大東 建 託 社長。 大東建設

大東建託、相次ぐ社員自殺の背景 | 週刊金曜日オンライン

大東 建 託 社長

《『』より》 選ぶべきは「弱者の戦略」 ランチェスター戦略の理論に、個人としてのビジネスマンの成功法と、あるべき生き様 が見出せる。 多くのビジネスマンは会社という組織に所属している。 そして、「男は(現代は女も同じ)外に出れば7人の敵がいる」といわれるように、ビジネスは戦争である。 もっとも、戦争といっても、ほんとうの敵が、ビジネス対象者や取引先だけを指しているのかどうかは大きな疑問であり、多くのビジネスマンが「上司や同僚という敵」をも相手にしなければならない現実に、日本の現代ビジネスの不幸も垣間見える。 これを読んでいただいているある方は、こういうかもしれない。 「自分の所属する組織は、業界でも圧倒的に先頭位置にあり、自分は強者の中にある」と。 また、ある方は「うちの会社は弱小零細企業であり、考えるまでもなく弱者に決まっている」と。 ほんとうにそうだろうか? ランチェスター戦略は「地域戦/局地戦の戦略書」といわれ、局地戦で物を考えるということを説いている。 たとえば、トップシェア商品であっても、初めて販売所を構えた地域では実続ゼロ=その地にあっては後発の弱者である。 全国シェアをもって自分は強者であると理解するなら、おおむねその局地戦での負けは戦う前から見えている。 また、零細企業であっても、たったひとつしか拠点がないその地で、古くから地域社会に愛され続けているならば、その局地にあっては過去より継続した強者ということになるのである。 この判断や理解が局地戦の出発点である。 多くの場合、大企業やトップシェア企業のビジネスマンは、この出発点で間違う。 だから「企業30年説」といわれるように、有力企業であってもいつか企業の寿命が尽きるとされている。 しかしそれは、企業やビジネススキームが30年で終わるのではなく、奢った、勘違いした、「30年後の経営者や社員が企業を終焉させる逆噴射エンジン」となっているだけのことである。 一方で、社内環境に目を落としてみると、ランチェスター戦略は実に興味深い展開を持つ。 たとえば、上司・部下関係。 上司は部下に絶対的強者(精神的)を演じ、その上司もまた、彼の上司に絶対的強者を演じられる。 愉快な勘違い関係である。 しかし時折、面白い上司・部下関係にも遭遇する。 それは、一介の部下がその得意分野で上司をあごで使うさまである。 たとえば、コンピュータが不得手な鬼上司が、その年に入社したばかりのフレッシュマンにパソコンのイロハを教えてもらい、退社後に猫なで声で「お礼に居酒屋へ行こう」などと誘うのは、滑稽を通り越す。 これこそランチェスター戦略の勝利(フレッシュマンの勝ち)にも見える。 つまり、フレッシュマンがコンピュータという局地戦で上司に勝利した構図である。 ビジネス社会におけるランチェスター戦略の解釈・判断を、きわめて簡便にいうなら、「奢りの態度は強者の論理」「如才ない入り込み姿勢が弱者の論理」ともいえるかもしれない。 ただし、この乱暴な解釈はランチェスター戦略の専門家諸氏から見れば、誤りも甚だしいといわれかねなく、先手を打って謝罪をしておく。 自分が必要とする営業領域や市場領域だけでトップを取れば、他の地域でどれだけ他社が勢いを強めても関係無し。 ……なのである。 仮にあなたが「わかりました。 明日またこちら方面にまいりますので、明日の夕方にはお届けできます」と返答した際、あなたとお客様の間では、この届け物の納期が「明日の午後」と約束されたことになる。 ここからが問題である。 さあ、あなたならこの約束をどう果たしていくだろう。 ライバルと差をつけ、お客様の信頼をますます高める行動。 結論は「今日、届けること」である。 お客様の心理はこうである。 けれどもあの人(あなた)は、夕方ではなく明日の午後一番でわが家から先に回ってくれるかもしれない」。 つまり、黙っていても約束以上のことをしてくれるだろうという期待である。 ここでよく考えてみよう。 ここまでのあなたは、お客様の予定の範囲・期待の範囲内の行動を行ったにすぎず、何らライバルと差別化する行動にはなっていないのである。 あなたを差別化する……。 これを実現するには「今日、届ける」ことである。 それによって、あなたの行動はお客様の期待をよい意味で裏切るものとなるのである。 それを行ったとき、初めて真の評価をあなたはお客様から得ることができる。 お客様の心にある「期待する納期」。 これこそが真に求められるお客様の持つ「心の納期」であり、それに応えたとき、初めてあなたへの真の評価がやってくるのである。 <<「心の納期」の達成に集中せよ。 そして差別化せよ。 >> <書籍紹介> 「集中」と「差別化」こそがビジネスマンの勝利の方程式 三鍋伊佐雄著 本体価格1,200円 どうすれば弱者が強者に勝てるのか? 長年にわたりランチェスター戦略を実践してきた著者が、ビジネスマンへ生き残りの秘策を伝授! <著者紹介> 三鍋伊佐雄 (みなべ・いさお) 1952年、愛知県生まれ。 73年、国立豊田工業高等専門学校土木工学科卒業後、広告代理店等を経て、84年に大東建託入社。 取締役テナント営業統括部長・能力開発部長、常務取締役営業本部長、専務取締役業務本部長・経営企画室長等を経て、2007年に代表取締役社長就任。 2013年6月退任。 現在、フリー。 賃貸不動産経営管理士。 米国経済誌『Institutional Investor』IRランキング「2013年 日本住宅・不動産部門ベストCEO」に選出される(セルサイド・バイサイド両部門)。

