エアリス 好き に ならない で。 エアリスを好きな理由

エアリス「好きにならないで」発言で話題の『FF7 リメイク』“CHAPTER14” のデートイベントが「バレット」だった話

エアリス 好き に ならない で

「ここ 分かれ道だから」 結果、ストーリー上この運命の壁を壊す事になるので運命が変わった事を意味するのだと思います。 FF7Rとしてはエアリスがストーリーのガイドのような役割になっており、プレイヤーも「エアリスは何を知ってるの?」とテイファと同じようにツッコみたくなるような場面が多いのです。 スポンサードリンク FF7R エアリスは未来を知ってる理由は2周目の未来人?【リメイク】 FF7Rのエアリスは未来予知、未来視ができるのかな?という仮説にとどまりません。 もっと言えば、既にFF7の世界を丸ごと知ってるような・・・ あたかも一度シナリオを経験があったんじゃないか?という 2週目説も考えられます。 「でもね 好きにならないで」 原作FF7のエアリスの行動はクラウドをデートに誘ったりグイグイ来るタイプで恋愛には積極的と言った印象でした。 ところがFF7Rでのエアリスは「好きにならないで」と寂しそうに告げるのです。 エアリスが2週目の未来人だった場合、自分の役割、そして死亡する未来を知っているのでクラウドを悲しませないように、優しさを込めて言ったセリフにも受け取れます。 もし、エアリスの言葉のまま受け取ってしまうと まるでクラウドが自分を好きになると勘違いしてる自意識過剰女になってしまいます。 開発者インタビューでもこの「好きにならないで」の描写については、話し合いも多く行われたとの裏情報が書かれています。 思えば初対面だった時にエアリスが「 花言葉は再会」として黄色い花をクラウドに渡しました。 ところが2週目のエアリスとしては「 FF7Rの序盤でクラウドに会う時点が既に再会」という意味でもあるのかなとも受け取れます 迷子になってるの解釈 エアリスが自身は迷子になっていると打ち明けるシーンの考察をしてみました。

次の

もしもポジションが入れ替わったら

エアリス 好き に ならない で

3の開発が始まってだいぶ経つと思うのですが、開発はすすんでいるんでしょうか。 これも野村氏がかかわってるので嫌な予感しかしませんが。 もともと、KHは最初に設定が出来上がっていて、、エアリス、ユフィ、レオンとシドが同じ家に住んでいる家族と言う設定でした。 なのにKH2が出たときになぜかは異世界の人間に設定変更されてしまい。 ティファがをストーカーするという愛のクラティ劇場になったわけで。 ここの流れはディズニーがメインであるはずなのに何の関係もなく、流れぶった切りのわけわからん最悪シーンとして有名になりました。 ヒットしたKHのキャラ設定をご贔屓キャラであるティファを出すために変更して意味なく出張らせるってのが本当にわかりません。 破壊行動を起こして主人公のソラをビビらせた上に、に「あなたの光になるから」とか「はぁ?」ですよ。 真っ黒衣装の闇そのもののような女が何言ってるのかと。 その流れで来るとしたらKH3は期待できないでしょうね。 相変わらずだめな子ほど可愛いっていうのか、ティファ偏愛のさんですから。 映画でつぶしたときのようにティファ出して潰すといいわ。 正直はディズニーメインのゲームです。 KHの時点でFFキャラですぎかもと思ったくらいですが、2はもっと酷いし。 添え物なら添え物らしく大人しくして欲しい。 ディズニーもよくこんなの許したなって思います。 ディズニーにモーター乳キャラっていります? 世界観壊しすぎで頭にきます。 いつまでも発売されないKH3。 野村氏が退社してからつくられるといいなと思います。 そのほうがディズニーキャラにもFFキャラにも愛を注いだいい作品になると思います。 aeriths エアリスを大好きな理由は今までもたくさん書いてきましたが。 要するに、よくある「守られる」ヒロインではないところが好きでした。 今でこそ個性的なヒロインは多々いますが、当時ののヒロインといったら基本的に「姫」「さらわれる」「かよわい」「大人しい」といった守られるタイプのヒロインが多かった気がします。 そんな中での発表デザインを見て「ああ、また守られヒロインかな」と思いました。 発表されたキャラの中では一番見た目は気に入っていましたが。 しかしゲームを始めるとおとなしそうな見た目と裏腹にエアリスは積極的。 