動画 編集 仕事。 動画編集者の仕事に向いているのはどんな人?

YouTube動画編集の仕事を探す3つの方法!相場やメリット&デメリットなど!

動画 編集 仕事

私の勤める会社は間違いなくブラック。 そういった制作会社は多い。 1人にかなりの負担がかかるため、常に寝不足。 この職業・職種のここが良い クライアントの喜ぶ姿。 感謝のメール。 自分が撮影・編集した映像がテレビに流れる。 タレントと一緒に仕事ができる。 この職業・職種のここが悪い 出社したら最後。 帰れない。 ほぼ深夜から朝までコース。 残業手当は自分で考えて時間提出。 1週間の残業時間は月~日までで合計約50時間。 予定通りに帰れる日なんてない。 休みがない。 ・撮影現場で簡易的な編集作業があると、芸能人に会える。 稀に会話もできる。 ・作品によっては自らの感性を存分に発揮できる。 ・編集技術が上がると、ディレクターから信頼され、多くの指名客が付く。 ・作業中の飲食代はクライアント持ちなので、食費がかからない。 ・編集マンとしての名が売れてくると、スケジュールもある程度自分で調整できるし、フリーエディターとして独立することも可能。 この職業・職種のここが悪い ・スタジオは利益を優先するため、休みも取らせずに仕事を詰め込んでくる。 「もう無理です」と押し返す勇気が必要。 ・徹夜は基本で、2徹、3徹もあり得る。 てっぺん(深夜0時)に帰れたら良い方。 ・土日、祝日関係ないので、友人や家族とのスケジュールが合わない。 ・睡眠不足が常、徹夜が苦手な人は絶対に避けるべき仕事。 (私は睡眠薬、アッパー、ダウナーを服用し、身体はボロボロでした。 ) ・ノンリニア編集やアプリが普及した昨今、映像編集は一般の人でも簡単に行えるようになった。 今後はますます専門性が薄くなると考えられるため、将来性は不透明。 ・多くの編集マンが40代で引退し、スタジオ運営などへ配属される。 給料も概ね良い。 どでかいプロジェクトに関わって、やり遂げたときの達成感や他のスタッフとの仲間意識は何物にも代えがたいです。 スケジュールも自由に組め、一ヶ月単位で休みを取れたりします。 この職業・職種のここが悪い 労働時間はとてつもなく長いです。 朝も昼も、週末も祝日も全く関係ありません。 フリーで働くことの負の側面ですが、将来性は全くありません。 おそらく住宅ローンも組めません。 やはり若い人の方が感性や報酬の安さ、親しみやすさの点から好まれる業界のようなので、歳をとるにつれ仕事が少なくなっていくことが予測されます。 安定性、労働時間1点 局、制作会社や編集所によって給料の格差は激しい業界 同じ業種だからと言って会社を間違えると給料が安くコキ使われるだけとなる。 今はネット動画も需要がある中でプロの技術者が少ない。 いいディレクターの下で働けると、給料の低さや労働時間の長さは苦にならない。 目に見え、物として形になるので、達成感もある。 この職業・職種のここが悪い クライアントの理解のなさ。 クライアントは自分の要求がわかっていない。 しかし先方の言うことを鵜呑みにし、言われるがままに形にすると文句を言われる。 ディレクターと編集と意見交換が平等にできること、それをクライアントに適切に伝え理解してもらう努力ができない体制で働くと、ただの奴隷のように感じる。

次の

【 動画編集のお仕事 】YouTube編集代行は稼げる!?

