鬼滅の刃うぶやしきかがや。 産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の声優情報!鬼滅の刃(アニメ)以外の出演アニメまとめ

産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや) 鬼滅の刃 コスプレ衣装 イベント 演出服 二次会 cosplay :HW110709T:コス屋

鬼滅の刃うぶやしきかがや

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】当主は産屋敷耀哉 うぶやしきかがや 現在の鬼殺隊のリーダーは、 産屋敷耀哉という青年です。 若くしてその地位にいるのは、 代々鬼を追う「産屋敷家」の当主がその任についているため。 同時に、産屋敷家の人間は代々同じ病気に蝕まれており30歳までに死んでしまうことが多いためです。 たしかに産屋敷耀哉も、そんな猛者たちのトップとは到底思えない風貌… 彼の武器は腕っぷしではなく、 その声なのです。 が、現在は敵との相打ちを狙った 自爆により死亡しています…。 享年23歳でした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蟲柱 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ) それではここから、「柱」のメンバーをひとりひとり紹介していきましょう! 「それ(容貌)だけでも食べていけそう」な美人であり、優し気な笑顔をいつもたたえています。 女性であるがゆえ非力で、「柱」メンバーであるにも関わらず、 彼女は鬼の頸を切ることができません。 では、鬼を倒せないかというと…? 胡蝶しのぶは医学に精通した「 毒使い」なんですね。 自ら精製した毒を刀に塗り、ほんのわずかな傷から鬼を毒で侵し殺します。 ある意味、一撃必殺の使い手ですね。 優しさと怒りの間に揺れる不思議かつ魅力的なキャラクターでしたが、姉の仇と狙っていた 「上弦の弐・童磨(どうま)」と交戦し、命を落とします。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】水柱 冨岡義勇 とみおかぎゆう) 水柱、水の呼吸の使い手。 水の呼吸(と炎の呼吸)はどの時代にも存在した、基本中の基本かつ最強の呼吸の柱です。 冨岡義勇の実力も非常に高く、冨岡義勇の間合いの中では、すべての術が無力化されます。 竈門兄妹とも深いかかわりがあり、 まだ明かされない部分も含めストーリー中の重要人物でしょう。 まだ若い10代で柱入りしたこともあり、今後も活躍が期待されるところです! …が、本人は鬼殺隊入隊のいきさつがどうも今でも引っかかっており、「 自分は鬼殺隊の柱である資格がない」と思い詰めているようで… 冷静沈着であまり感情を顔に出しませんが、次第にお茶目なところも見せてきているキャラクターです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】炎柱 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう) 炎柱・炎の呼吸の使い手です。 煉獄杏寿郎は 炎の呼吸を代々受け継いできた名門、煉獄家の子息です。 引き継がれた天賦の才に加え、誰にも言わず驕らずたゆまぬ修行を続ける努力家。 言うまでもありませんが、 剣の腕は超一流です。 その凄さは 「上弦の参・猗窩座(あかざ)」にも認められ驚かれたほど。 ひとことで言うと前向きで明るい性格なのですが、実は彼も重たい家族の問題に負けずに生きてきました。 生い立ちによって歪んでしまうキャラクターが多い中、本当に「強い」人間なんです。 よく配下の面倒を見る、アニキ的な性格でした。 残念なことに 猗窩座との戦いの後、死亡しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】音柱 宇髄天元 うずいてんげん) 音柱・音の呼吸の使い手です。 