仮面ライダーゼロワン 無料。 「仮面ライダーゼロワン」1・2話無料配信中!!

仮面ライダーゼロワン/動画/31話/4月12日見逃し配信再放送無料視聴まとめ|番組情報ステージ

仮面ライダーゼロワン 無料

「カレの情熱まんが道」 或人はイズを連れて大人気漫画家・石墨超一郎のアトリエへ。 子供のころから石墨作品を愛読している或人は石墨との対面に大興奮だったが、森筆ジーペンらアシスタントのヒューマギアを道具のように扱う石墨に失望してしまう。 そんなジーペンに滅亡迅雷. netの迅が接近。 或人の目の前でジーペンにゼツメライズキーを装着させて…! ゼツメツライズキーによって、多くのヒューマギアをマギアへと変貌させてきた滅亡迅雷. netだが、だんだんと或人たちとの距離が近づいているので、これからどんな展開になっていくのかが楽しみです。 特に、22日放送回の最後に、滅亡迅雷. net側の仮面ライダーも少し登場したので、どんな戦いをしていくのかが気になっています。 まだ、?詳細や、戦い方、変身シーンをしっかり見られていないので、それが見られるかも知れない事に期待しています。 今回の予告では、新しいプログライズキーを装着した形のライダーも映っていたので、そこにも注目したいです。 プログライズキーは動物がモチーフですが、今度はどんな特徴を活かしたフォーム、技を繰り出してくるのかがとても楽しみです。 ストーリーとしては、AIやロボットなどの機械の存在と人間との間で議論されてきている、感情について、毎回考えさせられています。 29日放送回でも、ヒューマギアをそのまま機械として扱う漫画家の一方で、機械にも心があり、それを通わせる事が出来ると信じる或人との、対立が見どころだと思います。 他には、毎回のことながら、或人とイズのやり取りに注目したいです。 或人の言動やボケに分析的に突っ込むイズの姿には毎回和ませられています。 対してこのゼロワンはかなり最初から飛ばしており、かつエグゼイド並みの丁寧さはそのままとかなり好印象で、不破の憎悪を簡潔かつ分かり易く一言で語らせたり、初心者マークを二話目の最後にあえて何の説明もなく出しておいて、次の布石とするなど引っ張りすぎないのも私好みです。 飛電の或人とAIMSの不破、見ている方向がほぼ同じながらギスギスしてるのは、少し「ルパパト」を思い出しました。 何となく語り口も似ているようないないような。 暑苦しい或人と氷の炎の不破、今後意外といいコンビになるのかも?ただどう考えても危険なところに積極的に子供を連れて行くのには、本人が先に勝手に来ていたとかの方がよかったような。 まあそこが不破らしさなのかもしれません。 アクションについては、最初だから特殊効果に凝ってるのを差し引いても進化しているように思えます。 明らかにスピーディですよね!便利なロボにして人間の機微をちゃんと理解できたりと、ゲストヒューマギアの扱いは初回からとても良いです。 今回も最後の力を振り絞って務めを果たした場面は感動の一言。 あっけなく散ってしまった分、新しく現れた敵ライダー?に対するヘイトも溜まって次回の見所がさらに増えました。 過去にデイブレイクが起こったヒューマギア製造工場のバスツアーに向かう或人。 そこには当時のヒューマギア製造工場の工場長であって人物の息子がいた。 デイブレイクが起こった原因は操作ミスによるものと周知されていたため、周りの生徒に罵られる。 そんなことはないと反論するも話を聞いてもらえない。 そんな時にマギアが現れる。 そこにAIMSの不破と刃も現れたマギアと戦闘する。 デイブレイクの真相を知りたい工場長の息子は不破と製造工場に向かう。 工場でデイブレイクが起こった真相を探しているが特に何も見当たらない。 またそこにマギアが現れる。 不破は諦めかけていた息子に前だけを見ろといって戦いに向かう。 今回は或人と不破にまた新しいプログライズキーが登場する。 諦めない息子は当時の映像が残されていたSDカードを見つける。 中身を見てみると、滅亡迅雷によるヒューマギアの暴走を止めるべく自身が犠牲になって工場を爆破したものであった。 それと同時に今回現れたマギアを不破が倒す。 その際に「ヒューマギアなんかいるから」と何な因縁があるような口ぶりを残す。 無事に真相がわかったところで今回は終わる。 徐々に世界観が分かってきて、滅亡迅雷の存在が世の中に知れ渡ったことで、次回以降に各組織の接点が期待出来るかなと思いました。 或人達が漫画家の職場視察をしついる中で、滅亡迅雷. netの迅が現れて、或人の目の前で森筆ジーペンにゼツメライザーとゼツメライズキーを装着させて暴走するマギアへと変身させるという内容を見て、段々或人を挑発するかの様に直ぐ側で迅がヒューマギアをマギアへ変身させる展開になっているなと感じていて、是之助が残したゼロワンに対して、司令官の滅も関心を示している事からも更に挑発行動はエスカレートしていくだろうなとも予想され、その対決シーンも楽しみだなと思いました。 予告編にゼロワンが更に4つ目の新フォームチェンジをしていた姿がチラリと映っていましたが、赤い色の姿に炎をまとった様な姿にまたまたカッコいいなと感じました。 3つ目のフライングファルコンの空を飛ぶ姿もカッコよかったですが、この予告編に映し出された炎の中に立つ新たなフォームのゼロワンも大変カッコいいなと思いました。 どんな力を秘めているのか早く見てみたいと今からワクワクしています。 更には3話ラストで滅が変身していた謎の仮面ライダーも次回は登場するのか?という点にも注目していて、AIMSの不破もバルカンがパンチングコングにフォームチェンジしましたし、三つ巴の争いが更に激しくなりそうな点も非常に楽しみだなと期待しています。 仮面ライダーゼロワン動画第5話9月22日 感想やネタバレ 飛電或人がイズと共にバスガイド型ヒューマギアのアンナの職場視察をかねて観光バスに乗り込み、アンナの説明する12年前に起きたデイブレイクタウンの事を聞いた或人が、顔を曇らせてしまうのを見て、或人はまだ子供の時に起きた爆発事故で、自身の父親のヒューマギアである其雄も或人を庇い亡くなっていた事から、きっと聞きたくない事故の話だったろうなと感じました。 乗っていた中学生の桜井郷という少年の父親が爆発原因となった工場の責任者で、皆からからかわれていたのも、真相が分からない事から可哀想だなと思いました。 そんな郷に同情した或人が副社長の福添に、デイブレイクタウンでの爆発原因を訪ねましたが、明らかに何かを知っている口振りで非常に怪しいなと感じて真相が気になってしまいました。 或人がマギア達を足止めする中で、デイブレイクタウンへと踏み入った不破と郷とアンナが、旧型ヒューマギアのメモリーカードを見つけ、その映像から郷の父親の聡が、滅亡迅雷. netから人類を守る為に工場を閉鎖して亡くなったと分かった展開は、仕事に責任を持ち、他人を助けようとした聡の勇気も感じて、ストーリー面でも十分楽しめたなと感じられた回でした。 5話では、一人のマンガ家、石墨超一郎が主要人物になっていて、マギアとの戦い、主人公の変身だけでなく、マンガ家さんの物語みたいな所もみどころになっているなと思いました。 今回登場するマンガ家の石墨超一郎は、マンガを描けなくなってしまったみたいですが、そんな状態から、主人公の飛電或人や、イズがどう関わっていくのか、石墨は再びマンガを描けるようになるのか、マギアの展開も楽しみにしています。 