労働 契約 書 雛形。 雇用契約書(労働契約書) 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料ダウンロード)(労働条件通知書と兼用タイプ)02(労働条件通知書と兼用タイプ)(正社員・アルバイト・パート社員)(ワード Word)

雇用契約書(労働契約書) 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料ダウンロード)(労働条件通知書と兼用タイプ)02(労働条件通知書と兼用タイプ)(正社員・アルバイト・パート社員)(ワード Word)

労働 契約 書 雛形

このページは、「雇用契約書 5 年俸制 」の書き方(雛形・テンプレート・フォーマット・サンプル・例文・定型文)をご提供しています。 「雇用契約書 年俸制 」作成の際にご活用ください。 文例は、このページの下部に掲載しています。 次の事項については、書面によって明示することが義務付けられています。 1.労働契約の期間に関する事項 2.就業の場所及び従事すべき業務に関する事項 3.始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに交替制の就業転換に関する事項 4.賃金の決定、計算及び支払いの方法、賃金の締切り及び支払いの時期に関する事項 5.退職に関する事項 (解雇の事由を含む) 労働契約法 平成20年3月から労働契約についての基本的なルールを定めた「労働契約法」が施行されました。 労働契約法における「労働者」とは 使用者の指揮・命令のもとに働き、その報酬として賃金を受けている場合には、「労働者」として労働契約法の対象になります。 「請負」や「委任」という形式をとっていても、実態として、使用者の指揮・命令のもとに働き、その報酬として賃金を受けていれば、「労働者」になります。 スポンサーリンク 「雇用契約書 5 年俸制 」の参考文例 以下参考文例です。 雇用契約書 使用者 〇〇〇〇株式会社(以下、「甲」という。 )と被用者 〇〇〇〇(以下、「乙」という。 )とは、次の通り雇用契約を締結した。 第1条(契約の成立) 甲は、乙を本契約に定める労働条件で雇用し、乙は誠実に勤務することを約した。 第2条(就業場所及び業務内容) 乙は下記の場所において次の業務を甲の指示に従い誠実に行う。 就業場所 〇〇県〇〇市〇〇町〇〇丁目〇〇番〇〇号 〇〇〇〇 業務 〇〇〇〇事務及びこれに付帯する一切の業務 2 甲は、業務の都合により、前項の就業場所及び就業業務の変更を命ずることができる。 3 乙は、前項の命令に従わなければならない。 第3条(賃金) 甲は乙に対し給与等を次の通り支払う。 1 給与支給額 年俸〇〇〇〇万円(税込) 2 支払方法 年俸を12分割し毎月末日限り乙が指定する銀行口座へ振込支払う 3 〇〇〇〇 〇〇〇〇 但し、法律の定める項目については、給与から控除を行う。 2 中途で退職する場合は、退職月以降の分割支給分の賃金は支給しない。 第4条(雇用期間等) 乙の雇用期間については定めない。 ただし乙が就業規則に定める定年に達したときは退職する。 2 乙の就業開始日は、平〇〇年〇月〇日とする。 第5条(始業、終業時刻及び休憩時間) 乙の始業時刻、終業時刻、休憩時間は、次のとおりとする。 始業時刻 〇時〇分 終業時刻 〇時〇分 休憩時間 〇時〇分から〇時〇分まで(〇〇分間) 2 甲は、乙に対し、業務の都合により必要がある場合、法令及び就業規則の定める手続を経た上で、時間外勤務を命ずることができる。 第6条(休日及び休業) 休日及び休業は、下記のとおりとする。 休日 土曜日、日曜日 祝日 〇〇日 2 前項の休日以外に甲が乙の就労義務を免除する休日、休業の範囲等に関しては、就業規則の定めるところによる。 3 甲は、乙に対し、業務の都合により必要がある場合、法令及び就業規則の定める手続を経た上で、休日勤務を命ずることができる。 第7条 本契約に定めのない事項については、法令、労働協約、就業規則(賃金規程、退職金規程、安全衛生規程等を含む)の定めるところによる。 2 本契約で定める労働条件が、就業規則の定める労働条件を上回る場合には本契約によるものとし、就業規則の定める労働条件を下回る場合には、就業規則による。 以上のとおり契約が成立したことを証するため、本書2通を作成し、各自署名押印のうえ、その1通を保有する。 労使トラブルを防止するためにも、また、トラブルが生じた際の早期解決のためにも契約書の作成は弁護士や社会保険労務士等の専門家に依頼されることをおすすめいたします。 スポンサーリンク.

