アブ 写真。 アブ

初めに of 貧相アブ衛門の嘆き

アブ 写真

生態 [ ] は、の4分の1ほどの小ささ(約3~5mm)で透明な羽を持ち、体は黒っぽく丸まったような形をしているものが多い。 天敵はなど。 では約60種ほどが生息しており、主に見られるアシマダラブユは全国各地に、キアシオオブユは、、に分布する。 春に羽化した成虫は交尾後、水中や水際に卵塊を産み付ける。 は約10日で孵化し、はの岩の表面や水草に吸着し、3~4週間で口から糸を吐きそのまま水中で蛹になり、約1週間ほどで羽化する。 成虫になると基本的に積雪時を除き一年中活動するが、特に春から夏(3月~9月)にかけて活発に活動する。 夏場は気温の低い朝夕に発生し、昼間はあまり活動しない。 ただし曇りや雨など湿気が高く日射や気温が低い時は時間に関係なく活動する。 また、黒や紺などの暗い色の衣服や雨合羽には寄ってくるが、黄色やオレンジなどの明るい色の衣服や雨合羽には比較的寄ってこない。 似た昆虫として、顔の周りを飛び回り、目の中に飛び込んでくるハエ目の等が挙げられるが、これらは吸血しない。 上記のようにブユの幼虫は渓流で生活しているため、成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いなどで多く見られる。 また、幼虫は清冽な水質のとなるほどに弱いため、などではほとんど見られない。 ブユの害 [ ] やと同じくメスだけが吸血するが、それらと違い吸血の際はを噛み切り吸血するので、中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れる。 その際に唾液腺からを注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しいや、の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。 体質や咬まれた部位により腫れが1ヵ月以上ひかないこともままあり、慢性痒疹の状態になってしまうと完治まで数年に及ぶことすらある。 多く吸血されるなどした場合はやを併発したりなどで重篤状態に陥ることもある。 予防に関しては、一般的なカ用の虫除けスプレー等は効果が薄いので、ブユ専用のものを使うことが有効である(の水溶液でもよい)。 また長袖や長ズボン、手甲や脚絆などを身につけ、素肌を露出させないことも重要である。 吸血された場合は傷口から毒を抜いてステロイド系の薬()を塗る。 また、掻くと腫れが一向に引かなくなり(結節性痒疹)、治ったあともシミとして残るので、決して傷口を触らないことである。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

アブ(89種類)

アブ 写真

アオメアブ…緑の複眼の捕食者 北摂の生き物 アオメアブ ハエ目ムシヒキアブ科 複眼が美しい緑色のムシヒキアブのなかまです。 河川敷や草原などで初夏から秋にかけてよく見かけます。 ハエやトンボ、甲虫などの昆虫を捕まえます。 2006年6月24日…大阪府池田市 2008年7月20日…大阪府池田市 2008年7月20日、ハラビロトンボの写真を撮っているとアブが大きな獲物を捕まえて飛んできました。 アオメアブです。 捕まったのは、赤とんぼのなかまのマユタテアカネのようです。 2006年7月8日…大阪府池田市 アオメアブの名前は、特徴的な緑色の複眼からついたのだと思います。 光の加減で赤い部分や金色に近い光り方をするなどとても美しい色をしています。 2006年7月5日…大阪府池田市 2006年8月21日…大阪府池田市 アオメアブは自分よりも大きな昆虫を捕まえることがあります。 そして、時には固くて餌にできないようなコガネムシのなかまも捕まえて体液を吸います。 2006年7月15日…大阪府池田市 2006年8月5日…大阪府池田市 アオメアブが交尾をしています。 よく見るとメスのアオメアブが獲物をくわえています。 よく見かけます。 アオメアブのオスはうかうかとメスに近づけば、絶好の餌なのかも知れません。 自分が食べられずに交尾をする。 いったいどうしているのでしょう。 オスがメスに獲物を渡す…?餌を食べているときに交尾をする…?どちらかだと思うのですが分かりません。 2006年7月6日…大阪府池田市 夜、河川敷の生き物を観察していると、アオメアブが眠っていました。 2006年8月26日…大阪府池田市 昆虫の中ではかなう敵のなさそうなアオメアブ。 しかし、カマキリにはかないませんでした。 カマキリはオオカマキリのようです。 2009年7月20日…大阪府池田市 2009年の夏、アオメアブのくらしが見られます。 7月20日、二組交尾中のアオメアブを見かけました。 一方のメスは獲物を持っていました。 ハチの一種の体液を吸っているようです。 2009年9月20日…大阪府池田市 アオメアブがアオモンイトトンボを捕らえていました。 水辺では、アオモンイトトンボがよく飛んでいました。 2010年8月30日…京都府城陽市 この日のアオメアブの獲物はセイヨウミツバチでした。 2010年8月30日京都府城陽市でのことでした。

