寝 て も 寝 て も 眠い スピリチュアル。 寝ても寝てもやたら異常に眠い…スピリチュアル的に人生の転機サイン?

「寝ても寝ても眠い」症状にはどう対処すべき?ストレスや貧血が原因なのか

寝 て も 寝 て も 眠い スピリチュアル

春先にとても眠くなることを「春眠暁を覚えず」などと言いますが、この眠気、多くの人が経験していることかと思います。 春の暖かな陽気に誘われて、ついついウトウトとしてしまいますね。 しかし、春に限らず、ふとした時に激しい睡魔に襲われることはありませんか? どうにかして睡魔の誘惑に負けないようコーヒーを飲んでみたり、ミントタブレットを食べてみたりすることもあるかと思います。 しかし、どのようにしても眠くて眠くて・・・という時は、もしかしたらスピリチュアルな世界の何かが、あなたを眠りの淵へと誘っているのかもしれません。 今回は異常に眠い時に、どんなスピリチュアル的な理由があるのかということをお伝えしたいと思います。 あなたのその眠気、ただの睡眠不足ではないかもしれませんよ。 大きな荷物を持ち上げる時、あなたは腕や足にグッと力を入れますよね?そのように、何か自分にとって大きなことと対峙する時というのは、その物事に見合う大きな力を、自分自身に蓄えなければなりません。 先の例のような時には、荷物の大きさや重さを、自分の目や身体を使って、事前に確認することが出来ますよね。 日常においての仕事などに関しても、自分の力量に合ったプロジェクトなのかを自分で大体計ることができますし、家事などもその他の予定と計算して、仕上がる目安がつくかと思います。 では、そのような大きな負荷のかかる可能性のある出来事が、魂の成長においても起こるとしたらどうでしょうか。 人生において、何か大きな出来事が起こるとしたら・・・それがこの先の転機になるとしたら・・・その出来事に対応できる大きな力を蓄えなければならないと思いませんか? 魂の成長とは、自分の意志や想像を遥かに超えて起こることが沢山あります。 その魂の成長の為に、魂の力を蓄えるという行動が、強い眠気として現れることがとても多いのです。 そう考えると、新生活を迎えることが多い春は、人生の大きな転機となる場合でもあると考えられますね。 異常な眠気に襲われるのは、麗らかな陽気のせいだけではないかもしれません。 人生の転機を迎えるということは、人生において大きなイベントが一旦終わったようなものです。 大きな力を蓄えて、大きな人生の波をしっかり乗り越えたて、その蓄えた力はすっかり使い切った後と言うことになります。 宇宙の計らいには無駄がないので、余分な力を蓄えさせるようなことはありません。 つまり、転機を迎えた後は、エネルギーが空っぽに近い状態である可能性が高いということです。 人生の転機ですから、精神的に大きな変化がありますし、そのことによって、生活の大きな変化も伴うことが多くあります。 慣れないことと言うのは、心身ともに疲れやすいですから、身体を休める為にも、心を休める為にも睡眠が必要になってくるということです。 睡眠によってしっかりエネルギーチャージをして、生まれ変わった自分を大いに楽しみたいですね。 内観をする為や、大いなる存在からのメッセージを受け取るために瞑想が有効であることは、多くの人が知っていることと思います。 瞑想がなぜそういったことを聞き取るのに有効かと言うと、自分自身の心の声や高次元の存在からのメッセージはとても声が小さく、顕在意識が働いている時には聞き取ることが難しいからです。 普段私たちは顕在意識が働いていて、色々な物事を考えていますし、外界からの様々な刺激にさらされています。 そのような状態では、その小さな声を聞き取りにくいということなのです。 瞑想で目標とする「無」という状態は、そういった自分の心の声や、高次元の存在の心の声が聞き取りやすくなりますが、全ての人が瞑想をするわけではありません。 瞑想をしない人が、どのようにすれば顕在意識を手放すことができるかと言うと、それが「寝る」という行動なのです。 睡眠中は顕在意識が働かなくなり、スピリチュアルメッセージを受け取りやすくなります。 そのメッセージは「夢」という形で現れることもありますし、目覚めてから急に閃くといったことでも現れることがあります。 「ただの夢だし・・・。 」「思いつきなんて・・・。 」と言わずに、夢日記をつけてみたり、思い付きを実行してみると何か変化が起こるかもしれませんよ。 「生霊」という言葉をきいたころがありますか? どこかオカルトな雰囲気のする言葉で、少し怖いと思う人も居るかもしれませんね。 