沼にハマって聞いてみた。 鮭はくわえず、背負うもの。木彫り熊の沼にハマった男に聞いた面白話|OCEANS オーシャンズウェブ

気づいたらハマってる!男性を魅了する「沼系女子」の特徴

沼にハマって聞いてみた

今、にわかにブームがきている木彫り熊。 ミッドセンチュリーからの文脈や、クラフトなどの民藝文脈から、じわりじわり。 その流れを感じるエキシビションが8月10日(土)から、目黒のホテルクラスカ内「ギャラリー&ショップDO」で開催される。 取材時に着ていたTシャツはポロベア。 そのキュレーターが、フリー編集者の安藤夏樹さん。 「散財王におれはなる」が口癖がなぜ、木彫り熊の沼にハマっているのか? その理由と魅力を聞こうと、まず「木彫り熊ってあの鮭をくわえた?」って質問したら、安藤さんからの返事に驚いた。 「鮭はくわえず、背負うもの」。 標語みたいにキャッチーなひと言に、こちらもググっと木彫り熊に引き込まれたところで、沼の深さを教えてもらった。 —いったい何体持ってるんですか? 木彫りグマ。 これが背負い鮭。 熊を擬人化するのは伝統的な手法なんだとか。 安藤 自分でもわからないんで、今回のエキシビションでそれを自覚しようと思ってます。 だいたい100クマくらいかな〜。 —最初の出会いはいつなんでしょう。 安藤 5年くらい前ですね。 とある骨董屋にあったのがすごくいい顔をしていて、「買いたい」と言ったのに譲ってくれなくて(笑)。 でも、店主が、これは北海道の八雲って町で彫られたものだって教えてくれたんです。 この3体はすべて八雲の熊。 一番右は、柴崎重行さんという八雲の作家による作品。 —そのひと言が? 安藤 沼の始まり。 当時は全然情報もなくて、1年弱くらい探していたら別の骨董屋で偶然、八雲の木彫り熊を見つけたんです。 それを手に入れていろいろ調べていたら、八雲に木彫り熊の資料館ができたと知って、すぐに飛びました。 —スゴい行動力ですね。 で、お客さんはいたんですか? 安藤 いや、ぜんぜん(笑)。 僕らだけ。 八雲では3泊4日の滞在だったんですが、町の人たちにいろんなことを教えてもらって。 突然ですけど……北海道の木彫り熊って誰きっかけで始まったか知ってます? —地場産業的なものでしょうから、北海道の偉い人? 安藤 ブー。 尾張徳川家なんです。 「徳川家が、木彫り熊、はじめました」。 —意外すぎます。 安藤 明治時代に尾張徳川家が、北海道の土地を新政府から譲り受けたんです。 そこに徳川農場っていうのを作るんですけど、冬は厳しいし、文化もない。 せめて農業が休みになる冬場に、なにか取り組むものを作らなきゃとなって、大正時代になって徳川義親という人が「木彫り熊を楽しく作って生活の足しにしちゃおうぜ」って言ったのが始まり。 —じゃあ歴史も、100年足らず? 安藤 そうなんです。 意外と歴史は浅いんです。 —その最初期のものが、背負い鮭なんですか? 安藤 それはまた違って……この中に入ってる……。 目的の熊は左側の……。 —この箱は? 安藤 クマ手箱。 あ、コレコレ。 この木彫り熊は、八雲の資料館以外ではほとんど見たことがない貴重なもの。 —あら、かわいらしい。 この子は八雲生まれ? 安藤 はい、かなり初期の。 足の裏を見てください。 —「やくも」っていうシールが貼ってありますね。 安藤 そうなんです。 こういうところから八雲をブランド化していたことがわかりますよね。 ちなみに、よくあるのは同じ「やくも」印でも焼印なんですが、シールは極初期のものだと思われます。 これ、かなり貴重なんです。 —なるほど。 そうして土産物として発展していく。 安藤 そうです。 戦後の北海道観光ブームでピークを迎えて、一気に全国区の人気者になって、こんなのも登場する。 1952年のホッケー大会のトロフィーです。 これは八雲の熊ではないですが、こうした擬人化熊は戦前の八雲でもすでに彫られていました。 スティックも持っていないけど、ホッケーのトロフィー。 —いろんなスタイルが生まれるんですね。 安藤 アート的なアプローチをする人も出てきます。 柴崎重行さんは特に有名で、今もっとも人気の作家なんじゃないですかね。 ところで……。 —はい。 安藤 木彫り熊の故郷はどこだか知ってますか? —そりゃ、北海道? 安藤 ブー。 スイスです。 「木彫り熊の故郷は、スイスです」。 —どういうことですか? 安藤 さっきお話した徳川義親さんが、スイスで見つけた木彫り熊を持ち帰るんです。 それをお手本に作り出したんですね、八雲で。 —スケールが想像以上にデカいですね。 安藤 だから沼にハマっちゃうんですよ。 ハマりすぎてエキシビションまでやるし、本まで出すし。 —本も出すんですか? 安藤 はい。 384ページ、オールカラー、糸かがりの贅沢仕様。 図鑑みたいな本を作りたくて。 エキシビションは実は、その出版記念も兼ねています。 「KUMA-BORI ZUKAN」全2000部限定。 表紙は2種で、ピンクが通常版で6000円。 グレーは八雲限定700部で5000円(ともに税別)。 —確かに奥深いですね、木彫り熊の世界。 安藤 そうだそうだ。 最後に、これ見てください。 —えーっと……今までのと何か雰囲気が違う気がしますが……。 安藤 これは山形で昭和35年に彫られたもので…… 「ツキノワグマなんです」。 そう、北海道の木彫り熊はヒグマなのである。 身近にあるのに、意外と知らない木彫り熊の尽きない話。 聞いているうちに沼にハマる気持ちもわかってしまうから少し危険な気もするけれど、エキシビションに行ったらきっと楽しいに違いない。 めくるめく木彫り熊の沼、皆さんもご堪能を。 [イベント概要] 『東京で、熊さんかい? by 東京903会』 会場:クラスカ ギャラリー & ショップ DO 東京都目黒区中央町1-3-18 会期: 8月10日(土)~9月8日(日) 開館:11:00~18:30.