次の

ビロウドツリアブ(ビロードツリアブ)

アブ 写真

シロフアブや、ヤマトアブに似ていますが、複眼が緑色なので区別できます。 幼虫は肉食でミミズなどを食べます。 腹部に赤く付いたものは寄生ダニです。 肢が曲がっているのは、林道を歩いていた人の回りをしつこく飛び回って、叩き落とされたためです。 そのグッタリしている所を1枚撮影しました。 複眼に見られる黒い横線ですが、グッタリしているから見えている分けではありません。 ウシアブの複眼を正面から見ると横に黒い線が延びています。 ハエやアブの複眼の模様は、種によってさまざまな違いがあり、色の他に模様から同定(どうてい)されることがあります。 腹部は黒く、腹部背の灰白の三角斑が目立ちます。 肢の全体は黒く中央部は灰白に見えます。 胸部背は黄褐色で縦スジがあり、複眼は銅色の金属色に見えます。 幼虫は肉食でミミズなどを食べます。 似た仲間にシロスネアブがいます。 腹部背の中央と、その左右に連なった斑がある。 中央は三角形の斑で、左右は斜めに崩れた三角形。 胸部背が黄色粉で被われ、腹部背が赤味のある黄色をしています。 人や家畜から吸血しないそうです。 撮影者も問題なく撮影。 写真から、複眼に2本の横スジ2本が見られます。 胸部に2本の灰白帯、腹部は濃い褐色地に4本の白い縞模様、そして1対の黄褐色の三角斑があるのが特徴です。 花粉を肢や、胸に付けて運ぶ花粉の媒介者で、リンゴやナシの授粉(じゅふん)に利用されています。 全体は黒色で、淡い黄褐色毛で覆われています。 腹部に橙色の大きな三角斑があり、翅の中央が褐色しています。 ナミハナアブは4〜12月まで活動し、成虫で越冬します。 冬でも暖かい日は飛び回ります。 幼虫は水の中で生活しているため長い呼吸器管を持っています。 その姿からと呼ばれています。 腹部に1対の黄色い三角斑があり、ハナアブに似ています。 ハナアブはもっと橙色で、本種は後肢腿節が直翅目を思わせる太さで、その脛節は内側に湾曲しています。 胸部背に2本の縦スジがありますが、写真はぼんやりとしか写っていません。 幼虫は腐敗した植物を食べ、成虫は花に集まります。 胸部背4本の縦縞は灰色の粉で形成されたもので、中央2本は小楯板付近でつながるため、中央にできる黒線は、小楯板に達しないそうです。 腹部の大・中2対の橙三角斑は、擦っても消えない紋です。 全体は黒く、丸くて太い腹部に橙色の帯が特徴で、複眼もデザインされた様な特徴的模様をしています。 成虫は花に集まり、蜜を舐めます。 幼虫は水中に住み、細長い呼吸器官をもつウジムシ型をしています。 全体に黒色で、胸部には光沢があり、腹部第2節前側に白い帯が見られます。 マルハナバチ類のトラマルハナバチに似た配色をしていますが、目が大きく、翅に黒い模様があります。 ハチの巣に寄生して、死んだ幼虫やサナギを食べるそうです。 ほとんど複眼の大きな頭部をし、胸部は暗い銅金色をしていて、不明瞭な縦条が見られます。 腹部は細長で平たく、その腹部の形から名が付けられています。 腹部の色は、黄褐色から橙色で、黒帯の太いものと細いものを組み合わせた縞模様をしています。 幼虫はアブラムシを食べ、成虫は花の蜜を吸います。 体長8〜9mm。 小楯板(しょうじゅんばん)がクリーム色で、腹部の中ほどから先へ細くなる形と模様が特徴の様です。 胸部背は青銅色、腹部に特徴的な模様があり、黒地に3対に紋が確認できます。 