ヤフー コメントできない。 Yahoo!メールが繋がらない!『ログインできない!』の情報が続々寄せられる。障害復旧はいつ?

ヤフーニュース、コメント欄の対策強化 複数アカウントで投稿「非表示」の可能性: J

ヤフー コメントできない

ヤフーウォレットとは?登録するメリットは? Yahoo! ウォレットは、インターネットでお支払い手続きや報酬の受け取りができるサービスです。 Yahoo! ウォレットに登録すると、お支払い情報(クレジットカード番号など)を毎回入力する必要がなく、簡単な手続きで購入できます。 受取口座情報を登録すれば、対応サービスからの報酬を受け取れます。 登録した情報は安全、確実に保管され、購入時もセキュリティを考慮した仕組みで通信を行います。 また、Yahoo! BBやYahoo! プレミアム、ヤフオク! のご利用には、Yahoo! ウォレットの登録が必要です。 そのほか、Yahoo! JAPAN内の有料サービスや有料コンテンツのご購入には、Yahoo! ウォレットの登録が必要になる場合があります。 出典 : Yahoo! ウォレットとは、ヤフーのアカウントで管理している、インターネット上のお財布のようなものです。 ヤフオクやYahoo! 公金支払いでは、Yahoo! ウォレットの登録が必須です。 ヤフーショッピングやロハコの場合は、Yahoo! ウォレットの登録なしでも買い物できます。 ただし、Yahoo! ウォレットにカードを登録しないで買い物した場合は、次に買い物するときにもカード番号を再度入力しないといけません。 つまり、今後もヤフーショッピングやロハコを使う予定なら、Yahoo! ウォレットにカードを登録しないと毎回大変です... ヤフーウォレットに登録できるデビットカード ヤフーウォレットには、以下のカードブランドが登録できます。 以下のクレジットカードを登録できます。 Yahoo! ただし、ヤフーのホームページでも記載されている通りに、一部のカードは登録できないようになっています。 一部のデビットカードおよび海外発行のクレジットカードは登録できない場合があります 登録できない場合は別の支払い方法をご用意ください。 ヤフーウォレットに登録できるカード• りそなデビットカード• あおぞらキャッシュカード・プラス• セブン銀行デビットカード• Sony Bank WALLET(ソニー銀行)• mijica(ゆうちょ銀行)• ソフトバンクカード• ANA JCBプリペイドカード• Kyash リアルカード ヤフーウォレットに登録できないカード• ウォレットの登録を行うことができません」というエラー表示が出ます。 Visaデビットカードを作ろう! Yahoo! ウォレットで使えないデビットカードを持っていた方は、ちゃんと使えるデビットカードを作りましょう! おすすめのVisaデビットカードは、ジャパンネット銀行が発行する「JNB Visaデビット」 ジャパンネット銀行はヤフー系列の銀行なので、ヤフーのサービス(ヤフオクやTポイント)で優遇を受けられます。 Tポイントを現金に交換できるのはジャパンネット銀行だけ• 審査なし&年会費は永年無料• 携帯電話料金などの月額料金が支払える• ガソリンスタンドでも使える• JCBの約20倍の会員数を誇る、Visaブランドのデビットカード.

次の

Yahooニュースでコメントを書ける記事、書けない記事の違いとは?意外に知らない小ネタ5選

ヤフー コメントできない

ヤフーニュースのコメント欄は面白い書き込みが色々とあります。 他のメディアでは見られない有意義な意見が見られるため、毎日楽しみにしている方々も多いはずです。 しかしそんな楽しいコメントが見られない時は、とりあえずブラウザの「リロード」ボタンを押してみましょう。 何かしらの不具合でコメント欄が正しくロードされていない可能性があります。 リロードや更新など微妙にブラウザによって言い方は異なりますが、画面を再度一から読み込みしなおせば、たいていの場合はすんなりと改善するのでまずはこの方法を試してみるのが個人的にはオススメです。 次にブラウザの履歴やキャッシュを一度削除してみます。 これもまたけっこう効果的な解決策です。 何かしらの原因でキャッシュや履歴が、正しいページの表示を邪魔することがあります。 一度過去の情報をリセットする事で、綺麗にコメント欄が出るようになりますので、試してみる価値は高いです。 ただし、他のサイトの履歴やキャッシュも消えてしまうため、その点は予め覚えておくようにしておきたいところです。 ヤフーニュースのコメント欄が読み込み中のまま見れない時はこれが原因 ヤフーニュースのコメント欄が突然正しく表示されない、これは多くのユーザーが体験している不具合です。 実のところ、これが原因だと断定出来る具体的な要因は不明となります。 ただブラウザに記録された履歴データやキャッシュのファイルが干渉して、正しいコメント欄の表示を阻害している可能性が考えられています。 リロードボタンを押して即状況が改善する場合の原因は、回線が混雑していたり、その時だけ読み込みが上手く出来なかったなどのシンプルな原因が考えられており、これに関しては特にユーザー側で神経を使うものではありませんので安心しておくといいでしょう。 他にもブラウザとヤフーニュースの相性という問題が指摘されています。 メジャーなブラウザでも、バージョンによってはメジャーなサイトが正しく表示されない事があります。 履歴の削除や更新などを繰り返しても、事態が改善しない時は一度OSに搭載されている標準仕様のブラウザで確認してみましょう。 見るブラウザのアプリを変えるだけですんなりと解決することがあったりします。 スポンサー リンク ヤフーニュースのコメント欄が見れない時はアプリも試してみる 「コメントを取得出来ませんでした しばらく時間をおいてからもう一度お試しください。 」と表示される現象にお悩みの方も多いみたいですね(汗) この場合ですが、もしもiPhoneを使っているのでしたら、Safariなどのブラウザーからではなく、ヤフーニュースから提供されているスマートフォンアプリなどをインストールして試してみると良いでしょう。 実際のところその方法で解決できた人もいらっしゃったようです。 AppStoreからダウンロードできるを紹介させていただきます。 こちらのアプリですが、2018年の9月現在でも常にアップデートなどをしており、最新の状態にメンテナンスされていたりします。 実際にヤフーニュースのアプリを利用したユーザーの声を受けて不具合などを解消するようにデベロッパー側も努力しているようです。 この方法はパソコンから見るといつもヤフーニュースのコメント欄が見れるのにスマホからだと見れなくてイライラしている人にも試してもらいたい方法の一つになります。 Macですとディスクユーティリティーも効果的な方法です Macのパソコンを使っている場合ですと、ずっと「読み込み中」のままヤフーニュースのコメントが見れなくなっている状態の人も多いみたいです。 そういった際にはディスクユーティリティという操作でアクセス権をチェックしたりして修復できるか試してみるという方法も有効なようです(汗)。 ディスクユーティリティというものが分からなければインターネットにて「ググって」みるといいでしょう。 何か分からなければインターネットを活用していろいろ調べてみるという方法も非常に有効だと言えます。

