年末 の 挨拶 文 お客様。 【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

年末の挨拶文例。お客様から友人まで使える年末のあいさつ

年末 の 挨拶 文 お客様

拝啓 平素よりお力添えを賜り、ありがとうございます。 個人向けのビジネス文書においては、相手を「貴殿」や「皆々様」と表現するのがマナーです。 また、最後に会った日が近い場合や頻繁にお世話になっている場合は、「先日はありがとうございました」など文中に加えるとより丁寧な文書になります。 個人向けの文章なので、相手との関係性をしっかり見定めて文書作成してください。 ビジネス文書の書き出し方例文【会社向け】 ビジネス文書の書き出しについて社外 他の会社 向けと社内向けについてそれぞれ見ていきましょう。 社外向けのビジネス文書では「頭語」「時候の挨拶」「相手への挨拶 お祝いや喜びなどの言葉 」という構成です。 一方、社内に向けたビジネス文書では内容が簡潔であることが求められるので、書き出しは不要なのが通例です。 他の会社に向けたビジネス文書の書き出し【具体例】• 拝啓 平素より格別のお引き立てを、ありがとうございます。 相手の会社に対しては「貴社」という書き方になります。 相手が商店の場合は「貴店」、学校などの場合は「貴校」といったように変化をつけるとより丁寧なビジネス文書になります。 社内に向けたのビジネス文書の書き出し【具体例】 社内に向けてビジネス文書を作成する場合は、頭語や時候の挨拶などの書き出しを省略する場合がほとんどです。 社内向けの報告書や連絡事項について部署や複数の人に向けた文書はもちろん、上司や目上の人物に向けた文書でも前文は必要ありません。 ただし、「お世話になっております。 」など文書の冒頭に加えるなどのローカルルールなど存在する場合があるので注意が必要です。 あくまで簡潔な文書であることが重要なので、一言挨拶する程度に止めておきましょう。 ビジネス文書の書き出し方例文【お客様向け】• 拝啓 日頃は多大なるご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 お客様向けにビジネス文書を送るシーンでは、ビジネスであるとはいえ、堅苦しい文書は好まれません。 お客様に感謝の気持ちが伝わりやすい柔らかい書き出しにするのがベターです。 ビジネス文書の書き出しのマナー ビジネス文書の書き出しは定型的な文章ではありますが、しっかり抑えておきたいマナーがいくつかあります。 よく見る表現であっても、時にはお客様や他の会社にとって失礼にあたる場合もあるので、しっかりマナーを身につけておきましょう。 マナーその1:頭語と結語は決まった組み合わせがある 書き出しの中で、「頭語」と呼ばれる「拝啓」や「謹啓」を使用したら、必ず結びの文章の中で「結語」と呼ばれる言葉を使用するというルールがあります。 「頭語」と「結語」は組み合わせが決まっているので、間違えないようにしましょう。 頭語 結語 拝啓 敬具 拝復 敬具 謹啓 謹白 マナーその2:前略は使用しない 「前略」という頭語はビジネス文書には不適切です。 前略は「挨拶を省略する」という意味があるので、交流のある親しい相手に使うのであれば問題ありませんが、目上の人や取引先などに「前略」を使用するとマナー違反になります。 