チョコレート ファイター。 映画『チョコレート・ファイター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

「チョコレート・ファイター」: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法

チョコレート ファイター

チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:承 ジンは安全な環境で、一人で子供を産み育てようと決意します。 やがてジンは無事に女の子の赤ん坊を出産、「ゼン」と名付けますが、赤ん坊は生まれつき脳の発達障害を患っていました。 我が子の行く末を案じるジンでしたが、ゼンには知らず知らずのうちに、自分の目で見た様々な格闘術を一瞬で習得できる能力と驚異の身体能力を身につけていました。 ゼンは近所のジムでムエタイの練習光景を眺め、テレビでカンフー映画を観ながら成長していきました。 チョコレート・ファイターのネタバレあらすじ:転 そして現在。 ゼン(ジージャー・ヤーニン)は美しい女性に成長していました。 しかしある日、母ジンが病に倒れ、白血病と診断されてしまいます。 ゼンは母の高額な治療費を稼ぐため、幼馴染みのムン(タポン・ポップワンディー)と共に路上パフォーマンスを行い小銭を稼ごうとします。 しかし、それでも金が足りないゼンは、かつて母がマフィア時代に金を貸していた相手から借金の取り立てを強行していきます。 しかし、彼女の行動は、街を仕切るナンバー8の知るところとなってしまったのです。 チョコレート・ファイターの結末 ナンバー8からの脅迫されたジンは、日本にいるマサシに手紙を書いて助けを求めようとしますが、それすらもナンバー8の知るところとなってしまいます。 ナンバー8の一味はムンを拉致し、ジンとゼンをおびき出そうと画策します。 ゼンはムンを助け出すためナンバー8のアジトに乗り込み、その類まれなる格闘能力で次々と一味の手下たちを倒していきます。 そしてマサシも日本から駆け付け、ジンとゼンのために刀を抜いて立ち向かいます。 しかし、激しい死闘の末にマサシを庇ったジンは殺されてしまい、マサシも重傷を負ってしまいます。 怒りを爆発させたゼンはナンバー8との激闘に挑み、屋上まで追いつめた末に打ち破ります。 数日後、ゼンとマサシは、ジンを失った哀しみを抱えながら、共に海沿いを歩いていました。

