裏 サンデー。 裏サンデーとは

懲役339年(1) (裏少年サンデーコミックス)

裏 サンデー

概要 [編集 ] 「掟破りの無料WEBマンガサイト」「脱獄型WEBコミックサイト」と題し、が4月18日より配信開始した無料コミック配信サイト。 開始時は編集部が運営していたが、後に独立し、現在は裏サンデー編集部が運営している。 とは異なり、WEB漫画作家を中心に起用されており、同年5月7日より平日日替わりで各連載作品を更新する。 各作品には1日1回投票可能な投票ボタンが付いており、作品毎の訪問数や得票数も公開され、読者がコメントをつけることが出来る機能も付与されている。 配信形式は電子書籍ビューワなどは使用せず、ダウンロード制限のない画像で掲載されている。 サイト開設以来、単行本が発売されても全話掲載をしてきたが、9月2日のリニューアル後、最新話と一部過去掲載分のみを公開することに変更された。 マスコットキャラはナマズの「ゲンコウ・ビリー」。 2014年12月、裏サンデーから派生した無料スマートフォンアプリ『』を開始し、2015年4月、サイトをリニューアルした。 現在はマンガワンの方がメインとなっている。 他の『サンデー』系列と比べて、プロデビューするまでの期間が非常に短いのが特徴である。 定期的に投稿企画をしたりなど、既存の漫画雑誌などと比べてもデビューしやすい傾向にある。 女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。 漫画家になりたい人、連載したい作家が連載したい作品の第1話・第2話・第3話を投稿して、読者の投票、コメントで評価され、優勝すればそのままその作品で必ず連載できるという内容である。 優勝すれば必ず連載という内容であるが、3回戦まで勝ち残り、上位入賞すれば連載できる傾向がある。 また、編集部での評価が高かった作品や、商業連載を意識していると判断された場合などでも連載する場合があるため、優勝できなくても連載できる可能性は高い方である。 歴代トーナメント [編集 ] 2013年3月8日~2013年6月17日に開催。 編集部の予想を遥かに超える235作品が投稿された。 そのため一部ルールが変更されたが、作品数が多いため埋もれてしまう作品が出たこと、不正投票が発生したことなどが問題視された。 しかし、後に作者が連載を辞退したため、連載は中止となってしまった。 ちなみに、第1回連載投稿トーナメント出身者のスバルイチが、後に裏サンデーでデビューしている。 2013年9月13日~2013年12月23日に開催。 140作品が投稿された。 前回の反省から、掲載順をランダムにしたり、投票率以外の途中結果を分からなくしたりした。 優勝作品は、伊勢ともかの「懲役339年」。 また、商業連載を意識していると判断されたため、第2位の「Helck」と第3位の「ラブ・ボーイ・ラブ」もそのまま連載化することになった。 さらに、第6位であった「間宮さんといっしょ」も後に連載化することになった。 2014年8月6日~2014年11月14日に開催。 216作品が投稿された。 今大会より、編集部推薦枠が設けられた。 優勝作品は、の「堕天作戦/虚空処刑」。 さらに、編集部の協議の結果、2位~6位までの作者も連載することになった(投稿トーナメントの作品の連載、新作の連載、リメイク連載など)。 2015年4月20日~2015年7月31日に開催。 202作品が投稿された。 多重投票や不正票が発生し問題となった。 優勝作品は、庭猫もるの「電流少年」。 2016年1月26日~2016年5月9日に開催。 135作品が投稿された。 今大会より、『 マンガワン連載投稿トーナメント』の名称になった。 これまで多重投票や不正票などが問題となったため、投稿作品は裏サンデーと両方で読めるが、投票はMangaONEからのみとなった。 また、今大会より賞金制度が導入された。 優勝作品は、飯田の「給食の時間です。 U-2リーグ [編集 ] 裏サンデーがかつて行っていた企画。 第1回連載投稿トーナメントの時に、「もっとあの作品が読みたい」「続きが気になる」「途中まで描いて完結していないので、作品の続きを裏サン読者に読んでもらいたい」という読者と作者からの声が多く届いたため作られた。 