飛電にとって、憧れの存在だったのにアシスタントを任せているヒューマギアを粗末に使ったり、マンガのストーリーまでもヒューマギアに考えさせてたりする訳ですが、どうしてそうなってしまったのか、人型のヒューマギアというのは時に、人よりも有能な存在となる事もあり得るほどですが、ヒューマギアにはない、心を人はもっているので、そういった人間としての重要な在り方が、ヒューマギアという人に近しい存在がいるからこそ、知れる事があるのではないかと、思いました。 それから、石墨超一郎とアシスタントヒューマギアの森筆ジーペンの関係性も、みどころに感じました。 ヒューマギアには心がありませんが、ジーペンを粗末に扱っていた石墨は、どんな風に変わっていくのか、心がないとしても、長年一緒にいたヒューマギアに愛情が芽生えるのか注目しています。 のどかな景色に心癒される或人だったが、12年前の爆発事故現場にやってくると表情を硬くする、でした。 感想ですが、まずは毎回衛星から様々な武具が送り込まれて部分変身をしておりますが、今回は鳥でしたね。 鳥型の敵が現れたために飛べない仮面ライダーは対処できない、そこに秘書イズがやってきてデータを渡してゼロワンも鳥型のフォームになり敵を撃墜するのでした。 必殺技としては剣がビームレーザーのように巨大化に具現化して敵を一掃していったのはかっこよかったですね。 やはりCGとアクションの融合はすごい。 今回アンナが暴走したわけですが、結局倒しましたが、元に戻るかと思いましたが、処分されてしまいましたね。 でも諫が最後まで始末してくれなかったおかげで真実を知ることができた、無罪を晴らすことができて良かったと思います。 それにしても敵側の仮面ライダーは紫ですか、仮面ライダー新しいのが登場しましたね、次回にも期待しております。 飛電インテリジェンスがデイブレイクは工場の爆破による物とし、真実を隠しており爆発を起こした工場長の残された息子がとてもみじめな思いをしているところから始まり、或人が真実を公表すると公言し、不破も混ざって現場に向かい真実を突き止め、或人がそれを公表、真実はただの工場爆破ではなくヒューマギアの暴走を止める為に爆発した英雄で終わり、とても綺麗な終わり方で、虐めていた子供は素直に謝罪していたが、この様なことがあった場合、大半は虐めていた側が逆切れをして、虐められていた人を英雄とは言わずに報道が悪いと悔い改めたりはしないです。 脱線しますが、虐める人と言うのは顔や恰好が似ていると言うだけで、犯人でもない人が犯人扱いされデマが拡散し会社への無言電話や、誹謗中傷の書き込み等で名誉を傷つける行為をします。 真実が分かったとしても報道のせいとし、謝罪をする人が殆どいないです。 結果、裁判を起こし、賠償命令をされたりしますが、賠償金を支払わなかったりする事もあり被害者はいつまでも肩身が狭い思いをする話を聞きます。 虐めをする人の大半は悪くないと思い行動しており、虐めがいけないと分かっているならそもそも虐めたりしないです。 ただ、あり得ないことでも子供たちに綺麗に見せるのは素晴らしいと思っており、そう言ったいわれのない被害者が減ることを願っているのも事実です。 最後にバスガイドのヒューマギアを壊した滅亡迅雷. netの仮面ライダーも気になります。 早々と敵を変身させるスピーディーな展開に次回も目が離せないです。 デイブレイクタウンの12年前の爆発事故を巡っての真相に触れた内容の回でしたが、その真相に近づく為に侵入しようとした不破に唯阿が新しいプログライズキーを手渡したのは何故なのだろうかと疑問に感じました。 それだけデイブレイクタウンの中が危険な場所だと知っているからか?滅亡迅雷. netの拠点があるという事を明らかに知っている素振りの唯阿の様子も気になってしまいました。 仮面ライダーバルカンが新たにフォームチェンジしたパンチングコングは、かなりのパワーを秘めたライダーで、コウモリの姿をした暴走したヒューマギアをパワーパンチングブラストという必殺技で倒したシーンは、とても迫力のあるシーンだったなとワクワクしてしまいました。 また、或人の方も通信衛星ゼアにイズが飛行能力に対する対抗手段を検索して作って貰った新しいプログライズキーを手渡されましたが、変身したフライングファルコンという空を飛べる新フォームを見て、なかなかカッコいいなと思いました。 残念ながら必殺技等の見せ場が次回へのお楽しみになりましたが、主人公らしい迫力のある必殺技が見られる事に期待しています。 更にハッキリとは映りませんでしたが、滅亡迅雷. netの滅が変身した謎の仮面ライダーも登場したのには、大変興奮しました。 まだまだ未知の仮面ライダーの力に更に更にワクワク感が増しました。 観光ガイド型のヒューマギアの性能視察からスタートしました。 ガイドが向かう先は、飛電或人の父も奪った巨大な爆発事故の地、デイブレイクタウンです。 ガイドツアーに参加したのは地元の中学生で、その中にはデイブレイクタウンの最高責任者の桜井聡の息子も参加していました。 世の中では桜井があの爆発事故を起こしたとされ、その息子もその弊害にあっていました。 そのような状況の中、滅亡迅雷. netがバスの運転手をハッキング、バスを爆破します。 そこに居合わせた或人は変身を試みますが、そこにAIMSが到着し変身できず、その場は終了します。 AIMSにも幼い時デイブレイクの事故にあった不破がおり、その息子とともに立ち入り禁止のデイブレイクタウンに侵入、真実を明かしに行きます。 あらすじはこのような感じですが、4話はとても見どころに溢れた内容となっていると思います。 まず、さまざまな人の命を奪ったデイブレイクの原因が最後には明らかになり、飛電インテリジェンスの無実は証明される部分や、本来ゼロワンに変身できることがAIMSにバレてはならない或人も信頼を獲得するために不破の前で変身をします。 そういった真実が明らかになる部分、自分が正しいと感じたことをやる、そういった真っ直ぐな姿勢が観れる面白い話になっていると思います。 まとめ オープニングが前回より始まりやはりかっこいいなぁ…とスタートから惚れ惚れしてしまいました。 第5話ですが、ストーリー展開が早くとはいえ主人公のアルトくんが社長として社員を大事にする姿勢がまだ就任したばっかりなのに今回も垣間見えてよかったですね。 また、不破さんの強い気持ちも。 とはいえ力づくでオーソライズさせるあたりがベルトにかざしたらいいんだよいうところを誰か教えてあげての気持ちです。 二人のヒューマロイドに対する気持ちが真反対なところも今後のストーリーでどうなっていくかも気になります。 命を助けてもらったアルト、襲われ恐怖を感じた不破さん。 もしかしたらそれ以外にもヒューマロイドに対して憎く感じる理由があるのかなと感じています。 まだ始まったばっかりですが、キャラデザインがよくフォームやベルトデザインなど好みなのでこれからどんどん出てくるであろうキーにも注目ですね。 四話は飛行タイプに適したキーの登場で飛べるゼロワンに。 パワーキーの登場もこれからどんどん不破さんも強くなっていくのだろうなと期待大に。 今回の過去映像によって、工場爆発の責任の在り処がはっにりしたあたりも救われた感がありましたね。 来週もかなり楽しみです。

次の

仮面ライダーを無料で見よう!

