やまぐち せいこ。 やまぐちせいこ著『ミニマリスト、親の家を片づける』|ナカヤママリコ|note

ミニマリスト・やまぐちせいこさんの“できるだけ持たない”豊かなくらし 第1話

やまぐち せいこ

そこにあるものをとりあえず段ボール箱に入れて棚ひとつ、拭くことからなら始められる。 大事なのは、自分がダメなところを受け止めて、「今、できること」を見つけることだと思います。 押し入れは、ふすまを外して出し入れのアクションを少なくすれば、もとの場所に戻すのが億劫(おっくう)でなくなる。 自作の棚を組み込み、かごや木箱でリビングで使うものの定位置に。 掃除がしやすいようソファは処分し、必要なときだけ折りたたみ式の椅子を運んでくる。 築80年という古い一軒家に家族4人で暮らすやまぐちさん。 玄関を入ると、艶やかなあめ色の廊下が続きます。 リビングに入ると、その〝すっからかん? っぷりにびっくり ! ふすまを外した押し入れも、半分以上がからっぽ。 「インテリアが大好きで、かつては北欧雑貨など、あれこれ買って飾っていた時期もありました。 子どもは、朝になると、しょっちゅう探し物をして癇癪(かんしゃく)を起こすし」 そんな時期があったなんて、今の暮らしからは想像もつきません。 いちばんもやもやしたというのが、息子さんを出産したあと。 「子どもを産むと、寝られないし、本も読めない。 あとからわかったのですが、発達障害があり、人一倍手がかかったんですよね。 仕事をしたくて、外へ出て行こうとすると、子どもの具合が悪くなったりと、ブレーキがかかってイライラ。 育児に家事に仕事。 どれも自分の人生にフィットしない。 どんどん自分が嫌いになっていきました」 当時は、掃除も苦手で、テレビボードの上にはいつもホコリがたまりっぱなし。 そこで、まずは、箱1個を用意して棚の上のものをしまってみました。 「無印良品」のワイヤーかごの中には、頻繁に使う綿棒や爪切り、やまぐちさんのメイク道具などを収納。 薬は用途別に分けて、上面にラベルを貼り、すぐに取り出せるようにしておく。 カメラやパソコンの電源コードや充電器、電池などは、それぞれケースに分けて。 家族にもわかりやすいしまい方にすることが大事。 電池などのストックも最小限にして持ちすぎない。 ゲームソフトやコントローラーなどは、木箱にざっくり収納。 ここは、定位置に戻せばよし、と割り切る。 テレビ台は木の板で手作り。 長さを調整すれば、どんな場所でも収まる。 より photo:亀山ののこ text:一田憲子•

