次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒。 次亜塩素酸ナトリウムとアルコールを混ぜると、有毒ガスが発生することがあ...

「次亜塩素酸水」の消毒薬としての評価に厚労省と経産省で食い違いの謎

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒

追加 拭く拭かないのご質問ですが、働く人の安全を考えると、安全の基礎から、目的、必要性、使用方法などにきちんとした根拠があるか、考えていくことになります。 危険性 次亜塩素酸塩溶液と酸性溶液との混触による塩素中毒災害の防止について のURL あげておきます。 次亜塩素酸塩は非常に安価です。 これが工業でそれだけつかわれている理由です。 塩素ガス事故がおきているにもかかわらず、です。 あとで水拭きするかどうかですが、塩素が出てくる状況で、換気が不良なら人は塩素をそのぶん吸入しますので、水水拭き作業時には、すくなくとも十分な換気が必要ですし、接触しない配慮が必要です。 作業の手間を省くことも大切ですが、安全面の配慮がまず第一です。 多分、作業中に塩素のにおいが鼻につくなんてことであれば、そのふき取り作業はなくなるのではないでしょうか。 作業所によればそこまで神経質に配慮しないかも知れませんので。 次に、テーブルを利用する側に立てば、もし肌に触れる可能性のあるものならば、殺菌が終了した後、薬物は除去しておくべきでしょう。 この配慮は、次亜塩素酸水の安全性が確保されているものの、人体への摂取(経皮や塩素ガスとして)をできるだけすくなくするためです。 これは食品に準じた扱いです。 肌に接することがなく、換気もよいなら、除去の必要性は下がりますが。 どうしてテーブルが、次亜塩素酸水でなければならないか?明確ですか? 動物実験施設では、ケージや床の洗浄に、粗大なごみを除去したあと、希釈された次亜塩素酸水を流しますが、これは床なので、排水もよく、通常水拭きは行いません。 動物がいないときには、噴霧等(ぶっ掛けですね)します。 次亜塩素酸水をどばっと流すなら、作業時間も短いです。 いまひとたび、次亜塩素酸水を使う理由ですが、一般細菌だけなら、他の薬剤の噴霧で十分です。 ウイルスまでならアルコール、芽胞までやっつけたいなら次亜塩素酸水やグルタラ-ルが適当です。 重要です。 排水溝から逆流するガスはたいてい想定外です。 想定して対策されていると、えらい!) 手間は?(噴霧し一定時間無人(無生物)で放置+換気は?) 経済性は?(大きな要因ですが) ケースバイケースのところもありますが、ご面倒でなければチームで一度細かく検討してみてください。 参考URL: 次亜塩素酸ナトリウムは弱アルカリゆえに、毒性のある塩素に比べ取り扱いが容易ですが、酸性の物質に混じると塩素ガスが出ます。 なにもしなくても、室温4ヶ月で塩素が半分逃げ出してしまいます(12%から6%に)。 なにかすると全部でます。 水付記作業をサボるとその有毒性の塩素ガスをすう羽目になります。 酢とか混じるとでてくるのですよ~。 ご注意くださいね。 先に水で床を洗ってから、ピューラックスで洗うのもいいかもね。 床の酸度を見てくださいね。 そういうところであればおいているでしょ。 水の酸度も見ておいたほうがいいですよ。 浄水場からでるときはたいていはやや~つよいアルカリですけどね。 安心して仕事ができることが大事。 それ(安全管理や指導)って動物室長のしごとなんだけどなあ。 きとんとGLPとっていますか?(一度きいてみたら?、GLP:good laboratory practice よい(動物)実験室の規範。 )床の細菌のワイプテストなんかもしていますか? 動物に線虫いません? あ、脱線しました。 でもご参考に。 高杉のURLでデータでてますからご参考に。 参考URL: Q 掃除などをする際の除菌する商品について、 お店でも除菌する商品として、ほとんどが アルコールが使われているものです。 