次の

沼ハマ(沼にハマってきいてみた)の見逃し配信は?再放送や過去の動画は?

沼にハマって聞いてみた

大葉せんせいは、めちゃくちゃハマっているというほどではないんですが、イヤホン・ヘッドホンはそれなりに買っている方です。 を買って大満足していたんですけど、SONYの新しいイヤホンが発売になってそれを買って、そのあとにAirpods proも買って。 その間1ヶ月ほど。 で、久々に感じました。 この感覚、「あ、これ沼だ」と。 イヤホン・ヘッドホンって、こだわってくると、どのイヤホン・ヘッドホンでも満足がいかずに、買い漁っちゃう現象が起きますよね。 買い漁って、しばらく経ってから、「なんであんなに、イヤホン・ヘッドホンを買ったんだろう……」ってなるやつです笑。 なので今回は、イヤホン・ヘッドホン沼にハマる理由とその対処法について語ってみます。 たまにmp3を聴くと、やっぱり音質悪いなーって、思いますよね。 つまり慣れると、高音質でも、普通に聴こえちゃうという現象があるのです。 これがイヤホン・ヘッドホンでも同じことが起こります。 超高音質のイヤホン・ヘッドホンでも、ずっと使っていると、普通の音質に聴こえてきます。 そうすると、これよりも高音質なイヤホン・ヘッドホンは、どんな音質なんだろうかと気になり始めちゃいます。 この慣れというのが、イヤホン・ヘッドホン沼の原因の1つなのです。 高いものが、良いものだと考えてしまう心理 イヤホン・ヘッドホン沼のもう1つの原因が、人は高価なものほど価値があると考える性質があること。 例えば、宝石店に行って、純金のネックレスが5000円だったら買うでしょうか? たぶん買わないと思います。 なんでかというと、純金がそんな価格で売っていると思わないから。 じゃあ5万だったらどうでしょうか?そのネックレスは、本当に純金を使っているんだなと思いますよね。 つまり人は、価格が高い方が価値があると考えてしまうのです。 つまり 高いイヤホン・ヘッドホンほど良い音質がするような気がしてしまうのです。 これが、人が沼にハマる主な原因なんですよね。 2万のイヤホンを買って、すごい高音質でも、しばらくするともっと高いイヤホンはもっと高音質なのか気になりますよね。 その心理がイヤホン・ヘッドホンに働いてしまうと、沼にハマってしまいます。 じゃあイヤホン・ヘッドホン沼には、対処法があるんでしょうか? 【対処法】その金額で出来る他のことを考えてみる。 大葉せんせいが使っている対処法は、イヤホン・ヘッドホンを買うお金で、他に何ができるのか考えることです笑 大葉せんせいが使っているヘッドホンは、3万〜4万程します。 それくらいの価値はあるのですが、使っていると、他のヘッドホンの性能が気になってきちゃうんですよね。 気になるヘッドホンは、同じくらいの価格帯か、もしくはもっと高いヘッドホン。 今使っているヘッドホンよりも、もっと性能が良いじゃないかと考えてしまうのです。 そんなときに、もし4万あったら他に何が出来るか考えます。 