カナ フレックス 株式 上場。 カナ フレックス 株価

カナフレックスコーポレーションの評判総合情報

カナ フレックス 株式 上場

前回、を書きましたが、今回はそのおまけという形で、FEP管の代表的なメーカーとその特徴について記述していきたいと思います。 まず、FEP管を製造・販売しているメーカーについてですが、いの一番に挙げられるのは 古河電気工業のエフレックスです。 次に カナフレックスのカナレックス、東拓工業のタクレックスあたりがよく使われているFEPだと思います。 あとは ダイカポリマーのダイカレックスや 未来工業のミラレックス、 日動電工のタイレックスなど。 FEP管を扱っているメーカーはたくさんあります。 正直な話、FEPは規格があらかじめ決まっているため、どこのメーカーも、施工性や重量にたいした違いはありません。 したがってFEPを選ぶ判断基準は必然的に 価格と 納期の早さがポイントになってくると思います。 価格に関しては前回の記事でもお伝えした通り、各メーカーそれぞれオープン価格で提示しているため残念ながら正確なところはわからず、電材問屋かメーカーの担当者出ない限り知る術がありません。 なので、今回は電材メーカーのうちFEPで有名な3社(古河・カナ・東拓)に焦点を当てて、それぞれのFEPの特筆すべき特徴と、物流・倉庫(出荷拠点)がどこにあるのかという点を中心に解説していくことにします。 エフレックス(古河電気工業) 古河の エフレックスは、FEPの代名詞といってもいいかもしれません。 電気工事屋さんの中には、FEPという名称を使わずにエフレックスと呼ぶ人もいるくらいです。 エフレックスの特徴として特筆すべき点は特にありませんが、ホームページの説明欄には 「波付構造により、偏平圧縮強度を高めた適度の可とう性をもつ優れた作業性など従来にない新しい管路としての特性と経済性を兼ね備えている」 というふうに記載されています。 さてそんなエフレックスですが、物流拠点が、同じ古河電工グループである古河エレコムの物流拠点から出荷されているようです。 物流拠点は千葉県市川市、兵庫県尼崎市、北海道札幌市、宮城県柴田町、福岡県北九州市、神奈川県川崎市、愛知県北名古屋市、そして沖縄県那覇市となっており、全国に物流拠点があるというのが大きな特徴です。 さすがにFEPの先発メーカーというだけあって、供給は安定しているようで、名実ともにFEPのトップメーカーと言えるでしょう。 カナレックス(カナフレックス) カナフレックスは電設資材だけでなく土木資材や工業用品を生産・販売しているメーカーです。 ここの主要製品の一つである「 カナレックス」もまた、非常に有名でシェアの高いFEPとなっています。 物流拠点も北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州と全国に構えているため安定した供給を期待できる企業です。 ここで、カナフレックスのホームページよりFEPの特徴を引用してみます。 「波付硬質合成樹脂管(FEP)NEW カナレックスは、従来品のカナレックスと同等でありながら、さらに優れた施工性を有する地中電線管路です。 「曲げやすさ」「経済性」を兼ね備え、なおかつ独自のリング形状で取り付け作業も効率化しています。 」 カナレックスの特徴は、波形が螺旋状ではなく、一重波形のリング状になっているという点です。 あとは電材店からの噂で小耳にはさんだ情報ですが、問屋への入り値が一番安いのもこのカナレックスだという話を聞いたことがあります。 安さでいくならカナレックス!といった感じでしょうかね。 タクレックス(東拓工業) 東拓工業はパイプ・ホースの製造・販売を行っているメーカーです。 物流拠点は静岡・大阪・佐賀・沖縄とやや供給面に不安なところがあります。 北日本ではあまり使われていないのかもしれませんね。 メーカーが打ち出しているFEPの特徴は• 軽量で取扱いが容易• 機械的強度が大きい• ケーブルの引き込みが容易• 可とう性がある• 長尺でかつ5m毎にマーク入り 以上がタクレックスの特徴になります。 特筆すべき点は特にありませんが、東拓のFEPで一番のポイントは、通常のFEP管ではなく、 四角いFEP管のほうでしょう。 商品名が 角形TACレックスといいます。 通常の円柱型FEPのような施工性・強度を保ちつつ、積み上げることができるようになり多条敷設も可能となっています。 (ちなみに未来工業や古河電工など他メーカーでも同じようなものが販売されています。 ) おわりに 今回はFEPを製造・販売しているメーカー3社に焦点を当てて、それぞれの特徴と物流の状況を解説してみました。 もちろん、この記事で取り上げた3社以外でも優秀なFEP管はたくさんあります。 特に電材の総合メーカーである未来工業や日動電工も最近はFEPの生産・販売に力を入れているという話も聞きますし、たとえばカナレックスのリング状FEPや東拓の四角FEPと同じものも他社で製造・販売しているようです。 競合同士で切磋琢磨し差はほとんどなくなってきているようですので、正直 どこのFEPも変わらない、というのが結論です。 であるならば前述したように 物流拠点がどこにあるのか、という点や、 価格はいくらなのか、あるいは 信頼性(ネームバリュー)で選ぶこともポイントになってくると思いますので、結局のところは各電気工事店・土木工事店の判断に委ねられることになります。 以上非常に拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