アルコールだと手が荒れるのでネットで 調べてみると、次亜塩素酸水 微酸性 が非常に 良い 食品添加物にも使われているため、安全性が 高く、除菌できる菌の種類もアルコールより多く、 手も荒れない というのを見ました。 しかし、次亜塩素酸水は、一般に流行っていないですよね。 そこまで良いなら、色々な商品が売られていたり、お店などで、 もっと出回ってても良いと思うのですが。 ということは、次亜塩素酸水も何かしらのデメリットなどが あるのでしょうか? 次亜塩素酸水のデメリットと流行らない理由を 教えていただけると助かります。 A ベストアンサー デメリットとしては ・次亜塩素酸ソーダは金属を腐食する怖れがあります。 もちろん水洗いすればよいことですが。 ・それに希釈した次亜塩素酸ソーダは時間が経つと消毒効果が低下するので消毒用商品としては適さない。 デメリットではないですが 次亜塩素酸ソーダは単価が安いのでこれを希釈して商品化しても商売になりにくい。 他方アルコールは食品のイメージから何となく安心感があり希釈品であっても価格設定を高くしても売れる。 食品業界では大量に使用するので次亜塩素酸ソーダが多いのではないでしょうか。 野菜等の食品の消毒にも使用されています。 A ベストアンサー 次亜塩素酸ナトリウムを使って消毒の仕事をしたことがあります。 それは固形のものでしたが自然の光でガス化して新車の車のめっきが1年で赤く錆びましたので・・・怖いと思い・・・その会社には1年の1回の検査をする時には、次亜塩素酸ナトリウムガスを吸っているのにその検査をしないのでなんべも聞いてみたが会社からは答えがないので辞めました。 社員の多くは耳鼻咽喉科にいかなければいけない状態でした。 辞める時に労動監督署の世話になった時に会社の方から訴えを下げてほしいといわれました。 理由は次亜塩素酸ナトリウムの管理のことで会社がつぶれるから・・・といわれました。 それくらいに恐ろしいものです。 A ベストアンサー そういったものは調製後すぐに使うのが基本です。 たとえば、5分とか10分であれば大丈夫でしょうけど、1時間後となれば効果は落ちるでしょうね。 そもそも、10リットル作るのと10ミリリットル作るのでは効果が落ちる速度も違うと思いますよ。 >また、希釈する時に使用する水は、お湯だといけませんか? 温度によります。 熱湯はダメでしょう。 冬に水が冷た過ぎるので、夏の水温程度にするというのであれば許容かもしれませんけど、水温が低い方が良いのは確かです。 >塩素消毒したタオルを水で洗ってから干すのですが、消毒した意味が無いように思うのですが・・・ なぜ、そう思うのでしょうか。 水道水に雑菌があるからと思っているのであれば間違いです。 水道水は殺菌されていますので蛇口から出てきてすぐの状態であれば消毒したのが無意味になるようなことはないでしょう。 もちろん、それを干すのであれば、その段階での汚染の可能性はあります。 ただし、タオルを使用した際に付着した菌とは別の菌が付着することになるので、無意味かどうかはそのタオルの使用方法によることです。 たとえば、タオルに危険な病原菌がつく可能性があるので消毒するというのであれば、次亜塩素酸によってその目的は達成されたことになります。 干している時に付着するのは、通常、その危険な病原菌ではありません。 そういったものは調製後すぐに使うのが基本です。 たとえば、5分とか10分であれば大丈夫でしょうけど、1時間後となれば効果は落ちるでしょうね。 そもそも、10リットル作るのと10ミリリットル作るのでは効果が落ちる速度も違うと思いますよ。 >また、希釈する時に使用する水は、お湯だといけませんか? 温度によります。 熱湯はダメでしょう。 冬に水が冷た過ぎるので、夏の水温程度にするというのであれば許容かもしれませんけど、水温が低い方が良いのは確かです。 >塩素消毒したタオルを水で洗ってか... Q 手の消毒に次亜塩素酸ナトリウムのものはありますか? 学校からのお便りによると、ロタウイルスが流行っているそうです。 