「U-2リーグの週間ランキングで連載上位陣と互角だと思える票数を一定期間獲得した場合、連載作品へ繰り上げをする」というルールのもと、2013年9月11日~2014年12月31日にかけて連載されていた。 正式連載に昇格したのは、ガオシ(『間宮さんといっしょ』)と艮田竜和(『銀狼ブラッドボーン』という別作品で昇格・原作担当)の2名。 また、一部の作品は他社に移籍した。 参加者• ガオシ『間宮さんといっしょ』(正式連載に昇格)• 艮田竜和『異能力バトルロイヤル』(『銀狼ブラッドボーン』で正式連載に昇格)• 宮川大河『多数欠』(から単行本が発売、に移籍し続編を連載)• 『寿司 虚空編』(コミックに移籍し連載)• 今越章了『マビロリウム』 (に移籍し連載)• 駄目之丸・ユーキチ『勝込学園』• あゆ『パニャップとにかく大冒険』• 夜中温『ヒロイック紀行』• ささみ『土曜0時のターミナル』• 『スプライトリミット! 』 レーベル [編集 ] 「裏少年サンデーコミックス」ので2012年11月16日より単行本が発売中。 基本、B6版で発売しているが、『マギ シンドバッドの冒険』のみ少年サンデーコミックスと同じ新書版で発売している。 また、『市場クロガネは稼ぎたい』のみ「少年サンデーコミックス」のレーベルで発売している。 週刊連載の場合、単行本化は確約されているが、月刊連載の場合、180ページ分打ち切られず連載できれば単行本化というシステムになっている。 初の単行本発売の前日より、「赤字のため単行本が売れなければ裏サンデー終了の可能性があります」という告知を行い、話題となった。 収益 [編集 ] 当初は課金システムや広告モデルなどを導入せず、単行本販売のみで採算をとる仕組みであった。 そのため初の単行本発売の前日に「赤字のため単行本が売れなければ裏サンデー終了の可能性があります」と告知をしたが 、単行本の売上はユーザー数の割に低い状態にとどまっていた。 2013年3月、ユーザーが増えるに伴ってサーバー維持費なども増えたため、費用を賄うために広告をつけたり、連載作品の一部を公開制限したりなどのリニューアルを行った。 作品の閲覧を制限したことで結果的に単行本の売上は伸びたが、今度はユーザー数の伸びが止まってしまう。 どうしようか悩んでいた時、裏サンデーで実施していた「ビジネスパートナー募集」の企画で、Link-Uからアプリを作らないかという提案があり、2014年12月、裏サンデーのアプリ版である『』を開始する。 MangaONEではライフ制を軸とした閲覧制限と課金システムを採用している。 評価 [編集 ] リリース当初から「面白い」「読みやすい」とを利用した口コミで広まりを見せ 、2012年11月には月間平均ページビュー(PV)1000万・UU80万を獲得し、「日本一人が集まるコミックサイト」となった。 2014年9月には、月間UU120万・月間PV2700万にまで成長するが、この頃になると漫画配信アプリが台頭し、一部アプリは裏サンデーより多くのユーザーを集めるようになっていた。 経営面では当初単行本が思ったように売れず苦戦していた。 しかし、前述のようにアーカイブスの閲覧を制限したことで単行本の売上が伸び 、2014年7月時点では「非常に好調」であるとされる。 脚注 [編集 ] []• eBook USER 2012年4月4日• eBook USER 2012年4月18日• 2015年8月11日閲覧。 小学館. 2019年4月12日閲覧。 WEB版では第17話以降は戸塚たくすのネームでの配信、単行本では阿久井真の作画で発売。 ただし、週刊連載したにもかかわらず「かけてもいいが、これは絶対に恋ではない。 」「マワリの情景 ~部活編~」「HANGED MAN」の3作は単行本化されていない。 また、「ゼクレアトル ~神マンガ戦記~」は4巻以降がなぜか発売されていない。 2015年7月19日閲覧。 2015年8月11日閲覧。 2015年8月11日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - 現在はこちらがメインとなっている。 - 月刊少年サンデー。 - サンデーの系漫画雑誌。 - サンデーの。 外部リンク [編集 ]•