マナーその3:「喜び」や「慶び」と書く 「ますますのご清祥を慶び申し上げます。 」などの表現がありますが、「喜び」という書き方よりも「慶び」のほうが丁寧で、見た目の印象もよくなります。 「喜び」という書き方がマナー違反という訳ではありませんが、「慶び」という書き方の方がベターです。 ビジネス文書の書き出しまとめ ビジネス文書の書き出しについて個人向け・会社向け・お客様向けの例文やマナーについて見てきました。 頻繁にビジネス文書をやりとりする場合、毎回同じ文章を送るのは避けたいところです。 以下では頭語・時候の挨拶・相手へのお祝いなどの文章の表現をそれぞれまとめました。 ビジネス文書の書き出し 頭語 ビジネス文書に使われる頭語には3つの種類がありますが、それぞれ若干丁寧さの度合いに違いがあります。 3つの頭語をどのように使い分けるのか参考にしてください。 拝啓 標準的な文章に使います。 謹啓 拝啓と同じ意味ですが、より一層丁寧で改まった表現です。 目上の相手や非常に大切な文書に使用します。 拝復 相手に返信する文書に使用します。 ビジネス文書の書き出し 時候の挨拶 時候の挨拶にはたくさんの種類があります。 月ごとに代表的な時候の挨拶について以下にまとめました。 ビジネス文書は定型的な文書であるとはいえ、文書作成時が何月になるのかによって時候の挨拶は変わってきます。 相応しい時候の挨拶なのかしっかり確認しておきましょう。 1月 新春の候、初春の候 7月 向暑の候、盛夏の候 2月 残寒の候、厳寒の候 8月 避暑の候、納涼の候 3月 早春の候、浅春の候 9月 初秋の候、秋晴の候 4月 桜花の候、春日遅日の候 10月 秋雨の候、清秋の候 5月 若葉の候、軽暑の候 11月 晩秋の候、霜秋の候 6月 梅雨の候、短夜の候 12月 師走の候、初雪の候 ビジネス文書の書き出し 相手へのお祝いなどの文章 ビジネス文書の書き出しの最後にあたる相手への挨拶の言葉を以下にまとめました。 大きく分けて「お礼・感謝」を伝える場合と、「お祝い」を伝える場合に分けてご紹介します。 組み合わせてビジネス文書を送る相手に相応しい一文にしましょう。 お礼・感謝を表す一文 相手にお礼や感謝を伝える文章を構成する言葉をご紹介します。 下記の表の代表例の欄に「平素は何かとご用命をいただき感謝申し上げます」という一文が区切って書いてあります。 言葉を「その他の表現」に書いてある言葉と置き換えて、ビジネス文書を送る相手に合った文章にしてみてください。 代表例 そのほかの表現 平素は いつも・日頃は 何かと いろいろと・格別の・多大なる ご用命 ご愛顧・ご支援・お力添えなど をいただき を賜り・のほど・にあずかり 感謝申し上げます 厚く御礼申し上げます・まことにありがとうございます お祝いや会社の繁栄などを表す一文 他の会社や個人宛のビジネス文書の書き出しには「ご隆盛・ご発展」などの広い意味でのお祝いの言葉を入れることが望ましいとされています。 以下の表現を組み合わせて違和感のない文章にしましょう。 個人や他の会社に向けた書き出しは定型的な文書になりがちですが、その時期に相応しい時候の挨拶を選び、マナーに沿った書き方が望ましいでしょう。 また、社内向けやお客様向けの書き出しについては臨機応変に対応するところがポイントになります。 いずれも読む相手に対して誠意を伝えることを念頭に文書作成するように心がけましょう。

