花組 公演。 花組公演 SS席

花組公演 SS席

花組 公演

そして今作がさよなら公演となるトップ娘役の花乃まりあさんは王女タルハーミネ役。 互いに心に想いを秘めていたはずなのに、その想いは憎みに変わります。 復讐することが唯一のギィの生きる希望でありタルハーミネとの繋がりだったのだと思います。 葛藤を抱えた役こそ本領発揮の明日海りお 「春の雪」に代表されるように、 明日海りおには葛藤を抱えた役が非常に似合うと思うのです。 そしてかなりひねくれた考え方をして素直ではなく、相手を屈服させようという気持ちが見え隠れする、決して性格がよろしいとは言えないような役が似合う。 本人の性格や性質はどちらかというとおっとりしているのに、です。 葛藤の裏にある素直に出したい気持ち、そういったものを表現するのが抜群に上手い役者なのです。 美しい、カッコイイだけではない明日海りおの魅力のひとつがこういう丁寧な芝居です。 今作のギィも非常によく表現されています。 金色の砂漠でも、人間としての尊厳や王女への愛の間に苦しむ役です。 ギィは幼い頃から奴隷として育てられるも、誇り高く育ち、王女タルハーミネが自分がしてあげたことに対してお礼を言わないことや、算術が自分の方ができるのに王女の代わりに罰を受けることなど、理不尽な境遇にあるギィ。 同じ人間なのに、なぜ身分が違うというだけでこんなに差があるのかなど疑問を持つような少年でした。 子役を演じているのが可愛い 普段子役は別の演者が演じることが多いのですが、今作のギィとタルハーミネは同じ演者が演じています。 (ちらっと出てくるジャーとプリー、ビルマーヤは別の演者です) その子供時代のギィとタルハーミネがとっても可愛らしいのです。 衣装とカツラでこんなに変わるのかってくらいに子供らしさが溢れています。 役者とはいえ、ついさっきまでギスギスしていた人たちと同じ人とは思えないくらいです。 純粋な子供のままで止まったらいいのに…そんな風にも思ってしまうシーンです。 復讐でとたんにイキイキしはじめる! そして後半からギィの復讐が幕を開けます。 前半は生気を感じないただ生きているだけという様子でしたが、後半の復讐を誓ったところから瞳に火がメラメラと見えるようなイキイキとした様子に変わります! 本当に目の奥に赤い炎が燃えているように見えました。 目に力が宿った瞬間のように見えました。 何度も電気ショックを与えられ続けた犬は電気ショックを受けても何も反応しなくなるという心理実験を聞いたことがあります。 心を癒すデュエットダンス 日本物があるときは日本物が先なので、金色の砂漠の後にショーはありません。 が、そういう場合に短いフィナーレがつきます。 その中で、特に素敵なのがデュエットダンスです。 お芝居の中では激しくぶつかり合うことしか出来なかった二人が、憎しみや復讐でしかいられなかった二人が、優しく微笑みあい叶わなかった想いがようやくここで通じたのかと思うようなシーンです。 憎しみや身分、しがらみから解放されて、生まれ変わったような幸せな二人の姿に心が癒されます。 ラストに幸せで美しいフィナーレがついていて本当に良かったです。 悲劇ですが魂は救われた気持ちになれます。 この公演は観ていて気持ちが忙しい!と思わずにはいられない程、どんどんと新しいことが起こります。 雪華抄でほうっ…とうっとりしたのも束の間、不思議な架空の国を旅して、復讐の世界に引き込まれていきます。 最後にそれを浄化するような美しいフィナーレで締めくくられるのが宝塚らしく、重い気持ちを軽やかにしてくれます。 最後は豪華な羽根と総スパンのお衣装で終わります。 1回目に観たとき、明日海さんの頭の飾りがお辞儀の前に取れてしまって「ああ~っ」て顔をされていたのですが、びっくりして諦めたように少し微笑まれてました。 銀橋を渡って戻ってきたときにはステージからなくなっていたのですが、瀬戸かずやさんが拾ってくれていたようです。 2回目のときは思わずそのシーンでドキドキしてしまいました。