生霊とは、現在生存している人間から生み出される念エネルギーの塊のことで、つまり、生霊を作り出している人自身のエネルギーの分身ということになります。 生霊を生み出す為に自身のエネルギーが増えるのではなく、元々持っているエネルギーの一部を使っていると考えるとわかりやすいかもしれません。 人の想念というものには様々なものがありますが、先にお伝えしたような念エネルギーとは、とにかく強い想いや強い執着を指しています。 例えば、生霊を飛ばす相手に対して「支配して、自分の思い通りにコントロールしたい!」と思うような欲求や、ストーカー等が持っている自分勝手で一方的な好意や恋愛の感情や、相手に対する強い恨みや憎しみの感情、責任転嫁とも取れる自分勝手な被害者意識や強い怒り、相手に対する強い執着心や一方的な嫉妬などです。 これらの感情は過剰なほどのエネルギーを持っている上に、とても自分勝手で相手のことなど一切考えていません。 このような感情が生み出すネガティブなエネルギーの塊のことを生霊と言うのです。 生霊を相手に飛ばしている時は、生霊を飛ばしている対象のことを意識的にも無意識的にもずっと考えてしまっているということなので、「心ここにあらず」といった状態になってしまいます。 そうなってしまうと、仕事や学校や家事などのやるべきことが手につかなくなってしまい、色々な場面で支障が出てきます。 更に、自分のエネルギーの一部を切り取って相手に飛ばしているのですから、様々な面で弱っていきます。 自分の身体が自分のエネルギーで満たされていない時というのは、外界のネガティブエネルギーが入りやすい状態でもありますので、状態が酷い場合には命の危険もあるのです。 そんな状態なので心身共にとても疲れやすいので、四六時中睡魔に襲われている・・・といったことになりかねません。 どうにも眠すぎて身体の調子がおかしいと感じる時は、自分の状態がどういったものであるか、今一度振り返る時間を作ってみてください。 宇宙に存在する物質には全て固有の周波数があります。 その周波数は物も植物も動物も、もちろん人間にも、それぞれの異なる周波数があります。 周波数があるということは、人間を含む全てのものは振動していて、それは波動とも呼ばれます。 スピリチュアルの世界では、よく「あの人は波動が高い(もしくは低い)」などという会話を耳にしたことがある人が居るかもしれませんが、その会話はつまり、あの人の振動数は高い(低い)ということを指しているわけです。 そして、自然界では、違う周波数(振動数)にあるものが共振や共鳴をするために、同じ周波数を得ようとする法則があります。 そのため、似たような波動をもつ人と一緒に居る時には、自分の波動を変える必要が無いので比較的楽な気分で過ごすことができます。 しかし、自分よりも高い波動の人や低い波動の人と時間を共にする時には、エネルギーレベルでの共振を試みる為、疲れが生じます。 これは、対人の場面だけではなく、空間であっても同じことが起こるため、ネガティブエネルギーに満ちた場所や、逆に高い波動を持つ神社などのパワースポットに出向いた時にも、同じように疲れを感じることがあるかもしれません。 精神的にも肉体的にも疲れを感じる為、自分よりも高い波動や低い波動に触れた時には心身ともに休める為に睡魔に襲われることがあります。 また、ヒーリングなどを受けて非常に眠くなったり、眠気を感じるのと同時くらいに気付いたら眠っていた・・・なんて経験のある方は、ヒーリングによって非常に高い波動に触れた可能性があります。 その場合の眠気は、先にお伝えした疲労の為もありますが、ヒーリングの際にエネルギーレベルで受け取った、高次元からの情報を整理するために眠くなるという場合もあります。 眠っている間と言うのは、顕在意識が働かないのでスピリチュアルメッセージを受け取りやすくなるということは、先にお伝えした通りです。 それはつまり、眠っているは、高次元の存在からのサポートが受け取りやすくなっているということです。 この3次元で生きている時には、多少の疲れを感じていても、仕事や学校があるために少し無理をしなくてはならない場面も出てきますよね。 顕在意識の自分としては、疲れは自覚していても、「まだ大丈夫だ」と思って、多少は無理をしていても頑張ろうとしてしまいます。 しかし、それが後々に命に関わるような疲労になったり、無理をしすぎている時には、高次元の存在からストップがかかることがあります。 高次元の存在が、すぐに癒しのエネルギーを送るために、睡眠中にサポートをしてくれようとするのです。 眠気を感じた時にはあまり無理をせず、しっかりと睡眠を取り、愛のエネルギーを受け取るようにしてくださいね。