元は忍び(忍者)…というと、地味な隠密行動をとっているのでは?なんてことはなく、 じゃらじゃらとアクセサリーを付けた見た目はハデハデ、技も爆発音を伴う剣技で、忍びのイメージからはほど遠いのでした。 人間は長く「上弦」の鬼たちを倒せない時代が続いていましたが、宇髄天元が100年ぶりに「上弦の陸・妓夫太郎、堕妃兄妹」を倒す快挙を成し遂げました。 ここからいよいよ、人対鬼の死闘が本格化していくのです。 ただし、 宇髄天元自身も深手を負い、この傷が元で「柱」を引退しています。 そのため現在音柱は空位です。 「俺様」気質の男で、女好き、嫁が複数います(笑)。 それもうなずける、男気のあるいい男です。 柱を引退した現在は、 「くノ一」の嫁と後進の戦士を育て、鬼殺隊に貢献しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】恋柱 甘露寺蜜璃 かんろじみつり) 恋柱・恋の呼吸の使い手です。 恋の呼吸…?ってところなのですが、甘露寺蜜璃を見ているとなんだか理解できる気がします。 彼女の必殺技を見るとわかりやすいかもしれませんね、たとえば「 壱ノ型 初恋のわななき」。 初恋のわななきを全身に走らせるような…、「切り裂き技」です。 決して魔法的ではない超肉体派な戦い方をする彼女の得物は、鞭のようにしなる細身の剣。 その使用を可能にするのは、 常人の8倍もの筋密度を誇る彼女の「特異体質」です。 零れんばかりの巨乳、ファニーなピンク髪、バトルでは実力者。 そんな彼女のキャラクターは、とても明るくて素直、いつも泣いたり怒ったり非常に感情が豊かで見ていて飽きません。 実は意外にクールで物事の本質を見ているところも。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】岩柱 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい) 「岩柱」と呼ばれています。 岩の名に恥じない巨漢、どっしりとした構えの剣士が悲鳴嶼行冥です。 武器は両刃の斧のようなもので、恐らく日輪刀に類するものなのでしょうが、刀の形をしていません。 ただでさえ重い斧の柄からは鎖が伸び、棘付きの鉄球が付属しています。 これを取り扱えるだけでただものではありませんが、なんと悲鳴嶼行冥は 盲目の剣士でもあります。 失明していることは戦闘でも大きなハンデだと思いますが、それでも「鬼殺隊最強」がささやかれる強さを誇ります。 彼の光を失った双眸は何を見てどのような戦いをしているのでしょうか…。 大きな体を羽織りに包み、いつも念珠をたずさえ合掌し念仏を唱えています。 瞳孔のない白眼からは涙を流していることもあります。 その心は過去の悲劇により深い諦観に覆われており、いつも彼なりの「慈悲」の心で行動をしているようです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】霞柱 時透無一郎 ときとうむいちろう) 霞柱・風の呼吸から派生した 「霞の呼吸」の使い手です。 同時に時透無一郎は「日の呼吸」の使い手の末裔であるようで、 額に「痣」を発現することがあります。 まだその実力のすべては明かされていませんが、 どうやら同じく「痣」を発現する炭治郎となんらかの関係が疑われます。 刀を握ってたった2か月で「柱」入りしたという天才、同時に努力家でもあります。 外見はいたってふつうの少年で、長く伸ばした髪やぼんやりした瞳からは、そのような凄みは感じられません。 記憶を失っていたことがあり、性格的にも非常に忘れっぽく、突発的に関係ないことを話し出してしまうような不思議な少年でした。 鬼を滅するということに関しては非常に真摯で、直接的な物言いをするために誤解を受けることも。 記憶を取り戻し「痣」を発現したことにより、茫洋とした部分は影をひそめ、剣士として急成長をした感があります。 