海外の藩王。 日本人が嫌いな国TOP3に韓国の反応「日本旅行を自制しよう」

海外の反応

海外の藩王

渋野日向子の海外の反応で絶賛されてるのはかわいい笑顔と面白いキャラ? 渋野日向子の海外の反応ですが、 まずは英国のBBCがこんな風に報じています。 「渋野日向子が初のメジャーを見事な勝利で獲得」 「驚愕の勝利をつかむために最終ホールでバーディを奪った」 海外では「スマイリングシンデレラ(笑顔のシンデレラ)」と 呼ばれているようですがラウンド中の笑顔が とても印象的だったようですね。 最終日はサラスとの激闘でみててハラハラしてたんですが、 そんな中でもいつも明るく振舞ってて素敵でした! イギリスのガーディアン紙も「彼女は今年、最も愛される話題を提供してくれた」と渋野日向子のことを絶賛しています。 「スマイリング・シンデレラのニックネームを持つ渋野は、その明るく攻める姿勢を4日間、貫いた。 18アンダーまでスコアを伸ばした彼女のゴルフは、その姿勢の賜物だった」 「彼女は、戦いの最中、厳格な雰囲気を保つ、このスポーツの慣習とはかけ離れた様子で観客とハイタッチをして自らに敬意を向けるギャラリーに手を振って見せた」 それでは他の海外の反応もチェックしてみましょう! 渋野日向子の海外の反応が見てて楽しい!笑顔がめっちゃ話題に!? 18番ホールに移動する最中でもみんなとこうして、 ハイファイブしている渋野日向子さん。 Life is a parade for Hinako Shibuno. She was high-fiving everyone that wanted a high-five on her way to 18th tee, where the shots of her life await. — Randall Mell RandallMellGC いつもこんな感じだったので明るいキャラで愛されてますね。 他にもこんなコメントが英語で書き込まれていました。 「あんなに笑顔でゴルフをしている選手をみたことがない」 「スマイルがビューティフル!」 「一番好きな選手の一人になった。 なんて楽しい選手だ」 「LGPA初めて見たけど最高だった。 この女の子は信じられないほど上手でポジティブでかわいかった」 「彼女を見てるのは本当に楽しかった。 釘付けだったよ」 「新しいスターが生まれた」 「素晴らしい大会だったし本当に愛しい勝者だ。 もし少しでも参考になったとしたら嬉しいです。 最後に僕が最近ハマっている面白いスマホアプリのトップ7を ランキングにしてみたので、もしよかったらチェックしてみてください。 渋野日向子が好きな方におすすめのアプリゲーム? それが!歴史に新たな1ページを刻んだゲーム。 スマホ最高峰といわれるキャラグラフィックもとにかくスゴイ。 ただ張飛だけはおかしなことになってるので気をつけて(笑) 三国志アプリの革命といわれ、人気もきわめて高い作品です。 最後まで読んでいただきありがとうございます! では、またー.

次の

海外、日本の手作りマスクのクオリティを絶賛「今まで使い捨て買ってたのは無駄だった!」

海外の藩王

興味深いアンケート調査がある。 日経リサーチが昨年10〜11月に1673人を対象に調査した、日本人の「各国・地域への友好意識」に関するアンケート結果だ。 同調査によれば、日本人が最も好きな国はオーストラリアとイギリス。 いずれも「好き」「どちらかといえば好き」という肯定的な評価が72%に達した。 3位はフランス(肯定71%)、4位はイタリア(肯定69%)で、アメリカは5位(肯定67%)だった。 そして意外な結果かもしれない。 日本人が嫌いな国トップ1〜3位は? というのも最近、両国間の葛藤が激しい韓国が嫌いな国の1位でも2位でもなかったからだ。 日本人が最も嫌いな国1位となったのは、北朝鮮だ。 「嫌い」または「どちらかといえば嫌い」と答えた人は82%にも上った。 アンケート結果を報じた『日本経済新聞』は、その理由を「北朝鮮は米国と非核化交渉の動きをみせるが、核・ミサイル開発の脅威は消えていない」と説明している。 北朝鮮に次いで否定的な評価が多かったのは、中国(否定76%)だ。 南シナ海や尖閣諸島などの外交問題が、否定的な印象につながった可能性が高いという。 そして嫌いな国3位となったのが、お隣・韓国である。 韓国に否定的な印象を持つ人は、61%。 北朝鮮や中国に比べれば大きく否定派が落ちており、4位のロシア(否定57%)とも僅差という結果になっている。 ただ嫌いな国5位のフィリピンへの否定的評価は21%しかないため、上位4カ国が圧倒的に嫌われていることが証明されたともいえるかもしれない。 年齢が高い人ほど、嫌韓傾向があるという結果だ。 韓国の反応は? 日本人が嫌う国3位という結果に、韓国はどんな反応を示したのか。 今回のアンケート調査については、韓国メディアでも「日本人が最も嫌う国は北朝鮮…韓国は3番目」(『朝鮮日報』)などと報じられているのだが、韓国ネットユーザーのコメントには以下のようなものがあった。 (写真提供=SPORTS KOREA) いずれにしても日本人が嫌いな国ランキングで1〜3位となった北朝鮮、中国、韓国。 今後も同じ傾向が続くのか、また上位のランキングに変動はあるのか、注目してみたい。 (文=S-KOREA編集部) 外部サイト.

