木谷 そろばん。 年長(もうすぐ6さい)のそろばん教室について。四月からそろ...

そろばんの級と学年の目安はどのくらい?

木谷 そろばん

3年生の息子ですが、1年生の10月からそろばんを始め2年経ちます。 週3回通ってまだ9級です。 次、8級を受けるのですが、 見取り算が苦手で10問中2問程度しか正解しません。 先生は、掛け算も割り算も完璧にできて100点だから足す引くの基本は理解している。 ただ、見取り算になると計算する数が増えるから根気が続かず間違える、とおっしゃいます。 正解率がこんな低い状態で次受けるのは・・・と思うのですが、 受けるからには合格してほしいと家で特訓してます。 見ていたところ、引けるのに繰り下げたり、足せるのに繰り上げたり、 勝手に指が動く悪い癖がついてました。 ひとつふたつの計算だとこういう間違いはしませんが、 10になると、ゆっくりやりなさいと言っても 足せるか引けるか確認しながらやりなさいと言っても 思考停止して、指が動いてしまうようです。 こういう癖をなくすのに、効果的な指導法はありますでしょうか? それと・・・ 2年経ってこの程度なら、いくら続けても上達は見込めないと思いますか? そろばんが将来役に立たないなどの回答はなしでお願いします。 こんにちは。 そろばんを習っている娘がいます。 私も小学校の時、習っていたので、何となく判ります。 娘に「見取り算が苦手な人に効果的な練習方法はないか?」と尋ねたら、 ・1~100まで順番にたす。 10まで足したら55、20までたしたら210・・・100まで足したら5050と決まっているので、ミスをしたらすぐに判ります。 繰り返しやるうちに、徐々にミスもなくなると思います。 ・5050から順番に1~100を引く。 これも10まで引いたら4995、20まで引いたら4840・・・最後100を引いたら0になると決まっているので、ミスをしたらすぐに判ると思います。 単純ですが、これを繰り返す事で、玉の動きが身についていくと思います。 (すでにされていたらごめんなさい) そろばんは続けるうちに、急に上達したりします。 ただ、やっぱりその子の能力によって、壁がいくつかあるみたいです。 最初が8級、その次が6級、4級以上は級が上がるたびになかなか大変みたいです。 長く続けるうちに、後から入った子にどんどん抜かれるとか、何年も同じ内容で辛くなったりとか、あるみたいです。 息子さんが気になさらないようなら、続けていけば、上達すると思いますよ。 娘のそろばん塾には、発達障害のお子さんもいて、5年くらい続けておられます。 最初のうちは、検定すら大変だったけど、現在は珠算2級暗算4級がうかっておられます。 先生も「続けていると必ず上達する」と言われてました。 ただ、年下の後から入門した子にどんどん抜かれたり、学校で馬鹿にされたりで、辛くてやめたお子さんも結構居られると聞きます。 その時に、あまり無理強いなさらない方がいいと思います。 うちの娘は割りと早く上達したのですが、それでも年下の子に先を行かれるのは随分悔しいみたいです。 息子さんの気持ちを一番に考えてあげてくださいね。 まず3番の方の1から100まで足す。 その逆をやらせるという練習はものすごく効果的ですよ。 そして週に3回行かれているようですがそのほかの日はどうしているのでしょうか? そろばんは1日休むと取り戻すのに3日かかります。 なのでご家庭でも少しの時間でもよいのでやらせた方がもっと効果的ですよ。。 そして2年程度で8級。 これ以上続けても上達は?とありますがまだまだ始まったばかりです。 8級くらいでめげ居ていてはどんな資格も取れませんよ。 まず初級の方でつまずく子は上級に行くに連れて級が進むのが早くなったりもします。 今の時点で見込みがないと決めつけるのはまだ早すぎます。 今3年生ですから来年の今頃までは様子を見て下さい。 そのころにはきっと指の動きも早くなり心配も無くなると思います。 そして珠算をしていて将来役にたたないなんて事は絶対に100パーセントありません。 なのでお子さんがやる気が有る限りは例え級がなかなか進まなくてもやらせて下さい。 毎日する事で必ず力はつきますよ。 うちの子は5.6年の娘ですが上の子は準2級まで躓くことなく一発合格してきました。 その逆に下の子はつまずきっぱなしですが上のことは違い暗算の検定では一発合格です。 しかも暗算検定は上の子と今は同じ級です。 このように暗算が特で能力検定はなかなか進まない。 逆に暗算は苦手でも珠算の方はスムーズにと言う子もいてほんとパターンは色々なんですよ。。 私自身塾は開いていませんがひとまず塾を開こうと思えば開くことが出来るのですがそのために子供達には毎日塾が休みの秀もそろばんの珠に触れさせるようにしています。 やっぱりこの毎日珠に触れさせるか触れさせないかで上達は違ってきますよ。 見取算は、考えて指を動かすというよりもクセに頼るしかないと思います。 今後級が進めば進むほど、桁数が増えていきますから考えている余裕はなくなります。 もう繰り返し練習をしてあらゆる珠の状態で頭で考えるよりも速く置くように練習するしかありません。 と言っても、なかなか難しい、それをどうするかが質問されていることなんですよね。 私は3年生の4月に始めて7級から受けて進んでいきました。 紆余曲折を経て、6年生の最後に1級に合格できましたが、それ以降はそろばんにさわることもなく30年過ぎました。 先日、子供にそろばんの使い方を教えてくれと言われ、やってみたのですが、理屈を思い出すのに一苦労しました。 でも指は動くのです。 (勿論速く動かすのは無理ですが。 ) 何故、そういう珠の動かし方をするのかという理屈は忘れているのですが、指は動くので計算はできるのです。 それで逆に指の動きから理屈を思い出して説明しました。 ということで、やっぱり繰り返し練習して指が自然に動くようにするしか方法はないのではないでしょうか? まさに体得するものだと思います。 こんにちは! 小1の娘がいる四十代母親です。 私自身そろばんをやっていて、やはり息子さんと同じでした。 繰上げ、繰り下げの指の動きが癖になってしまうんですよね。 乗算(掛け算)、除算(割り算)は答えがすぐでてくるのでミスしにくいですが、 見取り算は級が進むとそれだけ作業が増えていくので、 根気がないとできないですね。 それで不合格になり、悔しくて直しました。 でもいつまでも見取り算は苦手でしたね。 せっかちで、こつこつ進むより自分の感覚を大切にするタイプかもしれません。 これは、悪い点数を取ったことを悔しく思って改善しようと、 自分で意識するしかないかな、と思います。 そろばんの上達においては、見込みがないということはないと思います。 私自身、その癖を直したら、とんとん拍子に3級まで行きましたし、 そろばんも楽しくやっていましたよ。 Q 子供にそろばんを習わせたいと思っており、今珠算塾選びをしている最中です。 クラス体験をさせて頂いたところの1つで「うちは生徒数が少ないからほとんど個人指導みたいなものなので、 生徒さん達の上達度は速いです」と言われました。 (今5人しかいなくて、この春でその内の2人が辞めるそうです。 ) 私はそろばんに関しては全く無知で、どのくらい習えば何級くらいが取れるのものなのか(あくまで一般的に)、全くわかりません。 そこの生徒さんの一人は、小学校に上がる時に始めて丸5年やり、最近段が取れたのでまもなく辞めるらしいです。 小1から小5の5年間やって段が取れるというのは、そろばん学習者にとって速いのでしょうか? 勿論個人差があると思うので、『一般的に言えば』の尺度で構いません。 教えて頂けますでしょうか? A ベストアンサー 一般的にいえば、そもそも5年間以上習う人が少ないと思います。 一般的には、1年生からやる子は4年か5年までに1~3級を取り、やめて塾などへ行ってしまう。 習い始めるのが遅いほど練習に無駄がなくなり、小学2年か3年で始めて2年やって1級合格、小学4~6年なら1年で1級合格だと、早いかな?という感じがします。 「5年で段を取るのは早い方か」というご質問でしたが、高学年になるほど1級合格までの期間が短く、段も取りやすくなりますので、そういう意味では、まる5年というのは早くなく、むしろ遅い方かと思います。 「1年生から習い始めた場合」に限って言えば、5年というのは平均的かと思います。 これは、5年やれば段になれる、という意味ではなく、5年生や6年生の段の人に「何年やりましたか?」と聞くと「5年」と答えるのが平均的かと思う、という意味です。 1年生から習うのでしたら、3年か4年で3級合格というのが平均的で無難な目標かと思います^^ Q 子供はそろばんを2年間習い続けて今そろばん、現在暗算共に5級です。 最近では辞めたいとは言わないものの全く進まず、1級に合格したら好きな物を買ってあげるからまで言ってやっとやる気をおこさせていました。 今考えると後悔しますが、子供の友達が3級が受かったら2万円くらいするゲーム機を買って貰えるから頑張ると言っていたのでつい同じ様な条件を出してしまいました。 しかし今学年度からイベント塾内でのコンクールやクリスマス会など の代金を請求されることになりました。 後テキスト代が高い人も低い人も同じ値段を徴収することになりました。 わが家の昨年のテキスト代は2000円もかかっていませんが、イベント代込みで年4800円徴収するとの事です。 子供の送迎もすごく負担でしたし、テキスト代の料金制度に納得がいかないのでこれをきっかけに辞めて欲しいと言うと最初に言った言葉が「1級のご褒美がなくなるから嫌だ」でした。 後から友達に負けたくないからとも言っていましたが…。 そこで本題ですが、今の状況でもそろばんを続けさせてあげるべきだと思いますか? 先日学校の先生にもう高学年になるとご褒美が罰があるからやるというのは良くないと言われたばかりなので迷っています。 塾のイベントをする目的は成績の良い人にご褒美をあげてやる気を出させる為と言われました。 私にしてみればそこまでしてそろばんを続けさせる意味があるのかと思うのですが…。 少なくともメダルやクリスマス会ではウチの子供と友達には全く効果がない様です。 3級になると履歴書に書けるらしいので3級まで続けさせるべきでしょうか? ちなみに近所のそろばん教室に変わるなら友達いないしもうやらないと言われました。 長文になりましたが、回答宜しくお願いします。 子供はそろばんを2年間習い続けて今そろばん、現在暗算共に5級です。 最近では辞めたいとは言わないものの全く進まず、1級に合格したら好きな物を買ってあげるからまで言ってやっとやる気をおこさせていました。 今考えると後悔しますが、子供の友達が3級が受かったら2万円くらいするゲーム機を買って貰えるから頑張ると言っていたのでつい同じ様な条件を出してしまいました。 しかし今学年度... A ベストアンサー そろばんを習わせて良かったという所は、正直よくわかりません。 集中力がつくと言いますが、子供本人に言わせると、 集中力は幼稚園から習っていた武道のおかげだそうです。 計算は多少早く正確になったでしょうか。 でもうちの場合は2級まで取りましたが、残念ながらよくテレビで見るような、 瞬時に難しい計算をするスーパーキッズのようにはなりませんでした。 先生は、やめれば月謝が減るので引き止めているのだと思います。 純粋にそろばんの良さをわかって欲しくて、子供のためになるから すすめてくれるなら、近くの他の教室に移ってもできれば そろばんは続けてね、と言ってくれるはずですから。 それぞれ家庭の事情もあるし、高学年になると他の塾や習い事の為に 辞める事もありますから、やめても気にすることはないと思います。 A ベストアンサー 子どものころ初段までとりました。 4級~3級の間は、それまでトントンときたのに比べて、格段にむずかしかったような記憶があります。 やめたいのに、泣くほどくやしいなんて、息子さんはとても頑張り屋さんで、目的意識も強いのですね。 自分はそんな思いをした覚えがまったくないので、そんな息子さんに尊敬の気持ちさえもってしまいます。 こんな言葉、なぐさめにもならないかもしれませんが… 思い返せば、子どものころにしたくやしい思いって、とてもまっすぐで強い気持ちだったように思います。 その分、ストレートに次の力になったような気がします。 おとなになってから、そこまでの気持ちって、持てなくなったような… そんな気持ちを大事にしてあげたいですよね。 bumechanさんが息子さんとその気持ちを共有していれば、どんな言葉でも息子さんの力になると思います。 答えになってなくて、すみません。 でも、次はきっと合格ですよ! Q 小学校3年生の女の子がいます。 同級生には公文に行ってる子や、チャレンジをする子、そろそろフランチャイズの受験予備校の塾に行き始める子もいます。 うちの子は塾に行っておらず、算数と国語のドリルなどを家庭学習としてさせております。 そろそろ塾に行かせた方がいいのかなとも思いますが、あんまり早くから塾の宿題に追われたり、塾を1度休むと取り返すのに苦労したりなどということをさせたくないし、自分だったらしんどいなと思うこともあって、塾に行くにしても5年生ぐらいでいいかなと考えています。 塾に行けば、刺激にもなり、受験や試験のテクニックを教えてはくれるでしょうが。 ただ家庭で学習をみるのも学年的に限界になってくるので、4年生からZ会の通信教育をさせたいと思っています。 塾であくせくするよりも、もし、Z会の方が彼女に合っているのなら、そのまま続けさせたいとも思います。 小学生向けのZ会は、中学受験を特にターゲットにしていないようですが、Z会の経験者の方やその保護者の方、または家庭学習で成果をあげられている方、ご意見をお伺いしたいと思います。 A ベストアンサー 高3です 小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。 進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。 (私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。 でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。 通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。 一般的に料金が高いです。 ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生とか)が添削して返してくれるから高いのです。 それだけです。 あのぐらいのテキストなら本屋へ行けば山ほどあります。 もし、娘さんがあまり几帳面でなく、計画性がないのであれば、通信講座は良くないかもしれません。 添削課題はいいように見えますが、本人のやる気(添削を出したり)がなければまったく意味がありません。 几帳面でないと仮定すると、ご家庭で今までどおり、ドリルをやられることをお勧めします。 小学生時代にドリルをやりまくることは、必ず今後役にたちます。 どんな応用(Z会とかのテキスト)に立ち向かおうとも、基礎がなければ考え方すらわかりません。 進学をご希望ならなおさらです。 塾についてですが、まず公文式。 あれはドリルを繰り返しやれば済む事です。 お金を払ってまでやることではないです。 公文式はひたすら、みんなで集まって基礎問をやるだけです。 次に受験予備校。 入試テクは確かに便利です。 目が覚めるような感じがします。 娘さんがいつも必ず予習をされるのであれば、かなり有効な手段です。 予習がなければ行くだけ無駄です。 普段学習について。 九九は見ないで早く、順番を気にせずに言えますか?作図する力はありますか?漢字は小学常用漢字(1000字ぐらいかな?本になってます)全て書けますか?このぐらいは中学受験時あたりまえですが、さらに自信をつけたいなら、中学の参考書を読むことがいいと思います。 今、高校だけでなく、中学用チャートも出ています。 進学校、中高一貫教育校の強みは高校の勉強を中学で始められる事につきます。 そのためには中学の基礎が、中学の基礎をつけるためには小学の基礎が必須です。 なんだか話がとびとびですが(笑 とにかく、一番いい方法だと思うのは、ドリルを続ける事です。 一冊終わったらまた一冊と。 頭がまだやわらかいですから、なかなか忘れません。 国語はよくわかりませんが、数学はとにかく解く。 英語は時間がまだあるので、読んで書いて、単語を覚える事。 ご両親がたまーにテストしてみるのもよいかもしれません。 最後になりますが、(長くてすみません) 子供の勉強を促すには、まず親御さんが勉強してください。 「そんな暇はない」と言わずに、やってみてください。 やらない人の言う事は誰だって聞きたくありません。 第一、説得力に欠けます。 「親が一生懸命やっている」と感じれば、子供だって火が少しづつつきます。 私は医学部志望ですが、私の父はいつも勉強を見てくれます。 過去問を解いてる時も、質問すれば必ず教えてくれます。 彼は開業医でいつも忙しいですが、時間をみつけては参考書を開き、昔習ったことを思い返しながら、勉強しています。 そんな父を誇りに思いますし、文句も言えません(笑 自慢もおりまぜましたが、すごく言いたい事でしたので、書かせて頂きました。 すみません。 頑張って下さい。 高3です 小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。 進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。 (私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。 でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。 通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。 一般的に料金が高いです。 ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生... Q 子供の友達の親に言ってしまいました。 小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。 週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。 その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。 (最終的に追い出しましたけど・・・) 毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。 すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。 しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。 親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。 たまになら許せますが毎回です。 子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。 でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。 「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。 一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。 たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。 おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。 子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。 ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。 そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。 自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。 注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。 子供の友達の親に言ってしまいました。 小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。 週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。 