仮面ライダーゼロワン 無料

その先にある未来…それはAIとの平和的な共存か、人類の滅亡か!? 諫が嫌うヒューマギアの医師Dr. オミゴトが診断するが、あえて唯阿は諫を託す。 国立医電病院の医療ヒューマギアの暴走が社会問題化。 飛電インテリジェンスは窮地に陥り、或人は福添らから究極の選択を迫られる。 社長としての或人の決断は…!? 定期検診のデータのハッキングを心配する或人にイズは、病院はローカルネットワークでデータセンターが管理し、インターネットからは接続できないようにしてあると言います。 暗殺ヒューマギアは病院に侵入し、看護型ヒューマギアをトリロバイトマギアにしようとしましたが、セキュリティが厳しく失敗します。 デイブレイクタウンに帰り、病院のセキュリティが厳しくハッキングに失敗したと滅に報告する暗殺ヒューマギア。 滅は暗殺ヒューマギアに唯阿を狙わせ、エイムズに乗り込みます。 自立駆動型ヒューマギア統率兵器ギーガーの運用試験中だった唯阿を滅と迅と暗殺ヒューマギアが襲います。 定期検診を終え、帰ろうとする或人は検診に来ていた諌と出会います。 ヒューマギアだらけの病院に嫌悪感を露にする諌。 そこにエイムズが襲われたと諌のライズフォンに連絡が入ります。 滅はアタッシュショットガンとアタッシュアローを盗み、迅はギーガーにゼツメライザーを取り付けます。 そして、ライダー迅フライングファルコンとドードーマギアに変身し、唯阿に襲い掛かる迅と暗殺ヒューマギア。 唯阿もライダーバルキリーライトニングホーネットに変身し応戦しますが、滅がエイムズから盗んできたアタッシュアローでライダー迅フライングファルコンにやられてしまいます。 或人たちも駆け付けましたが滅たちが去った後でした。 唯阿は病院で治療を受け、それに諌も同行します。 諌はましろちゃんに脳の検査だけ受けていないので検査した方がいいと言われます。 しかし、脳の検査はましろちゃんの担当外で、ましろちゃん自身が判断を下したことに或人は、ましろちゃんに自我が芽生えたのではないかと飛電インテリジェンスでチェックしますが異常はありませんでした。 ましろちゃんが飛電インテリジェンスの制御したように動かないことを危惧する唯阿と諌。 そこに病院のデータセンターがゼツメライザーを取り付けられたギーガーに襲われたとライズフォンに連絡を受ける唯阿。 或人たちは病院に向かいます。 滅亡迅雷. netの目的はギーガーを使い、病院のヒューマギアをトリロバイトマギアにする事でした。 滅と迅はヒューマギアであることを或人たちに明かし、アークが人類こそが絶滅すべき種であると下し、それを実行しようとしているだけだと言うのでした。 トリロバイトマギアにされてしまった病院のヒューマギアとドードーマギアとライダー迅フライングファルコンと戦うライダーゼロワンライジングホッパー、ライダーバルキリーライトニングホーネット、ライダーバルカンパンチングコング。 ドードーマギアと戦うライダーゼロワンライジングホッパーにイズはドードーマギアの戦闘データを解析し、バイティングシャーク、フリージングベアー、フレイミングタイガープログライズキーを渡します。 ライダーゼロワンフレイミングタイガーのフレイミングカバンダイナミックでドードーマギアを破壊します。 滅はドードーゼツメライズキーを回収し、ライダー迅フライングファルコンと戦うライダーバルカンパンチングコング、ライダーバルキリーライトニングホーネットの前に現れ、ライダー滅スティングスコーピオンに変身します。 ライダーバルカンパンチングコングは滅がデイブレイクの首謀者であることを知り、ライダー滅スティングスコーピオンにパワーパンチングブラストで攻撃しますが、ライダー滅スティングスコーピオンには全く効かず、ライダー滅スティングスコーピオンのスティングディストピアで重傷を負うのでした。 今回はエイムズ本部が見られ、貴重な回ではありましたが、滅亡迅雷. netが牙を剥き始め終始或人たちはピンチに追いやられてしまいました。 アークが人類滅亡の判断を下したということは、デイブレイクはアークの意志によって引き起こされたと考えられます。 12年前のライダー滅スティングスコーピオンは今のヒューマギアの滅なのか、滅の人間の頃のものなのかが気になります。 或人の父親其雄のヒューマギアも旧型ヒューマギアだっただけに旧型ヒューマギアが物語のカギになってきそうです。 諌は脳の検査だけ拒むということはデイブレイクを契機に脳に何かあったと考えられます。 ライダー滅スティングスコーピオンにやられたことにより、諌は病院で治療することになるので脳の秘密が明らかになるかもしれません。 ギーガーは暴走したヒューマギアを制御するために開発されたのに逆にヒューマギアの大量暴走の道具にされてしまいました。 次回はそれにより病院は大パニックになり、ライダーゼロワンフレイミングタイガーとライダー滅スティングスコーピオンが対決するようです。 次回のカギはマンモスゼツメライズキー、ギーガーにありそうです。 しかし、ギーガーのセキュリティが解除された所に滅たちがきたのはタイミングが良すぎな気がします。 唯阿の上司の今後の動向にも注目ですね。 アークを巡ってそれぞれにどんな過去があったのか、どう明らかになっていくのか今後の展開に期待しています。 もしそうだとしても、もっと後に分かるものだと思ってました。 どんどん展開が進んで行って、でも飛ばしすぎて気持ちが追い付かないということにもならない仮面ライダーゼロワン。 飽きさせないし、テンポも良いし面白いですね。 アークという存在も唯阿達の知ることになりましたが、まだその全容は見えてはきません。 人と人口知能との在り方に加え、その戦いの行方、迎える結末がどんなものなのかすでにとても気になっています。 仮面ライダーゼロワン動画9話ヒューマギアが人類の敵に 滅の凄まじい攻撃をうけてしまった不和。 やはり相当危険な状態のようですね。 こんなに強い滅を相手に、不和がいないままでどう立ち向かっていくのか。 Sはカバンも奪われ、ギーガーまで乗っ取られてしまって被害はさらに広がってしまうかも。 もう大ピンチですよね。 そして滅亡迅雷. netがヒューマギアだったことが分かって、ヒューマギアが自分の意思で人類を滅ぼそうとしていることが明らかに。 これはA. Sが黙っているはずがありませんね。 自我が芽生えたヒューマギアを危険視していたけど、その証明になるような事が起こっていたのですから。 飛電インテリジェンスやヒューマギアの存続が危ぶまれそうな事態です。 仮面ライダーゼロワン動画9話滅の強さを前に 飛電もA. Sもセキュリティ面が心配です。 ヒューマギアの滅の頭脳があると、ハッキングも簡単にできてしまうのでしょう。 けれど今後もこれが続いていくとなるとかなりの危険が付きまといますよね。 頼れるプログライズキーも奪われて使われてしまったりしているし。 しかも相手は疲れることのない人工知能。 暗殺ちゃんのように、壊れてもデータがあれば何度でも作られてしまいますし。 