ガンガン話しかけてくるし、行動力もあるし、ぜんぜん予想と違いました。 たとえばピンチに陥ってさらわれたとき。 マリンを守るためにさらわれたエアリスは「たすけて!」ではなくて「あの子無事だから!」と仲間を安心させようとします。 暗くなりそうな雰囲気のときも明るい未来を示せるエアリス。 物怖じせず、誰にでも同じ態度で振舞える強さを持っているエアリス。 ヒロインとしての資質は十分な上に、今までにないはつらつとした明るい強さを彼女は持っていました。 たったひとりで忘らるる都へ行って帰らぬ人となったときも「こわい、たすけにきてね」ではなく「わたしにまかせて」と言っています。 怖くなかったはずはないでしょう。 それでも、彼女はそうしたかった。 大切な人の、大切な人たちのために。 いつも誰よりも明るく笑って、その場に咲いた花のような存在だったエアリス。 彼女を好きな私が動かすは、彼女がいる時間が全てでした。 エアリスは死んではいけないキャラだったと思います。 彼女の死亡シーンはショックであり、名場面に選ばれるのも判る気がしますが、大怪我で終わらせることも出来たはずです。 テーマが命の尊さである以上、当時はそれは難しかったかもしれませんが。 エアリス以外敵も元気に勢ぞろいのコンピを見る限り、彼女が生きていても何の問題もないんじゃないかとおもいます。 幼くして父を殺され母とつかまり実験対象とされ。 逃げ出したものの母は死亡し、養母に育てられ。 タークスに追われ続ける日々の中、に出会い。 初めて広い世界に出て行って、たった2週間で死んでいったなんて。 正直悲劇のヒロイン、極まれりって感じの鬱ストーリーじゃないでしょうか。 どうしてこんなに救われないストーリーになったのか。 歴代ヒロインの中でも一番扱いが悪いんじゃないでしょうか。 フルリメイクをするなら、エアリスに19年前見れなかった明るい未来をプレゼントして欲しいです。 aeriths FF7のヒロイン、。 キャラクター人気投票ではいつも1位や2位に入る彼女。 さんが手がけた曲エアリスのテーマは有名オペラ歌手も評価するほど。 海外からの人気も高く、ディズニー映画「シュガーラッシュ」では AERITH LIVES とかかれるほど知名度があります。 フルリメイクのニュースが駆け巡ったときも、エアリスの名前が上位にランクインしていました。 FFRKなどのゲームイベントで出番があるとリツイートも多いです。 キャラグッズの売れ行きも、先日確認した数キャラのうち、とエアリスだけ売り切れていたりと好調のようです。 しかし公式ではエアリスではないもう一人のキャラクターのゴリ押しが未だ続いています。 もう一人のキャラクター、ゴリ押しでキャラグッズもたくさん出してもらい、エアリスやユウナ抜きのファン投票で10位以内にようやくランクインするティファは、を仕切るディレクター野村氏の大のお気に入りなのです。 野村氏だけでない、彼にゴマをするヲタッフたち、エロしか興味のないヲタッフたちの寵愛を受けて、ティファはゴリ押しされまくってます。 詳しくはティファゴリ押し検証とかでサーチすればすぐ出てきますのでここでは割愛します。 もともとは野村氏はティファの顔で名前で、エアリスの設定もどきをつくっていた。 しかし開発段階でそれは没になり、エアリスがヒロインとなった。 あきらめきれない野村氏はティファを出したいがために、かの有名なセリフ「ティファ出しましょう、エアリス殺しましょう 笑」を唱えてエアリスを亡き者にした。 ストーリーは「命の尊さ」がテーマらしいので、100歩譲って仕方ないとしましょう。 けれどエアリスが退場してからはティファage三昧。 あげくに最終決戦前夜の選べないティファルート。 ちゃんとしたスタッフに任せずにアルバイトにやらせたとか聞きましたがどうなんでしょう。 それにしたって、最終的にちゃんとチェックした人がいるはずだと思うんですが。 チェックしたの野村氏なんじゃないかと思ってます。 で、問題はこのあとも、です。 坂口氏がいたころのゲスト出演はよかったんです。 主人公とヒロインであるエアリスのコンビが多くて。 とかKHとかいたストとか。 その世界の世界観にもあっていて、サービスとしてみることが出来ました。 しかし坂口氏が退社すると、待ってましたとばかりに野村時代がやってきました。 KH2ではKHでのの設定までも捻じ曲げてのティファ登場。 しかも意味もなく世界観もあってない破壊行動だけしてます。 