その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、... A ベストアンサー 小学校2年生の男の子の母です。 似たような子が息子の友達にもいます。。 はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか? 遊びにいく回数が重なるにつれて? このおうちでワガママ言っても大丈夫? と思ってしまったのでしょう。 おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。 息子の友達がそうでした。 それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。 それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。 子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。 うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は 『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。 そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。 ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが 放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。 もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。 ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。 息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。 私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、 自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。 時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。 質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。 相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、 万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか? 親同士の価値観が違うのだ、と。 ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。 息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、 3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。 もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように 言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。 小学校2年生の男の子の母です。 似たような子が息子の友達にもいます。。 はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか? 遊びにいく回数が重なるにつれて? このおうちでワガママ言っても大丈夫? と思ってしまったのでしょう。 おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。 息子の友達がそうでした。 それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で... Q 1年生の息子ですが、幼稚園年長からそろばん教室に行っています。 今、そろばん8級、暗算10級をしています。 そこで、相談です。 学校の算数で、「16-8」や「12-3」のような引き算を習ったのですが、 学校での教わり方・考え方をイマイチ理解できていないようで、 宿題のプリントや学校のテストも全部頭の中でそろばんを弾いて答えを出しているようです。 そろばんは「暗算に強くなるかな?」と思い習い始めたので、期待通りといえば期待通りなのですが、 この「算数で習う考え方」を理解しないまま進んでいっても、この先、問題ないでしょうか? それと、たまに計算カードの宿題があるのですが、 「2+5」など、繰り上がりがない場合はパッと答えますが、 「8+7」など、繰り上がりがあるとやはり頭の中でそろばん弾いてから答えます。 (たまに指も動き出すので見ててよくわかります。 ) 答えは合っているので問題ないのですが、 その度にそろばんを弾いていると「8+7=15」というイメージというか、 反射的に答えられなくなるような気もして、こちらも気になっております。 私自身、そろばんは小学校の算数の授業で習っただけなので、 そろばんを習われていた方、お子さんが小さい頃からそろばんを習われている方、 アドバイスをお願いいたします。 1年生の息子ですが、幼稚園年長からそろばん教室に行っています。 今、そろばん8級、暗算10級をしています。 そこで、相談です。 学校の算数で、「16-8」や「12-3」のような引き算を習ったのですが、 学校での教わり方・考え方をイマイチ理解できていないようで、 宿題のプリントや学校のテストも全部頭の中でそろばんを弾いて答えを出しているようです。 A ベストアンサー そろばんを習ってない者なのですが、申し訳ありません…(汗) 教育関係の仕事をしています。 読み書き計算の基礎学力は学校教育でも見直されてきているので、計算力がつくというのはとても良いことだとは思います。 ただ、学校教育で習う算数では「数概念の形成」と「数学的に筋道を立てて考える力」が身につくように、という願いがこめられています。 「数概念の形成」とは以前の回答にも書いたことがありますが、「リンゴの5個」と「鉛筆5本」の5がすべて同じ「5」という抽象的な数で表せる、という感覚を養うということです。 通常ですと直感的に掴んでしまうと思われがちですが「具体物から抽象的な概念だけを取り出し、それを操作する」ことは算数の習い始めの子どもたちには難しいことです。 それが自分なりにわかったときの知的な興奮もまた本当に嬉しいようですよ。 または逆に「この式はどんな現象を表しているのだろう」と言うことが説明できる能力はとても大切です。 生活に直接結びつくと言うよりも、論理的思考を育てていくという意味でです。 