動画 編集 仕事

私の勤める会社は間違いなくブラック。 そういった制作会社は多い。 1人にかなりの負担がかかるため、常に寝不足。 この職業・職種のここが良い クライアントの喜ぶ姿。 感謝のメール。 自分が撮影・編集した映像がテレビに流れる。 タレントと一緒に仕事ができる。 この職業・職種のここが悪い 出社したら最後。 帰れない。 ほぼ深夜から朝までコース。 残業手当は自分で考えて時間提出。 1週間の残業時間は月~日までで合計約50時間。 予定通りに帰れる日なんてない。 休みがない。 ・撮影現場で簡易的な編集作業があると、芸能人に会える。 稀に会話もできる。 ・作品によっては自らの感性を存分に発揮できる。 ・編集技術が上がると、ディレクターから信頼され、多くの指名客が付く。 ・作業中の飲食代はクライアント持ちなので、食費がかからない。 ・編集マンとしての名が売れてくると、スケジュールもある程度自分で調整できるし、フリーエディターとして独立することも可能。 この職業・職種のここが悪い ・スタジオは利益を優先するため、休みも取らせずに仕事を詰め込んでくる。 「もう無理です」と押し返す勇気が必要。 ・徹夜は基本で、2徹、3徹もあり得る。 てっぺん(深夜0時)に帰れたら良い方。 ・土日、祝日関係ないので、友人や家族とのスケジュールが合わない。 ・睡眠不足が常、徹夜が苦手な人は絶対に避けるべき仕事。 (私は睡眠薬、アッパー、ダウナーを服用し、身体はボロボロでした。 ) ・ノンリニア編集やアプリが普及した昨今、映像編集は一般の人でも簡単に行えるようになった。 今後はますます専門性が薄くなると考えられるため、将来性は不透明。 ・多くの編集マンが40代で引退し、スタジオ運営などへ配属される。 給料も概ね良い。 どでかいプロジェクトに関わって、やり遂げたときの達成感や他のスタッフとの仲間意識は何物にも代えがたいです。 スケジュールも自由に組め、一ヶ月単位で休みを取れたりします。 この職業・職種のここが悪い 労働時間はとてつもなく長いです。 朝も昼も、週末も祝日も全く関係ありません。 フリーで働くことの負の側面ですが、将来性は全くありません。 おそらく住宅ローンも組めません。 やはり若い人の方が感性や報酬の安さ、親しみやすさの点から好まれる業界のようなので、歳をとるにつれ仕事が少なくなっていくことが予測されます。 安定性、労働時間1点 局、制作会社や編集所によって給料の格差は激しい業界 同じ業種だからと言って会社を間違えると給料が安くコキ使われるだけとなる。 今はネット動画も需要がある中でプロの技術者が少ない。 いいディレクターの下で働けると、給料の低さや労働時間の長さは苦にならない。 目に見え、物として形になるので、達成感もある。 この職業・職種のここが悪い クライアントの理解のなさ。 クライアントは自分の要求がわかっていない。 しかし先方の言うことを鵜呑みにし、言われるがままに形にすると文句を言われる。 ディレクターと編集と意見交換が平等にできること、それをクライアントに適切に伝え理解してもらう努力ができない体制で働くと、ただの奴隷のように感じる。