次の

楽天ブックス: チョコレート・ファイター

チョコレート ファイター

来歴 [ ] 幼い頃は体が弱く、体力をつけるために11歳でを習い始める。 12歳で黒帯を取得、14歳でインストラクターになる。 1996年のバンコク・ユース・テコンドー大会では金メダルに輝き、翌97年には国家が育成するテコンドー強化選手にも選ばれている。 高校3年生の時、監督のアクション映画『』のオーディションを受ける。 そこで同映画のプロデューサーを担当していたに見い出され、彼の監督作品である『』の主役に抜擢された。 『チョコレート・ファイター』の撮影に至るまでの4年間はみっちりと基礎トレーニングを積み、更に撮影には2年ほどの歳月がかかっている。 2010年に主演第3作目『』、2011年には助演の『』を撮影した。 日本では、2010年12月14日にNHK-BS1の『』というドキュメンタリー番組で、ジージャーを取材した「闘え! ジージャー ~タイのアクション女優~」が放送された。 このドキュメンタリーでは、撮影中だった『チョコレート・ガール バッド・アス!! 』での様子を見ることが出来る。 『チョコレート・ファイター2』は、2011年4月から日本ロケの予定であったが、東日本大震災の影響などで撮影延期となった。 中止の正式な発表はないが、今のところ、制作に関する話は全く出ていない。 2012年、『』の撮影終了。 8月29日にRCAのアートハウスシアター Houseで夫と共に会見を開き、結婚と妊娠を公表した。 2013年1月21日、バムルンラート病院で男児を出産。 夏、サハモンコンフィルムとの契約を継続しなかったことを発表。 さらに、新作の準備に入ることも発表した。 7月、春に契約したAsia United Entertainment Limitedとの契約を破棄したことを発表し、フリーランスで仕事を受けることを発表。 9月、FacebookとTwitterにオフィシャルアカウントを作成して、情報発信を開始。 これを機に、芸名のアルファベット表記をJeeja Yaninと改めている。 2015年、海外進出作品となる『』『』の撮影に参加。 この2本は2016年に放送された。 そして同年には、HBO Asia制作の「Half Worlds season2」を撮影。 2017年夏、離婚を発表。 同年、テレビドラマ「Diamond Eyes 2」を撮影。 人物 [ ]• 生まれ:1984年3月31日、のドクター・パンヤ・ホスピタル Dr. Panya General Hospital で生まれる。 学歴:カセン・バンディット大学(Kasem Bundit University)映画・デジタル学部 Department of Film And Digital 卒業• 宗教信仰:• 身長:162cm• 趣味:映画鑑賞、読書、音楽鑑賞、眠ること• 好きなスポーツ:、、• 好きな男優:、• 好きな女優:• 好きな映画のジャンル:ロマンティック・コメディー、アクション• 好きな映画:『』 1995 、『』 1972 、『』 2005• 2009年3月13日2009オープニング上映• 2010年3月11日、14日2010上映 映画祭での邦題『ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく Raging Phoenix 』• 2013年1月 ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開• 2012年5月25日「チョコレート・バトラー The KICK」のタイトルでDVD発売• 2018年 原題:欧洲攻略 Europe Raiders ・・・2019年9月3日ソフト発売、11月23日より開催の<のむコレ3>にて上映。 2019年 原題:TRIPLE THREAT ・・・ 2019年9月6日公開 テレビ [ ]• 2017年 Half World2 HBO Asia製作• 2018年 モンキーファイト Netflixオリジナルドラマ MV [ ]•

次の

「チョコレート・ファイター」: お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法

チョコレート ファイター

C 2008 sahamongkolfilm international all rights reserved. designed by pun international 「チョコレート・ファイター」アクション映画史上に一時代を画する傑作 この全身、生傷だらけの美少女が、肉体を極限まで駆使して闘うムエタイ・アクション・ムービーは、その独特の悪夢めいた感触において永く記憶されよう。 映画は、日本のヤクザ、マサシ(阿部寛)の「私は傷のあるものに興味を持つ少年だった」という謎めいたナレーションで始まる。 マサシはタイ・マフィアとの抗争中に、眉に傷のあるボスの情婦ジンと恋に落ちる。 ボスの報復を恐れたジンは、マサシを帰国させ、秘かに女の子を出産する。 生まれつき脳に欠損を抱えた少女ゼン(ジージャー)は、成長するにつれ、常軌を逸した身体能力を発揮し始める。 ゼンが白血病で倒れた母親の治療費を稼ぐため、母がかつて金を貸していた奴等を相手に、取り立てに奔走する設定が泣かせる。 自閉症の少女が不条理と悪意に満ちた世界と対峙し、克服するための唯一の武器は、その一見、か細い肉体だけなのだ。 製氷工場では氷塊の破片が飛び散り、精肉工場では肉切り包丁が乱れ飛ぶ。 闘いが過酷さを増し、彼女の身体に無数に刻まれた傷跡が、あたかも聖痕のように神秘的な輝きすら帯びてくるのがすばらしい。 「キル・ビル」の青葉屋を彷彿させる日本間での身障者ファイターとの決闘などは、まるでグロテスクな舞踏を見ているようだ。 タランティーノのキッチュ趣味を凌駕し、ここでは、悲壮美に満ちた夢魔の世界に一挙に踏み込んでいる。 さらに飲み屋街の壁伝いに延々と続くボスとの死闘に到ると、もはや、茫然自失してしまう。 アクション映画史上に一時代を画する傑作の誕生だ。 (高崎俊夫) (外部リンク) 2009年5月21日 更新.

次の