それによると殺菌には、熱湯、次亜塩素酸ナトリウムとあります。 そして逆性石鹸やアルコールには殺菌効果はありません。 とのことです。 手の消毒用のアルコールを買っていたのですが、効果がないということで、手の殺菌はどうすればよいのか教えてください。 うちにあるキッチンハイターは、次亜塩素酸ナトリウムがはいっていましたが、それを薄めて使うのは怖い気がしますが、いいのでしょうか。 ロタでも除菌できると信じていた家にある洗濯用のワイドハイターは、次亜塩素酸ナトリウムは含まれず、過酸化水素がはいっていました。 洗濯用にも次亜塩素酸ナトリウムのものが必要ですね。 A ベストアンサー 次亜塩素酸ナトリウムは飲み水やプールなどにも使い比較的安全な消毒方 法です。 (適当な濃度はありますが)しかし皮膚の消毒にはむきません。 しっかりたらいをした後に数分間つける必要があります。 手は荒れます し、独特なにおいが残ります。 皮膚が荒れることによる免疫・防御力の低 下の方が深刻です。 結論を言えば、家庭ではこれらは必要ないとおもいます。 これらを使うこ とによるリスクの方が大きいように思えます。 石鹸を使い指のまた、爪の先など 入念に洗いましょう。 どうしてもというのであれば、イソジンなどに使われるポピドンヨードが 良いと思います。 meiji. もちろん手洗い後も一ヶ月の間は、除菌ジェルを使用する、 洗濯物も、ハイターいれ続けるつもりですが・・ なんと100個以下のウイルスで感染してしまう強力な力を持っているという話なので、 (100個以下ってどのくらいなんだろう???) 正直結構面倒ですよね。。。 もちろん手洗い後も一... 感染者の便をrealtimePCRで毎週調べたデータでは、一週間以内に便からウイルスが検出されなかった人は感染者の2割で、4週間以上排出された人も2割程度との事でした。 よって、必ずしも全員が一ヶ月、便からウイルスを排出するわけではありません。 なお、確かに培養はできませんが、だからといって消毒の効果がわからないという事はなく、ボランティアの人に摂取させて発症するかどうかを調べるという方法でどういう方法・消毒が有効なのか調べてあります。 その結果が保健所などでの指導の根拠になっています。 遊びにくる子供さんが便のついたパンツを触る趣味があるのなら別ですが、来客対策としては発症から一ヶ月間だけ、来客の前にトイレをきちんと濃目のハイターや泡ハイターで吹いていただければいいかと思います。 私の勤務先の病院内においても急性期を過ぎた患者にはそのような対策を行っていますが、ノロウイルスの二次感染は阻止できています。 感染者の便をrealtimePCRで毎週調べたデータでは、一週間以内に便からウイルスが検出されなかった人は感染者の2割で、4週間以上排出された人も2割程度との事でし... Q 1歳の子供と室内犬2匹と生活しています。 あまり神経質になって、殺菌や除菌するのもな~と思って 今は掃除機をかけた後に雑巾かけをする程度なのですが、 飼ってる犬が散歩の時に、草を食べたり他にも落ちてる物を口にしたり、 食糞したりして、その口で床を舐めたり子供のおもちゃをくわえたりするので まだ子供がいろんな物を口にもっていったりするので 除菌消毒をしようと思ってるのですが、 (子供のおもちゃや、床や家具等) ミルトンを水道水で薄めたものを、スプレー容器に入れて 掃除をする時にシュッシュッとスプレーして使用しようと思ってるのですが、大丈夫でしょうか? 市販のやつを買う事も考えたのですが 毎日の事なので、できるだけ安くすませたくて^^; 他にもオススメな手作り除菌スプレーなどがあれば教えてください。 (赤ちゃんや動物が口にしても安全なものでお願いします。 ) A ベストアンサー ミルトンの殺菌成分は次亜塩素酸ナトリウムです。 哺乳瓶の消毒薬としては安全性が高いかと思われます。 万が一、少量残留してもミルクのタンパク質と反応して塩化ナトリウムになるため ただ、短時間で殺菌効果を示すほどの濃度のものをスプレーして、その後拭き取らないのは危険です。 