次の

動画作成・動画制作の仕事を探す

動画 編集 仕事

最初はクラウドソーシングサイトなどで実績を作り、ステップアップしていくのがオススメ。 SNSで仕事を探す この方法はあまり知らない方もいるかも知れませんが、 SNS(主にTwitter)で動画編集の仕事を発注している人は意外と多いです。 「動画編集 募集」というキーワードでTwitter検索を掛けてみて下さい。 SNS利用のメリットとしては、• 個人のYouTuberの案件が少ない• 在宅案件とは限らない Indeedなどの動画編集の求人は数は多いですが、 在宅、業務委託になると数が限られてしまう場合もあります。 また、本数単価ではなく時給制だったりもするので、自分の条件にピッタリのものがすぐに探せるわけではありません。 YouTube動画編集の給料&委託の相場は? 基本的に時給制ではなく 動画1本あたりの単価制になります。 YouTubeの場合は 1本あたり3000円~15000円が相場です。 とはいえ、正直言って 案件自体は1000円くらいから存在します。 全くの未経験の方が最低限の実績を積むという意味ではいいかもしれませんが、継続的に続けるのは現実的ではありませんので注意しましょう。 ちなみに私が初期に仕事を貰っていた時は、 単価制で1本5000円。 時給換算すると1000円程度でした。 仕事の内容にももちろんよりますが、簡単な作業で5000円だったりすれば当然時給換算では多くなります。 当時は割とこの編集に時間がかかっていたので割に合わないなあ・・・と思ってやめようとしたら、なんと言い値で単価を上げてくれました。 データを貰う• 編集作業• 修正作業• 納品 です。 データを貰う部分に関しては特筆すべきことがないので省略します。 一応グーグルドライブやギガファイル便を使って送受信することが多いですね。 YouTube動画編集の仕事内容 ここでは、動画編集とサムネイル作成の2つに分けましたが、 動画編集業務が全てと言っても過言ではないでしょう。 ただし、動画編集を外注するクライアントは皆 「作業を短縮したい」と思っているはずなので、サムネ作成も出来た方が良いことには違いありません。 YouTubeの動画編集作業 YouTuberさんや中間会社から送られてきた動画素材をソフトを使って編集していきます。 テロップのサイズや装飾をpx単位で指定されることもありますが、AviutlとPremireでは仕様が若干違ったりします。 この辺の細かい指定でソフトが違うと少々面倒なので Premiereが使えた方がいいなと感じました。 今まで動画を投稿したことがないクライアントの動画編集を担当することになると、結構自分の好きなように編集することができます。 色々自分で考えないといけなくなりますが、それはそれで楽しいもの。 個人的には指定が多いよりも、好きに編集して素材とか考える時間が楽しくて好きです。 YouTubeのサムネイル作成 YouTubeの動画にはそれぞれ サムネイルがありますよね。 YouTubeの標準機能でサムネイルを自動生成することもできるんですけど、普通は画像編集ソフトを使ってきちんとサムネイルを作ります。 再生するかどうかを決める動画の顔ですから、かなり重要です。 有名YouTuberはノートパソコン(主にMac book pro)で作業することが多いんですけど、これはイベントやロケによる移動が多く、 家にいる事が少ないからです。 ですから家から出ない人は ノートパソコンを買う必要はありません。 基本的にデスクトップPCの方がコスパがよく、書き出しが早くなるので これ からPCを買う方にはデスクトップPCがおすすめ。 動画編集というのはCPUのスペックがものを言う世界です。 YouTube動画の修正作業 勿論クライアントによるのですが、大体 動画を納品したあとには修正作業があります。 YouTube業界は特に結構こだわりを持っているクライアントさんが多くて、後から要望に合わせて細かな修正をすることが多々あります。 修正を重ねるほど時間もかかるので実質的な時給はどんどん下がっていきます。 「人による」ばっかりで申し訳ないですが、本当に、どんなクライアント(YouTuber)と巡り合うかが全てです。 所謂モンスタークライアントに出会うこともありますが、そんな時はこの記事を参考にしてみてください。 特に個人間でのお仕事はトラブルが起きやすいみたいですね。 YouTube動画編集代行の勤務時間 納期までに完成させたらそれでいいので、いつ編集するかは 自由です。 私の過去の例だと、カット業務込みの編集代行で1本あたり大体5時間以上はかかってました。 だから分けずに一気に編集を終わらせようとすると昼夜逆転とかしょっちゅう起こります。 