次の

裏サンデーのコミックス一覧【発売日が新しい順】

裏 サンデー

終身刑では償いきれないとされる罪を、生まれ変わっても償わされる世界。 輪廻転生で延々と受け継がれる贖罪を、繰りかえして読んでいるうちに 一言では伝わらないテーマが、じわじわと染み入ってくる。 病や災いに悩まされた人であれば 「前世からの宿縁」という言葉が、いかにも理不尽に聞こえるかも知れない。 国内外から絶えず聞こえる謝罪と反省しろの声に重ねて、違和感を芽吹かせる人もいるかも知れない。 いま産声をあげている赤子にも、いずれは怨嗟や敵愾心が向けられ 謝罪と反省の教育がなされるのだろうかと・・・ あれこれ考えさせてくれる良い作品だった。 一巻を無料期間に拝読させていただいた感謝に代えて、レビューを。 続刊の評判を調べてみて、尻上がりなようなら購読してみたい。 画力についてはご心配なく。 一巻の内でさえ、目を見張るほどに洗練されていく。 経験なかった人が、いきなり描き始めたのだから 「酷い」から「酷くはない」、「上手くはないけど気にならない」と、日進月歩で上達していくので。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. filter A ;a. length! a return! type? target. parentElement:a. target;if! hasAttributes! attributes return! 1;Object. keys c. attributes[a]? attributes[a]. value:""; c[a] "". a return! extractStringValue a. nodeName "". extractStringValue a. type "". extractStringValue a. href "". extractStringValue a. id "". split " " ; if -1! indexOf "http" -1! indexOf a return! count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. violations",h ;ue. count "armored-cxguardrails. unresponsive-clicks. addEventListener "mousedown",w,! 0 ,b. addEventListener "beforeunload",l,! 0 ,b. addEventListener "visibilitychange",l,! 0 ,b. addEventListener "pagehide",l,! 0 ;b. 0,attributes:! 0,characterData:! 0,subtree:! errorHandlers e. errorHandlers. getElementsByTagName "html" [0]. substr 0,b. split String. max b. slice d,b. length-1 ;a. length? length? errorHandlers a. errorHandlers. com? count "WeblabTriggerThresholdReached",1 ,b. error "Number of max call reached. 2E3.