次の

大東建託リーシング 中国・上海に初めての海外拠点を設立|大東建託株式会社のプレスリリース

大東 建 託 社長

1兆5570億円(2018年3月期)の売上高を誇る大東建託の本社ビル(東京都港区。 撮影/三宅勝久)。 Aさんの自殺 大東建託藤枝支店(静岡県藤枝市)の建築営業社員Aさん(享年42)が自殺したのは2007年10月のことだ。 2年後の09年秋、遺族は大東建託を相手に、損害賠償を求める訴訟を静岡地裁に起こす。 審理で浮き彫りにされたのは派手な広告とは似ても似つかない陰惨な職場風景だった。 遺族側によると、Aさんは携帯電話のGPS機能で四六時中監視されながら、しばしば1日15時間を超す長時間労働を強いられ、土日もほとんど休めていなかった。 「たいていは1年で辞める。 3年いたらベテランだ」と言われる職場にAさんは5年いた。 亡くなるしばらく前から、不眠や口数が少なくなるなどの変化が見られた。 「辞めたら」という家族の助言に「今の仕事が終わったら辞める」と話していた。 その最後の仕事がトラブルとなり、疲弊した精神に致命的な打撃を与えたのだ。 どんなトラブルだったのか。 Aさんはある顧客に宛てて「申し訳ありませんでした」と書き残していた。 この顧客と支店との間で交わされた「覚書」も発見された。 覚書には、支店長と課長、Aさんの3人が、この顧客に対して約770万円を払うという内容が記載されていた。 また、770万円の負担割合について、支店長と課長、Aさんの間で「合意」がなされていた。 支店長と課長がおよそ各200万円、Aさんが360万円を払うというものだ。 つまり、Aさんは上司から360万円を払えと再三求められていたのだ。 会社に勤めながら360万円を払うというのだから尋常ではない。 事情はこうだ。 顧客は静岡県内の元旅館主だった。 廃業した旅館を壊してアパートと一戸建ての自宅を建てる計画を、Aさんが担当となって進めた。 乗り気でない旅館主を説得して契約にこぎ着けた。 だが銀行融資が出ずに頓挫する。 解約を嫌がる上司の要求で、計画変更をして再提案する。 自宅部分をアパート棟の内部に作る案で、これなら銀行融資が得られそうだった。 再び旅館主を口説き、工事が始まる。 しかしまた暗礁に乗り上げる。 アパートの工費増額に伴って自己資金が770万円増額になった。 それに気づいた旅館主が「解約したい」と言い出したのだ。 上司はなおも計画続行を要求、Aさんは板挟みになる。 たどりついたのが、「770万円」を支店で肩代わりするという案だった。

