ゲンチアナ バイオレット。 クリスタルバイオレット

クリスタルバイオレットとは

ゲンチアナ バイオレット

概要 [ ] グラム染色によって細菌類は大きく2種類に大別される。 染色によって紫色に染まるものを 、紫色に染まらず赤く見えるものを という。 この染色性の違いはの構造の違いによる。 グラム陽性はが厚く、グラム陰性はペプチドグリカン層が薄く、さらにを有する。 そしてこの細胞壁の構造の違いは、この両者が生物学的に大きく違うことを反映しており、グラム染色は細菌を分類する上で重要な手法になっている。 は、その外膜がや粘液層で覆われた構造となっているものが多く、例外はあるものの、一般的な傾向としては相対的に病原性が高い。 このような構造は細菌細胞の抗原を隠しカモフラージュするように働く。 人間の免疫系は異物を抗原により認識するから、抗原が隠されると、侵入してきたものを人体が探知するのが難しくなる。 莢膜の存在はしばしば病原菌の毒性を高める。 さらに、グラム陰性菌は外膜にリポ多糖類であるを持っているが、これが炎症を悪化させ、ひどい場合には敗血症性ショックを引き起こすこともある。 は一般的には相対的にそれほど危険ではない。 これは人体がペプチドグリカンを持たず、従ってグラム陽性菌のペプチドグリカン層にダメージを与える酵素を作る能力を持っているからである。 また、グラム陽性菌はなどのに対する感受性が高いことが多い。 なお、こういった傾向に対する例外としてはやなどの・などが知られている。 を使って細菌の形態を観察することは、細菌を同定するための第一歩である。 しかし、に塗抹した細菌をそのまま観察しても細菌以外のものとの見分けが付きにくいため、通常は染色を施すことが多い。 グラム染色は二種類の色素を使って染め分ける点では、一種類の色素によるもの(単染色)より複雑な染色法であるが、その操作自体は比較的容易であり、しかも細菌の大きさ、形状、配列に加えて、グラム染色性(=細胞壁構造の違い)の情報まで得られる。 このため、細菌の鑑別の際にはまず最初に必ず行われる基本的な同定法である。 基本的な方法 [ ]• きれいなに、新しく分離培養した菌を含む菌液を、などで薄く曇る程度に塗抹し、乾燥後、の火炎中を2-3回通過させて固定する。 古い培養液では、グラム陽性菌であっても死んでしまっていて染まらない場合があるため、必ず新しく分離培養したものを用いる。 またはなどの塩基性の紫色色素液で1分程度染色する。 この段階では、菌はグラム陽性と陰性に関わらず紫色に染まる。 この処理で色素が不溶化される。 1分間水洗した後、過剰の水分を除く。 この段階でグラム陰性菌だけが脱色される。 ただちに水洗し、風乾する。 またはなどの赤色色素で1分程度染色する(対比染色)。 この処理で両方の菌は赤染されるが、グラム陽性菌は先に染めた紫色が残っているため変化はない。 乾燥後、で観察する。 は濃紫色、は赤色に染まって見える。 グラム染色で失敗する場合、その多くはエタノールによる脱色の過剰で、この場合グラム陽性菌が陰性に見えてしまう。 こうした判定のミスを予防するために、操作に慣れるまでは対照となる検体(例えばグラム陰性の対照に、グラム陽性の対照に)を同じスライドグラス上で一緒に染色して、染まり方を確認するのが薦められる。 後染色はサフラニンによる方法(Huckerの変法)が標準的であるが、サフラニンは一部の細菌の染色態度が良くないので、臨床診断で用いる場合には、可能ならばフクシンを用いることが推奨されている。 ベッドサイドや臨床検査部などではヨウ素処理と脱色を一つの液にまとめ、サフラニンをフクシンに代えた迅速法(商品名 フェイバーGなど)が用いられることが多い。 この場合、媒染脱色液はエタノールと同じ扱いになる。 染色態度はHuckerの変法に劣らず、かかる時間は短い。 染色原理 [ ] 真正細菌の細胞壁 これまでグラム染色性の違いは、細菌の細胞壁の構造によると考えられてきた。 グラム陽性菌の細胞壁が、一層の厚い層から構成されているのに対し、グラム陰性菌では、何層かの薄いペプチドグリカン層の外側を、と呼ばれる、(リポポリサッカライド LPS)を含んだが覆う形となっている。 このため、アルコールなどで処理すると、グラム陰性菌の外膜は容易に壊れ、また内部のペプチドグリカン層が薄いために、細胞質内部の不溶化した色素が容易に漏出して脱色される。 グラム陽性菌ではこの漏出が少なく、脱色されないまま色素が残る。 2015年にMichael J. Wilhelmらは、染色に用いられるクリスタルバイオレットは細胞質内部まで浸透出来ず、大部分がペプチドグリカン層にトラップされると説明している。 グラム陽性菌ではペプチドグリカン層が厚いため色素の漏出が少ないが、グラム陰性菌はペプチドグリカン層が薄く、エタノール洗浄で容易に色素が漏出、脱色しうる。 これは長い間考えられてきたグラム染色の原理に一石を投じるものであり、注目に値する。 なお、元から細胞壁を持たないやはグラム陰性である。 また、抗酸菌はグラム不定性を示すが、これは抗酸菌の細胞壁にと呼ばれる性の脂質が多く含まれているため、水溶性色素の浸透が悪いためである。 また、を作る菌では、芽胞の部分は染色されず透明に見える。 グラム染色性による分類 [ ] 代表的な細菌について、グラム染色の結果を示すと以下のようになる。 属(ブドウの房状に配列する。 、などが含まれる)• 属(直鎖状に配列、双球菌、4連、8連球菌など。 、などが含まれる)• 芽胞を作る菌:(、など)と(、など)• (など)• (、)• (ニキビの原因となるなど)• (など)• (など)• (など)• (、、、、など)• (ただし、レジオネラはグラム染色では染色性が良くないので、微生物学的な同定にはを用いる。 (など)• らせん状桿菌• (状形態をとる:、など)• 、など• リケッチア、クラミジアはにを欠く。 マイコプラズマはそのものを持たないため、染まらない。 グラム不定性• (分類上は放線菌に近くグラム陽性:、など) なお、グラム染色法自体は真正細菌以外の細胞にも行うことが可能であり、その場合、の有無によって染色性が決まる。 動物細胞はグラム陰性に、細胞や細胞はグラム陽性に染まる。 一般的なは、と呼ばれる細胞壁を持つがグラム陰性である。 その他、一部のを持つ古細菌(、など)や、大型の(ミミウイルス)もグラム陽性に染まる。 しかしながら、これらは真正細菌の細胞壁合成を阻害するなどのに対し非感受性である。 脚注 [ ] [] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