ほぼ無料のアプリGバイクでもエアリスの登場はなくティファだけ誰よりも力をいれ、主人公のにすらなかった誕生日イベントまでやって、ダウンロード数が伸びずわずか1年で終了と言う体たらく。 ACからACCに改悪したときには誰も望んでないヲタッフだけのクラティ劇場のため、ただでさえ出番の少ないほかのキャラがさらに削られ。 CCではほんの少ししか出番のないティファの衣装に力をいれさらにエロくなり。 ニコ生ではエアリスを目の敵にして「ティファティファ」と気持ち悪いほどのティファあげ。 あまり売れてない声優や芸能人は「わたしティファ好きすぎてエアリス嫌いなんですう~」発言をしてから仕事もらおうとしてるし。 これね、「ティファ好き」までならいいんですよ。 なんでわざわざ「エアリス嫌い」まで言うかな。 「好き」には敵は出来にくいけど、「嫌い」って言ったら敵できるでしょ。 人気商売でもある芸能人、ちょっと頭使ったらやらないと思うんですよね。 自ら媚びたのか、やらされたのか、頭を使わなかったのか知りませんけど。 公式の圧力を感じますね。 野村時代の圧力を。 今ようやく腐った・・・だけかな?をなんとかしようとの田端さんが内部について話し始められるようになってきました。 あいさつすらしないって・・・今まで酷かったんだなあとわかりましたよ。 なんとなくはわかってましたけど。 だって、明らかにおかしいですよ。 どんなにアンケートとってもランキングはっきりしても、何の意味もないですもん。 ティナが一位だったときもあったけど、その時だってなんもなかったですよ。 なのにどんな順位にいても「おまちかねのティファたん華麗に登場」って。 待ってないっていうの。 田端さんがどういうかたかってのはわかりませんし、彼にどうにかしてよ!とはいえませんが、野村氏のつくるフルリメイクだけは期待できないのです。 だから言います。 野村(とティヲタッフぜんぶ)おろして田端さんリーダーでフルリメイクつくってくださーい! 理想を言えば坂口さんに監修をお願いしたい。 まあ・・・エアリスいじめが未だに続いている公式には何の希望も持てないので、夢のまた夢でしょうかねえ・・・・ 大好きながどんどん腐っていくのがつらくて仕方ないです。 の心ある方が、ファンの心を汲んでくれることを祈るしかないです。 エアリスいじめ、もういいかげんにやめてください。 クラスでいじめられている女の子を、教師自らもいじめているみたいな図、ひどすぎます。 aeriths なんかよくわからん呟きを見つけたので考えてみました。 ザックスがかわいそうなので、エアリス生存ルートはないほうがいい、という。 たぶんこう考える人はザクエア派で、ふたりはあの世で結ばれてキャッキャウフフな妄想をしたい人なんだと思うのですが。 おそらくは無印やってなくてCCでザクエアにはまった感じかなあ。 ザックスと言うキャラクターでもなく、エアリスというキャラクターでもなく、カップリングとしてのザクエアにはまった人。 もし無印やってても、エアリスに特別な思い入れがなかった人かなあと。 もし、無印をやっていて、エアリスが好きになって、大好きになった人なら、思わないと思うんですよね。 好きなキャラクターに「死んでて」なんて。 私もCCはやりました。 あんまり、好きにはならなかったけど、ザックスは黒髪だな、と思って結構好きでした。 無印とキャラ違うなあと思いましたけど。 ザックスは、死ぬときにに全部託しました。 夢とか、大切なもの、いろいろ。 はザックスに命を守ってもらい。 ザックスはあの子によろしくな、って去っていった。 そんなザックスが、自分が死んだのだから、エアリスも死んでくれなんて思わないでしょう。 エアリスの死は、ザックスの最後の希望をなくすものでもあったんじゃないかと思います。 は、命の恩人が最後に託したものを守ることが出来なかった。 エアリスの死って、絶望だけなんですよね。 しかも、死ななくても、星を救う物語にまったく影響しないっていう。 エアリスが死んだからザックスがかわいそうなんだと思います。 死んだらライフストリームでまた会えるかもしれないし、会っている描写もあるけど。 ザックスは、この、生きている世界で、エアリスには幸せになって欲しかったんじゃないかな。 ザクエアあの世でラブラブ!が好きな人はそれでいいと思うんですよ。 カップリング萌えってのはわかる話ですし。 ただ、私はやっぱり、ザックスがかわいそうだからエアリスも死んでね、はなんか違うと思いました。 