メガネ の レンズ が 外れ た。 メガネのレンズが外れた!その原因は様々ありました

メガネ修理の基本|メガネ修理の注意点をご紹介|眼鏡市場(メガネ・めがね)

メガネ の レンズ が 外れ た

服屋さんなどでよく伊達めがねが売っていますよね。 眼鏡屋さんではなかなか気に入ったフレームが見つかりませんが、こういった伊達めがねの中には格好いいなあと思えるものが結構あります。 そこで、このおしゃれめがねを普通の眼鏡屋さんへ持って行って度付きのレンズに換えてもらいたいと思うのですが、そういうことって可能なのでしょうか? たとえば気に入ったサングラスのレンズを取り替えてもらって普通のめがねとして使用するということもできるでしょうか? もし不可能な場合があるのであれば、眼鏡屋さんで通常売られているフレームと、伊達めがねとしてしか使えないフレームとの違いがどこにあるのか、どこで見分ければよいのかを教えていただきたいです。 よろしくお願いします 2です お礼の件ですが 正直な話 お店でセット物(1万円均一とか3万円セットとか)購入されるのが一番荒利はないです なので持ち込みでレンズ入れてくださいと言われると レンズ単価で販売することができますよね これは荒利あります なのでお店側が注意することと言えば 溝が入れられるかどうか レンズが外れるか カーブなどが無理がないかです 私の経験上ですと、その場でレンズのみははずして見ますよ ただ、強度の問題で入れても耐えられなくなりそうなフレームは 最初からお話します せっかく作っても壊れたのでは話にならないですから 反対にそのアドバイスができないようなお店は・・・ その場で売ればいいと言う価値のお店ですから A ベストアンサー そうですよね フレームだけ見るとファッショングラスの方がお洒落なのがありますからね~ 私の場合ですが 先日 メガネのフレームが割れてしまい、別のメガネを作りました。 その際 割れたメガネのレンズは無事だったので 「このレンズもったいないなぁ~」と思い たまたま 別のファッショングラス(コンタクトに時にしている伊達眼鏡)を持っていたので・・・ 店員の方に 「このフレームに このレンズ入りますか?」 と 聞いたところ 「OK!」 だったので 入れてもらいました。 レンズ加工賃 ¥1000だけでした。 ただ 「レンズは度が入ると 端の方が厚くなってくるので・・・」 「入るか入らないは 見てみないと何とも言えない!」 と 仰っていました。 強度的(その他)に問題がある場合があるようです。 ご参考に・・・ A ベストアンサー meguminaさん こんばんは 通常のセルフレームは、熱を加えて若干柔らかくした状態でレンズを交換します。 そして熱が冷めたら元の形状に極力戻るという素材を使っています。 以上のような素材で出来ているフレームなら、例え雑貨屋さんで売られているフレームでもレンズ交換は可能です。 もちろん雑貨屋さんで売られているメガネの場合は、フレームからレンズが落ちないために接着している物もありますから、そう言うメガネの場合はレンズが外れないか外れてもフレームが痛むわけです。 それと低価格で売られている雑貨店のメガネの場合は、プラスティック素材で出来ているものもあり、レンズを外す為に熱を掛けると変形してしまう物もあります。 こう言うめがねの場合は概ねレンズとフレームが接着剤で貼り付けてある場合が多いんです。 メタルフレームの場合はネジでフレームの一部が外れる方式になっていて、レンズを取り外し出来る様になっているのが一般のメガネです。 低価格の雑貨店で売っている1000円位のメガネの場合は、そのネジの部分が溶接とかりペット止めになっていてレンズが外れないようになっている物もあります。 以上よりお解りになったと思いますが、どこで売っているかではなくてきちんとした素材で作られているものなら、レンズを交換する事が可能な場合が多いです。 そう言うきちんとして出来(素材等)で出来ているメガネは、レンズを交換する事が可能です。 meguminaさん こんばんは 通常のセルフレームは、熱を加えて若干柔らかくした状態でレンズを交換します。 そして熱が冷めたら元の形状に極力戻るという素材を使っています。 以上のような素材で出来ているフレームなら、例え雑貨屋さんで売られているフレームでもレンズ交換は可能です。 