今泉俊輔 実写。 King & Prince永瀬廉“小野田坂道”の全力メイキング解禁 伊藤健太郎“今泉俊輔”とのオフショットも|オリコンニュース|徳島新聞

King & Prince永瀬廉の秋葉原ママチャリ疾走カットを初公開 実写映画『弱虫ペダル』でオリジナルのアニソンを披露

今泉俊輔 実写

小野田坂道が初めてロードレーサーに乗る(0:33) 総北高校新入部員による ウエルカムレースにママチャリで出場した坂道。 レース中、ママチャリである故スピードも出ず、ロードレーサーで出場しているライバルとどんどん差が出てくる。 当初、坂道にはウエルカムレース用にロードレーサーが用意されていたのだが、 レースに間に合わず、いつものママチャリで出場したのだ。 総北高校自転車競技部のマネージャー、寒咲幹の実家の寒咲自転車屋が坂道のロードレーサーを用意し、なんとかレース中に渡すことができた。 小野田坂道が肘をケガしている(0:56) 1年生にしてインターハイメンバーに選ばれた坂道が、 インターハイ初日に集団落車に巻き込まれる。 その時に負傷したと推測される。 小野田坂道が水玉のジャージを着ている(1:16) 総北高校新入部員のウエルカムレースの山岳ステージである、峰ヶ山峠の山頂で今泉俊輔に勝ちトップで通過する。 山頂でリタイヤとなる坂道に監督がジャージを着替えなさいと水玉のジャージを渡す。 坂道は水玉ジャージが山岳賞ジャージと知らずに着る。 小野田坂道のチームジャージがボロボロ(1:24) 坂道はインターハイ初日に集団落車をした影響で、チームジャージがボロボロになった。 映画実写版『弱虫ペダル』は原作のどこからどこまでかを予想 映画実写版『弱虫ペダル』はアニメ原作でどこからどこまでかを予想してみます! *ネタバレ要素が含まれています。 永瀬廉演じる小野田坂道はアニメが大好きで運動はちょっと苦手な高校生。 秋葉原(アキバ)まで往復90kmの道のりをママチャリで通います。 その理由は、自転車だとアキバまでタダで行けるから。 高校ではアニメ研究部に入って高校生活を満喫する予定でしたが、 アニメ研究部は部員数が少なく休部中・・・・ そんな中、ロードレーサーとしてすでに名を馳せている今泉俊輔と鳴子章吉の出会いによって、自転車競技部に入部することになります。 厳しい練習に明け暮れ、坂道はロードレーサーとして才能が目覚めていくのです。 1年生のウエルカムレースでは山岳ステージで坂道の才能が発揮します。 そして、合同合宿を経て、坂道はクライマーとしてインターハイメンバーに選ばれるのです。 インターハイ(全国大会)には王者・箱根学園、御堂筋を擁する京都伏見高校など、全国の強豪校が揃い、3日間に及ぶ過酷な戦いです。 坂道はレース初日で集団落車に巻き込まれす。 順位は最下位まで落ちますが、持ち前の頑張りで上位にいるチームと合流します。 坂道は自分のために走るというよりも、チームのために走るという意識が高いのです。 よって、自分がリタイヤするとチームに迷惑がかかると思い、ガムシャラにペダルを漕ぎます。 レース二日目、最終日と総北高校はアクシデントに見舞われるが、チーム全員の力で両校に追いつきます。 そして、総合優勝を懸けた、男の戦いが加速します。 映画実写版「弱虫ペダル」は、1年生の坂道がインターハイ出場を果たし活躍する物語だと推測します。 アニメ「弱虫ペダル」なら、第1期と第2期になります。 あわせて読みたい>>> 映画実写版『弱虫ペダル』のキャスト陣 総北高校自転車競技部のキャストは発表がありましたが、 ライバル校の箱根学園、京都伏見高校のキャスト陣は発表されていません。 個性豊かなキャラクターですので、イメージ通りのキャストを揃えるのは至難の技ですね。 ) 寒咲幸司(かんざき こうじ) 皆川猿時.

次の

弱虫ペダル映画エキストラ募集!出演者キャストと小野田はイケメン主人公、今泉や鳴子、実写化でのロードバイクの再現度とエキストラについても

今泉俊輔 実写

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画を実写化した今作で、CGナシで挑戦した自転車シーンなど過酷な撮影の裏側にカメラが迫る。 また主人公・アニメ好きの高校生・小野田坂道を演じた永瀬、新人エース・今泉俊輔役の伊藤健太郎との2ショットオフショットも公開された。 解禁された映像は「過酷な環境での撮影でしたが、それを乗り越えたからこそ画面越しで伝わるものがある」という永瀬の言葉通り、倒れ込んでしまうほど坂を全力で駆け上がったり、疲れ切って仲良く寝そべる永瀬と伊藤の様子が映し出される。 2人は、番組収録や舞台、ドラマ撮影などの過密スケジュールの中、本作のクランクイン前より自転車練習を開始。 特に主人公の坂道を演じた永瀬は、自転車競技経験者のトレーナーから「上るのはプロでもキツイ」という坂を一発で上り切るなど、坂道らしいガッツを見せている。 そして、鳴子章吉役の坂東龍汰も「ガチンコの自転車アクションで熱量の強い作品になったと思います」と熱く語り、マネージャー・寒咲幹役の橋本環奈も「何よりも原作ファンに楽しんでもらえる作品になったらいいなと思います」と展望する。 チーム総北メンバーもみな全力で自転車競技に向かい合ったレースシーンへの期待も高まる。 「頑張る気持ちを思い出させてくれる、体感できる作品になっている」と自信を持って語る永瀬の言葉にも裏付けられるように、苦難を乗り越えて、本気で自転車競技に挑んだキャスト達の全力疾走と仲間との熱い絆にも注目だ。 なお、今回のオフショットは過酷な練習を乗り切り、撮影終盤原作にも登場する激坂シーンの前後で撮影されたもの。 ふたりの爽やかで晴れやかな表情が印象的な一枚となっている。

次の

弱虫ペダル実写映画のキャストがひどい!?ロケ地やエキストラ参加方法まとめ

今泉俊輔 実写

『弱虫ペダル』は、2008年から『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載中の、渡辺航氏によるロードレースを題材にした作品。 アニメ好きの高校生・小野田坂道が、入部した自転車競技部で仲間たちとともに、支え合い、競い合いながら競技にのめり込んでいく姿を描いた青春スポーツ漫画だ。 コミックスは現在までに66巻までが刊行されており、アニメ、舞台、小説、ドラマなどメディアミックスが展開されている。 初の実写映画化となる本作では、主人公の小野田坂道を永瀬廉が演じ、伊藤健太郎が今泉俊輔役、橋本環奈が寒咲幹役で出演している。 )が登場。 また、橋本環奈演じる寒咲幹の父・寒咲幸司役で皆川猿時がキャスティングされている。 メガホンをとるのは、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』などの三木康一郎監督。 解禁された場面写真は、永瀬演じる小野田坂道が秋葉原をママチャリで疾走するカット。 アニメ好きで週に一度は秋葉原に通う坂道は、小遣いを節約するために地元・千葉から片道45km=往復90kmの道のりをママチャリで走っている。 劇中では、原作にも登場する、アニソンを鼻歌で歌いながら秋葉原を疾走する姿を永瀬が披露しているという。 でも、思いっきり大声で歌っているうちに、気が付いたら自然とテンションが上がっていました」とコメントしている。 『弱虫ペダル』は8月14日(金)全国公開。

次の