生薬の玉手箱 【ゲンチアナ】

ゲンチアナ バイオレット

内視鏡検査中に各種の色素剤の散布を行い、その反応を観察する「色素法」は、病変の認識・病変範囲の確定・深達度の評価に有用です。 日本の消化器内視鏡の診断技術は世界トップレベルにあると高く評価されていますが、その要因として、海外に比べて異常が疑われる場合に色素散布と生検を積極的に行っている点が挙げらます。 手法 使用する色素の例 原理 コントラスト法 インジゴカルミン 色素液のたまりを利用して、病変の凹凸を強調します 染色法 トルイジンブルー メチレンブルー 色素液が生体組織を染色する現象を観察します 反応法 ルゴール クリスタルバイオレット 色素剤がある特定の環境下で特異的に反応する現象を観察する方法 蛍光法 フルオレスチン アクリジンオレンジ 色素の蛍光発現を観察します 血管内色素投与法 インドシアニングリーン 血管内に色素を投与し、臓器が色素によって発色する現象を観察します 色素剤には様々な種類があり、それぞれ原理や色彩が異なるなどの特徴があります。 したがって、一口に色素法といっても、部位や病変によって使用する色素剤は異なります。 上の表は主な色素剤の分類とその原理を簡単にまとめたものですが、消化器内視鏡の診断で使用頻度の高い色素剤とその特徴は以下の通りです。 ヨード法(ルゴール法) 反応法の1つで、食道病変(特に食道がん)の検査には欠かせません。 通常は褐色調ですが、正常食道上皮のグリコーゲンと反応して、黒褐色に変色し、病変部(変色しない)が浮き上がって見えます。 ただし、食道上皮に異常がある場合はグリコーゲンの量に変化が生じ、変色が弱くなったり、変色しなかったりします。 また、がん以外にも、炎症などでもルゴールに染まらないこともあります。 ルゴールを散布する際に注意しなければならないことは、その強い刺激性のために、散布後に胸痛や胸が染みるなどの症状を訴える患者が多く、その症状は数時間から1日続く、という点です。 また、ルゴールを誤嚥すると強い"むせ"を生じるため、検査にも支障が出ます。 ルゴールを散布する際には必ず患者に「胸がしみるが驚かないでください」「喉に上がってきた液体(ルゴール)を飲み下さないでください」と伝えておく必要があります。 検査後はチオ硫酸ナトリウム液(商品名:デトキソール、ハイポエタノール)で、ルゴールを洗い流します。 近年、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が普及し、内視鏡的に正確な範囲診断が求められるようになりました。 そのため、範囲診断の精度を高めるために様々な試みがなされ、狭帯域光観察(NBI)併用拡大内視鏡、酢酸散布法、酢酸エンハンス拡大観察法、酢酸散布・インジゴカルミン併用法などが開発されました。 酢酸を使用する方法は、酢酸散布により粘膜が白色化することを利用して鮮明な画像を得る内視鏡検査法です。 非がん部の粘膜は、白色から従来の色調に戻るのに数分かかりますが、がん部は非がん部に比べて早期に白色化が消失します。 そのため、がん部が赤く観察されコントラストが生じ、がんの診断範囲が容易になります(酢酸散布法)。 引き続き拡大観察を行うことで、粘膜模様を立体的に観察でき、通常観察では観察しにくいがん部の表面構造も描出できるようになります(酢酸エンハンス拡大観察法)。 また、酢酸散布後にインジゴカルミンンを散布すると、非がん部にはインジゴカルミンが付着しますが、がん部には付着しないため、酢酸単独に比べ、より境界を明瞭にすることができます(酢酸散布・インジゴカルミン併用法)。