aeriths リメイクを待っている人たちってどのくらいいるんだろう。 全力待機してるひとから、出たら買うだろうな~って人。 ちょっとでも気にかけてる人は、どうして気にかけるんだろう。 もう、19年も前の作品なのに。 思いっきり満足したもの、って、実は人は離れていく。 綺麗に完結した、自分の思い通りだった、ああ、満足!って。 反対に、心残りがあると、それはいつまでも心のどこかに燻っていて。 どうして、くやしい、つらい・・・ずっと、忘れられない。 もっともリメイクに興味があり、購買意欲があるのは、エアリスともっと冒険がしたい人たちだと思います。 道半ばで、必要がなかったのに退場させられ。 データが残ってるからこそ悲しかった、エアリスの死。 彼女と最後まで旅をしたい人はたくさんいるのです。 として冒険した購買者で、エアリスと言うヒロインを好きになった人は山ほどいるのです。 どうしてこんなにが売れたのか。 美麗なグラフィックもあったでしょう。 のデザインもあったでしょう。 ストーリーもあったでしょう。 でも私は、ディスク1が全てでした。 エアリスと冒険するのが楽しかった。 彼女を守る自分()が嬉しかった。 もちろん2以降も本当のの姿がわかったりして興味深かったのですが エアリスがいなかった。 彼女を思う言葉もほとんどなかった。 エアリスが乗れなかった飛空挺に乗ったとき、悲しかった。 みんなエアリスなんてキャラクターなんて最初からいなかったんじゃないかと思うくらい、彼女の話をしなかった。 それが、急遽ねじ込まれた彼女の死のせいなら。 酷すぎると思った。 今度こそ。 今度こそ。 彼女と一緒に冒険したい。 最後に隣で笑っているのは、彼女であって欲しい。 ヒロイン、エアリスは、スクが誇っていい魅力のあるキャラクターなのだから。 aeriths 無印 ・が花を持って帰ってきたときの 「ふ~ん、、お花なんて。 そうなんだ~」 いやこれほんと、初見で意味わからなかったです。 選択肢見てようやく「あ、花欲しいってアピールか?」とおもったくらい意味不明でした。 あとから思うと、自分からクレクレいわずに、ほのめかしてるんですね、しかも明らかに。 ティファってそういうイメージですね、自分から言わずに、相手に言わせる、結構無理にでも。 ・依頼を断るに対して 「かわいい幼なじみの頼みも聞かずに行っちゃうんだ!」 いや、物語最初のミッションやったじゃん。 もっというなら、の人間だし。 しかし何度断ってもガンガンくるし、最終的なセリフがこれなので、イラッとしましたね。 ここで可愛い幼なじみって堂々と言ってるので、ティファも記憶おかしいんですよね。 ここでティヲタ大好きの給水塔のシーン。 あれ、私にはラブラブに見えませんでした。 だって、終始「はぁ?」だったし。 「ピンチになったらたすけにきてね」は幼い頃の戯言として最初は気になりませんでしたが、最後までティファが「たすけにきてスタンス」だったのでどんどんストレスたまりました。 本気でおもってたのかよ、と。 ・無理矢理巻き込んだミッションでと離れ離れになり安否がわからないのに、バレットにもやめとけといわれてるのにドンコルネオのところにいったこと これ、ほんっとーにわからなかった。 「、しんじゃダメ!まだ、話したいこと、あるの!」といいながら、生死不明の彼を探しもせず、単独判断でコルネオのとこですよ。 そんなふうに自由に動ける時間があるのなら、探しに行きそうなものだと思うんですけど。 バレットから頼み込まれたならわかる話なんですが・・・って、ここ、リメイクではそうしそうですね。 を探しに行きたいティファを止めて、バレットがコルネオ探れって言いそう。 そしてクラティ愛の劇場の1ページがまた増えるんですね、わかりません。 ・コルネオの屋敷でエアリスに対して 「そう、と・・・」「かんちがいしないで、なんでもないの」 生死気遣ってたんじゃなかったのか?なんかあっさり落ち込んでるんだけど。 女の子と一緒にいたことより、そこ、怪我なかったのかとか聞くんじゃない? そのあとの「なんでもない」はこのセリフと態度の後だと可愛く見えないです。 「かんちがいしないで」っていう余計なものもついてますしね。 なんかティファって嫌味な言い方がとことん似合うキャラクターですね。 ・バレットにエアリスのことを聞かれて 「よくしらない。 でもマリンのことを頼んだの」 これ失礼なヤツだなーと思いました。 