滅がヒューマギアだったとなると、ヒューマギアがヒューマギアの迅を作ったことになりますよね。 これからもヒューマギアを増やしたり、既存のヒューマギアを接続して暴走させていくのを考えると、どうやって勝てるのか疑問ですね。 しかし滅は強い!まともにキックをうけてしまった不和が心配です。 久々に或人のギャグに笑ってしまう不和が見られたと思ったけど、この終わり方。 次週が気になって仕方ないです!たぶん死なないですよね。 仮面ライダーエグゼイドのキリヤが一瞬よぎって、不安になりましたが、不和はこんなところで死なない、気がします。 仮面ライダーゼロワン動画9話不和の命の危機 不和の頭を検査していないままなのが、ふせんになりそうな気がしています。 まさか不和もヒューマギアだったりなんてことがあったら面白いですよね。 あのデイブレイクでどうやって生き延びたのかがとても不思議なので、もしかしたら部分的にヒューマギアにされて自分でもそれを知らずに生きているとか。 父親がヒューマギアで、実は或人もヒューマギアだったりするかもと思ってましたが、健康診断を受けて異状がなかったのでこちらは人間で間違いなさそうですが。 これまでヒューマギアを憎み続けてきた不和ですが、命の危険をヒューマギアの医者によって助けられるかもしれませんね。 そうなった時、不和のヒューマギアへの憎しみなどの感情に少しは変化が表れそう。 仮面ライダーゼロワン動画9話飛電インテリジェンスへの風当たりも ヒューマギアだと分かる耳の部分、滅のはなんだか無理やり埋め込んだかのように見えましたね。 何かありそうな気がしてしまいます。 是之助前社長が何か遺書などで、過去に起こった事を残しておいてくれたら良かったのですが。 飛電インテリジェンスの世間からの風当たりもさらに強くなってしまうようです。 この会社で作っているロボットを利用してテロリストが人類を滅ぼそうとしているなんて、その世界で生きている一般人なら怖くてヒューマギアを作るのも使うのも辞めてとなりそうなものですもんね。 ただ病院を見る限り、ヒューマギアがどんなに人間社会に浸透しているのかが分かりますね。 ここまできていると、人間はヒューマギアに頼っている部分が大きいでしょうから、突然使えなくなるというのも困りそうですね。 何にしても会社の信頼を回復するのも相当苦労することになるでしょうね。 総括 迅と滅の関係性 迅はヒューマギアな気がする。 フードで耳が隠れてるけど、きっとその下にはヒューマギアのアレがあるんじゃないかな。 人工知能だとしたら、あの物を知らない感じや味方がやられてもかっこいいとか喜んでたりする無邪気さも分かるような。 でもヒューマギアにしては人間ぽ過ぎる?あんなに笑ったり喜んだり、むくれたりするヒューマギアは見たことがないかも。 でも耳が隠れてるのもなんか怪しい。 それに滅が息子とか言うから、年齢的にみても実際に息子ってのはないだろうし、だとしたら単純に考えたら作ったってことだよね? やっぱり迅は人間じゃない説、おしたい…。 自分が滅にとってなんなのか気にしちゃう迅は可愛かったけども。 アシスタントだとひらめいて嬉しそうにするのも、息子と言われてキョトンとしちゃうのもまたしかり。 でもこれから息子という意味を勘違いして、利用されるみたいな展開になっちゃうのかな。 滅は例え迅を失っても、使える道具がなくなったことにはがっかりはしても、迅だから悲しむってことはなさそうなような気がしてしまう。 迅そのものについての愛情はあまり感じられないような。 息子と言われて、これから滅と迅との距離感もなんとなく気になってしまいますよね。 職場体験シリーズとして、今度は或人がイズと共に大人気漫画家の石墨超一郎のアトリエに職場視察に行き、或人自身も子供の頃から石墨の漫画を愛読していて大興奮するという内容を見て、子供の頃に興奮した事や憧れていた職場を訪れるのは、個人的にとても楽しく感激するだろうし、或人が大興奮している様が目に浮かぶ気がして、そんなはしゃぐ或人が興奮の余りまた寒いギャグを連発しそうだなとも思いました。 その大興奮の職場で働く漫画家アシスタント型ヒューマギアの森筆ジーペンが、石墨に道具の様に扱われているのを見た或人が石墨に失望してしまうという内容を見て、漫画作成においてアシスタントの存在は無くてはならない大切な存在で、そんなアシスタントをいくらヒューマギアだからといっても道具の如く扱うのは、ヒューマギアを人類の夢と思っている或人にとっては許せないだろうなとも思われ、ヒューマギアと人間の関わり方も考えさせられそうだなとも感じました。 仮面ライダーゼロワン秘書役イズ 仮面ライダーゼロワンの社長秘書のイズは、HIDENの会社の社長の秘書として常に社長のお供をして行動する女性です。 女性とはいえ、ヒューマギアといわれる人造人間です。 そのようにプログラミングされているからでしょうが、冷静で正確な時間管理、データ管理及び知識の豊富さが際立つ優秀な秘書です。 おそらく主人公の或人の前の社長のころから秘書として活動しており、その有能ぶりを発揮していたことが予想されます。 或人のそばを離れず常に献身的にサポートしてくれる姿はとても安心感があります。 イズを演じている鶴嶋乃愛さんという役者さんのようですが、普段どんな人なのか気になるところです。 美人なので、今後もっといろんなドラマや各種メディアで活躍していきそうです。 仮面ライダーゼロワンの主たるテーマが、ヒューマギアとの共存という点で、しかもヒューマギアの暴走との対峙という部分がメインになっているので、最終的にイズもいずれそのような暴走の憂き目にあう可能性が高いです。 そのときの或人を始めメインキャラクターたちの行動が楽しみです。 ヒューマギアという機械に対し、或人の気持ちが通じて解決するシーンが出てくることを期待しますが、そううまくはいかないでしょうか。

次の

【印刷可能無料】 仮面ライダーゼロワン イラスト

仮面ライダーゼロワン 無料