もちろん雑貨屋さんで売られているメガネの場合は、フレームからレンズが落ちないために接着している物もありますから、そう言うメガネの場合はレンズが外れないか外れてもフレームが痛むわけです。 それと低価... A ベストアンサー 私も元眼鏡屋さんです。 hidekaさんのおっしゃる通りしっかりとしたフレームならどこでもOKでしょう。 ダメなフレームはというと・・・ 1 プラスティックやセルフレーム(メン・イン・ブラックみたいな)でその材質の悪いもの。 理由はレンズ着脱の際、フレームをヒーターであぶるため粗悪な素材では変形してしまいます。 普通は経験がある人なら持ってみれば分かります。 2 ポイントフレームやメタルフレームでレンズがハメ殺しになっているもの。 これは言わずもがなですね、レンズの着脱ができません。 ネジがあるかのように見えてネジが無かったりするサングラスは安手のものには多いです。 さて、店員さんが見て『大丈夫です』となればどんなレンズを入れるかですが、いわゆる【レンズ】というものを入れるとなると結構高くなります。 なぜならレンズは【乱視が入ったり極端に強度のものでなければ値段は同じ】だからです。 そう、度なしでも中程度の近視でも同じです(仕入れがね) だから度なしだから安いだろうというのは通用しない場合が多いのです。 そこで一般には知られていませんが【ガリプラ】と呼ばれるものがあり(何でガリプラっていうかは分からずにやめました)、それはコートなしでCR39素材でできた素通しでレンズ形状のプラ板なんですがそれを入れるのです。 またそれを店舗でご希望の色に染色もしました。 値段は2枚で3,000円くらいだったかなぁ。 加工料は店によってはとることがありますね。 私の店はレンズ分が安いのでこの場合だけ加工料を別に2,000円いただいて合計5,000円くらいだったと思います。 どんなフレームの形にも対応してくれます。 ただし店側としてはそんな安いものではなくなるべく高単価な【レンズ】を販売しようとしてくるでしょうから、安く済ませたいならそれに負けずに交渉してくださいね。 まぁ、常識的に考えて買値1万円くらいまでのサングラスに度のないレンズを入れて5,000円以上は価格的にアンバランスだと思うのですが・・・ 参考になれば幸いです。 私も元眼鏡屋さんです。 hidekaさんのおっしゃる通りしっかりとしたフレームならどこでもOKでしょう。 ダメなフレームはというと・・・ 1 プラスティックやセルフレーム(メン・イン・ブラックみたいな)でその材質の悪いもの。 理由はレンズ着脱の際、フレームをヒーターであぶるため粗悪な素材では変形してしまいます。 普通は経験がある人なら持ってみれば分かります。 2 ポイントフレームやメタルフレームでレンズがハメ殺しになっているもの。 これは言わずもがなですね、レンズの着... Q 私はド近眼で度数は0. 02なのでメガネをかけると目がかなり小さくなってしまいます。 新しいメガネ購入で眼鏡市場とJINSで悩んでいます。 ネジを閉めてもらってもフレーム時代の問題だと言われたのでフレームもそれなりの強度がほしいと思っています。 このふたつの条件でしたらどちらがオススメですか? また他におすすめのショップがありましたら教えてください。 予算は20000円です。 A ベストアンサー セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。 一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。 予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、 1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。 そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。 眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。 視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。 