カナ フレックス 株価

カナ フレックス 株式 上場

カナフレックスコーポレーション(大阪市北区)といえば、非上場ながらタレントの叶姉妹を起用したCMでお馴染みの建設資材・工業材料の中堅メーカーだが、ここに来て資金ショートの噂が囁かれている。 「1月14日に開催されたバンクミーティングでは綱渡りの資金繰り表が示され、3月末までの返済猶予の要請があった」(銀行関係者)。 取引金融機関はすでに中国、スペインなどの海外子会社を含めたグループ全体の資産査定(デューデリジェンス)を始めており、その結果を受けて再建計画の作成に入るというが、前途は予断を許さない。 かねて業界筋では、本来地味なメーカーにもかかわらず派手なCMを打ち、「東京本社」と称してテナント料の高い六本木ヒルズ森タワーに入居していることや、金尾茂樹社長(66)の1億円近い役員報酬などが疑問視されていた。 セレブ向け月刊誌の美人秘書特集に登場した社員が「弊社は全英オープンのTV放映筆頭協賛スポンサーなので、社長との会話でもゴルフの話題が頻繁に出ます。 私も秘書として知識を備えたいと、入社後すぐにスクールに通いました」などと、お気楽ぶりを見せつけたこともある。 バンクミーティングの翌日には東京・虎ノ門のホテルオークラで、カナフレックスが開発した下水管更生の新工法の普及を目的とする「一般社団法人カナフレックス工法協会」の発足パーティーが開かれ、来賓として二階俊博・自民党総務会長、今村雅弘・衆院国土交通委員長、脇雅史・参議院議員(建設省OB)ら大物議員が列席した。 同協会の会長に就任した綿貫民輔・元衆議院議長は「新工法は国土強靭化に寄与する。 これまで以上に金尾社長を支えたい」と賛辞を送った。 さらに1月30日付日経新聞に全面広告を打ち、翌日の「東京ショールーム」の開業を大々的にPR。 当日は叶姉妹も来店したという。 野放図な経営は、いつまで続くのか。

次の

カナフレックスコーポレーションの評判総合情報

カナ フレックス 株式 上場

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) カナフレックスコーポレーション株式会社 Kanaflex Corporation Co. ,Ltd. 本社所在地 〒530-6017 本社:大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー17F 〒106-6117 設立 事業内容 電設資材、土木用資材、建材の製造販売 代表者 金尾茂樹 資本金 6億7,200万円 売上高 180億円 従業員数 350名(男200名、女150名) 主要子会社 株式会社インテック 外部リンク カナフレックスコーポレーション株式会社 Kanaflex Corporation Co. ,Ltd. は、に本社を置くパイプ、ホース、建材などの製造販売をおこなう企業である。 コーポレート・スローガンは「 ライフラインが、変わる。 Kanaflexが、変える。 」 目次• 概要 [ ] 元々はに本社を置く、工業用ビニールホース及び土木用ビニールパイプ・電線保護管用ビニールパイプの製造企業として知られるの所有していたブランド名であり、同社の製品を販売する「 カナフレックストータク」に起源を発する。 にに北海道地域で東拓工業の製品を販売する「カナフレックス札幌販売」を設立(旧東拓札幌販売より組織変更)。 翌年のに東拓工業とは、別の販売会社となる「 カナフレックス販売」を設立する。 これが同社の母体となっている。 なお同社の子会社である、株式会社インテックはに設立されている。 その後9月に、東拓工業から製造部門のプラスチック工業、西日本プラスチック、愛東プラスチック、東京プラスチックが独立したことで、旧社名のカナフレックス販売から、現在のカナフレックスコーポレーションに変更され、同社へ製品供給を開始する。 なお北海道地区で販売を担当していたカナフレックス札幌販売(1988年旧東拓札幌販売より組織変更)は従来よりプラスチック工業より商品供給を受けていた。 従来は東拓工業が製造するホース・パイプのみを取り扱って来たが、現在は建材・ハンドホール(電気点検用枡)へも分野を広げている。 過去存在していた関係会社 [ ]• カナフレックス札幌販売(旧東拓札幌販売)• ケーエフシー株式会社(旧冨士フレックス)• カナフレックスエンジニアリング(旧豊中精機) スポンサー番組 [ ] 現在 2016年4月以降からは諸事情により提供番組名はまだ情報解禁されていない。 (制作・系マストバイ22局ネット。 2015年10月3日より新規提供だったが2016年3月26日で途中降板。 (系、筆頭協賛スポンサー) 過去• 当初はだったが、から全国ネットに昇格して、その後同枠の後継番組、後々継番組も提供し続けているが、番組の時間移動に伴いの現行時間枠を持って提供を降板。 2015年4月5日以降番組は日曜夕方に移動。 ()2015年4月4日より土曜日の番組提供。 「報道2001」以来のフジテレビでの番組提供だったが、諸事情で2015年9月26日を持って提供を降板。 番組は2016年3月末で終了。 (カナフレックストータク時代)• (フジテレビ)• (同上。 上記の後継番組)• () 広告 [ ] テレビCMには、や、を起用。 「カナストーン」ブランドでのCMにはに加え、、(CM音楽も担当)が出演していた。 2015年以降は、の生前の映像を加工したうえで、別の声優がコメントを吹き替えたCMを放送している。 2017年現在、をCMに起用している。 また、本社のある大阪市内の沿いに建つビルの屋上に、を設置。 かつては北区内のビルだったが、現在は、交差点(大阪市中央区)南西角の石橋ビル屋上に移されている。 硬式野球部 [ ]• を参照。 脚注 [ ].

次の