薬局で少量の添加剤 ごく少量のイソプロピルアルコール 入りのものが比較的安価で手に入ります。 エタノールは、芽胞形成菌を除くほとんどの細菌類には強力な殺菌効果があります。 食糞癖があるのであれば、大腸菌が気になりますが、エタノールは大腸菌に対しても有効です。 そして揮発性が高く、時間とともに気化し残留しないため安全性も高いです。 (揮発するまでは赤ちゃんとの接触は避けたほうがよいでしょう) ただ、スプレーするだけで赤ちゃんの安全性を保てるほど殺菌できるかは微妙ですね。 揮発性が高い故に、スプレー程度では殺菌しきる前に濃度は下がる。 スプレームラがある。 汚れに阻まれて殺菌効果が薄れるなどなど。 よく重曹やクエン酸がお手軽の除菌スプレーとして紹介される機会がありますが、殺菌効果はあまり期待できません。 保存状態次第ではそれ自体が細菌に汚染されることもしばしばです。 床はその都度重曹水を使い切る分だけ作り、拭き掃除ですかね。 ただ1歳以上ならそこまで心配しなくてもいいかも? それに乳幼児と猫との同居生活は免疫力の増加やアレルギー発症率の低下などがみられるというアメリカでの研究結果も出ていますので、まぁ犬も大丈夫ではないかなぁと。 ただ食糞した時だけは気を付けた方がいいでしょうね。 それからエタノールはアクリル樹脂を腐食させますので注意してください。 ミルトンの殺菌成分は次亜塩素酸ナトリウムです。 哺乳瓶の消毒薬としては安全性が高いかと思われます。 万が一、少量残留してもミルクのタンパク質と反応して塩化ナトリウムになるため ただ、短時間で殺菌効果を示すほどの濃度のものをスプレーして、その後拭き取らないのは危険です。 薬局で少量の添加剤 ごく少量のイソプロピルアルコール 入りのものが比較的安価で手に入ります。 エタノールは、芽胞形成菌を除くほとんどの細菌類には強力な殺菌効果があります。 食糞癖が... A ベストアンサー キッチンハイターの漂白殺菌成分は「次亜塩素酸ナトリウム」です。 小学校や中学校のプールに投げ込んでいた殺菌剤も「次亜塩素酸ナトリウム」です。 あのクサイニオイ覚えていらっしゃいますか? 水道水の殺菌成分のことを「カルキ」といいますが、この「カルキ」も「次亜塩素酸ナトリウム」です。 「次亜塩素酸ナトリウム」自体は、人には無害で安全な薬ですが、お酢やアルコールと混ざると、人に有害な塩素ガスを発生します。 従いまして、キッチンハイターの使用については、一応、目を離さないほうが良いと思います。 使用中の事を忘れちゃうと危険かもしれません。 また、「次亜塩素酸ナトリウム」は天然繊維を溶かします。 布巾が、ナイロンなどの合成繊維ならば長時間つけていても心配要りませんが、天然繊維の場合はボロボロになるので注意が必要です。 最後に、衛生上という事では、30分以上つけていれば、その後何時間でも効果は同じです。 Q 質問のカテゴリーが間違っているかもているかも知れません、すみません。 押入れの壁を誤って塩素系漂白剤原液で吹き付け雑巾で拭いてしまい、後に水拭き、乾いてから消毒用エタノールをティッシュに染み込ませ拭き取りました。 押入れの壁は漆喰のような石膏ボードのような素材で吸湿性があるような感じがしました。 質問です。 どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー ANo3です。 補足質問の件ですが、アルコール 酒など を酢酸発酵させたものが「食酢」です。 ですから、分解してないアルコールなら中性ですが、発酵したアルコールは酸性になるので念のためアルコールも混ぜるなという意味です。 なお、漂白剤などは次亜塩素酸ナトリウムに水酸化ナトリウムが配合 混ざって ますが、水酸化ナトリウムも強アルカリ性なので化学反応を起こさず塩素ガスも発生しない安定薬剤液になってるのです。 従って「アルコールは酸性になる可能性がある」から混ぜては危険ということで、アルコール濃度の高い消毒用アルコールが酸化 酸性に変化 することは常識的に考え難いので心配無用なんです。