次の

雇用契約書の雛形と正しい雇用契約書を作るための注意点4つ|あなたの弁護士

労働 契約 書 雛形

契約書/通知書等モデル集 採用・労働条件等の通知書や労働者契約、誓約書などに関するモデル文書(WORD ファイル)をダウンロードすることができます。 契約書等の内容に関するお問い合わせは、「各種お問い合わせ 」よりご連絡ください。 (お電話でのお問い合わせは受け付けておりません。 書 式 名 概 要 ファイル 採用内定通知書 採用内定にあたり、採用時に予定している労働条件や内定取消事由を記載した通知書です。 就業規則届(意見書) 就業規則を届け出る際に必要となる様式です。 労働条件通知書 労基法15条に基づき、明示が必要となる労働条件を記載した通知書です。 パート社員労働条件通知書兼雇用契約書 労基法15条等に基づき、パートタイム社員に対して明示が必要となる労働条件を内容とした契約書です。 嘱託社員労働条件通知書兼雇用契約書 労基法15条に基づき、定年後再雇用者に対して明示が必要となる労働条件を内容とした契約書です。 入社時誓約書 社員が入社するにあたり、就業規則遵守や反社会的勢力とのかかわりの禁止、守秘義務等を誓約してもらう書面です。 労働者名簿 労基法107条に基づき、各労働者について調製が必要となる事項を網羅した書面です。 出向契約書 社員を在籍出向させるにあたり、出向元会社・出向先会社の責任分担を定めた契約書です。 転籍契約書 社員を転籍させるにあたり、転籍条件などを定めた会社間での契約書です。 無期労働契約転換申込書 労契法20条に基づき有期契約労働者が無期転換を申し込む場合に、差し入れてもらう書面です。 無期労働契約転換申込受理通知書 無期労働契約転換申込書を受領したことを証する通知書です。 休職通知書 社員が休職するにあたり、休職中の遵守事項や復職の取扱い、復職できない場合の取扱いなどを定めた通知書です。 休職期間満了日通知書兼確認書 社員が休職期間満了日までに復職の要件を満たさない場合に、自然退職となる旨の通知書兼確認書です。 退職時誓約書 社員が退職するにあたり、貸与品の返却や守秘義務などを誓約してもらう書面です。 労働者派遣基本契約書 労働者派遣を行うに際し、派遣料金や派遣元・派遣先の責任分担、基本となる遵守事項を定めた契約書です。 労働者派遣個別契約書 労働者派遣を行うに際し、労働者派遣法上必要となる事項を定めた契約書です。 就業条件明示書 労働者派遣を行うに際し、労働者派遣法上派遣労働者に対し明示しなければならない事項を記載した通知書です。 紹介予定派遣基本契約書 紹介予定派遣を行うに際し、派遣料金や派遣元・派遣先の責任分担、基本となる遵守事項を定めた契約書です。 紹介予定派遣個別契約書 紹介予定派遣を行うに際し、労働者派遣法上必要となる事項を定めた契約書です。 業務委託契約書 業務委託の発注・受注に際し、委託者・受託者の責任について定めた契約書です。

次の

「労働契約書」と「雇用契約書」は違う?記載事項とない場合も解説

労働 契約 書 雛形

雇用契約書(労働契約書)の見本・サンプル 本テンプレートは、雇用契約書(労働契約書)のひな形です。 労働基準法などにより労働者に明示することが義務づけられている労働条件通知書と兼用タイプです。 アルバイト、パートタイマーや契約社員などとの契約締結に際して使用するのにも適しています。 のワードのバージョンですが、若干内容も変えてあります。 ワードで作成しているので、記載事項を容易に変更することができます。 なお、労働条件通知書とは別になった雇用契約書のテンプレートについては、次にありますので、あわせてご参考にしてください。 ちなみに、労働者に書面で交付して、明示しなければならないとされる必要最低限の事項は以下のとおりです(労働基準法施行規則第5条)。 労働契約の期間に関する事項(雇用期間)• 就業の場所及び従事すべき業務に関する事項• 始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて就業させる場合における就業時転換に関する事項• 賃金(退職手当及び第五号に規定する賃金を除く。 以下この号において同じ。 )の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項• 退職に関する事項(解雇の事由を含む。 ) 本テンプレートは上記最低限の事項は網羅しています。 しかし、雇用条件は千差万別ですので、実際にご使用になる状況等に応じて、適宜、記載事項を修正・追加・削除してください。 では、雇用契約書(労働契約書)の見本・サンプル・ひな形・たたき台としてご利用・ご参考にしてください。 (Office 2007~ ファイル形式).

次の