次の

大東建託リーシング 中国・上海に初めての海外拠点を設立|大東建託株式会社のプレスリリース

大東 建 託 社長

取締役 小林 克満 代表取締役 社長 兼 建築事業本部長• 1986年 2月 当社入社• 2011年 4月 執行役員 営業統括部長• 2012年 4月 常務執行役員 営業統括部長• 2012年 6月 取締役常務執行役員 営業統括部長• 2016年 4月 常務取締役営業 統括部長• 2017年 4月 常務取締役 建築事業本部長• 2018年 4月 専務取締役 建築事業本部長• 2019年 4月 代表取締役社長 兼建築事業本部長 現任 川合 秀司 常務取締役 経営管理本部長 兼 関連事業本部長• 1989年 4月 当社入社• 2012年 4月 執行役員経営企画室長• 2012年 6月 取締役執行役員 経営企画室長• 2013年 4月 取締役執行役員 子会社事業本部長 兼経営企画室長• 2014年 4月 取締役常務執行役員 経営管理本部長• 2016年 4月 常務取締役経営管理 本部長• 2017年 4月 常務取締役経営管理本部長 兼関連事業本部長 現任 竹内 啓 常務取締役 西日本建築事業本部長• 1989年 4月 当社入社• 2012年 4月 執行役員テナント営業 統括部長• 2014年 6月 取締役執行役員 テナント営業統括部長• 2015年 4月 取締役執行役員 中日本建築事業本部長• 2016年 4月 取締役中日本建築事業 本部長• 2017年 4月 取締役不動産事業 本部長• 2018年 4月 常務取締役不動産事業 本部長• 2020年 4月 常務取締役西日本建築事業 本部長 現任 内田 寛逸 取締役 関連事業本部 部長 介護・保育事業、海外事業担当• 1987年 8月 当社入社• 2012年 4月 執行役員原価管理 統括部長• 2013年 4月 執行役員設計 統括部長• 2014年 6月 取締役執行役員 設計統括部長• 2016年 4月 取締役設計 統括部長• 2017年 4月 取締役関連事業 本部部長 現任 齊藤 和彦 取締役 東日本建築事業本部長 兼 震災復興会社責任者• 1992年 3月 当社入社• 2009年 4月 執行役員中四国営業部長• 2011年 4月 東北営業部長• 2013年 4月 執行役員東北建築事業部長 兼震災復興現地責任者• 2015年 4月 執行役員東日本建築事業本部長 兼震災復興会社責任者• 2015年 6月 取締役執行役員 東日本建築事業本部長• 2016年 4月 取締役東日本建築事業 本部長• 2019年 4月 取締役建築事業統括本部長• 2020年 4月 取締役東日本建築事業本部長 兼震災復興会社責任者 現任 佐藤 功次 取締役 不動産事業本部長 兼 大東建託パートナーズ株式会社 代表取締役 社長• 1991年 3月 当社入社• 2013年 4月 大東建物管理株式会社 (現 大東建託パートナーズ株式会社) 取締役賃貸管理部長• 2015年 4月 大東建物管理株式会社 (現 大東建託パートナーズ株式会社) 常務取締役経営企画室長• 2016年 4月 大東建物管理株式会社 (現 大東建託パートナーズ株式会社) 専務取締役• 2017年 4月 大東建託パートナーズ株式会社 代表取締役社長• 2017年 6月 取締役兼大東建託パートナーズ株式会社 代表取締役社長• 2020年 4月 取締役不動産事業本部長 兼大東建託パートナーズ株式会社 代表取締役社長 現任 山口 利昭 社外取締役 当社ガバナンス委員会委員長• 1990年 3月 大阪弁護士会登録、 竹内・井上法律事務所入所• 1995年 4月 山口利昭法律事務所開所、 同所代表弁護士 現任• 2008年 4月 日本内部統制研究学会理事 現任• 2010年 7月 一般社団法人 日本公認 不正検査士協会 理事• 2012年 7月 日本弁護士連合会 司法制度調査会 社外取締役 ガイドライン検討チーム 幹事 現任• 2013年 3月 株式会社 ニッセンホールディングス 社外取締役• 2013年 6月 当社社外取締役 現任• 2014年 8月 特定非営利活動法人 日本コーポレート・ ガバナンス・ ネットワーク理事 現任• 2014年 12月 大阪大学 ベンチャーキャピタル 株式会社 社外監査役• 2015年 2月 大阪市交通局 監査役 現任• 2015年 6月 消費者庁 公益通報者 保護制度 検討委員会委員• 2018年 4月 大阪市高速電気軌道株式会社 社外監査役 現任 佐々木 摩美 社外取締役 当社ガバナンス委員会委員• 1983年 4月 株式会社富士銀行 現株式会社みずほ銀行 入行• 1985年 3月 モルガン・スタンレー証券 株式会社 現三菱UFJモルガン・ スタンレー証券株式会社 入社• 1991年 1月 同社ヴァイス・ プレジデント• 1994年 2月 同社エグゼクティブ・ ディレクター• 2000年 12月 同社マネージング・ ディレクター• 2004年 4月 クレディスイス・ ファースト・ ボストン証券株式会社 現クレディ・ スイス証券株式会社 マネージング・ ディレクター債券 本部営業統括本部長• 2015年 6月 当社社外取締役 現任 庄田 隆 社外取締役 当社ガバナンス委員会委員• 1972年 4月 三共株式会社(現 第一三共株式会社)入社• 1999年 1月 同社欧州部長• 1999年 6月 同社海外医薬営業本部長• 2001年 6月 同社取締役• 2002年 6月 同社常務取締役• 2003年 6月 同社代表取締役社長• 2005年 9月 第一三共株式会社代表取締役社長兼CEO• 2010年 6月 同社代表取締役会長• 2014年 6月 同社相談役• 2015年 6月 宇部興産株式会社社外取締役(現任)• 2017年 6月 当社社外取締役(現任) 監査役 鵜野 正康 常勤監査役 社外 当社ガバナンス委員会委員• 1981年 8月 監査法人 中央会計事務所 入所• 1984年 9月 インテグラン株式会社 入社• 1996年 10月 ユーエスロボティックス株式会社 代表取締役社長• 1997年 11月 スリーコムジャパン株式会社 代表取締役副社長• 1998年 10月 日本ルーセントテクノロジー株式 会社 取締役事業部長• 2000年 10月 日本アバイア株式会社 代表取締役社長• 2005年 3月 株式会社ネットインデックス 現 株式会社ネクスグループ 代表取締役社長• 2007年 11月 株式会社インデックス・ ホールディングス 取締役• 2009年 6月 当社 監査役 現任 蜂谷 英夫 監査役 社外 当社ガバナンス委員会委員• 1968年 4月 本田技研工業 株式会社入社• 1981年 4月 第二東京弁護士会 登録蜂谷 法律事務所 開所、 同所代表弁護士 現任• 1991年 6月 当社監査役• 1995年 6月 当社監査役退任• 1999年 6月 当社監査役 現任 藤巻 和夫 監査役 社外 当社ガバナンス委員会委員• 1976年 4月 株式会社間組 現 株式会社安藤・間 入社• 1979年 4月 三菱自動車工業株式会社入社• 1989年 11月 日興証券株式会社 現 SMBC日興証券株式会社 入社• 1999年 4月 太田昭和監査法人 現 新日本有限責任監査法人 入所• 2002年 4月 藤巻総合コンサルティング設立、 同代表 現任• 2006年 12月 株式会社夢真ホールディングス 社外監査役• 2013年 6月 当社監査役 現任 鈴木 崇之 執行役員 中京建築事業部長 舘 正文 執行役員 設計統括部長 山田 昭司 執行役員 西関東建築事業部長 田中 正義 執行役員 大東みらい信託株式会社 代表取締役 社長 福田 和宣 執行役員 大東コーポレートサービス株式会社 代表取締役 社長 守 義浩 執行役員 大東建託リーシング株式会社 代表取締役 社長 川原 栄司 執行役員 大東建託パートナーズ株式会社 専務取締役 小石川 正幸 執行役員 営業統括部長 中村 浩一 執行役員 西日本建築事業本部 部長 松藤 潤 執行役員 東京建築事業部長 柴田 哲也 執行役員 不動産事業推進部長 泉 和宏 執行役員 工事統括部長 中村 武志 執行役員 業務統括部長 白崎 武 執行役員 北海道・北信建築事業部長 竹中 郁裕 執行役員 東日本建築事業本部 部長 岡本 司 執行役員 経理部長.

次の