「上弦」の鬼との戦いで見せた無敵ぶりは、今後の鬼との戦いで無一郎が大きな役割を果たすことを期待させます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内 いぐろおばない) 「蛇柱」の二つ名を持つ剣士です。 「蛇の呼吸」の使い手ですがまだ戦闘時の実力が明かされておらず、謎の多い剣士です。 蛇の名の通りなんとなく陰湿でネチネチした雰囲気があるキャラクターです。 …がその実態はいまのところコミカルに描かれています。 口元を隠すように巻かれた包帯、片目を隠す長い前髪、もっさりしたおかっぱ頭… のくせに(失礼!) 「恋柱」甘露寺蜜璃(かんろじみつり)に惚れているらしく、ネチネチした行動・言動の中に嫉妬や恋心が描かれています。 なんだか相手にされていない感に、申し訳ありませんがニヤニヤしてしまいますよね。 性格的には非常にまっすぐで、強く鬼を憎悪している剣士です。 強くカッコイイ伊黒小芭内の活躍が、待ち遠しいですね。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】風柱 不死川実弥 しなずがわさねみ) 風柱・風の呼吸の剣士です。 風の呼吸は目にも止まらない素早さが身上で、「 全集中の呼吸」の基本の五呼吸のうちのひとつ。 不死川玄弥の実兄にあたり、 弟・玄弥と同じく鬼に家族を襲撃された事件がきっかけで、鬼殺隊を目指すことになります。 身体中傷だらけ、大きく開いた三白眼に逆立った髪、全身から殺気を漂わせる凶相です。 加えて、鬼に対して非常に容赦のない性格で、初登場時は鬼である禰豆子を殺そうとし、かばう炭治郎と悶着をおこしました。 というのも、 過去に鬼にされてしまった実母に襲われており、鬼というものはすべからく殺すものという考えを捨てきることができないのです。 下の兄弟たちを守るためやむなく母と戦い、その姿を玄弥に見られ「 人殺し」とののしられた過去を持ちます。 その後も兄弟の和解は無いようで、「 弟はいない」とまで発言しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】継子 つぐこ とは? 「継子」とは、 「柱」が直々に育成する後続の剣士のことです。 柱が自ら選び「継子」とすることを決め、育てます。 胡蝶しのぶ-栗花落カナヲは継子の関係であり、カナヲの鬼殺隊入隊の以前から、育成がはじまっていたことがわかっています。 そして 継子には「継」の字が入っていますが、「呼吸の能力を継ぐ」わけではないようです。 たとえば胡蝶しのぶは水の呼吸から遠く派生した「蟲」の呼吸の使い手ですが、継子の栗花落カナヲは「蟲」の呼吸を使っているのを見せていません。 また、悲鳴嶼行冥-不死川玄弥との関係のように、直接に修行を付けていても継子として育てているわけではない、という状態もあります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】柱の中で一番強いのは誰? ここまで九人の柱をご紹介させていただきましたが、一番の実力者と言えるのは誰でしょうか? それぞれのキャラクターの性格や戦い方に一長一短があるので一概に言えるものではありませんが、現状であれば 岩柱・悲鳴嶼行冥は確実に強いと言えるのではないでしょうか。 事実、単行本に収録されている「腕相撲ランキング」では、1位は悲鳴嶼行冥、2位は宇髄天元、3位は煉獄杏寿郎とされています。 が、強さというのはもちろん腕っぷしだけでは決まりませんし、成長により変動するもの。 死亡・引退したキャラクターは除くとして、 今後の伸びしろで「買い」なのは、やはり痣が発現したキャラクター、特に時透無一郎というのはどうでしょう。 物語上非常に重要な地位を占めるであろう 「日の呼吸」の使い手の末裔ですし、主人公炭治郎とのゆかりも深い。 今後ますますの活躍を期待できるのは!?と思います。

次の

【鬼滅の刃】産屋敷の5人の子ども名前は?跡取りは誰?|おさるの空飛ぶリンゴの見つけ方!