昼夜逆転したり体調を崩すのも全部自分の問題なんで、きちんと自制が効く人は規則正しい生活をすることをお勧めします。 ちなみに今担当しているYouTuberさんの編集は カット済のもので大体3~5時間ですね。 おかげさまで、以前感じていたストレスが完全になくなりました。 YouTubeの編集代行に必要なスキル 編集ソフトの使い方や標準の 各エフェクトの使い方がある程度分かっていたら大丈夫だと思います。 分からないことはその都度ネットで検索すればいいんですけど、ソフトに慣れていない方は最初はしんどいし時間がかかるかも。 でも最初が1番しんどいのはどの仕事も同じだと思っているので、特に気苦労することはありません。 僕はこの仕事を始める前から趣味で動画編集をやっていたので、YouTubeの編集代行のために何かを新しく覚えることはあんまりありませんでした。 ソフトの移行時はちょっと苦労しましたけどね。 ショートカットが使いこなせたら強い 必須ではないけどあった方がいいのは ショートカットキーを使いこなすスキルですね。 ショートカットが使えるのとそうでないのでは編集速度がかなり変わると思います。 あくまで編集者側の意見ですが、編集速度は正義です。 速度が上がれば上がるほど余暇が生まれますからね。 環境設定から設定して好きなキーに割り当てるとワンタッチでカットできるようになります。 ツールを切り替える手間が省けるので作業が滅茶苦茶早くなります。 (Adobe Premiere Pro) YouTube動画編集の仕事のメリット やっぱり仕事って何かしらメリットがないと続けられないもんですよね。 YouTubeの編集代行には他の仕事にはない良さがたくさんあるので是非知っていただきたいです。 YouTuberの動画編集代行は楽しい仕事! 「動画編集しつつ動画を視聴している」という感覚になってくると結構楽しいものです。 好きなYouTuberさんの動画を編集しながらお金貰えたら最高じゃないですか? もし自分もYouTubeをやっている場合、 同業者の裏側を見ることができるので結構勉強になるかもしれませんね。 YouTube動画編集代行は自由な働き方ができる 移動時間なし、服装指定なし。 勿論遅刻なんてことは絶対に起こりません。 所謂 ノマドワーカーというやつです。 勿論納期は守らないといけませんけどね。 YouTuberに限らず動画編集全般において言えることですが、機材さえあれば場所を問わず働くことができるのが良いですね。 パソコンさえあればどうにかなるので、家だけじゃなく旅先や実家に帰った時でも編集することが出来るのはやはり魅力的なのではないでしょうか。 こういう面に魅力を感じる方はノートパソコンがあっても良いかも。 動画編集スキルを他でも活かせる YouTuberの動画編集に問われるスキルは実はそこまで高くはありません。 YouTuberの編集が難なくできるようになっている頃には、 他の映像系の仕事もある程度出来るようになっていると思います。 例えばメジャーどころだと、結婚式で流れる映像の制作とか。 クラウドソーシングサイトで案件を探すとよく見つかるやつですね。 僕のように、YouTuberの編集が嫌になったら他の業界に手を出してみるのもアリだと思います。 新たな発見があるかもしれません。 個人事業主の手続きが必要な場合もある 注意したいのは在宅の場合、雇用形態はアルバイトではなく 業務委託です。 一応分かりやすいように「編集バイト」と書きましたが、実のところアルバイトではないのです。 大体YouTuberの編集バイトは在宅だと思うので、ほとんどの場合 業務委託だと思います。 僕は半年くらい働いて気付きました。 笑 これをデメリットと言うかどうか少し迷ったのですが、バイトなら必要のない手続きや自分でお金の計算をしないといけなくなるのが少し大変だなと感じました。 納期に追われる いつ作業をしようが納期までに納品すればいいんですけど、逆に言えば 納期から逃れることはできません。 複数のクライアントと契約していると納期がかぶることがあるんですけど、そうなると中々キツイです。 学生だと作業できる時間が限られてくるので更にキツくなります。 なのであんまり欲張ってクライアントの数を増やし過ぎるも考え物です。 自分で管理できる範囲内で仕事をしましょう。 YouTubeの動画編集はオススメの仕事です! YouTuberの編集代行はどんなクライアントさんに当たるかで感想が大きく変わる業界だと思います。 なので一回目で変な人に当たって辞めたりすると勿体ない。 どんどん次に行っていい環境を探せるといいですね。 基本的には楽しいお仕事ですし、コスパよく稼げると思います! 興味がある方は、よかったら参考にしてみてください。

次の