次の

花組公演「金色の砂漠」感想【2016年/花組】~愛ゆえの復讐

花組 公演

どうも。 ここんところ、「アグレッシブ引き籠りライフ」にも慣れてしまい、張り合いがないので、「アマテラスライフ」と呼ぶことにしました。 「スサノオのばか!もう知らない!(CV:日髙のり子さん)」 と臨場感たっぷりに天岩戸にお隠れ遊ばし、仕事をしております。 次はなんて呼ぼうかしら。 さて、「たそのたそによるたそのための」偉業でもなんでもない半生自伝も、いよいよ「花組生編」に突入しました。 島耕作でいうと「学生島耕作」が「ヤング島耕作」になったところぐらいでしょうか。 まだまだ、目指すべき高みは先にありにけりです。 このまましばらくの間は「憧れのタカラヅカの舞台に立てた」という余韻にひたっていたかったのだが、そんな余裕は無かった。 なぜならば、花組のお稽古が目前に控えていたからである。 稽古初めの日は、「集合日」と呼ばれており、台本や譜面が配られる(ちなみにこの日に「この公演をもって宝塚歌劇団を卒業する」方の発表があるので、タカラヅカの熱心なファンの方は、ご贔屓の集合日付近の時期になるとソワソワする)。 各組のうち、配属先の「花組」が一番早く集合することになった。 初舞台の千秋楽から僅か1日後、花組に配属が決まった同期10人は、次回花組公演『ファントム』の稽古に向け、「お話し合い」(ミーティングのこと。 当時は必ず「お話し合い」と呼んでいた)をしていた。 初舞台の時は、自分たちの出演する場面は「口上」と「初舞台ラインダンス」に限られているため、別教室にて黙々と稽古を重ねる日々だったが、これからは「花組生」として稽古に参加するので、花組の組子(組の生徒のこと)の方々とご一緒して、一から作品を作っていくことになる。 私たち最下級生がどのように稽古場で過ごしたら良いのか、大まかな事柄を1学年上の方に教わり、それを元に同期で「集合日までに各々でやっておくべき事」を話し合った。 まずは何より、これからお世話になる上級生の方々のお名前を覚えることが先決。 各組の組子は1組約70名ほど在団しているので、70人の芸名を覚えれば良い……というわけではない。 演出家の先生や、上級生、同期同士、下級生、それぞれから呼ばれている名称が違うので、 芸名と、今回の上演作品である『ファントム』での役名、更には、期数(〇期生の方なのか)と愛称(・愛称がいくつもある方もいる)と、一人に対し沢山の呼び名を覚える必要がある。 先日、宙組の方々のお名前を覚えたのも束の間、今度は花組のお名前を明日までに覚えなくてはならなかった。 私はあまり人の名前を覚えるのが得意ではなかったので、『宝塚おとめ』を元に、ポケットに入るくらい小さいノートに上級生順にお一人お一人の顔写真を張り、覚えるべきことを書き連ねたカンニングノートを作成し、常に持ち歩くことで何とか覚えることができた。 そのうち、「宝塚おとめには記載されていない愛称」「宝塚おとめには記載されていない好きな食べ物」「宝塚おとめには記載されていないマイブーム」など…… 稽古を重ねていくうちに、テニスの王子様の乾先輩の㊙ノートに負けるとも劣らないデータがあふれたノートが出来上がった。 このノート作成をきっかけに、「相手の名前は特徴と共に覚えれば絶対に忘れない」ということがわかった私は、人の名前を覚えるのがめっちゃ得意になったので、みなさまにもぜひおススメしたい。 稽古の最中、当時の花組トップスターさんである春野寿美礼(はるの・すみれ)さんに、「天真はなんて呼ばれているの?」と聞かれた事があった。 最下級生にとって、トップスターさんの存在は神にも等しいので、嬉しさと緊張でパニくりながら、 「う……うめたそです。 」 と、当時宝塚おとめに記載したばかりの新愛称を伝えた。 すると春野さんは.

次の

花組公演「金色の砂漠」感想【2016年/花組】~愛ゆえの復讐

花組 公演

こういう晴れやかで明るいみりおが見たかったよね! ベアトリーチェゆきちゃん そういえばゆきちゃんの卒業公演なんですよね。 いい役だな〜。 最初はきゃぴきゃぴの現代っ子なのかと思ったけれども、意外にも「税金など国民に負担させればいい」発言に反発したり、「修道院ではお祈りしかしてなかった!」と文句を言いながら、自宅に戻ってもお祈りは欠かさないというしっかりもの。 しかし「私は自由に好きな人と結ばれるわ」ソングは「あれ…これってアナ雪…?」と思ってしまいました。 青いドレスだったのも相まって…。 わるいれいくん れいくん名前呼ばれないからぜんぜん名前わからなかったよ! れいくんは月組の「all for one」でいったら月城かなとくんがやっていたベルナルド的なお役ですな。 ベルナルドほどアホではないか…いやアホか…? 終盤のれいくんの行動は結局ちなつ美魔女を愛していたけれども素直になれなくて…とかそういうことだったわけ…?と思いましたよ。 そのへん雑だったよ生田先生! ちなつ夫人 名前が呼ばれないから名前を覚えられないよちなつ夫人。 黒魔術に傾倒して黒猫娘…?を飼っている…? 設定もりもりだな! ちなつ夫人もあれやこれやと悪事を企むのだけれど、結局夫の関心を引きたくて…という話だったのだろうか…。 そういえば愛がほしいとか言っていたような…? モジャモジャなマイティ なんだってあんなにもじゃもじゃなんだと思っていたけれど、のちのち伏線だったのか!とわかるw マイティ出番多かった割に階段降りが3人降りとは…とそんなところが気になってしまった…。 はっちさん 序盤から登場し、思わせぶりに「私を猊下と呼ばないように!」…といっていたからきっと重要人物なんだろうなーと思っていたらまさにそのとおりだった! はっちさんの男役芸はもはや極みにいるなあ…渋い。 でもあのぞろぞろなお衣装での階段降りは危ないと思う。 ものすごく気をつけて降りていたものはっちさん…。 おまけ:生田先生 生田先生といえば「春の雪」「ドン・ジュアン」「ひかりふる道」などなど、陰性な作品が多かったと思うのですが、今回は軽やかで良かったですね! あ、でも「伯爵令嬢」や「the wild meets the wild」があったか。 生田先生の言葉の使い方が好きなので今後も応援していきたい。 今回のコピーとか秀逸じゃないか! 「人生には恋と冒険が必要だ」と、それを登場人物が発していくのもいいな。 ただ、最終盤がえらく雑だなと感じたのでそこをなんとかしてほしいところですね! れいくん夫妻がとつぜん夫婦相和しはじめるところね。 総督もちょっとずいぶんと懐深すぎやしないかい…と思わないでもないけれど、カサノバいいヤツだからいいか!となりましたw CASANOVAは通える。 (チケットがあれば) 晴れやかで明るいみりおをありがとう生田先生…。

次の