自己pr 強み。 絶対評価される!OpenESの自己PR例【強みの見つけ方】

転職面接で効く自己PRとは あなたの長所の伝え方|パソナキャリア

自己pr 強み

ステップ1.過去のできごとを洗い出す ステップ2.順位付けで1~3位を決める ステップ3.エピソードを深堀する ステップ4.深堀結果を型にあてはめる ステップ5.ブラッシュアップする 具体的な書き方は「」で解説してます。 (協調性を例に書いた記事ですが、どんな強みでも書ける) 【補足】たった1カ月で私が業界No. 1企業に内定した5つの対策法 昔の私は、「強みがない…内定なんて無理…」と自己分析で悩んでいました。 そんなある日、5つの対策法を知ったんです。 結果、1カ月後に内定! そこで、この対策法を公式LINE(無料)で、配信してます。 友達追加は下記からどうぞ。 無料で参加できますし、こういう時に行動できる人は内定も余裕だと思っています。 私は「人のために動けること」が強みです。 特に、大学で所属しているテニスサークルでも、この強みを発揮しました。 2年時にケガをして、選手として活動できなくなったことから、サークルを辞めることを先輩に伝えたことがありました。 しかし「選手としてではなく、裏方として残って欲しい」と懇願され、マネージャーとしての活動を開始。 それからは、マネージャーとして練習のスケジュールやサークル内の金銭管理、部員のためになることを全て行いました。 私は、この経験がきっかけで大切なことを得られたんです。 それは「自分の勝てる場所で戦うこと」。 選手として華は開きませんでしたが、人の為に動ける能力は人並み以上だと思っています。 貴社に入社後は、この強みを武器に営業として活躍します! この自己PRがNGな理由は2つです。 NG理由1.起きた事柄ばかりを伝えてるだけ NG理由2.就活生の性格が伝わってこない NG理由1.起きた事柄ばかりを伝えてるだけ 起きたことを伝えてるだけの自己PRだと、評価してもらえません。 なぜなら、読んでてつまらないから。 面接官は、1日に何百通とESを読みますよね。 なので、1人のESをじっくり読む時間なんてありません。 つまり、読む気が失せると最後まで読まれずにシュレッダー行きです。 実際、さっきの例文は、淡々と起きた事実を書いてただけですよね。 なので読んでいて、「へぇ~、で?」って感じになったと思います。 (少なくとも、面接官はそうなる…そしてゴミ箱へ) 読み続けてもらうために、「感情が伝わる自己PR」にする必要があります。 (その方法は、良い例文の章で解説) 私は「人のために動けること」が強みです。 頑張る人を支えることに、喜びを感じるんです。 特に、大学で所属しているテニスサークルでも、この強みを発揮しました。 2年時にケガをして、選手として活動できなくなったことから、サークルを辞めることを先輩に伝えたことがありました。 しかし「選手としてではなく、裏方として残って欲しい」と懇願され、マネージャーとしての活動を開始。 それからは、マネージャーとして練習のスケジュールやサークル内の金銭管理、部員のためになることを全て行いました。 正直、プレーできない絶望感は凄かったです…。 ですが次第に、「選手としてサークルに貢献できない分、マネージャーとして支えたい!」と気持ちにが切り変わっていきました。 私は、この経験がきっかけで大切なことを得られたんです。 それは「自分の勝てる場所で戦うこと」。 選手として華は開きませんでしたが、人を支える能力は人並み以上だと思っています。 この強みを活かせば、どの営業マンよりもお客さんに寄り添った営業ができると思っていますし。 より多くの人に貴社の商品を広めて、利益を出せる社員として活躍します! NG例文と比べて読んでみると、「どんな性格か?」がきっちり伝わりますよね。 (NG例だと、事実しかかかれてないので人柄が伝わらない) 例えば、例文だとここの部分。 私は、就活解禁1か月で第一志望から内定を得ました。 「本当かよ、偶然だろ」という声もあれば、「学歴や実力のおかげ」という声もあります。 でも実際は、200文字の自己PR作成に何週間も悩んだり。 毎日のように不安で泣いていました。 夏のインターンも全て落ちたし。 解禁3日目で心が折れて軽いうつになりました。 しかし、そんな人間でも「正しい就活法」を学んで、少し真剣に取り組んだら、勝ち組就活生になれたんです。 常識とされている、 ・自己分析 ・説明会 ・OB訪問 これらすべてを辞めただけです。 今では、「苦しんでいる就活生の力になりたい!」という思いで活動しています。 私が実践した「就活の本質やテクニック」は 無料メルマガの1通目でお渡ししています。 今までの常識を覆す就活法です。 名前:Kae(18卒) 私は、就活解禁1か月で、業界No. 1企業に内定しました。 「難関大で体育会だし余裕!」といった感じで、大学3年の春に就活を開始。 しかし、現実は甘くなく…。 ・200文字の自己PRに2週間も悩む ・誇れる強みなし ・就活が不安で毎日泣き、自殺を考える と、最悪の状況だったんです…。 絶望しながら対策をしていた頃、「ある就活サイト」を発見。 そこで「正しい就活対策」を習得し、トントン拍子で業界No. 1企業に内定! その後、メルマガで対策法を配信し、700名以上を内定に導いてきました。 (第一志望はもちろん、複数内定も多数!) 「正しい就活対策法」が知れる電子書籍「資産型勝ち組就活生への道」を、プレゼントしています。 「就活対策メルマガ(無料)」の参加者限定で、1通目のメールでお渡し中です。 (メルマガとセットで読むと効果大なので) 「この対策を知らなかったらと思うと、ゾッとします!」などと高評価です。 700名以上の就活生が受け取り済みです。