「アナタの声が聞きたい」 或人とイズは、エイムズの諫の捜査の立会いでアニメ「パフューマン剣」の録音スタジオへ。 声優ヒューマギア・香菜澤セイネの所属事務所社長・多澤にある容疑がかかっているというのだが…。 一方、滅亡迅雷. netのアジトでは、滅が指令を出す。 「迅、ゼロワンのプログライズキーを狙え! 事務所の社長多澤にある容疑が かかっていたからのようだ。 録音というと声優がアニメの声を吹き込むスタジオのことだ。 人口ヒューマギアの声優セイネは大人や子供 男性や女性そして動物の鳴き声までありとあらゆる声を出せる才能を持ち、人気声優を目指していた。 多澤は自分のなき娘と同じ顔のヒューマギアを作ってしまったので容疑がかかっていたのだ。 ヒューマギアをそのように使用するのはどうなのだろうか。 そしてヒューマギアに心はどこまで芽生えるのだろうか。 同じ顔をしていたとしても中身はヒューマギア、このような事が許されてしまうと世の中の倫理は どうなってしまうのか。 或人の感情こもった演技もとても見所である。 そして注目したのは、出ている俳優陣だ、声優ヒューマギア 役は昔、草彅剛と共演し話題になった子役である。 その演技力でヒューマギアの内面を描けるのであろうか。 そして、多澤社長やくの、おかやまはじめさんも数々のドラマに出演していて、工場の社長さんや どこか味のあるおじさん役で本当に色々なドラマに出演されている。 或人やイズなど若手でとても顔だちも綺麗で魅力的だが、美山加恋やおかやまはじめさんなど親世代がみてもとても 楽しめるのではないかと感じました。 なんと言っても、新たに登場する5番目の仮面ライダーの活躍が楽しみです。 あらすじ、そして次回予告で確認できる映像を見る限り、ゼロワンの持つフライングファルコンを強奪して変身する可能性は非常に高く、かつて仮面ライダーオーズで展開されたメダル争奪戦のような、プログライズキーの争奪戦がドラマの中で起こる可能性もあります。 また、滅亡迅雷net. の所有する変身システムは未だ全貌が分かっておらず、次回でそのシステムの特性が少しでも分かるかも知れないというのも見どころの一つになってくると思います。 ゼロワンが同アイテムを用いてフォームチェンジした姿と、新たなる仮面ライダーが使用した姿。 その2つの能力がどう違ってくるのか、そしてどういったアクションを見せてくれるかというのは楽しみです。 アクション面だけでなく、ストーリー面でも彼の登場によって大きな展開を見せるということが予想出来ます。 滅亡迅雷net. の仮面ライダーが表舞台に登場するということは、今までのようにマギアを使って間接的にテロ行為を行っていたのとは訳が違います。 直接的な行動を表で行うので、本格的に彼らが動き出すとも考えられるので、来週のストーリーはかなり重要な話になってくるのではないでしょうか 仮面ライダーゼロワン6話動画6話まで感想 仮面ライダーは漫画家石ノ森章太郎の作品の映像化です。 その名前を彷彿とさせる「石墨」「森筆」というゲストキャラクターが登場するというのにニヤリとさせられました。 また、漫画というモチーフから第4話でシリアスに大きく振れた物語から少しコミカルに振れるのかという期待もあります。 ただ、第1話の腹筋崩壊太郎や第2話のマモル、第3話の一貫ニギローのようにヒューマギアに感情移入させられたと思ったらあっという間に怪人化されて視聴者が泣くというルーチンが確立されつつある今作では、コミカルに振れるということはすなわち絶対に涙の展開が待っているということでもあります。 第4話のバスガイドヒューマギア・アンナさんのようにまた切ない別れをしなければならないのでしょうか。 石墨と森筆の関係や、森筆がマギア化するにあたって得た感情と漫画、これらの描写に否応なく期待が高まります。 そして或人は彼らとどのように関わっていくのでしょうか。 そしてもちろん、新たなるプログライズキーによるフォームチェンジも楽しみです。 炎を背に佇むゼロワンですが、どのような活躍・能力を秘めているのでしょう。 情熱という言葉がキーワードとなるのでしょうが、これと新フォームはどんな関係があるのか。 そして滅亡迅雷netは何を仕掛けてくるのか。 高橋文哉さん:飛電或人(ひでん・あると)/ 仮面ライダーゼロワン』 高橋文哉さんのは、仮面ライダーゼロワンの飛電或人役が決まる前から知っていました。 料理がとてもうまいことや多彩な才能を持っていてかわいらしい笑顔や整った顔立ちをしていて個人的に人気が出るのではないかと注目していました 一度も演技などは、見たことはないのですが歴史ある仮面ライダーという番組の主役に選ばれるほどですし大事な平成から令和への時代の移り変わりでもあるため期待と楽しみな気持ちが高まるので更に期待してみてみたいと思ってしまいます。 私は女なので仮面ライダーに興味や見る機会などは、なかなか正直ありませんでしたがイケメンですしこれからの活躍などを期待してみてしまいそうです。 私みたいになかなか見る機会のなかった女のかたでも、イケメンで若いキャストとなると癒されたり目の保養などで子供とは違う楽しみ方で気になってみてしまう人も増えるのではないかと思います。 子供はもちろん、そのお母さん方やいろんな見方や楽しみかたや様々な世代の人などたくさんのひとの心を獲得していければ目的は違えど見る人ファンが増えてとてもいいのではないかとおもいます。 お休みの日の日曜日、朝の早起きするいいきっかけや理由になってくれそうです。 『鶴嶋乃愛さん;秘書イズ』 主役の飛雷或人役高橋文哉さんの秘書役鶴嶋乃愛さんですね。 予告動画ではほとんど映っておらず、どんなキャラなのかわからない部分がまだまだ多いですが、とても可愛らしい見た目ですね。 AIという設定のようですが、衣装もグリーンとホワイトを基調とした清潔感のある感じでもう1人の秘書ジェスタとは衣装が異なるのも気になりますね。 秘書役という設定と画像を見た感じだと、或人の会社での仕事中は有能な秘書、戦闘ではいろいろなオプションでゼロワンをサポートしていく感じになるのでしょうか?AIならではの活躍に期待しています。 性格もクールビューティな感じなのか、いつも優しく可愛らしい感じなのか、見た目だけだと後者のような性格であってほしい(ただの願望)ですが、見た目に反してドSたっぷりの感じも面白そうですね。 或人がお笑い芸人という設定だけにドSなイズとの絡みも面白そうです。 また、他のキャラとはどのような関係になっていくのか気になりますね。 ジェスタとは仲がいいのか、AIなので最初は感情などはないのかもしれませんが、或人とはどのような関係になるのか?今までにない設定の仮面ライダーゼロワンですが、或人、イズがどのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。 まずゼロワンの詳細を抜きにしても、期待せざるを得ない理由が前述のクウガとダブルが数あるシリーズの中でも群を抜いて評価が高いことです。 「心機一転の最初の作品は面白い」そんなジンクスを今作は繋ぎ止めることが出来るのかも注目です。 現在、放送前に提示されている情報からもゼロワンは注目するべき作品の1つと窺えます。 その1つ目が主役ライダーのデザインではないでしょうか。 前作の目玉部分に「ライダー」の文字が並んでいたデザインのジオウを筆頭に、近年の仮面ライダーは奇抜なデザインで最新作が発表される度に物議を醸しだしました。 しかし、ゼロワンは「シンプルイズベスト」の言葉が当てはまるスタイリッシュな仕上がりです。 これに受け入れ難さを感じる人は少ないのではないでしょうか。 無難ということでもなく、メインカラーの黄緑色の発行色は新鮮さを感じさせます。 そのゼロワンに変身する主人公はなんと大企業の「社長」を勤めるそうです。 「社長でヒーロー」と言えば、あのアメコミヒーロー界の大御所「アイアンマン」を彷彿させます。 アイアンマンは日本でも大人が楽しめるヒーロー作として親しまれているので、それに伴い再び大人の鑑賞に堪えうるストーリー展開がされるのか期待が高まります。 