旅行に行けるなー• 漫画がいっぱい買えるなー• 高級な料理食べてもおつりが来るなー そんな感じで考えていると、じゃあ今使っているヘッドホンでも十分じゃないかっていう思考になってくるんですよね。 今すでに満足のいくヘッドホンを持っているワケですから、ハッキリ言って、他のヘッドホンを買ったとしても、4万円分の音質向上効果はない。 じゃあ他の物にお金を回そう。 ヘッドホンを買うお金があったら出来る、別のことを考えていると、だんだんと思考が現実的になってきます。 そのうち、新しいヘッドホンよりも、4万どう使うかの方が大っきなテーマになっていたり笑。 みなさんも、イヤホン・ヘッドホン沼にハマりそうになったときに、試してみてください! 【まとめ】イヤホン・ヘッドホンは1つでいい イヤホン・ヘッドホン沼にハマる前に、気づいて欲しいことは、結局イヤホン・ヘッドホンは同時に1個しかつけれないということ。 なので大事なのは、コレだ!という機種を1個買うこと。 大葉せんせいもいろんなイヤホン・ヘッドホンを試してきたんですけど、正直正解にたどり着いたなーという気がしています。 友達のブログを読んで買ってみたんですけど、めちゃくちゃ良いんですよね。 何時間着けていても疲れないし、ノイズキャンセリングがついているので、電車通勤のストレスも激減。 もう他のヘッドホンは、いらないなーと。 しかし、しかし、ただ1つのデメリットは、暑いこと…夏はちょっとイヤホンの方が良いかもなーと思っているところに、ソニーが新型のノイズキャンセリングのイヤホンを発売しちゃったんですよね。 なので、 を買いました。 確かにめちゃくちゃ良いイヤホンです。 しかしやっぱり、AppleのAirpods proは偉大でした。 結局Airpods proに落ち着いた大葉せんせいでした。

次の

【沼にハマって】NHK再放送や見逃し配信動画はある?

沼にハマって聞いてみた

ダンスレクチャー「ヨウカ・ラン」• 特技紹介「トアのスライム作り」• 特技紹介「モモカの変顔」• おはスタ楽屋での過ごし方:• フェイスローラー• 朝ごはん• 発声練習(何人かいうて言うてへん人いる)高橋さんツッコミ• ファンの上げた動画を見てる発言• 「チュワパネ! ファントミラージュ! にゲスト出演• おはスタ・おはスタイベントでおはガールと共演 2019年4月からおはスタで共演してる間柄。 曜日レギュラーが同じ鶴屋美咲から、DVDを見せられてハマったとのこと。 ファン歴は1年経ってませんが、一気にハマったようです。 歴の長さでいえば、ミラちゅーからフウカ推しのハライチ岩井さん。 イベントや番組で共演した中川翔子さんの方が上なんですが、本当にハマってる様子でした。 魅力の1位は、「ダンス」! 驚きのダンススキル披露。 さらにダンス講座も!• ハマったさん家族や中学生のお宅を直撃! 手作り衣装や完コピ動画など、その驚異のハマったぶりとは?• 特技もいろいろ! 誰でもできる「スライム作り」を完全伝授!?•

次の