マメな視力検査とメンテとレンズ交換は必要。 安売り系のメガネショップは、その買い替えサイクルを短くして、いつも調子の良いメガネを安定して買い替えできるように大量生産で安価で安価に提供できる、 今までの同じ店に数年おきに通い、メンテなどのサポートを受けるリピーターで成り立つ眼鏡店の、高額な眼鏡とは考え方が違うのです。 正直、JINSのショップと店員の知識サービスはあまりよくありません。 でも、商品はかなりいいです。 開発力と品質が高い。 でも寿命は短い。 眼鏡市場は店員はJINSより大分マシですが、フレーム品質があまりよくありません。 値段なり。 どちらも非球面レンズにしても追加料金はかかりませんから、まともな眼鏡店で買うよりレンズ+フレームで1万以上安く済むと思います。 ちゃんと眼科行って、処方箋を出してもらって、自分にフィットする眼鏡を自分で選んだら、どちらの店でも、かなり快適な眼鏡を作ることができます。 その店頭サービス料が安いのです。 自分で知識を持ち選べるならJINS、それなりサポートがほしいなら眼鏡市場になると思いますが、 2万円だとフルサービスのサポート技術料は含まれていないと思ったほうがいいです。 セルフレームにプラスティックレンズなら2年は寿命です。 一流レンズメーカーでもレンズのコーティングに寿命がある。 予算2万円で、JINSなら安けりゃ5本、高くても2本買えますので、 1年に1本買い換えるか、同じ度数で2本作って交互にかければ2倍以上持ちます。 そっちのほうがおしゃれでしょう?壊れた時の予備にもなるし。 眼鏡は視力補正器具なので、高ければ長く使えるものじゃないのです。 視力は刻々と変化し、レンズは拭けば拭くだけ、拭かなくても顔の油た加水分解でどんどん劣化する。 マメな視力検査とメ... Q 3年ほど前、娘が「黒板の字が見えにくい」というので、 眼科へ行かず眼鏡屋で視力検査~眼鏡作成までしてもらいました。 子供用のフレームもあったのですが、中学生で大人用でも大丈夫だったので、 気に入ったフレームを選んで作りました。 1年後予備にもう一つ作った際、フレームも変え、ちょっと度数をあげてもらいました。 さらに1年後「度数の高い方も見えにくくなってきた」というので、 ついでがあり、眼科で視力検査をしてもらったら、 「前の眼鏡で充分見えているはず。 あとで作った方の眼鏡は度が強すぎる上、顔の大きさとフレームが合ってない。 いきなり眼鏡屋へ行くのは、おなかが痛いのに耳鼻科に行くようなもの。 ちゃんと眼科で度数とフレームのサイズを測ってもらってから眼鏡屋へ行くものだ。 」 と言われてしまいました。 つまり、3年前に作った眼鏡が普通に良い状態で、 そのあとに作ったのは見えすぎているはずなのに、 フレームが大きいのでレンズの焦点があってないから見えにくいということなのです。 でも、度がきついから、その眼鏡は使わないようにと言われました。 さて、ここで皆さんにお聞きしたいのですが、 眼鏡を作るときは、本当に眼科経由で行かないと、ちゃんとした眼鏡は作れないのでしょうか。 私も20年以上眼鏡をかけてますが、一度も眼科へ行ってません。 学校の視力検査では、全く問題ありませんし、 ほかの方の質問と回答を見てますと、別に眼科へ行かなくてもよさそうなのですが、 子供だからちゃんと矯正するために眼科へ行った方がいいのでしょうか。 3年ほど前、娘が「黒板の字が見えにくい」というので、 眼科へ行かず眼鏡屋で視力検査~眼鏡作成までしてもらいました。 子供用のフレームもあったのですが、中学生で大人用でも大丈夫だったので、 気に入ったフレームを選んで作りました。 1年後予備にもう一つ作った際、フレームも変え、ちょっと度数をあげてもらいました。 さらに1年後「度数の高い方も見えにくくなってきた」というので、 ついでがあり、眼科で視力検査をしてもらったら、 「前の眼鏡で充分見えているはず。 あとで作った方の... A ベストアンサー こんばんは 出来たら処方箋と眼科で頂いて 作ることをオススメします 眼鏡店では測る機械は同じものですし それなりの経験がある人が検眼すれば いい結果もでると思いますが 慣れていない人に検眼されて、目の焦点が合っていない (これはPDと言いますが計り方がよくなかったのでしょう) と言うのは正直お店側のミスです それともう1つ 眼科ではフレームの大きさなどは指定されないと思いますよ 遠近両用を作る際にこのぐらいの大きさがいいですよ。 