次の

[B!] 裏サンデー

裏 サンデー

概要 [編集 ] 「掟破りの無料WEBマンガサイト」「脱獄型WEBコミックサイト」と題し、が4月18日より配信開始した無料コミック配信サイト。 開始時は編集部が運営していたが、後に独立し、現在は裏サンデー編集部が運営している。 とは異なり、WEB漫画作家を中心に起用されており、同年5月7日より平日日替わりで各連載作品を更新する。 各作品には1日1回投票可能な投票ボタンが付いており、作品毎の訪問数や得票数も公開され、読者がコメントをつけることが出来る機能も付与されている。 配信形式は電子書籍ビューワなどは使用せず、ダウンロード制限のない画像で掲載されている。 サイト開設以来、単行本が発売されても全話掲載をしてきたが、9月2日のリニューアル後、最新話と一部過去掲載分のみを公開することに変更された。 マスコットキャラはナマズの「ゲンコウ・ビリー」。 2014年12月、裏サンデーから派生した無料スマートフォンアプリ『』を開始し、2015年4月、サイトをリニューアルした。 現在はマンガワンの方がメインとなっている。 他の『サンデー』系列と比べて、プロデビューするまでの期間が非常に短いのが特徴である。 定期的に投稿企画をしたりなど、既存の漫画雑誌などと比べてもデビューしやすい傾向にある。 女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。 漫画家になりたい人、連載したい作家が連載したい作品の第1話・第2話・第3話を投稿して、読者の投票、コメントで評価され、優勝すればそのままその作品で必ず連載できるという内容である。 優勝すれば必ず連載という内容であるが、3回戦まで勝ち残り、上位入賞すれば連載できる傾向がある。 また、編集部での評価が高かった作品や、商業連載を意識していると判断された場合などでも連載する場合があるため、優勝できなくても連載できる可能性は高い方である。 歴代トーナメント [編集 ] 2013年3月8日~2013年6月17日に開催。 編集部の予想を遥かに超える235作品が投稿された。 そのため一部ルールが変更されたが、作品数が多いため埋もれてしまう作品が出たこと、不正投票が発生したことなどが問題視された。 しかし、後に作者が連載を辞退したため、連載は中止となってしまった。 ちなみに、第1回連載投稿トーナメント出身者のスバルイチが、後に裏サンデーでデビューしている。 2013年9月13日~2013年12月23日に開催。 140作品が投稿された。 前回の反省から、掲載順をランダムにしたり、投票率以外の途中結果を分からなくしたりした。 優勝作品は、伊勢ともかの「懲役339年」。 また、商業連載を意識していると判断されたため、第2位の「Helck」と第3位の「ラブ・ボーイ・ラブ」もそのまま連載化することになった。 さらに、第6位であった「間宮さんといっしょ」も後に連載化することになった。 2014年8月6日~2014年11月14日に開催。 216作品が投稿された。 今大会より、編集部推薦枠が設けられた。 優勝作品は、の「堕天作戦/虚空処刑」。 さらに、編集部の協議の結果、2位~6位までの作者も連載することになった(投稿トーナメントの作品の連載、新作の連載、リメイク連載など)。 2015年4月20日~2015年7月31日に開催。 202作品が投稿された。 多重投票や不正票が発生し問題となった。 優勝作品は、庭猫もるの「電流少年」。 2016年1月26日~2016年5月9日に開催。 135作品が投稿された。 今大会より、『 マンガワン連載投稿トーナメント』の名称になった。 これまで多重投票や不正票などが問題となったため、投稿作品は裏サンデーと両方で読めるが、投票はMangaONEからのみとなった。 また、今大会より賞金制度が導入された。 優勝作品は、飯田の「給食の時間です。 U-2リーグ [編集 ] 裏サンデーがかつて行っていた企画。 第1回連載投稿トーナメントの時に、「もっとあの作品が読みたい」「続きが気になる」「途中まで描いて完結していないので、作品の続きを裏サン読者に読んでもらいたい」という読者と作者からの声が多く届いたため作られた。 「U-2リーグの週間ランキングで連載上位陣と互角だと思える票数を一定期間獲得した場合、連載作品へ繰り上げをする」というルールのもと、2013年9月11日~2014年12月31日にかけて連載されていた。 正式連載に昇格したのは、ガオシ(『間宮さんといっしょ』)と艮田竜和(『銀狼ブラッドボーン』という別作品で昇格・原作担当)の2名。 また、一部の作品は他社に移籍した。 参加者• ガオシ『間宮さんといっしょ』(正式連載に昇格)• 艮田竜和『異能力バトルロイヤル』(『銀狼ブラッドボーン』で正式連載に昇格)• 宮川大河『多数欠』(から単行本が発売、に移籍し続編を連載)• 『寿司 虚空編』(コミックに移籍し連載)• 今越章了『マビロリウム』 (に移籍し連載)• 駄目之丸・ユーキチ『勝込学園』• あゆ『パニャップとにかく大冒険』• 夜中温『ヒロイック紀行』• ささみ『土曜0時のターミナル』• 『スプライトリミット! 』 レーベル [編集 ] 「裏少年サンデーコミックス」ので2012年11月16日より単行本が発売中。 基本、B6版で発売しているが、『マギ シンドバッドの冒険』のみ少年サンデーコミックスと同じ新書版で発売している。 また、『市場クロガネは稼ぎたい』のみ「少年サンデーコミックス」のレーベルで発売している。 週刊連載の場合、単行本化は確約されているが、月刊連載の場合、180ページ分打ち切られず連載できれば単行本化というシステムになっている。 初の単行本発売の前日より、「赤字のため単行本が売れなければ裏サンデー終了の可能性があります」という告知を行い、話題となった。 収益 [編集 ] 当初は課金システムや広告モデルなどを導入せず、単行本販売のみで採算をとる仕組みであった。 そのため初の単行本発売の前日に「赤字のため単行本が売れなければ裏サンデー終了の可能性があります」と告知をしたが 、単行本の売上はユーザー数の割に低い状態にとどまっていた。 2013年3月、ユーザーが増えるに伴ってサーバー維持費なども増えたため、費用を賄うために広告をつけたり、連載作品の一部を公開制限したりなどのリニューアルを行った。 作品の閲覧を制限したことで結果的に単行本の売上は伸びたが、今度はユーザー数の伸びが止まってしまう。 どうしようか悩んでいた時、裏サンデーで実施していた「ビジネスパートナー募集」の企画で、Link-Uからアプリを作らないかという提案があり、2014年12月、裏サンデーのアプリ版である『』を開始する。 MangaONEではライフ制を軸とした閲覧制限と課金システムを採用している。 評価 [編集 ] リリース当初から「面白い」「読みやすい」とを利用した口コミで広まりを見せ 、2012年11月には月間平均ページビュー(PV)1000万・UU80万を獲得し、「日本一人が集まるコミックサイト」となった。 2014年9月には、月間UU120万・月間PV2700万にまで成長するが、この頃になると漫画配信アプリが台頭し、一部アプリは裏サンデーより多くのユーザーを集めるようになっていた。 経営面では当初単行本が思ったように売れず苦戦していた。 しかし、前述のようにアーカイブスの閲覧を制限したことで単行本の売上が伸び 、2014年7月時点では「非常に好調」であるとされる。 脚注 [編集 ] []• eBook USER 2012年4月4日• eBook USER 2012年4月18日• 2015年8月11日閲覧。 小学館. 2019年4月12日閲覧。 WEB版では第17話以降は戸塚たくすのネームでの配信、単行本では阿久井真の作画で発売。 ただし、週刊連載したにもかかわらず「かけてもいいが、これは絶対に恋ではない。 」「マワリの情景 ~部活編~」「HANGED MAN」の3作は単行本化されていない。 また、「ゼクレアトル ~神マンガ戦記~」は4巻以降がなぜか発売されていない。 2015年7月19日閲覧。 2015年8月11日閲覧。 2015年8月11日閲覧。 関連項目 [編集 ]• - 現在はこちらがメインとなっている。 - 月刊少年サンデー。 - サンデーの系漫画雑誌。 - サンデーの。 外部リンク [編集 ]•

次の