次の

自己PR対策!自分の長所(強み)の見つけ方とアピール方法

自己pr 強み

強みを理解していない 自己PR。 私は飲食店で接客のアルバイトをしています。 アルバイトを始めたは頃は与えられたこと仕事をこなすだけで精一杯でした。 次第に仕事にも慣れはじめた頃からお店で自分を認められたいという気持ちからお店のホールリーダーに負けないくらい仕事をしようと競争の意識を持つようになりました。 それからは自分の今までの考え方が変わったりと成長を感じることができました。 これからも常に誰かを目指しながら自分を高めていきます。 「競争心」でとどめておいたほうがよいでしょう。 「競争の意識」を持ってどのように仕事に取り組まれたのかを具体的に書きましょう。 そのために背景の説明を生薬したほうが良いです。 例)お店のホールリーダーに負けないくらい仕事をしようと飲食店のアルバイトを頑張りました。 (具体例) 【 自己PR】 私の強みは、責任感が強い事と向上心がある事です。 ファミリーレストランのアルバイトで宅配を担当しています。 お客様のお家に商品を運ぶ時は、笑顔とリピーターを増やす事を心がけています。 笑顔で接客することにより、お客様も笑顔になるという事がわかり、相手に好印象を与え、自分を覚えてもらえることがわかりました。 そして、メニューを渡し、今の一押しの商品の説明をして、今後も利用してもらえるようにしています。 その結果、私が行く新規のお客様の所はほとんどの方がリピーターになってもらっています。 私以外の従業員がお客様の所に商品を持っていくと、「今日、吉田君は?」と聞かれると、従業員の方に報告してもらえます。 しかも、店舗内で、新規のお客様は私が優先的に行くように任され、売り上げに貢献致しました。 この経験から、社会に出てからも与えられた仕事以上の事を意識し、生かしていきたいと思います。 【コメント】 「向上心」がありそうなのは伝わりますが「責任感」があるのがつ渡ってきませんでした。 強みを再考する、もしくは、「責任感」を感じさせるエピソードを書きましょう。 例) 「お金をいただくからには期待以上の仕事をしたい」その想いから、2つのことを意識して取り組みました。 (具体例) 「笑顔に関する発見」は自分の体験にもとづいて説明されており、素晴らしいです。 スケジュール管理が得意で自分が立てたそれぞれの目標に向け継続的に努力することができます。 専門学校へ入学後、最も多い月で1ヵ月に5科目の検定がありました。 数ヵ月前からペース配分を考え、持続的に勉強を重ねた結果、5科目すべて合格することができました。 そこでは常に正しい優先順位のつけ方や良い接客が求められました。 ウェディングも承る企業だったため忙しく、上司から注意を受けることもしばしばありましたが、効率良く仕事をする方法や接客について学ぶことができました。 今後は目標に向け進化し続ける社会人になりたいです。 1つに絞りましょう。 もしくは、「根気を維持するのにスケジュール管理を大切にしている」といった流れで書いてあるとわかりやすいです。 例えば、勉強であれば、どんな試験にチャレンジしていたのか、どのゆにペース配分していたのかなど書いたほうが良いでしょう。 【自己PR】 私は「責任感」のある人です。 飲食店で2年間アルバイトをしています。 アルバイトを始めた当初、ホール業務である注文、料理運び、レジ打ちをすれば良いと考えていました。 しかし、アルバイトを始めて半年ほど経った時、お客様に料理に入っている食材について聞かれ、ほとんど答えられませんでした。 その時初めて「もしお客様が食物アレルギーを持っていたら命に関わることもある」ということに気づき、責任を持って働くことの大切さを感じました。 それからお客様に安心してお食事をしていただくために、全メニューに入っている食材を覚えようとしました。 しかし、メニュー数は50以上あり、食材も多いため、なかなか覚えられませんでした。 そこでまかない食を担当することで、実際に作って覚えることにしました。 その結果、食材を覚えることができただけでなく、味の説明までできるようになり、お客様に快適にお食事をしていただけるようになりました。 また、エピソードから責任感が伝わってきませんでした。 アルバイトの背景、きっかけ、行動、結果の順に書かれていて、とてもわかりやすいです。 あとは強み(エピソードからどのような強みがあるか)を分析しましょう。