そして最後に、そのストーリーの柱のとなる要素に「AI」があります。 このAI、もはや空想の産物ではなく、今現在の社会でも徐々に普及が進んでいます。 物語で扱われるAIはもはや人間同然の活動を担っているレベルの高いものとなっていますが、いずれ来るべき未来が描かれているとなると、他人事としては見られません。 令和1発目の仮面ライダーシリーズ「ゼロワン」。 シリーズから距離を置いていた人も、これを機会に視聴する価値は絶大です。 ライダーはゼロワンのほかにバルキリー、バルカン 昨日ジオウが最終回を迎えましたので、仮面ライダーシリーズも平成から令和へシフトすることになりました。 じゃ、だから何が変わるのか?って一視聴者では分りません。 公式サイトではストーリーはまだ未公開ですが、ライダーはゼロワンのほかにバルキリー、バルカンが登場する模様です。 ゼロワンとは違う陣営のようですが、敵か味方かそれを含めて楽しみです。 そして出演者に山本耕史氏が登場するとのことでどの役柄なのかはいまだに全く未定ですが非常に楽しみです。 ゼロワンの仮面ライダーの本職はAI系の社長とのことです。 こういう設定はもしかして初じゃないでしょうか?まだストーリーが公開されていないので分りませんが、企業間闘争がでてくるかもしれませんね。 そして最近注目されている第4次産業革命の一翼であるAI技術、これがどのようにストーリーに絡んでくるのかも、私個人としては楽しみです。 もちろん戦闘シーンでの俳優とCGの融合による迫力あるバトルも楽しみにしております。 出演者の方々はこのシリーズは1年ですので撮影スケジュールが大変かもしれませんが、視聴者たちのためにぜひがんばってください。 人工知能をめぐるバトル 仮面ライダージオウの…1年終わっちゃったなぁ。 寂しいですよね? でも心機一転?令和のトップバッターの仮面ライダー、ゼロワンが始まる。 いよいよだ~! ジオウの映画、真の最終回観てきたけど、ゼロワンの無敵感すごかった。 かなり期待できそうって思ったね。 むしろ、ここまでハードルあげちゃうのねってなったかも。 ゼロワンは人工知能を大きく取り扱う作品。 人間にとって、AIとは…?人間の暮らしを豊かにしてくれるAIに世界中が注目してるけど、AIが人間を越えたら?ちょっと怖さもささやかれたりしてるけど、そこら辺をどう進めていくのかもゼロワンの見どころになるかもね。 子供達もAIとか、ロボットの存在について考えるきっかけになるかもしれない。 AIロボが悪用されちゃって、人間を襲うって怖くないですか?現実でもハッカーとかが何かやって、そんなことになったらとんでもないことになるよね。 そしてそんなAIロボを人間が怖がったり、信用をなくすようなことになるかもしれないのは辛いね。 仮面ライダージオウで、100年先の未来で仮面ライダーキカイっていたんだけど、機械が人間を襲うなかで、体は機械だけど人間を守るために戦ってるんだよね。 それが充電しようとしたら、悪用されちゃって暴走する話があったなぁ。 そのキカイがなんだかとても魅力的なライダーだっただけに、不安になったなぁ。 主人公或人役の高橋文哉さんは、或人そのままという感じだと言われてましたね。 明るくて元気で、真っ直ぐという感じですかね。 なんとなくだけど、イベントの様子を見てて、そんな感じなんじゃないかなって思ってたから、そう言われてるのを聞いて、やっぱりそうなんだーって思いました。 好青年て感じもしますね。 他には、気遣いもできて立派との声も。 こんなことを共演者から言われたら嬉しいだろうなって思いました。 それに対して、仮面ライダーバルカン役の岡田龍太郎さんですよね。 みたまま。 うるさい。 まずそんな声が。 司会者からも早々に自分を出してくると言われたり、岡田さんは喋らないでと言われたり、いじられキャラな部分もありそう。 明るいのは伝わってくるし、ムードメーカーと言われてたのもすごい納得しました。 大変な現場だろうけど、盛り上げてるんじゃないかなって、岡田さんをみててそう思いました。 役としては、考え方の違いとかもありそうな、ゼロワンとバルカン。 年齢差も少しありますね。 だけど撮影ではともに頑張って、盛り上げ合う戦友って感じかもしれないですよね。 発表された2人の俳優さん 仮面ライダーゼロワンに、西岡徳馬さんと山本耕史さんが出演するという情報も解禁されましたね。 8月25日に2人のキャストが発表されるときいてて、待ってましたよ。 この2人が出るなんて、豪華ですよね!アンジャッシュの児島さんも出演されるわけですが、ゼロワン、なんだか豪華じゃないですか? でも発表はそこまで。 どんな役なのか、主人公にとってどんな位置付けになるのかなどは謎のままなんですよね。 気になりますね。 分からないから余計に気になります。 敵なのか、味方なのかも分かりません。 いずれにしてもキーパーソンになるみたいですからね。 1話から登場するそうなので、要チェックですよ。 西岡徳馬さんはお笑いも引き受け世間に驚きを与えたこともありますが、大御所なのに捨て身 ? でなんでも挑戦する姿勢がカッコイイし面白いと思います。 悪役でも、人の良い優しいおじさまも演じる人なので、どんな役を演じるのか楽しみです。 主人公にとって味方だと良いなと思ってしまいました。 山本耕史さんは逆に影のある敵になってほしいかも。 ちょっと二面性なんかもあったりすると尚良い。 冷たい目で意味ありげに或人をみつめる山本さんとかみたいです。 時代劇も多く出演されているし、殺陣とまではいかなくても戦うシーンなんてあったら山本さんに最適ではないかと思うわけです。 実際どんなキャラクターで登場するのか、全ては1話をみないことには分かりません。 楽しみが増えました。 発表された2人の俳優さん 仮面ライダーゼロワンに、西岡徳馬さんと山本耕史さんが出演するという情報も解禁されましたね。 8月25日に2人のキャストが発表されるときいてて、待ってましたよ。 この2人が出るなんて、豪華ですよね!アンジャッシュの児島さんも出演されるわけですが、ゼロワン、なんだか豪華じゃないですか? でも発表はそこまで。 どんな役なのか、主人公にとってどんな位置付けになるのかなどは謎のままなんですよね。 気になりますね。 分からないから余計に気になります。 敵なのか、味方なのかも分かりません。 いずれにしてもキーパーソンになるみたいですからね。 1話から登場するそうなので、要チェックですよ。 西岡徳馬さんはお笑いも引き受け世間に驚きを与えたこともありますが、大御所なのに捨て身 ? でなんでも挑戦する姿勢がカッコイイし面白いと思います。 悪役でも、人の良い優しいおじさまも演じる人なので、どんな役を演じるのか楽しみです。 主人公にとって味方だと良いなと思ってしまいました。 山本耕史さんは逆に影のある敵になってほしいかも。 ちょっと二面性なんかもあったりすると尚良い。 冷たい目で意味ありげに或人をみつめる山本さんとかみたいです。 