男の裸。 裸で日光浴した高齢女性に「服を着ろ!」隣人の男が射殺(米)

『いま裸にしたい男たち』シリーズ

男の裸

『いま裸にしたい男たち』• 『金城武~27歳 南極、潜心』2001(平成13)年 2月19日• 『トータス松本~34歳のラブソング』2001(平成13)年 2月20日• 『渡部篤郎~32歳 冷ややかな熱情』2001(平成13)年 2月21日• 『辻仁成~41歳 2つの顔を持つ男』2001(平成13)年 2月22日• 『藤原竜也~18歳 何やってんだろ、俺』2001(平成13)年 2月23日• 『三谷幸喜~40歳 究極のコメディー』2001(平成13)年 12月24日• 『椎名桔平~37歳 走る 悶える 演じる』2001(平成13)年 12月25日• 『Gackt(ガクト)~僕の破片が見えますか』2001(平成13)年 12月26日• 『野村萬斎~35歳 飄々と現代に舞う』2001(平成13)年 12月27日• 『DA PUMP~ワッターヌ ウムイ』2002(平成14)年 9月17日• 『佐藤琢磨~25歳 誰よりも前へ』2002(平成14)年 9月18日• 『YOSHIKI~沈黙の5年 そして復活』2003(平成15)年 2月10日• 『藤木直人~30歳 次なる高みに向けて』2003(平成15)年 2月11日• 『宮迫博之~32歳 笑われなくなった日』2003(平成15)年 2月12日• 『オダギリジョー~アートする魂』2003(平成15)年 11月12日• 『デビッド・ベッカム』2003(平成15)年 11月13日• 『松尾スズキ・41歳~ラブ・フォー・オール』 2004(平成16)年 9月16日 『裸にしたい男』• 『佐藤健』2012(平成24)年 3月31日• 『玉木宏』2012(平成24)年 4月14日、4月21日• 『高良健吾』2012(平成24)年 6月23日、6月30日• 『竹野内豊』2012(平成24)年 10月6日、10月7日• 『EXILE ATSUSHI』2012(平成24)年 10月14日、10月21日• 『綾野剛』2012(平成24)年 11月27日、11月28日• 『大沢たかお』2012(平成24)年 12月30日• 『長谷川博己』2013(平成25)年 1月9日、1月16日•

次の

裸で日光浴した高齢女性に「服を着ろ!」隣人の男が射殺(米)

男の裸

どこの国でも近所付き合いによるトラブルは絶えないようだが、このほどアメリカで71歳の女性が隣人の男に射殺されるという事件が起きた。 男は以前から女性が裸で日光浴をしていたことに腹を立てていたという。 『Metro』『Las Vegas Sun』などが伝えている。 先月26日の午後10時3分頃、米ネバダ州クラーク郡ラスベガスのある住民から隣人を殺害したと警察に通報があった。 警察官が現場に駆けつけると、裏庭でミルドレッド・オリーヴォさん(Mildred Olivo、71)とその友人であるティモシー・ダーネル・ハンソンさん(Timothy Darnell Hanson、54)の遺体が発見された。 2人を殺害したのは、自ら警察に通報したミルドレッドさんの隣に住むアンドリュー・マーティン・コート(Andrew Martin Cote、36)だった。 彼は妻や3人の子供と暮らしていたが、過去10年にわたってミルドレッドさんと確執があり、これまでにも7回ほど警察を呼ぶ事態が起きていたという。 近隣住民の証言によると、ミルドレッドさんは日頃から自宅の裏庭にあるホットタブに入浴して裸で日光浴を楽しんでいたようだ。 しかしミルドレッドさんとアンドリューの家を隔てている塀が低く、彼女の裸体がアンドリューの家族の目に入る状態だった。 そのためアンドリューは、普段から「服を着ろ!」と怒鳴り声をあげていたそうだ。 他にもミルドレッドさんは自宅に人を呼んではパーティーを開いて度々騒音を立てるため、アンドリューの怒りを買っていた。 このアンドリューの苦情に対してミルドレッドさんは「所有地内での行動に対して干渉しないように」と怒鳴り返しており、.

次の

裸祭り

男の裸

冒頭でご紹介した通り、 カリギュラ効果とは、禁止されればされるほど、余計に禁止された行為をしてみたくなる心理のこと。 例えば、アダルトビデオを鑑賞した際に「モザイク」を入れて一部を見えなくすることで、その部分を想像して興奮してしまいますよね。 この人間心理に基づき「カリギュラ効果」は、興味を煽る手法として使われています。 また、雑誌の袋とじやヌード写真等も微妙に隠すことで男性の性的興奮を刺激し「どんな写真が載っているのか?」という想像力を掻き立て、購買心を上手に煽るのです。 さらに、今回ご紹介するタイトル「女の裸」というワードに惹かれてしまう心理も同様と言えるでしょう。 これは、心理的リアクタンスという心理が働くため。 人間は本来、自由を欲する存在であり、その自由を妨害・侵害・抑制されると反対に欲を掻き立たせられ、欲してしまう生き物なのです。 「カリギュラ効果」は反発心を生み、欲求を掻き立てる 私たち人間は、子供の頃から、人様の前で裸を露出することは恥ずかしいこと、モラルに反する行為として固く禁じられてきました。 また「18歳未満禁止」ということを理由に、アダルトビデオや成人映画は見させてもらえませんでしたよね。 特にティーンエイジャーと呼ばれる中高生の頃は、反発心と性的欲求が重なる時期のため、他人にダメ・NG・禁止と注意を受けるほど、余計に見てみたいという衝動に掻き立てられてしまうもの。 男の子であれば、親に内緒でヌード写真を見て興奮した経験がある方も多いことでしょう。 これも結局は「心理的リアクタンス」が働き、禁止する行為が反対に相手の興味を煽り、見たい欲求を掻き立ててしまうのです。 「カリギュラ効果」によって男性の性欲が高まる理由 今度は話を戻して、女性の裸を見ることを禁止する行為が、本当に見たい欲求を刺激し性欲を高めるのかについて考察してみましょう。 もし街中で、上半身裸の女性が歩いていたら、おそらく多くの男性は目が釘付けになり、セクシャルな刺激を受けるはず。 また世の中には、衣服をほとんど身につけずに、裸同然の生活をしている人たちがいます。 そのような地域に暮らす女性の性器は、性器部分こそ隠すものの乳房や臀部は露出したまま。 そのような地域に暮らす男性が私たちと同じ思考であるならば、性的に興奮したままということになってしまいますが、 彼らの欲求が掻き立てられるようなことはありません。 また、医学書や医学の学術的なサイトでは、女性の性器や乳房の写真が掲載されている場合があります。 この写真を見ると、ドキッとこそしますが、ヌード写真ほど性的興奮には至りません。 それらの写真は元々クローズアップされ、モザイクもかかっていないため、 見え過ぎてしまうことが反対に刺激を無くし「カリギュラ効果」が働かないと推察されます。 ただし、「カリギュラ効果」でも女性の性欲は高まらない.

次の