次の

ヤフーニュースのコメント欄が見れない?読み込み中のままの解決策!

ヤフー コメントできない

ヤフーは2017年6月14日、同社のサービス「Yahoo!ニュース」のコメント欄(以下、ヤフコメ)で、複数アカウントを利用して「多くの意見として印象を扇動する行為」への対応強化を公式スタッフブログ上で発表した。 従来から同様の行為は禁止されていたが、今回の対応により「『複数のアカウントを使って投稿された』とシステムによって検知されたコメントを自動的に非表示にする」としている。 ヤフーの広報担当者は2017年6月19日、J-CASTニュースの取材に対し、今後も「コメント欄の健全な運営に向けた取り組みを強化してまいります」と話した。 この「取り組み」についてインターネット上では、賛否含めてさまざまな意見があがっている。 「不快な内容のコメント」への対応を強化 ヤフコメは、「ニュースを通して、みんなの意見に触れ、新たな視点を得たり、自分なりの考えを持つきっかけ」作りのために2007年から実装されている。 ヤフーによると、一日の投稿数は約14万件で、40代男性の利用が突出して多いという特徴がある(15年9月時点)。 記事によっては、数千件にものぼるコメントがつくなど利用者からの支持も多い機能だが、問題も抱える。 立教大学の木村忠正教授(社会学)がYahoo!ニュースと共同で実施した調査によると、ヤフコメの特色として、「政治的左右対立」や「ナショナリズム」などへの言及が多く、なかでも中国・韓国に対し、 「(領土問題や歴史認識に関して)謝罪を求め続けられることへの強い抵抗感」 が認められたとした。 規約では、「不快な内容のコメント(わいせつ、差別など)」「宣伝行為や布教活動、抗議行動の扇動、またはそれに準じるコメント」は禁止されているが、一部の記事では違反に該当するとみられるコメントが散見され、ネット上ではそれを指摘する声もある。 ヤフーは、コメントを「24時間365日体制」でチェックする専門チームを設け、さらに「機械学習によって不適切なコメントを解析・検知」も行っている。 不適切なコメントの削除や悪質ユーザーのアカウント停止、特定のユーザーを非表示にできる機能など適宜対策を講じてきた。 一方で、15年9月のヤフー公式ブログでは、 「はっきりと黒・白と線引きすることが難しいコメントについて、それらを全て削除対応とすることは、インターネット空間における『表現の自由』『思想信条の自由』を過度に制限することもつながります」 として、運営の難しさが感じられる。 そうした中で17年6月5日、「不快な内容のコメント」への対応を強化するために、短期間に同内容の投稿を検知する仕組みを導入したことを発表。 14日には冒頭の施策を打ち出して対応を強化した。 「期待」の一方さらなる改善望む声も ヤフコメをめぐっては、これまで識者がたびたび言及してきた。 ジャーナリストの津田大介氏は、17年5月26日の『週刊朝日』(朝日新聞出版)で、ヤフコメについてこう発言している。 「本来コメント欄というのは、ユーザー同士の情報交換や議論を行うために設けられているものだが、 同サイトのコメント欄は(排斥意識の強いコメントがあふれているため)お世辞にも建設的な議論の場になっているとは言いがたい 」 また、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、ニュースサイト「BLOGOS(ブロゴス)」で17年5月31日、 「日本最大のニュースサイトとして、公共性を重視しつつも、『開かれた場』というネットの理念をなんとか守ろうとしている様はよく理解できる。 ウェブメディア運営者が一般ユーザーの書き込みにもはや期待をしない中、とりあえず場を残す姿勢には『あっぱれ』を入れたい。 ただし、差別的な発言へのさらなる対処はお願いしたいところである」 と意見を示した。 今回の対応に、一般のネットユーザーはどう感じているのか。 ツイッターやネットの掲示板では、 「ヤフコメ民の民度の低さは昔から問題ではあったがこれで少しはマシになるか」 「これで印象操作が減ることに期待」 と評価する声が挙がる一方、 「電話で認証したアカウントからしか投稿できなくすればいいだけなんだがね」 「複数アカウントで投稿する人達には、そもそもこんなことを言っても無駄だと思うの。 残念ながら」 とさらなる改善を望む声も少なくなかった。

次の