よく知らない人間に人の娘託して、でもそのよく知らない人間は、初めて会った少女を守るために、さらわれたんですよ?ずっとがんばって逃げ続けていたのに。 その人を説明する言葉これでいいんですか?エアリスはティファの駒じゃないぞ。 「コルネオからプレートの情報聞き出すときに、手伝ってくれたの。 そのあと、マリンを守ってくれて・・・そのせいで彼女は攫われちゃって・・・どんな人かは、のほうが知ってると思う」 ってとこでしょうか。 感謝とざんげの気持ちがなにも感じられないんですよ。 ・エアリスをに助けに行くときのセリフ 「思い切り身体を動かしたい気分なの。 なんかじっとしてると・・・ダメ」 いやいや、体動かしたい気分でとかじっとしてるとダメとか。 なにそれ。 気持ちはわからなくはない。 自分のせいで(これはティファも認めてるし)エアリスつかまって、罪悪感とかあるだろうし。 でもここでのセリフとしては違うと思う。 運動不足の女子じゃないんだからさ。 「私が頼んだからつかまったの。 だから、私が絶対エアリスを助けるわ!」 くらい言え。 つーかリメイクでは言わせそうですね。 そして隣にが来て 「私が、じゃなくて、私たちが、だろ?」 そしてクラティシーンが増えるんですとか考えるんでしょ、ティヲタッフは。 ・ビルに登るときの恥らうティファ「キャッ、見ないで!」 ハイお疲れ様でした。 私はここでティファ完全に嫌いになりましたね。 そんなかっこしてて何言ってるんだと。 好きなもの着たっていいじゃない!というご意見には「なら恥らうな」とでも言っておきましょうか。 堂々と見せてる分にはここまで嫌いになりませんので。 痴女だな、と思うくらいで。 いや、ミニスカ格闘家の時点ですでに痴女か。 ほかにも ・ナナキにやつあたり「うじうじしないで!」 ・自分を大棚にあげて「戦争は嫌い。 さすがはFFシリーズ3大悪女の一人といわれるだけはある。 ただ、悪女っていうよりもティファは「自分で気づけない痛い女」系かもしれない。 悪女って言うと、イメージは敵キャラで自分が悪と思っててやってるのを連想する。 ティファは自分は良だと思いながら、その実あちこちひっかきまわし、傷をえぐったり、勘違いしたりするタイプだと思うので。 そしてそのことに永遠に気づかない。 ある意味幸せなタイプかも。 ACラストシーンのドヤ顔なんて「あー、こいつってやっぱり何もわかってないな」としか思えなかったし。 ティファの嫌いなところは「行動と設定が奇跡的にまったくあっていないところ」でしょうね。 最初のキャラ立てからブレブレなんですよ。 もしこれを最初から好きにさせたかったら、あんな痴女格闘家スタイルにしない。 乳ゆれぱんつはほんと最悪。 嫌味でわがままなキャラクターをしっかり立たせて、と言い争いをさせる。 (喧嘩するほど仲がいい狙い) または、清純派おとなしいとした側面を立たせて、嫌味もわがままも、上から目線もドヤ顔も一切やめる。 (パワフルだけど、赤面症とか) または二重人格にしてみる。 冗談ですけど。 それでも無印のティファは人間味があってありなきゃらだとは思います。 話上、いなくてもいいキャラだし、私は嫌いだけどね。 やっぱり気持ち悪いのはヲタッフがらみで出張ってくるところと、恋愛脳なところと、母親光理想の女性とかいろいろはりぼて改ざんされたところですね。 ちゃんとまっとうなティファにもどしてあげなよ。 ラスボス最終形態くらいに変化しちゃってるもん、今のティファ。 もとの陰も形もないw aeriths ニコ生で公式に行われているの実況。 これ、本当に「公式」がやっていいと思ってるんでしょうか? 不必要なまでの、不自然なティファあげ。 エアリスさげ。 10年以上たってもまだやってるなんて、「はぁ?」ですね。 FF7をプレイした人間の多くがこの不自然さに嫌な気持ちを抱いています。 ティファ派、クラティ派が多数を占めているなんてのはうそですからね。 それが本当ならFFでの人気投票にティヲタッフがドヤ顔でいれた 「クラティ愛の劇場名セリフ」とかが上位にランクインしているはずでしょう? しかし実際にランクインしているのはエアリスと言うキャラクターと、 彼女関連のイベントシーンです。 ニコ生実況者はエアリスファンに怒られそうとかいいながらティファを持ち上げるな! どうしてエアリスファンのほうがマナー悪そうな発言するの? ティファのゴリ押しえこひいきに怒っているのはエアリスファンだけじゃないです。 恋愛とか関係なくと星を救う物語を歩んできた、無印ファンだって多いんです。 