時代劇も多く出演されているし、殺陣とまではいかなくても戦うシーンなんてあったら山本さんに最適ではないかと思うわけです。 実際どんなキャラクターで登場するのか、全ては1話をみないことには分かりません。 楽しみが増えました。 仮面ライダーバルカン 主人公の飛電或人がどんなキャラクターで、どういった経緯で社長ライダーとなったのか?や、ヒーローである主人公と同じように注目している二番手に位置する他の仮面ライダーがどんな力を持っているのか?や、ヒロインがどんな娘なのかも気になっています。 仮面ライダーゼロワンにエイムズという組織の仮面ライダーバルカンにバルキリーという新ライダーも早く見たいと期待しています。 特にバルキリーは刃唯阿という女性隊員が変身する仮面ライダーなので、久しぶりの女性ライダー登場は、社会での女性の活躍が叫ばれている今の時代によく合っている設定に感じていますので、彼女の大活躍するカッコいい姿とシーンにも期待して見たいと思っています。 ヒューマギアというAIロボットも登場するとの事ですので、ゆくゆくはイズやシェスタのヒューマギア達も仮面ライダーに変身する展開も面白そうなので、人間と違い疲れを見せないAI仮面ライダーの姿も是非見てみたいなと思いました。 敵として滅亡迅雷. netという未知の敵が登場する内容も、どんな目的を持って、どんな力を使い主人公達を苦しめるのかも期待しているポイントの一つです。 それとゼロワンもフォームが変わっていくと思われますので、パワーアップしていくシーンにも期待しています。 仮面ライダーゼロワンの動画みどころ 少年の心を忘れないアルトが大好きな漫画家に会いに行った時、どんな反応を見せてくれるのかが気になります。 無邪気さと笑いを取りたいという気持ちの強い彼なので、もしかしたら漫画家の石墨にもテンション高めでボケをかましてくるのかも?と思うと、その時石墨達漫画家サイドがどんな反応をするのかも見てみたいです。 アルトのギャグは寒いことが売りのようなものですから ただ、大好きな漫画家さんが道具のようにアシスタントのヒューマギアを扱う場面は、アルトからしたら見るに耐えられないでしょう。 石墨と睨み合うシーンもあるようなので、正義感の強いアルトが石墨に物申すのではないでしょうか。 ハラハラする場面が見られそうです。 大好きな漫画家に媚びるのではなく、おかしいと思うことはおかしいとはっきり伝えるというのはアルトらしいですし、教訓めいてはいますが、子ども達にとってのヒーローとしてあるべき姿だとも言えます。 石墨は漫画を描くこと自体をやめてしまっているようですが、アルトのおかげで再び漫画を描くという強い意志と情熱を呼び戻してほしいものです。 そのためにはアシスタントの方達への配慮も気遣いも大切になってくると思いますが、アルト改めて仮面ライダーゼロワンの力で漫画家として活躍していた頃を思い出せたらアルトやたくさんのファンを魅了できる作品を描いてくれる気がします。 そういった場面が見られるかも!?と期待しながら、首を長くして放送を待っています。 東映のこころみ女性ライダーバルキリー 平成からバトンタッチした令和初の仮面ライダー。 注目すべきは東映の本気!といえるスタッフ陣です。 脚本は「仮面ライダーエグゼイド」で、毎話の引きが絶妙な濃厚なストーリーを発揮、特撮ファンも女性人気も掴んだ高橋悠也さんを起用しています。 監督は「ルパンレンジャーvsパトレンジャー」で、鮮やかなパルクールを撮り切った杉原輝昭さん。 このコンビはキッズ以上に主婦の月曜日の話題を独占してくれそうです。 キャスト陣も嬉しいイケメンだらけ。 仮面ライダーゼロワン/飛電或人(ひでん・あると)役の高橋文哉くんは、男子高生ミスターコン2017グランプリというまさにイマドキなイケメンです。 エグゼイドの宝生永夢/飯島寛騎くんと雰囲気が似ている印象を受けました。 共闘することになるであろう、2号ライダーの「仮面ライダーバルカン/不破諫(ふわ・いさむ)」はもちろんのこと、筆者の一押しは魅力的な敵サイドです!テロリスト「滅亡迅雷. net」は2人の雰囲気の異なる男性コンビ。 行動係の「迅(じん)」・司令塔の「滅(ほろび)」はどんな掛け合いを見せてくれるのでしょうか。 今回は女子ライダーが初めから変身するというのも、いかにも女性進出を表している、令和らしい試みではないでしょうか。 「仮面ライダーバルキリー/刃唯阿(やいば・ゆあ)」対人工知能特務機関の技術顧問…となんともカッコイイ。 女の子にもぜひ見せたいシリーズになるのではないでしょうか。 ビジュアル・スタッフ・題材ともに、ここまで気合の入ったシリーズは近年トップです。 名作間違いなしの期待がたっぷりの「仮面ライダーゼロワン」、1話から必見です! 仮面ライダーゼロワン制作発表もありました 去年まで出演者が各作品の主役だけの2名だったのに対して、今年は主役及び主要人物が各作品から4名づつと増えているので、それだけて去年までのイベントよりも豪華になる予感があります。 特に一年間仮面ライダーを演じてきたメンバーからのコメントについてですが、主演の人は特にそういったことを話すイベントやインタビューも多く、バトンタッチイベント自体はまだ3年目と短いものの次回作の主演とのトークやインタビュー記事といったものは昔からあったものの、主演以外の仮面ライダーに変身した共演者がこれだけ一度に集まった状態で、一年間通してのコメントや次回作のメンバーへのアドバイスをするような機会はあまりなかったように思えます。 ゼロワンでは主要キャラクターのうちで女性の比率が増えており、特にテレビ作品としては初めて女性の仮面ライダーが第1話からレギュラー出演するということになります。 同じレギュラーでも変身するかしないかで色々と苦労も変わってくるし、女性特有の問題もどうしても出てくると思われます。 その辺りのことについてジオウで仮面ライダーに変身したメンバーや、変身はしないもののそれなりにアクションもしていた大幡しえりさんからアドバイス等が聞けると楽しそうです。 こういったイベントで一番楽しみなのは、なんといってもキャストの皆さんの素が見られることです。 ジオウチームに関してはこの1年を共に過ごしてきて、お互いに信頼関係が出来上がっています。 そんな間柄だからこそできる冗談やいじり等、キャスト同士のわちゃわちゃしたやり取りがとても楽しみです。 また、ジオウという作品に携わった中での苦しかったところや、思い出に残っているシーン等の熱い思いも聞くことができるのではと期待しています。 特に最終回の内容に関しての各キャストの感想や思いは是非聞いてみたいです。 そして、初の令和ライダーである仮面ライダーゼロワン!令和ライダーとしてのプレッシャーがある中で、キャストの皆さんがどんな意気込みで作品を作っているのかはやはり聞いてみたいです。 まだキャストの方々の素顔があまり出回っていないので、役柄とは違う素の一面も見られたらいいなと思っています。 仮面ライダーの先輩であるジオウチームとどんなやり取りをするのかはとても楽しみですね。 