と言うのは言われると思いますが 眼科ではフレームは置いていませんし(眼鏡店併設の眼科は別) 言われたことも、眼科でこのフレームにしろとの指定も受けたことがありません お子さんの場合ある程度小さい場合は 自分の見え方とかの説明が出来ませんし お店のほうでも聞きだすのが難しくなりますので 眼科で見ていただいたほうが、病気などのことも考えて 必要だとは思いますが 中学生ぐらいですと、もちろん自分の見え方の説明も出来ますし 取り扱いにも苦労しないと思いますので ただし、基本は大人でも子供でも出来れば処方箋があったほうが 目にあった眼鏡が作れます。 と言うことになりますね こんばんは 出来たら処方箋と眼科で頂いて 作ることをオススメします 眼鏡店では測る機械は同じものですし それなりの経験がある人が検眼すれば いい結果もでると思いますが 慣れていない人に検眼されて、目の焦点が合っていない (これはPDと言いますが計り方がよくなかったのでしょう) と言うのは正直お店側のミスです それともう1つ 眼科ではフレームの大きさなどは指定されないと思いますよ 遠近両用を作る際にこのぐらいの大きさがいいですよ。 と言うのは言われると思いますが 眼科では... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

【見た目・掛け心地が変わる】眼鏡のレンズカーブを考えないと「そりが合わない人といるような苦痛」状態に仕上がるのでご用心を

メガネ の レンズ が 外れ た

みなさん、こんにちは。 サイト管理人のKです。 メガネを長期間使っている身である私にも関わらず、 「レンズの交換のやり方」を本当に知りませんでした! 最近、急に暖かくなってタンスの衣替えをしていたら、衣類にメガネが紛れ込みメガネのレンズに傷をつけてしまいました・・・(涙) このやるせない気持ちと、それ以上に「奥さんに何て説明しようかなぁ・・・」などと考えつつ、ふと気がつくと 「メガネのレンズって 交換出来るの?」「交換するための 費用はいくらかかるの?」「交換・修理には どのくらい 時間がかかるの?」といった疑問が湧いてきました。 ここでは、メガネレンズ交換時にかかる「時間とお金の関係 」について、また最後に「あなたのメガネレンズを出来るだけ交換することなく、 寿命を伸ばす方法 」についてもお話します。 あなたは何かの拍子にメガネレンズに傷を作ってしまったり、ずっと大切に使っているメガネフレームのレンズの見え方がイマイチになり、 そろそろレンズを交換しなきゃ、と思った経験、ありませんか? 目次• そもそもメガネレンズは自分で交換出来る?出来ない? メガネは本体だけでなくレンズも市販で個別に売られています。 フレームは無傷でも片方のレンズにヒビが入ってしまったなどといった場合に、本体を丸ごと買い換えなくても済むようにするためのパーツ販売だと捉えておけばいいでしょう。 レンズ交換は自分でも出来ますが・・・ メガネレンズの交換はその気になれば個人で行えます。 フレームからレンズを外し新しい物を取り付けて、固定すればいいだけなので交換作業そのものは自分で済ませる事が出来ます。 ただし、メガネの販売店によってはその店で購入したレンズを無料で今使っているメガネのフレームに取り付けてくれるといったところもあるため、 無料であればプロに任せてしまうほうが安全だと言えます。 こんな場合はレンズ交換出来ない このような、 フレームが破損している場合はもちろんですが・・・ このように、 緑青(りょくしょう)と言った、サビが出ている場合はもパーツは腐食している可能性があり、レンズ交換が極めて難しい状況だと言えるでしょう。 あなたのメガネのコンディションはいかがですか? 自分で交換するのはちょっと不安・・・と感じたら、お近くの眼鏡専門店で相談して頂くことをオススメします! 自分でメガネのレンズを交換するメリット・デメリットは? 自分でレンズを交換するメリットとしては、交換手数料がかからないため、お金の節約が出来ますね。 