次の

【例文一覧あり】自己PRと長所・強みを面接で効果的にアピールする方法

自己pr 強み

友達や仲間から よく相談される。 相談のしやすさが自分の強みだと思うけど、一体就活ではどんな感じで 自己PRするのがいいだろう・・・。 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 就活のプロとして長年人材業界で働いている私から、正しい型での 自己PRの作り方やアピールするためのポイントを例文交えて伝授させていただきます! 「相談しやすい」というのは、職種問わずにアピールできる力です。 お客様から相談されやすい営業職はどんどん案件を引っ張ってくるでしょうし、社内の人から相談されやすい事務職がいれば社内の業務が非常にスムーズに。 (逆に気を遣わせる人と仕事をすると結構大変です。 ) 社会人はコミュニケーションや人間関係がとても大事ですから、「相談しやすい人」というのは会社では価値のある存在なのです。 というわけで、「相談しやすいこと」はどの部署でもアピール可能です。 是非正しい自己PRをマスターして、あなたの「相談しやすい性格」をうまく面接官に伝えられるようになりましょう。 わかりやすく、あなたを採用するメリットを提示しましょう。 では、いきましょ〜! 正しい自己PRを作る3STEP• 強みが活かされた経験(エピソード)• 企業で強みをどう活かすか 自己PRを作る際の基本ステップについての詳細は下記の記事でまとめています。 それでは、各STEPごとに見ていきましょう。 STEP1:結論 まずは 結論から伝えるようにしましょう。 最初に「結論」を話すことで、まず相手の質問に答えることができますし、相手も話の結論や全体像を掴みやすくなります。 ポイントとしては、「相談されやすいこと」というのは、強みとしては若干曖昧で、主体が相手なので、「どうして相談されやすいのか」という部分まで落しこむと、わかりやすくなります。 例えば以下のような感じですね。 【例文】 私の強みは、老若男女問わず悩みを相談される「聞き上手」なところです。 私の強みは、どんな悩みも親身になって相談に乗れるところです。 実際に、よく人から相談を受けます。 いかがでしょうか、少し表現を変えるだけで単純に「相談をされることが強みです」というだけの自己PRよりも、印象に残りやすくなった気がしませんか? 面接官は機械ではなく人間です。 このような「ちょっとした表現の違い」だけで印象が大きく変わったりするものですよ。 こういうのは事前に準備できるものですから、ぜひ工夫していきましょう! なお、面接官からの印象を強めるキャッチコピーの作り方は下記記事でまとめました!ぜひそちらをご覧ください。 STEP2:強みが活かされた経験(エピソード) さて、結論を述べたあとは、あなたの「よく相談されること」が活かされた時(あるいは培われた時)のエピソードを話しましょう。 「強みが活かされた経験」や「強みが培われたエピソードの話」は、あなたが実際に 相談を受ける力がある根拠になり、あなたの自己PRの 信ぴょう性を高める役割を果たします。 オーソドックスな話の構造としては、下記のような順番でお話しするとよいでしょう。 【例文】 私は、伝統あるサークルを何としても復活させたくて、サークルメンバー全員とコミュニケーションを取ることにしました。 みんな私がサークル運営メンバーだということは分かっていましたので、なかなか本音を聞き出すのは難しかったのですが、私は親身になって相手に寄り添いながら質問を続けました。 エピソード3:成果が出る あなたの「相談される力」が強みとして発揮された結果、どういう成果を導いたのかを話していきます。 ここでは嘘っぽい感じにならない範囲で、 できるだけ良い成果が出たエピソードを語るといいでしょう。 日本は謙虚さが重んじられるため、人によっては、良い成果を話すことに抵抗があるかもしれません。 