讃岐 うどん レシピ。 手打ち讃岐うどん教室(讃岐うどんのだしの作り方)

うどんレシピ【さぬきうどんの亀城庵】

讃岐 うどん レシピ

【白だしを作る】 いりこが大きい場合は苦味が出ないように頭と内臓を取り除いておく。 小さければそのままで。 鍋に水といりこ、だし昆布を入れて1時間置いておく。 火にかけ、沸騰したらかつお節を入れる。 弱火にして15分ほど煮る。 火を止めて冷めたらキッチンペーパーでこす。 【かけ汁を作る】 5の白だしに淡口醤油、みりん、旨み調味料を加えて一煮たちさせる。 【麺を作る】• 【麺をゆでる】 大きい鍋に湯を沸かし、麺をパラパラとほぐしながら入れる。 最初だけくっつかないように箸でかき混ぜる。 8〜12分煮ると麺に透明感が出てくる。 ザルに上げて水洗いをし、打ち粉のぬめりを洗い落とす。 【あつあつ】 別に準備したお湯に麺をつけて温めなおす。 麺を湯切りし丼に盛る。 6の温かいかけ汁をかける。 (讃岐ではだしも麺も熱い状態のものを宮武式に「あつあつ」と呼びます。 【ひやあつ】 11で水洗いした麺を温めずにそのまま丼に入れる。 温かいかけ汁をかける。 (「ひやあつ」と呼びます。 だしは熱く麺は冷たいのでぬるいです。 うどんのコシがしっかり楽しめるので讃岐では人気の食べ方です。 【ひやひや】 11で水洗いした麺を温めずにそのまま丼に入れる。 冷たいかけ汁をかける。 (「ひやひや」と呼びます。 だしも麺も冷えた状態です。 暑い季節におすすめ。 上記の好みの方法で準備したうどんに具や薬味をトッピングする。

次の

レシピ、讃岐うどんの茹で方−【讃岐うどん】の通販、四国こんぴらさぬきうどんの小松屋麺BOX

讃岐 うどん レシピ

【白だしを作る】 いりこが大きい場合は苦味が出ないように頭と内臓を取り除いておく。 小さければそのままで。 鍋に水といりこ、だし昆布を入れて1時間置いておく。 火にかけ、沸騰したらかつお節を入れる。 弱火にして15分ほど煮る。 火を止めて冷めたらキッチンペーパーでこす。 【かけ汁を作る】 5の白だしに淡口醤油、みりん、旨み調味料を加えて一煮たちさせる。 【麺を作る】• 【麺をゆでる】 大きい鍋に湯を沸かし、麺をパラパラとほぐしながら入れる。 最初だけくっつかないように箸でかき混ぜる。 8〜12分煮ると麺に透明感が出てくる。 ザルに上げて水洗いをし、打ち粉のぬめりを洗い落とす。 【あつあつ】 別に準備したお湯に麺をつけて温めなおす。 麺を湯切りし丼に盛る。 6の温かいかけ汁をかける。 (讃岐ではだしも麺も熱い状態のものを宮武式に「あつあつ」と呼びます。 【ひやあつ】 11で水洗いした麺を温めずにそのまま丼に入れる。 温かいかけ汁をかける。 (「ひやあつ」と呼びます。 だしは熱く麺は冷たいのでぬるいです。 うどんのコシがしっかり楽しめるので讃岐では人気の食べ方です。 【ひやひや】 11で水洗いした麺を温めずにそのまま丼に入れる。 冷たいかけ汁をかける。 (「ひやひや」と呼びます。 だしも麺も冷えた状態です。 暑い季節におすすめ。 上記の好みの方法で準備したうどんに具や薬味をトッピングする。

次の

(選定料理)讃岐うどんのレシピ(88屋)|香川県の郷土料理|家庭で味わう郷土料理

讃岐 うどん レシピ

美味しいうどんのゆで方|ぶっかけ編 1.大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら冷凍うどんを入れる。 2.強めの中火で袋の表示どおりにゆで、麺がほぐれたらそっと混ぜ、 ひと煮立ちさせる(ふきこぼれそうになったら火を弱める)。 3.ざるにあげて冷水に取り、軽く洗う。 4.再びざるにあげて少しおき、水けをしっかりきる。 「うどん作りは、人を育てること」をモットーに、全国各地の店舗を訪問し麺の打ち方、茹で方、鮮度、のみならずうどん以外のメニューの調理指導や接客、マナーまでをチェック。 店舗スタッフ、新入社員へ厳しくもあたたかい技術指導、人材教育を行っている。 厳しい試験をパスした製麺マスターである「麺職人」の育成、認定にも力を注ぐなど、「理想のおいしいうどん」を追求、実現するため日々活動している。 讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺 株式会社トリドールホールディングス(東証一部上場)が運営するセルフ式讃岐うどんチェーン。 2000年の開業以来、うどんのクオリティに徹底的にこだわり、毎日、店舗ごとに製麺。 いつでも「打ちたて」「茹でたて」「作りたて」のうどんが食べられるだけでなく、個性的な限定メニューをはじめとした商品開発で、子どもから大人まで大人気に。 国内およそ800店舗、2011年、アメリカ・ハワイへの出店を皮切りに海外13の国・地域で200店舗以上を展開。 セルフ式讃岐うどん店としては店舗数、売上高ともに日本一を誇る。 撮影/豊田朋子 料理制作・フードコーディネート/ぬまたあづみ.

次の