次の

次亜塩素酸ナトリウムの危険性と有効性

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒

次亜塩素酸ナトリウム消毒による効果は? エアロゾルから感染を防ぐためには、アルコール消毒だけでは防ぎきれず、次亜塩素酸ナトリウムなどの塩素系による消毒が必要だとの情報が流れ始めています。 確かに、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒液は、インフルエンザやノロウイルスなどのときにも、消毒液としてよく使用されているようですね。 の「問6 感染の疑いがある患者を診察する際、医療者はどのような準備や装備が必要ですか?」の回答として、「物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%)が有効である」との記載がありました。 直接感染・エアロゾル感染を防ぐためには、感染者が触った箇所、すなわち手指などによる高頻度接触表面を清拭・掃除をすることで、感染が広がらないよう除菌することは感染拡大を防ぐためには効果があるでしょう。 なので、コロナウイルスに関しても、エアロゾル感染を防ぐ上で、次亜塩素酸ナトリウム消毒液による高頻度接触表面の清拭・掃除による除菌は効果があるといえるかもしれません。 また、鼻を噛んだティッシュなどを捨てたゴミ箱などに、次亜塩素酸ナトリウム消毒液を一吹きさせ除菌するのも同様でしょう。 スポンサーリンク 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の気になる濃度 市販で売っている次亜塩素酸ナトリウム液を使って消毒液を作る際、濃度はどれくらいを目安にすればよいのでしょうか。 これは用途により、0. 1%(1000ppm)と0. 02%(200ppm)の大きく2種類を使い分けます。 1%消毒液:直接菌が付着したものの除菌用 2. 02%消毒液:一般的な除菌用 基本的に、みんなが触るドアノブやまな板や包丁、ゴミ箱の除菌に使用するには、0. 02%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液です。 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方 市販の次亜塩素酸ナトリウム液(ハイターやブリーチなど家庭用塩素系漂白剤)を使った消毒液の作り方を説明します。 ちなみに、作った消毒液は時間の経過とともに効果は薄くなります。 使うときに必要な量だけを作り、作り置きはしない方がいいでしょう。 また、塩素は日の光によって容易に分解します。 原液や作った消毒液は、直射日光の当たるところや高温の場所は避けて保管してください。 また、刺激臭も強いため換気をし、くれぐれも乳幼児が触れないよう、取り扱い時には十分にご注意ください。 1%(1000ppm)消毒液の作り方 0. 1%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る際の目安です。 直接菌が付着したものの除菌に使用します。 1リットルの水に5%の原液を加える場合は、20mlの原液を加えます。 10%の原型を加える場合は、10mlの原液を加えます。 02%(200ppm)消毒液の作り方 0. 02%の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を作る際の目安です。 衣服や器具などのつけ置き除菌や手で触れる部位などの一般的な除菌用です。 1リットルの水に5%の原液を加える場合は、4mlの原液を加えます。 10%の原型を加える場合は、2mlの原液を加えます。 次亜塩素酸ナトリウム使用による問題点は? では、次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用による問題点はないのでしょうか? 実は使用に関しては、次のようないくつかの気になる点があります。 次亜塩素酸ナトリウム液は刺激の強い液体です。 取り扱い時に十分な注意が必要です。 次亜塩素酸ナトリウムはアルミに対して使用すると腐食しますし、ステンレスに対しては青みを帯びることがあります。 強い漂白性を持ち、塩素系副生物を発生するため、直接人体や食品に吹きかけることはできません。 トリハロメタン(発ガン性物質であると言われている)などの発生が起こると証明されています。 といった、以上のような点です。 005%まで稀釈した次亜塩素酸ナトリウム消毒液なら、直接人体に吹きかけても特に問題はないようですが、食品には吹きかけないでください。 コロナウイルスの拡散予防には次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用も必要かと思いますが、他に何か有用なものがないのか調べてみました。 そこで見つけたのがこちらです。 > 安定化二酸化塩素による除菌だと、次亜塩素酸ナトリウムと異なり、• 金属に使用してもほとんど腐食しない• トリハロメタンが発生しない• 無味無臭で無毒である のような特徴があります。 安定化二酸化塩素は安全性に非常に優れています。 消臭効果にも優れており、動物の臭いや口臭除去にも用いられています。 また、消毒用アルコール系との違いとして、• 手などに傷があってもしみない• 即効性がある• 使用前の手洗いの必要性なし• 揮発しないので持続性がある といった特徴も。 色々と調べてみて分かったことから、以上のような多くのメリットを考慮して、我が家では安定化二酸化塩素の除菌スプレーを使用することにしました。 選んだのはこちら> もしも我が家のように次亜塩素酸ナトリウム消毒液による除菌に迷われたなら、安定化二酸化塩素の除菌を試されてはいかがでしょう? まだまだ、コロナウイルスの猛威が続きそうです。 マスク着用、除菌スプレー、うがいの3点セットで感染(及び感染拡大)を防ぎましょう! P. 先日届きましたので、早速使い始めています。 アルコールと違い、手に沁みにくいです。 > 300mlで1800円と価格もリーズナブルです。 2個以上買うなら、おそらくここが最安値だと思いますよ。 トイレの後の手の消毒や、スマホの画面なんかもマメに消毒しています。 マスクの換えを忘れたときにも、これをシュッとひと吹きし除菌しています。 また、除菌以外に、うがい薬としても使えるので(口に入れても大丈夫)、一石二鳥ですよ!.

