リー チンチン。 リン・チーリンの現在の画像が美人!年齢40路でも劣化なしwww(ジャパンカップ) 2ch「レッドクリフ小喬役最高」「キムタクと月9出てたな」「身長高い」【動画・wikiプロフあり】 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

リン・チーリンの現在の画像が美人!年齢40路でも劣化なしwww(ジャパンカップ) 2ch「レッドクリフ小喬役最高」「キムタクと月9出てたな」「身長高い」【動画・wikiプロフあり】 : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

リー チンチン

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 30年前に中国を離れ、サンフランシスコのコンピュータ会社の重役を勤めるレオ・ファン(ピーター・ワン)。 人事問題で傷ついた彼は、会社を退職し、久々の休暇を取り、妻のグレース(シャーロン・イワイ)と息子のポール(ケルヴィン・ハン・イー)を連れ、夏の北京に帰郷する。 故郷では、妹のチャオ夫人(シェン・グァングラン)、その夫のチャオ氏(フー・シォグアン)、そして娘のリリ(リー・チンチン)が、彼らを迎えた。 リリは、名門大学受験を控える少女。 彼女は、リュウ(ワン・シャオ)と、ほのかな恋を育て始めている。 リュウは、学者の父に育てられ、北京大学を目指す若者だが、何度か失敗、アルバイトをしながら次のチャンスを待っている。 しかし、父親の心とは裏腹に、気の張る仕事は嫌い、できれば、ファッションモデル等をしてみたいとオーディションを受けたりしている、軽い若者であるが、彼は卓球の好プレイヤーでもある。 アメリカと中国で、それぞれ生きてきたこの兄妹の家族は、お互いの違いに驚いた。 同じ肌の色をしていても中身はまるで違う。 そんな中で、西洋文化への憧れを抱いていたリリは、ポールからアメリカ文化の一端をうかがい知るうちに、彼に惹かれていった。 アメリカ製の洋服や化粧品などを身につけ、ポールと遊び回り、リュウと会うことも受験勉強することもなくなっていった。 そんなリリの両親は、彼女をアメリカに留学させることを思いつく。 大学受験直前、遅れを取り戻そうと徹夜勉強に励んだ彼女は、しかし体を壊し、遂に受験できなくなってしまう。 ポールとリュウは、卓球大会に出席、激戦を交わす。 背景となる文化の違いがその戦いにも如実に現われた。 ファン一家は旅行に大いに満足してサンフランシスコに帰って行った。 北京では、リュウが北京大学に合格、リリ達の祝福を受けるのだった。

次の

名犬チンチンリー>『なつぞら』第65話

リー チンチン

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 30年前に中国を離れ、サンフランシスコのコンピュータ会社の重役を勤めるレオ・ファン(ピーター・ワン)。 人事問題で傷ついた彼は、会社を退職し、久々の休暇を取り、妻のグレース(シャーロン・イワイ)と息子のポール(ケルヴィン・ハン・イー)を連れ、夏の北京に帰郷する。 故郷では、妹のチャオ夫人(シェン・グァングラン)、その夫のチャオ氏(フー・シォグアン)、そして娘のリリ(リー・チンチン)が、彼らを迎えた。 リリは、名門大学受験を控える少女。 彼女は、リュウ(ワン・シャオ)と、ほのかな恋を育て始めている。 リュウは、学者の父に育てられ、北京大学を目指す若者だが、何度か失敗、アルバイトをしながら次のチャンスを待っている。 しかし、父親の心とは裏腹に、気の張る仕事は嫌い、できれば、ファッションモデル等をしてみたいとオーディションを受けたりしている、軽い若者であるが、彼は卓球の好プレイヤーでもある。 アメリカと中国で、それぞれ生きてきたこの兄妹の家族は、お互いの違いに驚いた。 同じ肌の色をしていても中身はまるで違う。 そんな中で、西洋文化への憧れを抱いていたリリは、ポールからアメリカ文化の一端をうかがい知るうちに、彼に惹かれていった。 アメリカ製の洋服や化粧品などを身につけ、ポールと遊び回り、リュウと会うことも受験勉強することもなくなっていった。 そんなリリの両親は、彼女をアメリカに留学させることを思いつく。 大学受験直前、遅れを取り戻そうと徹夜勉強に励んだ彼女は、しかし体を壊し、遂に受験できなくなってしまう。 ポールとリュウは、卓球大会に出席、激戦を交わす。 背景となる文化の違いがその戦いにも如実に現われた。 ファン一家は旅行に大いに満足してサンフランシスコに帰って行った。 北京では、リュウが北京大学に合格、リリ達の祝福を受けるのだった。

次の

リー チンチンの能力

リー チンチン

レミ子さん初登場時は意味深な発言をしていたけど あれは大森お得意の(?)インパクト重視の作劇。 その後の扱いは蓋ショボと言うのも恥ずかしい軽さだった。 でも、やはり、それで済ませる気はなかったのね。 咲太郎はそれを予言? ま、なつはそんなことは一切関係なく …あ、関係大有りか。 脇が貶められるる=なつの美貌が称えられる と言って良いものね。 それに、富子さんへの態度は咲太郎に似ていたし。 と、ともかくも 再々試験に合格して、遂にアニメーターに。 初登場時はカッコ良かった泰樹さんが、すっかり骨抜きにされて アホなじーさんになり下がっちゃったしな(酷) 牧場を継いだ照男も、自分の道を行った夕見子も これじゃ何だか可哀想… インパクト重視なところは『てっぱん』を思い出す。 そういえば、ヒロインの扱い方もちょっと似ていたかも? オヤジが萌える可愛く健気な女の子…ってイメージを据えていて 脇の人々は皆、彼女の盛り立て役。 blog90. fc2.

次の