無料で交換作業を引き受けてくれる店舗が大半だと言えますが、中には作業工賃がかかる店舗も存在していますので お金を出すくらいなら自分で交換してしまうのもいいでしょう。 逆にデメリットを挙げるなら、交換時に プロに固定してもらうのに比べて正確性に欠けるため一度取り付けた レンズが急に落ちてしまう恐れがあります。 自宅内ならともかく外出中に突然レンズが落ちてしまうとその拍子に粉々に割れてしまう可能性もありますので、自分で交換を済ませる場合には必要に応じて接着剤を使うなど固定した方かも知れません。 フレームのゆがみや鼻パッドの紛失など、メガネに関するトラブル全般を無料で解決してくれる店舗も多いので、仮に自分で交換作業を行いたいと希望していても、プロの助言を受けるべきだとも言えます。 メガネは直接身につける物ですので、 安全性を重視して修理や交換を行うことが推奨されていることも記憶しておくといいでしょう。 メガネレンズの交換について、プロに確認してみた スタッフの内田さんに、レンズ交換にかかるお金の事、聞いてみました。 サイト管理人K:内田さんのところでは持ち込みフレームのレンズ交換は可能ですか? 内田さん:はい、大丈夫です。 ただし、フレームが劣化するなどして、レンズが交換出来ない場合もありますので、心配な方は一度近くのメガネ店で見て頂く事をおすすめします サイト管理人K:では、交換が出来る場合、メガネレンズの交換にかかる費用っていくらですか? 内田さん:現在のレンズ価格の一例をあげると・・・ 球面1. 6レンズ一組6,480円(税込)非球面1. サイト管理人K:メガネレンズの交換時期は何年くらいを目安にするのが良いですか? 内田さん:実際、平均寿命がどのくらいなのかというと、プラスチック製の場合は2年、ガラス製の場合は3年が交換の目安と言われています。 サイト管理人K:そんなに短いんですか?もっと長く使っても良さそうなものだと思っていました。 内田さん:はい、皆さんそうおっしゃいます。 メガネのレンズは使っているうちに傷がつきますし、コーティングが剥がれたり、肉眼では分からない傷がついて劣化する事があるんですよ 内田さん:劣化したメガネをそのまま使っていると目の負担も大きくなりますし、老眼も進行する可能性が高くなります サイト管理人K:ただでも老眼が気になる年齢なので、進行は出来るだけ遅らせたいです サイト管理人K:他にメガネのレンズを交換するタイミングで、気をつけた方が良い事はありますか? 内田さん:そうですね、例えば、度数が変わってしまった時は眼精疲労を起こしてしまいますし、フレームが壊れてしまった時も気をつけるべきです サイト管理人K:ちなみにメガネレンズの交換にかかる所要時間はどれくらいですか? 内田さん:基本的には眼鏡を新規に購入するときと変わらない程度の時間で済みます プラスチックとガラスのレンズはどちらがおすすめ? こちらは、一覧表に特徴と注意点をそれぞれまとめてみました。 プラスチック製メガネレンズ ガラス製 メガネレンズ 特徴 軽くて割れにくく、カラーバリエーションが豊富 プラスチックと比べて重くカラーバリエーションも少ないが、割れにくく感度が良い 注意点 熱に弱い(ドライヤーやサウナ時の使用注意) 感度が良い分、自分の用途に合ったレンズの選択がとても重要 おまけ(メガネレンズの寿命を伸ばす方法とは?) 使い方によってはもっと寿命を延ばすことも可能です。 まず、 重要なのは汚れのとり方です。 多くの人はメガネ拭きでメガネを拭きますが、その状態だとホコリがついているのでレンズに傷をつけてしまう可能性があります。 ですので、一度水洗いをしてからメガネ拭きで拭くようにしましょう。 また、衝撃を与えないようにしてください。 落としたり、置くときもなるべくそっと置くことがメガネを壊さない秘訣です。

次の

メガネのレンズが外れた!その原因は様々ありました

メガネ の レンズ が 外れ た