しかし、これはあくまでも自己PRです。 もし謙虚になりすぎて、成果が出てない話などをしてしまうと、面接官からすれば「 なぜわざわざこんな成果が微妙な話をしているんだろう。 うちにアピールする気ないのかな・・・」と不安に思ってしまいかねません。 逆にしっかりとアピールしていれば、 「ちゃんとうちに入社したいという気持ちがあるんだな」と思ってもらえます。 面接ってそんなもんです。 相談されるために、あなたが大切にしていることを語ろう• 応募職種に合わせて、どんな貢献ができるか話しましょう 相談されるために、あなたが大切にしていることを語ろう まず、「相談される」という言葉は非常に曖昧な上に、相手が主体です。 面接では、「あなたが何を意識しているのか」の方が大事ですから、相談されるために何を意識して、どういう行動をしているのかをしっかりと語るようにしましょう。 今回の例文では、「相手にとことん親身になって話を聞く」という行動まで落とし込んでいます。 応募職種に合わせて、どんな貢献ができるか話しましょう 「相談される力」というのは、職種によって、強みの生かされ方が結構異なります。 例えば、営業ならお客様から相談される関係になることで、色んな商談が生まれるでしょうし、事務だったら色んな相談をされやすいことで社内業務が円滑に進むはず。 製造職だったら、相談されやすいことは、製造工程の改善に繋がるかもしれませんよね。 とにかく、その会社の事情や職種によって、どう役に立つのかがかなり変わる自己PRネタですから、しっかりと応募職種の仕事内容を理解して、相談されやすいことがどう役に立つかイメージした上で、自己PRを作り込みましょう。 相談されることをアピールする自己PRの例文まとめ いかがでしょうか。 下記のように自己PRを作ると、信ぴょう性もあり、企業とも繋げられる自己PRになります。 私の強みは、どんな悩みも親身になって相談に乗れるところです。 実際に、よく人から相談を受けます。 その強みが最も生かされたのは、サークルの出席率を改善した時のことです。 私はテニスサークルに所属しており、自分の代がサークル運営をしている年に、サークルの雰囲気が悪くなったことがありました。 そしてどんどん出席率が低くなり、このままだとサークル自体が解体してしまいそうな状況でした。 私は、伝統あるサークルを何としても復活させたくて、サークルメンバー全員とコミュニケーションを取ることにしました。 みんな私がサークル運営メンバーだということは分かっていましたので、なかなか本音を聞き出すのは難しかったのですが、私は親身になって相手に寄り添いながら質問を続けました。 私は言われたことをサークル運営チームに共有し、改善可能な部分は、すぐに改善をかけました。 また、みんな言いたいことがあるけど溜まってしまったことも悪い循環を生んでいました。 そこで、私が不満の吐き出し口になることで、サークルの目安箱のような役割を果たすことに成功し、それからはサークルの空気感も、言いたいことが言いあえるような、とても良い雰囲気に変わりました。 私は、営業職を志望していますが、営業職で大事なのはお客様から心を許されて、なんでも色々とお困りごとを相談される関係になることだと思っています。 私は相手にとことん親身になり、相談される関係を作るという自分の強みを生かして、顧客からまず相談しようと思ってもらえるような営業として貴社に貢献していきたいと考えています。 どうぞよろしくお願いします。 こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。 以下に尺別、用途別の自己PRのテンプレートをまとめています。 その他、いろんな強みで自己PRを考えてみたい方は、下記の記事をご覧ください!様々な自己PRの例文が詰まっていますので! 今回は以上です!.

次の