そして、なんとこのイベントではゼロワンの1話を先行上映するとのこと!これは仮面ライダーファンにとっては最高でしょう。 この1話をジオウチームも一緒に見るのかはわかりませんが、ジオウチームからの感想も是非聞きたいところです。 謎も多かった イベントが行われるので、とても感慨深いと思う。 このイベントで楽しみな事は2つある。 1つ目は、ジオウの次のシリーズである、仮面ライダーゼロワンの1話を先行して見られる事である。 実際にテレビ放送されるのは、9月1日だが、このイベントに参加した人のみ先に楽しむことができるので、プレミアム感が満載であると思う。 初の令和ライダーのドキドキ感を先取り出来る事はとても魅力的だと思う。 2つ目は、ジオウのキャストとゼロワンのキャストの会話を見られる事である。 普段視聴している私たちは、ジオウもゼロワンも同じ「仮面ライダー」として見ており、繋がりがあるものだが、実際には全然別の設定、世界の話でキャストどうしの会話や絡みが見られる機会は多くはないと思う。 そのため、プレミアムイベントでジオウとゼロワンのキャストを一緒に見られるのは、特別感がある。 また、ジオウを最終回まで終えて成長したジオウキャストと、まだ初々しいゼロワンキャストを対比してみられる事も魅力的である。 多くの仮面ライダー俳優は初回と最終回では全く別の顔つきをしている。 その成長を生で見られるのは、とても贅沢なことだと思う。 イベントではゼロワン役の高橋文哉さんとジオウ役の奥野壮さんが共演 イベントではゼロワン役の高橋文哉さんとジオウ役の奥野壮さんが共演されるとの事で、先輩にあたる奥野さんから後輩の高橋さんへ、撮影にあたりどんな所に注意したらよいかのアドバイス等もあると思われますので、それを聞いてみたいなと思いました。 一年間の放送となる為、長丁場の撮影では色々と予期せぬ出来事で、大変な事もあると思われますので、そんなマル秘なエピソードトークも聞きたいなと思いました。 イベントでは第1話の先行上映があるとの事ですが、それ自体もいち早く本編が見られるのでワクワクすると思いましたし、上映後に1話での撮影時の裏話やエピソード等もご本人から直接聞けたら楽しそうだなと感じました。 サプライズイベントとして仮面ライダーゼロワンと仮面ライダージオウが登場するヒーローショーもあったらきっと面白いと思われますので、あるかどうかは分かりませんが、個人的には期待したいなと思いました。 それからイベント時に各出演者の方達に、ファンからの質問等にも答えるコーナー等もあったら更にイベントが盛り上がりそうなので、そんな点にも注目したいなと思いました。 ともあれ二人のヒーローが並び立つ姿が見られるのは、胸踊る瞬間だと思いますので、ファン感涙のイベントになりそうだなと思いました。 まとめ まずデザイン面から、令和発の仮面ライダーとしてとても相応しいデザインではないかと思います。 主役である仮面ライダーゼロワンは、黒とグレーのスーツをもとに、飾りすぎないライトイエローの装甲。 初代仮面ライダーや仮面ライダークウガなどを彷彿とさせる真っ赤な眼とバッタ調の顔づくり。 シンプルなショルダーアーマーと全身にワンポイントで入っている赤の差し色。 『01』という名に相応しい令和の仮面ライダー、主人公らしいデザインだと思います。 ストーリーでは、AI、つまり人工知能をテーマにした近未来な世界観で作られています。 『ヒューマギア』と呼ばれるAIロボが様々な仕事や現場で従順に働くというバックストーリーは、人工知能やそれを搭載したロボットが開発、または世に送り出されている現代科学ないし現代社会とマッチしていて、とても引き込まれる設定です。 人工知能が暴走する近未来を描いた映画などが多くありますが、仮面ライダーゼロワンもそういったストーリーで、ヒューマギアが暴走し、それはマギアと呼ばれるそうです。 それに対抗する手段として、仮面ライダーゼロワンに変身する主人公、飛電或人 ひでんあると が持つ変身ギア『ゼロワンドライバー』『プログライズキー』の2つは、公式映像では軽快な変身音を発し、またデザインもスリムでスタイリッシュな仕上がりになっており、昨今の様々な技巧を凝らした変身ベルトとは違い、シンプルな作りになっています。 また主人公飛電或人の、社長という設定は、歴代仮面ライダーに被らない、新しい設定で興味をそそられます。 戦う相手 或人がゼロワンになって戦うことになる相手、滅亡迅雷. net。 おぉ、不吉な名前だ。 滅と迅以外にはどんなメンバーがいるのか。 そして目的は人間の滅亡…。 全人類を滅ぼそうと?なぜそうなるに至ったのかも後々明かされてくんでしょうね。 ヒューマギアに悪の魂を注ぎ込んでしまう恐ろしい敵。 ヒューマギアは或人が社長になった会社で作られてるAIのロボ。 自社製品を勝手に悪用されて、そこもとんだ迷惑!損害も出ないわけがないですよね。 会社の信頼問題もあるし。 人類の滅亡を企む滅亡迅雷. netから人々を守り、AIロボと時に戦いを余儀なくされ、会社も守る。 うーん、大変だ! それも、A. っていう暴走したAIと戦う組織もいて。 まあそこに仮面ライダーが2人いるんだけど。 でもAIイコール危険って感じで、AI自体を目の敵にしてるっぽい。 こことの或人の関係も気になってきますよね。 ヒューマギアを作る会社の社長は、彼らにとったら敵みたいなものでしょう?そこの感じもどうなってくんだろうか。 或人が戦うのは、ヒューマギアというものの存在を守るためでもあって、その可能性を信じて、揺るぎない信念を持って変身してくれるはず。 理解してもらえなくて、苦しい立場になることもありそうだけど、応援したくなる主人公だと思います。 初の女女性ライダー 仮面ライダーゼロワンでは、最初から登場する女性の仮面ライダーがいるというのがポイント。 これって仮面ライダー始まって以来初めてのことなんだってね。 ジオウもだったけどヒロインなり女性の登場人物がライダーに変身するっていうパターン、あるけど最初から変身してたわけじゃない。 すごいね、令和最初の仮面ライダーで、その中で最初から変身する女性ライダー。 この役は注目を集めることになるだろうし、今後も初代・最初からの女性ライダー、として語り継がれるかも。 その名も刃唯阿。 名字が刃。 うん、もう強そう。 でバリバリ戦闘してる女性隊員。 クールで強いキャラクターなんだね。 理系で戦闘力も高い…。 まさにクールビューティー!うんうん、いいんじゃない?仮面ライダーバルキリー期待しちゃうよ。 さてその役を射止めたのは、井桁弘恵さん。 記者会見の姿を見る感じだと、見た目はクールビューティー、だけどどちらかというと雰囲気がフワッとした癒し系な印象をうけたんだよね。 共演者から、撮影になるときりかえがしっかりしてるとも言われてましたね。 普段はニコニコしてるけど、いざ始まるとキリッとするって。 その様子をみてみたい…。 そういうギャップをそばでみられるのも共演者の特権なのかも。

次の