鬼滅の刃うぶやしきかがや

鬼殺隊を立ち上げた産屋敷家の97代目当主である。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨の打倒が産屋敷一族の宿願である。 産屋敷一族の人間は代々短命であり、若くして病で死亡している。 耀哉も病に侵されており、その影響で顔の半分が焼けただれたように変貌している。 鬼と戦おうとして刀を持った事もあったが、すぐに脈が狂ってしまい、10回も刀を振ることが出来ずに倒れてしまった。 物語が進む毎に病状が悪化しており、柱合会議の時には目が見えておらず、刀鍛冶の里の戦いが終わった頃には寝たきりの体になっていた。 鬼殺隊の隊員からは『お館様』と呼ばれている。 そして自身は隊士のことを『子供たち』と呼んでいる。 命を投げ打って鬼と戦う隊士たちの事を大事に思っており、当主になってから死亡した全ての隊士の名前と生い立ちを記憶している。 また、死亡した隊士たちの墓参りを歩けなくなるまで毎日行っていた。 鬼殺隊の長であるが、自身が偉いという考えは全く持っていない。 自身は使い捨ての駒にすぎないと考えており、隊士たちに敬うように強制した事は一度もない。 隊士たちには鬼を倒して人を守る事だけを望んでおり、その人格から尊敬の念を一身に集めている。 妻・あまねとの間に五人の子供を持っている。 子供の名前はひなき、にちか、輝利哉、くいな、かなたである。 輝利哉以外は全員女の子であり、輝利哉が耀哉の後継である。 産屋敷一族の男は短命な為、十三歳まで女として育てられる。 この声は、聴く者の心を高揚させる力があり、カリスマがある人物が持っていることが多い。 産屋敷一族の人間は超常的な直感を持っている。 その先見の明により、産屋敷一族は財を成した。 また、その勘により多くの危機を回避してきた。 禰󠄀豆子が上弦の肆である半天狗との戦いで太陽を克服した時には、無惨が襲来してくると予知していた。 実は無惨は産屋敷一族の人間であった。 一族から鬼を出してしまった業により、産屋敷一族の者は若くして命を落としてしまうようになった。 それを神職の者に相談したところ「同じ血筋から鬼が出ている…。 その者を倒す為に心血を注ぎなさい…。 そうすれば一族は絶えない…。 」と告げられた。 神職の家系から妻を娶ることで寿命は伸びはしたが、それでも三十歳を超えて生きた者はいなかった。 表に出すことはないが、心の中には無惨に対するとてつもない憎悪を秘めている。 産屋敷耀哉の来歴・活躍 柱合会議に姿を現した耀哉 鬼である禰󠄀豆子を連れていることは、鬼を滅する鬼殺隊の掟に反しており、炭治郎は拘束されてしまう。 そして炭治郎は鬼殺隊の最高の剣士たちである柱が一同に会する『柱合会議』に連れてこられ、裁判を受けることになった。 柱たちのほとんどは禰󠄀豆子の存在を許さず、炭治郎たちを斬首にしようとした。 炭治郎は、禰󠄀豆子が人間を喰っていない事、これからも喰わない事、自身と一緒に鬼と戦える事を訴えた。 しかし、今後人を喰わないという保証が出来ずに、柱たちの意見は変わらなかった。 風柱である不死川実弥は、結論が出る前に禰󠄀豆子を日輪刀で突き刺した。 それを見た炭治郎は実弥に立ち向かい、2人は喧嘩を始める。 そこに「よく来たね。 私の可愛い剣士(こども)たち」と言いながら耀哉が現れる。 耀哉は「炭治郎と禰󠄀豆子のことは私が容認していた。 そして皆にも認めて欲しいと思っている。 」と告げた。 しかし柱たちはそれを認めようとしなかった。 そこで一枚の手紙が読まれた。 それは炭治郎の師である鱗滝左近次からの手紙だった。 そこには「炭治郎が鬼の妹と共にあることをどうか御許しください。 禰󠄀豆子は強靭な精神力で人としての理性を保っています。 飢餓状態であっても人を喰わずそのまま二年以上の歳月が経過致しました。 俄には信じ難い状況ですが紛れもない事実です。 もしも禰󠄀豆子が人に襲いかかった場合は竈門炭治郎及び鱗滝左近次、冨岡義勇が腹を切ってお詫び致します。 