三菱 自動車 株価。 【分析】三菱重工の株価予想。今後の見通しについて

【緊急レポート第2弾】 三菱自動車の適正株価! [株・株式投資] All About

三菱 自動車 株価

みんかぶ予想株価は「313円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

【緊急レポート第2弾】 三菱自動車の適正株価! [株・株式投資] All About

三菱 自動車 株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は三菱自動車【7211】の株価を分析。 そして今後を予想していきます。 三菱自動車とはどんな会社? 三菱自動車(登記社名:三菱自動車工業)は乗用車ならびにその関連部品を開発および製造しています。 同社は日本をはじめ米国、タイ等に生産施設を持っています。 子会社を通じ自動車のリースや販売金融サービスを提供しています。 1970年に三菱重工業から独立しました。 通称は三菱自動車(みつびしじどうしゃ)、または三菱自工(みつびしじこう)。 日本国外ではMITSUBISHI MOTORS(ミツビシ モータース)という表記を用いていたが、日本国内でも「MMC 三菱自動車」から「MITSUBISHI MOTORS」というロゴを1999年1月より使用するようになりました。 グローバルブランドスローガンは「Drive earth」(ドライブ・アット・アース)。 以下はWikipediaより引用 三菱は戦前より自動車の生産を行っており、日本の自動車メーカーとして最も長い歴史を持つブランドの1つである。 現在の三菱自動車工業は、三菱重工業とクライスラーとの合弁事業としてスタートし、1993年までクライスラーと資本提携していた。 その後、2000年からドイツに本拠を置くダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)と資本提携関係となったが、2000年に三菱リコール隠しが発覚。 この不祥事を受けて自動車売り上げが激減し、2005年に解消。 クライスラーとの技術提携関係は2009年まで継続されていた。 2004年には大規模なリコール隠し問題を起こし、後に法人としての三菱自動車に対し有罪が確定した。 2018年にはゴーン会長(当時)が逮捕され、仏ルノーを加えた3社連合の関係再構築を進めています。 現在の株価は? 現在の株価は473円前後。 取引単位は100株なので、47,300円程度で三菱自動車の株を所有することが可能です。 最低50万円以上という日本株も多い中、5万円以下という少額から投資が可能なんですね。 これなら、投資初心者でも買いやすいです。 PER(株価収益率)は、5. 3倍です。 10倍を割っているのでかなり割安の部類です。 配当利回りは4. いいですね! 日本株の中では高配当の部類に入ります。 過去の長期チャート 長期でみると右肩下がりですね。 ちなみに上場来史上最高値はバブル時の1989年です。 それ以来、下落一直線を辿っています。 長期で見て下落しかありません。 このチャートをみると多少反発することはあったとしても、長期で見て上がるとはとても思えません。 ちなみに直近1年のチャートはこちら こちらも軟調です。 チャートだけ見ても、「なんか投資したくないな」と思ってしまいます。 三菱自動車の売上高は? こちらは比較的堅調です。 意外とわるくないのかもしれません。 三菱自動車のEPS(1株当たりの利益)の推移です。 FY2017のマイナスがすごいですね。 例の不正データ(燃費を実際よりもよくみせるためにデータを改ざんしていた)の一件の影響ですね。 それを抜きにしても軟調であまり良いとはいえません。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。 こちらもなんともいえない推移です。 理想とする右肩上がりのBPSではありません。 微妙です。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近15. 24%です。 合格ラインをしっかり超えていたのは意外でした。 三菱自動車の今後をまとめると 相次ぐ不祥事、長期でのキレイな右肩下がりのチャート。 この2点でPERや配当利回りが魅力的だとしても買いたいとは思えませんでした。 厳しいようですが、しっかり成長を続ける優良企業に長期投資をするのが投資の王道です。 もっと良い企業はほかにたくさんあります。 次行きましょう。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 105•

次の

【緊急レポート第2弾】 三菱自動車の適正株価! [株・株式投資] All About

三菱 自動車 株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は三菱自動車【7211】の株価を分析。 そして今後を予想していきます。 三菱自動車とはどんな会社? 三菱自動車(登記社名:三菱自動車工業)は乗用車ならびにその関連部品を開発および製造しています。 同社は日本をはじめ米国、タイ等に生産施設を持っています。 子会社を通じ自動車のリースや販売金融サービスを提供しています。 1970年に三菱重工業から独立しました。 通称は三菱自動車(みつびしじどうしゃ)、または三菱自工(みつびしじこう)。 日本国外ではMITSUBISHI MOTORS(ミツビシ モータース)という表記を用いていたが、日本国内でも「MMC 三菱自動車」から「MITSUBISHI MOTORS」というロゴを1999年1月より使用するようになりました。 グローバルブランドスローガンは「Drive earth」(ドライブ・アット・アース)。 以下はWikipediaより引用 三菱は戦前より自動車の生産を行っており、日本の自動車メーカーとして最も長い歴史を持つブランドの1つである。 現在の三菱自動車工業は、三菱重工業とクライスラーとの合弁事業としてスタートし、1993年までクライスラーと資本提携していた。 その後、2000年からドイツに本拠を置くダイムラー・クライスラー(現ダイムラー)と資本提携関係となったが、2000年に三菱リコール隠しが発覚。 この不祥事を受けて自動車売り上げが激減し、2005年に解消。 クライスラーとの技術提携関係は2009年まで継続されていた。 2004年には大規模なリコール隠し問題を起こし、後に法人としての三菱自動車に対し有罪が確定した。 2018年にはゴーン会長(当時)が逮捕され、仏ルノーを加えた3社連合の関係再構築を進めています。 現在の株価は? 現在の株価は473円前後。 取引単位は100株なので、47,300円程度で三菱自動車の株を所有することが可能です。 最低50万円以上という日本株も多い中、5万円以下という少額から投資が可能なんですね。 これなら、投資初心者でも買いやすいです。 PER(株価収益率)は、5. 3倍です。 10倍を割っているのでかなり割安の部類です。 配当利回りは4. いいですね! 日本株の中では高配当の部類に入ります。 過去の長期チャート 長期でみると右肩下がりですね。 ちなみに上場来史上最高値はバブル時の1989年です。 それ以来、下落一直線を辿っています。 長期で見て下落しかありません。 このチャートをみると多少反発することはあったとしても、長期で見て上がるとはとても思えません。 ちなみに直近1年のチャートはこちら こちらも軟調です。 チャートだけ見ても、「なんか投資したくないな」と思ってしまいます。 三菱自動車の売上高は? こちらは比較的堅調です。 意外とわるくないのかもしれません。 三菱自動車のEPS(1株当たりの利益)の推移です。 FY2017のマイナスがすごいですね。 例の不正データ(燃費を実際よりもよくみせるためにデータを改ざんしていた)の一件の影響ですね。 それを抜きにしても軟調であまり良いとはいえません。 BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。 こちらもなんともいえない推移です。 理想とする右肩上がりのBPSではありません。 微妙です。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近15. 24%です。 合格ラインをしっかり超えていたのは意外でした。 三菱自動車の今後をまとめると 相次ぐ不祥事、長期でのキレイな右肩下がりのチャート。 この2点でPERや配当利回りが魅力的だとしても買いたいとは思えませんでした。 厳しいようですが、しっかり成長を続ける優良企業に長期投資をするのが投資の王道です。 もっと良い企業はほかにたくさんあります。 次行きましょう。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 105•

次の