姑息な手段でアユへ嫌がらせを繰り返す。 マサとは7年前に彼が店長をしていたレンタルレコード店で出会ってからの付き合いで、彼のことを尊敬しており、一緒に日本の音楽史を塗り替える伝説を作りたいと本気で考え仕事に取り組んでいる。 明るく周囲から愛されるキャラクターだが、若干行動に軽薄なところがある。 マサにガールズグループAXELS のプロデュースを任され、理沙や真理たちをデビュー候補としてスカウトする。 玉木理沙(たまき りさ) 演 - アユの友人。 歌手デビューを目指しており、同じ高校で芸能活動をしているアユに興味を持ち声をかける。 アユをディスコに誘い、彼女とマサとの出会いのきっかけを与える。 流川がプロデュースするガールズグループAXELSでの歌手デビューを目指してアユとともにレッスンを受けるが、礼香に吹き込まれたことでアユがマサから次々と課題を与えられる様子を彼女だけ特別扱いを受けているとひがみ、逆恨みからアユに嫌がらせをする。 アユへのライバル心から流川に色仕掛けを仕掛け、彼の弱みを握り服従させ、「A VICTORY」での自身の扱いをアユより優位に立たせようと画策したり、売れるために音楽プロデューサーの黒川の夜の接待の要求を受け入れるなど闇に陥っていく。 野島美香(のじま みか) 演 - 「A VICTORY」でのアユのチーフマネージャー。 吉田明日香(よしだ あすか) 演 - 大浜の秘書。 大浜の問いかけに対して無表情で「です」としか返事をしない。 輝楽天明(きら てんめい) 演 - 「A VICTORY」の人気プロデューサー。 「A VICTORY」の売上のほとんどを支え、絶頂期を極めている。 モデルは。 幸子(さちこ) 演 - アユの祖母。 持病を患っているにも関わらず本格的に芸能活動を始めるために上京しようとするアユを心配し、彼女とともに福岡から都内に住む娘の里美の家に身を寄せるが、アユがアーティストとして成功する姿を見ることなく持病が悪化して他界する。 西谷真理(にしたに まり) 演 - () アユのライバル。 流川がプロデュースするガールズグループAXELSでのデビューを目指す。 アユがマサから特別扱いを受けていると嫉妬して、逆恨みから理沙とともにアユに嫌がらせをする。 椎名里美(しいな さとみ) 演 - アユの叔母。 東京に住む幸子の娘。 上京してアユと幸子は彼女の家に身を寄せる。 佐山尚樹(さやま なおき) 演 - マサ行きつけののバーSILVERのマスター。 バーでドラマの舞台となる90年代当時のをで弾き語りしている。 その他の人物 [ ] OTF(Over The Fact) 演 - Hina()、和田颯()、栗原陸人 マサがプロデュースした女性ボーカルを擁する3人組ロックユニット。 モデルは。 USG 演 - (佐藤友祐、小宮山直人、moca、hibiki、honoka) 輝楽がプロデュースした5人組ダンスユニット。 モデルは。 冴木真希(さえき まき) 演 - Yupi'n 女性ロックシンガー。 モデルは。 静香(しずか) 演 - 川村 海乃 AXELSのメンバー 奈緒(なお) 演 - 齊藤 英里 AXELSのメンバー ゲスト [ ] 第2話 天馬まゆみ(てんま まゆみ) 演 - ニューヨーク在住のボイストレーナー。 渡米したアユを鬼のように厳しいレッスンで鍛え上げる。 後日、流川がプロデュースするガールズグループAXELSのデビュー候補たちの合宿にも講師として招聘され来日している。 モデルはボイストレーナーの原田真裕美。 第4話 水島(みずしま) 演 - 六本木テレビのTVプロデューサー。 アユのデビューのプロモーションのためゴールデンタイムの人気歌番組「Sing Sing」へアユの出演をマサから懇願されるが、マサは恋煩いで新人のアユにのぼせ上って見込み違いをしていると一蹴して相手にしなかった。 黒川誠(くろかわ まこと) 演 - 音楽プロデューサー。 業界に影響力があり、デビューするアユとAXELSのデビューの後押しをしてもらえるよう「A VICTORY」からプロモーションを受け、その結果、アユではなくAXELSを後押しして人気歌番組「Sing Sing」への出演を推薦することを決めるが、見返りに理沙に夜の接待を要求する。 礼香の父 演 - 礼香の母 演 - 礼香と結婚するためにマサが離婚したと聞かされて信じ込み、マサと会食する。 スタッフ [ ]• 原作 - 『M 愛すべき人がいて』(刊)• 脚本 -• 企画 - ()• 演出 - 、• ゼネラルプロデューサー - 横地郁英(テレビ朝日)• プロデューサー - (テレビ朝日)、谷口達彦(ABEMA)、山形亮介(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)• アソシエイトプロデューサー - 川島彩乃(ABEMA)• 音楽 -• 主題歌 - 「」• 制作 - 、• 制作協力 - 放送日程 [ ] 各話 放送日 配信日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率 テレビ朝日 ABEMA 第1話 4月18日 4月19日 俺の作った虹を渡れ! アユ…歌姫誕生への壮大な愛憎劇!! 木下高男 5. 6% 第2話 4月25日 4月26日 いいダイヤの原石だ 歌姫デビューへ…11人の悪魔の女達!! デビュー曲誕生!! 愛する人との別れ… 麻生学 4. 秘書礼香VSアユ!! 雪山で絶唱!? M 愛すべき人がいて~メイン・テーマ 2. 予感 3. True Love Story 4. 