次の

ミニマリスト・やまぐちせいこさんが考える、発達障害の娘の居場所づくり 第2話

やまぐち せいこ

私の大好きなブロガーさんの本を紹介します。 やまさん、突然、義理の両親の家に同居することに やまぐちせいこさん(通称、やまさん)は、突然、義理の両親の家に同居することになりました。 そのときの、ご両親の溜め込んだもの、および今までそこに同居していた親族の荷物を処分したあと、自分たち家族がそこに二世帯住宅として住む過程が書かれています。 before・afterの写真を見ると、どんなに大変な作業であったか、気が遠くなりそうです。 田舎の家で、敷地が約400平米と広大です。 2世帯住宅の母屋のほかに、元祖父の家や倉庫3つも。 わが家の納屋にもたくさんのものが入っていました。 中のものを処分するのが大変でした。 地方の古い家には、本当にモノが多いのです。 家から溢れたら、敷地内に収納する場所を作ってしまうのですから。 やまさんは、なぜ、親と揉めずに捨てることができたのか。 やまさんだって、ある程度は、旦那さんのご両親と揉めることはあったはずです。 当然、ストレスだっていっぱいあり、原因不明の高熱に悩まされた日々もありました。 だけど、終始一貫して、やまさんは「捨てることの大切さ」を伝え、周りの人たちが納得して従っていったのです。 それが可能だった理由は、やまさんが親世代の考え方を理解した上で、「安全」のためにモノを捨てる必要があることを強く訴えていったからです。 親世代こそ、モノが少ない、スッキリした空間で暮らすのが「安全」で「わかりやすい」のです。 私は、ミニマリストやまさんのどこに一番魅力を感じているか。 私は、多くのミニマリストの方のブログを読んだり、本を買って読んだりしています。 若い方の刺激を受けて、「良いものを大切にしよう」と思うようになりました。 やまさんは、多くのミニマリストの方の中でも 特別に信念と自信を持っている方だと思われます。 自分はもちろん、親世代にとっても、スッキリ暮らすことは、絶対、良いことという確信があるからこそ、 全くブレがありません。 私が実家の片づけをし始めたとき、母と何度も衝突しました。 「私が死んでから、好きなだけ捨てればいい!」と言い放たれたときなど、返す言葉もなく、「何を言っても無駄・・・」と悲しくなるばかりでした。 やまさんの家の写真を見ると、 禅寺のような、掃除が行き届いた美しい静けさを感じます。 やまさんの強さを尊敬します。 やまさん流「親の家の片づけ5原則」 やまさんが掲げる「親の家の片づけ5原則」は、親の家だけじゃなく、すべての家で使えると思います。 原則1 捨てるが先、考えるのは後 原則2 片づけの「終わり」を具体的に決める 原則3 「モノごと」ではなく「部屋ごと」に片づける 原則4 「ホットスポット」は触らない 原則5 「美しい部屋」より「わかりやすい部屋」をつくる ホットスポットというのは、「地雷原」とも言えるところ。 周りから見ると『明らかなゴミ』に見えるものなのに、本人が迷わず「捨てたくない」と言うところです。 さいごに 親の家を片づける、家族との共有部分を片づける・・・本当に、難しい課題です。 やまさんの上手なやり方、とても参考になりますよ! ミニマリストさんたちの本をまとめました。 良い本ばかりなので、ぜひのぞいてみてください。 ブログランキングに参加しています。 下のバナーをぽちっと応援していただけると嬉しいです。 カテゴリー• 456• 157• 174• 117• 202• 262• 1,335• 106• 437• 227• 163• 404• 251• 130•