」と綴られていた。 しかし、それでも禰󠄀豆子が人を襲わない証明にならないとして柱たちは異を唱えた。 それに対し耀哉は「確かにそうだね。 人を襲わないという保証ができない。 証明ができない。 ただ、人を襲うということもまた証明ができない。 禰󠄀豆子が二年以上もの間、人を喰わずにいるという事実があり、禰󠄀豆子のために二人の者の命が賭けられている。 これを否定するためには否定する側もそれ以上のものを差し出さなければならない。 」と言った。 そして「それに炭治郎は鬼舞辻と遭遇している。 鬼舞辻はね炭治郎に向けて追っ手を放っているんだよ。 その理由は単なる口封じかもしれないが、私は初めて鬼舞辻が見せた尻尾を掴んで離したくない。 恐らくは禰󠄀豆子にも鬼舞辻にとって予想外の何かが起きているのだと思うんだ。 」と続けた。 耀哉は炭治郎と禰󠄀豆子を認めた しかし、それを聞いても実弥は納得できなかった。 実弥は禰󠄀豆子を日輪刀で更に刺し、自身の腕から出血させてそれを禰󠄀豆子に突きつけた。 実弥は自身を襲わせる事で禰󠄀豆子の危険性を証明しようとしていた。 しかし、禰󠄀豆子が実弥を襲う事はなかった。 そこで耀哉は「ではこれで禰󠄀豆子が人を襲わないことの証明ができたね。 」と告げ、炭治郎と禰󠄀豆子を無罪とした。 耀哉は「炭治郎、それでもまだ禰󠄀豆子のことを快く思わない者もいるだろう。 証明しなければならない。 これから炭治郎と禰󠄀豆子が鬼殺隊として戦えること、役に立てること。 十二鬼月を倒しておいで。 そうしたら皆に認められる。 炭治郎の言葉の重みが変わってくる。 」と炭治郎に言った。 炭治郎は「俺は…俺と禰󠄀豆子は鬼舞辻無惨を倒します!俺と禰󠄀豆子が必ず!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!」と宣言した。 それに対し、耀哉は「今の炭治郎にはできないから、まず十二鬼月を一人倒そうね。 」「鬼殺隊の柱たちは当然抜きん出た才能がある。 血を吐くような鍛錬で自らを叩き上げて死線をくぐり、十二鬼月をも倒している。 だからこそ柱は尊敬され優遇されるんだよ。 炭治郎も口の利き方には気をつけるように。 」と返した。 その後、炭治郎は柱合会議を後にすることになるが、その時、耀哉は「炭治郎、珠世さんによろしく。 」と発言し、なぜか無惨の抹殺を目的としている鬼・珠世の事を知っている事が明らかになった。 無惨と対面した耀哉 禰󠄀豆子は上弦の肆である半天狗との戦いで太陽を克服した。 無惨は太陽の克服を目的としている為、禰󠄀豆子の奪取に全力を尽くすと考えられた。 嵐の前の静けさのように鬼が出現しなくなり、鬼殺隊の隊士たちは柱による稽古『柱稽古』を行うことになった。 その時、耀哉は珠世の所在地を突き止め、人語を話す『鎹鴉』を珠世の元へ送る。 珠世は血鬼術により巧妙に隠れていたが、耀哉は珠世に家を売った人間から情報を収集して、その居場所を割り出していた。 耀哉は珠世に「鬼舞辻無惨を倒すために協力しませんか?産屋敷邸にいらしてください。 」と伝えた。 鬼殺隊の本部である産屋敷邸に鬼である珠世が赴くのは危険があったが、珠世はその提案を受け入れた。 耀哉は病状が悪化しており、寝たきりとなっていた。 そこへ突如、無惨が現れる。 耀哉は超常的な勘があり、無惨の到来を予知していたことを告げた。 無惨は「私は心底興ざめしたよ産屋敷。 身の程も弁えず、千年にも渡り私の邪魔ばかりしてきた一族の長がこのようなザマで。 なんとも醜い。 お前からはすでに屍の匂いがするぞ産屋敷。 」と言った。 それに対し、耀哉は「そうだろうね…。 私は…半年も前には…医者から…数日で死ぬと言われていた…。 それでもまだ…私は生きている…。 医者も…言葉を…失っていた…。 それもひとえに…君を倒したいという一心ゆえだ…無惨…。 」と話した。 耀哉は「君は…知らないかもしれないが…君と私は…同じ血筋なんだよ…。 