しかしこの模様には似た種類がいますから、頭部の各部の色や触角の色なども判断して同定する必要があるそうです。 全体が橙金色で、巾広い腹部に黒い帯をもつハナアブです。 腹部背の黒い帯は腹節の前と後が黒く、前が細い線状で、前後の2本で、1本の帯びの様に見えます。 小楯板と肢は黄色、胸部背は黄銅色をしていて、不明瞭な3本の褐色縦条がみられます。 複眼には微毛が密生しています。 (修正2012. 16) 複眼は無毛。 額は黒くない。 追記2012. 16 額は淡い黄色で幅広く正方形に近い。 コブとホホは黄色い。 写真の額は淡い黄色ではないので、オオフタホシヒラタアブでない。 幼虫は無尾型。 アブラムシやカイガラムシを捕食する。 複眼に白色微毛が生える。 額は黒く、灰粉を生じる。 顔面は橙黄色で、口縁と頬は褐色。 複眼は無毛。 額は黄灰色粉を生じる。 顔面は黄赤色で、黒褐色部分がない。 小楯板はロウ黄色。 胸部背は緑青色で光沢が少ない。 体は黒色で、胸部背は黄褐色です。 触角は黒色。 腹部の黄色い紋以外に、頭部が幅広く、顔面に生える毛が明るい黄白をしている特徴があるそうです。 全体は黒く、胸部背は特に光沢があります。 特徴的なのは腹部背の細めの黄色い紋で、腹部第3節と4節の2対が先が丸く太くなって、湾曲しています。 肢は赤褐色で、後肢脛節が一部黒く褐色しています。 胸部背は青銅色で光沢がある。 体は濃い褐色で、腹部第1節と第2節が黄色く、この名が付けられています。 また第3節と第4節に粉を吹いた黄色い帯が見られます。 全体に黒く、光沢があります。 頭頂部周辺は紫黒いそうですが、写真から確認することはできません。 複眼に特徴があり、褐色した黄色地に紫の斑点があります。 <似た仲間>キゴシハナアブ:複眼の模様はホシメハナアブに似るが、腹部背に橙色の三角斑や太い帯びがある。 体長10〜12mm。 腹部の黄白い3対の細い横帯が特徴です。 幼虫はオオムラサキの幼虫の様な形で、アブラムシを食べます。 成虫の姿で越冬し、7月頃から活動します。 時期がずれているのが気になります。 腹部が橙色に近い黄色で、紫の帯が印象的なヒラタアブです。 胸部は真鍮色で光沢があります。 一般の図鑑によりますと、キンアリノスアブは中部以南に生息し、関東から北では生息していないことになっています。 体は金属光沢のある青色で、金色毛を密生させています。 幼虫はアリやシロアリの巣の中で生活することからこの名が付けられています。 小楯板後縁に棘をもつ。 肢は黒、脛節の外側が淡い褐色毛で覆われる。 翅も不透明で褐色しています。 複眼が離れ間と小楯板に光沢がある様に見えます。 肢の全体は黒っぽいですが、脛節が黄褐色に見えます。 触角は小さなうちわ形で長くありません。 一般に、胸部が黄灰色から橙色の毛で覆われ、腹部も灰黄色毛で覆われています。 毛の色と生え方には変化が多いとされています。 翅は透明で、肢は全体に真っ黒です。 この仲間は社会生活をする昆虫として知られています。 羽は前翅,後翅の2対もっています。 ハチは産卵管を変化させた毒針をもっています。 完全変態の形態をとります。 双翅目> ・ハエ(イエバエ,キンバエ,ハナバエ,ショウジョウバエ) ・アブ(ハナアブ,ウシアブ,コウカアブ,シオヤアブ,ツリアブ) ・カ,ガガンボ,ブユ 双翅目は、後翅が退化して2枚の羽、前翅しかないことから名づけられました。 完全変態の形態をとります。

次の