次の

寝ても寝ても眠い時は運気の変わり目?運命の人が現れる前兆かも!?

寝 て も 寝 て も 眠い スピリチュアル

眠気やだるいと感じる時のスピリチュアル的な意味やメッセージとは 寝ても寝ても眠い時など強烈な眠気やだるさが訴えかけてくれてい事は、「 これから、あなたにとってとても大きな変化が訪れます。 それに備えて、心も体も充分な休息が必要となるため、体と心を休ませようとしている」のです。 そのため、強烈な眠気やだるさといった信号で、あなたに伝えています。 なので、これから起こる大きな変化に備えて、今は素直に休息をとっておいたほうがいいでしょう。 体も心も、これから起こる大きな変化にまっすぐ飛び込むための栄養補給を必要としている時なのです。 ここで充分に栄養補給を終えたあなたは、これから起こる大きな変化だって乗り越えていけるのです。 「先生に縁結びをお願いしてから彼の態度が驚くほど変わった」と評判の智鈴先生をご存知ですか? ただ願うだけでなく具体的なアドバイスもくれる、今話題の智鈴先生は、電話占いマディアに所属しています。 「 相手の気持ちが離れてきてる…」と感じたら、すぐにでも頼ってみてください! 今なら初回3000円分が無料なのでも可能です。 体と心が疲れきっている 寝ても寝ても眠いなど強烈な眠気やだるいと感じる時は、体と心を酷使し続けた結果、もうこれ以上動けないほどに疲れ切ってしまっている時でもあります。 自分を奮い立たせて、無理をしていませんか? 自分の心や体が疲れているのを本当は知っているのに、見ないフリをして、知らないフリをして、走り続けていませんか? 前を見て、まっすぐ進み続ける事は大切です。 しかし、今は体も心ももう疲れ切ってしまっている時なので、少し休んでほしいと魂があなたに信号を送っています。 走り続ける努力も必要ですが、時には休む事も必要なのです。 自分の心と体をしっかりと休ませてあげる事も、目標を達成するためには必要な事なのです。 それを忘れないで欲しいと魂があなたにメッセージを送り続けています。 まとめ 眠気やだるいと感じる時のスピリチュアル的なメッセージは 『心も体もしっかりと休ませてあげる事も、あなたの人生において必要なタスクである事を決して忘れないでください。 そして、この眠気やだるさは、体を癒すだけでなく、栄養補給としてのタスクでもあります。 それは、これから起こる大きな変化に向けての栄養補給でもあります。 心と体に充分な休みを与えてほしいと魂があなたに訴えかけているのです』と教えてくれています。 心も体も、もうくたくたに疲れ切っているようです。 目標や夢に向かって、必死に走る事も大切ですが、時には休む事も必要な事なのです。 それを忘れかけて、必死に走り続けているあなたを心配して、魂がこのような形であなたにサインを送ってくれているのです。 なので、そのサインに従って今はしっかりと休み、心と体をしっかりと癒してあげましょう。 そして、この休息はただの休憩ではなく、これから起こる大きな変化に備えてのものである可能性もあります。 これから起こる大きな変化に備えた、栄養補給の時間でもあるので充分に休み、これから起こる様々な事に立ち向かっていってください。