君が生まれたのは…千年以上前のことだろうから…私と君の血はもう…近くないけれど…。 」と話した。 無惨はそれを聞いてもなんとも思わず「何の感情も湧かないな。 お前は何が言いたいのだ?」と言った。 耀哉は「君のような怪物を…一族から出してしまったせいで…私の一族は…呪われていた…。 生まれてくる子供達は皆病弱ですぐに死んでしまう…。 一族がいよいよ絶えかけた時、神主から助言を受けた…。 同じ血筋から鬼が出ている…。 その者を倒す為に心血を注ぎなさい…。 そうすれば一族は絶えない…。 代々神職の一族から妻をもらい…子供も死にづらくなったが…。 それでも我が一族の誰も…三十年と生きられない…。 」と訴えた。 しかし無惨は「迷言もここに極まれりだな。 反吐が出る。 お前の病は頭にまで回るのか?そんな事柄には何の因果関係もなし。 なぜなら、私には何の天罰も下っていない。 何百何千という人間を殺しても私は許されている。 この千年、神も仏も見たことがない。 」と涼しげな顔で答えた。 耀哉は「当てようか…無惨。 君の心が私にはわかるよ。 君は永遠を夢見ている…。 不滅を夢見ている…。 」と話し出した。 そして「君は…思い違いをしている。 私は永遠が何か…知っている。 永遠というのは人の想いだ。 人の想いこそが永遠であり、不滅なんだよ。 」と続けた。 無惨は「下らぬ…。 お前の話は辟易する。 」と吐き捨てた。 鬼の秘密を言い当てた耀哉 耀哉は「この千年間、鬼殺隊は無くならなかった。 可哀想な子供たちは大勢死んだが、決して無くならなかった。 その事実は、今君が…下らないと言った人の想いが不滅であることを証明している。 大切な人の命を理不尽に奪った者を許さないという想いは永遠だ。 君は誰にも許されていない。 この千年間一度も。 そして君はね、無惨。 何度も何度も虎の尾を踏み、龍の逆鱗に触れている。 本来ならば一生眠っていたはずの虎や龍を君は起こした。 彼らはずっと君を睨んでいるよ。 絶対に逃がすまいと。 私を殺した所で鬼殺隊は痛くも痒くもない。 私自身はそれ程重要じゃないんだ。 この人の想いと繋がりが君には理解できないだろうね無惨。 なぜなら君は…君たちは、君が死ねば全ての鬼が滅ぶんだろう?」と続けた。 それを聞いた無惨は顔色を変えた。 無惨は耀哉を殺そうとする。 耀哉は「最後に…ひとつだけいいかい?私自身はそれ程重要でないと言ったが…私の死が無意味なわけではない。 私は幸運なことに鬼殺隊…特に柱の子たちから慕ってもらっている。 つまり私が死ねば今まで以上に鬼殺隊の士気が上がる…。 こんなに話を聞いてくれるとは思わなかったな…。 ありがとう。 」と遺した。 そしてその直後、産屋敷の館が大爆発を起こした。 耀哉は妻のあまね、長女ひなき、次女にちかを道連れに自爆して命を落とした。 無惨が来る前、耀哉は岩柱の悲鳴嶼行冥と話していた。 耀哉は「五日…以内に無惨が…来る…。 私を…囮にして…無惨の頸を…取ってくれ…。 他の…子供たちは…私自身を…囮に…使うことを…承知しないだろう…。 君にしか…頼めない…行冥…。 」と伝えた。 悲鳴嶼は涙ながらに「御意。 お館様の頼みとならば。 」と言い、耀哉の願いを了承した。 耀哉は「ありがとう…。 どうか…もうこれ以上…私の大切な…子供たちが…死なないことを…願って…。 」と口にした。 爆破が起こる前、耀哉はこれから死ぬことに一つも動じることなく、笑みを浮かべていた。 爆破により体の大部分を失った無惨は「あの男の顔!仏のような笑みを貼りつけたまま、己と妻と子供諸共、爆薬で消し飛ばす!私は思い違いをしていた。 産屋敷という男を普通の人間にあてる物差しで測っていたが、あの男は完全に常軌を逸している。 」「私への怒りと憎しみが蝮のように真っ黒な腹の中で蜷局を巻いていた。 あれだけの殺意をあの若さで見事に隠し抜いたことは驚嘆に値する。 」という思いを胸に抱いた。

次の

【鬼滅の刃】お館様・産屋敷耀哉の妻など家族は?子供の見分け方について解説!