メガネのレンズ交換とは? レンズ交換とは、文字通りメガネのフレームの部分はそのままで、 レンズのみを交換することです。 レンズを交換する人は、• 今のフレームがとても気に入っている• 視力が低下してきたので、度を強くしたレンズにしたい• 買ったばかりなのにレンズにキズがついた• フレームを他店で安く買って費用を抑えたい という人がレンズ交換を行います。 大抵の店舗では レンズ交換のサービスを展開していますが、店舗によって 交換状況や金額が異なるため、予め確認しておくとよいでしょう。 レンズ交換のメリット レンズ交換のメリットはやはり、お気に入りの フレームを変えなくていいことです。 レンズ交換はフレームをそのままで度数を変更することができるため、自分が愛着のあるメガネであれば、視力が落ちたからと言ってメガネごと変えなくていいのはありがたいです。 レンズ交換のデメリット レンズ交換のデメリットは、交換によって メガネが壊れてしまう恐れがある点です。 レンズ交換はどんな店舗でも行っていますが、一概に「安全に交換できる」とは言えません。 レンズ交換は思いのほか メガネに負担がかかるため、 100%の保証はないということを心にとどめておきましょう。 お気に入りのメガネを長く使い続けるには、やはり日頃のお手入れが大切です。 以下のようなメガネは残念ながらレンズ交換ができないのです。 フレームが劣化しているメガネ• 雑貨屋さんのプラスチックフレームのメガネ フレームが劣化しているメガネ フレームがガタついている、キズが多いなど 劣化がみられるメガネの場合は、交換をおすすめできません。 なぜなら、交換する際に メガネが破損する恐れがあるからです。 レンズ交換というのは メガネに大きく負担がかかります。 レンズ交換してメガネが使えなくなるのであれば、新しくメガネを買い替えたほうがお得でしょう。 雑貨屋さんのプラスチックフレームのメガネ 雑貨屋さんで購入したメガネであれば、交換できるものもあります。 しかし、 プラスチック製でできているメガネだと、雑貨屋さんのメガネは簡易的につくられているものが多いため、交換する際に フレームが変形する危険があります。 プラスチック製のメガネは熱を加え、フレームを柔らかくした状態で広げてレンズを取り外します。 簡易的な雑貨屋さんのメガネであれば、 柔らかくなったメガネが変形して元に戻らない可能性があるのです。 そのため、レンズ交換が難しいメガネと言えます。 メガネのレンズ交換にかかるコスト メガネのレンズ交換する際には費用と時間が気になるところだと思います。 レンズ交換は 5,000円ほどで 30分から40分でできます。 ですが、店舗によってことなるため気になる方は店舗比較したコチラのページをご覧ください。 メガネのレンズ交換にかかる費用 費用は店舗によって大きく異なります。 相場としては5,000円あれば交換できます。 高いメーカーだと10,000円台までかかる場合もあります。 高いレンズであれば、あらかじめレンズコーティングが剥がれにくい・キズがつきにくい等といった レンズのオプションが付いた値段のモノが多いです。 反対に安いレンズであれば、それらの オプションが別料金で付けるケースになっている場合が多いです。 ですが、一概にすべてのメーカーに当てはまるわけではないので、気になる方はいくつかのメーカーと比較して購入することをおすすめします。 一本当たり 約30分から40分程度です。 場合によっては、加工が難しいフレームはさらに時間がかかる場合があります。 店舗別!メガネのレンズ交換について徹底比較 今では、 ほとんどの店舗でメガネのレンズ交換をすることができます。 しかし、レンズ交換は安いところで 5,000円から約 20,00円ほどと幅があるため、自分の購入したメガネ屋さんは どれくらいの費用でレンズ交換するのか気になる人もいるのではないでしょうか。 そこで、全国各地に店舗を構える 7つのメーカーのレンズ交換の価格を比較しました。 ご覧の価格は一部を除いて 税抜き価格となっています。 メーカーによっては価格が異なる場合もあるため、 目安として参考にしてください。 ちなみに、フレームとセットで購入すると値段はまた異なります。 表示しているのは、「 レンズ交換」のみの費用ですので、ご注意ください。 