次の

消毒用アルコール不足 次亜塩素酸ナトリウムの使い方 次亜塩素酸水とは異なるのか?(加藤篤)

次 亜 塩素 酸 ナトリウム 消毒

ハイターで作った消毒液は、新型コロナ、ノロウィルスの他に、「インフルエンザや食中毒対策」にも使えます。 次亜塩素酸ナトリウム液が作れる「ハイター」はどれ? ハイターといっても色々種類があります。 どれもが消毒液になるのではなく、「塩素系漂白剤」であることが条件です。 花王のサイトでは、「キッチンハイター」と「ハイター(衣料用)」で消毒液が作れると記載しています。 ちなみに、「ワイドハイター」は酸素系漂白剤。 次亜塩素酸ナトリウム液にはなりません。 【消毒液が作れるハイター】 ハイターで次亜塩素酸ナトリウム液をどうやって作るの? ハイターを使った「次亜塩素酸ナトリウム液の作り方」はとてもシンプルです。 作りたい濃度になるよう「水」で薄めるだけ。 液の濃さは「用途」に合わせて調整します。 【用途に合わせた濃度】• ドアノブなら0. 02〜0. 05%。 体液で汚れたものやトイレなら0. ちなみに、厚生労働省が「コロナ対策」として推奨しているのは、 0. 05%、0. 1%です。 ハイターの分量・500ml作る場合の早見表! ささっと作れるように、早見表を作成しました。 家での保管状況により、液の濃さを変えて作ります。 5ml 15ml 購入から3年以内 5ml 12. ですので、液の状態が不安に感じる場合は、「 購入から3年以内」の濃い目に設定すると安心です。 ハイターについて詳しく知りたいときは相談してみよう 詳しく知りたいことがある場合は、花王に問い合わせてみましょう。 電話、メール、ファクシミリなど色々ありますが、個人的には、「電話」がおすすめです。 文字だと伝わりにくいし、当然ですが質問したことしか解答がありません。 でも電話なら、話しを聞きながら「さらに分からないこと」を質問できる。 そして、返事を待つときのソワソワ感がなく即決できるので、気持ち的にスッキリします。 とても親切に教えてくださいます。 分からないことがあるきは、悩まず相談してみるといいですよ。 花王: 「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」ハイターでの作り方 それではさっそく作っていきましょう。 新しいハイターを使った、濃度「0. 05%」と「0. 1%」の作り方をご紹介します。 消毒液の「材料」 材料はこちら。 【8つの消毒ポイント】• リモコン• 電話機• イスの背もたれ・テーブル• 電気のスイッチ• 手すり• ドアノブや取っ手• トイレ ハイター消毒液の使い方 では、ハイターで作った消毒液の使い方を「8つのポイント」にそって解説します! 液を含ませる 液を布にしっかり含ませ、軽く絞ります。 消毒したい箇所に「 塗るような感じ」で拭いていきます。 TVなどのリモコン リモコンは、表面だけでなく、横側も要チェック! 電話機 受話器の持ち手や、プッシュボタンのところ。 イスの背もたれ・ひじ掛け イスの背もたれや、ひじ掛け、座面の横。 テーブルも、上の面だけでなく、裏側(手が触れそうな場所)も除菌。 電気のスイッチ 指で触れる部分。 照明、お風呂やトイレのスイッチパネルetc. 手すり 階段や廊下の手すり。 ドアノブや棚の取っ手 部屋のドアノブや、棚。 お風呂入口の取っ手。 玄関外のドアノブは盲点になりやすい場所。 忘れずに押さえておこう! 蛇口 蛇口のレバーも丁寧に除菌。 手を洗う前の状態で触る箇所。 汚染されている可能性があるので、しっかり除菌しておこう。 トイレ トイレは大きな感染源! もし家庭内に感染者がでた場合は、使うたびに消毒するのがベター。 手袋をつける。 酸性の洗剤と混ぜない。 換気する。 布物に付けない。 水拭きする。 金属製品は腐食の恐れがあるので「よく水拭きする」。 必要な分だけ作るetc. 手指には使わない!吸い込まない! ハイターなどで作った消毒液は、「 手指には使えません」。 また、吸い込むと「呼吸器に異常をきたすこと」があるそうです。 <参考:> 金属製品は消毒後に「よく水拭きをする」 ドアノブなどの金属製品は腐食しやすいです。 消毒後は「 よく水拭き」をしておくこと。 また、メーカーに聞いたところ「その他の部分についても、水拭きをした方がいい」といわれました。 (ちなみに、ニュアンス的には「仮に拭き忘れても大きな問題はない」ように感じ取れました) 注意すべき点は、他にもあります。 「取り扱い方法」をよく読んでご使用くださいね。 <Kao製品情報、> 「次亜塩素酸水」ではないのでご注意を ちなみに「 次亜塩素酸水」という名前がよく似た商品がありますが、次亜塩素酸ナトリウム(ハイターで作った消毒液)とは異なる物質です。 ハイター消毒液は有害。 人体には使えません。 お間違えのないようご注意ください。

次の