鬼滅の刃うぶやしきかがや

鬼滅の刃:柱の強さランキング 柱には現在、 水柱、蟲柱、風柱、炎柱、霞柱、蛇柱、音柱、恋柱、岩柱の9名で構成されており、 死亡または引退などで空きがでないかぎり9名のままです。 そんな9名では、いったい 誰が一番強いのでしょうか? いろいろ考察しながらランキング化していきたいと思います。 第9位・蟲柱「胡蝶しのぶ」 22 最速放送に先駆け、 ufotableより新たに描き下ろしのビジュアルをお届け致しました。 しかし彼女は柱の中では唯一鬼の頚を斬ることができません。 ゆえに刀もほかの人たちとは造りが違い、細くて少し特殊だったりします。 そんなしのぶさんには、優れた医学の知識があり、 多くの仲間(鬼殺隊の剣士)たちの命を救ってきました。 しのぶさんの戦い方は、鬼が弱点とする 藤の花から精製した毒を使うこと。 刀の鞘の中で調合を変えたりすることができます。 この毒が評価され柱になったのだと思うのですが、 やはり鬼の頚が斬れないなどあると、柱の中では最下位なのかな?と思い、 9位という位置づけにしました。 ただ柱の中での最下位なので、ほか剣士たちと比べたら、 相当な強さなのでは?と思ってもいます。 そんな不死川さんは、登場早々に炭治郎の頭突きを喰らうなど、 おや…?といったシーンが多い人でした。 血の気も多いようで、お館様である「産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)」が容認していることを聞いても、禰豆子(鬼)を斬ろうとしたり、自分の腕を傷つけてまで禰豆子の鬼としての本能を挑発したり…。 顔や体のいたるところに傷があることから、 なるほど性格は短気で粗暴なのがわかりますね。 風の呼吸を使用する「風柱」の彼は、風のような素早さとスタミナを持ち合わせているようです。 ただ戦闘シーンがまだないため、戦闘能力がいかほどなのかわからず… ということから、今回は8位という位置づけをさせてもらいました。 あと、炭治郎と鬼殺隊同期である 不死川玄弥(しなずがわげんや)の実のお兄さんとのことで、 なんと6人兄弟の長男だとか!え、炭治郎と一緒の長男! だったら禰豆子のことも少しわかって欲しいと思ったのは、私だけですか!? 第7位・炎柱「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅうろう)」 22 最速放送に先駆け、 ufotableより描き下ろしのビジュアルをお届け致しました。 見た目どおり、とても熱いお方。 指揮官としての能力も高く、面倒見もいいそうで、 多くの人に慕われているとか。 それもある意味「力」のひとつですよね。 また、歴代の「炎柱」を輩出する 名門煉獄家の長男(鬼滅の刃、長男多いな)ということで、 幼い頃から磨いてきた剣技は凄まじく、巨大な列車の横転を和らげるほどの威力を持っているとか! 上弦の鬼とも互角に渡り合っていたりもし、相手にその実力を認めさせたこともあり、 ならばもう少しランキングは上位なのでは?とも思ったのですが、 ほかの人とのバランスを考慮した結果、7位といたしました。 冨岡さんたちを除いて、人を助ける為に行動した禰豆子を鬼殺隊で最初に認めてくれた人でもあるので、私の中では結構好印象な人です。 第6位・蛇柱「伊黒小芭内(いぐろおばない)」 22 最速放送に先駆け、 ufotableより描き下ろしのビジュアルをお届け致しました。 蟲の呼吸もそうですが、蛇もまた特殊な呼吸ですよね。 