次の

海外の反応「日本の医療環境をうらやむアメリカ人の反応」

海外の藩王

海外の声 海外の声:日本人で時間や心の余裕がある人は、もう今はあえて手作り布マスクを選んで利用しているんだね。 自分が消費してしまうはずの分が医療人に渡るかも知れないし、お年寄りの心の支えになるかも知れない。 何よりマスクを探す時間やストレスから開放される。 (イタリア) 海外の声: 自分の分だけではなく、他人の分までマスクを縫ってるなんて素敵です。 なんとかコロナ危機を乗り越えたいものです。 (スペイン) 海外の声:マスクを手作りしないといけないほどの状況なんだから、本当はこわくて寂しくて腹立たしい作業なのかも知れないけど、、そこは飲み込んで無心になり、作り上げてからの達成感があるのかな。 ひと時の現実逃避は気持ちのリセットにもつながるんだ。 (アメリカ) 海外の声: 日本人は自分で作ったものは大切にするんだね。 大量消費でないと経済的にはマイナスであるかもしれないけど、ずっと前から心の時代になっていたのかもしれない。 (イギリス) 海外の声:新型コロナとの戦いは長期戦です。 不織布マスク入手で悩むより洗って使える方が経済的だし、慣れると不織布マスクには戻れないのかも。 (ドイツ) 海外の声:愛着っていい言葉。 物を大切にすることも考えて工夫することも、無頓着に消費することなんかも忙しいことを理由にスルーし過ぎてきちゃった気がしています。 日本人から学んだよ。 (チリ) 海外の声: 日本人を見習って何度でも使える手作り布マスクを使うようになって使い捨て不織布のマスクを使う回数がめちゃくちゃ減った。 だから家の在庫も減らず精神的にも楽になった。 (台湾) 海外の声:無いなら無いで、工夫する。 工夫ついでにオシャレに手作りしてみる。 他人と同じじゃつまらないからアレンジしてみる。 日本人の良い所だと思う。 (ベルギー) 海外の声: 日本の教育はとても独特。 家庭科や美術などが当たり前にある国は滅多にない。 だからアメリカでは学校を出ていてもミシンも使えない(アメリカ) 海外の声:多くの日本人女性は基本的には裁縫ができる、ということに驚いた。 (イギリス) 海外の声:買い物くらいしかマスクは使わないだろうから、布マスクは帰宅後すぐに小さい洗濯ネットに入れて、洗濯機にポイするだろうし楽だね。 (インド) 海外の声: 洗えるから却って清潔な気がします。 自分で作れば自然と大事にしますよね。 (メキシコ) 海外の声:布製マスクの方がカラフルな色や柄が個性的で楽しそう。 あと、汗をかいても吸ってくれる。 サージカルマスクはそうでないからビチャビチャ冷たくて気持ち悪いんだよね。 (タイ) 海外の声:自分や誰かを守るために創意工夫して何かを作ることは、自信がつくし 作れた自分に 安心するしこんな中でも充実した幸せを感じられる。 ささやかだけれど「幸せも安心も自分で作れるものなんだ」って嬉しくなる。 ミャンマーにも広げるよ。 (ミャンマー) 海外の声: 私も手作りマスクを、使いだしてマスク探さ無くても良いとなると、気分が楽になりました。 子供、友達にプレゼントして喜ばれています。 (イタリア) ちょっと一言 無いものは考えて作る。 もの作りは大昔から日本が育んできた文化です。 他所からみれば凄いと思われることかもしれないですね。

次の