リメイクが野村主導と聞いてがっかりし、公式といっている放送はゴリ押し三昧。 ユフィを隠れ蓑につかって、やってることはエアリスさげ。 エアリスが何をしたって言うんですか。 どうしてもティファとエアリスを張り合わせたいのなら、ごてごて飾り立てられた破綻しまくりの現在のティファのプロフィールを全て捨てて、無印の「わがままで、おばかで、考えが浅い、恋愛第一主義・自分が一番可愛い暴力女」ティファを魅力的にしてごらんなさい。 まあ、そんなシナリオかけない(またはかいても野村に没にされる)から、現在の気持ち悪いはりぼて設定だけの中身なし女になるんでしょうけどね。 ニコ生実況者は野村に買収されてるんですかね。 ティファたんあげないと、次からキミつかわないよーとか。 どっちにしろ公式に「ティファをあげるんだー!エアリスさげろー!」といわれてる気になりました。 公式はエアリスを忘れて欲しいんでしょうか。 それとも、ティファさえさいきょうのひーろーとくっつけばどうでもいいんでしょうか。 ああもう意味わかんない。 これってほんとに、ちゃんとした会社のすることなの? 同人ゲームでやっといてほしい。 敵キャラじゃないましてやヒロインをこんな扱いにするなんて、社長さんはどう思っているのでしょう? 直接聞いてみたいです。 「売り上げに繋がらないキャラクターを、一部社員の個人趣味で前面に押し出して、本来のストーリーが破綻して大騒ぎになっているのに、未だに居座っている社員を10年以上も放置してるのはなぜですか?」 「ゲーム史に残る大作の大人気ヒロインが、多くのファンの要望にもかかわらず、一部の社員の個人的趣味から、どんどん後ろへ後ろへ下げられ、本来のストーリーすら捏造されつつある現在のリメイク状況についてはどう対策をとるのですか?」 なにより 「選択肢のあるゲーム」を作ったのに最後の最後全部無視して一本道にして、マナーもプロ意識もなにもなくゲーム売りつけたの罪は大きい。 aeriths.

次の

【衝撃】FF7リメイクで一番モテる女子はエアリスでもティファでもない! FF7Rでガチモテ女子が判明 | バズプラスニュース

エアリス 好き に ならない で

原作ではプレイヤーの選択肢や行動次第でキャラの好感度が上下し、台詞やイベントが変化するという好感度システムが搭載されていました。 それがチャプター14で起こる「 それぞれの決意」というイベント。 バレットの娘マリンを助ける為に自ら神羅ビルに赴いたエアリスを救出しにいく夜に起こるこのイベントは、エアリス・ティファ・バレットのうち好感度の最も高いキャラがクラウドの元に現れます。 原作でいうゴールドソーサーのデートイベントに近いものですね。 分岐シナリオの割にはかな~り意味深な台詞を匂わせるこのイベントですが、この記事では エアリスルートについて考察していこうと思います。 エアリスはクラウドの「夢」として現れる 「エアリスはこの時点で神羅ビルにいるのにクラウドの前に現れるとかおかしくない?」って思われる方の為に補足として。 エアリスは一応クラウドの夢として登場します。 クラウドも自宅の花畑に座っていたエアリスを見て「どうして ここにいるはずもないのに。 それならばこれは 夢か」と彼女に問うものの、「さて どうでしょう」と具体的には答えないエアリス。 自分は子供の頃神羅に居た。 だから昔の部屋に帰ってきた感覚で、今の場所の居心地は悪くないよ?とクラウドに心配をかけまいとするエアリスとの会話からこのイベントはスタートします。 「好きにならないで」って何? エアリスはFF7Rのストーリーにおいても何かと意味深な台詞を残すことが多いのですが、今回特に気になったのがこの「それぞれの決意」イベントでの 「でもね 好きにならないで」 「もしそうなっても 気のせいだよ」 と、クラウドに向けて言う台詞です。 とても切なそうに、苦しそうに伝えるエアリスの表情が印象的なこのシーン。 初見の方にとっては「好きにならないでって何のこっちゃ?エアリス突然何言ってるん?」とでもなりそうですが、リメイクのストーリーを進めているとこの台詞の意味がとても深いものに感じられます。 一体この台詞にはどういう意味が含まれているのか、私なりにですが考察してみました。 エアリスが自分の未来を知っている エアリスがこの台詞を言った意味として考えられたのは、 もしかしてエアリスはこれから自分自身に起こる未来の出来事を予感しているのかもしれない でした。 