「リンゴ16個もらいました」「8個食べました」という日本語の文章の中から「16と8という数字を抜き出す」「食べると言うことは減るのだから、引き算を使えばよい」と、たくさんの算数の道具から自分でどれを使えばいいか選択できる。 これが「筋道を立てて考える力」と言っていいと思います。 この考え方を言葉や図などによって表現できる能力も、求められているものの一つです。 また、例に挙げられた「16を10と6に分ける」というのは、十進法の考え方です。 10のかたまりをつねに意識させるわけです。 なぜかと言えばこの考え方は、どんなに数字が大きくなろうと使える普遍的なものだからです。 算数数学では、自分なりに計算の仕方や仕組みを理解していくことも大切な力です。 その中で数というものの決まりや規則性・法則性を見つけていくというのは、中学高校につながる大切な数学的センスです。 そろばんとは離れますが、極端な例を挙げれば、訓練によって幼稚園児に微分の公式を機械的に覚えさせることは簡単にできます。 しかし微分がどのような現象を意味するものか、どんな場面で使うと有効なのか、それを理解させることはまず不可能でしょう。 算数数学教育では先々を見越して、このような抽象的論理的思考ができるよう単元を設定しています。 もちろん、昨今では指先をじかに使うそろばんが再評価されています。 ですのでどちらのいいところも生かしながら、決して計算が速くなることだけがいいと言う考えに囚われず、この式は何を意味しているのだろうということを考える癖をつけながら、文章題などに取り組んで行かれるとよいかと思います。 そろばんを習っているお子さんは計算力に自信があるためか、算数には意欲的に取り組む子が多いです。 学習への意欲は一番大切です。 おうちでの支えがあってこそのことだと思います。 これからもぜひ、算数の大好きなお子さんを応援していってあげてくださいね。 そろばんを習ってない者なのですが、申し訳ありません…(汗) 教育関係の仕事をしています。 読み書き計算の基礎学力は学校教育でも見直されてきているので、計算力がつくというのはとても良いことだとは思います。 ただ、学校教育で習う算数では「数概念の形成」と「数学的に筋道を立てて考える力」が身につくように、という願いがこめられています。 「数概念の形成」とは以前の回答にも書いたことがありますが、「リンゴの5個」と「鉛筆5本」の5がすべて同じ「5」という抽象的な数で表せる、という感覚... Q この4月に小学3年生になったばかりの娘を持つ父親です。 質問は子供が算数がとても苦手(できない?)なことについてです。 最近まで恥ずかしながらカミサンに勉強をかなりまかせきりにしており、どれくらいできないかはっきり理解してませんでした。 つい先日、カミサンが子供に宿題を教えていた時、あまりに子供が教えてもできないためものすごくイライラして子供に向かって目に余るくらい怒っていたので、私が代わって見たところ時計の問題を解いていたのですがあまりにもできないので、どれくらいならできるかなと試しに600+40は?15-8は?等の問題を出してみると600+40が6004になったり、460になったり、15-8もすごく時間かかったりするのです。 他の日にもいくつか問題を出してみましたが、2桁-1桁の引き算の暗算などが九九・割り算に比べ明らかに駄目なのです。 駄目なので問題を出すとすごく嫌そうなめんどくさそうな顔をします。 小学3年生になってこんなこともできないの?と大変心配になりネットでいろいろ調べてみると学習障害という病気があることを知りました。 たしかにうちの子も本を読むのが大好きで書いたり読んだり他のことはまったく普通にできるのですが、計算だけが駄目なのです。 (ですが九九はクラスの中でも一番くらいに覚えてできたようです)とっても心配になり子供の将来のことが不安でしょうがなく、一刻も早く対応したほうが良いと思い、本日、専門の病院に診断・検査を受けに行ってきました。 本日の検査では、全体の知能指数をみるだけのようで知能指数的にはごく標準レベルとのこと。 (ただパズルや迷路など視覚的に捉えることが少し苦手な数値が出ているとのこと)計算については本日も繰上算や繰下算もいくつか出してどれくらいのレベルか確認していたようですが、詳しい検査はまた後日するということで帰ってきました。 帰宅後、子供がどれくらいできるかもっと把握したほうが良いと思い、一度かなり前に解いた事のある2年生用の繰り下げ算筆算の3桁-2桁等のドリルを解かしてみたところ、指を使いながらではありましたが、驚くことに標準時間よりも短時間ですらすらと解いていくのです。 正解率も20問くらいで2問間違えただけでした。 このことは嬉しい驚きで、筆算で指を使いながらならできるの?では先日の600+40があんなに変な答えになってしまうのはなぜ?15-8にすごい時間がかかったのはなぜ?(カミサンに怒られて嫌気が差していたから15-8の方は時間がかかっただけ?)と訳がわからなくなってしまいました。 たしかにカミサンに聞いたところ、2年生のときに担任の先生に一度、算数が出来ないことについて障害とかないですかみたいなことを聞いたことがあるみたいなのですが、「苦手なのはたしかですが障害とかではないと思いますよ。 指を使わないとできないのもじきに使わないでもできるようになると思うのでそんなに心配する必要はないと思います。 」のようなことを言われたらしいのです。 通知表も2年生のものを3学期分全て見直しましたが、算数はいずれの項目も3段階の真ん中のBでした。 普段の算数のテストもいつも平均点くらいはとってくるようです。 次回の計算に特化した検査でもっとはっきりするのでしょうが、心配で心配で。。 これだけの情報ではよくわからないかとは思いますが、3年生にもなって600+40が6004などと答えるうちの子は処理能力に問題がありやはり学習障害(LD)になるのでしょうか?それともただちょっと苦手なだけの部類で済むのでしょうか?4月からはそろばんも習わせています。 もちろんこれからは算数を重点的に夫婦でケアしていく予定です。 カミサンは、病院の先生がはじめから障害と決め付けたような言い方だったり学校にすぐ連絡すると言ったり、他にも結構きついいやな言い方をされたこともあり、子供をそんなに障害者扱いしたらかわいそうだ、そんな大事にしないで(学校などには知らせず)いいじゃん。 と言って私が病院に連れて行ったことを非難するなどで夫婦喧嘩になったりしてしまいました。 私としては、素人ではなくしっかりとした専門家に一刻でも早くみてもらってしかるべき対処をした方がよいと思い、いろいろ行動したわけなのですが。 万が一、算数の時間だけ特別支援の授業を受けることになってもたしかに子供にとっては他の子と違うためかわいそうな惨めな思いを今はするかもしれないが、全くわからないまま普通クラスで授業を受けているよりは全然マシだし、将来的にはプラスになると思います。 しかしかみさんには特別クラスで受けさせるのはかわいそうすぎると理解できないようなのです。 