店舗名 費用(円) 遠近両用レンズの費用 PC用レンズの費用 薄型レンズの費用 他店からの持ち込み JINS (ジンズ) ¥5,000~ ¥5,000~ ¥5,000~ ¥5,000~ 〇 (ただし店舗のみ) Zoff (ゾフ) ¥5,000~ ¥5,000~ ¥6,000~ ¥5,000~ 〇 Alook (アルク) ¥3,000~ ¥11,000~ ¥8,000~ ¥6,000~ 〇 眼鏡市場 ¥10,000~ ¥10,800~ ¥10,800~ ¥10,800~ 〇 メガネスーパー ¥12,000~ ¥14,800~ ¥4,000~ ¥16,300~ 〇 メガネストアー ¥12,000~ ¥9,000~ ¥10,300~ ¥13,300~ 〇 パリミキ ¥4,000~~ ¥10,200~ 税込¥10,000~ ¥14,400~ 〇 レンズを自分で外す方法 レンズを外すことは セルフでも可能です。 しかし、お察しの通りレンズを 自分で外すことはとてもリスクがあります。 そのため、できるだけ 店舗でレンズ交換をしてもらうようにしましょう。 今回は、お気に入りのメガネを今すぐにレンズなしの伊達メガネとして使いたいなど、どうしてもレンズを早急に外したい人のためにレンズを自分で外す方法を紹介していきます。 方法は フレームの素材やリムによって異なるため、外したいメガネのフレームに合わせて行いましょう。 レンズの周りをよく見てみてみると、1か所に 切れ目があってそこに 小さなネジが留められていると思います。 確認出来たら、そのネジを小さなドライバーで回してとりはずしてください。 ここで注意したいのが、 慎重にドライバーを回すことです。 急いでやってしまうと、ドライバーが外れた衝動で レンズにキズをつける恐れがあります。 慣れている人でも手元がくるうことはあるので、気を付けましょう。 もし心配であれば、メガネふきを覆ったうえで手でネジを回す方法がおすすめです。 プラスチック系フレームのメガネの場合 プラスチックフレームは フレームを熱で温めて、フレームを柔らかくした状態でレンズを取り外します。 温める方法としては、 ドライヤーの温風やお湯です。 この時、 温める温度に注意してください。 あまりにも熱すぎるとフレームが変形・変色して元に戻らない恐れがあります。 ひどいときにはフレームが熱で白くなることも。 フレームが古いメガネに起こりやすいです。 ですので、熱湯ではなく ぬるま湯で調整しながらレンズを外しましょう。 レンズを取り外す際には内側からそっと押すと外れます。 ハーフリムのメガネの場合 ハーフリムとは、リム(レンズを覆う枠のこと)が半分までのものを指します。 ハーフリムは、レンズを糸で通して固定しているので、 糸を緩めることができれば簡単に取り外しが可能です。 ポイントは、フレームの切れ目にある 糸の結び目の小さな隙間を動かすと糸を外すことができます。 ツーポイントのメガネの場合 ツーポイントは自分の手でレンズを 取り外すのは不可能です。 ツーポイントのメガネはリムというメガネを囲んでいる枠がない分、高度な技術を駆使しネジのみで留めています。 そのため、素人がメガネを破損することなくレンズを取り出せるかというと ほぼ不可能です。 最寄りのメガネ屋さんで相談しましょう。 メガネのレンズ交換でよくある疑問 メガネのレンズ交換をするときにこんな疑問が多くあります。 レンズ交換はネットでできるの?• 伊達メガネは度ありにできるの? 以上の疑問についてこれから詳しく紹介していきます。 メガネのレンズ交換はネットでできる? 「メガネ屋さんに持っていくのって面倒臭い!」そんな人はふとこんなことを思ったことがあるはず。 なんと、レンズ交換は ネットでも可能なのです!最も有名なのが Oh My Glasses。 配送キットを各自で申し込み、それにメガネを入れて送るだけで交換可能です。 3500円ほどで約1週間でできちゃう簡単な手続きになっています。 他店購入のメガネでもできるそうなので、メガネ屋さんに持っていくのが面倒という方はこのサービスをおすすめします。 伊達メガネのレンズは度ありにできる? 大体の伊達メガネであれば度入りにすることは可能です。 しかし、 安いつくりのプラスチックフレームは度ありに交換するのが 難しいです。 伊達メガネのフレームはプラスチックが多くつくられています。 プラスチックフレームの場合、熱でフレームを溶かしてレンズを取り出すため、安いフレームだと熱を加えてから 変形や変色がおこり元に戻らないという危険も。 今の伊達メガネで可能かはお近くの メガネ屋さんで聞いてみましょう。

次の