次の

入札公告(食品に残留する農薬等の成分である物質(ゲンチアナバイオレット)の試験法開発一式)|厚生労働省

ゲンチアナ バイオレット

の クリスタルバイオレット トリアミン - トリフェニルメタンの有機、合成、アルカリ染料です。 それは暗緑色の金属光沢を有する粉末として見いだされた。 それは、ヘキサメチルパラロサニリンまたはメチルバイオレット、アニリンバイオレット、リンドウバイオレットなどを挙げることができる、いくつかの名称を受ける。. クリスタルバイオレット染料の名前はバイオレットとリンドウの花の花びらの色に似ていることから取られました。 その起源はこれらの花の抽出物とは無関係です. 紫色の結晶は、とりわけ縮合、付加、塩素化反応を含むいくつかの経路によって得られる。 すべて原料としてN、N-ジメチルアニリンを含む. それは印刷物を作るのに使用されるインクの部品としてそしてペンで使用されます。 それはまた他の製品の中でも、革、紙、洗剤、肥料を染めるのに使われます。. 防腐剤として広く使用されていました。 それは、有糸分裂、抗菌、駆虫および抗真菌特性を持ちます。 その作用機序は静菌性です. それは組織切片を染色するために組織学において、そしてグラム染色によるそれらの染色特性に従って細菌を着色しそして分類するために微生物学において使用される。. 1特徴• 1分子式• 2配合重量• 3融点• 4沸点• 5密度• 6溶解度• 7 Pka• 8反応性• 2どうしますか? 3つの用途• 1インクの成分• 2一時的な皮膚のマーキングの場合• 3グラム色• 4いくつかの病気の治療として• 5感染症の治療において• 6実験室および生物医学研究• 4参考文献 特徴 上の画像では、トリアミントリフェニルメタン分子の構造がわかりました。 青い球は窒素原子に対応し、一番上には正の形式電荷を持つ窒素があり、それがClアニオンを引きつけます。 - (緑色の球). spハイブリダイゼーションのため、構造は3つの芳香環で平らです。 2 その炭素原子の。 上側の環は芳香族であるが、内側に点線を含まないことに注意されたい。 これは、その二重結合の共鳴が好まれていないことを意味します. クリスタルバイオレット分子は悪名高い極性です。 なんで?なぜなら、窒素の3つの電気陰性原子がそれらの一対の自由電子を芳香環に与え、そしてこの電子密度の一部が部分電荷(N)を持つ窒素原子によって引き寄せられるからです。 分子式 C 25年H 30ClN 3 計算式重量 407. クリスタルバイオレットはエーテルに不溶、水、クロロホルム、アルコールに可溶です。 クリスタルバイオレットを水に溶かすと、青または紫の色になります。. Pka 9. 色のこの変化は分子の異なる電荷変化を反映しています. 反応性 それは、他の特性の中でも、光に敏感で、酸や強い酸化剤とは相容れない. どうやって得ますか? クリスタルバイオレットは様々な方法で得られてきた。 これは、ジメチルアニリンとホスゲンを反応させた2人のドイツ人化学者、カロとカーンによって初めて準備された。. この反応により、ミヒラーケトンとしても知られる中間生成物、4,4'-ビス(ジメチルアミノ)ベンゾフェノンが得られた。 次にこのケトンをオキシ塩化リンおよび塩酸を用いてさらにジメチルアニリンと反応させた。. クリスタルバイオレットクリスタルとヨウ素の混合試薬は、ジェンティアンバイオレットとして知られています。 クリスタルバイオレットを調製する別の方法は、ジメチルアミンとホルムアルデヒドの縮合反応によるもので、白色の染料が得られます。. pH、光または熱の条件に応じて、この白い染料は2色の間で振動する可逆的な変換を受けることができます。. 用途 インクの成分 リンドウバイオレットは、木材、皮革、シルク、紙などの多種多様な材料を染色するインクに使用できます。 