俺を信じろ 5. マサとアユ 6. 会いたいよ 7. 輝楽天明 8. ベルファインのVIPルーム 9. PERFECT LIFE 10. 「です」 11. 姫野礼香のテーマ 12. 眼帯 13. ゆるさない 14. NYのレッスン生活 15. ミリオン歌手へ 16. ルーレット 17. 永遠の愛 18. 瞳を閉じて 19. 逆走 21. 戻れない二人 22. Forever 23. our night, our light…(Demo) 7. Portrait(Demo) 8. 最後のリスタート(Demo) 9. grace(Demo) 10. SEREAL(Demo) その他 [ ]• が演じる姫野礼香の右目の眼帯が博多銘菓「」に似ているとSNSを中心に話題となり、第4話から話題を聞きつけた販売元の「」が番組スポンサーについている。 また、で放送休止していたドラマが第4話から放送再開することをアナウンスする記者会見で、明月堂から「『 通りもん眼帯』のおかげで、博多通りもんの売上が上がりました。 ありがとうございます」とコメントが寄せられるとともに、会見に出席していた田中が明月堂から「通りもん」の差し入れがあったことを明かしている。 関連項目 [ ]• - 2017年に朝日放送(現・)と共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 - 2018年にと共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 - 2019年にと共同制作したAbemaTVのドラマ作品。 主演は。 系 前番組 番組名 次番組• 制作協力している角川大映スタジオは、1971年の分社化前の大映本体の系譜を踏んでいるため、本作は「大映ドラマ」のカテゴリーには入らない。 放送休止期間中は、、(6月6日のみ)が副音声で作品の実況解説を行うリミックスバージョンと称する本作の特別総集編(5月9日:第1話、5月16日:第2話&第3話、6月6日:第3話)と本作の脚本家・が脚本し、本作と共通する俳優が出演する『』の傑作選(5月23日、5月30日)がとして放送された。 中谷プロダクションのモデルは浜崎がエイベックスの前に所属していたとされるが、原作小説に中谷社長は登場しない。 第1話ではの「」、第2話ではの「」との「」、第3話ではの「」、第4話ではの「」のの部分を歌唱している。 をオマージュ。 をオマージュ。 をオマージュ。 出典 [ ]• スポーツニッポン新聞社. 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 2019年7月31日. 2020年4月1日閲覧。 インタビュー. Smart. 2020年4月1日閲覧。 ニュース. 2019年8月10日. 2020年4月1日閲覧。 松田広宣 2019年10月2日. ブック blueprint. 2020年4月1日閲覧。 ナターシャ. 2020年2月29日. 2020年2月29日閲覧。 2019年8月16日. 2020年4月1日閲覧。 2019年8月1日. 2020年4月1日閲覧。 オンライン 2020年4月18日. 2020年4月22日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年11月8日. 2020年4月1日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年12月27日. 2020年4月1日閲覧。 2020年5月9日. 2020年5月7日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月3日. 2020年5月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月6日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2020年5月8日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年3月18日. 2020年3月18日閲覧。 クランクイン! 2020年4月25日. 2020年4月25日閲覧。 2020年3月20日. 2020年3月30日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド 映画部 2020年4月19日. 2020年4月25日閲覧。 haradamayumi. 2020年5月8日閲覧。 テレビ朝日. 2020年2月29日閲覧。 音楽ナタリー. 2020年4月18日. 2020年4月25日閲覧。 該当各日 『』 テレビ欄。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年4月20日. 2020年4月20日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年5月7日閲覧。 nikkansports. com. 2020年5月7日閲覧。 www. m-on-music. 2020年5月27日閲覧。 デイリースポーツ online. 2020年6月13日閲覧。 J-CAST ニュース 2020年6月14日. 2020年6月14日閲覧。 外部リンク [ ]• - クラフター• - プレイリスト• ayu. secretdiary -• masa.

次の