次の

ミニマリスト・やまぐちせいこさんが考える、発達障害の娘の居場所づくり 第2話

やまぐち せいこ

今日は、 ミニマリストやまぐちせいこさんの著書、『 無印良品とはじめるミニマリスト生活』の感想を書きます。 この本には、わたしが若い頃、理想だと思っていた、シンプルな部屋のイメージがギッシリ詰まっています。 わたしはいつの間にか、この理想に疲れ、追いかけなくなり、無印良品の部屋は、昔の夢になっていました。 ですが、どこかで 「実現できなかった」という小さな悔しさが残っていたようで、この本を、買ってはみたものの、妙なうらやましさのようなものがわき上がってきて、最初はまともに読まなかったのです。 でも、最近になって、再び本を開いて、何となく静かな気持ちで文章を読んでいるうちに、 自分の「うらやみ」がお門違いだったことに気づきました。 それで、このレビューを書くことにしました。 理想を追ったのではなく、手放した結果。 本によると、やまぐちさんは、最初から無印良品だらけの部屋に住んでいたわけではなかったことがわかりました。 やまぐちさんは、ナチュラルカントリーにハマったり、北欧家具にハマったりした時代もあったそうです。 わたしは、「何だ、そうなんだ! 」と驚きました。 わたしは、 無印の部屋は、何か理想のイメージを追っかけて実現するものだと勘違いしていたのです。 実は、このことが、「うらやみ」がお門違いだったと思った理由です。 もしかして、わたしがシンプルな無印の部屋を実現できなかったのは、理想を追っかけてしまったからだったのかも知れないと思いました。 やまぐちさんは、何度も取捨選択を繰り返し、様々なものを手放した結果、このスタイルになったというのです。 何か理想のイメージを追っかけていたわけではなく、考えぬいて、いらないものを手放していったら、結果として、無印良品だらけの部屋になっていただけだったと知ったとき、やまぐちさんに対して共感を感じました。 そして、さらに本を読み進めて、物を大切にしてメンテナンスを怠らないという丁寧な生き方に、…わたしとは違うけど…驚きと敬意を感じたのです。 憧れの無印良品のテーブルと、物を大切にする気持ち。 ところで、『無印良品とはじめるミニマリスト生活』には、2つのテーブルが出てきます。 1つは丸いダイニングテーブル、そして、もう1つはコタツです。 例えば以下のコタツは類似品です。 そして、何度か買おうと思って店舗まで足を運んだこともあり、購入するチャンスもあったのですが、結局、買うのをやめてしまったのです。 というのは、テーブルの天板の表面が、ザラザラしていたからです。 「これは仕上げを手抜きしているのではないか? 」なんて思いました。 そして、「 何かちょっとこぼれたら染みになってしまいそうだし、 紙ペラ1枚を置いてえんぴつで何か書いたら、ガタガタになってしまうな。 」と思ったのです。 今ウチで使っている、ダイニングテーブルがわりのコタツは、どこにでもありそうな、無骨なデザインのもので、オシャレでも何でもありません。 以下の写真が今のウチのコタツです。 安くてどこにでもありそうな、適当なものです。 でも、テーブルの上面は、ツルツルと加工されていて、傷もつかず丈夫で、お手入れはラクラクです。 水拭きで十分。 特別なメンテナンスは必要ありません。 無印良品のテーブルは、ダイニングテーブルにしても、コタツにしても、デザインはウットリするほど素敵かも知れませんが、天板のザラザラが、わたしにとっては問題でした。 毎日このテーブルの上で食事したり、何か書いたりすることを考えると、「使い勝手が悪いのではないか? 」と思い、高いお金を払ってまで、買い替えるところまではいかないのです。 メンテナンスが必要なテーブル。 ところが、やまぐちさんは違ったのです。 この本の中で、やまぐちさんが、テーブルにオイルのようなものを塗ってメンテナンスをしている様子が写っています。 わたしはこのことに驚き、感動しました。 無印のテーブルは、日々こういう手間をかけることができる人が持つべきテーブルなのだと思いました(または、多少のことは「味わい」だと思える人向け)。 そもそも、オイルを塗ってメンテナンスできるものだということ自体、初めて知りました。 また、やまぐちさんは、白いシャツも、いつまでも白いままでいられるようにと、特別なメンテナンスをされています。 洗剤と漂白剤を入れて鍋でシャツを煮沸してしまうというのは、かなり驚きました。 好きなものならメンテナンスをする手間ひまを惜しまない人、これは物大切にする気持ちであることは間違いありません。 これには、素直に敬意を感じます。 わたしが無印良品のテーブルを、これまで買わなかった、そして今も買わない理由 『無印良品とはじめるミニマリスト生活』を読んで、メンテナンスをきちんとすれば、無印良品のテーブルもキレイに使い続けることができるのだとわかりました。 さて、それで、わたし自身は、テーブルのメンテナンスをしたいかどうかと考えてみました。 それで、こまめなメンテナンスをする気力が、今のわたしには欠如していることに気づきました。 ミニマリストの多くの方は、物を減らすと家事が減り、時間ができると言います。 やまぐちせいこさんも本の中でそう語っていました。 もしわたしが、今後もっと持ち物を減らして、実際に「テーブルのメンテナンスはできそうだ」という時間とゆとりができたなら、そのときに、購入を検討してみても良かろうとは思います。 でも、もし、ゆとりができたら、物のメンテナンスではなく、もっと他のことに時間を割きたいと思うかも知れません。 そのものと言っても良いかも知れません。 そのイメージの中に暮らしているかのように、わたしが勝手に思い込んでいたやまぐちせいこさんの著書を読んで、むしろわたしは何か理想のイメージを追っかけて苦しくなるような気持ちが急速にしぼみました。 これは「読んで良かったな」と言えることのうちの1つです。 そして、何だかもうウンザリと思いながら、気になってしょうがなかった、シンプルライフイメージの本や雑誌も、「自分が追いかけるわけではないけど、それほど毛嫌いする必要もないな。 」という気分になりました。 これからは、楽な気持ちでシンプルライフイメージの本や雑誌を読めそうです。 追いかけるのではなく、捨てたその先 自分の本質とはズレた何かを追いかける必要はなかったのです。 わたし自身も自分なりに、いらないものを手放していった先に、ごく自然に、どこかへ行き着くのだろうと思います。 『無印良品とはじめるミニマリスト生活』は、文章よりも写真がたくさん載っている本です。 そして、本のオビには「おうちで無印良品で、今すぐ真似できる! 」という煽り(あおり)が書かれています。 本の編集の主旨も、無印良品の商品を売るためだったかも知れません。 ですが、個人的には、 インテリアのお手本にするよりも、「捨てて、捨てて、捨てて……それでも残ったのが「無印良品」でした」というところだと思います。 このことをハッキリと教えてくれたのが、やまぐちせいこさんの『無印良品とはじめるミニマリスト生活』でした。 kogasora.

次の