次の

【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

年末 の 挨拶 文 お客様

受け取り主(お客様)の予定が不明の場合は、 多くの会社の年末の仕事納めは12月28日の場合が多く、 年内最後の営業日から逆算して、1週間から3日前の 12月20日から12月25日の間にメールを送るのが最適です。 もし、受け取り主(お客様)と営業最終日まで メールのやりとりがある場合は、その中で 年末の挨拶メールを送れば良いということになりますが、 前もって12月24日頃にクリスマスメールを兼ねて、 年末の挨拶メールを送るのも一つの方法です。 また、簡単に済ませたい場合は(3)と(4)は 省いても差し支えありませんが、(1)(2)(5)(6)は 必ず盛り込むようにして下さい。 今年も早いもので、 年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 貴社の皆様におかれましては ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 来年も更なる業績向上を目指し、 より一層の努力をしてまいりますので、 今後ともご支援を賜りますよう、従業員一同、 心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りです。 時節柄、ご多忙のことと存じますが、 くれぐれも体調などを崩されませんよう、 お祈り申し上げます。 来年も本年同様のご愛顧をお願い申し上げて、 年末のご挨拶とさせて頂きます。 〇〇株式会社 〇〇〇〇でございます。 スポンサーリンク 今年はいろいろとお世話になり、 誠にありがとうございました。 来年は業績向上を目指し、 より全力にて努めさせて頂きたく存じます。 これに懲りずに来年も変わらずのご支援を 賜りますようお願い申し上げます。 なお、当社の休業予定は以下の通りです。 年末年始休業:12月〇〇日~1月〇日 新年業務開始:1月〇日 9:00より 年末も近くなり、お忙しい事と存じますが、 お風邪などをひかぬようご自愛下さい。 来年も本年同様、宜しくお願い申し上げます。 年末のご挨拶を申し上げます。 本年も格別のご愛顧を賜わり 厚くお礼申し上げます。 来年もスタッフ一同、 お客様にご満足いただける サービスを心がける所存です。 来年も、本年同様のご愛顧を よろしくお願い申し上げます。 年末のご挨拶を申し上げます。 本年は格別のご厚情を賜り、 厚くお礼申し上げます。 本年同様来年も、皆様のご期待に添えるよう、 一層のサービス向上を目指してまいります。 来年が、皆様にとって輝かしい年となりますことを 心よりお折り申し上げます。 そして、メールには 1) 冒頭の挨拶 2) 一年間お世話になった御礼 5) 会社の年末年始の営業予定 6) 締めの挨拶 の4点は最低でも盛り込むようにして、 新年からも、お客様やお取引先と気持ちの良いお付き合いや、 お取引を継続させて行きたいものですね。

次の

年末の挨拶メール例文|社外/社内/上司/友達/取引先/お客様

年末 の 挨拶 文 お客様

ありがとうございます。 しかし、普段の仕事では単純なミスが多く、振り返れば、やり直しの指示を頂いてばかりの一年でした。 来年はそうしたミスの回数を減らすため、細心の注意を払って業務を行っていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、より一層の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年もよろしくお願いいたします。 その際には何かとお時間を取ってご相談に乗って頂き、誠にありがとうございました。 現在は先生にご指導いただいたことを活かし、日々の業務に向き合っております。 とは言え、少しは慣れたもののまだまだ社会生活で迷うことや分からないことも多いので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご多忙のことと存じます。 お身体にお気をつけ、良き新年をお迎えください。 さて、ここまで年末の挨拶メールへの送り方を見てきましたが、逆に誰かから年末の挨拶メールを受け取った場合の返信について、取り上げてみましょう。 まず、ビジネスにおけるメールの返信は当日中、遅くとも翌日までが期限です。 やむを得ず、メールを見るまでに時間が掛かってしまった場合には、「返信が遅くなってしまいまして、誠に申し訳ございません」など、お詫びのメッセージを入れておくのが基本です。 年末の挨拶メールも、たいていは最終営業日の数日前に届きますので、このルールに従って返信すればOKです。 返信内容は、最初に挨拶メールを受け取った事への御礼を述べる以外は、通常の年末のメールと同じで構いません。 御礼だけでは片手落ちですから、自社の休業情報などもきちんと伝えるようにしましょう。 この度はご丁寧に年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年も引き続きよろしくお願いいたします。 年末の挨拶メールは、基本的に相手を訪問する手間を避けるために送るので、通常は送った相手をわざわざ訪問することはありません。 逆に訪問をするのであれば、そこで直接挨拶をすれば良いわけで、やはりメールを送る必要はなくなります。 しかし、年末は、1年の御礼の挨拶にかこつけて、普段あまり行くキッカケのない取引先に行くチャンスでもあります。 もちろん、取引先への挨拶は直接訪問するのが一番ですから、伺うことに問題はありません。 とは言え、普段から顔を出している相手であれば、そのついでに挨拶をすればいいのですが、そうでない場合は、あらかじめアポイントをとってから訪問するのがマナーです。 また忙しい年末ですから、長居は先方に対して失礼です。 メールで希望する日付と時間帯を複数上げて選んで貰い、所要時間も伝えておくようにしましょう。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年末の挨拶メールの結び.

次の