エアリスは最初に 「人は必ず死ぬ」 「だから 正しく ちゃんと自分らしく生きなくちゃ」 「一瞬 この一瞬を大切に」 と、「人の死」について話していたり、「好きにならないで」の前には 「クラウドと会えて 嬉しかった」 「かけたくれた言葉 ひとつひとつ」 「してくれたこと ひとつひとつ」 「全部 嬉しかった」 「一緒にいられて 楽しかった」 など、クラウドのことを過去の思い出のように、まるでもうお別れかのように語るところから、原作をプレイしている身としては 「エアリスの最期」を連想させてしまいます。 どうにもこれからの自分の運命を知ってしまっているかもような台詞なのです。 ご存知の通り、原作においてエアリスはセフィロスコピーの正宗に貫かれて命を落としますよね。 生前のエアリスの活躍もありクラウド達は星を救うことはできましたが、エアリス自身を助けることはできませんでした。 クラウドはその後このことを悔やみ、ジェノバ細胞に操られ何もできずただエアリスが刺殺される様を見ていることしかできなかった自分を「 あの時自分はエアリスを見殺しにしてしまった」と責めてしまうんですね。 クラウドがエアリスに対して恋愛感情を持っているかどうかは具体的に明記されていないのでプレイヤーの想像におまかせ!って話になるんですけど、原作でエアリスルートを辿っていると少なくとも何かしら特別な感情は抱いているように思えます。 エアリスは自分の死を確信してしまったからこそ、「 私のことは 好きにならないで」とクラウドに伝えたのでしょう。 前述のとおり、エアリスの死後クラウドは自責の念にとらわれて苦しみます。 でもその時エアリスは亡くなっているので傍にいてあげることはできない。 それなら、 「 あなたをこれ以上苦しませてしまうくらいなら、初めから私のことは 好きにならないで」と伝えたのだと私は考えます。 エアリスがクラウドに好意を抱いていることは原作からも明らかなので、大切な相手だからこそ「私のせいで苦しまないで欲しい」とあえて遠ざけるようなことを言ったのではないでしょうか。 そう考えると、 エアリスは自分が死ぬことを確信しているにも関わらず自分のことだけでなくクラウドのことも心配しているという、なんともエアリスらしいけれどとても切ない台詞であることが見えてきます。 クラウドの中のザックスが錯覚を起こさせている? もう一方で、 エアリスはクラウドの中にザックスがいることを知っていて、それ故にその感情はクラウド自身のものでなはいから という考察をされる方もいます。 物語を進めると判明することですが、この時点でのクラウドは「 本当のクラウド」ではありません。 これについては長くなるので割愛しますが、ざっくり言うとザックスから聞いたことや自分で見聞きしたことをジェノバ細胞の影響で自分自身の記憶と思い込み、理想のソルジャー1stクラウドくんを演じている状態なんです。 だからこそ、ザックスを知っていたエアリスはクラウドの中にザックスの面影を感じたんですね。 エアリスは古代種としての特殊能力なのか単純に人を見抜く力が優れているのかは不明ですが、冒頭からクラウドが別人格を演じていることには気が付いています。 ザックスとエアリスはかつてお互い惹かれ合う仲でした。 原作では「淡い恋心を抱いていた関係。 エアリスの初恋の人」ですが、クライシスコアだと「多分がっつり付き合ってる設定」です。 相当温度差があるんですがお互い好意的であったことは間違いないんですね。 そのことから、「 クラウドがエアリスを好きと思う感情はクラウド自身のものではない。 クラウドの中のザックスがエアリスの記憶に反応して錯覚を起こさせている」とも考察できるのかもしれません。 つまりは「 私のことは好きにならないでね、だってそれはクラウドの感情じゃなくてザックスのだから。 私のこと好きって思う感情は気のせいだよ」とクラウドに伝えている台詞ともとれるということなんですが…。 このクラウドの中のザックス説を見た時になるほどな~とも思ったのですが、個人的にはこの説はあまり推していません。 そもそもなぜザックスの感情だからそれは違うよ、気のせいだよって牽制する必要があるのだろうと思うんですね。 お互い惹かれ合っているけれど、自分の死を予見してしまった以上は好きにならないでほしい。 それ故ならクラウドを苦しませない為の優しさであり自分への戒めで言ったんだと考えられますが、そうじゃないのにわざわざ夢に出てきてまで「それはクラウドの感情じゃないよ~気のせい!」