いろいろとまとまりのない質問になってしまいましたが、初めての経験であまり知識もなくとても混乱しています。 何かアドバイスなりをいただけたらと思います。 この4月に小学3年生になったばかりの娘を持つ父親です。 質問は子供が算数がとても苦手(できない?)なことについてです。 最近まで恥ずかしながらカミサンに勉強をかなりまかせきりにしており、どれくらいできないかはっきり理解してませんでした。 つい先日、カミサンが子供に宿題を教えていた時、あまりに子供が教えてもできないためものすごくイライラして子供に向かって目に余るくらい怒っていたので、私が代わって見たところ時計の問題を解いていたのですがあまりにもできないので、どれくらいならできるかな... A ベストアンサー はじめまして。 塾業界の者です。 私もこれまで様々な生徒さんに接してきました。 私自身はいわゆる発達の専門家ではなくあくまで塾での経験談としての話であるとしてお読みいただければ幸いです。 まず割り算や九九がスムーズにできて引き算や桁の異なる足し算で混乱するというのは割とあるケースだと思います。 割り算の場合、計算の過程で掛け算の逆と引き算を用います。 余りがない割り算で、さらに割られる数が九九の範囲内である場合なら九九が速いお子さんは抵抗なく入ります。 この場合私は、お金で考えさせます。 こういう状態ならばあまり心配はいらないと思います。 ただし、お金に置き換えて考えても全くぴんとこないという状態の場合、いわゆる数字の概念に対する理解も含めちょっと心配な部分があると思い、ある程度お金などで慣れさせていきます。 あと桁数の異なる(質問にあった600+40など)これも筆算になっていないと大混乱するお子さんが多いです。 私は敢えてこれを一回そのまま頭でやらせてみます。 そして、それこそ6400だのになった場合、「600円と40円合わせて6000円になっちゃうかな?」と質問します。 これであれ?と思ったお子さんは頭の中でもう一度整理できることが多いです。 これでまだ混乱している場合、筆算させます。 筆算したときにきちんと位の位置取りが問題なく出来ればいいのですが、筆算の縦書きにしたときの書き方がおかしい場合、「桁」のことがわかっていない可能性があるので桁ごとに仕切りをつくり正しい位置で筆算を書かせています。 そういうことを繰り返して身につけさせています。 引き算の15-8などの計算ですが実は中高学年でも苦手な生徒さんは本当苦手です。 理解力というよりある意味反射的に思いつくようになるまでこれはやらせた方がいいと思います。 最近は小1で計算を習うとき、学校では10を基準にして分解して理解させることが多いです。 もちろん原理はそれなのですが、小2以上の計算では計算としてスッスッと手で覚えているような感覚になっていないととても時間がかかったりするお子さんが多いです。 この場合引き算をいきなりやらせるのではなくむしろ8+7=15と出す足し算からおさらいさせます。 スピードと正確さを両方兼ね備えるまで繰り返させます。 教材としてはいわゆる計算ドリルでも、100ますのようなパターンでもいいかと思います。 目標タイムや点数はおそらくドリルなどにはかかれているでしょうが、お子さんと相談して自分なりのハードルを決めさせて、クリアさせるのが本人もやる気がでやすいようです。 足し算で弾みがついたら引き算に入ります。 引き算はそれこそー1(引く1)から順に身につけさせていいかと思います。 そして繰り下がりですが、学校では繰り下がりをどこかに書かせたりする先生もいますが、速さと正確さのためには反対に書かせない方が後々スムーズになるお子さんが多いです。 引く数が2桁以上の筆算の引き算なども結局は15-8などのひとけたレベルの計算の繰り返しですから、一桁のものをいかに速く正確にこなせるかその力づけをさせてあげたらいかがでしょうか? まだ小3が始まってばかりですし本人に苦手意識がついてしまうtこおで結果として算数が嫌になるのが一番今後心配です。 是非親御さんは、親御さんからすればこんな簡単なこと出来て当然などと思わず大げさなくらい頑張ったことを褒めてあげるとお子さんも前向きになるのではないでしょうか。 もちろん診断の結果によってはそれに応じた教育を最優先にされるのが一番ですが、質問のような計算の苦手なタイプのお子さんは比較的多いですし、これまで見てきた中での経験で少しずつ克服するのを見守ってきたのでご参考までに書かせて頂いた次第です。 はじめまして。 塾業界の者です。 私もこれまで様々な生徒さんに接してきました。 私自身はいわゆる発達の専門家ではなくあくまで塾での経験談としての話であるとしてお読みいただければ幸いです。 まず割り算や九九がスムーズにできて引き算や桁の異なる足し算で混乱するというのは割とあるケースだと思います。 割り算の場合、計算の過程で掛け算の逆と引き算を用います。 余りがない割り算で、さらに割ら... Q こんにちは、よろしくお願いいたします。 長女は公立小学校の新小4で毎日楽しく学校に通っております。 宿題は毎日出ますし、テスト等はだいたいいつも100点なので苦手なところはまだ親がみてやれるということもあり 笑 今のところ塾など考えておらずのんきにしております。 若干計算が遅く、うっかりミスもあるので公文なんてどうかな?と思っていたのですがこちらのサイトを拝見してそろばんもいいかなと思いはじめました。 私自身が全くできないし今の時代そろばんなんて?という認識しかありませんでしたが読めば読むほど良さそうなので驚きました。 中学、高校、社会人になっても役に立つものなのでしょうか?中学受験はさせるつもりはないので長い目でみて役に立つものなのかどうか、ご経験者の方にご意見を伺いたくどうぞよろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 水を注すようで申し訳ないのですが、算盤は(十露盤)とも書きますが、日本や中国で使う計算用具の事です。 算盤で計算する事を珠算といいます。 算盤でも通用しますが、関係者の立場からw 今のところ全ての科目のテスト100点は集中力があって頭のいい子です。 中学の2年生ころから100点は途切れます。 ですから親も一緒に勉強して、教えるというより相談になってあげてください。 これは例えば算数から数学に変わるからです。 今まで形や暗記で覚えていた事が考えなければ出来なくなるからです。 ですから理屈で覚える事が大切になります。 このように考えたとき数字に関係ある勉強がいいように思います。 珠算は、頭の中に算盤を置いて計算すると云われるが、こんな事出来るの天才的と思いませんか? 頭は使 刺激)うと限りなく成長すると学者は言います。 このことから社会人になった時、他の事はどうにかなるけれど、数字に関する事は覚えるしかありません。 カテゴリー財務・会計・経理をクリックしてみて下さい。 この関係で企業経理に困っている人が沢山います。 ながい目でみたら数字関係が良いと勧めます。 *余計な事ですが参考にしてください。 私の体験から、ピアノ・書道(習字)を勧めます。 他の楽器もいいですが、ピアノは誰にでも出来ない。 将来適当な収入になる。 習字は就職したとき発揮します。 例えば賞状1枚中で約8千円。 大で約1万2千円。 その他会社・その職種によっては、垂幕・議事次第・等々年間数十万円になるものを業者へ依頼せず、社員が揮毫すれば、手数料は無料。 当然その費用分は利益になります。 将来適当な収入になります。 数十年先と云うけれど国民年金だけでは生活が大変と云う人が沢山います。 あくまでも私の体験ですから参考になればと、回答させて頂きました。 水を注すようで申し訳ないのですが、算盤は(十露盤)とも書きますが、日本や中国で使う計算用具の事です。 算盤で計算する事を珠算といいます。 算盤でも通用しますが、関係者の立場からw 今のところ全ての科目のテスト100点は集中力があって頭のいい子です。 中学の2年生ころから100点は途切れます。 ですから親も一緒に勉強して、教えるというより相談になってあげてください。 これは例えば算数から数学に変わるからです。 今まで形や暗記で覚えていた事が考えなければ出来なくなるからです。 Q 5歳娘 そろばんをはじめて2ヶ月が経つのですが 繰り上がり繰り下がりで苦戦して困っています そろばんはまだ筆算や足し算の意味など分からないうちから始めた方が飲み込みが早いと聞き始めたのですが、初めは順調で10の位を使う繰り上がりくりさがりまでは完璧でしたが 今度5玉を使うものが出てきた途端今までの物と混乱しておかしいことをするようになり また初めに戻ってやり直しても、また5玉が出てくるとごちゃごちゃになってしまいます 5でくくるものなのか 10でくくるものなのか理解できていないと思います 例えば6+4を習うときに恐らく理屈とか理解できていないので たす4は6とって10入れるといった呪文のように教えていただいている為に 11+4となると5玉を使わずに6入れて10入れるとしてみたり ある程度足し算引き算が分かっていれば しないよなことばかりするので困っています そろばんは習うより慣れろといいますが このまま何度もやり直しているうちに理屈など理解していなくても 指が勝手に動くようになって計算できるようになるものなのでしょうか 幼児はみんなこんな感じなのでしょうか 何度も5かりて多く入れすぎた1を引いてやるんだよと話しても意味が良くわかっていないような気がします 意味が分かっていないので 呪文もそのときだけは出来るけど 5玉が入ってくると+4をするのに、5玉入れて1ひく を 5玉入れて1たす としてみたり 6とって10いれる ところを6いれて10いれるとやってしまう有様です 小さいお子さまでもスラスラされているのを見ると本当にどういう風に理解させているのかと思います 意味の分からない文で申し訳ありませんが どなたか教えていただけないでしょうか よろしくお願い致します 5歳娘 そろばんをはじめて2ヶ月が経つのですが 繰り上がり繰り下がりで苦戦して困っています そろばんはまだ筆算や足し算の意味など分からないうちから始めた方が飲み込みが早いと聞き始めたのですが、初めは順調で10の位を使う繰り上がりくりさがりまでは完璧でしたが 今度5玉を使うものが出てきた途端今までの物と混乱しておかしいことをするようになり また初めに戻ってやり直しても、また5玉が出てくるとごちゃごちゃになってしまいます 5でくくるものなのか 10でくくるものなのか理解できていないと思... 」という口唱で 理解できる人は、このままその方法をとります。 」 と言い。 「6にするには5をおろして1をとるね。 」とお話します。 『6-3=3』の時、5のくりさがりを使います。 「1からひけないね。 」といって 5のひきざん くりさがり の時は、目の前に手のひらの指を開いて パーで 見せます。 決して指を折ってヒントをださないように。 すると5からひいて残りがわかるようになります。 この残りのイメージを 作るようになります。 それでも上手くいかないようならば 8-4 7-4 6-4 5-4 7-3 6-3 5-3 6-2 5-1 をおぼえましょう。 『6-3=3』にそろばんをするよ。 といって そのかたちをつくるというふうに考えさせるのも 1つの方法です。 あくまでも楽しくやることが基本です。 nifty. 」という口唱で 理解できる人は、このままその方法をとります。 」 と言い。 「6にするには5をおろして1... A ベストアンサー 二つの選択肢が思いつきます。 現在の成績が学級でも最上位なら、塾に行かせましょう。 一流大学・一流企業・上級公務員を目指しましょう。 もし、その他大勢の部類なら、算盤を習わせましょう。 普通の企業や地方公務員、中小の企業(会社)勤めでは、パソコンが普及していますが、打ち込み等のスピードを加味して考査すると、安産ができると言うことは、格段に仕事の能率が上がります。 複雑な計算でも、右二桁の暗算で、全体の信頼性を確認できます。 遊ぶ時間とは、大人の感覚で、<だらしなくしている時間>かと思います。 自分を磨く事が楽しくなれば、親がびっくりする位、打ち込むことができます。 これには、適切に褒めて、子ども自身が、自分の能力が伸びることを自覚する事です。 計算が確実になれば、他のコトも上手になります。 読み書き算盤と言います。 大きな字の漢字事典も入手して正しく漢字を書くようにします。 書き順がポイントになります。 html ゆっくり、大きめのマスに3回~4回くらい欠かせます。 一行全部に繰り返し書かせるのでは、意味がありません。 また、仮名を振った子どもの趣向に沿った書物を数冊購入して、朗読もさせましょう。 家族での食卓などの会話は、教科書の内容を照らし合わせて、子どもに喋らせると、繰り返しの効果や、順序立てる効果で、相当の学習効果が期待できます。 テレビは、録画して家族みんなで見ましょう。 NHKEテレ 地球ドラマ NHKG プロフェッショナル仕事の流儀 NHKEテレ サキどり NHKEテレ Good Job! 会社の星 NHKEテレ あしたをつかめ~しごともくらしも TVTokyo 和風総本家 など、大人が仕事に取り組む姿勢など、小学生高学年なら、大人と一緒に見られます。 無言のうちに、今何をすれば良いか、自覚させることができます。 と、思います。 幾人かのご家庭では実践しているそうです。 二つの選択肢が思いつきます。 現在の成績が学級でも最上位なら、塾に行かせましょう。 一流大学・一流企業・上級公務員を目指しましょう。 もし、その他大勢の部類なら、算盤を習わせましょう。 普通の企業や地方公務員、中小の企業(会社)勤めでは、パソコンが普及していますが、打ち込み等のスピードを加味して考査すると、安産ができると言うことは、格段に仕事の能率が上がります。 複雑な計算でも、右二桁の暗算で、全体の信頼性を確認できます。 遊ぶ時間とは、大人の感覚で、<だらしなくしている時間...