次の

寝ても寝ても眠い女性必見!異常に眠い時のスピリチュアルサインを読み取り幸運をつかみ取る方法

寝 て も 寝 て も 眠い スピリチュアル

私のここ数年の最大の悩み。 それは寝ても寝ても眠いということです。 疲れがひどいから早く寝ても、翌朝にスッキリ起きれることはありません。 日中はいつもボーっとした眠気とともにあります。 何をするにも活動的にはなれず、仕事にも支障をきたすほどまでになってきたので、こうした症状の原因や対処方法について調べています。 最近は対策の効果が出てきて少しずつ日中の眠気が減少してきていますが、まだまだ絶好調とは言えません。 「毎朝スッキリ起きれて日中も元気に活動したい!」 この思いを持ち続けて、万全の体調になるまで日々改善を続けていくつもりです。 これまでの対処方法や新しく知ったことなどをまとめてみましたので、私と同じようにいくら寝ても眠いという症状でお悩みの方の参考になれば嬉しいです。 もくじ• 寝ても寝ても眠い症状の対処はどうするべきか いつも眠気や疲れを感じている場合、病気が原因であれば病院での治療をするのが一番でしょうけれど、特にこれといった病気は見つからない場合は、まずは睡眠の質を上げることを考えるべきでしょう。 そもそもたくさん寝ても眠いという症状は、睡眠中に疲れが取れていないことが最大の原因だからです。 安眠を妨げる要因(明るい部屋、寝る直前までのスマホ操作など)を除去し、快適な寝具で寝るだけでも変わってきます。 そして、体の巡りを良くすることも大切です。 血やリンパの流れが滞っていると、疲労物質が排出されずに滞留してしまいます。 肩や首の凝りを感じている方は、凝りをほぐすために入念にストレッチしてから寝るだけでも睡眠の質は向上します。 そのほかにも寝ても寝ても眠い状態を引き起こす原因はあるので、思い当たる点はないか確認してみることをおすすめします。 スポンサーリンク 寝ても寝ても眠い原因は? 安眠を妨げる要因や体の凝りや血の巡りの停滞がもたらす影響について書きました。 こうした要素以外にもいくつか考えられる原因があるので、以下にまとめます。 ストレス ストレスは筋肉の硬直や血の巡りを妨げる原因になります。 そもそもストレスは外敵との戦闘時に備えるモードで、傷ついた時にも出血の量を減らすような働きをするわけですから、睡眠による疲労回復には必要のないものと言えます。 入眠に際してもストレスは阻害要因となるので、ストレスを解消する手段を見つけておくことも疲労回復には欠かせない要素となってきます。 貧血 貧血は赤血球が通常よりも少ないことを指しますが、赤血球が少ないということは筋肉への酸素の供給が少なくなるため、疲れやすくなったり凝りの原因になります。 こうしたことから寝ても疲労感が取れない原因になることもあります。 生理前・生理中 この期間の女性の体は、妊娠しやすい体になるようにホルモンの働きが作用して体温が上昇するなどの影響があります。 その影響で夜間の眠りが浅くなったり日中の眠気やぼーっとした感じになりやすくなってしまいます。 寝ても寝ても眠いことと運気の関係性は? スピリチュアルの世界では、眠気が強い時は大きな変換期にあると言われています。 眠っている間に魂の世界に行って作戦会議をしているそうなのです。 なので、眠たいということはその作戦会議のための時間が必要であるため、体の機能として眠るように促されているのだそうです。 私は専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、スピリチュアルの本を読むとこういった趣旨のことが書かれていることが多いです。 そうした理由であれば、眠たい時にはたくさん寝た方が作戦会議もしっかりとできて、運気などにも影響が出てくるかもしれませんね。 私も最初はもしかしたら今はその時期なのかなと思っていましたが、そんな状態が続くとさすがに違った原因も考えた方が良いですが、こうした見方もあるというのは覚えておいて損はないと思います。

次の