不死川さんと同じく戦闘シーンがないため、戦闘の能力は未知数ですが、 炭治郎が叶わないほどの力で押さえつけていたりもしたことや、 天元さんへの見下すような発言もあったりすることを思うと、やはり実力は確かなのでしょう。 性格も不死川さんと同じく、鬼は問答無用で倒すべきという考え方の人。 二刀流の使い手で元忍らしいですが、まったく忍んでいないよね?というくらいの「派手」好き。 口癖も「派手」だし、宝石を施した額宛に左目の周りには化粧まで……本当に忍ぶ気がない人。 十二鬼月の上弦の陸の兄である「妓夫太郎」との戦闘で左目を失い、 猛毒にも侵されましたが、勝利をおさめています。 このことから、 鬼殺隊の希望となりました。 しかし現在は一線から退き、炭治郎たち後進の育成をしているそうです。 第4位・霞柱「時透無一郎(ときとうむいちろう) 」 22 最速放送に先駆け、 ufotableより描き下ろしのビジュアルをお届け致しました。 本人は記憶喪失で普段はぼーっとしていますが、その実力は確かなものであり、 上弦の伍である玉壺をあっという間に倒してしまいました。 上弦の鬼をたったひとりで倒したのは、作中ではこの時透さんだけだとか。 まだあどけない印象の彼ですが、相当の実力の持ち主っぽいので、 場合によってはランキングは大きく変わっていきそうですね。 第3位・恋柱「甘露寺蜜璃(かんろじみつり) 」 22 最速放送に先駆け、 ufotableより描き下ろしのビジュアルをお届け致しました。 可愛らしいピンク色と黄緑の髪の毛。 凄い色だ。 女の子だし、すんごい可愛いし、しのぶさんと同じくらいの順位かなぁ?と思いきや!! 特殊な肉体で筋肉の密度が常人の八倍あるそうな!!?どんだけ!!? た、確かに足はなんだかしっかりしてそうなイラストですけれど…。 そんな彼女が鬼殺隊に入った理由が「添い遂げる殿方を見つけるため」 しかし理想の自分より強い男性に出会うことができず、気づけば柱までになっていた…そうです。 女性ならではの関節の柔らかさ、可動域の広さや動体視力も常人離れしているなどなど、 戦闘においてもかなり高いポテンシャルを持っています。 さらに上弦の肆である「半天狗(はんてんぐ)」と闘い、互角! 致命傷を負うこともなかったことを考慮して、3位という位置づけにいたしました。 個人的に男性キャラクターでは一番好きですね。 普段は現実的で冷めていて、感情を表に出すことはないけれど、 炭治郎と禰豆子の兄妹の絆には剣を引いたなど、人情家な一面もある冨岡さん。 最高か。 10代という若さで柱になったことなどを考慮し、2位という位置づけにいたしました。 そんな冨岡さんは、ほかの柱たちからはとっつきにくいだの、 しのぶさんからは「嫌われている」だの言われていますが、本人はまったくの自覚なし!! 不死川さんと仲良くなるために、不死川さんの大好物である「おはぎ」を懐に入れておこうとしたとか、いろいろ天然な面もあったりして、本当にかわいい人なんですよね。 見た目からして強そうだ…と思っていたら、本当に強かった!? 選ばれし柱の中でも最強と言われ、柱訓練では伊之助からはそのまま「鬼殺隊最強」、 炭治郎からは「ほかの柱とは違う匂いがする」と言われています。 また、天元さんからも得体の知れない強さを持つと言われていることから、 これはもう1位でしょう!となり、1位とさせていただきました。 しかも盲目…… 盲目のキャラクターは、なんかものすごく強いという印象があります。

次の