それはペンキ、肥料、洗剤、冷却剤で使用されます. それはペンの黒と紺のインクで、印刷をするためにインクで使われます。 染毛剤におけるその使用も記載されている。. 肌に一時的なマーキングがある場合 それは皮膚のマーキングをするのに使用されて、体の手術の成績の範囲を限定します。 同様に、それはピアスが配置される皮膚上の場所をマークするために使用され、そしてそれはアレルギー試験におけるマーカーとして有用である。. グラム色で 紫色の結晶は、グラム染色法の構成要素の一部です。 これは、細菌をグラム陽性菌、またはグラム陰性菌として分類することを可能にする。 しかし、それらのうちのいくつかはグラムと着色しません. クリスタルバイオレットの使用は、細菌の厚い細胞壁を通してこれが浸透することに基づいています。 したがって、その細胞構造は染料を保持し、紫色の細菌を染色します。 これはグラム陽性菌の場合です. 一方、細菌の細胞壁が薄い場合、それらはグラム陰性菌として分類されます。 これにより、染料はそれらを染色するのに十分なほど長くそれらの内部に留まることができない(トリアミントリフェニルメタン分子は容易に出入りする)。. 後に、グラムと同じ方法をとる対比染色の過程で、バクテリアはfusicada fusicadaで着色され、ピンクのままです。. バクテリアが細胞壁を持たず、そしていかなる種類の着色も示さない場合、それらはグラムで着色しないバクテリアとして分類されます。. いくつかの病気の治療として -紫色のガラスは、アトピー性皮膚炎などの様々な病気の治療と同様に、皮膚や粘膜の傷を覆う消毒剤として(局所または外用)非常によく使われていました。. -痔核の治療におけるその有用性が記載されています. -抗腫瘍性があります. -それは、神経変性疾患、多発性骨髄腫、および乳癌に使用されています. 感染症の治療に -バイオレットクリスタルは、さまざまな種類の微生物を排除するのを助ける特性を持っています。 その中には真菌があります。 つまり、それは抗真菌です. -口内カンジダ症の治療に使用され、真菌によって引き起こされる他の病気の感染症の中でも、水虫、爪の真菌症(爪真菌症)を排除します。. -それは特にペニシリンのようなある抗生物質に対してアレルギーを持っているそれらの人々のために非常に役に立ちました。. -それはまた寄生虫です。 それは蠕虫寄生虫(駆虫薬)を除去するのに役立ち、原虫トリパノソーマに対して有効です. -それは牛や魚の中でさえも動物の目や皮膚の感染症の治療に非常に有用です。 クリスタルバイオレット染料が静菌作用の優勢を有することが決定された。. 実験室および生物医学研究において -クリスタルバイオレットは、実験室で酸塩基指示薬として使用され、その色は緑色からpH 0. 5、青色からpH 2まで変化します。 亜鉛、カドミウム、金、水銀などの金属イオンの定量に使用できます。 、とりわけイオン. -バイオレットクリスタルは、電気泳動DNAゲルランで蛍光色素臭化エチジウムの代わりに使用される無毒な代替品です。. -クリスタルバイオレットとホルマリンは、得られた細胞を培地に着色して固定するのに非常に役立ち、細胞の視認性を促進します。. 参考文献• ウィキペディア(2018)。 クリスタルバイオレット。 取得元:en. wikipedia. org• 化学書(2017)クリスタルバイオレット。 以下から取得しました:chemicalbook. com• PubChem。 (2018)。 リンドウバイオレット取得元:pubchem. ncbi. nlm. nih. gov• モニカZ. ブルックナー。 (2016年11月3日)グラム染色取得元:serc. carleton. edu• DrugBank (2018)。 リンドウバイオレット取得元:drugbank.

次の