次の

そろばん塾の月謝、これは妥当ですか?長男の通っているそろばん塾に...

木谷 そろばん

そろばんのカテゴリーについて Amazon. jp・そろばんカテゴリーでは、さまざまなデザインのそろばんや初心者向けのそろばんなどたくさんのそろばんを取り扱っています。 そろばんとは、計算を補助する道具の1つで、串(細い棒)で刺した珠(たま)を移動させ、その移動した位置で数字を表現するものです。 1つの串が数の1桁に対応しており、珠を上下に移動させることで各桁の数字の表現や変更を行います。 主に足し算、引き算、掛け算、割り算などがそろばんで計算可能です。 そろばんを使った計算は、珠算(しゅざん)と呼ばれ、なにも使わないで計算する暗算、紙や筆記用具を使用する筆算などの算術における計算方法のうち、敏速かつ正確に計算できる方法です。 また、珠算は整数や少数を扱う場合には比較的桁数が多くても対応することができます。 このようなそろばんは、計算するうえで紙を浪費することがないため、紙が高価で貴重だった時代に重宝されていました。 そろばんの名称 そろばんには細かく名前がついています。 まず、そろばんの左側を「上(かみ)」、右側を「下(しも)」と呼びます。 そろばんの左側の方が桁の大きい数字を表しているため、このように呼ばれています。 そろばんの周りの淵は「枠(わく)」、計算するときに移動するものは「珠(たま)」、珠を1つと4つとで分けている横串を「梁(はり)」と呼びます。 珠は五珠と一珠と呼ばれるものに分けられ、五珠は梁より上にある珠で天の珠とも呼ばれます。 一珠は梁よりしたにある珠で地の珠とも呼びます。 珠を貫いている縦の棒は「桁(けた)」と呼びます。 そろばんの種類として23桁や27桁など桁数の違う種類があるのは、この縦の棒の数の違いです。 そろばんの桁数は昔から地域差があり、おおよそ西日本では27桁、東日本では23桁が主流となっていました。 珠算塾(そろばん教室)では、全国的に23桁が使われています。 用途や目的に合わせたそろばんをお選びください。

次の

鈴蘭台珠算研究所

木谷 そろばん

そろばん 昨年5月、5歳で日珠連の教室に通い始めこの3月まで続けました。 4月に入り引っ越しをし教室に通えなくなり引っ越し先で木谷総合 学園を見つけ今日体験に行ってきましたが珠の入れ方がちがうようでとまどっていました。 本人はとてもそろばんが好きで日珠連の教室にははりきって通ってました。 先生にもすごく頑張っているといっていただきやめる前は何日間か2時間くらいやらせていただいてました。 今日は彼なりにがんばってたのですが 珠のいれかたがちがい、うまくいかないようで帰りはあまり楽しんだようすではなく… 木谷総合学園は日珠連ではないのでしょうか。 また違うとしてもそんなに変わるものでしょうか。 少し遠くなっても日珠連の教室に通わせたほうがよいでしょうか。 【結論】 体験をさせて、嫌なら辞めたほうが良いのでは? 本人が面白くないのに、無理に通わす必要があるのですか? それならば、遠くてもよいから日珠連の教室に行かせた方が無難かな?というのが感想です。 木谷総合学園は、教室の数だけで見れば全国No. 1の塾です。 全国に400ヶ所以上あり、生徒数も1万3千人いるとか…? 所属団体も違い、全国珠算学校連盟 という珠算3大団体(日珠連、全珠連、全珠学連)の一つに所属しています。 ですから、検定の問題も大昔から一貫した問題で、 特に見取算が不揃いの15口(縦に15個並んでいる)、伝票が1問不揃いの15枚 と種目数も4種目あり、10段合格するためには、全種目満点を取らなければならず、 それなりに難しさがあります。 >珠のいれかたがちがい ということは、これは先生に指の動かし方が違うので指摘された・・・と解釈したほうが良いのでしょうか? チェーン店ですから、指導マニュアルみたいなものがあると思います。 そのマニュアルに従わせる・・・としか考えられません。 ただ、 私も一応指導者ですが、 私の所で体験したら、もっと混乱が起きたのかも…? 級のテキストは使っていないし、競技的な要素も強い教材ばかりで練習しているから…。 その日の教材は、その日にプリントアウトしているし・・・。 (ですから、今日は何をやるのかは本人もわかっていません) 珠の指の動かし方は矯正はしませんが、乗算については矯正するかも…という程度です。 数か所体験させ、悔いの内容に教室を選んでください。 今後のご活躍を期待しています。

次の