と伝える意味とは。 リメイクでの序盤のクラウドはティファに盲目で、もはや誰が見ても「これティファ一択じゃね?」と思うレベルにイチャイチャしてますし、エアリスも「ティファはクラウドの大切な人でしょ?」的なことを言います。 原作のエアリスはクラウドにグイグイで好意全開!でしたが、リメイクでは単純に仲良くなりたいな~って思っているだけのような、若干気持ちの伝え方が控えめになっている気がします。 この説でいくとそんな控えめになったエアリスが、「 あなたの好きな人は本当はティファなんだよ」とクラウドに再認識させる為に夢に出てきて2人の仲を応援する決意表明をしたってことになるのでしょうか。 う~~~ん、やっぱりしっくりきません。 エアリスが2人の恋仲応援したいなら旅の途中にでもサラッと言ってそうだし、もっと2人っきりにしてあげたりとかしそうですけどね。 それか、単純に「 クラウドの中の私の初恋の人or元カレ ザックス の人格が私のことを好きなだけなの。 あなたのそれは違うから」って伝えてるだけだとしたらエアリスめちゃくちゃ痛い女になってしまいません? クラウド自身もまだこの時点では自分がザックスの記憶を擬態しているとは思ってないので、これだとエアリスは「突然夢で現れて自分の元カレっぽい人の話して消えてった女」じゃないですか。 クラウドにとっても「え、あいつ何しにここ来たん?何の話?気のせい?は?」って感じでは? そもそもこれだと冒頭の人の死について話したことや、クラウドとの別れを思わせるセリフとの関連性が無い気がします。 「人は死ぬから一瞬一瞬を大切にね、クラウドと会えて嬉しかったし楽しかったよ。 で、クラウド私のこと好きみたいだけどそれザックスの気持ちだからね~」って訳が分からなくないですか? 「それはザックスの感情だよ」と伝えることで今のクラウドの人格が本人のものではないことに気付いているのを助言しにきた?とも考えられなくないですがあちこち無理な解釈が必要なのでやっぱりこの説は個人的に推していません! お互い惹かれ合うからこその「悔しいけど 嬉しい」 ということで私の個人の見解としましては、エアリスが自分の最期を予見してしまったからこその「好きにならないで」だと考えておりますので、この流れで2人の会話を紐解いていくとまた非常に切なさを感じるのです。 エアリスに好きにならないでと言われたクラウドは、怒ったりムキになって否定するでもなく、一瞬はっとして目をそらします。 そして一言、「 ずいぶん一方的だな」。 もう少し膨らませると、「 俺の気持ちも知らないで、 ずいぶん一方的だな」なのでしょうか。 クラウドってエアリスのこと絶対好きでしょ と思わざるを得ないこの描写。 まるでクラウドの表情が言い当てられて気まずそうに視線を逸らした、みたいな。 2人の会話がなんとも切なく美しい。 その言葉を聞いた瞬間のエアリスの表情が、こちらです。 「 悔しいけど うれしい」 もう、なんとも切ない。 クラウドが大切だから、好きにならないでと牽制した。 そして、自分自身もこれ以上この人のことを好きにならないよう戒めた。 このイベントがあまりに儚い綺麗な夢物語なので、実際助けに行った時はそれはそれは感動的な再会が待っているのかと思いきや意外にもあっさり救出してましたけどね 笑 ただこんなにクラウドとエアリスが想い合っているような台詞、描写があったとしてもですよ。 何をどうやっても冒頭のクラウドとティファのイチャイチャっぷりが脳裏をよぎるのはリメイクをやっていれば言うまでもないというか…。 公式が もうティファルート一択!というのならそれに納得するほかありませんが、一応wヒロインと銘打っているのならオリジナル同様平等に扱って頂き、どちらか片方だけに偏るのだけは勘弁してほしいなあというのが私の本音です。 最後に 長くなりましたが、この記事ではエアリスの「好きにならないで」という言葉の意味について考察してみました。 この台詞一つで様々な解釈ができますが、私としてはその他の台詞の兼ね合いからも お互い惹かれ合いつつもエアリスが自分の最期を確信しているがゆえにこれ以上は踏み込まないようにしているために言った言葉なのだと考えます。 これが一番しっくりきました。 リメイクのクラウドは明らかにティファティファなんですけどね…。 とりあえず次回作以降がどうなるのかに期待です。 , LTD. All Rights Reserved.

次の